Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

「初心者向けデザイン講座」 -東洋美術学校(第二回目:ロゴ編)

5.738 Aufrufe

Veröffentlicht am

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
schoo WEB-campusは「WEBに誕生した、学校の新しいカタチ」。
WEB生放送の授業を無料で配信しています。
▼こちらから授業に参加すると、先生への質問や、ユーザーとのチャット、資料の拡大表示等が可能です。
https://schoo.jp/class/000/room
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Veröffentlicht in: Business
  • Als Erste(r) kommentieren

「初心者向けデザイン講座」 -東洋美術学校(第二回目:ロゴ編)

  1. 1. 初心者向けデザイン講座 1!
  2. 2. 今回のテーマは…「ロゴ」 2!
  3. 3. 今日の流れ 1.そもそもロゴって何? −C.I シンボルマーク ロゴタイプ 3! 2.ロゴを作る際の基礎知識 −形の基礎知識
  4. 4. ―ロゴの基礎知識。 4!
  5. 5. 一般的に「ロゴ」と言われているものは… 5! C.I(コーポレートアイデンティティ) というものです。
  6. 6. 企業文化を構築し特性や独自性を統一さ れたイメージやデザイン、またわかりや すいメッセージで発信し社会と共有する ことで存在価値を高めていく企業戦略の ひとつ。 6! C.I(コーポレート・アイデンティティ)
  7. 7. 7! M.I( マインド・アイデンティティ ) B.I( ビヘイビア・アイデンティティ ) V.I( ビジュアル・アイデンティティ ) C.Iは主に3つの要素で構成されている。
  8. 8. 8! M.I( マインド・アイデンティティ ) B.I( ビヘイビア・アイデンティティ ) V.I( ビジュアル・アイデンティティ ) M.I. (マインド・アイデンティティ) 企業の理念や精神
  9. 9. 9! M.I( マインド・アイデンティティ ) B.I( ビヘイビア・アイデンティティ ) V.I( ビジュアル・アイデンティティ ) B.I. (ビヘイビア・アイデンティティ) 企業の行動や態度
  10. 10. M.I( マインド・アイデンティティ ) B.I( ビヘイビア・アイデンティティ ) V.I( ビジュアル・アイデンティティ ) 10! V.I. (ビジュアル・アイデンティティ) 企業の視覚的なシンボル
  11. 11. 11! M.I( マインド・アイデンティティ ) B.I( ビヘイビア・アイデンティティ ) V.I( ビジュアル・アイデンティティ ) V.I. (ビジュアル・アイデンティティ) 企業の視覚的なシンボル グラフィック・デザインで 大きく関わるのはこの部分。
  12. 12. 12! M.I( マインド・アイデンティティ ) B.I( ビヘイビア・アイデンティティ ) V.I( ビジュアル・アイデンティティ )ただし、M.I、B.Iの2つを必ず意識すること。
  13. 13. つまり…。 企業などのロゴを制作する際は 「カッコイイ」や「キレイ」という判断材料だ けでなく「その企業の理念」などを適切に表現 する事が重要。 13!
  14. 14. ロゴの構成。 14! ∼グラフィックデザインに効く薬∼
  15. 15. ロゴの構成。 15! シンボルマーク アルファベットや絵柄を モチーフにデザインされ たマーク ∼グラフィックデザインに効く薬∼
  16. 16. ロゴの構成。 16! ロゴタイプ 企業名やブランド名を象 徴する文字列。 ∼グラフィックデザインに効く薬∼
  17. 17. ロゴの構成。 17! ステートメント スローガンやアピールポ イントをまとめた文字列。 ∼グラフィックデザインに効く薬∼
  18. 18. ロゴの構成。 18! シンボルマーク ∼グラフィックデザインに効く薬∼ ロゴタイプ ステートメント 主にはこの3つの要素で成り立っている。
  19. 19. ―シンボルマークとロゴタイプ 19!
  20. 20. シンボルマーク アルファベットや、絵柄などを用い たその企業の理念などを「形」とし て象徴した図案。 20!
  21. 21. 有名なシンボルマークと言えば? 21!
  22. 22. 国旗 22!
  23. 23. ロゴタイプ 企業名やブランド名などのデザイン された文字列。 ※主に商品名やマンガタイトルなど 「名前」を覚えて欲しい場合に使う。 23!
  24. 24. ―ロゴを作る際に必要な「形」の基礎知識。 24!
  25. 25. これらの写真に共通するものは何? 25!
  26. 26. ①黄金比 27! 1:1.618 (近似値)の比率の事。 ピラミッドやパルテノン神殿などがこの 比率で作成されており、植物の葉の並び 方や巻き貝の中にも見つかられると言わ れている。
  27. 27. これらに共通するものは何? 28! A H M
  28. 28. ②シンメトリー 30! 一般的には二等分した垂線によって左右 の形が合同となる形。 安定感や安心感、平和などの象徴として 使われる事が多い。
  29. 29. シンメトリーなロゴ。 31!
  30. 30. シンメトリーなロゴ。 32!
  31. 31. ③アシンメトリー 33! シンメトリーとは反対に左右の形が非対 称のもの。 シンメトリーとは違い流動性や動きイ メージさせることが出来る。
  32. 32. アシンメトリーなロゴ。 34!
  33. 33. アシンメトリーなロゴ。 35!
  34. 34. ④幾何学形態 36! ○や△、□などの数学的な原理や法則で 作られる形態。明快でシャープなイメー ジを与える。ピクトグラムなどで主に利 用される。 逆に新鮮さやユニークさはあまり与えな い。
  35. 35. 幾何形態を主に使っているロゴ。 37!
  36. 36. 幾何形態を主に使っているロゴ。 38!
  37. 37. ⑤オーガニック形態 39! 幾何学形態とは逆に数的な規則に縛られ ない自然さを大切にした形。幾何学形態 とは違い、人間的な感情などを表現する のに用いられる。
  38. 38. オーガニック形態を主に使っているロゴ。 40!
  39. 39. オーガニック形態を主に使っているロゴ。 41!
  40. 40. 実際にロゴの形をデザインする場合は、これら の様々な形の中からどのような形態を使うのが 良いのかをしっかりと選ぶ事が重要。 42!
  41. 41. 43! モチーフからの 形の展開。
  42. 42. 44! 例:「鳥」
  43. 43. 第一形態:写真 45! 影やテクスチャも全て含めた 最もリアルな表現形態
  44. 44. 第二形態:イラストレーション 46! 影などの表現を絞って単純化する。 テクスチャなどはまだある状態
  45. 45. 第三形態:シルエット 47! アウトラインのみで「鳥」を表現する。
  46. 46. 第四形態:幾何学形態 48! 正円と正三角形のみで「鳥」を表現する。
  47. 47. 第四形態:幾何学形態 49! 正円と正三角形のみで「鳥」を表現する。
  48. 48. 何か具体的なものをモチーフにする場合はどの ような形態がそのブランドや企業を表すのに最 適かを検討する。 50!
  49. 49. モチーフを元に形を作っていく場合は、そのモ チーフの特徴をつかむことが大事。 普段からさりげなく見ているモノの特徴を研究 しておきましよう。 51!
  50. 50. まとめ:ロゴ制作の流れ。 52! ①まずは、企業やブランドなどの理念や行動 指標を踏まえた上でモチーフとなる言葉や形 を抽出する。 M.I( マインド・アイデンティティ ) B.I( ビヘイビア・アイデンティティ ) V.I( ビジュアル・アイデンティティ )
  51. 51. まとめ:ロゴ制作の流れ。 53! ②モチーフとなる言葉や形が確定したら、そ のモチーフをどのような形態で表現するのか を決める。 シンメトリー アシンメトリー 幾何学形態 黄金比 オーガニック形態
  52. 52. ロゴ制作の流れ。 54! ③細かい部分の微調整を行い、サイズの 変化などがあっても視認できる形なのか を確認する。 ↓ 企業への提案
  53. 53. 質疑応答 55!
  54. 54. ありがとうございました。 56!

×