Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

時間のムダをゼロにする、リーダーの時間の使い方 先生:芝本秀徳

1.068 Aufrufe

Veröffentlicht am

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
schoo WEB-campusは「WEBに誕生した、学校の新しいカタチ」。
WEB生放送の授業を無料で配信しています。
▼こちらから授業に参加すると、先生への質問や、ユーザーとのチャット、資料の拡大表示等が可能です。
https://schoo.jp/class/624/room
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Veröffentlicht in: Business
  • Als Erste(r) kommentieren

時間のムダをゼロにする、リーダーの時間の使い方 先生:芝本秀徳

  1. 1. WEB-campas schoo 時間の無駄をゼロにする リーダーの時間の使い方 2014年4月28日 PROCESS DESIGN AGENT http://www.processdesignagent.jp 株式会社プロセスデザインエージェント 代表取締役社長 芝本秀徳
  2. 2. 自己紹介
  3. 3. 経歴 • 株式会社プロセスデザインエージェント 代表取締役 • 大手ITベンダーでエレクトロニクスメーカー、自動車部品メーカーのソ フトウェア開発に携わる • 文教市場向けソフトウェア開発に市場機会を見出し商品開発に乗り出す。 企画・開発・販売まで一貫して携わるプロダクトマネジャーとして現場 を陣頭指揮 • 幼少の頃より武道に触れ、原理原則をふまえた個々人に合った動きを開 発する我成道の師範資格を持つ
  4. 4. 著書
  5. 5. 近著
  6. 6. 組織やプロジェクトの「実行品質」を高める
  7. 7. みなさんの職業は何ですか? 教えてください
  8. 8. 部下やチームメンバーを 抱えていますか? 教えてください
  9. 9. 時間がない リーダーに共通の悩み
  10. 10. きょうのカリキュラム
  11. 11. • 時間の片づけ 時間の戦術(正しく時間を使う) • プロセスの見える化 • 価値基準を選ぶ 時間の戦略(正しいことに時間を使う)
  12. 12. • 時間の片づけ 時間の戦術(正しく時間を使う) • プロセスの見える化 • 価値基準を選ぶ 時間の戦略(正しいことに時間を使う)
  13. 13. 片づけ = 整理・整頓
  14. 14. 整理 = いらないものを捨てること 整理と整頓のちがい 整頓 = あるべき場所に納めること
  15. 15. 『リーダーは「時間の使い方」が9割!』より   出社時間 退社時間 (月)時刻 (火) (水) (木) (金) メールチェック メールチェック メールチェック メールチェック メールチェック メールチェック 日報 日報 日報 日報 日報 営業会議 昼休み 昼休み 昼休み 昼休み 昼休み 製品会議 会議 会議 会議 会社業務 会議レビュー 進 会議 部門会議 メールチェック メールチェック メールチェック メールチェック <時間枠シート> 時間枠シート
  16. 16. 『リーダーは「時間の使い方」が9割!』43ページより 時間ログ 日付 (電話) (電話) (電話)、(部下) メールチェック/返信 営業会議 メールチェック/返信 昼休み メールチェック/返信 レビュー 休憩・トイレ メールチェック/返信 報告書作成 部門会議 メールチェック/返信 電話 日報作成 開始 終了 中断時間 差分時間 タスク コメント <時間ログ>
  17. 17. 自分の可処分時間を知る
  18. 18. 時間の「整理」
  19. 19. 時間の整理 5つのステップ 1)やらなかったらどうなるかを考える 2)やらなくても何も起こらない仕事はやめる 3)その仕事の目的を考える 4)別の手段で実現できないかを考える 5)どの手段を実行するのか選ぶ
  20. 20. 時間の「整頓」
  21. 21. 引き出しの原則 • 大きなモノは、大きなハコに • 小さいモノは、小さなハコに • できるだけ大きなハコをつくる
  22. 22. 会議とアポをうまくこなす • 候補日はこちらから出す • ノーミーティングデーをつくる • 会議の時間を「総量規制」する
  23. 23. • 時間の片づけ 時間の戦術(正しく時間を使う) • プロセスの見える化 • 価値基準を選ぶ 時間の戦略(正しいことに時間を使う)
  24. 24. モニタリングシート 『リーダーは「時間の使い方」が9割!』より
  25. 25. 提案書作成プロセスを考えてみる
  26. 26. STEP1 タスクを洗い出す
  27. 27. 「何を」作るのかアウトプットで考える
  28. 28. STEP2 作業サイズを見積もる
  29. 29. 時間ではなく、サイズを見積もる
  30. 30. STEP3 時間を導きだす
  31. 31. 時間は直接見積もることはできない、導き出す
  32. 32. 計画当初は「当初見積 = 現在見積」
  33. 33. 残り時間 = 現在見積 ー 消化時間 消化時間 = 計画当初は0
  34. 34. STEP4 現在見積を更新する
  35. 35. 現在見積をリアルタイムに更新する
  36. 36. モニタリングシート作成のステップ 1)タスクを洗い出す 2)作業サイズを見積もる 3)時間を導き出す 4)現在見積を更新する
  37. 37. • 時間の片づけ 時間の戦術(正しく時間を使う) • プロセスの見える化 • 価値基準を選ぶ 時間の戦略(正しいことに時間を使う)
  38. 38. 正しいこと = 顧客に喜んでもらえること
  39. 39. 皆さんの顧客とは誰ですか? (自由記述) 問い
  40. 40. お金を払ってモノやサービスを買う人 顧客とは
  41. 41. • 時間の片づけ 時間の戦術(正しく時間を使う) • プロセスの見える化 • 価値基準を選ぶ 時間の戦略(正しいことに時間を使う)
  42. 42. 市場には3種類の顧客がいる
  43. 43. • 最先端の技術を好む顧客 • 安価で、安定したものを好む顧客 • 親密さ、融通性を好む顧客
  44. 44. こ 基 準 法 則 ウ ィ ナ ン い る①②③こ で も ﹁ 買 う 理 由 ﹂ に は 3 製品の リーダーシップ 優れた 業務活動 顧客との 親密性 3つの価値基準 プロダクト リーダーシップ オペレーショナル エクセレンス カスタマー インティマシー
  45. 45. •「鈴木くんは、会計知識の専門知識に長けているから助かる」 •「Aチームは、技術力が高いから、難しい仕事を任せられる」 プロダクトリーダーシップ •「田中君は、仕事がはやくて正確だから、安心だ」 •「Bチームは、納期をきっちり守るから、信頼できる」 オペレーショナルエクセレンス •「山田君は、柔軟性があって融通が利くから助かる」 •「Cチームは、報・連・相がしっかりしてるから安心できる」 カスタマーインティマシー
  46. 46. 皆さんは3つの価値基準の どれを選びますか? 問い ①プロダクトリーダーシップ ②オペレーショナルエクセレンス ③カスタマーインティマシー
  47. 47. 価値基準ごとの時間配分 ス注スを自そま   とく ﹁ カ ビジネスパーソンの基本型 製品リーダーシップ オペレーショナルエクセレンス カスタマーインティマシ− 価値基準 最新知識とスキルの獲得 安定した仕事 顧客ニーズへの対応 10 20 10 10 70 70 80 70 10 10 10 20 『リーダーは「時間の使い方」が9割!』より 費やす時間 10% が大差になる
  48. 48. まとめ
  49. 49. • 時間の片づけ 時間の戦術(正しく時間を使う) • プロセスの見える化 • 価値基準を選ぶ 時間の戦略(正しいことに時間を使う)
  50. 50. 『リーダーは「時間の使い方」が9割!』 (すばる舎)
  51. 51. 選んだ価値基準を実現するために 具体的にどんな取り組みをするのか 考えてください 宿題

×