Más contenido relacionado

Último(20)

Gorin hakke

  1. 「五輪書」と八卦 剣豪・宮本武蔵が憧れた空
  2. 十三歳から二九歳までの六十余度の勝負に無敗(天)
  3. (風の巻) 他の様々な流派について
  4. (水の巻) 観の目強く、見の目弱く ↓枯木鳴鵙図
  5. (山)で修行
  6. (地の巻) 原書では序文にあたる ↓霊巌洞で執筆
  7. (雷) 太鼓から閃いて二刀流へ
  8. (火の巻) 実戦編
  9. (澤) 巌流島の決闘
  10. (空の巻) 最後の境地 ・・・天 空という心は、物ごとのなきところ、知れざることを空と見たつるなり。もちろん空はなきなり。あるとこ ろを知りてなきところを知る、これすなわち空なり。世の中において、悪しく見れば、物をわきまえざる ところを空と見るところ、実の空にはあらず、みな迷う心なり。この兵法の道においても、武士として道 を行うに、士の法を知らざるところ、空にはあらずして、色々迷いありて、せんかたなきところを、空と いうなれども、これ実の空にはあらざるなり。武士は兵法の道を確かに覚え、その外武芸をよくつと め、武士の行う道、少しも暗からず。心の迷うところなく、朝々時々に怠らず、心意二つの心をみが き、観見二つの眼をとぎ、少しもくもりなく、迷いの雲の晴れたるところこそ、実の空と知るべきなり。 実の道を知らざる間は、仏法によらず、世法によらず、おのれおのれは確かなる道と思い、よきことと 思えども、心の直道よりして、世の大かねにあわせて見る時は、その身その身の心のひいき、その目 その目のひずみによって、実の道にそむくものなり。その心を知って、すぐなるところを本し、実の心 を道として、兵法を広く行い、正しく明らかに、大きなるところを思いとって、空を道とし、道を空と見る ところなり。  空は有善無悪。智は有なり。利は有なり。道は有なり。心は空なり。