Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

リモートアジャイルに向き合う5つの価値

984 Aufrufe

Veröffentlicht am

アフターコロナでリモートアジャイルにどのように向きあうか

Veröffentlicht in: Software
  • Als Erste(r) kommentieren

リモートアジャイルに向き合う5つの価値

  1. 1. Toshihiro Ichitani All Rights Reserved. リモートアジャイル に向き合う5つの価値 Ichitani Toshihiro 市⾕聡啓 リモートワーク、DXに共通する5つの価値基準
  2. 2. 市⾕ 聡啓 Ichitani Toshihiro DX伴⾛⽀援 (株式会社レッドジャーニー) 政府CIO補佐官 (省庁DX、アジャイル) 特に専⾨は ・仮説検証 (サービスデザイン) ・アジャイル開発 https://twitter.com/papanda
  3. 3. https://redjourney.jp/ Red Journey .inc
  4. 4. リモートアジャイル ・2014年から、⽇常がリモートアジャイル ・近年は、DXの⼀貫として内製アジャイル⽀援、  コロナによりリモートアジャイル⽀援 ・アジャイルとは、「頻繁な同期」で情報量を補完すること  ①リアルとリモート混在 = 全員の条件が揃わない = 同期コストが⾼い  ②全員リモートワーク = 全員の条件が揃う = むしろ同期コストは低くなる                        ただし、情報の質が劣化する恐れ https://note.com/papanda0806/n/nb50f055091d9 情報量でも、同期量でもなく、密度を問う
  5. 5. アフターコロナ ・「コロナで変わった」「元に戻る(変わらない)」以上に、  「変える」(なぜ変わらないのかではなく、なぜ変えていかないのか) ※DX Criteria https://cto-a.github.io/dxcriteria/about.html   ・環境の変化をきっかけに「従前の取り組み (DX)」を進める。  ①コロナ->リモート->デジタルファシリティの利⽤が劇的に促進  ②コロナ->リモート->リモートになっても従前の利⽤環境が変わらない(メール)             ある意味で「変えていく」ことに変わりない。
  6. 6. コロナ -> リモート -> DX ・コロナがDXを推し進める要因にはなった。  ①⼤企業のプロダクト開発をリモートで。やればできる。  ②地⽅企業の事業開発をリモートで。やればできる。  ③国の活動をリモートで。もっとうまくできる。 ・「リモートでアジャイルどうする?」ではなく  「リモートだからこそ、アジャイル」 変化への適応、だけではなく、分断を乗り越えるために。
  7. 7. Social Change (⾃分から変わる) 思えばXPとは、分断を認めそれを乗り越えるための価値観であった コミュニケーション シンプリティ フィードバック 勇気 リスペクト
  8. 8. コミュニケーション シンプリティ フィードバック 勇気 リスペクト リモート (状況や感情が⾒えにくい) 限られた接点ゆえ より重要 シンプルでないと 伝わりきらない 意識的に伝えないと 良くならない ⾃分から踏み込み 切⽋を作る 相⼿が⾒えない中で リスペクトがなければ 疑⼼暗⻤になる リモートワークではチーム内の接点がリアルに⽐べて限定的に なってしまう。限られた機会をより丁寧に扱うことが⼤事。 ミーティングの質を⾼めるべくアジェンダを練る。⼀⽅、雑談 の機会も減るため意図的に雑談の機会を設ける。 複雑な内容についても、リアルであれば会話を重ね図解を駆使 することで理解を得られるが、リモートでは同じようには⾏か ない。そもそも伝えようとする内容を⾒直したい。 同じ場所にいれば、気づいたことを気づいた時点で伝えること ができるが、リモートだと相⼿と同期のタイミングを合わせる ところから始める必要がある。またの機会に伝えようではなく フィードバックは意識的に⾏なうものとして捉えておく。 リモートでは情報の同期や、ちょっとした雑談をするにも相⼿ と平仄をあわせる必要がある。何もしないでいると何もおきな いままになる。⾃分から動いて、協働の切⽋を作るつもりで。 相⼿の表情や雰囲気をつかもうにも、容易につかめないのが リモートワーク。相⼿が⾒えないままの状況が続くと、想像が 情報不⾜を補完しようとして、ネガな⽅向へ進んでしまうこと もある。相⼿へのリスペクトを前提に置いておきたい。
  9. 9. コミュニケーション シンプリティ フィードバック 勇気 リスペクト DX (組織的な分断、前提や ⽅針の不整合) 分断を直接的に つなぎ直す 複雑なしがらみを 単純な⽅向へ 実験や試⾏による 学習を適⽤する 変えるという⾏為には 勇気を必要とする 対⽴軸を作って争う のではなく、相⼿の イマココの状況を尊重する 部署間、役割の間で分断がおきていることが多い。分断が、 それぞれの前提や⽅針の不整合を強めてしまう。まず直接的な 対話を⾏なうこと。相⼿の間にコミュニケーションの橋をかけ お互いの情報を増やす。 ⻑い歴史や深い分断が、前提や⽅針を複雑にしてしまい、何を するにしてもしがらみとなってしまう。複雑なものを複雑な まま対処しようとせず、意味を捉えて、単純にすることをこそ 前提に置く。 ⼀⽅⽅向の意思決定と⾏動では、実施した結果からの学びが もともとの判断へと帰っていかず、カイゼンしていかない。 実験や試⾏を奨励し、得られた結果から学習するという習慣の 獲得と定着を⽬指す。 今までの考え⽅や⾏動を変えるというのはたいていの場合、 勇気が伴うもの。逆に、簡単にできることは変化が不⾜して いるかもしれない。勇気がいるからこそ協⼒者(仲間)を⾒つけ る。また⼩さくとも最初の⼀歩が協⼒者を引き寄せる⼒になる 何かを変えるということは、「これまで」との間に対⽴軸を ⽣みやすい。対⽴関係を設けて、それに打ち勝つことを⽬指し ても結局、局地的な勝利でしかなく、組織の変⾰には⾄らない 可能性が⾼い。現状に⾄った背景、必然性への理解を⽰し、 両者の良いところを取り⼊れる姿勢を持つ。
  10. 10. コミュニケーション シンプリティ フィードバック 勇気 リスペクト リモート (状況や感情が⾒えにくい) 限られた接点ゆえ より重要 シンプルでないと 伝わりきらない 意識的に伝えないと 良くならない ⾃分から踏み込み 切⽋を作る 相⼿が⾒えない中で リスペクトがなければ 疑⼼暗⻤になる DX (組織的な分断、前提や ⽅針の不整合) 分断を直接的に つなぎ直す 複雑なしがらみを 単純な⽅向へ 実験や試⾏による 学習を適⽤する 変えるという⾏為には 勇気を必要とする 対⽴軸を作って争う のではなく、相⼿の イマココの状況を尊重する
  11. 11. アジャイル開発は失敗の歴史、積み重ね。 つまり、あなたより先に、数多の⼈たちが すでにそれだけの数の越境をしたということ。 アジャイル開発はいつ誰が始めるのか。 アジャイル開発の積み重ねに次の越境を重ねるのは あなたから始まる。

×