Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Die SlideShare-Präsentation wird heruntergeladen. ×

Oracle Cloud Infrastructure:2022年11月度サービス・アップデート

Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige

Hier ansehen

1 von 46 Anzeige

Oracle Cloud Infrastructure:2022年11月度サービス・アップデート

Herunterladen, um offline zu lesen

過去資料はこちら:https://bit.ly/3IiEb7Y
2022年11月のOracle Cloud Infrastructure サービス・アップデートです。

過去資料はこちら:https://bit.ly/3IiEb7Y
2022年11月のOracle Cloud Infrastructure サービス・アップデートです。

Anzeige
Anzeige

Weitere Verwandte Inhalte

Weitere von オラクルエンジニア通信 (20)

Aktuellste (20)

Anzeige

Oracle Cloud Infrastructure:2022年11月度サービス・アップデート

  1. 1. Oracle Cloud Infrastructure (PaaS & IaaS) 2022年11⽉度サービス・アップデート ⽇本オラクル株式会社 事業戦略統括 事業開発本部 2022年11⽉10⽇
  2. 2. マニュアル • Oracle Cloud Infrastructure Documentation (英語版︓最新情報はこちらをご覧ください) • Oracle Cloud Infrastructure ドキュメント (⽇本語版) アップデートへのリンク • Oracle Cloud Infrastructure 全体 • Autonomous Database ブログ • [英語]Oracle Cloud Infrastructure Blog • [英語]Oracle Database Insider • [⽇本語]オラクルエンジニア通信 • サービス・アップデート(全体概要) • 本資料の過去資料はこちら • OCI新機能ハイライト(機能詳細) 各サービスのアップデートはこちらから確認できます 2 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  3. 3. 東京/⼤阪リージョン: 追加サービス (10-11⽉) • なし サービス・アップデート • 全体 • Azure Interconnect: ヨハネスブルグ・リージョンでの提供開始 • Compute • プラットフォーム・イメージとしてWindows Server 2022の提供開 始 • BM.GPU.GM4シェイプ(NVIDIA A100, E4ベース) • BM.GPU.GU1シェイプ(NVIDIA A10, X9ベース) • Autonomous Database • 最新バックアップ・タイムスタンプのバックアップからのクローン • 異なるテナンシー上の顧客管理暗号鍵の利⽤ • Googleサービスアカウントの利⽤ • SYSDATE/SYSTIMESTAMP呼び出し時のタイムゾーンのハンド リング • Oracleクラウドオペレーションのアクション確認 サービス・アップデート (続き) • Oracle Database Service for Azure • MySQL Heatwaveに対応 • MySQL HeatWave on AWS • 北⽶リージョンで提供開始 • Full Stack Disaster Recovery • ⼀部リージョンで提供開始 (東京/⼤阪は今後提供予定) アナウンス • Oracle Alloyを発表 • 新しいリージョン開設計画を発表 • MySQL HeatWave Lakehouseを発表 • Oracle Database Zero Data Loss Autonomous Recovery Serviceを発表 • Oracle Database 23c Bataを発表 2022年11⽉度 アップデート・サマリー Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 3
  4. 4. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service 4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート 5 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  5. 5. 2022年11⽉現在︓40リージョン提供中、さらに9リージョン計画 Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のリージョン Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 6 https://www.oracle.com/cloud/cloud-regions/ SYDNEY MELBOURNE SANTIAGO VINHEDO SAO PAULO CHILE 2 COLOMBIA JEDDAH JERUSALEM DUBAI MUMBAI HYDERABAD SAUDI 2 ABU DHABI ISRAEL 2 CHUNCHEON SEOUL TOKYO OSAKA SINGAPORE JOHANNESBURG 33 Commercial 7 Commercial Planned 7 Government 12 Microsoft Azure Interconnect 2 Sovereign Planned SAN JOSE PHOENIX CHICAGO ASHBURN TORONTO MONTREAL QUERETARO MEXICO 2 NEWPORT AMSTERDAM FRANKFURT ZURICH LONDON STOCKHOLM MILAN PARIS MADRID MARSEILLE SPAIN GERMANY SERBIA デュアル・リージョン︓基本的にすべての国/地 域で2つ以上のリージョンを提供し、 お客様の業務継続要件に対応していく (⽇本の場合は東京-⼤阪) 各リージョンはOracle Backboneで接続 サステナビリティ︓2025年までに、全リージョンで 100%再⽣可能エネルギーを使⽤することを表明 (南⽶/欧州は2021年達成) 新たなリージョン計画を発表 New New New New New
  6. 6. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service 4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート 7 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  7. 7. Infrastructure Service サービス・アップデート詳細 2022年10⽉ https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/categ ory/o4e-new-feature-highlights 8 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  8. 8. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/10 : 1) https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/10/4 Access Governance New Access Review Features in Access Governance 2022/10/4 Media Streams OCI Egress is now chargeable for Media Streams 2022/10/4 Operations Insights Solaris & Windows platform support and improved host top process identification 2022/10/5 Data Integration New Release for Data Integration (revised) 2022/10/6 APM Enhancements in Trace Explorer 2022/10/6 APM Synthetic Monitor History Availability 2022/10/6 APM Export Dashboards in Application Performance Monitoring 2022/10/6 APM Filter Trace Data in Application Performance Monitoring Dashboards 2022/10/7 GoldenGate New GoldenGate deployment types and connections now available 2022/10/13 Java Management Oracle Critical Patch Update (CPU) October 2022 for Oracle Java SE 2022/10/18 APM Monitor Peoplesoft with Application Performance Monitoring 2022/10/25 Full Stack Disaster Recovery Full Stack Disaster Recovery is now available 2022/10/25 Compute Windows Server 2022 now available as a platform image ⾚字:本資料で取り上げる機能 ⽇本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 9
  9. 9. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2022/10 : 2) https://docs.oracle.com/en-us/iaas/releasenotes/ Release Date Services 2022/10/25 APM Attribute Management in Application Performance Monitoring 2022/10/25 Cloud Guard Cloud Guard Adds detector rules and event types 2022/10/26 Compute X9-based (Intel) and E4-based (AMD) GPU shapes for Compute instances 2022/10/27 Language Language version 2 is now available 2022/10/28 Threat Intelligence Threat Intelligence available in US Government Cloud with FedRAMP Authorization 2022/10/28 MySQL Database MySQL Database Service Support for MySQL Version 8.0.31 ⾚字:本資料で取り上げる機能 ⽇本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 10
  10. 10. コンピュートのプラットフォーム・イメージとしてWindows Server 2022のイメージ提供開始 • Windows Server 2022 Standard (VM) • Windows Server 2022 Standard Core (VM)* • Windows Server 2022 DataCenter (ベアメタル) [Compute] プラットフォーム・イメージとしてWindows Server 2022 の提供開始 2022/10/25 イメージの詳細はイメージのリリースノートを参照 https://docs.oracle.com/en-us/iaas/images/ *Windows Serverの最⼩インストール オプションであるWindows Server Core のイメージ Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 11
  11. 11. NVIDIA A100 TensorコアGPUを搭載したE4ベースの⼤規模AI向けBM.GPU.GM4シェイプ NVIDIA A100 GPUと、OCIの⾼スループットで超低レイテンシRDMAクラスタ・ネットワークによって、⼤規模なAIモデルの トレーニングと推論を⾼性能に実現 • ⼤規模な⾔語モデル(LLM)、ディープ・ラーニング推奨モデル(DLRM)、コンピュータ・ビジョン(CV)のワークロードに対して最 ⼤3倍⾼いAIトレーニング・パフォーマンス* • リアルタイムの会話型AI、製造検査、⾃律運転など、ワークロードのAI推論パフォーマンスを最⼤1.25倍向上* • 科学的なHPCアプリケーションでのパフォーマンスを最⼤1.8倍向上* [Compute] BM.GPU.GM4シェイプ(NVIDIA A100, E4ベース) インスタンス GPU GPU Memory OCPU System Memory 内蔵 ストレージ ネットワーク Price GPU per hour BM.GPU4.8 8x NVIDIA A100 320 GB, 40 GB/GPU 2x 32c AMD EPYC Rome 2 TB DDR4 8x 6.8 TB NVMe SSDs 1 x 50 Gbps 8 x 200 Gbps RDMA $3.05 BM.GPU.GM4.8 8x NVIDIA A100 640 GB, 80 GB/GPU 2x 64c AMD EPYC Milan 2 TB DDR4 8x 6.8 TB NVMe SSDs 2 x 50Gbps 16 x 100 Gbps RDMA $4.00 ブログ︓NVIDIA A100 80GB Tensor Core GPUで⼤規模なモデル・トレーニングを加速 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/ja-oracle-and-nvidia-engine-large-model-training *以前の世代のNvidia A100 40GB GPUとの⽐較 2022/10/27 Tokyo, Osakaリージョンは今後導⼊予定 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 12
  12. 12. NVIDIA A10 TensorコアGPUを搭載したX9ベースのBM.GPU.GU1シェイプ グラフィックスを多⽤するアプリケーションや中程度の機械学習ワークロードをサポートし、柔軟性を備えた汎⽤スタンドアロ ンGPUシェイプ • グラフィックス︓ビデオ・レンダリング、ビデオ編集、コンピュータ⽀援設計、フォトリアリスティック・シミュレーション、3Dビジュアライゼーション、 仮想デスクトップ・インフラストラクチャ(VDI)、クラウド・ゲーム • 機械学習︓⾳声アシスタント、チャットボット、ビジュアル検索などの⽤途向けに、リアルタイムのAI推論パフォーマンスを提供 [Compute] BM.GPU.GU1シェイプ(NVIDIA A10, X9ベース) インスタンス GPU GPU Memory OCPU System Memory 内蔵 ストレージ ネットワーク Price GPU per hour BM.GPU.GU1.4 4x NVIDIA A10 96 GB 2x 32core Intel 8358 2.6Ghz base 3.4Ghz Turbo 1 TB DDR4 2x 3.84TB NVMe 2x50 Gbps $8.00 *VM.GPU.GU1.1 1x NVIDIA A10 24 GB 15 core Intel 8358 2.6Ghz base 3.4Ghz Turbo 240 GB DDR4 24 Gbps $2.00 *VM.GPU.GU1.2 2x NVIDIA A10 48 GB 30 core Intel 8358 2.6Ghz base 3.4Ghz Turbo 480 GB DDR4 48 Gbps $4.00 ブログ︓NVIDIA A10 Tensor Core GPUおよびNVIDIA RTX Virtual Workstationsにより、リアルタイムのAI推論とグラフィック集中型のワークロードを加速 Https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/ja-announcing-nvidia-a10-gpu * VMシェイプは今後提供予定 2022/10/27 Tokyo, Osakaリージョンで利⽤可能 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 13
  13. 13. https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/category/o4e-new-feature-highlights よりタイムリーに新機能情報をキャッチアップしたい⽅は、Oracleエンジニア通信内のブログシリーズ「Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト」もご参照ください。 隔週で新機能をご紹介しています。 Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 14
  14. 14. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service 4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート 15 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  15. 15. [Oracle Database Service for Microsoft Azure] MySQL Heatwaveに対応 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 16 https://news.microsoft.com/ja- jp/2022/07/21/220721-oracle-database- service-for-microsoft-azure/ https://www.oracle.com/jp/news/announce ment/oracle-database-service-for-microsoft- azure-2022-07-20/ オラクル社報道発表 マイクロソフト社報道発表 Larry Ellison と Satya Nadellaの対談 https://www.oracle.com/jp/cloud/azure/ Power BI Synapse Analytics Kubernetes Services App Services Insight clusters Data Lake Analytics Cognitive Services IoT Central Azure Databricks Microsoft AzureからOCI上のDatabase Servicesを容易に活⽤ Azure クラウドサービス Database Services on OCI Oracle Database Service for Microsoft Azure Base Database Service Exadata Database Service Autonomous Database New 機能拡張
  16. 16. AWSユーザーは、トランザクション処理、リアルタイム分析、機械学習をMySQLの単⼀サービスで実⾏可能に 「MySQL HeatWave」がアマゾン ウェブ サービス(AWS)で今後 利⽤可能となることを発表しました。「MySQL HeatWave」は、 OLTP、分析、機械学習、機械学習ベースの⾃動化を単⼀の MySQLデータベース内に統合した唯⼀のサービスです [MySQL HeatWave on AWS] https://www.oracle.com/jp/news/announcement/mysql-heatwave-on-aws-2022-09-12/ Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 17 新サービス (北⽶リージョンで提供開始)
  17. 17. クラウドでディザスタ・リカバリを簡単に実装 Oracle Cloud Infrastructure上の フルマネージド・ディザスタ・リカバリ・サービス(DR) アプリケーション・スタック全体のDR • インフラストラクチャ、アプリケーション、データベー ス向けに、統合されたシングルクリックでのDR構 築 ⾃動化された検出 • DRの計画作成とカスタマイズを⾃動化する統合 された検出 統⼀された管理/監視 • 統合UI/APIによるDR計画の検証および監視 [Oracle Full Stack Disaster Recovery Service] 新サービス (東京/⼤阪は今後予定) Secondary OCI Region Application Application Oracle Database Infrastructure Block Storage Object Storage Virtual Machine Load Balancer Base Database Service Autonomous Database Exadata DB Service File Storage Primary OCI Region Application Oracle Database Infrastructure Block Storage Object Storage Virtual Machine Load Balancer Base Database Service Autonomous Database Exadata DB Service File Storage Application Application Application Application Application DNS Full stack DR orchestration Data Guard Storage replication [ブログ記事] Oracle Cloud Infrastructure Full Stack Disaster Recoveryの発表 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 18
  18. 18. データベース管理サービスを有効にせずとも、前提条件を満たした環境ではOCI ConsoleからDatabaseおよび VMクラスタのメトリックが収集され、OCIコンソールで表⽰されるようになりました • VMクラスターのコンソールに表⽰されるメトリック CPU使⽤率、ASMディスク・グループ使⽤率、メモリー使⽤率、スワップ使⽤率、ロード・アベレージ、 ノード・ステータス • 各Databaseのコンソールに表⽰されるメトリック CPU使⽤率、ストレージの使⽤状況、実⾏回数、ブロック変更数、パース数、現在のログオン数 前提条件 • すべてのVMのAHFバージョンが22.2.4 以上 • Database ServerからOCIサービスネットワークへのアクセスを許可 ※表⽰されている以外のメトリックを確認したい場合には、OCIモニタリング・サービスのサービス・メトリック にてメトリック・ネームスペースにoci_database、oci_database_clusterを指定してください [ExaDB-D] OCI ConsoleでDatabaseおよびVMクラスターのメトリックを表⽰ 機能拡張 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 19
  19. 19. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 20
  20. 20. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 21
  21. 21. オプトインによる監視とサポート Diagnostic Events (2022/04〜) • Oracle Databaseのクリティカルなエラー、ディスクリソー ス利⽤率、メモリ利⽤率、クラスターステータス、などのリ ソースのステータスの更新を通知 Health Monitoring (2022/10〜) • Oracle Databaseの起動/停⽌、ディスクの使⽤量、 CPU使⽤率など、ヘルス・メトリックやイベントの情報収 集が可能、 • クラウド・オペレーターがゲストVMの健全性を参照可能 Incident Logs and Trace Files (2022/10〜) • オラクルサポートにインシデントログとトレースファイルを収 集する権限を付与し、SRを起票する際のお客様の負 担を軽減 MRSリージョンより順次提供予定 [ExaDB-C@C] Health Metrics and Log Collection サービス名 Diagnostic Events Health Monitoring Incident Logs and Trace Files Base Database Service 利⽤可 - 利⽤可 Exadata Database Service on Dedicated Infrastructure 利⽤可 利⽤可 利⽤可 Exadata Database Service on Cloud@Customer 利⽤可 利⽤可 利⽤可 機能拡張 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 22
  22. 22. DBサーバーのエラスティック拡張 • ExaDB-C@C でのDBサーバーのエラスティックな拡張が可能に • MEL、SYD、JED、SCL リージョンで利⽤可能 (順次他のリージョンでも利⽤可能に) • 最⼤8台まで [ExaDB-C@C] Elastic Compute Expansion 機能拡張 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 23
  23. 23. トレイルファイルの表⽰ OCIコンソール上でTrailファイルを表⽰できるようになりました。 ストレージに格納されているTrailファイルをOCIコンソールにて 確認し、OCI GoldenGateデプロイメント・コンソールから Trailファイルのパージタスクを設定することができます。 [OCI GoldenGate] https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/goldengateservice/ntzlj/index.html?tab=Example_5-2#articletitle 機能拡張 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 24
  24. 24. MySQL, Apache Kafka, OCI Object Storage, OCI Streamingのサポート OCI GodenGateで新たに以下の接続先がサポート されました。 • MySQL • MySQL Database Server 5.7, 8.0 • OCI MySQL Database Service 8.0 • Amazon Aurora MySQL 5.7 • Amazon RDS for MariaDB 10.4, 10.5 • Amazon RDS for MySQL 5.7, 8.0 • Azure Database for MySQL 5.7, 8.0 • MariaDB 10.4, 10.5 • Big Data • Apache Kafka 2.4, 2.5, 2.6, 2.7, 2.8 • OCI Streaming • OCI Object Storage (target only) 接続先が追加されたことにより”データベース登録”が”接続”に置き換わっています。 ※2022/10リリース時は⼀部のリージョンでのみ利⽤可能でしたが、2022/11/8現在全てのリージョンで利⽤可能です。 [OCI GoldenGate] https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/goldengate- service/wxntz/index.html#WXNTZ-GUID-0FA0EEB9- FAA7-4F36-BEAE-DCD6A55ACD44 機能拡張 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 25
  25. 25. Autonomous Database サービス・アップデート詳細 2022年10⽉ https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/autono mous-database/adbsn/ 26 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  26. 26. Clone from Backup Select Latest Available Timestamp Option 最新バックアップ・タイムスタンプのバックアップからのクローン バックアップからのクローンの場合、ソースには、タイムスタンプの指定、バックアップのリストからの選択がこれまでできましたが、 新たに最新のバックアップ・タイムスタンプの選択が追加されました。データベースが使⽤できなくなった場合や何らかの理由 で最新のバックアップに基づいてクローンを作成したい場合に利⽤できます。 • フル・クローン、メタデータ・クローンで選択可 2022/10 Documentation︓Clone Autonomous Database from a Backup Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 27
  27. 27. Use Customer-Managed Encryption Keys Located in a Different Tenancy 異なるテナンシー上の顧客管理暗号鍵の利⽤ 同じリージョン内の異なるテナンシーにある顧客管理の暗号鍵を利⽤することができるようになりました。例えば、SaaSプロバ イダが運⽤するテナンシーにADBが存在しても、暗号鍵はユーザーが持つテナンシーで管理するということが可能になります。 2022/10 Documentation:Use Customer-Managed Encryption Key Located in a Remote Tenancy Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 28
  28. 28. Use Google Service Account to Access GCP Resources Googleサービスアカウントの利⽤ Googleサービスアカウント認証がサポートされました。DBMS_CLOUD.ENABLE_PRINCIPAL_AUTHプロシージャで 認証を有効にし、GCP側でGoogleサービスアカウントに必要なロールを割り当てることでGCPリソースへアクセスできるよう になります。DBMS_CLOUDでアクセスする場合に指定するクレデンシャル名は"GCP$PA"です。 2022/10 -- 1. 認証の有効化(usernameがNULLの場合はADMINが利⽤されます) SQL> BEGIN 2 DBMS_CLOUD_ADMIN.ENABLE_PRINCIPAL_AUTH( 3 provider => 'GCP'); 4 END; 5 / PL/SQL procedure successfully completed. --2.作成したメタデータを確認し、 Google Cloudコンソールにアクセスしてリクエストを許可する。その後アクセスに必要なロールをGCP側で付与 SQL> SELECT param_name, param_value FROM CLOUD_INTEGRATIONS WHERE param_name = 'gcp_service_account' PARAM_NAME PARAM_VALUE ------------------ ------------------------------------------------------------------------------ gcp_service_account GCP-SA-22222-32222@gcp-example.iam.gserviceaccount.com Documentation:Use Google Service Account to Access Google Cloud Platform Resources Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 29
  29. 29. SYSDATE_AT_DBTIMEZONE Parameter is Modifiable at Session and System Level SYSDATE/SYSTIMESTAMP呼び出し時のタイムゾーンのハンドリング セッションレベルだけでなくシステムレベルでパラメータSYSDATE_AT_DBTIMEZONEの値をTRUEに設定することで、 SYSDATE/SYSTIMESTAMPの戻り値をデータべースのタイムゾーンで返すことができるようになりました。 SYSDATE/SYSTIMESTAMPのタイムゾーンがUTCになることへの回避策としてご利⽤いただけます。 2022/10 SQL> SELECT dbtimezone FROM DUAL; /* DBタイムゾーンの確認︓設定はALTER DATABASE SET time_zone='+09:00'(DB再起動必要 )*/ DBTIME ------ +09:00 SQL> SELECT SYSTIMESTAMP FROM DUAL; /* SYSDATE_AT_TIMEZONE有効化前 */ SYSTIMESTAMP --------------------------------------------------------------------------- 01-MAR-22 02.14.49.131008 AM +00:00 SQL> ALTER SESSION SET SYSDATE_AT_DBTIMEZONE=TRUE; または ALTER SYSTEM SET SYDATE_AT_DBTIMEZONE=TRUE; Session altered. SQL> SELECT SYSTIMESTAMP FROM DUAL; /* 有効化後 */ SYSTIMESTAMP --------------------------------------------------------------------------- 01-MAR-22 11.15.45.202339 AM +09:00 Documentation:SYSDATE_AT_DBTIMEZONE Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 30
  30. 30. View Oracle Cloud Operations Actions Oracleクラウドオペレーションのアクション確認 Oracle Cloudオペレーションによって実⾏されたアクションの情報を確認できるディクショナリが提供されました。2022/10/4 以降の情報となり、アクションがない場合に⾏は返されません。ディクショナリの内容は以下の通りです。 2022/10 Documentation:View Oracle Cloud Infrastructure Operations Actions 列名 データ型 説明 SQL_TEXT VARCHAR2(4000) オペレータによって実⾏されたステートメントのSQLテキスト EVENT_TIMESTAMP DATE UTCでのオペレータ アクションのタイムスタンプ REQUEST_ID VARCHAR2(64) オペレータ アクションの背後にある理由に関連するリクエスト番号。 これは、アクションの理由に関する情報を提供するバグ番号、SR 番号、または変更チケット要求番号の可能性があります。 REASON VARCHAR2(64) オペレータのアクションの理由。これは、アクションの背後にある理由 のコンテキストを提供し、次のような値を持つ場合があります︓ MITIGATION、 DIAGNOSTIC COLLECTION、CUSTOMER REQUEST、 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 31
  31. 31. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service 4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート 32 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  32. 32. Observability and Management サービス・アップデート詳細 2022年9-10⽉ 33 https://docs.oracle.com/en- us/iaas/releasenotes/ Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  33. 33. ログからリアルタイムアラームが発報可能に 新機能: ログ取り込み時のラベル検出とイベントルール • ラベルをキーにして、ログ収集時のリアルタイム検出が できるようになりました (※ 事前にラベル付けの設定を実施) • あわせ、検出された特定ラベルの件数に閾値を設け アラームを送信する事が可能になりました • 上記⼆つの機能により、特定のイベントがログ出⼒さ れたときに即時に通知を受けることが可能です ユースケース例 • アプリケーションの異常終了やDB接続エラーなどログ に現れるクリティカルなイベントを即時かつリアルタ イムに検知して、素早く対処する • ネットワークログやアクセスログなどをリアルタイム監視し、 不正ログインにつながるイベントが⼀定回数繰り返 されたら通知し、いち早い不正アクセス対策を⾏う [Logging Analytics] リアルタイムアラーム機能 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 34 ログ収集時の検出 ルールの作成 ログ収集時に検出され た件数で閾値設定 通知設定に従ったリアルタイムアラーム (電⼦メールでの通知例)
  34. 34. Stack Monitoring • OCI Computeのデフォルトオラクル提供VMイメージにて Stack Monitoringの対ホスト、フル監視が可能に • VMイメージにデフォルトで組みこまれている「管理エージェン ト」をOnにするだけで監視開始(オラクル提供のLinuxイメー ジにて) • Management Agentをインストールしたオンプレミス環 境のマシンも監視可能になりました Operation Insight • ホスト管理の対象として、WindowsおよびSolarisが新 たにサポートされました • Windows: 対象マシンがOCI Computeの場合、 Management Agent経由で監視されます。また Enterprise Manager経由でも監視できます。その場合EM 及びブリッジの構成が必要です • Solaris: 対象マシンはEnterprise Manager経由で監視さ れます。EM及びブリッジの構成が必要です メリット • OCI上で稼働する多様なComputeリソースの運⽤管理 をOCIの標準コンソールのシングルダッシュボードから⼀元 的に実施できます Stack Monitoringでのホスト詳細監視-リソース時系列 監視の例 [Operation Insight / Stack Monitoring] サポートプラットフォーム拡張 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 35 フル監視では監視対象ホストの様々な負荷を⼀元的に監視、ワンクリッ クで詳細にブレークダウンできます
  35. 35. Cloud Native & Data Management サービス・アップデート詳細 2022年9⽉ 36 DevOps Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  36. 36. DevOps と Visual Builder Studio の連携 OCI DevOpsの外部接続として、Visual Builder Studioのコードリポジトリとの連携が可能 プルダウンメニューから選択 対象となるコードリポジトリのURLを⼊⼒ Visual Builder Studioからコード・リポジトリをミラー化できるようにな り、外部ソースとの間でリポジトリのミラー化、リポジトリ間でブランチお よびコミットのミラー化も可能。 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 37
  37. 37. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service 4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート 38 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  38. 38. プレスリリース • オラクル、クラウドのパワーを幅広いユーザーにもたらすOracle Alloyを発表 • オラクル、分散クラウドにより世界中のお客様へより多くの選択肢を提供 • オラクル、400TBのワークロードにおいてSnowflakeの17倍、Redshiftの6倍⾼速なクエリ性能を提供する「MySQL HeatWave Lakehouse」を発表 • オラクル、データベースのイノベーションにより、ミッションクリティカルなアプリケーションの開発を簡素化し、保護を強化 • オラクルとNVIDIA、企業向けAIの導⼊加速に向けて協業 • オラクル、ビジネス・ユーザーを⽀援する包括的かつ統合的なデータおよびアナリティクス・サービスを強化 • 北海道⼤学、富良野市と⽇本オラクル、 スマートシティ推進に関する産官学連携協定を締結 • HSBC、オラクルと提携しテクノロジー変⾰を推進 パートナー様発表 • [NTTデータ先端技術様] 「Oracle Cloud Infrastructure」へのリフトコンサルティングサービスの提供を開始 • [BBIX様] 「Oracle Cloud Infrastructure」への「BBIXマルチクラウド接続サービス」を開始 関連ニュース Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 39
  39. 39. Oracle CloudWorld 2022 注⽬発表 • Oracle Excellence Awards︓⽇本のお客様も多 数選出 • OCI(パブリック・クラウド)︓リージョン拡張とサービス・ 拡張を継続 • 専⽤クラウド環境︓採⽤が増加しているOCI Dedicated Regionと新たに提供するOracle Alloy • オープン・マルチクラウド︓AWS/Azureユーザへ向け たサービス • Snowflakeの17倍、Redshiftの6倍⾼速なクエリ性 能を提供するMySQL HeatWave Lakehouse • ミッションクリティカル・システムの保護を強化するソ リューションを拡充 • Oracle Database 23c Betaを発表 詳細はこちらをご覧ください • [ブログ記事] Oracle CloudWorld 2022︓注⽬発 表まとめ • [ウェビナー] 最新情報を⽇本語で解説︕特別開 催・Oracle CloudWorld 2022 最新情報フィード バック (2022年11⽉9⽇開催)︓資料 / 動画 Oracle CloudWorld 2022 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 40
  40. 40. Oracle Cloud (PaaS/IaaS)︓セミナー情報 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oci-seminar 今後の開催予定 • 2022/11/29︓はじめてでもできる、ビジネス情報の活⽤! ⾃分で試すナットクの、データの収集と共有・分析、そしてAI活⽤へ [ハンズオン] • 2022/11/30︓【NEOJAPAN × Oracle 特別ウェビナー開催】グループウェアdesknet’s NEOの環境をOCIで業務改善 • 2022/11/30︓[Oracle Big Data Jam Session] 【ハンズオン(⾒学のみもOK)】機械学習⼊⾨︓動かして学ぶ、機械学習の⾃動化テクニック AutoML • 2022/12/7︓【⽇本語で解説︕】Oracle CloudWorldで待望のOracle Database 23c発表︕その魅⼒に迫る︕ • 2022/12/7︓[Oracle Cloud Hangout Cafe] Pythonで作るAPIサーバー • 2022/12/8︓グラフはなぜ使われていない︖どうやって使われている︖グラフデータベース活⽤事例 #2「犯罪や税不正、利益相反の調査」 • 2022/12/13︓⼀歩進んだ分析でビジネスにチカラを!! 〜 あなたもデータ アナリスト 〜 [ハンズオン] • 2022/12/14︓【⽇本語で解説︕】Oracle CloudWorldで発表されたマルチクラウド戦略と他社クラウド連携の魅⼒とは︕ • 2022/12/15︓これが本当のマルチクラウド Oracleの商⽤版MySQLとHeatWaveをAWS上で利⽤する。最適なサービスのみを選択する時代へ • 2022/12/16︓実践Kubernetesハンズオン 〜OKEでKubernetesをバーチャル体験しよう〜 [ハンズオン] • 2022/12/21︓MySQL Autopilotが実現するデータベースの運⽤効率向上と処理⾼速化 • 2022/12/22︓[Oracle Database Technology Night] Autonomous Health Framework 概要と実践 セミナー/イベント予定 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 41 “Oracle Cloud セミナー”で検索
  41. 41. Oracle Cloud ウェビナーシリーズ 進化し続ける Oracle Cloud Infrastructure (IaaS & PaaS) や Oracle Database をはじめとする、さまざまな製品につい ての最新情報や活⽤事例および技術情報を業務部⾨からIT部⾨のエンジニアの⽅々までの幅広い皆様へ向けてウェビナーを通じ てお届けします。 さまざまなテーマや理解度レベルのコンテンツを取り揃えていますので、ぜひご活⽤ください。 毎週⽔曜⽇の開催となります。 『はじめてのOCI』 『Database関連テーマ』 『DXテーマ』 『時々の旬なテーマ、最新トピック』を中⼼にお伝えしていきます。 Oracle Cloud ウェビナー ハンズオン・トレーニング Oracle Cloudのご紹介とビジネス課題を解決したお 客様事例やその時々のホットなトピックをお届けします クラウドを活⽤したDX化をお客様と⼀緒に取り組む活動をしてお り、その取り組みを広く知っていただくために、お客様のDX促進に 役⽴つヒントとなる事例やノウハウを紹介します Oracle Cloudの使い⽅や活⽤イメージを実際にOracle Cloudを操作していただきながら具体的にご紹介します 開催スケジュール oracle.com/goto/ocws-jp DXシリーズ 11⽉9⽇(⽔)15:00 - 16:00 【最新情報を⽇本語で解説︕】 特別開催・Oracle CloudWorld 2022 最新情報フィードバック 詳細/お申込はこちら 11⽉16⽇ (⽔)15:00 - 16:00 【KDDI & マイネット & NRIセキュア 特別対談】実例で語る︕ マルチクラウド使い分けのコツとは︕ 詳細/お申込はこちら 詳細決定次第公開 11⽉22⽇(⽕)13:00 - 17:00 ハンズオン Webinar -Oracle Cloud Infrastructureを 使ってみよう 詳細/お申し込みはこちら 11⽉29⽇(⽕)13:00 - 16:00 はじめてでもできる、ビジネス情報の活⽤! ⾃分で試すナットクの、データの収集と共有・分析、そしてAI活⽤へ 詳細/お申し込みはこちら
  42. 42. Oracle Cloud ウェビナー 【NEOJAPAN × Oracle 特別ウェビナー開催】グループウェアdesknet’sNEOの 環境をOCIで業務改善 oracle.com/goto/ocws-jp 詳細はこちらから 株式会社ネオジャパンでは、1999年のリリースから 472万ものユーザーに使われ続けてきたグループウェア 「desknet’s NEO」を、2012年よりクラウドサービスとして提供しています。 Withコロナ/Afterコロナ時代を⾒据え、製品開発からサービス提供までのプロセスを⾒直し、改⾰することで、 製品とサービスの品質をより⾼めるための業務改善に取り組まれ、そのプラットフォームとして Oracle Cloud Infrastructure(OCI)が採⽤されました。 本セッションでは、主⼒サービス「グループウェアdesknet’s NEO」の概要と特徴を始め、改⾰における課題意識と他クラウドとの 評価ポイント、OCIでの90%近いコスト削減とマルチテナント運⽤での品質向上といった導⼊効果の詳細についてご紹介いたします。 <こんな⽅におすすめ> ●情報システム部⾨の責任者およびご担当者 ●クラウドの導⼊検討やクラウドのセキュリティに興味のある⽅ ●その他、上記に関連する⽅々、など 11⽉30⽇(⽔) 15時から Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 43
  43. 43. Oracle Code Night Online Oracle Database Technology Night Iオラクルのユーザーとユー ザーが繋がり、データベー スの技術や運⽤にフォーカ スしながら、最適な使い⽅ を⾒出していただく場です。 毎回、各テーマを設け、オ ラクルの精鋭の技術者陣が、 ⽇々のデータベース運⽤の ための最良のTipsや将来の ITインフラのアーキテク チャ設計に必要なヒントな ど、「明⽇から現場ですぐ に使えるテクニック」をお 伝えしています。 Oracle Cloud Hangout Cafe Cafe クラウドネイティブ時代の 開発者を対象に巷で話題の オープン・スタンダードな テクノロジーをテーマに取 り上げ、短時間でガッツリ 学んでお持ち帰りいただく テクニカルな勉強会シリー ズです。 Monthly Monthly Quarterly Oracle Big Data Jam Session Cafe Oracle Cloud Infrastructure の ビッグデータ系サーバレ ス・サービスの技術情報を お伝えする勉強会シリーズ です。 「ときにはデモを交 え、可能な限りわかりやす く」をコンセプトに皆さん にお届けしていきます。 Blockchain GIGCafe エンタープライズでブロッ クチェーンを活⽤しようと 考えている、あるいはこれ から学ぼうとしているエン ジニアのために、先鋭のエ ンジニアたちから、実際の 事例での苦労話やここでし か聞けない話などを交えつ つ、ブロックチェーン活⽤ 技術やノウハウをご紹介し ます。 Quarterly APEX in Action / UG Cafe APEXに関する四半期に⼀回程度のユーザー 会の開催を基本的な活動とし、ユーザー間 の技術情報の共有、ネットワーキング、 ネット上の技術情報の蓄積を進めていきま す。 Quarterly MySQL Technology Cafe Cafe MySQLの最新情報やお客様 事例など、ディープな技術 者向け内容をお届けします。 irregular OCI skill up Seminar Cafe Oracle Cloud Infrastructure (OCI) をより 深く活⽤していくための情報をお伝えす る勉強会シリーズです。 Quarterly Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 44
  44. 44. Oracle Cloud サービス概要 • https://www.oracle.com/jp/ Oracle Cloud Free Tier (Always Free&無償トライアル) • https://www.oracle.com/cloud/free/ マニュアル • 英語 / ⽇本語 リージョン毎のサービス提供情報 • https://www.oracle.com/cloud/data- regions.html#apac 東京/⼤阪リージョン最新情報 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-tokyo-osaka サービス・アップデート • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/ 技術情報 • 活⽤資料集 / チュートリアル 活⽤事例 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-customer-reference セミナー情報 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-seminar Oracle Cloud Infrastructure: 参考資料 45 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  45. 45. Oracle Cloudにサインナップいただくと、両⽅が利⽤可能です • https://www.oracle.com/jp/cloud/free/ Oracle Cloud Free Tier: Always Free&無償トライアル Always Free 時間制限なく 特定サービスを利⽤可能 Free Trial 30⽇間 300ドル フリー・クレジット + 46 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

×