Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

DFJI-OT Vol.05

700 Aufrufe

Veröffentlicht am

第5回OT×企業ワークショップ。「本人の参加と参画を支えるために~ H29年度 老健事業の調査に関連して ~」

Veröffentlicht in: Gesundheitswesen
  • Als Erste(r) kommentieren

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

DFJI-OT Vol.05

  1. 1. 本人の参加と参画を支えるために ~ H29年度 老健事業の調査に関連して ~ https://twitter.com/okadamkt http://www.facebook.com/makoto.okada 2018.02.17 @コクヨ 第5回 OT×企業ワークショップ 認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ Dementia Friendly Japan Initiative(DFJI) 岡田 誠
  2. 2. 企業 Business Sector 行政/公的機関 Public Sector コミュニティ Social Sector “問い” http://www.dementia-friendly-japan.jp/ OT×企業の原点:問いの大切さ 「自分たちはどんな人と何が一緒にできるだろ?」 問いが人をつなぐ
  3. 3. http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000176238.html 平成29年度老人保健健康増進等事業として 若年性認知症を含む認知症の人の能力を効果に活か す方法等に関する調査研究事業(国際大学) 本人の参加・参画のために、私たちは何ができるの だろうか?(WG-1, WG-2, WG-3, WG-4)  WG-1: 海外の先行事例調査  WG-2: 機会の創出  WG-3: 福祉現場の意識の変化  WG-4: ロジックモデルの構成
  4. 4. 本人の参加・参画に関わる4つの領域 領域 B 領域 A 領域 C 領域 D 社会への貢献 社会からの支援 認知症の 有無に 関わらず 認知症で あるからこそ
  5. 5. 領 域 社会との関係 認知症の有無 領域としてのアクション のイメージ A 社会への貢献 認知症で あるからこそ Dementia Activistとしての 講演・執筆・提案・研究活動を 介した社会への能動的な働きかけ B 社会への貢献 認知症の有無に かかわらず ホンダでの洗車、農業、 木工作業工房での作業など 仕事を介した社会参画・社会参加 C 社会からの支援 認知症の有無に かかわらず コーラス・卓球・旅行などの活動 を介した社会との関わり D 社会からの支援 認知症で あるからこそ フォーマル・インフォーマル サービスの利用による 社会との関わり 各領域のイメージ 社会への参画 社会への参加
  6. 6. 実現したい状況とWGの関係 実現したい状況に対する 阻害要因 • 本人の内発的な自信の不足 • 参画に向けたロールモデルの不足 • ピアサポートの環境の不足 • 合理的配慮に基づく支援の不足 • 本人の自信を支えるアクションに関 する体験的理解の不足 • 本人の自信を支えるアクションを促 進する教育プログラムの不足 • 本人の活躍の機会の不足 • 本人の活躍の機会を生み出す社会 プログラムの不足 本人を主体とする活躍のための社会的な理解 (社会的環境整備) WG-2 領域A・B 本人を主体とする活躍のための介護・福祉専門職の変化 (教育) WG-3 領域A・B・C・D 本人を主体とする活躍(社会への貢献への参加と参画) WG-1, WG-4 領域A・B 各WGの位置づけ
  7. 7. WG-4:ロジックモデル
  8. 8. WG-1:先行事例調査:研究・プロジェクトへの参画 https://info.shaho.co.jp/iryou/column/201712/4451/  研究の共同提案者  研究の実施主体  プロジェクトアドバイザー
  9. 9. WG-1:先行事例調査:Minds & Voices https://info.shaho.co.jp/iryou/column/201712/4451/  英国ヨークの本人会議  ごく普通の集まり  他の認知症の人のために  診断後コースの設計
  10. 10. WG-1:先行事例調査:Innovations in Dementia http://dementiavoices.org.uk/2016/11/making-an-impact-together/ https://dementiadiaries.org/  DEEP (Dementia Engagement and Empowerment Project)  本人会議のネットワーク化・交流のきっ かけ、情報・ノウハウの媒体  Dementia Diaries  本人の声を届ける
  11. 11. 企業 Business Sector 行政/公的機関 Public Sector コミュニティ Social Sector “問い” http://www.dementia-friendly-japan.jp/ OT×企業の原点:問いの大切さ 「自分たちはどんな人と何が一緒にできるだろ?」 問いが人をつなぐ
  12. 12. Dementia Friendly Japan Initiative

×