Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

2015年の姫路IT系勉強会を振り返る

2.173 Aufrufe

Veröffentlicht am

12月19日姫路IT系勉強会の2015年を振り返るスライドです。

Veröffentlicht in: Technologie
  • Als Erste(r) kommentieren

2015年の姫路IT系勉強会を振り返る

  1. 1. 20152015年の姫路年の姫路ITIT系勉強会を系勉強会を 振り返る振り返る 2015/12/19 のがたじゅん <nogajun@gmail.com>
  2. 2. 姫路姫路ITIT系勉強会ってどうよ系勉強会ってどうよ 姫路IT系勉強会は、兵庫県姫路市を中心とした周辺地域のIT系技術者、Webデザ イナー、学生など、それらの技術に興味のある人たちが気軽に集まり交流できる勉強会 です。 大阪や京都、岡山などではIT系勉強会が定期的に開催され盛り上がりを見せていますが、姫路市 周辺では開催されていません。そこで姫路在住の有志が集まり、2012年1月より毎月第3土曜日に 勉強会を開催することになりました。 姫路IT系勉強会ではIT系というくくりはありますが、扱うジャンルについては特定のジャンル に特化していません。 参加者が興味のあること、プログラミング、ネットワークから運用やデザインまでITに関連することを 月ごとにテーマを決め、勉強をしていきたいと考えています。 みなさまのご参加をお待ちしております。 で、実際のところはどうなのさ
  3. 3. 20152015年姫路年姫路ITIT系勉強会の現状系勉強会の現状
  4. 4. 今年のトピックス今年のトピックス ● 野方はもうゴールしてもいいよね野方はもうゴールしてもいいよね
  5. 5. 参加者の推移参加者の推移
  6. 6. 月別参加者の推移月別参加者の推移 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 0 5 10 15 20 25 30 9 12 13 15 16 11 9 0 10 11 13 12 2012 2013 2014 2015 平均参加者数:10.92人(2013:14.50人, 2012: 19.42人, 2015: 11.08人)
  7. 7. 地域別参加者の割合地域別参加者の割合 2012 2013 2014 2015 0 20 40 60 80 100 120 140 160 180 200 94 101 58 47 9 6 7 11 25 7 17 34 21 28 15 7 13 8 8 5 8 5 2 0 14 16 19 15 兵庫県外 兵庫県その他 神戸 明石・西明石・魚住 高砂・加古川 たつの・相生・赤穂 姫路 参加者累計:131人(2014:133人, 2013:174人, 2012:233人)
  8. 8. 地域別参加者の割合地域別参加者の割合 2012 2013 2014 2015 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 94 101 62 47 9 6 7 11 25 7 18 34 21 28 16 7 13 8 9 5 8 5 2 0 14 16 21 15 姫路 たつの・相生・赤穂 高砂・加古川 明石・西明石・魚住 神戸 兵庫県その他 兵庫県外
  9. 9. のがたの考察のがたの考察 ● アンカンファレンススタイルが定着?アンカンファレンススタイルが定着? – 人数的には去年と傾向が同じなので、こんな感じ人数的には去年と傾向が同じなので、こんな感じ
  10. 10. ネタを振り返るネタを振り返る
  11. 11. ネタについてネタについて ● 全部で全部で9999本(本(1111月まで)ありました月まで)ありました – まとめているのでまとめているのでGoogle DocsGoogle Docsに上げておきますに上げておきます ● 去年も書いて忘れてた…去年も書いて忘れてた…
  12. 12. 発表ジャンルの割合発表ジャンルの割合 2012 2013 2014 2015 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 地理空間情報 言語 教育 開発環境 運営 ライフハック・マネジメント プログラミング・言語 ハードウェア デザイン その他 セキュリティ スマートフォン サーバー・インフラ コンピュータ一般 オープンデータ オープンソース Windows Web Mac Linux
  13. 13. のがたの考察のがたの考察 ● ネタのカテゴリが、より広がりが出たような気ネタのカテゴリが、より広がりが出たような気 がしますがします – あいかわらずあいかわらずWebWeb系は強い系は強い – 広がりの傾向としては広がりの傾向としては20142014年と同じだけれど、より年と同じだけれど、より 広がった気がします広がった気がします
  14. 14. オープンテック・ショーケースオープンテック・ショーケース
  15. 15. オープンテック・ショーケースオープンテック・ショーケース ● 集計できるほどデータが集まりませんでした集計できるほどデータが集まりませんでした ● 来年どうしますかね?来年どうしますかね? – 場所問題が一番の問題場所問題が一番の問題
  16. 16. 振り返りまとめ振り返りまとめ
  17. 17. 振り返りまとめ振り返りまとめ ● アンカンファレンス・スタイルは2年目もうまく回ってましたアンカンファレンス・スタイルは2年目もうまく回ってました – 4月から導入した司会くじ引きも、ちゃんと回ってたし4月から導入した司会くじ引きも、ちゃんと回ってたし – ログをみんなで書くスタイルも定着したので、あとから振りログをみんなで書くスタイルも定着したので、あとから振り 返りが楽になった返りが楽になった
  18. 18. 姫路の勉強会シーンってどうよ姫路の勉強会シーンってどうよ
  19. 19. 定期的な勉強会が…定期的な勉強会が… ● Coder Dojo HimejiCoder Dojo Himeji ● 加古川加古川ITIT系インフラ勉強会系インフラ勉強会 ● 姫路ゆるい姫路ゆるいWebWeb勉強会勉強会 ● 姫路姫路JavaScriptJavaScript勉強会勉強会 ● OpenStreetMapOpenStreetMapマッピングパーティマッピングパーティ
  20. 20. その結果その結果 ● みんな忙しくなったのね…(みんな忙しくなったのね…(´´・・ωω・`)・`)
  21. 21. 20162016年の姫路年の姫路ITIT系勉強会を系勉強会を どうしよどうしよ??
  22. 22. 現状を説明すると現状を説明すると ● 野方は運営辞めます野方は運営辞めます – 生活的、体力的に限界です生活的、体力的に限界です – 来られる時は来るけど、自分の都合に合わせたい来られる時は来るけど、自分の都合に合わせたい ● 来月以降どうする?来月以降どうする? ● 20162016年のオープンテック・ショーケース年のオープンテック・ショーケース どうするどうする??
  23. 23. 20162016年どうしよう年どうしよう ● 場所、運営の問題はないので毎月誰かが来て受場所、運営の問題はないので毎月誰かが来て受 付と司会をすれば問題なく続きます付と司会をすれば問題なく続きます

×