Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

第2回 Web時代のGIS技術勉強会 Introduction

1.635 Aufrufe

Veröffentlicht am

冒頭の開催趣旨説明に用いるスライドです.

Veröffentlicht in: Technologie
  • Als Erste(r) kommentieren

第2回 Web時代のGIS技術勉強会 Introduction

  1. 1. 第2回Web時代のGIS技術勉強会<br />鳥取大学伊藤昌毅<br />@niyalist<br />
  2. 2. プログラム<br />17:30〜<br />趣旨説明<br />@niyalist・伊藤昌毅・鳥取大学<br />17:40〜<br />HTML5ってどんな事?<br />@wks・若狭 正生・OSGeo財団,株式会社コネクティ<br />18:10〜<br />Geo+Webのアーキテクチャスタイルについて<br />@_hfu_<br />18:40〜<br />Web(Map|GIS)の理念検討と、初期的実践としてのSVG Map<br />@totipalmate・高木 悟・KDDI株式会社<br />19:40〜<br />パネルディスカッション<br />司会:@niyalist 参加者:@wks, @_hfu_, @totipalmate, @hal_sk, 鎌田さん<br />終了後,懇親会<br />?<br />
  3. 3. 第1回「Web時代のGIS技術」勉強会<br />2010年6月25日<br />同一の会場<br />3名の発表 + 5名によるパネルディスカッション<br />40名程度の参加者<br />企業(Web, GIS),公的機関,大学等から参加<br />Twitter オフ会の体裁<br />Ustream, Twitter経由でのオンラインの活発な議論<br />
  4. 4. 第1回開催内容<br />18:00〜<br />趣旨説明<br />niyalist・伊藤 昌毅・慶應義塾大学<br />18:10〜<br />Web時代のデスクトップGIS ~研究における課題と可能性<br />wata909・岩崎 亘典・(独)農業環境技術研究所<br />18:40〜<br />Web+GISという視点から見たGISの方向性<br />_hfu_<br />19:10〜<br />GIS遍在環境への展望 - ユビキタスコンピューティングの未来へ向けて –<br />niyalist・伊藤 昌毅・慶應義塾大学<br />19:30〜<br />パネルディスカッション<br />司会:niyalist 参加者:_hfu_, wata909, mapconcierge, jg2tkh<br />終了後,懇親会<br />
  5. 5. Twitter,blogにおけるフィードバック<br />Twitter<br />35人(会場+オンライン)による,400件を超えるコメント<br />森亮さん(オークニー)<br />皆の関心事項はこのテーマであり、自由な立場から熱心な質疑応答が繰り広げられた。<br />今回の集いは、幅広いバックグラウンドを持つ人達による「勉強会」であり、今までになかった類の場が出現した<br />嘉山陽一さん(朝日航洋)<br />永年とりつかれていた分散オブジェクトとかそのあたりの呪縛から離れたほうがいいんじゃないかなという気持ちがでてきました。<br />オブジェクト指向->分散オブジェクトという道筋になってしまうのが私たち古いエンジニアのくせかもしれません。このような考え方はWEBの洗練していく現状では似合わなくなってきているんじゃないかというヒントを今回もらえた<br />
  6. 6. 鳥取に引っ越しました<br />2010年10月より鳥取大学大学院工学研究科へ<br />ヒューマンスケールの町です.<br />フレッツ光は来てます<br />食べ物がおいしいです<br />ようやく冬を越しました<br />研究はこれからです<br />
  7. 7. 第2回: HTML5時代の地図の行方<br />HTMLの進化<br />ドキュメントの交換からアプリケーションプラットフォームへ<br />新技術,新規格の発展とともに,原点回帰の側面も<br />RESTful<br />ブラウザ間の差異をなくす標準化<br />新しい技術で,地図やジオメディアはどう変わる?<br />
  8. 8.   @wks 若狭 正生さん<br />OSGeo財団,株式会社コネクティ<br />http://wakasa.org/<br />HTML5に関する様々な講演歴<br />「アプリケーションプラットホームへと進化するHTML5」:InfoTalk#17(HTML5), 2010年4月<br />http://jibun.atmarkit.co.jp/ljibun01/rensai/photo/06/01.html<br />「Geo+HTML5で何が起こるか」: FOSS4G 2010 Tokyo<br />FOSS4Gや第1回目勉強会などで,Ustream中継を担当<br />
  9. 9.   @_hfu_ さん<br />blog: Relevant, Timely, and Accurate(旧 Geographic/Photogrammetric/Cartographic)運営<br />2007年7月〜<br />第1回勉強会で発表<br />飛行機の歴史のメタファー<br />GeoHexへの貢献<br />Proj4jsへの依存性除去<br />GeoHexV2SuperOverlay<br />
  10. 10.   @totipalmate高木悟さん<br />KDDI株式会社<br />1990年代からWeb地図,ジオメディア技術をリード<br />早い段階から,分散情報プラットフォームとしてのWebの可能性と,地図の本質的なWebとの親和性に着目<br />SVGMap<br />OGC,W3Cでの標準化にも関わる<br />

×