Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

版管理自動組版201412

1.244 Aufrufe

Veröffentlicht am

「版管理+自動組版」(http://connpass.com/event/6724/) のスライドです。PyCon JP 2014 の発表内容からPython関係の要素を減らして自動組版の1アプローチとしての考察を少しだけ追加しました。

Veröffentlicht in: Ingenieurwesen
  • Als Erste(r) kommentieren

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

版管理自動組版201412

  1. 1. 「書籍」ビルドシステム Griflet 宮川大輔 @amedama
  2. 2. 発表者自己紹介 • 宮川大輔 (@amedama) • 株式会社 mokha 取締役 • 「もか」 (もくは) • 前職: Google Inc. (U.S, Android部門)
  3. 3. GitHub + Re:VIEW • GitHub … いわずもがな • Re:VIEW … 書籍執筆に強い軽量マークアップ言語 • @kmuto, @takahashim, @kdmsnr, … • TeX, epub, HTML, InDesign, … • https://github.com/kmuto/review
  4. 4. ビルド失敗に気づかない • 執筆中はビルド結果に無頓着なことが多い • 「HTMLが作れてるのでコミット」 →PDFのビルドが成功するとは限らない • 自動でチェックして( ゚д゚)ホスィ…
  5. 5. 自分で作った
  6. 6. 「書籍」ビルドシステム Griflet • PDF, epub, InDesign, … • Re:VIEWを採用 • 「書籍」の「ビルド」をする • 共同執筆を支援 (記録上の最大は33人)
  7. 7. (2) WebHook (1) commit (3) Build Req. Re:VIEW (4) Build (6) Download (5) Notify Linux
  8. 8. • 軽量なアプリ用サンドボックス環境
  9. 9. C87 (今冬) • 3日目 西地区く-02b TechBooster • 発表者もDocker記事で参加
  10. 10. デモ
  11. 11. ここでやめるつもりは ない(`・ω・́)
  12. 12. Grifletの目標 • Webブラウザで執筆作業の全てを完結させる • Windows環境やChromeOSでも……!
  13. 13. ビルド方法を指定可能に? • Docker Hub -> アプリ環境配布のためのハブ • GitHubがソースコードのハブなのに対して • ビルド環境とインターフェースがあれば • 理想型: Re:VIEWでもSphinxでもオレオレでも
  14. 14. ビルド環境の共有 • サーバライセンスのフォント(例: Monaco)の共有 • そもそもまだ公開出来てない orz • 要望に応じてプロジェクトを作ってる状態 (現在20プロジェクトほど)
  15. 15. 入稿終わらせたい • ワンクリックで印刷業者へ • 現状 • 入稿フォーマットの違いを手で吸収する必要 • 編集や校正とかのサポートが不十分

×