Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

平成27年度大学図書館職員短期研修報告 : オープンマインドで楽しく行こう!

平成28年1月28日(木) 18:00-20:00 第14回「大学図書館職員短期研修 参加報告会」(北海道大学附属図書館大会議室)での発表スライドです。

  • Loggen Sie sich ein, um Kommentare anzuzeigen.

平成27年度大学図書館職員短期研修報告 : オープンマインドで楽しく行こう!

  1. 1. 平成27年度 大学図書館職員短期研修 報告 オープンマインドで楽しく行こう! 北海道大学附属図書館 学術システム課 システム管理担当 笠井 美由紀 chitose-cat@lib.hokudai.ac.jp 2016年1月28日(木)第14回勉強会「大学図書館職員短期研修 参加報告会」 この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。
  2. 2. 2 短期研修に行ってみたら、 とっても楽しかったので 安心していいですよ~ 次年度以降に参加される方へ
  3. 3. 本日の内容 1. 大学図書館職員短期研修って? 2. 講義内容 大学図書館の現状と課題 学術コミュニケーションの動向 グループ討議 3. 勝手にマイミッション 4. おまけ 来年度参加される方へ 研修で収穫できたこと 研修に行く前と後でどうだった? 3
  4. 4. 4 1.大学図書館職員短期研修って?
  5. 5. 大学図書館職員短期研修って? 会場 国立情報学研究所(NII) ※東大改修工事中のため 期間 12月1日(火)~12月4日(金) 目的 大学図書館等の活動を活性化するため、大学図書館等の 職員が、今後の図書館の企画・活動を担う要員となる上 で必要な、図書館業務の基礎知識・最新知識を修得する。 対象 ★大学等から直接雇用されて図書館等に勤務している職員 ★勤務年数が2年以上10年以下で、35歳以下であること。 5
  6. 6. 6 日にち 時間 講義名 12月1日 (火) 9:30 - 9:45 9:45 - 11:00 11:15 - 12:30 13:45 - 16:25 16:35 - 17:35 開講式 大学図書館の現状と課題 学術情報リテラシー教育の現状 効果的なグループ討議法 東京大学新図書館計画 12月2日 (水) 9:30 - 10:45 10:55 - 11:40 11:40 - 12:25 13:30 - 14:45 15:00 - 17:30 大学を取り巻く状況と大学図書館の役割 海外研修から見えた大学図書館(1) 〃 (2) 大学図書館職員のスキルアップ法 グループ討議 12月3日 (木) 9:30 - 10-45 11:00 - 12:15 13:30 - 14:45 15:00 - 17:30 電子コンテンツ導入・利用の現状と課題 学術コミュニケーションの動向 目録の現在と未来 グループ討議 12月4日 (金) 9:30 - 16:10 16:10 - 16:55 16:55 - 17:10 グループ討議 / 報告会・講評・修正・最終報告会 国立情報学研究所の学術コンテンツ事業戦略 閉講式 の部分について報告します
  7. 7. 7 2.講義内容
  8. 8. 大学図書館の現状と課題 (東京大学附属図書館 尾城 孝一 事務部長) 大学図書館が直面している課題4つ この課題に取り組むための組織体制作りを! 8 ①ジャーナル問題 ②オープンサイエンス ➂学修支援 ④これからの学術情報システム
  9. 9. ①ジャーナル問題 ・ビッグディール(パッケージ契約・ 包括契約)を離れる大学が増えている ・円安・課税の影響で更に価格高騰 第2次シリアルズ・クライシスを回避するため、 新モデルをコンソーシアムで考え中 9 図書館が払っていた購読料をAPCに振りかえ、 OAを実現してしまおうという動きも出ています
  10. 10. ②オープンサイエンス 公的研究資金を用いた研究成果を広く一般から アクセス・利用ができるようにしましょう! 論文 + 研究データ もオープンに…という流れ 機関リポジトリ推進委員会・各大学 人材育成・データを扱うシステムの開発を目指す 10 内閣府の検討
  11. 11. ②オープンサイエンス 11 この流れをうけて、各大学でオープンアクセス方針 の策定・検討が活発に 名古屋大学 京都大学(2015年4月) 筑波大学(2015年11月) 国際日本文化研究センター(2015年12月) New 九州大学(2016年1月19日)
  12. 12. ➂学修支援 • 学術情報委員会の審議まとめ(H25.8) 学修環境充実には ①コンテンツ ②学習空間 ➂人的支援 の有機的連携が重要 この3つを提供できるのは図書館! ※国立大の76%がアクティブラーニングスペースを設置 (この辺りの詳しいことは河野さんの発表で) 12
  13. 13. ④これからの学術情報システム • 目録所在情報サービス(NACSIS-CAT/ILL) 2020年には終了予定 ユーザーが求める学術情報を迅速に入手できる 環境を実現のために、 統合的発見環境の提供 メタデータの標準化 学術情報資源の確保 を推進する必要 13
  14. 14. NIIと大学図書館の関係 14 現在はNIIと図書館が 「業者」と「お客さん」 のような関係 これからは JUSTICE NACSIS-CAT リポジトリ… 共働のしくみを 作っていけないだろうか? 2015.12.1講義資料より 「大学図書館の現状と課題」
  15. 15. 15 研修全体の内容をほぼ網羅していて 「将来に向けどう取り組んでいくか 考えながら講義受けてね」 と言われた気がした
  16. 16. 16 研修開始早々、ギアがトップスピードの北大勢 3人続けて質問したため、 「お、また北大さんか…。」と言われた T大のIさんが北大の独占を阻止(?) (普通に聞きたくて質問してたのですが…)
  17. 17. 学術コミュニケーションの動向 (千葉大学附属図書館 杉田 茂樹課長) 研究者(読者でありかつ著者)を知り、理解すること 研究生活(入口から出口まで)をトータルに支援 どう支援ができるか? 機関リポジトリ 収録によりGoogle等の検索結果に載りやすく (収集には先生との対話がもっとも重要) APC(投稿料)支援 OA誌が増加中。OA誌投稿を図書館が支援 (どの部署で担当するか考えるタイミングにきている。受入?事務局?) ★ハゲタカ出版に気を付けて!という情報提供も必要かも 17 大学図書館の役割
  18. 18. 学術コミュニケーションの動向 国際的な流れ “Setting the default to open(オープンを当たり前に)” BOAI10 Recommendations(2012) 研究助成機関によるOA義務化 英)RCUK(英国研究会議)、HEFCE(英国高等教育助成会議) 米)米国科学技術政策局(OSTP)指令 →3ヶ月~12ヶ月以内にGoldまたはGreenでOA 研究データへのオープンアクセス HORIZON2020(欧州における科学技術基本計画相当の政策) →データをオープンにすることが明記 18
  19. 19. グループ討議 【グループ討議の流れ】 ●3つの課題のうち1つを選択 「これからの大学図書館職員のあり方を考える」 「これからの学術情報リテラシー教育実践を考える」 「海外調査研修計画を企画立案する」 19 事前課題提出 (研修前) グループ討議 発表・講評
  20. 20. 効果的なグループ討議法 (久留米大学外国語教育研究所 岩田好司所長) • 更に詳しい討議法については昨年の第一回勉強会 「短期研修に参加して(纐纈さん)」資料をどうぞ https://www.slideshare.net/NaoyaKouketsu/ss-42328608 20 雑談 ・相手を知る ・話す項目を決めて 全員で話すと話しやすい 討議法を学ぶ 個人→2人で→全員で (段々大きな単位で) 対立を協同へ ・意見が対立するのは 当たり前 ・いかに協同へもって いくか STEP 1 STEP 2 STEP 3
  21. 21. そこかしこに漂うワクワク感 21
  22. 22. インパクト抜群だったらしい • 講評でも色々ご意見頂けた(おおむね好評) 「ケーキ屋」になぞらえる所が新鮮 (他の職業じゃダメか質問したが、) 電子資料が増える現状で、図書館が キレイというのも利用者増の重要な要素 今の感性を忘れずに業務に活かして 22 素直に嬉しかった!
  23. 23. 23 3.勝手にマイミッション
  24. 24. 勝手にマイ・ミッション • HUSCAP宣伝作戦を決行 「10周年記念クリアファイルを配って (教室を黄色いアイツで埋め尽くそう) HUSCAPの名前を覚えてもらおう」作戦 4日間で47枚配りました! 24
  25. 25. して、効果のほどは…? クリアファイルはよく使うので重宝されていた 今後のグッズ展開の参考にもなり、配ってよかった! 25 当初の目的 + おまけで嬉しいことたくさん!! 覚えてもらえた デザインに対する 客観的意見 会話のきっかけに ・果実のハスカップ と連動してHUSCAP も覚えてもらえた ・『HUSCAP園芸部 ブログ』も閲覧 してもらえた ・水玉珍しくて可愛い ・シルエットにしても 可愛いキャラクターで 羨ましい (某カエルさんの大学) ・リポジトリ業務担当者 から話しかけられる ・はすかっぷちゃんの 絵が見たいという声 (今回シルエットのみ)
  26. 26. 26 4. おまけ
  27. 27. 来年度以降参加される方へ ★名刺をたくさん持っていって →去年聞いてはいたけど、本当に無くなる ★交流(=飲み会)に耐えうる体力が必要 (20代の若いうちに行けるといいね) →翌日「今日なんだか疲れてない?」と言われた すいませんっ…!バレバレでした ★自分なりのミッションがあると更に楽しい 27
  28. 28. 研修で収穫できたこと ★Twitterの運用方針について色々聞けた! アカウント運用方針作成!いよいよ始めます!! ユーザー名:はすかっぷ @huscap ★東大のオープンアクセス方針について 個人的に東大さんの動きを教えて頂けた 北大で方針を策定する時の参考になりました (学内の意見を統一できるかが、鍵) 28
  29. 29. 研修に行く前と後でどうだった? 29 ★オープンサイエンス絡みの理解がスムーズに ★全国に仲間ができて情報が入るようになった ★月刊DRF仕事が(気持ち的に)しやすく ★懇親会への苦手意識が減った、かも。
  30. 30. 30 北大の参加者は勤務年数10年に近い(もしくは30代) が多くて、それなりに経験やプライドがあるはず でも、 全国の参加者から学べることは沢山あります 一旦いろんなものを置いておき 心をオープンにしておくと 得られるものは大きいと思いますよ (以上、ちょっとしたお節介でしたー。)
  31. 31. 31 H27講義資料が公開されています。 詳しくは以下をチェックしてくださいね http://www.nii.ac.jp/hrd/ja/librarian/h27/index.html

×