Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

[CMSどうでしょう 札幌] 網元起動隊ハンズオン

2.553 Aufrufe

Veröffentlicht am

[CMSどうでしょう 札幌] 網元起動隊ハンズオン

Veröffentlicht in: Internet
  • If you want to download or read this book, Copy link or url below in the New tab ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Doc Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... .........................................................................................................................
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier

[CMSどうでしょう 札幌] 網元起動隊ハンズオン

  1. 1. 網元起動隊 in CMSどうでしょう札幌
  2. 2. •WordCamp Kyoto2009,Kobe2011 実行委員長 •WordCamp Yokohama2010,Kobe2011 スタッフ •WordCamp Nagoya2010,Tokyo2012,Kobe2013,Kansai2014 スピーカー •AWS SAMURAI AWARD 2013受賞 •JAWS-UG 三都物語2013,2014 実行委員/スピーカー •AWS SUMMIT TOKYO 2012 AWSスタートアップチャレンジ スピーカー •JAWS DAYS2013 パネラー •JAWS FESTA Kansai2013 実行委員 •JAWS DAYS2014 実行委員/スピーカー •JAWS-UG神戸支部長 あんた誰?
  3. 3. JAWS-UG WordPress Community
  4. 4. 網元起動隊とは?
  5. 5. Thailand
  6. 6. 網元起動隊 ユニフォーム I'm Amimoto compatible.
  7. 7. デジタルキューブ • Amazon Web Services
 APN アドバンスドコンサルティングパートナー
 • WordPress
 CodePoet Directory コンサルタント
 

  8. 8. 分散型のワークスタイル • 事業所:神戸/東京/福岡/長岡/仙台
 リモート:串本/鹿児島/横浜/男木島 • メンバー:14人 • 主なツール:
 1. Google Apps
 2. Backlog / Cacoo
 3. Google Hangout / TypeTalk /Slack
 4. GitHub
 5. Dropbox
  9. 9. 更に進化させる
  10. 10. 強いチームは オフィスを捨てる
  11. 11. 即!実践
  12. 12. –Johnny Appleseed “Type a quote here.” 強いチームはオフィスを捨てる
  13. 13. –Johnny Appleseed “Type a quote here.” 強いチームはオフィスを捨てる?
  14. 14. 強いのかこれ?
  15. 15. 営業ゼロ。100%インバウンド
  16. 16. WordPress on AWS 教育機関
  17. 17. WordPress on AWS 大規模メディア
  18. 18. WordPress on AWS カンパニーサイト
  19. 19. WordPress on AWS 多言語/エンタープライズ
  20. 20. “苦悩”
  21. 21. •調達 •自由度 •拡張性 •価格
 
 •開発環境 •試験環境 •本番環境 •バックアップ •パフォーマンス •安全性 •メンテナンス性 •サイジング •リソース •共同作業 •効率 •属人性
 
 問題点
  22. 22. “理想的なWordPress環境がない事による悪循環”
  23. 23. 世界8リージョン25種類 24時間365日 完全自動提供
  24. 24. 30%は海外ユーザー
  25. 25. WordPress専用のクラウドホスティング
  26. 26. WordPress専用のクラウドホスティング
  27. 27. ハイパフォーマンス
  28. 28. 一秒あたりの処理数 ( Requests per second ) で比較してみると、網元AMIが 108.41 [#/sec] なのに対し、Bitnami では 1.01 [#/sec] と、実に100倍以上の開きが あります。 ちなみに 総リクエスト数 1000、同時接続数 100 で負荷テストを行った所、網元AMI では一秒あたりの処理数は 267.46 [#/sec] を記録しました。 Bitnami では、残念ながら計測できませんでした。 100倍以上
  29. 29. “砲撃を迎撃”
  30. 30. 迎撃CDP
  31. 31. 陣形 http://ja.cloudhappy.net/ 陣形
  32. 32. 複雑な構成も一撃で構築
  33. 33. 安全・安心
  34. 34. 世界第一級の保護
  35. 35. AWS の SecurityCheck 済み
  36. 36. php-fpm, nginx, mysql のプロセスが終了したことを監視
 自動で再起動してくれます プロセス監視 MONIT搭載
  37. 37. 強力なオプションサービスも連携
  38. 38. Trend Micro Deep Security™ as a Service
  39. 39. Trend Micro Deep Security™ as a Service
  40. 40. 開発者向け機能も搭載
  41. 41. WP-CLI
  42. 42. 強力な拡張機能も標準搭載
  43. 43. NGINX のキャッシュコントロール
  44. 44. NGINX環境でのUA判定とTheme設定
  45. 45. Contents Delivery Network
  46. 46. S3への画像アップロード
  47. 47. おまけ
  48. 48. “永代供養”
  49. 49. StaticPress http://ja.staticpress.net/
  50. 50. “ハンズオン”
  51. 51. AWSへログインする
  52. 52. AMIMOTO(EC2インスタンス)を起動
  53. 53. IPアドレスを関連付ける
  54. 54. インスタンスのスケールアップ
  55. 55. •インスタンスを止める •Change Instance Typeでインスタンスタイプを変更 •インスタンス起動
  56. 56. インスタンスのスケールダウン
  57. 57. •インスタンスを止める •Change Instance Typeでインスタンスタイプを変更 •インスタンス起動 スケールアップと同じ手順
  58. 58. Termination Protection設定を変更する
  59. 59. Terminateion Protectionとは? インスタンス自体を終了 → 消す 稼働中のサイトでやらかすと… ( ꒪⌓꒪) Termination ProtectionをEnableにして、誤ってインスタ ンスのterminateをクリックしても、terminateできない ようにする設定です。 ※ 逆に言うと、このTermination Protectionをdisableにし 忘れると、terminateボタンが有効化されないことにな ります。(インスタンスを消すとき注意)
  60. 60. バックアップ・リストア
  61. 61. バックアップ・リストアのながれ 今回は作成した網元ハンズオンサイトにテーマテストユニットデータをイン ポートし、その状態でSnapshotを作成。 作成後、投稿データを全て削除し、Snapshotから作成したVolumeでリスト アして、元の状態に戻す流れです。
  62. 62. バックアップ(Snapshot)
  63. 63. Snapshotのながれ Snapshotとは、その時点でのサーバの状態を抜き出すこと。 インスタンスに接続されているVolumeのIDを確認し、そのVolume IDのSnapshotを作成する。 【参考】 スナップショットの作成と、スナップショットからのリストア 
 http://ja.amimoto-ami.com/2014/10/01/creating-snapshot-and- restore/
  64. 64. リストア
  65. 65. リストアのながれ 1.稼働中のインスタンスに接続されているVolumeの接続情報を確認する 2.Snapshotから新規にVolumeを作成する 3.インスタンスを停止する 4.インスタンスからVolumeを接続解除(Detach)する 5.2で作成したVolumeをインスタンスに接続(Attach)する 6.インスタンスを起動(Start)させる 【参考】 スナップショットの作成と、スナップショットからのリストア 
 http://ja.amimoto-ami.com/2014/10/01/creating-snapshot-and-restore/
  66. 66. SFTPで接続する
  67. 67. SFTP対応クライアントをダウンロード お持ちでない場合、Cyberduckを今回使用します Cyberduck http://cyberduck.io/index.ja.html?l=ja
  68. 68. •nginxユーザーとしてssh接続できるようにする •nginxユーザーのログインシェルをbashに変更 •passwdコマンドでnginxユーザーのパスワードを変更する •nginxユーザーのホームディレクトリを/var/www/vhostsに変更する •↑のために各種プロセスを一度止める •設定が完了したらプロセスを起動する •SFTPソフトへ設定 SFTP接続するまでの流れ 参照URL •nginx ユーザとして ssh 接続できるようにするには?
 http://ja.megumi-cloud.com/2013/11/11/how-to-ssh-as-nginx-user/ •網元で作成したインスタンスに(S)FTPクライアントソフトで接続するには?
 http://ja.megumi-cloud.com/faq/amimoto-sftp-client-access/
  69. 69. AMIMOTOインスタンスへログインする •Macの場合、Applications > ターミナルを起動 •Windowsの場合、PuTTY などをマシンへインストール
 【参考】
 PuTTY Download Page
 http://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/download.html
 
 PuTTY で login
 http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~epnetfan/tebiki/server-login/putty.html
  70. 70. .pemファイルのアクセス権を600へ変更 chmod 600 {.pemファイルまでのパス}
  71. 71. AMIMOTOインスタンスへログインする ssh -i {.pemまでのパス} ec2-user@IPアドレス ※ .pemまでのパス
 例)デスクトップ上のawsフォルダ内の場合で、IPアドレス54.64.60.18の場合
 ssh -i /Users/{ユーザー名}/Desktop/aws/amimto-hands-on-2.pem ec2-user@54.64.60.18 ※ IPアドレス : インスタンスに紐付けたElastic IPsの値
  72. 72. sudo /usr/sbin/usermod -s /bin/bash nginx ※ 半角スペースに注意 nginxユーザーのログインシェルをbashに変更
  73. 73. sudo passwd nginx passwdコマンドでnginxユーザーのパスワードを変更
  74. 74. nginxユーザーのホームディレクトリを /var/www/vhostsに変更する sudo /sbin/service monit stopsudo /sbin/service nginx stopsudo /sbin/service php-fpm stopsudo usr/sbin/usermod -d /var/www/vhosts nginxsudo /sbin service php-fpm startsudo /sbin/service nginx startsudo /sbin/service monit start ※ nginxユーザーのホームディレクトリを変更するためにnginx, php-fpm   のプロセスをいったん終了してからusermodでホームディレクトリを変更
  75. 75. ec2-userと同じpemキーで接続できるように .ssh/authorized_keysをコピーする sudo mkdir /var/www/vhosts.sshsudo cp /home/ec2-user/.ssh/authorized_keys/var/www/vhosts/.ssh/sudo chown -R nginx:nginx /var/www/vhosts/.ssh/
  76. 76. .pemファイルのアクセス権を600へ変更 •インスタンス起動時にローカルへダウンロードされた.pemファイルのアク セス権を変更する chmod 600 {.pemファイルまでのパス}
  77. 77. SFTPクライアントソフト設定 •サーバ: インスタンスのIPアドレス •ユーザー名:nginx •Key pair(インスタンス起動時にダウンロードされた.pemファイル) •パス: /var/www/vhosts/{インスタンス名} •接続ポート: 22

×