Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

「つながる」の価値って何でしょう

421 Aufrufe

Veröffentlicht am

「経営ってなんですか」コミュニティのイベントの資料です。
http://coffeemeeting.jp/communityevents/14974

Veröffentlicht in: Business
  • Loggen Sie sich ein, um Kommentare anzuzeigen.

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

「つながる」の価値って何でしょう

  1. 1. 「つながる」の価値って何でしょう 2015/08/04
  2. 2. Copyright (C) masashi okawa 問題提起 SNSとかスマホとかが普及して人と人が「つながる」事が増えました。 これから、IoTとかAIが発達してくるとモノと人、モノとモノが「つなが る」ようになるんだと思います。 そのうち、人とのつながりよりモノとのつながりが強くなるのが当り前 になるんでしょう。 そんな事を前提として、こんな事をみんなで考えたいと思います。 ・「つながる」ためには何が必要でしょうか ・「つながる」環境はどうやって出来上がるんでしょうか ・「つながる」ことで誰にどんな利得があるんでしょうか ・「つながる」ってビジネスになりますか 1
  3. 3. Copyright (C) masashi okawa 「つながる」の歴史  「つながる」を現象面から捉えると「情報」  歴史的にみると、絶望的/革命的な程の「つながる」の増加 2
  4. 4. Copyright (C) masashi okawa 「つながる」の特性(仮説) 同時性・消失性(simultaneity)  発信と受信が同時に起こる=同時に 「つながる」  時間と場所に制約がある  やりなおしが効かない(つながりの不 可逆性) 消滅性(perishability)  蓄えておくことができない  「つながり」の在庫はない 無形性(intangibility)  他人に見せられない  「つながる」価値や意味を他人と共有 しにくい(わかりにくい) 結果と過程の等価重要性 (heterogeneity, variability)  誰が、誰に、いつ、どこで、どうやって 「つながる」かによって、つながり具合が 左右される  「つながり」の定量的・絶対的評価、評価 軸の設定は難しい  結果ばかりでなく過程も評価の対象となる  他とまったく同じ「つながり」を実現する ことはできない協働生成(inseparability)  相手が受け入れなければつながる事が できない  相手との関係性が変化する(つながり 変動性の本質?) 3
  5. 5. Copyright (C) masashi okawa 人と人との「つながる」を考える 4  「つながる」を求めるエンジンはなんでしょうか  「つながる」ためには何が必要でしょうか  「つながる」環境はどうやって出来上がるんでしょうか  「つながる」ことで誰にどんな利得があるんでしょうか
  6. 6. Copyright (C) masashi okawa モノが「つながる」の歴史 現在 21世紀 インターネッ ト普及前 戦前~ 1960年代 社会構造の変化「モノがネットワークで繋がる」コンセプト CPS(サイバーフィジカルシステム)、 IoT(RFID)、M2M CPS(サイバーフィジカルシステム)、 IoT(RFID)、M2M パロアルト研究所 マーク・ワイザー : ユビキタスコンピューティング パロアルト研究所 マーク・ワイザー : ユビキタスコンピューティング ニコラ・テスラ : テレオートメーション (世界システム(無線送電)) ニコラ・テスラ : テレオートメーション (世界システム(無線送電)) サービス学(サービスサイエンス、 サービス工学)の進展 サービス学(サービスサイエンス、 サービス工学)の進展 アルビン・トフラー:第三の波 (マス・カスタマイゼーション) アルビン・トフラー:第三の波 (マス・カスタマイゼーション) ダニエル・ベル : 脱工業化社会 (知識社会、情報社会) ダニエル・ベル : 脱工業化社会 (知識社会、情報社会) 要素技術の進展 デバイス、センサー 高速通信網 クラウドコンピューティング ビッグデータ解析 セキュリティ 人工知能 出所:三菱総合研究所 ソーシャルネット ワーキング 5
  7. 7. Copyright (C) masashi okawa 「やりとり」 (スマート化) 「つながる」 人とモノが「つながる」の進化?変化? も の ひ と も の ひ と つながってやりとりし始めるモノたち (コミュニティ形成) も のA も のA ひ と も のA ひ と も のA も の B も の B もの同士になると “M2M” 6
  8. 8. Copyright (C) masashi okawa 「つたえる」と「うけとる」の変化=「やりとり」の変化 「つながる」爆発 前までの世界 「つながる」爆発 で何が変わるか つたえる (もの、ひと) うけとる (もの、ひと) 伝えたい事を伝えると、意図したとおりに受け取る つたえる うけとる 伝えた結果がわかる 「やりとり」する 状態 つたえる うけとる 伝えて欲しいことがわかる 7
  9. 9. Copyright (C) masashi okawa 人・モノと人・モノとの「つながる」を考える  「つながる」を求めるエンジンはなんでしょうか  「つながる」ためには何が必要でしょうか  「つながる」環境はどうやって出来上がるんでしょうか  「つながる」ことで誰にどんな利得があるんでしょうか  「つながる」ってビジネスになりますか 8

×