Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
「経営」って何ですか? 第3回イベント 
アイデアって大事ですか? 
2014/05/12
Copyright (C) masashi okawa 
今日の内容 
【問題提起】企業や事業にとってアイデアは大事な事でしょうか? 
① アイデア抽出の方法(TRIZ、行動観察、顧客ライフイベント) 
② アイデアのオリジナリティ? (コピー...
Copyright (C) masashi okawa 
アイデア抽出の方法:TRIZ 
TRIZ – 発明的問題解決理論- 日本技術士会 
・TRIZとは・TRIZの特徴考え方・問題解決の基本プロセス・問題を定義する 
・発明原理による思考プ...
Copyright (C) masashi okawa 
アイデア抽出の方法:行動観察
Copyright (C) masashi okawa 
アイデア抽出の方法:顧客ライフイベント 
・顧客の事は、実はよく知らない。顧客を良く知る必要がある。 
① 顧客の事業や生活のイベントを出来るだけ書き出してみる。 
② そのイベントで新...
アイデアのオリジナリティ?:コピーキャット、模倣の経営学 
 模倣はイノベーションよりも早く安く商品ができるうえ、低リスクで収益性 
が高い。しかし、多くの企業はイノベーションを主軸としたゼロからのオリ 
ジナルのヒット開発に莫大なリソースを...
アイデアのオリジナリティ?: IDEO/フロッグ 
 本当にオリジナルなアイデアは、アート 
 企業(事業)で言えば、IDEOやフロッグのようなデザインファーム 
パーム、プラダ、ペプシ、アップル、P&G… 
多くの一流企業をクライアントに...
アイデアをビジネスにするには?:ワイドレンズ 
 本当にオリジナルなアイデアは、アート 
 企業(事業)で言えば、IDEOやフロッグのようなデザイン 
ファーム 
 イノベーション(特に技術起点の製品イノベーション)って、 
社内都合の戦...
(追加)アイデアをビジネスにするには?:ケイパビリティ 
 ケイパビリティ(capability)とは、何人か集まったり、誰かの協 
力を仰ぎなら何かをやろうとした時に、その集まり(組織)の能 
力のこと。 
 「能力」なので、具体的には、...
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

「経営」って何ですか? 第3回イベント:アイデアって大事ですか?

295 Aufrufe

Veröffentlicht am

コーヒーミーティング(WEBサービス)→「経営」ってなんですか?(コミュニティ)→第3回イベント:アイデアって大事ですか?の資料です。

オリジナルのアイデアを出すことよりも、アイデアを事業化することに頑張るべきという当たり前の説明をしています。
イベントレポートはこちら
http://coffeemeeting.jp/communityeventreports/504

Veröffentlicht in: Business
  • Loggen Sie sich ein, um Kommentare anzuzeigen.

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

「経営」って何ですか? 第3回イベント:アイデアって大事ですか?

  1. 1. 「経営」って何ですか? 第3回イベント アイデアって大事ですか? 2014/05/12
  2. 2. Copyright (C) masashi okawa 今日の内容 【問題提起】企業や事業にとってアイデアは大事な事でしょうか? ① アイデア抽出の方法(TRIZ、行動観察、顧客ライフイベント) ② アイデアのオリジナリティ? (コピーキャット、IDEO/フロッグ) ③ アイデアをビジネスにするには? (ワイドレンズ、オープンイノベーション、 ダイナミックケイパビリティ)
  3. 3. Copyright (C) masashi okawa アイデア抽出の方法:TRIZ TRIZ – 発明的問題解決理論- 日本技術士会 ・TRIZとは・TRIZの特徴考え方・問題解決の基本プロセス・問題を定義する ・発明原理による思考プロセス ・TRIZの本質的特徴は「課題設定」と「課題解決プロセス」 ・40の発明原理≒ 智慧カード ・自分の抱えている技術課題に対して、多面的に解決アイデアを出す TRIZ 発明原理〜日常品の例〜 【やり方】 ①1枚あたり5-10秒程度で解決アイデアを考える。 ②ヒントになりそうなカードを3-5枚程度抽出する。 ③そのカードについて、立ち止まりそこからにアイデアを拡げる。
  4. 4. Copyright (C) masashi okawa アイデア抽出の方法:行動観察
  5. 5. Copyright (C) masashi okawa アイデア抽出の方法:顧客ライフイベント ・顧客の事は、実はよく知らない。顧客を良く知る必要がある。 ① 顧客の事業や生活のイベントを出来るだけ書き出してみる。 ② そのイベントで新たに起こる顧客の悩みや顧客の変化を推測する。 ③ それに対して、究極の解決策(自分で解決出来るかどうか関係なく)を 考える。 ④ 究極の解決策は、誰が解決に近いところにいるか考える。 ⑤ で、自分はどんなポジションをとる?
  6. 6. アイデアのオリジナリティ?:コピーキャット、模倣の経営学  模倣はイノベーションよりも早く安く商品ができるうえ、低リスクで収益性 が高い。しかし、多くの企業はイノベーションを主軸としたゼロからのオリ ジナルのヒット開発に莫大なリソースを投じている。  優れた企業はイノベーターと模倣(イミテーター)の両者が結合する=イモ ベータである。  生物学、考古学、芸術、認知科学では、模倣=特殊能力。創造的。あ れ?経営学だと小バカにされてない?  イミテート戦略=どれをいつ誰の何をどのように模倣するかってちゃんと考 えてる?模倣のプロセスって定義付けられてなくない?  事例:アップル、IBM、ウォルマート、サウスウエスト航空、グラミン銀行  事例:ヤマト運輸、スタバ、グラミン銀行、J&J(ただし解釈が違う)  特に面白かったのがKUMONの模倣困難性の解釈。サービス業のグロー バル化みたいな表層的な事例でよく取り上げられていますが、「教えな い」戦略の効果(顧客の自律的成長促進、コスト抑制、フランチャイズ 化)と構造(教材の作り方、改善プロセス)が上手くできているモデル Copyright (C) masashi okawa
  7. 7. アイデアのオリジナリティ?: IDEO/フロッグ  本当にオリジナルなアイデアは、アート  企業(事業)で言えば、IDEOやフロッグのようなデザインファーム パーム、プラダ、ペプシ、アップル、P&G… 多くの一流企業をクライアントに持ち、子 供用歯ブラシからコンピュータ、鉄道車両 にいたるまで、機能的で遊び心に満ちた製 品を開発しつづけるデザイン・ファームIDEO Copyright (C) masashi okawa アップル、ソニー、デル、マイクロソフト、ディ ズニー、ヴィトン・・・マッキンゼーやBCGなど が提供しているコンサルティングサービスと、 デザイン会社の大多数が今も続けている 伝統的なブリーフィングによるデザインとの 中間を主戦場としてる 工場(ものづくりの現場)っ て超重要。製造現場しらな きゃ、ろくなデザイン出来な いのに、デザイナーとか企 画の人は何で知ろうとしな いんかね?
  8. 8. アイデアをビジネスにするには?:ワイドレンズ  本当にオリジナルなアイデアは、アート  企業(事業)で言えば、IDEOやフロッグのようなデザイン ファーム  イノベーション(特に技術起点の製品イノベーション)って、 社内都合の戦略ベースの検討はされてるけど、エコシステ ムの活用とかコンフリクト解消ってあんまり取り組まないよ ね。だから、うまくいかないんじゃね? =顧客価値志向の戦略ストーリーと、エコシステムをうまく回 す事を目標としたビジネスモデルが必要 ・・・現実には、既存のR&Dプロセスや予算承認執行権限、 マーケティング部門や調達/パートナー管理部門との役割分 担などなど・・・ Copyright (C) masashi okawa
  9. 9. (追加)アイデアをビジネスにするには?:ケイパビリティ  ケイパビリティ(capability)とは、何人か集まったり、誰かの協 力を仰ぎなら何かをやろうとした時に、その集まり(組織)の能 力のこと。  「能力」なので、具体的には、業務効率、納期対応、品質の 高さとか主にQCDに関することが多い。  その能力の(機能、業務)領域としては、物流、開発/設計、 生産など。  (当たり前だけど)必要なケイパビリティは、事業環境によって 決まるので、事業環境が変わることで新たなケイパビリティを 獲得する必要がある。  新たなケイパビリティを獲得するために、組織内外の色んな能 力を統合・構築・再編成する能力が「ダイナミックケイパビリ ティ」 ・・・大企業を中心とした組織の「ムダ」は「ダイナミックケイパビリ ティ」のためなのでは? Copyright (C) masashi okawa

×