Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
エグゼクティブの
サポートを得るための
4つのポイント
採用ブランドの確立を目指して
今日、あらゆる企業が採用ブランドの重要性を理解しています。一方で、すべてのエグ
ゼクティブが支援してくれているとは限りません。ここでは、採用ブランディングをビ...
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

採用ブランドの確立を目指して エグゼクティブのサポートを得るための4つのポイント

2.151 Aufrufe

Veröffentlicht am

今日、あらゆる企業が採用ブランドの重要性を理解しています。一方で、全てのエグゼグティブが支援してくれているとは限りません。ここでは、採用ブランディングをビジネスで優先させるための戦略をご紹介します。

Veröffentlicht in: Business
  • Als Erste(r) kommentieren

採用ブランドの確立を目指して エグゼクティブのサポートを得るための4つのポイント

  1. 1. エグゼクティブの サポートを得るための 4つのポイント 採用ブランドの確立を目指して 今日、あらゆる企業が採用ブランドの重要性を理解しています。一方で、すべてのエグ ゼクティブが支援してくれているとは限りません。ここでは、採用ブランディングをビジ ネスで優先させるための戦略をご紹介します。 課題の理解 裏付け 強力な採用ブランディングが、優れ た人材を引き寄せるだけでなく、定 着にも役立つことをアピールしま しょう。 データの活用 採用ブランディングをサポートするデータを見つ けましょう。 まず、現在の状況を共有し、さらにこれから進む べき方向について説明します。これは、影響や進展 状況を時間を追って把握するのに役立ちます。現 在の採用に要する時間、入社決定率 、これ以外のエグゼ クティブが関心を持つと思われるデータを提示し、 次に、戦略がどのような変化をもたらすかを示します。 粘り強く交渉 採用ブランディング戦略への賛同を得ることはたやすくありませんが、粘り強く続け ることで必ず成果が得られます。 企業がエグゼクティブに対して効果的に利用してきた評価基準の 1 つに、採 用ブランディング指標 (TBI) があります。TBI は、プロフェッショナル市場に おける会社の採用ブランディングを表す指標の 1 つです。この指標を時間を 追って追跡することで、貴社の採用ブランディングの進展具合を測れるだけで なく、競合他社との比較や貴社の立ち位置を理解できます。 毎夜、貴社のエグゼクティブが頭を悩ませていること は何でしょうか。採用ブランディングがそれらの 問題の解決につながることを示しましょう。 エグゼクティブチームが抱える問題点を特定し、それ にブランディング戦略を合致させます。たえば、ブラ ンディングが優秀な人材を惹き付けるだけでなく、 収益アップ、人材定着率の向上、モラル構築につなが ることを示します。 人材戦略は今や企業の CEO が注目するホットトピ ックです。事実、CEO の 93% が人材獲得において 新しい戦略を取り入れている、またはその必要性を 認識しています。1 以下に、この論点を裏付けるデ ータをご紹介します。 採用ブランディングは、優秀な人材を引き寄せる  56% のプロフェッショナルが新しい仕事を引 き受けるかどうかを判断する際、企業の評判を チェックしています。これは同時に、強力な採 用ブランディングが短期間でコスト効率の高い 人材採用を実現することを示しています。 採用ブランディングは、優秀な人材を定着させる  強力な企業ブランドが確立された会社は、そう でない企業と比べて離職率が 28% 低いことがわ かっています。2 貴社のポジションニングを認識 し、そこから生まれる文化を育成することは、 社員の満足度と生産性の向上につながります。 採用ブランディングは、社員によるエンゲージメント を促進する  調査によると、エンゲージメントの高い社員は、 480% 高い意欲をもって企業を成功に導くこと がわかっています。3 社員と候補者、パートナー、 または顧客とのやり取りはすべて、企業ブラン ドを高めたり、損ねたりする可能性を秘めてい ます。社員に貴社の採用機会を知ってもらい、 積極的に関与させることで、多大なサポートを 得ることができます。 93% のCEO が人材におけ る新たな戦略を取り 入れている、または その必要性を認識し ている 1 採用ブランディング指標の比較 ( 競合他社との比較 ) 指標値の変化 2013 年 3 月 2013 年 7 月 2013 年 11 月 2014 年 3 月 カーラ・ヤーノット氏は、このことを実際に体験しました。 それは、彼女がSAIC社でグローバル人材獲得 / ブランディ ング部門の責任者を務めていたときのことです。同社の考 え方はきわめて保守的で、ソーシャルメディアの活用には 非常に消極的でした。ヤーノット氏は、データを活用した 会話、価値を実証するためのパイロットプログラムの策定、 できるだけ多くのエグゼクティブとの 1 対 1 の話し合いを 通じて、反論を覆すことに成功しました。 最終的に、彼女はリーダーシップチームの同意を得ること に成功し、SAICの採用ブランディングを次の段階に進める ためのリソースと取り組みの機会を得ることができました。 LinkedInタレントソリューションズに対するお問い合わせ japan-lts@linkedin.com Talent Solutions 1. PWC、第 17 回グローバル CEO 年次調査、2014 年 2 月。 Linkedln 人材ブログ「採用ブランドの価値とは ?」2011 年 12 月 11 日。3. 社員エンゲージメントとカスタマーエクスペ リエンスおよび生産性との強い関連性、Temkin Group 調査、 2013 年 1 月 12 日 「おそらく私は同じ話を 40 回はした でしょう。同じ相手に同じ話をしたこ ともあります。まるで壊れたレコード のように同じことを唱えているように 感じるかもしれませんが、相手はそう は思いません」 カーラ・ヤーノット氏 SAJC 自社

×