Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

『キャリア プラン × ト × コミュニティ』はじめの一歩

1.618 Aufrufe

Veröffentlicht am

COD 2013 で発表した資料です。

Veröffentlicht in: Karriere
  • Als Erste(r) kommentieren

『キャリア プラン × ト × コミュニティ』はじめの一歩

  1. 1. 『キャリア プラン × ト × コミュニティ』 はじめの一歩 山本 久仁朗 (旧姓 村上)
  2. 2. 最初に お伝えしたい ことが 3つあります。
  3. 3. 1つ 今日、とても 緊張してます (T-T)ゞ
  4. 4. 2つ 今日、比較的 真面目な話 をします
  5. 5. 3つ すいません 今月転職! しまいました。
  6. 6. それでは、 本編を 始めさせて いただきます。
  7. 7. アジェンダ • はじめに • 「コミュニティ」 はじめの一歩 • 「エンジニア」 はじめの一歩 • 「キャリアプラン」 はじめの一歩
  8. 8. はじめに
  9. 9. はじめに ~ 自己紹介 ~ • 名前 :山本 久仁朗(旧姓:村上) • 最終学歴 : 一関高専 化学工学科 (~’89) • 職歴 : – 日本プロセス株式会社 (~’03) • SE (鉄鋼・航空・流通・電力・金融) (~’96) • TE (サーバ構築・組込・PCアプリ) (~’03) – アットネットホーム株式会社 (~’05) • QA (ISPサービス全般) (~’05) – ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社 (~’11) • TE (PCアプリ・音楽プレイヤー・etc) (~’09) • QA (音楽プレイヤー・etc) (~’11) – NHN Japan 株式会社 (~‘13) • QA (ゲーム全般) (~’13) – DeNA 株式会社 (現職) • QA (ゲーム全般) (現職)
  10. 10. はじめに QA室 室長に なりました!NHN Japan 在籍時
  11. 11. はじめに なぜ? どのように? 成し得たか!?
  12. 12. はじめに キャリアプランと コミュニティの お話しさせて いただきます。
  13. 13. 「コミュニティ」 はじめの一歩
  14. 14. 「コミュニティ」について 「コミュニティ」 について 最初に一言・・・
  15. 15. 「コミュニティ」について 今のキャリアは 「コミュニティ」 のおかげ! (意見には個人差がありますので、ご注意ください。)
  16. 16. 「コミュニティ」について 皆さんに 質問が あります①
  17. 17. 「コミュニティ」について 「ITコミュニティ」 知っている人 いますか?
  18. 18. 「コミュニティ」について 「ITコミュニティ」 参加している人 いますか?
  19. 19. 「コミュニティ」について 「ITコミュニティ」 運営している人 いますか?
  20. 20. 「コミュニティ」について 本日は、 いろいろな方が いらっしゃると 思いますが・・・
  21. 21. 「コミュニティ」について あらためて 「コミュニティ」 について
  22. 22. 「コミュニティ」について • コミュニティ(英語:community)とは、 – 「共同体」を意味する語に由来。同じ地域に居住して利害 を共にし、政治・経済・風俗などにおいて深く結びついてい る人々の集まり(社会)のこと(地域共同体)。日本語では 「地域共同体」が「地域社会」をも意味し得たため、転じて 国際的な連帯やインターネット上の集まりなども「共同体」 あるいは「コミュニティ」と呼ばれる。地域の共同体であるこ とよりも地域住民の相互性を強調する場合、地域コミュニ ティとカタカナ表記する場合も多い。 – GREEとmixiなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス のにおいて、掲示板に相当するもの。自身で開設でき開設 した本人が管理人となり、レンタル掲示板に類似する。 「Wikipedia:共同体」から抜粋
  23. 23. 「コミュニティ」について • 広義の共同体(コミュニティ) – 学校のクラスのようなものも、学ぶということをテーマにし、 それが単なる所属集団(membership group、単にその一 員であるというだけの集団、会員権のようなもの)から、準 拠集団(reference group、そこに参加できることが憧れ となるような集団)へと成長しているなら、やはり学びの共 同体である。 インターネット上にもさまざまなコミュニティがあるし、また オンラインゲームの中でできてきた仲間も一種のコミュニ ティを形成しているといってもいいかもしれない。 「Wikipedia:共同体」から抜粋
  24. 24. 「コミュニティ」の一例 「コミュニティ」 の一例を ご紹介します。
  25. 25. 「コミュニティ」の一例 Community Open Day で 紹介されているコミュニティ Windows Azure User Group(JAZUG) SQLTO System Center User Group Japan (SCUGJ) TFSUGJ わんくま同盟 .NETラボ 技術ひろば.net codeseek RIAアーキテクチャ研究会 こみゅぷらす ブラウザー勉強会 C# User Group めとべや東京 CLR/H エフスタ!! 福井情報技術者協会[FITEA] Hokuriku.NET Silverlightを囲む会 プログラミング生放送 SQLWorld Japan SharePoint Group Win.tech.q OITEC MetroStyleDeveloper ヒーロー島 Windows Phone Arch かるぼ塾
  26. 26. 「コミュニティ」の一例 MSDN で紹介されている コミュニティ&MVP ブログ Microsoft Community Ring Program INETA (International .NET Association: アイネタ) GITCA、 VSUG、 JAZUG 蒼の王座 いろいろ備忘録日記 かおるんダイアリー かずきのBlog@hatena 古賀 信哉のWindows CE Blog 新日々此何有哉 たんたか 開発・システム管理関連の備忘録 どっとねっとふぁん 遥佐保の技術メモ Developer @ ADJUST Fly on the Cloud! オータム マガジン 技術雑記 HIRO's.NET Blog Moonmile Solutions Blog neue cc PowerShell Scripting Weblog Processtune blog The Road to C# Master Trapemiya WisdomSoft Yuya Yamaki’s blog イメージ AndAlso ロジック えムナウ Blog かおるんTFSダイアリー 技術との戯れ 翔ソフトウェア (Sho's) Fujiwo の日記 (善)力疾走 東方算程譚 もりひろゆきの日々是勉強 DHJJ Gushwell's C# Dev Notes Ito Blog My Biz Blog PowerShell from Japan!! Realtime Windows Now the sea of fertility xin9le note 仮想化でプリセールスしてるSEの一日 薩摩藩中仙道蕨宿別邸 Always on the clock MCTの憂鬱 TrueRemoteを開発したIchiGekiの新しいブログ。 焦げlog 山市良のえぬなんとかわーるど IdM実験室 SBRの備忘録 WIN1@Codename エクセル大事典 初心者備忘録 パワポ部 みゃうのリカバリーをする前に 世の中は不思議なことだらけ Hebikuzure's Tech Memo Office Labo SharePoint Maniacs クリエ・イルミネート ブログ パソコンFAQ FC2館 日々徒然 プレゼン マスター: パワーポイントの裏技解説 みんなのワードマクロ EX-IT Microsoft Office VisioカスタマイズのvisGeek SharePoint Developer The Simplest Essence
  27. 27. 「コミュニティ」の一例 ゲーム業界もいろいろ コミュニティがあります 9leap Analog Game Studies GamePM勉強会 GameVFX Roundtable NADEC UnityでMMDを動かす会 ゲームのお仕事 ゲーム開発環境勉強会 ゲーム業界コミュニティ 海外ゲーム技術勉強会 学生ゲーム業界勉強会 GCS2013 (06/22 開催) 「ゲーム業界のコミュニティが集う文化祭、再び!」 ゲームコミュニティサミット2013(GCS2013)はゲーム 開発者コミュニティ&勉強会が集結する、合同勉強会 イベントです。各コミュニティが趣向を凝らして各教室 を受け持つ姿は、さながら文化祭のような雰囲気だっ たことが印象的でした。 今年はそれを踏まえ、規模を拡大して6/22に開催し ます!普段みなさんがゲーム開発について思い描い ていることを仲間たちと語り、共有し、気づきを得る 場、そして新たなつながりを作る場として、ぜひこのイ ベントを活用ください。 みなさんの参加をお待ちしております!!
  28. 28. 「コミュニティ」のイメージ 皆さんに 質問が あります②
  29. 29. 「コミュニティ」のイメージ 「コミュニティ」 最初の イメージって?
  30. 30. 「コミュニティ」のイメージ ありがちな誤解1 1. 敷居が高い 2. 活動内容が不明 3. ジェネレーションギャップ
  31. 31. 「コミュニティ」のイメージ ありがちな誤解2 1. 最先端の方法論の話 2. 英語必須 3. サーバー構築必須
  32. 32. 「コミュニティ」のイメージ ありがちな誤解3 1. オタクの集まり 2. 怪しい組織に属してる 3. 強制的に拘束される
  33. 33. 「コミュニティ」のイメージ もちろん そんなことは ありません!
  34. 34. 「コミュニティ」のイメージ 「コミュニティ」の実態 1. 参加しやすい! 2. 年齢を超えて学び! 3. 人脈作りに最高! 4. 楽しい!
  35. 35. 「コミュニティ」のイメージ 「コミュニティ」の形式 1. 情報共有サイト 2. 勉強会・読書会 3. オフ会 4. ・・・etc・・・
  36. 36. IT勉強会カレンダー
  37. 37. 「コミュニティ」の活用事例 本日は 開発者の方が 多いと 思いますが!
  38. 38. 「コミュニティ」の活用事例 私は ソフトウェアテスト 関係者 ですので・・・
  39. 39. 「コミュニティ」の活用事例 ソフトウェアテスト 関連コミュニティ の活用事例を ご紹介します。
  40. 40. 「コミュニティ」の活用事例
  41. 41. 「コミュニティ」の活用事例 ~ぺるそな~ 東京都在住 KYさん の場合
  42. 42. 「コミュニティ」の活用事例 KYさんの悩み スキルアップのために費用をかけるのは、 お父さんのお小遣いでは、難しい。。。 仕事もあるので、平日の日中に勉強会・ セミナーに参加するのは調整が大変。。。 講師の方に質問するには、ハードルが高 いために、いまかかえている課題・問題 への適応方法が見つからない。。。 他の参加者の方にも、声をかけるわけに もいかず、いつまでも悩みが絶えない。。。
  43. 43. 「コミュニティ」の活用事例 そんな時に 出会ったのが コミュニティの 勉強会だった!
  44. 44. 「コミュニティ」の活用事例 まずは、簡単に コミュニティの 利点を まとめました
  45. 45. 「コミュニティ」の活用事例 コミュニティの利点 1. 格安 or 実質無料 2. 業務時間外も多い 3. 著名人も多く参加
  46. 46. 「コミュニティ」の活用事例 本当に そんな 良い話が あるのか?
  47. 47. 「コミュニティ」の活用事例 まずは、 登場する コミュニティの 紹介です。
  48. 48. 「コミュニティ」の活用事例 ・TEF(Testing Engineer‘s Forum) 情報交換や技術向上を目指した、 ソフトウェアテスト技術者の交流会です。 ソフトウェアテストに携わっている技術者 の方なら、どなたでも入会できます。 主に、メーリングリストで情報交換をして います。不定期に勉強会や研究会も行っ ています。
  49. 49. 「コミュニティ」の活用事例 ・WACATE (Workshop for Accelerating CApable Testing Engineers) ソフトウェアテストの基礎的な話題につ いて、ワーク中心で、つまり皆さんが中 心となって2日間考えて頂きます。 主体的に学びたい方、他の参加者の皆 さんと疑問や意見をやりとりしてみたい 方、ワークを通して自分の知識や経験を 整理したい方、大歓迎です。
  50. 50. 「コミュニティ」の活用事例 次に どのように コミュニティと 関わったのか?
  51. 51. 「コミュニティ」の活用事例 • 2003年 TEFのMLに登録・・・MLを参照するだけの日々 • 2005年 会社のビジネススキルのセミナーに年2回参加 • 2006年 ESEC・ET等の無料展示会に行ってみる 品質関連の無料セミナー参加(年4回) • 2007年 TEF勉強会に参加(年2回) TestLink日本語化プロジェクトに参加 WACATE2007冬に参加 • 2008年 TEF勉強会に参加(年4回) 開発・品質関連の無料セミナー参加(年6回) WACATE実行委員になる(年2回、~2010年夏) • 2009~ 2011年 同上
  52. 52. イメージ図 ‘03 ’04 ‘05 ‘06 ‘07 ‘08 ‘09 ‘10 ‘11 ’12 ’13 ス キ ル 【滞】 教育は 会社主体と 考えていた 【起】 勉強会・ セミナーに 自分で参加 【承】 参加だけ から、投稿 ・発信へ! TEF ML登録 勉強会参加 MLに報告 勉強会に 多数参加 【転!】 サポート& 次の ステップへ 運営側は 参加者以上に スキルアップ 投稿しようと 深く理解! 転職 転職 転職 転職 【転】 参加者から 運営側へ! 次の世代を サポート 次のステップ を目指して!
  53. 53. 小休止
  54. 54. 小休止 皆さんに 質問が あります③
  55. 55. 小休止 学生時代 部活 してた人?
  56. 56. 小休止 学校以外で 練習・稽古 していた人?
  57. 57. 小休止 学生時代に 学習塾に 通っていた人?
  58. 58. 小休止 ちょっと 話を 変えて・・・
  59. 59. 小休止 会社以外で 勉強 している人?
  60. 60. 「コミュニティ」について ここからは 個人的な意見 ですが?! 「意見には、個人差がありますので、ご注意ください。」
  61. 61. 「コミュニティ」について 「コミュニティ」は 大人の部活 だと思います
  62. 62. 「コミュニティ」について 「コミュニティ」は 仕事と直結 することも しないことも
  63. 63. 「コミュニティ」について まずは! 興味があること からはじめて みましょう!
  64. 64. 「コミュニティ」について 「コミュニティ」 参加時の 留意点
  65. 65. 「コミュニティ」について 大切なことが3つあります! 1. 礼儀を忘れない! 2. アウトプットしよう! 3. 強敵(とも)を探そう! 「意見には、個人差がありますので、ご注意ください。」 EOS
  66. 66. 「エンジニア」 はじめの一歩
  67. 67. エンジニアについて 皆さんに 質問が あります④
  68. 68. エンジニアについて 学生の皆さん エンジニア なりたいですか?
  69. 69. エンジニアについて 社会人の皆さん エンジニア ですか?
  70. 70. エンジニアについて どんな エンジニア ですか?
  71. 71. エンジニアについて これからも エンジニア ですか?
  72. 72. エンジニアについて 改めて エンジニア とは?
  73. 73. エンジニアについて • エンジニア(英語: engineer、技術者)とは、 – 主に工学(エンジニアリング)分野の専門的な技術を持った 実践者のこと。 – 日本では類義語の「技師」「技士」などは、役職名・資格名 を指すことが多く、臨床検査技師、診療放射線技師、施工 管理技士などの例がある。 – 日本では「技術者」というのは呼称であり、その名称を定義 し、その名称を名乗るための法的規制などは存在しない。 (勝手に)称することを禁じられているのは「技術士」およ び「技能士」である。 – 外国に於いては、「Engineer」(エンジニア)の称号は、理 学士ではなく工学士の学位が必要とされる等、明確な制 限がある場合が多い。 「Wikipedia:技術者」から抜粋
  74. 74. エンジニアについて • 世界に於けるエンジニアの称号 – 大陸ヨーロッパやラテンアメリカの幾つかの国やトルコなどでは、工学 技術者の称号は工学部の学位を持っている者に限り許されている。例 え職歴が十分であっても、それ以外の者が使用する事は違法である。 – イタリアでは、工学部の学位を持っている者以外では、プロフェッショナ ルとしての能力試験(Esame di Stato)を課し、これを通過した者がそ の称号を許される。 – ポルトガルでは、プロフェッショナルな技術者の称号と、認定されるその 工学学位は「Ordem dos Engenheiros」によって認定されている。 – チェコ共和国においては、技術者の称号(lng.)は、化学、工学、さらに は歴史的事情により経済学で学士か修士を修めたものに与えられる。 – アメリカの全ての州、カナダ、そして南アフリカでは、幾つかの技術者 の称号の使用を、法によって規制している。特に"Professional Engineer"、さらに工学分野から派生した工学、例えば土木工学や機 械工学専門技術者に対する称号等を規制している。アメリカの州でほ ぼ全てにおいて、無許可の者が「技術者」を称する事等を禁じている。 – IEEEの公式な見解は、工学学位を持ち、十分な技術者としての経験 を持った者等が技術者である、としている。 「Wikipedia:技術者」から抜粋
  75. 75. エンジニアについて • 技術者の分類 – 技術者は製造業一般、サービス産業など製品やシステム など、また農林水産分野など、モノやことを生み出される、 生産が伴うすべての産業に存在 – 電気技術者、機械技術者などと工学分野の数だけ存在 – テクノロジー産業ごとに技術者が存在 – またそれぞれの分野ごとに、調査計画から分析、設計から 製作や施工という一連の工程においてそれぞれ技術者が 存在するほか、製品の品質管理、維持管理、製造のための 設備保守、メンテナンス、ものの修理修繕および修復、施 設の運営のためといった業務などに従事する技術者も数 多い。 「Wikipedia:技術者」から抜粋
  76. 76. エンジニアについて • 資格の名称 – 日本の建設に関する資格一覧、日本の免状一覧、日本の 情報に関する資格一覧、日本の工業に関する資格一覧、 日本の環境に関する資格一覧、日本の通信に関する資格 一覧 などをみてもわかるとおり、技術者資格の名称として、 名前の末尾に技術者と付けるものも多く存在する。 – 情報処理技術者、バイオ技術者、シスコ技術者など。 「Wikipedia:技術者」から抜粋
  77. 77. エンジニアについて • ITエンジニア関連資格 – 情報処理技術者資格(IPA) • プロダクションエンジニア • システム運用管理エンジニア • アプリケーションエンジニア試験 • マイコン応用システムエンジニア • テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験 • テクニカルエンジニア(システム管理)試験 • テクニカルエンジニア(データベース)試験 • テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験 • テクニカルエンジニア (情報セキュリティ) – 公的資格 • CGエンジニア検定 – 民間資格 • 情報通信エンジニア • 家電製品エンジニア • CQE(品質エンジニア)資格認定制度 • 計測制御エンジニア 「Wikipedia:技術者」から抜粋
  78. 78. エンジニアについて 細かいことは WikiPedia を見てください
  79. 79. エンジニアについて ここからは 個人的な意見 ですが?! 「意見には、個人差がありますので、ご注意ください。」
  80. 80. エンジニアについて エンジニアに 大切なことが 3つあります。
  81. 81. エンジニアについて 大切なことが3つあります! 1. 好きな技術を探そう! 2. 世の中を変えよう! 3. 幸せになろう!
  82. 82. エンジニアについて ~ 好き ~ 技術・技能を 高めるために 重要なこと!
  83. 83. エンジニアについて ~ 好き ~ • スキルを高めるためには、 – 仕事・勉強の中で、好きなもの見つけ! 楽しもう! 「好きこそ物の上手なれ」 「子曰、 知之者 不如 好之者、 好之者 不如 樂之者。 」 「論語 雍也第六の二十」より
  84. 84. エンジニアについて ~ 変える ~ ところで エンジニアリング とは、何でしょう?
  85. 85. エンジニアについて ~ 変える ~ • エンジニアリング(engineering、工学)とは – エネルギーや自然の利用を通じて便宜を得る技術一般[1]。 – 数学と自然科学を基礎とし、 ときには人文科学・社会科学の知見を用いて、 公共の安全、健康、福祉のために 有用な事物や快適な環境を構築 することを目的とする学問。 – 工学を実践する者を「engineer」「エンジニア」「技術者」と 呼ぶ。日本では技術者の公式な資格の一つに技術士があ る。 「Wikipedia:工学」から抜粋
  86. 86. エンジニアについて ~ 幸せ ~ 「幸せ」について 考えたこと あります?
  87. 87. エンジニアについて ~ 幸せ ~ • 「働く」ということは – 「働く」ことで下記の2~4は得られるます。 「人間の究極の幸せ」とは・・・ 1. 人に愛されること 2. 人に褒められること 3. 人の役に立つこと 4. 人に必要とされること 「禅僧の言葉」より
  88. 88. エンジニアについて 大切なことが3つあります! 1. 好きな技術を探そう! 2. 世の中を変えよう! 3. 幸せになろう!
  89. 89. エンジニアについて ちょっと 小休止 「好きな、名言」
  90. 90. エンジニアについて • 「同じ味を出すこと」というが、実はこれが難しい…。 季節、天候、素材など日々条件が異なることはもちろんだが、「全く同じ に作り続けていたら、お客には“昔のほうがおいしかったよね”と言われて しまう」からだという。「同じ味」とは、実は「ゆるやかに進歩し続ける味」だ という落合。開店以来の看板料理である「うにのスパゲッティ」も、細かな 火加減など工夫を重ねてきた。 「同じ味」とは ゆるやかに 進歩し続ける味 落合務氏の言葉より
  91. 91. エンジニアについて ちょっと 気を付けて いること
  92. 92. エンジニアについて – 情報技術の分野では、プログラマー(狭義ではコーダー)は 技能者とされ、分析・設計を担当するシステムエンジニア、 プロダクトマネージャーなどの職種が技術者であるとされ る。一方で、データベース、ネットワークにおける管理・運営 業務を負う技術者は、大抵の場合それぞれのシステムの 設計・開発を兼ねているが、作業自体はプログラマー的で ある。結果、プログラミングできないという優れたシステム エンジニアという者や、システムが組めないプログラマー という者は原理的に存在し得なく、コンピューター産業に おいて技術者・技能者の差異が明確ではない。 「Wikipedia:技術者」から抜粋 EOS
  93. 93. エンジニアの次のステップ
  94. 94. エンジニアの次のステップ 皆さんに・・・ 残念な・・・ お知らせがあります
  95. 95. エンジニアの次のステップ ここまでは・・・ 希望に満ちた 話をしました・・・
  96. 96. エンジニアの次のステップ ここからは、 現実に満ちた 話をします!
  97. 97. エンジニアの次のステップ 次の ステップは? どうしましょう?
  98. 98. エンジニアの次のステップ 目標が 決まっている人! 手を挙げて!!
  99. 99. エンジニアの次のステップ まずは ITスキル標準 (ITSS)を 見てみましょう!
  100. 100. エンジニアの次のステップ • ITSS と 情報処理技術者試験 「ITスキル標準V3 2011」 から、抜粋 レベル 職種 専門分野 試験区分 注 釈 レベル4 マーケティング ITストラテジスト試験 セールス ITストラテジスト試験 コンサルタント ITストラテジスト試験 ITアーキテクト システムアーキテクト試験ほか 注1 プロジェクトマネジメント プロジェクトマネージャ試験 ITスペシャリスト プラットフォーム ネットワーク ネットワークスペシャリスト試験 データベース データベーススペシャリスト試験 アプリケーション共通基盤 システム管理 セキュリティ 情報セキュリティスペシャリスト試験 アプリケーションスペシャリスト システムアーキテクト試験 ソフトウェアデベロップメント 基本ソフト ミドルソフト 応用ソフト システムアーキテクト試験 カスタマサービス ITサービスマネージャ試験 ITサービスマネジメント ITサービスマネージャ試験 エデュケーション
  101. 101. エンジニアの次のステップ 個人的な 見解ですが ・・・
  102. 102. エンジニアの次のステップ 大きく分けて 4つの選択肢が あります!
  103. 103. エンジニアの次のステップ 1. マネージャ 2. スペシャリスト 3. コンサルタント 4. 生涯一エンジニア
  104. 104. エンジニアの次のステップ 多くの人たちが 「マネージャ」に なると思います
  105. 105. エンジニアの次のステップ • プロダクトマネージャ • プロジェクトマネージャ • プロジェクトマネージメントオフィサー (PMO) • アウトソースマネージャ • 管理職(組織のマネージャ)
  106. 106. エンジニアの次のステップ マネージャが 管理するのは なんでしょうか?
  107. 107. エンジニアの次のステップ 答えは、 「人」「物」「金」 「時間」です! 「意見には、個人差がありますので、ご注意ください。」
  108. 108. エンジニアの次のステップ プロジェクト的には 「Q(品質)」 「C(コスト)」 「D(納期)」
  109. 109. エンジニアの次のステップ 「Q」「C」「D」が 出たところで 一般的な話・・・
  110. 110. エンジニアの次のステップ どんな職種でも 対費用効果(ROI) が問われます!
  111. 111. エンジニアの次のステップ より良い サービスを 上手いく・早く・安く
  112. 112. エンジニアの次のステップ そのためには 人の足を引っ張る 暇があれば・・・
  113. 113. エンジニアの次のステップ 勉強して! 地力を つけましょう!
  114. 114. エンジニアの次のステップ 社会人の勉強は ほとんどの場合 答えがありません!
  115. 115. エンジニアの次のステップ 社会人の勉強は 難しいけど 楽しいです!
  116. 116. エンジニアの次のステップ ひとつの 組織で 一番になっても もったいない!
  117. 117. エンジニアの次のステップ 技術力があれば 好きなことが できます!
  118. 118. エンジニアの次のステップ 社会人 だからこそ 勉強しましょう! EOS
  119. 119. 「キャリアプラン」 はじめの一歩
  120. 120. キャリアについて いままで 夏休みの計画を 考えたことあります?
  121. 121. キャリアについて いままで プロジェクト計画を 考えたことあります?
  122. 122. キャリアについて いままで キャリアプランを 考えたことあります?
  123. 123. キャリアについて コミュニティ! エンジニア! スキルアップ! ・・・次に・・・
  124. 124. キャリアについて キャリアと スキル標準について 考えてみましょう!
  125. 125. キャリアについて • ソフトウェア開発関連のスキル標準 1. ITスキル標準(ITSS) • 各種IT関連サービスの提供に必要とされる能力を明確化・体系化 した指標。ITサービス・プロフェッショナルの育成・教育のために有用 な共通枠組み。主にシステム開発・提供を行うベンダ系人材を対象。 2. 組込みスキル標準(ETSS) • 組込みソフトウェア開発に関する最適な人材育成、人材の有効活用 を実現するための指標。組込み系システム開発を行う人材を対象。 3. 情報システムユーザースキル標準(UISS) • 情報システムを活用するユーザ企業/組織において必要となるスキ ルをシステムの企画・開発から保守・運用までのソフトウェアライフ サイクルプロセスに基づき体系化した指標。情報システム利用者側 の観点からITに携わる人材を対象。 – 「共通キャリア・スキルフレームワーク」から抜粋
  126. 126. キャリアについて • ITSSの職種(11職種) – マーケティング – セールス – コンサルタント – ITアーキテクト – プロジェクトマネジメント – ITスペシャリスト – アプリケーションスペシャリスト – ソフトウェアデベロップメント – カスタマサービス – ITサービスマネジメント – エデュケーション 「ITスキル標準V3 2011」 から、抜粋
  127. 127. キャリアについて • ITSSの職種+専門分野 – マーケティング • マーケティングマネジメント • 販売チャネル戦略 • マーケットコミュニケーション – セールス • 訪問型コンサルティングセールス • 訪問型製品セールス • メディア利用型セールス – コンサルタント •インダストリ •ビジネスファンクション – ITアーキテクト •アプリケーション アーキテクチャ •インテグレーション アーキテクチャ •インフラストラクチャ アーキテクチャ 「ITスキル標準V3 2011」 から、抜粋
  128. 128. キャリアについて • ITSSの職種+専門分野 – プロジェクトマネジメント • システム開発 • ITアウトソーシング • ネットワークサービス • ソフトウェア製品開発 – ITスペシャリストション • プラットフォーム • ネットワーク • データベース • アプリケーション共通基盤 • システム管理 • セキュリティ 「ITスキル標準V3 2011」 から、抜粋 – アプリケーションスペシャリスト •業務システム •業務パッケージ – ソフトウェアデベロップメント •基本ソフト •ミドルソフト •応用ソフト
  129. 129. キャリアについて • ITSSの職種+専門分野 – カスタマサービス • ハードウェア • ソフトウェア • ファシリティマネジメント – ITサービスマネジメント • 運用管理 • システム管理 • オペレーション • サービスデスク 「ITスキル標準V3 2011」 から、抜粋 – エデュケーション •研修企画 •インストラクション
  130. 130. キャリアについて • ITSSの活用(キャリアパス) – 典型的なモデルとして、プロジェクトマネジメントのキャリアパ ス レベル7 レベル7 レベル7 ITスペシャリストアプリケーション スペシャリスト プロジェクト マネジメント ITアーキテクトコンサルタント ITスペシャリストアプリケーション スペシャリスト プロジェクト マネジメント ITアーキテクトコンサルタント レベル6 レベル6 レベル6 レベル6 レベル6 レベル3 レベル3レベル3 レベル2 レベル2 レベル1 レベル1 レベル4 レベル4 レベル4 レベル4 レベル4 レベル5 レベル5 レベル5 レベル5 レベル5 レベル7 レベル7 レベル7 ITスペシャリストアプリケーション スペシャリスト プロジェクト マネジメント ITアーキテクトコンサルタント ITスペシャリストアプリケーション スペシャリスト プロジェクト マネジメント ITアーキテクトコンサルタント レベル6 レベル6 レベル6 レベル6 レベル6 レベル3 レベル3レベル3 レベル2 レベル2 レベル1 レベル1 レベル4 レベル4 レベル4 レベル4 レベル4 レベル5 レベル5 レベル5 レベル5 レベル5 レベル7 レベル7 レベル7レベル7 レベル7 レベル7 ITスペシャリストアプリケーション スペシャリスト プロジェクト マネジメント ITアーキテクトコンサルタント ITスペシャリストアプリケーション スペシャリスト プロジェクト マネジメント プロジェクト マネジメント ITアーキテクトコンサルタント レベル6 レベル6 レベル6 レベル6 レベル6レベル6 レベル6 レベル6 レベル6 レベル6 レベル3 レベル3レベル3 レベル3 レベル3レベル3 レベル2 レベル2レベル2 レベル2 レベル1 レベル1レベル1 レベル1 レベル4 レベル4 レベル4 レベル4 レベル4レベル4 レベル4 レベル4 レベル4 レベル4 レベル5 レベル5 レベル5 レベル5 レベル5レベル5 レベル5 レベル5 レベル5 レベル5 「ITスキル標準V3 2011」 から、抜粋
  131. 131. キャリアについて • ETSSの職種(11職種) – プロダクトマネージャ – プロジェクトマネージャ – ドメインスペシャリスト – システムアーキテクト – ソフトウェアエンジニア – ブリッジSE – 開発環境エンジニア – 開発プロセス改善スペシャリスト – QAスペシャリスト – テストエンジニア 「ETSS 2008」 から、抜粋
  132. 132. キャリアについて • ETSSの職種+専門分野 – プロダクトマネージャ • 組込みシステム – プロジェクトマネージャ • 組込みソフトウェア開発 – ドメインスペシャリスト • 組込み関連技術 – システムアーキテクト • 組込みアプリケーション開発 • 組込みプラットフォーム開発 – ソフトウェアエンジニア • 組込みアプリケーション開発 • 組込みプラットフォーム開発 「ETSS 2008」 から、抜粋 – ブリッジSE •組込みソフトウェア開発 – 開発環境エンジニア •組込みソフトウェア開発 – 開発プロセス改善 スペシャリスト •組込みソフトウェア開発 – QAスペシャリスト •組込みソフトウェア開発 – テストエンジニア •組込みシステム開発
  133. 133. • ETSSの活用(キャリア・フレームワーク) – 開発技術、管理技術(パーソナルスキル、ビジネススキル) • プロダクトマネージャの概要・領域 「ETSS 2008」 から、抜粋 キャリアについて
  134. 134. キャリアについて • UISSの職種(13職種) – ビジネスストラテジスト – ISストラテジスト – プログラムマネージャ – プロジェクトマネージャ – ISアナリスト – アプリケーションデザイナー – システムデザイナー – ISオペレーション – ISアドミニストレータ – ISアーキテクト 「UISS Ver.2.2」 から、抜粋 – セキュリティアドミニストレータ – ISスタッフ •情報機器・情報資産管理 •事業継続計画 •コンプライアンス •人的資源管理 •契約管理 – ISオーディタ
  135. 135. キャリアについて • UISSの職種(人材像)定義 「UISS Ver.2.2」 から、抜粋 人材像 人材像ミッションと活動内容 プログラム マネージャ 【ミッション】IS戦略の実現に向けて、複数の個別案件をマネジメントする。 【活動内容】IS戦略実行マネジメントを主な活動領域として以下を実施する。 ●IS戦略実行マネジメント ・IS戦略の分析・把握 ・IS戦略実行のモニタリングとコントロール ・IS戦略実行上のリスクへの対応 ・コントロールフレームワークの維持・管理 プロジェクト マネージャ 【ミッション】IS戦略の実現に向けて、個別案件をマネジメントする。 【活動内容】プロジェクト計画策定、実行管理を主な活動領域として以下を実施する。 ●プロジェクトマネジメント ・プロジェクトの立ち上げ ・プロジェクト計画策定 ・プロジェクト追跡と実行管理 ・プロジェクト変更管理 ・プロジェクト終結 ・プロジェクト完了評価
  136. 136. キャリアについて • UISSの職種(人材像)とタスクの関連 人材像 ビ ジ ネ ス ス ト ラ テ ジ ス ト I S ス ト ラ テ ジ ス ト プ ロ グ ラ ム マ ネ ー ジ ャ プ ロ ジ ェ ク ト マ ネ ー ジ ャ I S ア ナ リ ス ト ア プ リ ケ ー シ ョ ン デ ザ イ ナ ー シ ス テ ム デ ザ イ ナ ー I S オ ペ レ ー シ ョ ン I S ア ド ミ ニ ス ト レ ー タ I S ア ー キ テ ク ト 事業戦略策定 IS戦略策定 IS戦略実行マネジメント プロジェクトマネジメント IS企画 IS導入(アプリケーション) IS導入(インフラストラクチャ) IS企画評価 IS保守(アプリケーション) IS保守(インフラストラクチャ) IS運用 IS活用 IS戦略評価 事業戦略評価 IT基盤構築・維持・管理 凡例 主たる領域 従たる領域 タスク 「UISS Ver.2.2」 から、抜粋
  137. 137. キャリアについて • UISSの 活用プロセス 「UISS Ver.2.2」 から、抜粋 目標・戦略・計画 インプット情報 アウトプット情報 要求モデル 組織・機能モデルAs Is機能 プロセスモデル 要求モデル 要求モデル 要求モデル 要求モデル To Be機能モデル To Be機能モデル プロセスモデル スキルモデル To Beスキルモデル To Beスキルモデル To Be機能モデル 人材像 人材像 To Be/As Isギャップ 要求モデル To Be/As Isギャップ Off-JTモデル 育成モデル ローテーションモデル 運用モデル 評価モデル 育成モデル ローテーションモデル 運用モデル 評価モデル 評価結果 改善策 活用プロセス ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ 要求分析 スキルモデル 構築 人材育成計画 実施/評価/改善 機能分析 ⑦ 人材育成計画 策定 人材像策定 現状把握・ ギャップ分析 人材モデル 目標・戦略・計画 インプット情報 アウトプット情報 要求モデル 組織・機能モデルAs Is機能 プロセスモデル 要求モデル 要求モデル 要求モデル 要求モデル To Be機能モデル To Be機能モデル プロセスモデル スキルモデル To Beスキルモデル To Beスキルモデル To Be機能モデル 人材像 人材像 To Be/As Isギャップ 要求モデル To Be/As Isギャップ Off-JTモデル 育成モデル ローテーションモデル 運用モデル 評価モデル 育成モデル ローテーションモデル 運用モデル 評価モデル 評価結果 改善策 活用プロセス ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ 要求分析 スキルモデル 構築 人材育成計画 実施/評価/改善 機能分析 ⑦ 人材育成計画 策定 人材像策定 現状把握・ ギャップ分析 人材モデル
  138. 138. • ゲーム業界の職種 – プロデューサー – ディレクター – プランナー – プログラマー – デザイナー – サウンドコンポーザー – シナリオライター – スクリプター – デバッガー キャリアについて
  139. 139. • ゲーム業界の職種 – プログラマー • サーバープログラマー • クライアントプログラマー • ゲームプログラマー • WEBプログラマー • UIプログラマー • DBエンジニア • ゲームプログラマー • 3Dグラフィックスプログラマー • ツールプログラマー • CGプログラマー – デザイナー • UIデザイナー • BGデザイナー • テクスチャデザイナー • モーションデザイナー • キャラクターモデラー • テクニカルアーティスト • UIデザイナー • CGムービー関連に特化し たデザイナー キャリアについて
  140. 140. • N社 の募集 【企画職】 – オンラインゲーム運営 – スマートフォンゲーム運営 – ソーシャルゲーム企画 – ゲームプランナー – ゲームプロデューサー – ゲームディレクター – スマートフォンゲーム企画 【デザイナー】 – ゲームデザイナー – ソーシャルゲームデザイナー – スマートフォンゲームデザイナー 【Webエンジニア・プログラマ】 – WEBアプリケーション開発 – ソーシャルゲーム開発 – パブリッシング技術支援 – スマートフォンゲーム開発 – QAエンジニア – iPhone or Androidプラット フォーム開発 キャリアについて
  141. 141. キャリアについて ITSS ETSS UISS ゲーム業界 •マーケティング •セールス •コンサルタント (マーケティング) (企画) •ビジネスストラテジスト •ISストラテジスト •ISアナリスト (マーケティング) •ITアーキテクト •システムアーキテクト •ISアーキテクト •プロデューサー •ディレクター •プランナー •プロジェクトマネジメント •プロダクトマネージャ •プロジェクトマネージ ャ •プロダクトマネージャ •プロジェクトマネージ ャ•ソフトウェアエンジニア•ITスペシャリスト - プラットフォーム - ネットワーク - データベース - アプリ共通基盤 - システム管理 - セキュリティ •アプリケーションスペシャリスト •ソフトウェアデベロップメント •カスタマサービス •ITサービスマネジメント •エデュケーション •ドメインスペシャリスト •ブリッジSE •開発環境エンジニア •開発プロセス改善スペシャリスト •QAスペシャリスト •テストエンジニア •アプリケーションデザイナー •システムデザイナー •セキュリティアドミニストレータ •ISオペレーション •開発プロセス改善スペシャリスト •ISアドミニストレータ •ISスタッフ •プログラマー - DBエンジニア - サーバー、クライアント 、ゲーム、WEB、UI、 、3Dグラフィックス、CG ツール、プラットフォー ム •デバッガー •デザイナー •サウンドコンポーザー •シナリオライター •スクリプター (プロジェクトマネジメント)
  142. 142. キャリアについて • 会社の中でのエンジニア •プロデューサー •ディレクター •プランナー •プログラマー - DBエンジニア - サーバー、クライアント 、 ゲーム、WEB、UI、 3Dグラフィックス、CG ツール、プラットフォー ム •デバッガー •デザイナー •サウンドコンポーザー •シナリオライター •スクリプター マーケティング セールス 経営 運営 人事・採用・教育 財務・経理 総務 法務・監査 管理職 •カスタマサービス •開発環境エンジニア •開発プロセス改善スペシ ャリスト •QAスペシャリスト •ブリッジSE 広報
  143. 143. キャリアについて 企画 (市場) ゲーム プランニング 全体設計 (機能分割) 詳細設計 (各自設計) 実装 コンポーネント テスト 統合 テスト システム テスト ユーザー テスト •プロデューサー •ディレクター •プランナー •プログラマー - DBエンジニア、サーバー、クライアント、ゲーム - WEB、UI、3Dグラフィックス、CG、ツール、プラットフォーム •デザイナー •サウンドコンポーザー •シナリオライター •スクリプター •開発プロセス改善 スペシャリスト •QAスペシャリスト •デバッガー (プロダクトマネージャ) (プロジェクトマネージャ) •テストエンジニア EOS
  144. 144. 「キャリアプラン」 を始める前に
  145. 145. 山本流 キャリアの考え方 3カ条!
  146. 146. 山本流 キャリアの考え方3カ条! 1. 過去は変えらぬ! 2. 臨まねば獲れない! 3. ポジティブに繋げる!
  147. 147. 大前提が 1つ!
  148. 148. 自分が 変われば 世界が変わる!
  149. 149. さぁ~! みんなで、 世界を変えよう!
  150. 150. 最後に 好きな 名言を3つ!
  151. 151. 唯一 生き残るのは 変化できる者 である
  152. 152. 成功の反対は 挑戦しない ことだ!
  153. 153. 限界と思った ところからが 挑戦だ!EOS
  154. 154. まとめ
  155. 155. 「コミュニティ」について 大切なことが3つあります! 1. 礼儀を忘れない! 2. アウトプットしよう! 3. 強敵(とも)を探そう!
  156. 156. エンジニアについて 大切なことが3つあります! 1. 好きな技術を探そう! 2. 世の中を変えよう! 3. 幸せになろう!
  157. 157. キャリアについて 大切なことが3つあります! 1. 過去は変えらぬ! 2. 臨まねば獲れない! 3. ポジティブに繋げる!
  158. 158. そして 改めに 質問です! まとめ(10)
  159. 159. どんな エンジニアに なりたいですか? まとめ(9)
  160. 160. まとめ(8) エンジニアの次に 何になりたい ですか?
  161. 161. まとめ(7) 答えは、 一人一人 違います!
  162. 162. まとめ(6) 意外と 人生は 短いです。
  163. 163. まとめ(5) より良い エンジニアライフ のために コミュニティを!!
  164. 164. まとめ(4) コミュニティで 先人に学び! 強敵と切磋琢磨! いつかはアウトプット!
  165. 165. まとめ(3) 悔いのない エンジニアライフを おくれることを お祈りします!
  166. 166. まとめ(2) これからの エンジニアライフの 一助になれば、 幸いです。
  167. 167. まとめ(1) ご清聴 ありがとう ございました。
  168. 168. Backup

×