Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

PublicForumルール

National Forensic LeagueのPublic Forumディベートのルール概要です。

  • Als Erste(r) kommentieren

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

PublicForumルール

  1. 1. Public  Forum  Debate 2014.12.21 Copyright  (C)  2014  NFLJ  All  Rights  Reserved.
  2. 2. NLFJのサイトで発表される議題トピックに ついて賛成(Pro)・反対(Con)を主張し合う チームディベート 2
  3. 3. チーム構成 2対2 3
  4. 4. コインフリップ コインフリップの勝者が、   どちらのサイドにつくか(Pro  or  Con)、   あるいは、   ディベートの順番を選べます。   ⇒最初のチームは審判の左側に座ります。   4
  5. 5. 1.  ConstrucEve  Speeches        Speaker1  A  team–  4分    Speaker2  B  team-­‐  4分 2.  Crossfire  –  3分 (Speaker  1  and  2)   3.  RebuMal  Speeches        Speaker3  A  team–  4分    Speaker4  B  team-­‐  4分 4.  Crossfire  –  3分(Speaker  3  and  4)   5.  Summary  Speeches        Speaker1  A  team-­‐  2分    Speaker2  B  team-­‐  2分 6.  Grand  Crossfire  –  3分  (All  speakers)   7.  Final  Focus        Speaker3  A  team-­‐  2分    Speaker4  B  team-­‐  2分 5
  6. 6. 1. Constructive Speech(各4分)  ①賛成側、反対側がそれぞれチームのベースとなる意見を 述べる。 ・A brief introduction to frame the team’s case ・A definition of the words, if necessary ・A few reasons for adopting the topic ②変える(行動する)リスク VS 変えない(行動しない)リスク ③二番目に話すチームは、必要に応じて、言葉の再定義、相 手への反論に時間を割くこともできる。 6
  7. 7. 2. Crossfire(3分) ①Speaker1 と Speaker2がお互いに立って質問  をする時間。 ②しかし、最初の質問は直前に意見を述べた 人に対してでなければならない。
 7
  8. 8. 3. Rebuttal Speeches(各4分) ①相手チームの立論をRefute(Prove a statement to be wrong)する時間  ・Presenting evidence that destroys or reduces the opposing position ・Presenting alternate causes that are not accounted for by the opposition argument ・Exposing argument inconsistencies between the opponents ②Refuteの流れ  ・The second speechとthe first speechを関連づける導入  ・相手チームの立論のあらまし  ・なぜ相手チームの立論が間違っているのかの理由と証拠  ・その意見の衝突が自サイドにいかなる意味をもつのかの説明 ③このスピーチの最後は、要約をして終わると効果的 8
  9. 9. ①Speaker3 と Speaker4がお互いに立って質問 をする時間。 ②しかし、最初の質問は最後に意見を述べた 人に対してでなければならない。 4. Crossfire – 3分 9
  10. 10. 5. Summary(各2分) ①2分間で今までのまとめをしないといけない。  ・ One or two issues from the debater’s side  ・ One issue from the opponent’s side ②ここでは新しい証拠は提示しても良いが、新 しい意見は述べてはいけない。   10
  11. 11. 6. Grand Crossfire(3分) ①全員参加。着席。 ②最初の質問は直前に意見を述べた人に対し てする。 ③その後は、誰が誰に質問をしても良い。  11
  12. 12. 7. Final Focus(2分) ①何故自分たちのチームが勝つべきか、理由
  を述べる。  ・Choose the most important argument you are winning  ・Answer the most important argument you are losing  ・Expose a major inconsistency made by your opponent ②新たな証拠は提示して良いが、新たな意見  は述べてはならない。 12
  13. 13. Prep Time(計2分) ①Prep Timeをいつでも使うことができる。 ②ただし、合計2分間なので、戦略的に使うことが 大事。    ・  For  very  pracEcal  reasons,  a  team  should  not        use  prep  Eme  unEl  their  summary  speech  or         final  focus  speech      13
  14. 14. EvaluaEon  &  Judging •  立論の量より質が問われる   •  Well-­‐informed  ciEzenが通常理解できる程度 に説明されている限りにおいて評価される。      × 早すぎるスピーチ    × 事実の歪曲    × 専門用語の多用 14
  15. 15. 立論の構造とディベート用語 ・“resoluEon”  =  topic   ・“argument”    ①“claim”            =    the  posiEon  being  argued  for         ②“evidence”                ・  supports  the  claim  and  proves  it  to  be  true    ③“warrant”            ・connects  the  claim  with  its  support      ・emerges  from  the  total  sum  of  our  experiences   and  personal  observaEons.              Judges’  experience  ≠  your  experience 15
  16. 16. 立論の例 •   “Claim”:              You  should  buy  our  tooth-­‐whitening  product.     •  “Evidence”  could  be  …              Studies  show  that  teeth  are  50%  whiter  afer  using  the   product  for  a  specified  Eme.     •  “Warrant”  could  be  …              People  want  whiter  teeth.         Warrant Evidence Claim support 16

×