Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

Small bpr 1st session

383 Aufrufe

Veröffentlicht am

This is BPR plan 1st session.
Elicit the knowledge the first.
After this, any one can give ideas how to use them.
Ex. marketing, customer support, internal educations

Veröffentlicht in: News & Politik
  • Get access to 16,000 woodworking plans, Download 50 FREE Plans... ★★★ http://tinyurl.com/y3hc8gpw
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • Want to preview some of our plans? You can get 50 Woodworking Plans and a 440-Page "The Art of Woodworking" Book... Absolutely FREE ▲▲▲ http://tinyurl.com/y3hc8gpw
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • いつもご関心を持ってお読みいただき

    ありがとうございます。

    私からお願いがあります。

    ご感想やご関心のテーマなど聞かせて下さい。

    連絡先: kero.ikeda@gmail.com

    よろしくお願いいたします。 作者より
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

Small bpr 1st session

  1. 1. 小さな業務改革 1. 標準化からやりませんか? 1. 標準化からやりませんか? 業務標準として業務の見える化 FAQ を作る 業務標準として業務の見える化 FAQ を作る 2. 紙とはんこをやめます。 2. 紙とはんこをやめます。 FAX をやめます FAX をやめます 3. クレーム対応(品質管理) 3. クレーム対応(品質管理) 4. 調達スリム化 4. 調達スリム化
  2. 2. Wood chopping process standard まき割り WF 受注 まき集め まき割り まとめ 配送 請求回収 在庫 分業により一定水準を維持できる 管理者 管理者によりコントロールできる  顧客への説明責任 作業担当 IT System and Tools Organization
  3. 3. Issues Gap • • • • まず、可視化、見える化 FAQ 作成する習慣がない 人に聞く、暗黙知 仮説 1 • どのように使いたいは現場が決める • 困っていること、望みから関連が生まれる まず、形式知としての FAQ を作る デジカメやホワイトボード、ビデオを活用する 受注 まき集め まき割り 仮説 2 • 顧客への説明責任とは? まとめ 配送 請求回収 仮説 2 • 顧客への説明責任とは?
  4. 4. Change management Gap Transfer • • • 暗黙知、形式知(ラインの価値) まだ、価値は見えない 使い道は後で考える • • • • 作業を定義、マニュアル化 形は問わず、吐き出すこと それらがあれば、伝達できるもの 仕組みを見つける New governance • • • • Benefit • • 改善の基盤ができる 管理の裏づけができる 伝達できるための基盤としくみを具現化(スタッフ) 成果を評価 実務に展開(ラインへ) 実務を評価 Risk • 短期導入のため 100 %のシステム仕様化できない    システム仕様の変更管理プロセスを用いて対応

×