Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

東京理科大MOT 2011-10-22 公開授業

1.188 Aufrufe

Veröffentlicht am

東京理科大 MOT 公開授業に参加しましたが、研究計画、修論がない専門職大学院故か学生議論が積極的ではなかった印象であった。

Veröffentlicht in: Bildung
  • Loggen Sie sich ein, um Kommentare anzuzeigen.

東京理科大MOT 2011-10-22 公開授業

  1. 1. 東京理科大 MOT坂本氏による説明 2011.10.22出席者来訪経路ホームページからが大半シーテック(展示会)MOT シンポジウム(2 週間前)科学技術と経営の実践的融合を目指す。ABC,Account(頭脳、ロジック),Business(臨場感)Consultant(相談、お話)2 年間で 300 万円以上であるが、10 年間返済の奨学金制度を使えば、卒業後毎月 2 万円程度で済む。■実際の授業を体験。(会場移動)MOT 1 年 担当教員:伊丹敬之氏ケースブック 経営戦略の論理(教科書)をもとに、学生がその中から自分で好きな事例を選んでさらに授業の前日までに経営戦略レポートをメールで送る。そして先生がレポートを査読し、授業に使えそうなものを取捨選択し授業用にコピー配布を展開する。毎回提出したレポートはその翌週に点数を付けて返却される。今回の最高点は 8.5 点、最低 5.5 点(なかには前週のレポートを提出する者もいる)今回のレポート印象:
  2. 2. 市場企業 顧客 競合どちらを主軸にしてレポートしているのかブレテいないか?競争らしい戦略を取り上げていないのでは?・日立車両のアルミ車体が他社に「やられた」ケースをレポートするのは少し観点ズレ。・規格外の LED(不良品)を派手な電飾用のパチンコ向けとしてセールス展開した。・東レ液晶用のカラープリンタ(大型用の液晶パネルに他社多数でビジネスにならなくなった)→それを携帯用に展開して成功した。差別化の武器 (意図と現実)現実は顧客判断・・・差別化は評価されないこともある価格製品サービス・ブランド差別化は顧客側で生まれなければならない。
  3. 3. ■ケース1独自レポート Softbank と au との競争 スマートフォン戦略を取り上げる。教室内で au iPhone4S ユーザはゼロ。また SBM から au へ乗り換える余地があるならば「つながりやすさ」か「孫正義に対するイメージが好きではない」とか。・独自レポートの差別化へのツッコミ①:通信速度の差は補助的サービスなのかハードウェア(通信)の機能差なのか?→補助的サービスは購入しやすさやアフターサービスではないか?Ex.) ヤマト運輸のサービスと補助的サービスはどのようにして区別するのか?教科書で示した製品のサービスは何、補助的サービスは何であるか区別できるか?→荷物を運ぶのがサービスで、代引きサービスは補助サービスSBM 側・価格下げる・iPad は通信料タダで・プランの切り換えし(孫さんに守ってもらいたい?)・調達拡大→サービス向上・通信安定性向上(基地局拡大、周波数拡大(政策依存))・・・現実的に数年→現実的ではない→通信速度(体感)は個人差がある10 月 5 日に au が iPhone4S 発売した、SBM はどうなる(どうする)?・SBM が調達を増やして、au へ必要台数が行き渡らないようにする価格競争に au が乗ってくると、SBM は政府やマスコミを巻き込んだイメージ戦略を展開するのではないか?これらは、競合相手へ困らせる戦略でしかない。
  4. 4. ■ケース2:Panasonic のディジカメ市場への戦略的参入イメージ戦略(はまあゆ)、価格競争力を構成しているもの、競合他社の営業展開独自レポートはサービス差別化として取り上げているが、実際はブランド差別化である。 差別化の武器に照らし合わせてみよう 価格 製品 サービス・ブランド・パナソニックは従来ビデオカメラだった、そこへディジカメ参入する際に先に何を着目しているのか?技術先行か、ブランド(差別化)として技術確保(担保)したのか?・技術者が報われない製品設計か?パナソニックは他社レンズを使っているが?三洋と一緒になったパナソニックであるが、三洋は一時期各社の OEM を請け負っていた。・他社が持つ機能をすべて追従したうえで、初めて製品戦略に取り掛かれる。・はまあゆ採用したのは次の成長する購入者を意識したのではないか?
  5. 5. ■ケース3:N社 レーザダイオード事業競争相手は「既存 固体レーザ(規模が大きい)、ガスレーザ光源メーカ」 紫 大手エレクトロニクスN社 産業用:小サイズが潜在需要を掘り起こし 赤// 戦略用ポイントはどこか?産業用途電源が当初なかったが、小型化したことによりニーズが高まった医療用の患部マーカと反応するレーザ照射お客様あるいは異業種との相乗効果は?→ニーズ・シーズからウォンツを見出し産業拡大へつながった→北米企業とのジョイントビジネスにも見出した(が、新規参入のコストに見合ってない)競争相手を意図しない協力者にした:結果として→競争戦略を視野に入れるとき大事。他の戦略との協力関係になることもある。
  6. 6. ■ケース4:競争の倨傲適合「静電チャック事業」住友大阪セメントのコンペティタは日本碍子、東洋陶器、京セラ等補助的サービス:迅速な技術的フォロー静電チャックは、試料台の上に誘電層を設け、試料台とウエーハの間に電圧を印加し、両者の間に発生した力によってウエーハを吸着する機構である。当初より「補助的サービス」が主力になると思っていたかどうか?→事業しながらそれに気づいた■ケース5:たばごフィルター(フィルタートウ)フィルタートウを製品するために、製造ラインを清潔にすることを重視したのはダイセル。規格やスペックは製品としては当たり前で競合差別にならない。→スペックシートでは一長一短で、査察目的で来訪顧客に好印象を与えた→→「補助的サービス」が主力になると当初より考えていた。※この種の製品には「補助的サービス」向上が製品差別化につながりやすい、どうしてだろう?B2B ビジネス(素材提供)・・・補助的サービス=テクニカルサービスが鍵になりやすい技術的能力にはあまり変わりがない相手が競争者である。←通常もあり、技術的能力の差が拡がりすぎている相手が競争者である。←稀競争の源泉はサービスでしかないのでは?(価格、製品も同じ)・・・製品に違いがあってはならない(目的)サービスはどうして長持ちするのか?→ブランドへ変化する、サービスは蓄積することで他社と差別化できる。→外部から見えにくいから差別化しにくい(他人に模倣されにくいサービスを作れば長持ちする)→目に見えぬ小さいことの積み重ね(バカに見えるが続けることの大事さ)競争相手がどう反応してくるか?それに対してのプロテクションをどう取るか 以上

×