Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
ビジネスモデルデザイン講座
〜 新規事業の成功確率と事業展開スピードを4倍にする 〜
2016年2月12⽇発⾏
ビジネスイノベーションハブ
ビジネスモデルデザイン講座について
Business Innovation Hub
♣ ビジネスモデルデザイン講座は、規模の大小や業種を問わず、新しい価値を
創造するためのイノベーティブなビジネスモデル構築を模索する組織のため
の実践的な体験講...
ビジネスモデルデザイン講座一覧
Business Innovation Hub
# 講座名 キーメッセージ 公開状況
1 ビジネスモデルキャンバス基礎編 顧客価値を創造し、⾦銭を獲得する仕組みを描く 公開中
2 ビジネスモデルキャンバス応用編 ...
ビジネスモデルデザインのツール
Business Innovation Hub
オペレーション
基盤
プロダクト
革新
顧客
インターフェース
財務構造
顧客
ジャーニーマップ
価値提案
キャンバス
顧客ジョブ
マップ
リバース財務
ツリー
価...
Business Innovation Hub
ビジネスモデルキャンバス基礎編
顧客価値を創造し、⾦銭を獲得する仕組みを描く
(キーワード)
ビジネスモデルの4つの次元(What, Who, How, Why)と3つ
の視点(デザイアビリティ、...
Business Innovation Hub
顧客ジョブマップ編
顧客の真のニーズを知り、自社だけの市場を創る
(キーワード)
顧客のジョブ(機能的ジョブと感情的ジョブ)、望ましい成果
(重要度と満⾜度)、背景と制約、非消費(資⼒、スキル、ア...
Business Innovation Hub
価値提案キャンバス編
顧客が本当に欲しいと思う価値提案をデザインする
(キーワード)
顧客プロファイル(顧客のジョブ、ペインとゲイン)、価値
マップ(プロダクトとサービス、鎮痛効果と滋養効果)、3...
Business Innovation Hub
IoTアイディア創出編
巨大なポテンシャルをもつIoTビジネスのアイディアを描く
(ストリートアカデミー講座URL)
http://www.street-academy.com/myclass/5...
Business Innovation Hub
顧客ジャーニーマップ編
顧客とサービスの交流を結び付けるプロセスを描く
(ストリートアカデミー講座URL)
http://www.street-academy.com/myclass/3659
(...
Business Innovation Hub
サービスブループリント編
顧客サービスを構成する内部プロセスをデザインする
(ストリートアカデミー講座URL)
http://www.street-academy.com/myclass/8357...
Business Innovation Hub
価値交換マップ編
多様な利害関係者との間で交換される価値を描く
(ストリートアカデミー講座URL)
http://www.street-academy.com/myclass/8564
(翔泳社B...
Business Innovation Hub
リバース財務ツリー編
ビジネスモデルの収支を検証/シミュレーションする
(ストリートアカデミー講座URL)
http://www.street-academy.com/myclass/8682
(...
Business Innovation Hub
戦略キャンバス編
競合と比較した自社の価値提案の独自性を構築する
(ストリートアカデミー講座URL)
http://www.street-academy.com/myclass/8831
(翔泳社...
Business Innovation Hub
事業環境マップ編
ビジネスモデルに影響を与える外部/内部要因を評価する
(ストリートアカデミー講座URL)
TBD(2016年3月〜開催予定)
(翔泳社Biz/Zineオンライン記事)
TBD(2...
Business Innovation Hub
シナリオマトリクス編
不確実かつ重要な外部要因を⾒極め、将来に備える
(キーワード)
TBD
(講座概要)
TBD
(ストリートアカデミー講座URL)
TBD(2016年3月〜開催予定)
(翔泳社...
Business Innovation Hub
実験ボード編
ビジネスモデルの仮説をテスト/検証する
(キーワード)
TBD
(講座概要)
TBD
(ストリートアカデミー講座URL)
TBD(2016年4月〜開催予定)
(翔泳社Biz/Zine...
Business Innovation Hub
顧客ストーリーマップ編
顧客⾏動に沿ったソリューションの機能を洗い出す
(キーワード)
TBD
(講座概要)
TBD
(ストリートアカデミー講座URL)
TBD(2016年4月〜開催予定)
(翔泳...
Business Innovation Hub
スクラムボード編
ビジネスモデルデザインのプロジェクトを管理する
(キーワード)
TBD
(講座概要)
TBD
(ストリートアカデミー講座URL)
TBD(2016年4月〜開催予定)
(翔泳社Bi...
2016年2⽉〜3⽉のスケジュール
Business Innovation Hub
日程 講座名 場所 会場
2月3⽇(木) 価値提案キャンバス編 九段下 http://www.street-academy.com/myclass/8057
2...
受講者の声
Business Innovation Hub
実際の事例を聞きながら、自分達でジャーニーマップを
書いて体験できたので、腹落ちしやすかったです。
IoTキャンバス編(男性)
ジョブマップにおける成果定義の仕⽅(..を最大化/最小化...
Business Innovation Hub
<ビジネスモデルデザイン講座>
ビジネスモデルデザイン講座(ストリートアカデミー)の主催情報サイト
https://www.street-academy.com/organizers/busine...
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

20160212 ビジネスモデルデザイン講座

ビジネスイノベーションハブ主催のビジネスモデルデザイン講座(オンラインメディアBiz/Zine連載記事の体験講座 - ストリートアカデミー経由で順次開催)

Ähnliche Bücher

Kostenlos mit einer 30-tägigen Testversion von Scribd

Alle anzeigen

Ähnliche Hörbücher

Kostenlos mit einer 30-tägigen Testversion von Scribd

Alle anzeigen
  • Als Erste(r) kommentieren

20160212 ビジネスモデルデザイン講座

  1. 1. ビジネスモデルデザイン講座 〜 新規事業の成功確率と事業展開スピードを4倍にする 〜 2016年2月12⽇発⾏ ビジネスイノベーションハブ
  2. 2. ビジネスモデルデザイン講座について Business Innovation Hub ♣ ビジネスモデルデザイン講座は、規模の大小や業種を問わず、新しい価値を 創造するためのイノベーティブなビジネスモデル構築を模索する組織のため の実践的な体験講座です。 ♣ 本講座で使用するツールや⽅法論の多くは、世界中で幅広く採用されている ものを取り入れるとともに、ビジネスモデルデザインのためのフレームワー クとして整理しています。 ♣ 講座の多くはワークショップ形式を採用し、ビジネスモデルの構造を様々な 角度から可視化していきます。 ♣ さらに、議論を活性化するためのキャンバスやマップ(全ての講座)、アイ ディアを創出するためのビジネスモデルデザインカード(一部の講座)を駆 使していきます。 ♣ 講座のラインアップは順次拡大(2016年3月末まで)していく予定です。ま た、個社別のワークショップも承っております。
  3. 3. ビジネスモデルデザイン講座一覧 Business Innovation Hub # 講座名 キーメッセージ 公開状況 1 ビジネスモデルキャンバス基礎編 顧客価値を創造し、⾦銭を獲得する仕組みを描く 公開中 2 ビジネスモデルキャンバス応用編 成功するビジネスモデルに共通するパターンを覚える 2016年5月予定 3 ビジネスモデルキャンバス上級編 ビジネスモデルイノベーションのアプローチを知る 2016年5月予定 4 顧客ジョブマップ編 顧客の真のニーズを知り、自社だけの市場を創る 公開中 5 価値提案キャンバス基礎編 顧客が本当に欲しいと思う価値提案をデザインする 公開中 6 顧客ジャーニーマップ編 顧客とサービスの交流を結び付けるプロセスを描く 公開中 7 サービスブループリント編 顧客サービスを構成する内部プロセスをデザインする 公開中 8 価値交換マップ編 多様な利害関係者との間で交換される価値を描く 公開中 9 リバース財務ツリー編 ビジネスモデルの収支を検証/シミュレーションする 公開中 10 戦略キャンバス編 競合と比較した自社の価値提案の独自性を検証する 公開中 11 事業環境マップ編 自社のビジネスモデルに作用する外部/内部要因を評価する 2016年3月予定 12 シナリオマトリクス編 不確実かつ重要な外部要因を⾒極め、将来に備える 2016年3月予定 13 実験ボード編 価値提案のデザインに関する仮説をテスト/検証する 2016年4月予定 14 顧客ストーリーマップ編 顧客⾏動に沿ったソリューションの機能を洗い出す 2016年4月予定 15 スクラムボード編 ビジネスモデルデザインのプロジェクトを管理する 2016年4月予定 16 IoTキャンバス編 巨大なポテンシャルをもつIoTビジネスのアイディアを描く 公開中
  4. 4. ビジネスモデルデザインのツール Business Innovation Hub オペレーション 基盤 プロダクト 革新 顧客 インターフェース 財務構造 顧客 ジャーニーマップ 価値提案 キャンバス 顧客ジョブ マップ リバース財務 ツリー 価値交換 マップ サービス ブループリント 戦略キャンバス 事業環境マップ シナリオマトリクス 実験ボード スクラムボードユーザーストーリーマップ
  5. 5. Business Innovation Hub ビジネスモデルキャンバス基礎編 顧客価値を創造し、⾦銭を獲得する仕組みを描く (キーワード) ビジネスモデルの4つの次元(What, Who, How, Why)と3つ の視点(デザイアビリティ、フィージビリティ、バイアビリ ティ)、ビジネスモデルの9つの主要コンポーネント(価値提案、 顧客セグメント、チャネル、顧客との関係、リソース、主要活 動、パートナー、収益の流れ、コスト構造) (講座概要) 本講座は、ビジネスモデルデザインのためのエントリーコース であり、ベストセラー書籍「ビジネスモデルジェネレーショ ン」で紹介されているビジネスモデルキャンバスと弊社オリジ ナルのビジネスモデル属性デザインカードを活用しながら、参 加者の現⾏ビジネス、検討中の新しいビジネスアイディアを1枚 のキャンバスに描写していきます。 (ストリートアカデミー講座URL) http://www.street-academy.com/myclass/6723 (翔泳社Biz/Zineオンライン記事) http://bizzine.jp/article/detail/1256 (カテゴリ) ビジネスモデル(エントリーコース) (時間) 2.5時間(150分) (開催頻度) 1〜2か月に1回 (身に付くスキル) • ビジネスモデル思考(事業計画との違い) • 9つのコンポーネントの相互関係と自己強化ループ • 新規事業のアイディアを3分間で伝えるスキル (受講前のおススメ講座) • - (受講後のおススメ講座) • 顧客ジョブマップ編
  6. 6. Business Innovation Hub 顧客ジョブマップ編 顧客の真のニーズを知り、自社だけの市場を創る (キーワード) 顧客のジョブ(機能的ジョブと感情的ジョブ)、望ましい成果 (重要度と満⾜度)、背景と制約、非消費(資⼒、スキル、ア クセス、時間)、ジョブプロセス、より良いジョブとより多く のジョブ (講座概要) 本講座では、「破壊的イノベーション」で有名になったハー バード・ビジネス・スクールのクリステンセン教授が提唱する 「顧客は何らかのジョブを成し遂げるためにプロダクトやサー ビスを雇う」という概念、この概念をさらに実践に発展させた 「成果ベース指向イノベーション」というアプローチの活用⽅ 法を実践的なワークショップを通じて学習します。 (ストリートアカデミー講座URL) http://www.street-academy.com/myclass/5439 (翔泳社Biz/Zineオンライン記事) http://bizzine.jp/article/detail/1264 (カテゴリ) 顧客インサイト (時間) 2.5時間(150分) (開催頻度) 1〜2か月に1回 (身に付くスキル) • 新しい市場定義と成⻑機会の発⾒⽅法 • 隠された顧客の真のニーズ • 顧客のジョブ、望ましい成果、制約 (受講前のおススメ講座) • ビジネスモデルキャンバス基礎編 (受講後のおススメ講座) • 価値提案キャンバス編
  7. 7. Business Innovation Hub 価値提案キャンバス編 顧客が本当に欲しいと思う価値提案をデザインする (キーワード) 顧客プロファイル(顧客のジョブ、ペインとゲイン)、価値 マップ(プロダクトとサービス、鎮痛効果と滋養効果)、3つの フィット(机上でのフィット、市場におけるフィット、ビジネ スモデルのフィット) (講座概要) 本講座は、「ビジネスモデルジェネレーション」の続編である 「バリュープロポジションデザイン」で紹介されている価値提 案キャンバスと弊社オリジナルのソリューションデザインカー ドを活用しながら、顧客の真のニーズとプロダクトやサービス が提供する価値提案をフィットさせる実践的なアプローチを ワークショップを通じて学習していきます。 (ストリートアカデミー講座URL) http://www.street-academy.com/myclass/8057 (翔泳社Biz/Zineオンライン記事) http://bizzine.jp/article/detail/1292 (カテゴリ) 顧客インサイト (時間) 2.5時間(150分) (開催頻度) 1〜2か月に1回 (身に付くスキル) • 顧客ニーズに関する仮説設定の⽅法 • 顧客ニーズに沿ったソリューションのデザイン • 顧客ニーズとソリューションのフィット (受講前のおススメ講座) • ビジネスモデルキャンバス基礎編 • 顧客ジョブマップ編 (受講後のおススメ講座) • 戦略キャンバス編
  8. 8. Business Innovation Hub IoTアイディア創出編 巨大なポテンシャルをもつIoTビジネスのアイディアを描く (ストリートアカデミー講座URL) http://www.street-academy.com/myclass/5408 (翔泳社Biz/Zineオンライン記事) http://bizzine.jp/article/detail/1295 (カテゴリ) 専門スキル (時間) 2.5時間(150分) (開催頻度) 1〜2か月に1回 (身に付くスキル) • IoTビジネスの本質とポテンシャル • IoTビジネスのアイディア発想法 • 自社ビジネスにイノベーションを起こすきっかけ (受講前のおススメ講座) • - (受講後のおススメ講座) • ビジネスモデルキャンバス基礎編 (キーワード) モノのインターネット化、5つの適用領域(⾝体と健康、家庭と 生活、移動と輸送、都市と環境、産業とビジネス)、2種類のア クター(利用者と協⼒者)と5段階のレイヤー(フィジカルオブ ジェクト、コンテキスト、テクノロジー、インサイト、デジタ ルサービス) (講座概要) 昨今、IoT(モノのインターネット化)というテクノロジーが多 くの関心を集めており、2020年には世界中で約365兆円という 巨大な市場になるという予測までなされています。本講座は、 IoTキャンバスという弊社独自のツールとIoTデザインカードを 活用しながら、IoTビジネスの初期アイディアを創出するための 実践的なワークショップです。
  9. 9. Business Innovation Hub 顧客ジャーニーマップ編 顧客とサービスの交流を結び付けるプロセスを描く (ストリートアカデミー講座URL) http://www.street-academy.com/myclass/3659 (翔泳社Biz/Zineオンライン記事) http://bizzine.jp/article/detail/1297 (カテゴリ) 顧客インサイト (時間) 2.0時間(120分) (開催頻度) 2〜3か月に1回 (身に付くスキル) • 顧客の隠れた不満に気づくための⽅法 • 顧客の不満をお⾦をかけずに改善するための考え⽅ (受講前のおススメ講座) • ビジネスモデルキャンバス基礎編 • 価値提案キャンバス編 (受講後のおススメ講座) • サービスブループリント編 (キーワード) サービスデザイン、タッチポイント、サービス前(期待)、 サービス中(経験)、サービス後(満⾜度)、4つの真実の瞬間、 5つの顧客経験価値(感覚、情緒、認知、⾏動、関連)、消費 チェーンに関するジョブ (講座概要) 現代のマーケティングは単にモノを売るのではなく、感動や体 験をどう創り出すのかという⽅向へ変化しています。本講座で は、サービスデザイン⽅法論で幅広く活用されている顧客 ジャーニーマップというツールをご紹介しながら、顧客の不満、 その改善のためきっかけの発⾒に対する実践的なアプローチを ワークショップを通じて学習していきます。
  10. 10. Business Innovation Hub サービスブループリント編 顧客サービスを構成する内部プロセスをデザインする (ストリートアカデミー講座URL) http://www.street-academy.com/myclass/8357 (翔泳社Biz/Zineオンライン記事) http://bizzine.jp/article/detail/1302 (カテゴリ) 事業インフラ (時間) 2.0時間(120分) (開催頻度) 2〜3か月に1回 (身に付くスキル) • 既存サービスの内部プロセス分析および改善 • 新規サービスの内部プロセス構築 (受講前のおススメ講座) • ビジネスモデルキャンバス基礎編 • 顧客ジャーニーマップ編 (受講後のおススメ講座) • 価値交換マップ編 • リバース財務ツリー編 (キーワード) サービスデザイン、タッとポイントと物的証拠、顧客⾏動、フ ロントステージ⾏動、バックステージ⾏動、サポートプロセス とシステム、交流と可視化の境界線、顧客サービス戦略 (講座概要) どんなに素晴らしいサービスを発想できても、それを実現する 体制を構築できなければ、絵に描いた餅になってしまいます。 サービスブループリントは、サービス提供に関与するさまざま な⼈々がその全体像を客観的に理解するための⻘写真(マッ プ)です。本講座では、ワークショップを通してサービスブ ループリントを体験しながら、実践的なサービスプロセスをデ ザインに対するアプローチを学習します。
  11. 11. Business Innovation Hub 価値交換マップ編 多様な利害関係者との間で交換される価値を描く (ストリートアカデミー講座URL) http://www.street-academy.com/myclass/8564 (翔泳社Biz/Zineオンライン記事) http://bizzine.jp/article/detail/1307 (カテゴリ) 事業インフラ (時間) 2.5時間(150分) (開催頻度) 2〜3か月に1回 (身に付くスキル) • 利害関係の間で交換される価値の発⾒ • パートナーシップの目的と動機の特定 (受講前のおススメ講座) • ビジネスモデルキャンバス基礎編 (受講後のおススメ講座) • - (キーワード) エコシステム、協働ネットワーク、キーストーン、交換価値 (プロダクト、サービス、⾦銭、データ、権利、信用、露出、 評判、経験)、コイノベーションリスクとアダプションチェー ンリスク (講座概要) 現代において、自社のみの閉じた世界で事業を⾏っている企業 はほとんど存在しません。ビジネスモデルを上手く機能させる ためには、パートナーをはじめとする多くの利害関係者との協 働が必要不可⽋です。本講座では、価値交換マップ/パートナ シップキャンバスというツールを活用して、利害関係者との間 で交換される価値、パートナーシップの目的と動機を明確にし ていきます。
  12. 12. Business Innovation Hub リバース財務ツリー編 ビジネスモデルの収支を検証/シミュレーションする (ストリートアカデミー講座URL) http://www.street-academy.com/myclass/8682 (翔泳社Biz/Zineオンライン記事) http://bizzine.jp/article/detail/1373 (カテゴリ) 事業インフラ (時間) 2.5時間(150分) (開催頻度) 2〜3か月に1回 (身に付くスキル) • 顧客のジョブをベースとした市場規模の推定 • ビジネスモデルの収支の検証とシミュレーション (受講前のおススメ講座) • ビジネスモデルキャンバス基礎編 (受講後のおススメ講座) • - (キーワード) 仮説指向計画法、因数分解、財務変数(内部仮説と外部仮説) と変動幅(基準値、最小値、最大値)、顧客のジョブによる市 場サイズ推定、4つの市場(PAM/TAM/SAM/SOM) (講座概要) 失敗するビジネスモデルはストーリーテスト(話の筋道が通っ ているか︖)、あるいはナンバーテスト(収支が合っている か︖)のどちらかにも合格しないものです。健全な利益の確保 は、持続可能なビジネスモデルに不可⽋な成⻑エンジンです。 本講座は、目標とする利益を因数分解することによってビジネ スモデルの収支に関する健全性を検証/テストしていくための 「リバース財務ツリー」の実践的活用⽅法を学んでいきます。
  13. 13. Business Innovation Hub 戦略キャンバス編 競合と比較した自社の価値提案の独自性を構築する (ストリートアカデミー講座URL) http://www.street-academy.com/myclass/8831 (翔泳社Biz/Zineオンライン記事) http://bizzine.jp/article/detail/1392 (カテゴリ) 事業環境 (時間) 2.0時間(120分) (開催頻度) 2〜3か月に1回 (身に付くスキル) • 自社の価値提案の独自性の検証⽅法 • 自社ならではの価値の⾒つけ⽅ (受講前のおススメ講座) • ビジネスモデルキャンバス基礎編 • 顧客ジョブマップ編 • 価値提案キャンバス編 (受講後のおススメ講座) • - (キーワード) ブルーオーシャン戦略、競争要因と提供レベル、価値曲線、4つ のアクションマトリクス(増やす、減らす、加える、無くす)、 市場の境界を引き直す6つの視点、機会マトリクス (講座概要) 近年、「他社と似たものを効率よく提供する」ビジネスではな く、「他社と異なるものを提供する」もしくは「他社と異なる ⽅法で提供する」ビジネスが求められています。本講座では、 「ブルーオーシャン戦略」で有名になった戦略キャンバスを活 用し、顧客に提供するUVP(自分ならではの価値)を⾒つけ出 すための実践的なワークショップです。
  14. 14. Business Innovation Hub 事業環境マップ編 ビジネスモデルに影響を与える外部/内部要因を評価する (ストリートアカデミー講座URL) TBD(2016年3月〜開催予定) (翔泳社Biz/Zineオンライン記事) TBD(2016年2月18⽇予定) (カテゴリ) 事業環境 (時間) 2.0時間(120分) (開催頻度) 2〜3か月に1回 (身に付くスキル) • TBD (受講前のおススメ講座) • TBD (受講後のおススメ講座) • TBD (キーワード) TBD (講座概要) TBD
  15. 15. Business Innovation Hub シナリオマトリクス編 不確実かつ重要な外部要因を⾒極め、将来に備える (キーワード) TBD (講座概要) TBD (ストリートアカデミー講座URL) TBD(2016年3月〜開催予定) (翔泳社Biz/Zineオンライン記事) TBD(2016年2月25⽇予定) (カテゴリ) 事業環境 (時間) 2.0時間(120分) (開催頻度) 2〜3か月に1回 (身に付くスキル) • TBD (受講前のおススメ講座) • TBD (受講後のおススメ講座) • TBD
  16. 16. Business Innovation Hub 実験ボード編 ビジネスモデルの仮説をテスト/検証する (キーワード) TBD (講座概要) TBD (ストリートアカデミー講座URL) TBD(2016年4月〜開催予定) (翔泳社Biz/Zineオンライン記事) TBD(2016年3月10⽇予定) (カテゴリ) 実験プロジェクト (時間) 2.5時間(150分) (開催頻度) 2〜3か月に1回 (身に付くスキル) • TBD (受講前のおススメ講座) • TBD (受講後のおススメ講座) • TBD
  17. 17. Business Innovation Hub 顧客ストーリーマップ編 顧客⾏動に沿ったソリューションの機能を洗い出す (キーワード) TBD (講座概要) TBD (ストリートアカデミー講座URL) TBD(2016年4月〜開催予定) (翔泳社Biz/Zineオンライン記事) TBD(2016年3月17⽇予定) (カテゴリ) 実験プロジェクト (時間) 2.5時間(150分) (開催頻度) 2〜3か月に1回 (身に付くスキル) • TBD (受講前のおススメ講座) • TBD (受講後のおススメ講座) • TBD
  18. 18. Business Innovation Hub スクラムボード編 ビジネスモデルデザインのプロジェクトを管理する (キーワード) TBD (講座概要) TBD (ストリートアカデミー講座URL) TBD(2016年4月〜開催予定) (翔泳社Biz/Zineオンライン記事) TBD(2016年3月24⽇予定) (カテゴリ) 実験プロジェクト (時間) 2.5時間(150分) (開催頻度) 2〜3か月に1回 (身に付くスキル) • TBD (受講前のおススメ講座) • TBD (受講後のおススメ講座) • TBD
  19. 19. 2016年2⽉〜3⽉のスケジュール Business Innovation Hub 日程 講座名 場所 会場 2月3⽇(木) 価値提案キャンバス編 九段下 http://www.street-academy.com/myclass/8057 2月8⽇(月) 顧客ジャーニーマップ編 九段下 http://www.street-academy.com/myclass/3659 2月13⽇(土) ワークショップ1⽇体験編 九段下 https://www.street-academy.com/myclass/4157 2月15⽇(月) サービスブループリント編 九段下 http://www.street-academy.com/myclass/8357 2月18⽇(木) ビジネスモデルキャンバス基礎編 三越前 http://www.street-academy.com/myclass/6723 2月23⽇(火) 価値交換マップ編 九段下 http://www.street-academy.com/myclass/8564 3月1⽇(火) リバース財務ツリー編 九段下 http://www.street-academy.com/myclass/8682 3月7⽇(月) 戦略キャンバス編 九段下 http://www.street-academy.com/myclass/8831 3月9⽇(水) IoTアイディア創出編 横浜 https://www.street-academy.com/myclass/5408 3月13⽇(⽇) 事業環境マップ編 渋谷 TBD 3月18⽇(⾦) ビジネスモデルキャンバス基礎編 横浜 http://www.street-academy.com/myclass/6723 3月26⽇(土) ワークショップ1⽇体験編 九段下 https://www.street-academy.com/myclass/4157 3月29⽇(火) シナリオマトリクス編 渋谷 TBD 講座名をクリックすると詳細/申込サイトをご覧いただけます。
  20. 20. 受講者の声 Business Innovation Hub 実際の事例を聞きながら、自分達でジャーニーマップを 書いて体験できたので、腹落ちしやすかったです。 IoTキャンバス編(男性) ジョブマップにおける成果定義の仕⽅(..を最大化/最小化する) が目からウロコで新しいメガネを手に入れたようでした。 顧客ジョブマップ編(男性) IoTに関する情報と、企画に関するフレームワークの知識が 凝縮された有意義な時間でした。 1⼈で書籍を読んでいるよりも数十倍意味のある時間です。 事業拡張や⾒直しの⽅にはお薦めです。 ビジネスモデルワークショップ1⽇体験編(⼥性) 顧客ジャーニーマップ編(⼥性) ” “ “ ” “ ” “ ”
  21. 21. Business Innovation Hub <ビジネスモデルデザイン講座> ビジネスモデルデザイン講座(ストリートアカデミー)の主催情報サイト https://www.street-academy.com/organizers/businessinnovationhub <事業企画の現場で使うツール Tips> 講座のエッセンスを要約した記事(翔泳社運営Biz/Zineサイト) http://bizzine.jp/article/corner/52 <ビジネスアーキテクチャー研究ラボ> ビジネスイノベーションハブ/サーキュレーションが共同運営するFacebookページ https://www.facebook.com/bizarchlab <ホームページ> ビジネスイノベーションハブのホームページ http://www.businessinnovationhub.co.jp <お問合せ> info@businessinnovationhub.co.jp 関連サイト/お問合せ

×