Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
EMPATHIC DESIGN共感力を取り戻し、そして育み、発揮する
chantal-olivia via compfight cc
KAZUMICHI SAKATA
UX JAM VOL.2 | #UXJam_jp | Sept. 8th 2...
坂田 一倫(さかた・かずみち)
2008: RAKUTEN, INC.
2013: CONCENT, INC.
2015: RECRUIT TECHNOLOGIES, CO. LTD.
2015: MEDIUM JAPAN


FOUNDER;...
http://blog.recruit-tech.co.jp/
STORY of empathy
EMPATHY is what makes us
different…and human.
共感力こそ我々が他者と差別化できる要素である。

同時に、人間であることの証明である。
(c) UX project checklist
(c) Nahman
WHY ARE WE HERe?
ツールや技法、すべてを習得できればそれでいいのか?
アイディア
IDEA問題を見つける
PRoblem 発見や気づきを得る
discovery
DISCOVERY: さまざまな観点から発想を促す共感力
PROBLEM: 洞察や分析を通じて問題を定義する提起力
IDEA: 発想し、具現化する創造力
EMPATHY and sympathy
共感と同情の違い
SYMPATHY(同情)

想いや気持ちを共にすること。

他の体験を理解すること。
EMPATHY(共感)

気持ちの中に入っていくこと。

自分の体験として理解すること。
istockphoto
SYmpathy?
samsunggalaxyrepair via compfight cc
EMPATHY?
アイディアにつながる発見や気づきを得るための

共感力を養うためには、
自分自身がさまざまな体験を経験する必要がある。
ユーザー視点における「視点の広さと深さ」を
自分ごととして担保しなければ、差別化が図れないまま
UXデザイナーとしての介在価...
4 steps to empathy
共感を得るための4つのステップ
1.CAPTURE

個のデータポイントを集約する
2.connect

それぞれを接続し、意味性を見出す
3.craft

洞察を加え、加工する

4.storytell
...
(c) thoughtworks
share your great experience
最近体験した素晴らしい出来事はなんですか?
その体験を共有する場がいま、求められています。
ありがとうございました
HTTP://WWW.SLIDESHARE.NET/KAZUMICHISAKATA
KAZUMICHI SAKATA
UX JAM VOL.2 | #UXJam_jp | Sept. 8th 2015
@mariosak...
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×
Nächste SlideShare
UX改善に必須だが「大変で実施しづらい ユーザテストを「本当に1分」で行うには
Weiter
Herunterladen, um offline zu lesen und im Vollbildmodus anzuzeigen.

25

Teilen

Herunterladen, um offline zu lesen

Empathic Design - 共感力を取り戻し、そして育み、発揮する

Herunterladen, um offline zu lesen

2015年9月月8日(火)に開催された「UX Jam #2」で発表したスライドです。

Ähnliche Bücher

Kostenlos mit einer 30-tägigen Testversion von Scribd

Alle anzeigen

Empathic Design - 共感力を取り戻し、そして育み、発揮する

  1. 1. EMPATHIC DESIGN共感力を取り戻し、そして育み、発揮する chantal-olivia via compfight cc KAZUMICHI SAKATA UX JAM VOL.2 | #UXJam_jp | Sept. 8th 2015 @mariosakata kazumichi.sakata
  2. 2. 坂田 一倫(さかた・かずみち) 2008: RAKUTEN, INC. 2013: CONCENT, INC. 2015: RECRUIT TECHNOLOGIES, CO. LTD. 2015: MEDIUM JAPAN 
 FOUNDER; UX TOKYO & LEAN UX CIRCLE
 CERTIFIED HCD PROFESSIONAL
  3. 3. http://blog.recruit-tech.co.jp/
  4. 4. STORY of empathy
  5. 5. EMPATHY is what makes us different…and human. 共感力こそ我々が他者と差別化できる要素である。
 同時に、人間であることの証明である。
  6. 6. (c) UX project checklist
  7. 7. (c) Nahman
  8. 8. WHY ARE WE HERe? ツールや技法、すべてを習得できればそれでいいのか?
  9. 9. アイディア IDEA問題を見つける PRoblem 発見や気づきを得る discovery DISCOVERY: さまざまな観点から発想を促す共感力 PROBLEM: 洞察や分析を通じて問題を定義する提起力 IDEA: 発想し、具現化する創造力
  10. 10. EMPATHY and sympathy 共感と同情の違い SYMPATHY(同情)
 想いや気持ちを共にすること。
 他の体験を理解すること。 EMPATHY(共感)
 気持ちの中に入っていくこと。
 自分の体験として理解すること。
  11. 11. istockphoto SYmpathy?
  12. 12. samsunggalaxyrepair via compfight cc EMPATHY?
  13. 13. アイディアにつながる発見や気づきを得るための
 共感力を養うためには、 自分自身がさまざまな体験を経験する必要がある。 ユーザー視点における「視点の広さと深さ」を 自分ごととして担保しなければ、差別化が図れないまま UXデザイナーとしての介在価値は発揮されない。 WE all NEED TO BE 
 “EMPathic designer”
  14. 14. 4 steps to empathy 共感を得るための4つのステップ 1.CAPTURE
 個のデータポイントを集約する 2.connect
 それぞれを接続し、意味性を見出す 3.craft
 洞察を加え、加工する
 4.storytell
 文脈として可視化し、他に展開する 共感を促すための4つステップ
  15. 15. (c) thoughtworks
  16. 16. share your great experience 最近体験した素晴らしい出来事はなんですか? その体験を共有する場がいま、求められています。
  17. 17. ありがとうございました HTTP://WWW.SLIDESHARE.NET/KAZUMICHISAKATA KAZUMICHI SAKATA UX JAM VOL.2 | #UXJam_jp | Sept. 8th 2015 @mariosakata kazumichi.sakata chantal-olivia via compfight cc
  • ssuserc59366

    May. 12, 2017
  • masunn

    May. 4, 2016
  • keikoyaguchi

    Feb. 22, 2016
  • KyoheiMatsumoto2

    Feb. 18, 2016
  • hidekitomari

    Nov. 19, 2015
  • KotaroKikuchi1

    Oct. 30, 2015
  • kanazawanaoki

    Oct. 30, 2015
  • SarahTanaka

    Oct. 19, 2015
  • yicnt

    Oct. 11, 2015
  • NobuoUrata1986

    Oct. 3, 2015
  • KeisukeMiyajima

    Oct. 2, 2015
  • meguminawada

    Sep. 18, 2015
  • barista

    Sep. 16, 2015
  • niiyakazuhisa

    Sep. 15, 2015
  • brainmosh

    Sep. 15, 2015
  • pporori2000

    Sep. 12, 2015
  • ssuser99dc16

    Sep. 11, 2015
  • chieishii16

    Sep. 10, 2015
  • aipapalagi

    Sep. 10, 2015
  • TatsuyaIwasaki

    Sep. 9, 2015

2015年9月月8日(火)に開催された「UX Jam #2」で発表したスライドです。

Aufrufe

Aufrufe insgesamt

4.602

Auf Slideshare

0

Aus Einbettungen

0

Anzahl der Einbettungen

1.458

Befehle

Downloads

27

Geteilt

0

Kommentare

0

Likes

25

×