Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

20141108下川マッピングパーティ

630 Aufrufe

Veröffentlicht am

ほぼ稚内と同じ

Veröffentlicht in: Präsentationen & Vorträge
  • Als Erste(r) kommentieren

20141108下川マッピングパーティ

  1. 1. なぜ地図なのか? 2014.11 下川マッピングパーティ Dohoku Geo Network(DoGeN) 田中 淳 
  2. 2. 2005年
  3. 3. GGoooogglleeマップ登場 2007年 ストリートビュー公開(日本は2008年)
  4. 4. スマートフォンの 普及でさらに 身近に
  5. 5. 2012年 事件が…
  6. 6. パチンコガンダム駅 出現
  7. 7. http://matome.naver.jp/od ai/2134810712669854301
  8. 8. 大きくニュースで とりあげられる
  9. 9. 地図は 我々の生活に 必要不可欠
  10. 10. その一方で…
  11. 11. 2014年2月 広島県は10日、インターネット上の県のホームページ (HP)で、検索サイトのグーグルやヤフーなどの地図 112枚を各利用規約に違反して使い、著作権を侵害 したと発表 2014年3月 青森県は31日、国や民間の地図サービスなどを利用 規約に反し、県のホームページ(HP)で不適切に使用 していたケースが計108件確認されたと発表
  12. 12. 地図を無料で 利用できる
  13. 13. = イコール
  14. 14. 著作権フリー では ありません
  15. 15. Googleマップの 場合
  16. 16. 個人利用
  17. 17. 配布
  18. 18. 地図が埋め込まれている (操作が可能)
  19. 19. 画像が貼り付けてある → (操作ができない)
  20. 20. 意外と面倒くさい
  21. 21. そこで
  22. 22. OpenStreetMap (OSM)
  23. 23. 印刷 OK 配布 OK HPに貼り付け OK
  24. 24. 必要なのは ライセンス 表記のみ © OpenStreetMap Contributors
  25. 25. 人道支援 クライシスマッピング
  26. 26. 2014年8月20日 広島豪雨
  27. 27. 8月21日 国土地理院
  28. 28. 8月22日 OSM
  29. 29. 2013 伊豆大島土砂災害
  30. 30. 2011年 東日本大震災
  31. 31. 2013年フィリピン
  32. 32. http://tasks.hotosm.org/
  33. 33. http://tasks.hotosm.org/
  34. 34. 最近よく聞く 言葉
  35. 35. オープンデータ
  36. 36. 自由に使えて 再利用でき 再配布できる
  37. 37. 室蘭市のオープンデータ 都市計画図       津波・洪水浸水予測図 航空写真        津波避難路 AED設置事業所     土砂災害警戒区域 砂箱          がけ崩れ危険区域 避難場所 ゴミ袋等販売店 選挙ポスター掲示場 投票所 等々が申請の必要もなく、 自由に使える状態になっている
  38. 38. 室蘭市の例
  39. 39. http://opentextmap.org/library/?p=2256 室蘭市の例
  40. 40. 鯖江市の例
  41. 41. 地図との関連性が 深い
  42. 42. というより…
  43. 43. ほぼ全ての情報は 位置情報から 切り離せない
  44. 44. Geospatial Information 地理空間情報
  45. 45. 「あそこのラーメン屋、 美味しいよね」
  46. 46. これも 地理空間情報
  47. 47. これも 地理空間情報
  48. 48. 販売店の場所 販売先 製造元 どこで伐った木?
  49. 49. 今後 地図・地理情報の 知識・技術は 最重要(多分…)
  50. 50. DoGeNの 今後
  51. 51. OSM マッピングパーティー
  52. 52. GIS (地理情報システム) 勉強会
  53. 53. オープンデータ 勉強会
  54. 54. ココらへんを 柱にして 活動予定

×