Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

Agilejapan2018

アジャイルジャパン2018講演資料

  • Loggen Sie sich ein, um Kommentare anzuzeigen.

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

Agilejapan2018

  1. 1. © 2018 IBM Corporation Agile Japan 2018講演 さあDX時代!アジャイルな組織への変革にど う取り組むべきか 〜IBMの大規模アジャイルの取り組み〜 Ver 1.10
  2. 2. © 2018 IBM Corporation 自己紹介 -松永広明- 現職 マネージング・コンサルタント 略歴 職歴: 1990年ー1997年:株式会社 安川電機 1997年ー2015年:ソニー 株式会社 2015年ー2017年:株式会社 豆蔵 2017年11月 日本アイ・ビー・エム株式会社 入社 現在に至る 主な業務歴: 1990年4月より産業用インバーター事業を担当 1997年5月より携帯電話/デジタルイメージング事業を担当 2011年頃よりアジャイル開発の推進を開始 •デジタルカメラ関連製品開発におけるスクラムマスター 2015年10月よりアジャイルコーチ •半導体/センサーメーカーへのアジャイル開発導入を支援 •大手SIerのアジャイル変革支援 ほか その他・資格・書籍等 Scrum Alliance CSP-SM, CSP-PO, CSM, CSPO 「わかりやすいアジャイル開発の教科書」レビュワー 「Effective DevOps」レビュワー アジャイルジャパン 2017ほか、登壇多数 29
  3. 3. © 2018 IBM Corporation DXって何? 「デジタルトランスフォーメーション」の略 トランスフォーメーション = 「変革」 「今のビジネスにITを活用する」のではなく、「ITを活用して新 しいビジネスモデルを創造する」こと。 その価値を素早く継続的にデリバリーできる組織に変わること。 テクノロジー AI、IoT、モバイル、ソーシャル、ビッグデータ、クラウド、、、 3 変化の激しいIT社会において、新たな価値を 素速く継続的に提供できる組織に変革すること
  4. 4. © 2018 IBM Corporation なぜ今DXが騒がれてるのか 4 ITの良し悪しが事業の成否を左右する時代
  5. 5. © 2018 IBM Corporation DX時代のIT戦略 5 DXの世界ではビジネスと開発双方を 同時に素速く継続的に成長させる 市場 事業 IT 市場分析 発注 納品 リリース 従来 DX 半年〜数年 数週間〜数ヶ月
  6. 6. © 2018 IBM Corporation DXにおけるアジャイルの位置づけ 6 IoT AI ドローン VR/AR ロボティクス 各種新技術
  7. 7. © 2018 IBM Corporation7 アジャイル IoT AI ドローン VR/AR ロボティクス 開発 各種新技術 DXにおけるアジャイルの位置づけ
  8. 8. © 2018 IBM Corporation DX時代の組織に必要なケイパビリティ 8 素早く頻繁に価値を届ける能力 継続的に価値を届ける能力 時間 価値 価値を維持・向上 市場変化を 素速く取り込む 1週間〜1ヶ月 変化しているのは、「価値」
  9. 9. © 2018 IBM Corporation 素早くかつ継続的に価値を届けるには 自己組織化 開発現場での意思決定を素早く行うために。 目的の一致 開発現場での意思決定の判断基準として。 および受発注間の協調のために。 技術力 小さな投資で大きな価値を生み出すために。 9
  10. 10. © 2018 IBM Corporation10 自己組織化、目的の一致
  11. 11. © 2018 IBM Corporation11 要求 計画駆動 価値駆動 固定 見積もられる 要求 リソース 日程 リソース 日程 見積もられる Dean Leffingwell:「アジャイルソフトウェア要求」(翔泳社) 値段勝負 技術力勝負 技術力
  12. 12. © 2018 IBM Corporation アジャイルな組織づくりの方法 アジャイルを組織に合わせる。 組織をアジャイルにする。 12
  13. 13. © 2018 IBM Corporation 組織に合ったアジャイルを導入して欲しいけど? 従来型組織の特徴 コンポーネントチーム 官僚主義的な組織のシステム 個人別の成果主義評価制度 受託開発契約 13 従来型の組織はWFに最適化している
  14. 14. © 2018 IBM Corporation14 コンポーネントチームではWIPが増大しやすい Team A Team B Team C Comp.A Comp.B Comp.C Item 1 Item 2 Item 3 Item 4 SystemBacklog 出典:フィーチャーチーム入門(Craig Larman, Bas Vodde) コンポーネントチーム
  15. 15. © 2018 IBM Corporation15 意思決定のスピードや自律性の点で不利 官僚型組織の欠点
  16. 16. © 2018 IBM Corporation 成果主義評価制度の問題点 16 コラボレーションが阻害される
  17. 17. © 2018 IBM Corporation 17 事業部門 IT部門 元請SIer 下請SIer 孫請SIer ユーザー企業 ITベンダー 受託開発の構造的問題 伝言ゲーム、受発注感の隔絶、目的の不一致
  18. 18. © 2018 IBM Corporation18 どう取り組むのか
  19. 19. © 2018 IBM Corporation19 アジャイル特区設立 特区の会社化 元会社への展開 従来ルールからの治外法権 技術力の向上 自己組織化したチーム チームの永続化 承認マインドからの脱却 独自組織制度の構築 受託開発からの脱却 人事評価制度の構築 サブスクリプションによる高収益化 組織、ルール、文化なども 含めた形で元会社と統合 スモールスタートが大事 あるSIerの事例
  20. 20. © 2018 IBM Corporation IBM 社内システム開発の場合 20 ドメイン 10以上 サブドメイン 50以上 部隊(Tribe) 250以上 ギルド(Guild) 不明 分隊(Squad) 1500以上 拠点 Globalで30ヶ国以上
  21. 21. © 2018 IBM Corporation まとめ DX時代においては、素速く継続的に価値を提供できる組織になる必要がある。 そのためには、自己組織化、目的の一致、技術力が必要である。 アジャイル開発はDXの中心。 組織に合わせてアジャイルを変えるのではなく、組織をアジャイルにする。 アジャイルな組織への変革は、小さくはじめて”アジャイル”に進める。 21

×