Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

Adobe Illustrator CS → CC のりかえポイント

2.035 Aufrufe

Veröffentlicht am

Illustratorを使って作業されている方に向けて、CSからCCへ切り替える際のポイントをまとめました。触れていない新機能もたくさんありますが、DTPでチラシやリーフレットなどを作成する場合を前提に、できるだけ従来通りの操作感になるように設定し、最低限気をつけたいポイントのみをまとめています。

Veröffentlicht in: Design
  • Als Erste(r) kommentieren

Adobe Illustrator CS → CC のりかえポイント

  1. 1. 2018.05 新しく追加された機能を中心に、CSからCCへ切り替える際のポイントをま とめました。UIなどはできるだけ従来の操作感になるようにする設定を掲 載しています。仕様変更された機能は、従来と同じ感覚で操作をしている とトラブルの原因になる可能性もありますので、慣れるまでは十分注意し て使っていきましょう。
  2. 2. 環境設定[一般] 主にドキュメントを開いたり、新規作成する際の挙動をコントロールする箇所で す。従来の仕様の方が良い場合は以下の項目を確認しておきましょう。
  3. 3. 環境設定[テキスト] 「新規テキストオブジェクトにサンプルテキストを割り付け」をONにしていると、 「文字ツール」でアートボードをクリックした際に自動的にサンプルテキストが 挿入されます。慣れないうちは事故防止のためにもOFFにしておきましょう。 OFFでも「書式」メニュー>「サンプルテキストの割り付け」からテキストの挿入 ができます。必要に応じてメニューから実行するのがおすすめです。
  4. 4. 環境設定[UI] CS6以降UIにダークカラーが採用され、デフォルトでは暗いカラーが適用され ています。好きな明るさを選んでおきましょう。
  5. 5. 初期設定のワークスペース CC2018から初期設定のワークスペースが変更されまし た。以前の初期設定を利用したい場合は、「ウインドウ」 メニュー>「ワークスペース」などから「初期設定(クラシ ック)」を選択します。 また、新たに「プロパティ」というパネルが増えました。選 択中のオブジェクトに合わせてパネルの内容が変わり、 さまざまな機能にすばやくアクセスできますが、「アピア ランス」はここですべての項目を制御することができな いので注意が必要です。フチ文字など多重構造のオブ ジェクトを作る際には、従来通り「アピアランス」パネル で操作するのがおすすめです。
  6. 6. ライブコーナー 角の形状を自由に編集できる「ライブコーナー」という機能が加わり ました。「ダイレクト選択ツール」選択時に、オブジェクトの角の部分 に「コーナーウィジェット」が表示されるようになっています。このウィ ジェットをドラッグすると個別に角を変形することができます。 便利な機能ですが、小さなサイズになるとウィジェットの表示が煩わ しい場合があります。その際は「表示」メニュー>「コーナーウィジェ ットを隠す」で非表示にしておくと良いでしょう。ショートカットを設定 して、表示を切り替えながら利用するのがおすすめです。
  7. 7. 文字を切り替える(1) エリア内文字・ポイント文字を自由に切り替えできるようになりまし た。テキストオブジェクトに表示されているウィジェットをダブルクリ ックするか、「書式」メニュー>「エリア内(またはポイント)文字に切り 替え」から実行します。
  8. 8. 文字を切り替える(2) エリア内文字からテキストがオーバーフローしているときに「ポイント 文字へ切り替え」を実行すると、下記のようなアラートが表示されま す。ここで「はい」を選択するとオーバーフローしているテキストが消 去された状態でポイント文字に変換されてしまいます。変換の際は 注意しましょう。
  9. 9. エリア内文字の自動調整 エリア内文字の下に表示されているウィジェットをダブ ルクリックすると、テキストの量に応じてエリアの高さが 自動で調整されるようになります。常にこの機能を利用 したい場合は「環境設定」から設定ができます。
  10. 10. 均等配置の仕様変更 CC2014以降では、均等配置を適用しているテキスト内 で強制改行(shift+return)をすると、最終行も均等配 置になる仕様に変更されました。 仕様変更以前のバージョンで作られたテキストは、開い た時点では体裁が維持されていますが、テキストを編集 しようとすると、下記のようなアラートが表示されます。 「OK」をクリックすると現在の仕様に合わせて体裁が変 わります。 テキスト編集ではなく、テキストエリアの変形や移動を行 う場合も体裁が変わりますが、その際このアラートは表 示されません。過去のデータからテキストを流用する際 は特に注意が必要です。
  11. 11. 新規スウォッチ作成時の仕様変更 CC2018以降では「スウォッチ」パネルから「新規スウォ ッチ」を作成すると、デフォルトで「グローバル」にチェッ クが入るようになりました。このままカラーを設定すると グローバルカラー扱いになりますので注意しましょう。 また、「ライブラリに追加」のチェックがONになっている と、選択しているライブラリにカラーが追加されます。ラ イブラリにカラーを増やしたくない場合はOFFになってい るかを確認しましょう。 どちらもチェックのON / OFFの状態は保持されます が、環境設定をリセットするとONに戻るので注意が必 要です。

×