Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

吉田調書「2011/8/8:事故時の状況とその対応について 4」

90.711 Aufrufe

Veröffentlicht am

吉田調書「2011/8/8:事故時の状況とその対応について 4」

  • Sex in your area is here: ❤❤❤ http://bit.ly/2F7hN3u ❤❤❤
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • Dating for everyone is here: ❶❶❶ http://bit.ly/2F7hN3u ❶❶❶
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier

吉田調書「2011/8/8:事故時の状況とその対応について 4」

  1. 1. 〇質問者 まず、 テレピ会の内容、 これ縄ま3月 ー2 日の22時50・・'〝 〇回答者_ 3且 ー2 日の22時でずヵ〝ら、 ェ号機のことでずね” 〇質閻者 これを見てみると、 補正して 22時59分ヵゝらで、 録音カ責鎌られてし丶るときも、 られて~丶ブょ~ゞときもぁるんでず縄すれども、 残って〝`るところで` 主iこ意,思決定}こ関ゎる ょうなところ。 関ゎるょうプょところとし丶ぅの轟ま、 特發こ、 それ&こょって意思決定ガ奮左右され たところもぁれ}ま、 そぅでブょ)`部分もぁって、 と'Gこヵゝく、 所長ヵ膏ぁる“重要プょ局面の中で何 〟カゝ判j断をされるとき薔こプょされた会話とヵ〝、 その辺を中縄齔`轟こしてピックアップをさせてもら って〝丶る・んでずね' それを順Gこ見て〟丶たナざし丶て、 記憶の喚起を込めてでずね〟 まず最初ヵ輩、 3且 ー3 日の末明ぐら~`の出来事で、 HPGーヵ奮 ー8 日の2時42 分餐こ8号機 カ3停止をしま.しナこ'。 その後丶 3時50分とヵ〝ぐら~`Gこ_ブ;ってし丶て、DDFP を入れよぅ&こも、 当時、 原子炉圧ヵヵ實4・ーMPa く'らレ丶轟こ汁ょっでし丶て、 ちょっと入ら汁ょ〟、ジょと〟丶ぅょぅゾょ状況 のころの話で、 ここを抜粋しアこ趣旨}ま、 要する轟こ、 HPCーヵゞ停止して、 DDFP を入れると 〟)ぅょぅブょクイミングのことだとヵ=、 ぁと、 DDFP繍まどれく~ら~丶ナ己ったら入るんで警まブょ'~丶 ヵゝとヵゝ、 消防車のポンプブ三ったらどぅなんだろぅと~`ーぅょうプょ論をこのころずっとされ て~`る記ヵ饗残って〟丶るんで、 その辺を見て~`ただ~丶て_、 そのころの状況を思~`出 して~` ただきた聯丶と思〝`重ず〝・で巌ま、 お貶`しまず。 ' (録面部分) 「これヵゝら、 ちょっと変ゎったことヵ輩ぁったんで連絡しまず&ナれども、 3号機J 「&まし丶、 3号機」 〝^ 「EPCーヵ3 2'時44分轟こー旦停止しましナこj ~ 「2ー廉 44分、 一旦停止、 ーま)丶]' 「炉圧ヵ翼低~丶ん・で、 RCーGGま運転しゾょし`で、 そのときー‡炉庄低〝ヵゝったんで、.DDの消火ポ ンプを起血」しまして、 これで注水しょぅとしましナこ。 しヵゝし、 この=蒙点でDDの〟消火ポン プ鬱ま 0.6ーMP墓 ぐら~丶しヵゝゾょ'く て、 入〝り ませんでした〟 3=寺 44分ちょレ丶ぐら~`のぞークを 見ると、 炉庄ヵ3~、 畩Cーヵ讐停止 した後で、 その榊ー棗ま0.7メガぐらし丶のものヵ饗4.ーメガ董で、 5倍以上上ヵ3ってし丶るんでずょ〟 7キロヵ〝ら4エキロ。 これを超ぇられると丶 どう〉丶ぅぁ れなのヵ=、'今、 し~て〝丶まず轟ナれども、 炉圧ヵ3上ヵ奮って~丶ると“。 それで、 今、 もぅ一度 HPCー ヵ3回らなし丶ヵゝとヵ=、 代巷の注水手段を確關して~`るところブょんでずーナれども、 ちょ っと3号ーまトランジェントな状鵬ブょのでJ 「鬱まし`、 ゎヵゝりました〝 了解でず」 〇 ' 决のところも続'ナて~`~丶でずね〝 〇質闔者 し丶〟丶ですょ、 そのまま。 (録画部分)
  2. 2. ]鵬纈蓼蟻 纈~ 」『{退】證て齠旗糊璽綾瞬量闘 漏ゞ闕璧離~厩黛誓髑瞰握罵藝灌舞讀鯵鵬下謂 ~量騰 咽@鑽菫詳葦闘量闕'喜裂ず踵壷 逞p ヮ Ceゝ〕 贋秘許鋤秀`華、 菩纈互雀二獄燐曝く縄 警耳輩・寶國蔭輔請糞 霧 厦鴉 密ゞ朧馴〝鍮壷註睡璽肇鼻璽鮒'瞳 蹴莞繍 譲朧實逞ラg蓼賓'冲盧斬螢‰も掘 遍漸顧蝦顧:『旛蘊諦2篤 菖註{哺 〟篁瞳`鵬顧顧遭馳蔭槽諦謳癬董”魍繝『鰯〝譚詣繝〝 鍵鰯ー静薄“〟蝉F癌綱ゴ蓼顧少蓼釶 讀赫鬱欝睡繍 罫==繭} 曇篇詔縄掘輸篇讐典{=ー醒躾嬲璽〝藏雇壽註縄 順鰹}胆縛藝寶騰惹凱』 綴臓G團 鬱蓮遭』鵬縄ぁ縄凰ァ殲掘瞳鵬ヰ騒 墨豊〟童ゝ `~ 'ー馴洲薄哲國鵠篭伽壷輻減罰強〝i彙糟縄濱J壷鼻麿朧墟} 」卿懇琶汽』~ }麦 鵬蘭雇壁 雪雄翻欄離蕾璽瞳『〝二 亘っ瞰爛赫卿寶騒 @峰 薯迂樋惠 雹鎌鎌す量 { 寶萱驛鰯離'・ ニ_繍ニ`・ 頸画識^ 箇凪萬冨醒覚'圃麦” 主野牛管祇 《(縄離離朧} 〟 艸暉〝馴茸警鵬瞳萱勇令偉繍匙繭縛剛極蘆輸{壷{g 薇粤;言匿胸菌願肇`蓬藝 顧腫顧軸壷壷寡}二尾}票す;_ ”~' 藝墨祠巌叡廻坦} ^* 匡團竄顧{顧薯王瘤瀞遭萱頑漣ゝ這〝 篭隅蛾圃賢畠黒房~國『〝〝 @靄離琶魍趣て韓豪鵠 騒粒顧毒遷蕾〝繍 漉~〟_〟 ”^ 『嘲 遭春握 鮑喜言〝争i騨齔 蓬}}す こ ナ腕 換訶讃座浸諭胸鶴筐扈`量署詮{鰯 寶臨掴〝ゝ襲 顧エ寶^ '〟量〝〟葦〟 腕諏隅牽漉魚 〝闘鵬淵鱗 鑽。 〟 離~繍藝 〝」ー 訃 ~ゑ嶺綱鮠融瞰甦蕾ニ縄蟻濃』~f〟壬璽ず〟 」= ー上静鐵暇費i~寶ゅ願『縄エ腕}寶~〝“ ~夏鬱璽洲富量軸 .瞰繊璧享騨闘葦 饅 離亭}離遷牽闕 藝牽髑濾繍離濃濃瞳ェ ~寶 伽寶罰 『倒瑯蟲輔巖す〝~}}~亨譬言す}ナ 軌〝潔 閾麦曹剛濁馴 圏縄奏驛離且遡ん謙欝僅朧ゞ塞惨虐二離譚揃奪礒 鵬瞰椰董宙鱗 宣『紘~亘' }`〝`』 鱧 墨掴藝繭離繍 唖}騎灘篭墓《ェ〝獅鴻師凰^魍幕農離冨〉〟離令か靄『翻驛寶卿 騰丑彌醜遙胸竜菖繝鵬天督脱簾要軸 璽星璽遭職』貫璽瑯}繚顧棘静}計縄 騨天潮燻} ?雇〕聰董ニ〝逢彡競髑鵬〟}{騨鵬繍縄 鯛さ菫 遜轍軸脾~二譚孤璽』興畩}〝鵠言識隷嚥羅〝譚也 輔顧 {聖 瞰離享重寶嘲扈皇ゝ 縄讀鵬〝 〝`〝寶孝餓 綱鮑;幌隷繝騨陶}蔓}扈}`勒魏 讀菫魎糟 團 質註團量丶〟 }衝`〟暑貫i董;魎聯邂輔弄遭塞聯筐訂幡鵬聯蕾〝 輔観離 團亜顧 蟹ェ腕量晒會離牛彡征i昼蟲〟纈〟 土@蟲 尋寶~暴?鐵譚〉嬲!^頓遮咀睾縄壺ー鬱褻ラ甦韓離磐筐重` 壷菖塁蘆髑}, 艸縄p牛 〟ュj一〟 寶 寶上 〝V~~ニ 亘縄逅壷蘆嬢〕立襲髑売譚b禮ブ鮑瞳峨曹轟諦藝、 二掌〟遷輔蜴趙覆具 擢晒繭鰯顧暗憾{〟 學 諭…篁遭麟享墾亨〈襄 , “こ 〟” ヰ窮賀願ゝ蓼〉麹寶凄穴帆〟 〝藝勘讃雇漑藁顧;}計 團 亘職萱 唖董 嘲團腱 諭声貴避國迅鱧'邂逢腱ユ 《 }量 :濃〟 葦睡掘』f』繍離繍嗜〟〟〟 嚥”離罹繍 牙踵 亡〟苓縄 {縄〟 縄 { 躾鍾瑯幌ゴ離祇衝揚獣獣諦~牽』丿顧譚墓魍讐罵す ,農ヱ甦轍'曲 噛魎瞰瀕寶}誇餓顕纈~髪耆磁鬱團驛墨鞠軸 脚膣『藝'璽縄繭魎董詔鵜 壷鱗典縄鬱 鰯綱譚巖餓瀬羞票爵爆鋼醇諺鹸櫛言》〝{ 繧謹晒零…舘 葛縄邂戮願魍 瞰伊諦湖鵬瘢瀞瞭轍嘲餓瑠獨闕置蘆睡 縄肛闔團皿~寶麿繍 離璃要驚幌講曹~〝瞬蘆ゴ誓琵竄醤遭~ 二 嬲 圃讃請 璽瞰羞亘劇漉榴鮠), 鰯興餓 軸顔『『〔声~ 藝魎嶼糟誉腰聰嶼譲襲〟』寶曹声【關贋鵬遷 陛潮寶撤騨竈輸鍾 ぬ軸 魍繍 繝融 ^輿尋適貿』漉様麒聯 麗縄 量嗣臍瀞陶~〝蓬}嘲~譚享王毒軸「』 鞜團鼻脚蟻寶籐脳 魍鰯〝宴 纈輔蒙~ '蹄 卿鮭國『 〟咽〔蹄縮乞鐵陶 鞜瞳縄嘲勤鵬置壷鱧鯉蘆ぇ誓蝸萄亨騨蟻`〝藝離嘲 嚥顧麒寧 瀞窮退隷瑯 隷掻主浴顧擢端魯 離~麦 J壷藪顧〝贋遺蚕 醤二`譲瀑蓼瞰 〝 〝〝 ` 管 構 貿, 葦 舵 警 國 〝^〝 〝唾 賦 徹詞繭繭購;詔 瀬蘆董離黛~ヂ量^筐 鯵馴Y 墨己糞繍L ・(竈 ~' 〈〟【一 ・ ^一〉『'警
  3. 3. 備棗ましてぉって、 圧力丿〝ランス繍ま結局、 負轟ナて~`るんで、 入りませんでしたと〟丶ぅ説朋を 〝_會 奮して~`るところでず。 〇質問者 DDFP で吐出圧と~`ぅの鬱ま、 どの段階脅ょんでずヵゝ・ ポンプの辺り'のところ〝 〇回答者 そぅでず” ポンプの (ニ ・ ・) ず ~ 。質問者 そぅ~ずると` 碗]ぇ轟ま、 そこヵゝらまた炉の〟ところ篭こ行くまで&こ圧ヵ奮下ヵ翼る可能性 はぁるんでずヵゝ・ " 。回答者 でずヵゝら、 チ=ッキ弁ヵ膏ぁるゎけでずね・ こっちの圧ヵ3高轟ナれぱ、 こっち側の 圧ヵ耆髙〟丶方ヵゝら入るし、' こっちヵ寶高~`とき鬱‡こっちGこ戻さな~`、 止めてしまう と~`ぅ、 こ ぅ〝丶ぅノ〟ノレプでずヵゝら〝 ~ ・ _ 〟 ・ 〟 〇質問者 未ムの素人の考ぇで、 これ轟まどぅ~丶ぅ状況なんでナヵゝ〟 計測ずるゝ DDFP の性能 を言うときの吐出圧ヵ輩5キロ、 6'キロと〝}丶ぅの警ま、 炉轟こ入る段階での圧ヵ輩、 そこヵ賽今回、 6 と~`うことでずヵゝ〝 ' _ 。回答者 そぅでず。 DDのもの轟ま轟ーjーこ圧カ叶ヵ饗っ〟丶て~`るゎじナで繍まプょ・~`んでず・ でずヵゝ ら、` 通常のポンプ性能ヵゝら言ぅ と、 実際、 仕出圧轟まそれぐら~`で、 チェッキ弁の攻り合~` のところで; 流れ_ヵ蔑な縄ナれぱ圧ヵ3込もって~`まずヵゝら、 同じ圧力ブょんです' 流れヵ耆出た途 端iこ最大圧損分ヵ$出てきまずヵゝら、 そ〝このノ〟ランスヵ3出てく るんでず轟ナれども、 ~`ずれーこ しても、テェッキ弁のここの'Kィ ントで、どっちの圧カヵ賽髙~丶ヵゝとし丶ぅだ”&ナの話ですヵゝら・ ポンプそのものの吐出圧と言って~丶るのGま、 ここ轟まどぅヵゝゎヵゝ'り ません。 圧カ計もぁるゎ 轟ナで}‡な~`でづ~ヵ〝ら。 ただし、 DD の〟ポンプそのものの此出圧ヵ零せ〟丶ぜ~`5キロ、 6キd ぐらb`でずヵゝら` 成り行きゾょんですょ。 ここの圧カノ寄ランスGこっ~`てーま・ 〇質問者 そうすると、 このDDF寶 とし`ぅの縄ま、 水源ヵゝらの水もそぅだし、 吐出圧の点〝 ーこぉ~`てもそうなので、 所長として警ま、 この前ヵゝらおっ しゃって~`る轟ナれども、 そんな&こ _'信を置~丶て~`なヵゝっナごと~`うの簾ま、 これで負をヵゝ馨ナるの轟まブょヵゝなヵゝ厳し~`だろう と“ ~〇回答者 ・厳し~`。 ' 〇・質問者~ 案際、 最後の方の流れを見ると、 この状況轟ま~7キロヵゝら 4ー'キロ贄こ炉圧ヵ奮上ヵ婁 ってきて~丶て、_ どぅ ・… ~“^“〝~遭〝〝_〝静 さんの話だと、 消防のポンプヵ奮ユ0キロ以上ぁるんでーまな ~`ヵ〝と影丶ぅょぅな剖~分もぁって、_ そぅゼぁれ}ま、 そちらの方で切り巷ぇてゃって~丶Gナ繍ま` ぁる~`は滅圧操作してし丶縄ナぱ入るので}まな~丶ヵゝと~`ぅ ところで、 消防~とヵゝを監して~*る - 攣 さん轟こべてくれプょ~`ヵゝと~`うょうプょ、 このころの話轟こブょって~`ると~`ぅことなん でずね・ 。回答者 そぅです〝 _ 〇質關者 その决ヵ黄、それヵ〝ら〟40分ぐら〟丶ナこっナこ5時44分〝ろのお話で、このころヵ〝ら` 梢火栓とヵゝ消火ポンプ〝とヵゝ、 注`水の関係の話で、 梅水を入れるとヵゝ、 淡水}こずるとヵゝ~`ぅ ” 話ヵ輩これヵ〝らずっと続~`て~`くんですじナれども、 これを聞し丶て嚇丶ナこだきまず~ので、 まず、 5時4彙分ヵゝらのものをお~`〟丶たしまず。
  4. 4. (録画部分) . ・ 〝 ^ 「藝'ま、 でっヵ〝〝`消火栓@タンクヵ奮全部空で丶 2~3立米のものしヵゝ残って〟丶プょ巖丶んです一 よ“ 海水カゝらタンク~丶っば〟丶来てし丶るんでず縄ナれど“も、 どう しまず」 「もぅ海水入れてしまうしヵゝプょ~`でしょ'う」 〇回答者 これ}[でずね・ 〝 〇質問者 ーさんですヵゝ〝 止めてもらって~`~`ですヵゝ。 ネさん巖ま吉田所長のGこ 座っておられナこんでずね。 これーま` 寶肖火栓とヵゝ消火ポンプGま問ーこ合うんだiナれども` 水源 ヵ3、 「でっヵゝしゝ消火栓のタンクヵ零空でJ とv丶ぅ、 この 「でっヵゝ~`消火栓のクンクJ とし丶ぅ の ーま〟 ' 。回答者 これ鬱ま多分、 防火水槽のことを言って〟ゝるんナ董と思うんでず。 〇質問者 縄ろ過水タンクで…‡なくて、 防火水〝 。回答者 轟‡~`〝 。慣鵬臂者 それヵ賓もぅ 2~3露 分`しヵゝなレ丶と〝 水カ讐な~`んだったら、 もぅ海水入れる しヵゝ な〟丶ナどろう と'~`ぅょうなところGこなっナこんでずね。 〇回答者 Gま~`” 〇質閲者 これー‡3号への注水の関係をずっと話してャ丶る揖面でずね〝 〇回答者 轟ま~丶。 〇質問者 で巌ま、 ちょっと語カ3飛んで、 3且 ー3 日の6時ェ4分と手書きで薔~丶て_あるとこ ろ、 05のところですね。 (面部分) 「今、 言って麟丶るのー‡、 各藝]達}ま、 今、 予想で'ま5時30分と言って〟`るんナどGナれども` 3号機繍ま至j達してし丶るんでずヵゝと~丶う問プょんナ三ーナれども」 。問者 この後でずね〝 'この次ヵ糞大体、 6峙43分とヵゝ、 そのころヵゝらですね。 (録面部分)^ 〟 ' .〟 「吉田さん。 ドラィ ゥェノレ圧カを今の状況でも ぅー度兄肛して、 弓ーき続きベン ト〝の時聞の 再評価しまず」 “ ' 「緊急です。 緊急割り込辣〝 酢、 溺〝~吉田所長、 吉田所長` 聞こぇますヵゝ」 「吉 田さん。 吉田所長J 「〝‡~丶、 吉田でずJ 「首相官邸ヵゝら話ヵ=ヵゝってし`るんで、 鯉賠転送}しますんで」 「繍‡~`〟 どこ轟こ」 「吉田さんのピッチGこ」
  5. 5. 「内線の峰菱二工'縄:主縄_{ Gこおレ丶します〝 〝暮二,ぇ,ご二〟}`二~ ~”〟 “璽 寶〟主~遭 含_~^〝~ `.・・'す† ~声峰 「サィ トさん、 通話っブょヵ3りましナこヵゝ。 サ トさん、 今、 本店でず轟ナれど》も、 今、 保安院 の緊対室ヵゝら汁ょんです贄ナれ~ども、 ラプチャ~騒こ、 し丶v丶でずヵゝ」 「轟ま〟丶、 どうぞJ 「ラプチャー響こ頼ると、 べントするのヵ貪遅れて、 ヵゝプょり燃料損傷のぺント賽こどんどんナょっ てしまうので、 今ヵゝらもうラプチャーを破し丶てお〟丶て丿〝ノレブ開繍ナると~丶ぅことろま、 今、 対 応可能ですヵゝ」 〇回答者 耆まヵゝな質怯『ナミね、 これ巌ま本当Gこ。 技術わヵゝって~`ブょし丶、 この繍まカ〝ヵ軍。 〇質晶守者 この破るとし丶うの簾ま可能プょんですヵゝ。 〇回答者 でき菫せんょ、 こんゾょの、 外カゝら。 轟まヵゝじゃなし丶ヵゝ。 (録画部分) 「済みません、 今、 A。弁を開攫ナるナこめ蜃こ鋭意努カしてし丶ます。 あと 30分く~らし丶ナごと思し丶 ます」 縄 「早くぺン ト しブこって、 燃料れる量棗こ変ゎり轟まな~丶ょ」 「技材壷班ヵ=らでず“ 現在の ドラィ ウェノレ圧力の推移ヵゝら、 最高使用圧力と疇良界圧カを、 最 高仕様圧カそま7時50分、 疇良界圧カ}ま ー3時30分の予定です。 非常轟こ上昇速度ヵ奮早し丶状況 でず」 _ 「済みません丶 もう「度確認させてし丶ナこナ三きますと、 ー F一3の最高使用圧の勢」達ヵ嘉8時 半ヵゝら 7時50分蜃こ変更と.し丶ぅことでよろしし丶でずヵゝ」 「7時50分}こ変吏で。エくです〝 工Fー3の最髙使用圧力の興]達」 「もぅ一度榊旦認でず響ナれども、 BCVの最高使用圧ヵ37時50分、 疇良界ヵ享 ー3時30分とし丶う ことでょろしし丶でしょうヵゝ」 「結構です」 「ぺン トの夕ト{こ行ヵ〝れるの繍‡、 ぁと 30分ぐらし丶ヵゝヵゝるとシ丶う ことでよろし〟丶ですヵゝね」 「聞こぇな~`〝 何と言ってし丶るの」 「30分く〝らし丶と~`うことで結栂でず」 「了猶諺」 「官邸ヵゝら、 海水を使う と《し丶ぅ判j断をずるの砂ま早過ぎるんで優まブょ~`ヵゝとレ丶う コメン トヵ嘉来 ましナこ。 海水使うとし`ぅことーま、 もう廃炉}こずるとし丶うょうブょことGこっブょヵ3るナ三ろうと` こう〟丶う扈舌で、 極力、 ろ過水汁より要工水を使うことを考えてくれと_」 「指示轟こ従って、 ろ過水ナご轟ナで入れられるところヵゝらとし丶ぅことで、 休憩を取りまして、 それで竄唄决行きまず」 〇質桔弓者 ここで一回止めておきますね。 今、 注水とぺントヵ享まさーこ入り舌Lれてレ丶るょぅ
  6. 6. 〉 寶 ~` 二〝}} 牽“野管`、跚ご唾壺劉慧顛鱧“.〟〟(了. ; 』 L》 揃繍嬲 逸g〟縄 壷繍ょ跚應離 《ぬ』,』 个『 ; ゥノ腕洲減独軸ゝ 了~ぬ^ゝん…厭ず繝〟』 す甘 ヰ伽漉埴灘甥融寅劇幌〝 働諭蘆{掘輔 竜繍 翔}@~誉 離壷請褻墾 i言ニ ~ ナ†菱羅 亀ー 'ー { 」 薩'警“鵠麿雹輔ゝ 麦團霞『嚢《零賞,,壽~麦…ニ' 鱗髑礁〟 離塞髑獅朧剛頴蜩噛蟲軸鱗離繭濃鱗} ~『 牛馴繧「峻餡 闘隷亀 寶蘆離ゞ魍鋤館〝寶熨顧偶 襦 寶 塁 歪, 甦 痲 〝j0 團^g〝 ず璧 寶餓ゝ・ 麟隷護熨退豊“ー ー 國疆幅陽罰 暑鰯讃顧} 詔 鰯瀬〟薗邸居醜館ゝ 糟誉軸臨崗嘲瑚誤帥尋萱暉}「〝 f }奇 〝~ 卦艸}{ 房羞遍 鋤離 顔藏牽 ~〝 牢 ]離鱗f繍 土璧腱 囗燭詰盛葦麟離 漉、 嗣麟鰯離〝“~竜ム離也鐵繍階`ゝ「囗灣 髄~顔纈織嘲鬱~ ~}骨量璽墨 鰹{}青塾〟』 ヲ蘆寶臓弄瑯眞茎蹄獅是ヱ鯛軸芳基暮}g 篭餓胸学瞳譚譜鱧瀞識蘆 桑蘆鮑航輔繍 }`空 亨寶-譬 `真嘗ゞ 闘蘆貢蹴崖帥興壷瞰勧旛 “繍篇〝 「卿~『譬 〝一 ・…}寶 '『 璽童 ^ニ畳享胸邑ゝ脚厘 `褻絢蹴繭蓋跚誇』^〟ぬ} 琶繝萃雇競輔嘲ノ鵬'@ 寶瀬鬱瀞驛f~纐慧璽賃麦〝主~†す ~〝箏〝・ 〟霞顧 鵬嬲鱗嚢靱^働綴}す倒鱗壌座鱧融失騒窩繍 童 す【 '量董 藝鵬識勧寶蓮ふ褻〝 璽智朧奮礒 嘔『慣ー講弄縄』墨量亀す 縄 ~〝量 寶縄〝寶蒙 〝て醜騒 謳纉遷遜鮑鐵寶學{縄嬲蓄寶鐵塁ヱ嚢亀〟} ゅ鵬璧〝 璽疆史す憂司互迫邉齠露勘鰯箏鱈萱ぎ聾繍〝尋軸}計橈謡 藝立顧ー譲闘亘蟲欝群菫甦rて韓三跚篁樋國〝褻識薄竜』童璽〝壷 〔鬱朧?蘆讃離鮑嚥 ~壷篇 離鮒纈寅藺ア曇} 雹魎量勅鰯票遺~峨言蘆季醤 誓{華離輔すニ粤眞ア離麟褻闘ゝ} 〕`壺 臍邁舗號ざ〕毒こず〝〝〝訃 '} 峨離罵鵬壷鎮嬲 朧朧翼檻言〝〝 “ニ〝=亨陛顧〝 熱〝 “'軋 〟-, 〝 }_〝〝璽鱚鱗 『疆雷撃鵬〟蠅;屋= 〝鰯縄蠅蒼鰯蘆繍繍里ニiゝ濃護褻〝嘉鵬腱瞰陶胴宣天邉 遍豊F鬱麩纈 静藝(潮鍵纈寶岬蟹峨壺繍 鵬顧璧 ~鞠峻』學興寶軸讃剛腱輸爛渥輻壷綱偉遷遷す謹茅舞遮 腕き醍輔跚贈爛菖}蓼縄 暇畳 鬱墨奪璽輸瀋~琶挺柱鱗〝闕遙 鰯}邉鍼憧縄、 }型 瀞臓彙 甕鱗蘆讐~曹〝亘糟一ゝ 脅瀞醗蟹卿績輔腫 す^ ,魍瀞瀋 掴蓑鰯ゝ諺鮨 鵬灘鎮圃闕腱灌獨寶闕藺扈邊〟 融顧甫悪富季圏』迂ヵ寶聾?避蟻壷寶~鼻壽鐵尋〝 }崇離膠 '霧参 齔 嗣憧 遺嚥 楓髄願灘瞰壷'岬薔=造ヱ蟹丶ゝ 寶._…麦工 ・〝}管〝〟" 〝二繍醜聯讐牽 驛洲瀬; ~ 〝 葦,`〟請雹簿融憧奪壷邁潅鵬涸態〟鰯添~L ~跚繍繍 縄墨観請戮!趣薫慣鬱褻輻輔鱧謗旛磁跚` ニ}““}}` `静菫~肺~寶團縄瀞鞠 盧蟲賽醸邂扈跚寶願醒》〝諭畔譲垂鶴醜獨諏陶瞭鵬濃詣舗繍” 声璽帥謳跚 鮑趣澱踵圓}i醸鵬縄》 」ヾ誰跚翻漑醒t~壷誓{蕾声`ゝ 蟲實醒縮陶亮〟 羞璽壽髄ク醒贈躍寶~`〝 雰陶ゝ 譲胴衝 〝二_ ' “〝`飼踊隷退'雹鵬隷雹 蕾二遷 髑扇ヾ' 純聯讐柳藻鵬嘲鞠籠責闘}靡鴨野隷誓蕾敏 識野隷鍾 朧 宣諫 繍† 〟・ 〇璽嘲臨卿〟鍾鱧斎麺膚`璽歴," 匿〟崖;ヱ厨朧腕亨《ず^ヲ蘆讐渾`聯離 〝〝』繍嶼至漕靄 }遇^鬱 灌纈顧顧 二〝鯛璽《遷ニ〝菖乱極醤箇}〝壷ア蒼竄嚢雇闘潅戴ゑ動糧蕾竜殻』〟 喜†董嶽@ 鱗嬲牽寶?鰐ノ腕鏑狩臓耀纈 セ藝磋ユす爵毒 量畿謂謹遷繝昼諺瞰膚 帥 ー肩{憧卿團凄蒼遜瀬g 融冲塵嶼縄 國瞰賀涼蒙墨蕁柳膚關乞蘆鯨ゝゝ} 〟」〝帥 闥願燭離牌聴〝團^儚圃猫髄椰離嘲蘆)掻『〟葬擢}攫警量 箇=…藪輝'蝉庵 `套 鵬蠅丿離 篭蘆峨苛鋼跚野衝ゾ機掴麦麦蔓= 團 蓼 , ー 攪脾韓 置=~輔 '帯魏昆簾灘瀕隷鎌漉鬆管`蓑財槇ゝ 疇( 藝[頼遭褻麦嗣退昆鶴準衝~麦鞄“'鍵 藝堀閤潮 牛'〝 離離縄 葦詔繍一濃舘麟噛脚鮑・《濃 朧房蓋 璧贄醐睡」ェ亭邂…ー罰瞰蕾 顧綱鯖緯舞暇鞠 す _す 輔塞 誕欄禮 摺崑讐観魍薯綱鱧縄輔暮寶g }軸蕾賓癬纈鵬』菖』〟墾{蘆鵬鮮蘆~壺〝壷〟丶 遭蟲`譬
  7. 7. 機の水素爆発の前でぁることも關違~`プょ~丶です。 そのタィ ミングで官邸とホッ トラインを ~つく りましょぅと愛`ぅ話ヵ3ぁっナこんでずね。 ・ ・ 。質問者 ちなみ縄こ、 今、 秘官と出てき〝アこの鬱‡、 何て)丶ぅ方ヵ〝覚ぇて~`まずヵゝ。 〇回答者 そのときの秘書官}‡、 その後邁ヵゝヵ〝ってきナこの巌ま何と言ったヵゝブょ” 。質問者 それ}ま細野さんの秘でずね。 〇回答者 紬野さんの秘薔官。 。質問者 総理秘官で饗まなくて。 ` 〇回答者 そぅでfまな~`でず。 結局、 細'野さん〝ヵ輩全部っナょぎをするヵゝらと~丶う ことで,・ 途 中で秘書官ヵ實随分増ぇたヵゝら。 結局` 秘薯官轟こ話兵.て、 と&こヵゝく ここ'‡未ム〟も・頭の中で、 忘れた~丶のヵゝどうヵゝゎヵゝらな~`んですじナれども、饗まとんど残って~丶なレ`んですょ、記憶で。 ナィ トゥさんヵゝプょ。 「ナィ トゥの補佐官、 秘官」 と書~`てぁるヵゝら。 補佐官のときの秘 書官ですヵゝら、 ナィ トゥさんヵ〝ナょ。 ' 〇質問者 でG‡、 このとき}ま武黒さん縄ま官邸警こ、 こ・の時期&ま詰められて~`るんでずヵゝ。 〇回答者 出て〟`ナこと思し丶まず。 〇實問者 武黒さんヵゝ、 ぁと'ま'、 ぁると したら` 可能性、 選択肢と してーま、 細野さんとし丶 ラ場合もぁりオ尋るんでずヵゝ。 , 〇回答者 ぁり得ると思ぅんでず〝 だーナれども〝'細野さんと海水を入れる、 ・入れブょ~`の` 其水ヵゝ、 ぁれヵゝと〝丶う詰をしたことヵ輩プょ~`。 記憶【こーまゃ轟‡りなし~`んでずょ” 細野さんとの 会渥舌を思~`出ずとですね。 . 〇質閲者 で&ま、- 縄まヵゝの、 それ以外の、 碗]えぱ〟 この辺ナごと、 話の内容ヵ〝らして` 廃炉だ _ 云々 としゞう話Gこプょると、 原テカ安全委貴会の人とヵゝ、 そぅ~`ぅょぅナょ人の可能性}まぁ.りま “ ずヵ〝〟 〇回答者 なレ丶でずね“ 〇質問者 ・それ轟まゾょ〟丶んでずね。 〇回答者 そのときの~`ろんプょ丿〟クーンヵ奮ぁったんでず篆ナれども、 細野さん&こニちらヵゝら 詰一ずると、 細野さんヵ3昔‡甘のゎきーこ~`て、 安全委員長ヵ奮し丶たりずるょぅブょところ'轟こもヵ〝 ヵゝるときもぁりまずし、 細咀fさんヵ3ー人のところ轟こヵ〝ヵ=るこ~ともぁるとし丶うょぅな状況ナ三 っブこんで、' こ'のと'きヵ翠どう~`繍う状況ナ董っ.たカゝg ここカゝら}まヵゝ鬱ナて蹄`ませんヵゝら、 向こうヵ〝 ら回ってきナこんで、 多分、 官邸で武黒ヵ膏携帯使ぇゾょ該丶、 どこ轟こ〝レ`たヵ〝、 未ム轟まゎヵゝらブょ~丶ん でナ~ナれども丶 ま'疆}{ヵ'武黒だと思ぅんでず饗ナれども、 霞話取ってし`ナこと'‡思うんで ナょ。 そこヵゝらナごれヵゝ縄こ回しブこヵゝ、 武黒ヵゝらの指示ナごったヵ〝'ま本当轟こ鱒憶ヵ耆ゾょ~丶です。 〇質問者 で縄ま、 ーさんヵゝら代ゎった人ヵ3殲`るゎ蒼ナでずねa 。回答者 多分、 ー簾まっなぎしヵゝできませんので、 海水ヵゝら真水嚢こしろとヵゝ、 そぅ~`ぅ こと縄ま彼のロヵ〝ら縄ま多分プ糞くて、 言ぇるとすると、 うちの派遺者で言ぅ と武黒ヵゝらの指示 ーこゾょりまずし、 そうでなレ丶とずる と、 可能性と して縄ま竈机野さんヵ3ぉっしゃったヵゝく・らし丶し ヵゝブょ~`んでず〝そのときGこ繍ま安全麦膠会の方と話を した記憶だ搬ナ警ま衆ょし丶でずヵゝら〝ナ董ヵゝら、
  8. 8. 二者を択ーずると、 ・まナ三そのとき` 武黒だったのヵゝなと~`ぅ。 〇質問者 の方ヵ奮記憶じま強~`とレ丶ぅ形〝 保安院^とヵゝ、' そぅ麟丶ぅ可能性轟ま〟 。回答者 ブょ~`です“ 保安院の人と縄‡話iまして~ゝブょヵゝっナこ' 〇質問者 直接'ました肥億嚢まなシ丶んでずヵゝ。 。回答者 ちょっと待ってくださ~`ね。 一回、 安井さんヵ輩話&こ登楊してし丶た記憶'昆まちょ' こっとぁるんでナょ。 安井さんヵ膏出てきたタィ ミングヵ3ここだったヵゝどぅヵゝー‡記憶ヵ輩定ヵゝ でプょ~丶。 私の記憶で、 官邸と しゃべっナこの要ま、 ジャッジ賽こ係る部分Gま武'黒でず・ それヵゝら、 報告だとヵゝ、 官邸の状況で、 これ縄‡どうなんだと~`ぅ質閲}こ関して}‡` 細野さんと、 細野 さんヵ3館話を代ゎって菅首相ヵ3出てきナこと〟丶ぅのもぁります〝 ちょっと待ってくナ董さし丶、 薔ヵ費ぉ話ヵ奮ぁりますヵゝらと~`ぅこと〝で、 菅さんヵ零出て` ー回だーナ枝野さんヵ$出てきナこょぅ な肥憧ヵ3ぁりまず〝 それ以外で、 それーま2号機のもぅちょっと後ですじナれども、 2号機の 滅圧注入のとき}こもろGこ出てきます轟ナれども、 斑_目先生ヵ翼来たと~`ぅのヵ3ぁりまず〝 それ で、 中Gこ安井さんヵ3一回ぐらし丶登場した~ょぅな記憶轟まぁるんで・†ヵ輩、 それーまここヵゝどうヵゝ ヵ輩ゎヵゝら'プょ殲`。 〝 〇質=團者 で旺ま、. 何を脂したヵゝも余り肥憶ヵ奮プょレ`・ 〇回答者 記憶ヵ輩な~`。 。質問者 枝野さんー‡〟 ・. ` 。回答者 枝野さん}の話じま,、 ここで搬まプょヵ〝ったでず〝 何ヵゝ知らブょ~丶轟ナれども、 何ヵゝ闔し丶て きたんですょ' 細野さん経由で、 枝野さんヵ輩ちょろと問ヵ3ぁるんでと言って〝 大しナこ話 ではなくて、 現鰯の状況で、 こぅ~丶ぅことで~丶~`んでずヵゝみナこ~`汁よ、 多分、 プレスをされ る前簾こ、ちょっと現拐の確とD丶ぅので電話をヵ=じナてこられたょぅな話なんで`璽する轟こ` こぅ しろ、 あぁしろと~`ぅ指示で繍まブょくて・ 。質匠轟者 事実確認〝 〇回答者 事実認の話カ遭エ回ぁゅたょぅブょ気ヵ3ずる} 〇質闔者 菅さん繍ま・ 〇回審者 曹さん轟まどっちヵゝと~`ぅ と慣問でず。 水素燥発轟ま“どラ〟`ぅメヵニズムで起こる んだと〝`ぅこととヵゝ、 それ繍‡水蒸気爆発と遠うのヵゝとヵ〝し`ぅ崔ぅブ;御燐鵬をブょさ彡て~`ナニ のヵ輩ー点でずね・ ・ それヵゝら、菅さん自身ヵ奮首って~`るの簾‡、菅さんのゎき_i董B比唖さんと〟丶ぅ参与ヵg〟丶て、 ぁと、〟福井大学の團"学長ヵ奮~丶て、 B阨の樺造ヵゝら~`ぅて、 除熱をずる、 喪ずる&こ、 原子 炉の熱を取ると~`ぅ とき縄こ、 ターピン伽ー響こ回して熱を取れな~`のヵ〟と、 蒸気をでずね〟 ご' く初歩的プょ質問を菅さんヵ奮して、 未ムヵ耆脱ー児をし始めアこら` ちょっと待ってくれ、 その質問 欟ま日比野さんヵ耆して〟丶るヵゝら_と~`ぅことで、 日比國fさん響こイ蕾ゎって、 緒構忙し~丶ときブごっ 'たんナ奮と思う~んだ繍ナれども、 るる、 B跚の柵造とし丶ぅのーま、 こぅ〟~`ぅ事故時ーこ、 蒸気と 言っても汚れた蒸気ですヵゝら` そうレ丶ぅものをターピンで冷ベ縄すと〝丶ぅこと&こ縄まなってし丶 なくて、 事故時轟こじま格納容器を全部鵬疇縫して閉じ込めてぉく とレ丶ぅのヵ賽股す計の基木仕様だ
  9. 9. ヵゝら、 この段階でターピンの除熱機能ア奮とヵゝ、 ターピンを介して復水器の取りっGナナょどーま 使ぇませんとし丶ぅ御説朋をしたと。 それ鬱‡菅さん経由で、 菅さんのゎきの参与}こ言った〝 それヵ奮2点'でしょ ぅ。^ _ ・ _ 4回ぐら~`蒼さんヵ弯出てきたんでず。 も う〝点轟‡、 これ巌ままた結機微ゾょ話と言っナこら おヵゝし~`んです&ナれども、 警戒区域と避区城、 20価、 30帥の話轟こっし丶て、 こぅ決めた 'ナれ'ども、 所長轟まどぅ思うみた~`ブょ話をしてきナこんです。 知りませんと。 こっち}ま事故操 イ債でぁれプょんで、 どれく'ら~丶飛散ずるヵ=と〟丶ぅ話轟ま、 こちらで託算してし丶るゎGナで轟まな~` 〟んで、 申し訳な・〟丶(ナれども、 そこ鬱まわヵゝら汁ょ~`…~`う・ことですね。 本店ナょり、 そちら佃]の 解析して~`るところで評価してくれと、現揖の璃五断で}まプょ~丶とし丶ぅこと}ま申し上ーテま しナこ。 〇質闔者 これ}ま本店ーこヵゝヵ〝ってきて、 本店ヵゝら回されると~`う感じなんでずヵゝ〟 。回答者 そぅです・ 大体そぅ麟}ぅ丿レート〝で、ー}こ、 固定話の方Gこ本店経由でヵゝヵゝっ てくる〟・ ~ _ 〝 〇質問者 菅さんヵゝらの電話と~`ぅの膠ま、 質問みた~丶ブょ感じ. こ ぅ しろとヵゝv.丶.ぅ意味で(ま~ プょくて〝 〇回答者 そぅですね〝 菅さんヵゝら直接こぅ しろと~`う指示をもらっナここと鬱‡な~`でず。 どちらヵ$と~`ぅ と質橘弓で` 今、 自分轟まこぅレ`・ぅことを考ぇてし`る縄ナれどもとヵゝ; さっきの ・ 水素爆発で、 こぅ~`ぅ事象&まどう~丶うこととヵ〝、 主として質閾でずね" 紬野“さんと鬱ま何回もゃり と り して~`るんです轟士れども、 細野さん}こ繍ま、 こちらヵゝら電話 ずると~き}ま、 現揚の状況で'すね。 先ーまどの3号機の発も”そうです轟ナれども、 今、 こぅな ってし丶まずとヵ〝、ちょっと トランジェントヵ責ぁったとき轟こ、こんな状況でずと~丶うことを、 こちらカゝら現拐の状況を、 勿瞼丶 テレビ会でも発話ずるんでずじナれども、 発話した後、 こんプょ癌ぅ轟こプょって~`まずと~丶ぅお話をすると“ 向こぅヵゝらもゃ縄まり質問てずね。 向こう で瞼して~丶て、現場ヵ3ど〝ぅ.だとヵゝと~丶ぅ話優こナょったとき憂こ、そこ轟まどうなんでずヵ〝とヵ葦、 ~ どれぐら~`余裕ヵ贅ぁるんですヵゝとヵゝ、 その辺の問ヵ3多ヵゝった。 これヵ奮結構ヒントヵ耆多ヵゝ っナこんで、 どのタイ ミングカゝ覚ぇて~`な~丶んです縄ナれども、 ~丶ずれ轟こしても、 細野さんヵゝ ら'も指示Gまなヵゝったでず。 。質問者 そぅずると` 内容的Gこfま。 ・ _ ・ 〇回答著 だヵゝら、 多分、 武黒ヵゝら、 指示と〝丶ぅ'意味でじま、 ナ奮と思ぅ。 ナ占ヵゝら、 可能性と して、 武黒ヵ琴ェ点と、 そのゎきで安井さんヵゝナごれヵゝヵ=それGご関してぉっしゃった可能性も 杏定できブょ~丶んですiナれども'、 せv丶ぜ~丶絞るとずると、 そんゾょょう,ブょ感じで、 武黒ヵゝ、 そ のゎき姿こ~丶ナこ安井さんとレ丶ぅ'ぐらレ丶しヵゝ考えられゾょレ丶ゾょと~丶う感じなんでず・ _ 〇質問者 ー3 日の6時台“棗こ官邸ヵゝら本店ヘヵゝヵゝって、そ'れヵ膏回されてきて、鯉話を取って、 藝約ずると、 梅水を使ぅ と~`う幣ー断カ膏早過ぎるので轟‡ブょ~`ヵゝと~`ぅ コメントヵ輩来て、 海水 とレ`ぅの篆ま、 それを偵ぅと廃炉ーこすると~丶ぅこと轟こもっヌょヵ奮るだろうし、 極力、'ろ過水と “ヵ=、 水を使ぅこ'とを考ぇてくれとし丶ぅょぅプょ内容ブょゎ〝ナでずね。 〇回答者 ここーま、 申し訳な~`轟ナれども、 この前も話したょう婁こ、 未ムの記憶鬱ま全く欠落し
  10. 10. て)丶ナこので、_ ビデォを見て、 ぁぁ、 そぅだったヵゝなと逆響こ思~`田して〟丶るぐら~`なんで、 本当にだれと電話したヵゝお完全Gこ欠落して~~るんです〝 ですヵゝら、 そこ【ま可能性ナ三&ナの話 しカゝな貶丶です。 ・ ~ 〝 〇質問者 これを見ると、 ェっ前のところで縄ま、 海水を入れてしまぅしヵゝブよ~丶だろぅ と~丶 う、 もう水も・余り残って~・丶ナょし丶ヵゝらと~`ぅところで、 そぅ~`ぅ話轟こブょって~丶たのヵ$` 官邸 ヵゝら電話ヵ零ぁって、 極力、 輿水を使うと~`ぅことを考えてくれと~`ぅことなんで、 ろ過水 ナど嚢ナで入れられるところヵゝらゃって~丶く と〟丶ぅ、 暮ん、 “(' ・'・) ぁれーま入って喩丶ま しブこ縄ナれども、 そぅ髑丶うことで、 急遽、 現拐の人たち繍‡、 恐らくーさんヵゝらだと思ぅ んでずーナれども、 指示ヵ3ぁって、 そこをまナこ変ぇてレ丶ったら〟し~丶です一ね。 防火水クンク }まどこ}こぁるん丈己とレゝう、 瓦れきゃ何ヵ〝でマンホーノレのふた璽賽埋まって~丶たりするんで、 みんな探して遊ゝるらしレ丶_んでずょ・ それで、 こことここ轟ま使ぇるんで}まな~`ヵゝと~"ぅので ' 通してゃっナことレ丶うょうな賠のょぅなんでずね〟 彼らも、 最初つく'って~`ナこのヵ奮急轟こ変わ っナこんで、 〟ょく覚ぇて~`るみナこ〟丶でずね。 ェっーま、 ここ 、 だれヵゝと~`うの警ま、 恐らくタ ・ヶグロさんブょ_り鬱ま御存じブょんでし'ょぅカ〝ら、その辺・ーま聞'ナ~ばまナニゎヵ=ると恩うんで、一応、 こ'ぅ~`ぅ轟舌繍まピデォでぁるゎ縄ナでずヵゝら、 6時47分ころ憂こ^そぅ〝`ぅことヵ3ぁっナニと~`う ことGこブょる〝ゎ繍ナですね〝 それで、 注水のところなんですじナれども、 この沈ヵ3~Q8番〝 これ轟ままナ三淡水を入れて~丶 るころでず鴉。 9時ェ0分のところの話でず〝 _ (録画部分) 「もうべントされて~`るものと'思ゎれナニと。 J〟 「次Gこニのプロジェク トで垂要なの繍ま、 水源 80t しヵ〝なし`ヵゝら、 この 80tヵ奮なく なる前 誉こ、 SL0ブょり、 决のステップを弓ーき入れなし丶と~`巌ナな巌丶。 それヵゝら、 もう「っ饗‡〝、 この8 0tをどんどん増ゃすa 人海戦術でも何でも~丶し丶ヵゝら、 水を~丶ろんなと“ころヵゝら持ってき て、 このタンク}こ入れるとレ丶ぅ作業Gこ移って轟まし~丶んだ。 今、 退避してヵ=ら、 。K?済み 'ません、 3号}こサポーター繍ま。 今、 入れGこ行く-ょ ぅ~}こ指示しました。 80t}こ (~ ・ ・)` ょ ぅ}こ今、 指〝示しましナニ」 「400 キ ロj 「400 キ ロ」 ` 「SLGの方}まスタンノ〟って~丶るんでしょうヵゝ、 ー Fさん」 ・" 「霞LC蒼ままナ暮時間ヵ責ヵゝヵゝるんで、 減圧操作行ったんで、 時間ヵゝヵゝりますJ^ 「それ轟‡並行して、 ~`っでもできるょぅ繍こしてくナ董さ~`J _ 「どちらヵ〝と~丶ぅと、 今の状魍の中で、 メーキャップの水を確イ呆'ずる方ヵ贄現実的だ…思レ丶 ま'ず」 ` ' 「了解。 水の碓保最優先」 「ー Fさん、 済みません、 木店です繍ナれども、 保安院Gご連絡ずる嚢こ当ナこって、 FP を何時
  11. 11. 轟こ注入しナこヵ〝、 時間を教ぇてくナ三さレ丶」 「FP 注入の時閲、 g時何分」 〝 「後で連絡しまず」 「お~丶しまず」 「海水も考ぇな~`と~`Gナプょ'し丶んじゃな~丶の【 これ、 官邸と御相談でずヵゝ」 「済みません。 プラン トの情報のェ個ですけれども、 先&まど申しましブこ (・ ' ・) J 「済みません。 今、 3号機縄‡、 SLG、 曹頭繍ま入れナニんでずヵ3` 海水}まなしで、 真水を集め てきて、 タンクで上ヵ=ら入れっっ、 こっちで繍ま考ぇて~丶まず」 「吉田所長、 水餐まどこヵゝら今、 持ってく るのヵゝ、 ぁる程庚めど轟ま立って~`るんでずヵゝ」 ・ 「例ぇぱ、 模擬プーノレの中Gこ水ヵ貪ぁるで}まな~丶でずヵゝ。 ぁぁレ丶うのを人海戦術とし`ぅヵゝゎ ヵゝらな~`繍ナれども、 丿]丶さ~丶タンク、 (・ ・ ・) ずるゾょり何なり-、 ずぺて使ぇる水を使う と v`ぅことで今、 考ぇて~`まず」 ~ 「昨日の自衛隊ヵ薯3台来てし丶たょうジょものをまナこ頼みま†ヵゝ〟 ォフサィ トセンター」 「それじま朝ヵゝらんで~`るんでず轟ナれど'も、 なヵゝプょヵゝぁれブょんで~ず。 咋日ヵゝら水系警ま整部・ 放出して~`るんだじナれども、 何でも・~`~丶ヵゝら持ってきてGまし~`んですJ 「で轟ま、 オフサィ トセンターでできること縄まJ ^ 「済みません、 ォシサィ トセンターブょんでずヵ弯丶' 昨日、 水を持って途中まで行っナこんでず みナれども、_ そこで爆発を彼ら轟ま実際Gこ目嬢されて~`て、 (・ ・ ・) 持って行ったんでず&ナ れども、' ヵ~なり外部被曝、 汚染ヵ奮ぁって、 自衛隊の方簾まヵゝプょり受餐ナてしまっ,たので、_ そぅ 〝`ぅ意味で、 多分、 自術隊の方ヵ3そっち&こ行く と~`ぅの縄ま し~`状況じこ・ナょりっっぁります」 「本部の繙務斑の暮す'ナれ'ども、 自衛隊饗こっきま_して繍ま、 こちらでも改めて要を ~ してぉりますので、 しぱらくお待ち聯丶ナこナ董きナこ匙丶と,思~`まず〝 窓ロ蕨まォフサィ トセンター を通してゃりますのでJ 〇質闔者 その辺く'ら〝丶ままでちょっと。 これ}ま9"寺 ユ0分ミろの話ですので、・ ちょ ぅ ど 減圧操イ催を して、 9”時 20分響こ水を入れると〝`ぅころの、 間際の話で、'結扁、 〟~`ろ~`ろヵゝ き集ぁてみて、 現"寺点での水源と~`ぅのヵ警80董程度と~`ぅ ところで、 所長の御事]断と して 繍‡、 これヵ實ブょく衆ょる前繍こ、SLG ブょり、伏のステップと~`うことで考ぇておられると〟 まず、 サイ ト内磁こぁる水轟ま何でもヵゝき集めてくると~ゝうことヵ奮ェ点とこ もぅ一っ繍ま、 ょそヵゝら水 を補給ずると~`ぅところで` 何とヵゝプょらな~丶ヵゝと~`ぅことブょんでずね・ 9時過ぎく*らレ丶の ときの水源として、 このとき轟ま、 と りぁぇず官邸の方ヵゝら言われて~丶ることもぁ・って、 ま ず淡水でヵゝき集められるもの轟ま全部ヵ〝き集めると~`ぅことを最優先課題と。 どぅ しても全 部プょくゾょれGま・ 〇回答者` 基本的繍こ、 最初轟こ言ったみナこし丶ーこ` もぅ海水しヵゝプょ〟丶ナ三ろぅ とレ丶ぅの饗ま変ゎっ' て~`汁ょ~`んでず。 ナこナビ、 極カ真水〝でと言ってし丶らっしゃるんで、 真水で対応できる範囲}ま _真水で'ゃりましょぅと~`ぅことヵ奮エ点”〝それヵゝら、 これ巌ま ( ・ ・ ・) Gこブ糞るんです'ナれど ーー
  12. 12. も、 早く_ホゥ酸入れたし丶とし`うのヵ賽ぁった・ ホゥ酸入れるの饗ま淡水でクンクGこ入れた方ヵ3 ゃりゃす~丶のー‡ゃりゃす〝丶〝 =ントロー・丿レしゃす~`〟 それも頭轟こスって~丶たと~丶ぅの}まぁ ると思~丶まず。 だ&ナれども、 どこヵゝで淡水ヵ賽なくブょったら、 海水ーまゃむを得なし丶なと〝丶ぅ の}‡ずっと思~丶っっ、極力、真水努カ、 できる範囲巌ましましょうと、 こぅ~`ぅ〝とですね〝 〇質問者 途中で、 オフサィ トセンター響こぉられる武さんヵ輩、 もう海水も考ぇなくてーま ブょらな~`んで轟まプょ~`のみた~`プょ、 これー‡菅邸〟と御相懺でナヵゝみたレ丶なことをおっしゃって おられるょぅなんでず〝ナれども、 武藤さんも6時以来の経と~`ぅ“のーま御承如なんでずヵゝ ね。 。回答者 と思~丶まずょ〟 武は悔水で~丶〟丶んではな喩`ヵゝと思って~`たょぅブ遭んでず轟ナれ ども、 これをだれヵ琴決定したヵゝ、 ょくゎヵゝ.らなくなってしまってャゝるゎ縄ナでずね〝 官邸ヵゝ らの電話ヵ輩ずぺてぁれして' 武轟まォフサィ〝 トセンタ一Gこ~`まずヵ〝ら、 官邸の意向}まゎヵゝ らな~`ので` 官邸と御相談でずヵ$みた~丶寶ょ=メントをして~`ると思ぅんでずーナれども、 意 思決定者ヵ輩ゎヵゝらゾょ~`と~丶'ぅ状況でずね・ _ 。寶問者 所長はもとも・と悔水を入れょぅ として~`たゎ'ナですね。 官邸の方の指示をした 後、 人ヵ耆現揖Gこ並丶れぱ、 またそこで総理となるでしょ ぅ}ナれども、 “その人自体轟‡官`邸賽こ~` るゎ轟ナだヵ〝ら、 話ヵ奮できブょ~`ゎGナでナね・ 〇回答者 できな~`で†・ _ 。質問者 〝ぁと、 ー号の爆発のころ轟こ}ま自'衛隊ヵ3来られょぅとして~`て、 緒局、 爆発を 目撃して、 ォフサイ トセンクぢーこ戻ってきた' これ'まォフサィ トセンク~繍こ鯖めて~`る' 〟 }〝” さ^んヵゝらさっき贄舌がぁって、 外部被曝を_受轟ナてしまっ七、 自.衛隊ヵ$盧按'ー Fーこ行くの ヵ費ブょヵゝブょヵゝ し鬱丶ヵ〝もしれな~`と・ これ繍ま藝するーこ、 自衛隊Gこ水を蓮んできてもらぅと~` うォべレーションヵ肇ぁって、 それヵ零*ょヵゝなヵ〝愚うょぅ篭こ~丶ヵゝな~`と〝丶うところで` 本部の _ すす〝 さんとし丶'ぅ方ヵ翼、 木都を通じで、 改めて藝腑して~`ると、 窓ロ&‡ォフサィ トセンターを遍して行うんで、 ちょっと待ってくれと〝`ぅニとをおっしゃっておられまず Gナれども、 自衛隊ヵゝら運んでもらぅ水と~`ぅのも、 ェっーま当て込んで~琴るゎGナでずね' 〇回答者 勿。 。質問者 実際` 3号機ヵ奮爆発ずる聞際、 ェ0時53分でしたヵゝ、 5 tのものヵ37台ぐら~丶 来られた、 ぁれー‡まさGこ糞水を持って来られたと~`ぅことプ彙んでずね・ 〇回答者 }ま~丶・ ~ 。質問者 3号機の繭の逆沈弁ピッ トの中&=水を順次補給して~`こ ぅ と した矢先の発だ っナこと~`ぅことーこブょるゎ}ナでずわ。 。回答者 }‡~`。_ 。質問者 そラ したら、 その次ヵ讐、 今慶}‡ ー0=寺08・分ごろでナね。 0g番でずね縄 (鎌画部分) 「消火班ヵゝら遭絡しまず〝 現在の消防車じこょる給水、 3号への給水でず薮ナれども` 750盆 ー2
  13. 13. /mで、 圧カヵ$ 0'75跚aでず」 「團さん、層さん、 ちょっと~`~丶でずヵ=。 3号でぱたぱたして〝`るので、 大変申し訳 な~`んでずGナれども、 2号の準備をしな〝`とし丶&ナなく て、 水の手配と'、 ぁと、 車と~`ぅヵゝ、 ポンプ車の手配とじて〈ださ~`] ・ _ 「それで、 海水ヵ=、 どっち使ぅ〟ヵゝ、 海水使ぅのヵゝ、 淡水使ぅのヵ=で全然対応ヵ3変ゎってし まぅんでずょ」璽 ' 「変ゎると思ぅので、 海水を使ゎざるを得な~`ょうなことブょんだヵゝら (・ ・ ・) 「水とし丶 う 点で}ま海水響こ した方ヵ3、 今、 言丿寶暑らって~`ま・ず轟ナれども、 今のピッ トヵ3」 「~`ゃ、 海水簾ま基木費體轟こ使ゎブょ~`・ だヵゝら今、 一生縣命、 真水を集めて~丶るんで' だヵゝら、 今、~消防庁とヵゝ、 {山台消防署とヵゝ` 来てくれると~`ぅ話ヵ3~丶っ}ま~丶ぁるんでず轟ナれども` ' 情報ぁるの鬱ま千葉支店のエ台しヵゝ、 今、 向ヵゝって~丶な〝丶んでずょ` 実態'ま〟 消防車ヵ'。 と 〟丶ぅことで、 も量エ台、 間もプょくJ _ } 「だヵゝら、 それーまね、 保有して~丶る` それこそぁそこの (・ ・ ・) の水だとヵゝ、 中で~`ろ ~丶ろゃって、 多分` これだ轟ナ行って~丶るヵゝら、 今日、 朋日ぐら〝丶旺こじまざっと来ろと思ぅヵゝ ら、 基本的{こーま水で行く と・・ ょっ旺まど水ヵ3足りプょし丶とき轟ま海水、 ゃむを得な〝~とき轟‡ぁる けれどち、 基木的縄=鬱ま水で行く と、 真水で・ そぅ~`ぅことでゃりた'レ丶と思~丶まナ」 「ゎヵゝりました」 「ちょっとょろし~丶でずヵゝ' 2号のノ〝ラメ丶ー耆ヵ3少しずつ復ー日されてきて、 見ぇるょぅゾょ 状況Gこなってきたんでずょ・ それて、 炉圧、 水位縄ままナごー個しヵゝ見ぇて~`ブょく て、 (・ ' ・) く・ら~`までぁるょぅ&こ見える”んでず轟ナれども、 炉圧ヵ響ずっと下ヵ$り加減で来て〝丶るの と、 RCーq ヵ輩長~`聞回り過ぎて~`ることで、 3本トランジェッ トみた~丶な状況Gこ行く可能 性ヵ$ぁって」 ` 「だヵゝら` 早目&こ沈の注水手段を、 ちゃんと粧{こレ丶て、 どこまで行って~丶るヵゝ、 ~`り複 ー日もとヵゝ、 ナ書れヵ讐何をゃって〝丶るヵ〝、 どこヵ輩鯨題ヵ輩ぁるヵゝと~`ぅのをちゃんと榛~`て、 ・ー〟 っずっ躁題を解決してみん汁ょで共有してゃりましょ ぅ と言ってし丶たJ 「それで、 水の話をしましナこ。 真永で行くんだった'ら、 多分、 し丶ろ~`ろと手團己しな~丶と~丶 巌ナ*ょ~丶と思うんで、 ぉ~`します」 ' 「基本的Gこ、 もぅノj`ー時聞Gこプょるんでず'ナれども、 千葉支店のぎ肖防車を2号尊こぁてヵ奮~`、 スクンノ〝'ィ させょうヵゝなと考ぇて~`まずJ ~〇質闕者 と りぁえず、 この辺りで・ この辺は ー0時08分ごろで、 東電の公表して~`る時 系夙j表との関係で~丶く と、 3号機縄ま ー3 日の ー0・時30分で海水注入を視野篭こ入れて動く と の発所長指示ヵ零ぁって、 それょり もちょっと前のころの話ーこなって~丶て、 も ぅ注水を` 真水をずっと g号機は入れ始めて“~`て、'ぺントなども9時20分の'ところでゃって、 恐ら く このとき'縄まべントヵ肇効~丶て〝`る可能性ヵ讐、 その後のノ〟ラを見ると圧力も下ヵ3って~`って 〟`るので、ぁ覆のヵ〝な*と レ丶ぅ感じの状況カ零ぁって、この辺 喜}〟}〝〔‡隷管 了〝管寶 んヵ奮提起して~`るの縄ま` ー3
  14. 14. 2号の準をもうそろそろしナょ~丶と~`Gナな~`ので轟まプょ~`ヵゝと~`ぅことで、 3号繍ま淡水で行. ったGナれども、 これ轟まと ぅずるんですヵ〝と~丶ぅょうな話で、 淡水ブょのヵゝ` 悔水なのヵゝで、 海水だったら目の前ーこぁる警ナれども` 淡水だとどぅ しても、 3号もゃって、 2号もゃって ーこプょると`〝 すぐーこなくなってしまうんで、 手配をぁらヵゝじめしな巖丶と閲轟こ合ゎな~丶んで轟‡ なし丶ヵゝと~`う問題意職ヵ肇出て~`ますね。 このときーこ所長ヵ$おっしゃってぉられるのヵ奉 「悔 水繍‡基木的Gこ便ゎ'ブょ~丶」 と~`う言葉でぁるとヵ=、 ぁ'と、 塞本的轟こ繍‡水で行く と・ ょーまど水_ ヵ膏足り ブょ~`とき縄ま、 ゃむを得ず海水もぁる轟菱れども、 基本的【こ婆ま水で行く〝 真水で、 そぅ ~丶ぅことでゃりた〟`と思形丶まずとし〟丶うことで、 まず優先的に轟ま輿水とし丶ぅこと轟こ矢ょって~丶 るんでずヵ輩、 そぅ.~`ぅ発冒}こ_至っナこ理由汗ょんです搬ナれども、 そこーま何ヵ3一番。 ” 〝〇回答者 ゃ}まり官邸でず。 〇質問者 それヵ實ゃ鬱まりー番ですヵゝ。 ' - _ 〇回答者 一番でず〝 当初言って~`ナ=ょぅ任こ、 私縄ま海水もゃむをオ尋ずと~丶うのヵ零腹蔦こずっ とぁりまずヵゝら、 坂初ヵゝら海水だろぅ と、 当初言って~`たと思~`ます・ その後Gこ官邸ヵゝら 竄畦ヵ費ぁづて、 何とヵゝしろと聯・)う“話ヵ嘉ぁっナこんで、 頑張れ〝るだーナ水を手配しナょヵ寶らゃりま しょ ぅ と“ ただ、 水の手配じ士ぅちナ奮巌ナでーまできゾょ〝丶んで、 自衛隊も含めてお願~丶しまずよ ' とし` ぅ.形で助し丶て~`ると'~`ぅのヵ賽この時点なんですね。 ぁる程度自衛隊ヵ3~丶てくれれぱ ・水の補'給轟ま可龍でぁるヵゝなと~丶う_ところ、 まナ己期待ヵ輩ぁった時点ブょんで、 梅水iこ切り巷え ると~丶うヵゝ、 そこまでじま思って畦丶プょ~`ど~丶ぅ 祟ごろ、 非常縄こ傲妙ブょ・ところだと思し丶まず。 〇蜜問者 ーさ.んの発言を見ると、 ーさんGこ関してーま; 水と酵丶ぅ念で轟ま海水Gこ_した 方ヵ3ナょどと~`ぅことを言われて、 要ずる伎こ、“ 消防庁.とヵゝ、 イ山台消防とヵゝ、 来てくれると し`ぅ話轟ま~`っぱ~`ぁるんだーナれども、 結局〟 今、 傭報ヵ賽〟ぁるのGま千葉支店のー台で、 現案 轟こ動し丶て~`るの繍まそ'れしヵゝなy丶で縄‡ゾ欝~`ヵゝと~丶ぅ ょぅブょところヵゝら、 これで2号だ、 3号 だ、 両方而儚J見られるゎ'ナヵ輩な砂丶とレ丶ぅことで、 海水と~丶う発言Gこ汁ょったんでしょ ぅ~ナれ ども、 今度来る千葉支店の梢防薯の車繍ま、_ 2号の方儚水源轟菫と り・ぁぇず'ましてとし丶うょぅ なことで、 このとき轟まおっしゃってャ丶るゎ警ナでずね。 所長のと して,繍ま、 それでもう何も な~`と~`うこと婁こなれ篆ま` 海水もゃむブょしと~`ぅこと響こなってレ丶るんでずヵゝ。 。回答者 縄まし丶“ - ~ 。質問者 例ぇぱ、 この辺り、 ー号のときGこ海水を止めろと~"ぅ話ヵ裏ぁったで轟まナょし丶で ずヵゝ' 〝 〇回答者 運続注入。 〇質問者 ユg時4分ころですね' ぁぁ~`ぅ感じで、 其水を入れて~`まずょと言し丶プょヵ費ら海 水を}まん}まん入れるとし丶う考ぇと~`ぅの巌ま“ ' 〇回答者 多分、 皆さん、 そ~う~`ぅ視線ヵ輩ぁると思ぅんです轟ナれども、 このとき轟ままだ真 水をメーキャップすれじま何とヵゝプょるクィ ミンクナごと思って~丶たんですぉ 要する警こ、 連続注 入も、 結局、 メーキャップをずるプょら何とヵゝブょるブビろう と` こぅ〟`ぅふぅなところ。 だヵゝ ら、 腹でー‡、 悔水も` 木当じこ全然ヌーキャップの方法ヵ$なGナれ}ま、 ナピめでずと、 最初、 断 ー4
  15. 15. るんです・ 官邸ヵゝら何言ゎれてもですね。 ナご液ナれども、 まナ占幾っヵゝ発電所の中轟こ真水ヵ富残 って〟`ましたヵ=ら、 (・ ~ ・) の水とヵゝですゎ。 その前}こ論して、 どこ}こ水ヵ輩ぁるんナど と~`〟ぅことで` 技當ーープー丿レの中ーご何百t く'ら~`の水ヵ奮ぁっナこので、 これを遭続でメーキャ ップできプょし丶こと縄まブょモ丶プょとヵゝですね。 その後で、 さっき言ったょぅ婁こ、 外ヵゝらの氷の補 給ですね、〟 自衛隊も含めまして、 これーまずっと前ヵゝら頼んで~`たわ縄ナで、 それヵ3問Gこ合ぇ 轟ま、 そこの真水で何とヵゝできるだろぅ とし丶ぅ、 ぁる意味、 見通しと、 2っぁったんで、 そ こ}‡官邸のところも、 多分、 私ーま申し上縄ずナこと思ぅ・ 水}まこれだ轟ナしヵゝなし丶とし`ぅ中でメ ーキャップしてし`く しヵゝな~`と〟 内容ー‡党えてレ丶なレ丶んでず縄ナれども` これヵゝら先、 真水 ヵ3供給できるなら真水もぁるょと~丶ぅ話を多分したんだと愚ぅんでず。 そのとき}こ、 中で 嗣遠できる水縄まさっ'き言っナこよう響こ技司ーープ「ノレの水しヵゝなし丶し、 外'カゝら}ま自衛隊ヵ3水をメ ーキャップしてくれると~`うょぅゾょ話ヵ翼ぁるので、 何とヵゝ行轟ナるんで'まな~`ヵゝと、 こう思 って~`ナこんでず〝 ` でずヵ〝ら、 ・前の日の時点で轟ま、 ー号と してーまメーキャップもできブょ〟丶状態で、 真水を使 ぇプょ~丶んで` 海水でゃりますと、 これも腹決めて、~海水を注入し始めた。 それ簾まもぅ廃炉 も何も関係なく て、 廃炉だと。 水を注入してし丶ると。 これをゃめ覆と~`ぅの轟‡ぉヵゝしし丶で しょ うと。 ゃっと始まったの肇こ、 もっとひど〟丶状態}こプょる。 それヵゝら、 もぅ一っ言う と、 ~丶っまでゃめるのヵゝと酵丶ぅ指示ヵ葦ジょ彫丶ゎ繍ナでず・ 注水停止 しろと言っても、 何時問停止ずるヵゝ、 この時点でゎヵゝらプょし`のGこ、 注水しな~`状旗でずっ と放っておくの&ま非常轟こ怖~`〝 でずヵゝら、 当然、 うるさ~`と。 頭なヵ肇ら無視と〝丶ぅこ・とで、 中断しな~`で統'ナた。 ここ縄ままだ水ヵ讐、 メーキャップヵ奮できる可能性ヵ寓ぁるんで、 ィ可とヵゝ 中断しナょし丶でできる範囲簾‡真水を集めてゃろぅで簾まなし丶ヵゝと~~`ぅ考ぇ方で'ずヵゝら、 そこ}ま ーそんープょ轟こ丶 海水をどんどんやると~丶う、 前の日の状況と轟ま違う〟 〇質問者 要する贄こ、 これをゎヵ〝りゃずく縄官ぅ と、 メーキャップずるーヒ繍ま梢防車ヵ膏必`喪、 来るゎ轟ナでずね。 あ^のとき轟こ使ぇて)丶た梢防車”季数より も増ぇてきまずね' 3月 ーs 日轟こ ブょれ轟ま、 柏崎とヵゝヵゝらも応援の軍ヵ賽来て、 そぅずると、 メーキャップずるときGこ、伊ーぇ縄ま、 ェ号機のときとし丶ぅのは、_本当篭こF良られナこところで、 消防華ェ台でゃったり、 非常'}こ限ら れて嚇丶た戦ヵでゃって~`た” 伊]ぇ〝繍ま、 2号機とヵ=3号機のリアクターピノレの防火水とヵ〝 _ ヵゝら連統注水で持_ってこょう と しても、 そこまでできるヵゝと~丶う問も_出てきまずね・ そ れヵ奮3号機贄こプょってく ると、 ラィ ンナップGこ必`栗プょ贅機材ブょども増ぇてきて、 それを可能 ゾょF良りっくってし`蜃ナ饗ま、. 何とヵ=~`ろんプょところヵゝら残って~丶るものをヵゝき菓めてくれぱ、 ぁる程度蜃まできるんで繍まテょ~丶ヵゝと。 ナニだ、 そのイ蒔ゎり、 自衛梢防隊とヵ〝、 南朋興産の_人た ちのイ催業と_~丶ラの鬱ま、〝高線量の中で、 'そぅ~`ぅイ偕業を強〝丶られ^ると~丶ぅ過酷ゾょ状況縄‡出ま ずーナれども、 ー応` そぅ~丶ぅラィン構成ブょど轟まゃろぅと思ぇ轟まできると。 そう したら、 官 邸の方ヵゝらも、 真水を使ぇるんだったら、 そっちをまず極カ使ぇと~丶ぅことナごっナこんで、 基本的ーこ巖まそれで、 できる疇良りーま粘ってし丶こうとし丶う、 そぅ~丶ぅころの考ぇ方だったんで ずね〝 ー5
  16. 16. 。回答者 そぅでず〝 _ 〇質問者. では、 その决丶 こ'れGま ー。 時半ぐら形丶ですね” (録面部分) 「 ー Fさんこ 聞こぇますヵゝ〝 木店、 「ーま~`、 聞こぇまず」 「吉'田君のところ樓こも電話行って~丶るヵゝどぅヵゝぁれでずじナれども、 ちょっと状況をし た~`と思~`まナ・ 武黒さん、 ぁる~`荻ま官邸との話です了〝 まず、 ー Fさんーこっ~`てーま、 海水 を入れるとシ丶ぅニとも当然視ー=入れて動くべしとy丶ぅ認をして~`て、 もう海水も入っ て〝`ると~丶ぅょぅブょことも思って聯丶たけれども` と りぁぇず淡水が入ること繍ま悪〟'丶糖でーま ブょくて、 それで、 もぅ海水を入れるぺしと~`ぅ判断で下りて~`ると~`ぅのヵきま'ずエ点・ それヵゝら、武黒さんヵ=ら至急状況を闔きた~`と~丶ぅのは、DD系で入れて~丶る水の量と、 今ぁる量と~`ぅヵ〝ゾょ、 それヵゝら、 股備系でしたヵゝ、 ろ過水を入れて~丶るんだっ轟ナね・ それ ヵ膏何tく'ら~丶ぁって」 ' 「DDヵ讐` 今のところ、 40tx2と~`ぅニとで80tぁりまず」 .「80t・ どのぐら〝〟`もちそうでずヵゝ・ ぉぉょそJ 「大体、 8000 /m、 0'8t/mでずヵ~ら、 80tでずヵゝら、・何〝だ、 ゎヵゝらプょくブょぅ・た」 「だれヵゝ轟ご整理してもらって、 管昆〟す昆静會〝〝會`〝静〝~_ 「それと、 ォーダーだ…ナ言って購きますと、 糞ずるーこ、 今のィ齔学消防車の方ーま、 40tの防 火水相ヵ饗2っ丿〝ックアップで入って~`て、80_tだと。それヵゝら、甘D の消火ポンプの方は、 これ讐‡ろ過水ヵ輩水源なんで、 一応、 800t、 今ぁると言って~`ます」 「ろ過水ヵ輩800t」 ' 「DD のポンプの方巌ま` 消防車ょりも突出圧ヵ3低~丶でずヵゝら、 まず轟士ィヒ学消防車等ヵ賽働~丶 て~`ると~`ぅ状況でず〟 それで、 流量餐ま 800B /mで'ずヵ〝ら`苓の 800tの方ヵゝら言う と、 乱〝量〝工 ず・ ーFさん、 聞〝こぇまずヵゝJ _ 800刊ー8 でずヵゝら、 ー00 ミニッツ近〈〝ぐら~丶の感じブょのヵゝな、 大'体〝^ それで、 今、 水源を 探し轟こ行ってしゝると、 こぅ~丶ぅ状況で†J' 「それGま技敵旺ーのところの水なども入れれ饗ま、 まだ800t ぐら~`}まぁりそぅだと; そんなと, ' ころでしょ ぅヵゝねJ 「ーま~丶J 「今、 海ポの方.轟こっ~丶ての注入準備と〟丶ぅの〟ま」 「ステップ「で、 続ーナて~`まず」 「ステップで、 吊るのを、 横断的&こ縄まどのく ら~~で」 ・ 「ものの2時間ぐら~`で、 イ齔学消防車ヵ輩吊って~`るところの、 防火水槽ヵゝら吊って・〝丶るホ ースをそのまま (・ ・ ・) っ'ナてゃれぱできると`~`うことで、 ー。分もぁれ饗羨できる」 「でーま、 〟丶っでもできる状況〟 淡水も今、 入れて~`るの縄まゃってくださ~ゝ〝 では、 そぅ~` ぅことで、 武黒さん{こ巌‡返しまずが、 ~丶ずれ&こ してもJ
  17. 17. 「吉田さん、 済みません、 今、 計算した縄ナれども、 2時間で}まプょくて、 暮0 時問ですょね〝 今の水源ヵ實枯れるのはJ ' 「違う違う、 それー‡ろ過水込み込みで言って~丶るでしょ う」 「そぅですJ 「未ムヵ輩言っため縄まィ齔学消防車の方ナご縄ナで言ってし丶るJ 「わヵゝりましたJ ” 「ィ齔学消防車だヵゝら、 そっちを専念してゃってし`るんですょJ 「ゎヵ=りましナこ」 「イヒ学消防車、 もうー回確關しまず。 40tx2と〟丶ぅのヵ3{ 苓、 入れる80t〟 それヵゝら、 持っ_てくれ}ま、 40完、 貯槽ヵヌ2ぁると」 「そぅ巖丶うことです。 どんどんここーこ入れるJ 「それ'繍まノ〝ックアップ。 それヵ〝ら、 ろ過水ヵ翼800t_ぁるので、 ろ過水佃ー縄‡カロ圧 (' ・ ・) 轟‡低~丶縄ナれども、 頑張れ縄ま20 時聞く・らレ~縄まもっヵゝもしれヌょv丶」 ' 「そぅ~`ぅことでずJ ・ 「ただしこ 海水の_方ヵ弯、 手早くゃれ3ま、 ー0分でも ー5分でも、 ホース・を海}こっなじずれ憂ま、 ィヒ学消防車の方ヵゝら入れられますょと」 「そう~丶二ぅことでづ・J 「そぅ~丶う認です“ で轟ま、 伝ぇまず。 寄】り込んで済みません。 以上でず」 〇蜃闔者 ここで止まって。 今、 ノj丶森さんヵゝら、 テレヒ・会を通じて~`ろ~`ろと質問みた ~`な形で入ってきてし丶るんですGナれども、 まず、 初贄'こ出ナどしのところで、 状況認をし ナこ~丶と思ぅ とし丶ぅことで、 武黒さん、 官邸との話でずとぁって、 '「ー Fさん控こっ~丶てー‡海 水を入れると~`ぅこと も当然視野}こ入れて動くべしとし丶う職をしてし丶て、 もぅ海水も入 って聯丶ると〟丶ラ~ょうプょことも思って聯丶〝ナこ轟ナれども」 と~`ぅ、 ここの 「,思って~丶た」 と~`う の簾ま、 そのときの話をしてしゝるところでーま、 ノ]丶森さんヵ季そぅ~`ぅふぅーこ,思って~`ナことし丶ぅ こと。 趣旨'…して巌ま〟 〟〟 〇回答者 ゎヵゝらゾょ~"ですね、 これ〟 。質闔者 仮轟ここれ、 武黒さんヵ輩思ってし丶ナこんナ三ったら、 もともと指示しナこの繍まぁなナこで しーょ う、 そっち側でしょ う と〟丶ぅ話'ですね〝 特轟こ、 その後轟こ官邸との問で電賠_をとし`ぅの 轟まなヵゝったですヵゝg~ 〇回答者 ブょヵゝっナこでずね〟 〇質問者 骸丶ずれーま官邸も視野憂こ入れ‡動ヵゝざるを竈尋汁ょ〟`でずょと~`ぅことを、その後の、 ~ 例えーま、 g時半とヵゝ ー0"寺ぐら~`轟こ所長の方ヵゝら御運絡を武黒さんの方}こ入れるジょり と~丶 ぅよぅな記憶も特}こプょレ丶ですヵ=・ 〇回答者 ブょ〟丶ですね。 この辺` 全く欠落して〟丶るんでずね“ ' 〇質問者 ここで一応、 言ってル丶るところを見ると、 ノぶ丶森さんヵ肇官邸の武黒さん住こ〝丶ろ~` ー7
  18. 18. ' 分、 官邸の中でも~丶ろ〟丶ろ ろ糟報ブょどを運絡入れて~`たんですヵゝ' ・ 〇回答者 ナビヵゝら、 これ、 2段やっ丈~`るんでずね。 本店の本部と官邸の連絡ラィンヵ肇勿 輪ぁって、 これ縄ま本来のライ ンゾょゎ轟ナですね・ 運絡をずれば。 そニ旺こ~何ヵゝゎ轟ナゎヵゝらず、 現場との連絡ラィンヵ3できてしまってし`るヵゝら、 私}こ指示ヵ賽来るんですーナれども、 本来ーま 本店本部なりを通して、 保安院を通してく るべき脂ヵ饗、 こう来てしまってし丶〝るヵゝら、 こ ぅ 来たり、 こう来たりするゎ轟ナでず〝 だヵゝら、 どぅ~丶う状況で、 時聞ヵ賓変ゎりますヵゝら、 多 をゃってV}るんだと思うんでず狂ナれども、 こっちヵゝら見る と全然ゎヵゝらなシ丶んでず。 。質問者 官邸ヵゝら下りてくるときー‡、 本店丿レートと直乙レ~トヵ讐ぁつて、 こぅ~`ぅ場合}‡ こことヵ〝~`ぅことでもゾょし丶'んでずヵゝ〝 。回答者 なし丶んでず。 さっきの海水注入ヵゝら淡水入れろと)丶ぅ話も丶 木来、 未ムiこ電話し てく るとし丶うよりーま` 木店篭こどうなんだ〝と~`ぅ貴舌をして、 こちらヵ=らこんプょ状況でずとし丶 う話_酵こずれーま~`レ丶んでずじナれども、 こっちじこ来てしまって~丶まずヵゝら、 結椿重く受ーナ止ぬ て、 今、 全く真水ヵ彙ゼロと〟丶ぅゎ'ナで}まジょ~`ヵ〝ら、 できる範囲でゃりましょぅと、' こぅ~` ぅ形で冒ってb丶るんです〝 それを逆ーこ本店ーこ伝ぇて、 官邸ヵゝら今ゝ 藁水優先とし$ぅ話ヵ奮ぁ ったんで、 それで動く ょと~丶〟ぅことを本店轟こ伝ぇてレ丶ると~`う状況ブょんでずね' 。質問者 この3号の注水関係ーこっ~丶てGま、 もぅすべて現場と・官邸で直でゃって~`ると~` うゎ'ナでもブょく て、 最机の^入ロのところG‡そうブょって~`た餐ナれども、 その後繍‡本店ヵ章報告 をしてみ.た妙丶糞ょ話ーこなって~丶るんでずね。_自分たち轟ま状況ヵ3ゎヵ〝らなし丶ヵゝら、 b`ろ~`ろ關 ~丶てゃる〝 ナこだ、 本来}士、'・木店を通じてゃると〟`ぅのヵ肇正規の矛定して~丶たやり方でぁっ てでずね・ ' ~ 。回答者 そぅです。 ぁり得な〝丶でずょ〟 官邸と現撮ヵ讐っなヵ奮ると~丶ぅこと.自俸ヵ$本来ぁ_ り得*ょ~`でずょね。 _ 〝 _ 〇質闔者 宜邸も、 緊急参集ヂームヵゝらと~丶ぅんだったらまナごゎヵゝるんです縄ナれども、 現 掲対応ヵ輩必`要ブごと~丶ぅことですね。 灣繍ま、 その次、 ェ0時43分。 く録画縄部分) 「ちょっと確認しまず」 「}ま聯丶」 . 〟 「ちょっと、 ~丶し丶でずヵゝ、 ー F~さん。 今、 保安院ヵゝら指示ヵ3来ま して、 保安院と して轟ま、 PCぺントのー=寺聞前ヵ〝ら河辺線董ヵ3上ヵ奮って〟丶るので、 べン ト疇竈ヵゝらECVヵゝら漏れてし丶 諾こと思っ〝て〝`る。 とレ丶ぅことーま、 ーFーーのょうなこと、 燃発などヵ$起こる可能性ヵ賽ぁる と思って~丶るので` 例ぇ雀ま、 ブローアゥ ト丿ヾネ丿レを閲麟ナるなどのょぅゾょ対策を考ぇること と、 こぅし丶う〝指示ヵ警来て~`崔ず」 「}ま~丶」 ー8
  19. 19. 「それ、 検討〝丶まず〟 うちでもちょっと考ぇる縄ナれども」 「逆〝欝こ言署と、 そこ縄まさっきも言っナこょう&こ、 みんプょで考ぇましょうとし丶ぅ話ね」 「本店の工君ヵ膏ー応、評価しでく・れて雹Gこお話しするょぅーこさっき言~丶ま した。 それf‡解析上の話なので、 丿丶ー ド的プょ対応Gこっレ丶て縄ま、 もっと一緒贄こ考ぇブょ~~丶とだめだと 思っ〝てシ丶まず」 「轟ま~丶」 . 「どぅ したの、 お話繍まできナニの。 吉由君ね` ー君ヵ奮お話しする相手と、 ちょっと紹介し てもらって、 それヵゝら、 話ヵ翼っなヵ3らゾょ貶丶んだ、隷ん轟ニ"ま〟 どなた縄こ話しナこらょ ろし〟丶ですヵゝね」 “ ' 「逆贄こ一君膠こ決め一てもらし丶ま'ナので、 ー君ヵゝ[君}こ運絡します」 「。K」 〇質問者 これで〝 この辺り縄ま、 保安院ヵゝらの指示と して、 プローァゥ トノくネノレを閲ーナる 汁ょどの対策を考ぇると~`ぅ ことも、 3号機}こっ〝`て}‡線量ゾょ どヵ賽上ヵ3ってし`るんで、 また 同様の事象が発生ずるんで&まな濃丶ヵゝとし丶ぅことを懸念してし丶ると〝 恐らく、 そぅ~`う懸念 ーま現鵠の方でもずっとお持ちでしたね。 プロ}fゥ ト丿〝ネ丿レを開じナるブょどの対策を考ぇる と~`う指示ヵ實ぁって` それを検肘しましょ うみナこ〝丶央ょことヵ轟ぁって、 これを見ると` 本店 と現場の方で、 直接-さんヵ〝ら、 どブょナこヵゝ人を〝決めて、 ーさんと窓ロ'}こゾょって~丶”ろし丶・ ろお脂をしてレ丶きましょ ぅみた敲丶ブょ形ーこなって~`るみたし丶ブょん,でず}ナれども、 この峙点で ナごれヵ〝具体的な、 ブローアゥ トノ〟ネノレをどぅ しょぅ とヵ〝~`う奮舌ーまされて〟~`たんですヵゝね。 〇回答者 して~`ま_し~た〝 結局、 この前も両先生~`らっしゃっナこときーこその辺の話をしま した轟ナれども、 ェ号ヵ輩爆発しナこときヵゝら水素爆発の可能性&ま否定で参ナょ~丶んで` 水索たま って~丶ると` 逃カ翠さな敲丶とし丶搬ナプょし`。 ブローアゥ ト丿ヾネ丿レを開轟ナなレ丶と~丶iナブょ~`。 だじナれ ども、プローアゥ トノヾネ丿レ'ま中越沖地の絡みでちょっ…硬く して~丶るんでず〟要ずるGこ、 余り疇團ヵゝプょし丶よ う轟こして~`る。 地でヵ3たっと落ちてしまって、 關〝丶てしまったものでず ヵ=ら、 逆Gこブローアゥ ト~ノヾネノレを關きづら~`方向轟こ改造して~`ナこんです。 それヵ零仇Gこプょっ て、要ずる摯こ、人カでなヵゝプょヵゝ闕ヵゝな磁`ょぅな状魍プょんでず' これFま築の話ーごブょるんで、 物理的}こ本店の股笥~と一緒繍こナょって検肘してくれと~`ぅ話〟をして~`ま しオニ。だ蕨ナれども、 それはなカゝ'ブょヵゝ実謝J的'プょ方法ー士プょ~丶んで、最後警ま外ヵゝら'ましご車を持ってきて切るだとヵ=、 それiこ しナこって準俯じこぇらし丶峙閻ヵ責ヵゝヵゝるプょと~丶う ょぅプょ話をして〝丶る中で、 こ う~`ぅ状 ~ 況繍こブょって~`くんで、 商橋ヵぅらさっき電話ヵ3ぁったょ量なことを言ゎれても、 どぅ しょぅ もプょ〟丶ゎ&ナでずょ。 ナごったら、 「保~安院来てやれ、 簾まヵゝやろぅ」' と言~`ナこくブょるゎ轟ナでず〝 ょ、 鬱まっき り言ぇ轟までずね〟 こんな腐っナこ指示縄まヵ輩り しゃヵ翼ってと、 し丶まナご&ここのときの こと縄まむヵゝむヵゝ来まず轟ナれどもね」 こんプょの巌まヵゝりですょ〝 ナこナ三単}ごロで何々 しろみナこ~丶 な。 ぱヵゝ言ぇと〝 〇質問者 ラプチ顎ナディスク破'ナとヵゝ。 ー9
  20. 20. 。回答考 破じナと・ヵゝ" 見るだ轟ナでも、 保安院と出てくると、 むヵゝむヵ=ずるこ匿しヵゝ言って レ丶なし丶ゎ【ナでず、 繍まっき り'言っ{でずね~〝 ' 〝. 〇礎問者 保安院ヵゝらの揖示と して、 木店の方ヵゝら話ヵ零来て~`るんです笠ナれ_ども、 保安院 ヵゝらの指示ーこ関して言ぅ と、 本店を通じてとレ丶ぅラィンだじナナ占ったんでずカゝ〝 。回答者 そぅでずね。 。質關者 直と~`ぅの餐まゾょくて〝 。回'答者 な~`でずね。 ~ 。質闔者 保安院の出先と~`ぅヵ=、 保安院の事務所ヵ3。 〇回答者 このころ鬱まもぅ~`ません。 ェ人もレ丶な~`です” 。質關者 このく寶ら~丶の聞巌ま、 そう~`ぅのiまな~`でずヵゝ。 〇回答者 汁ょ~`でず。 彼ら&ま、 この状況を報告Lナこヵゝも しれませんヵ3、 こちらGこ対する指 示ナ奮とヵゝ、 そぅ"~`う・・のじ‡全く *ょ~丶です・ ・ 。質團轟者 今のブローアゥ トノヾネ丿レの話プょんでずGナれども、 中越沖地展の後}こ、 容易'Gこノ責 ネ丿レヵ芦外れなレ丶ょうiこ、 地震対策みた~`ゾょもので、 ゾょヵ〝ブょヵゝ朋カゝ汁ょし丶ょぅーこしブ=と~`ぅ話 でずね。 その前プょど轟ま、 手で開く ょぅブょ。 〇回答者 そんな}こ軽~`も“のでじまな〝丶んでずヵ$、 強イヒ後ょりーま、 もぅちょっと何とヵゝ、 器 具を使って開轟ナられるょぅプょ状況だったんでずょ。 どれぐら~丶硬くなうて~`るヵゝ、 実際、 確ヵ〝めてし丶ナょ~丶んです縄ナれども、 改造した側の築ヵゝら言う と、 ブヱヵ〝*ょヵゝ闕きませんと~` う賠を聞〟丶たんで、 何でそぅなづたんだと官ったら、 中越沖地震でしっヵゝり と~っくってし まったみナこ〝丶ブょ話を して)丶ま~した。〟それを閉じナられるょぅな方策を本店.と離縮響こ検隷寸して くれと~`う話じましておったんです・ ' 。質問者 伊Jぇぱ、 手動でぐーっとゃったら緩んで婁まんと關く・とヵ〝、 そぅ〟丶ぅ感じで&‡ゾょ ~丶んでずね〟 ' 。回答者 努ょ~`んでずょ。 ` 。質間者 でiま、 開ーナるとずると~、 周りを緩めたり、 ゃらな&ナれ&ま播き・ブヱ〝丶んでナね。 〇回答者 はし丶。 2っぁって、 保安院ヵ輩言って~`る話〝ま、 ーっ轟ま、 ブローアゥ ト丿〟ネ丿レを 閲'ナると〟丶ぅと、 ーと一ーこ〟`ろ~`ろ言篇って〟`ますじナ'れども、 ]3ゃってbゞるの }‡開じナると~`ぅで}まゾょく て、 水索リークヵ賽どれぐらレ丶の量ーこブょるヵ`と。 恐らく可燃限 界とのノ〟ランスで、 ど_ぅブょるヵ〝とし`ぅことを、 本店の-ー‡そこを棚冊して~丶るんです。 そこの内容を現揖でだれヵゝヵ賓フ珪ロ}しろと畦丶ぅことで一{こ、一ヵ責どんな検討をして ~`るのヵ〝聞形丶てお繍ナと~`ぅ脂をして~`る〟 プローアゥ ト丿〝ネ丿レをB属搬ナる話とG‡ちょっと達 ぅ。 〇質闔著 遠ぅんでずね〟 水索とヵゝのリーク}まどのく らb丶ヵゝとヵ=〝 〇回答者 発生量ヵ葦どれぐらし丶で、 リークヵ3どれく'ら~丶〝 。質問者 どれぐら彫丶建星の方へたまるヵゝとヵゝでづ・ね。 その辺&‡技術斑でずヵゝ、 ゃるど し ブこら。 20
  21. 21. 〇回答者 技術斑です〝 〇質問者 それヵ贄本店と連絡を取りプょヵ$ら` 情報を希尋ブょヵ奮らと。 〇回答者 ここ巌‡多分、ヵゝなり特殊ブょ話プょんで、本店の一ヵ琴ゃってしゝるんです巌ナれども、 うちのサィ トの技術斑はフ鈑ローし切れナょヵゝったんで、 特呂ーjー{ーこフォローしろとュニ ッ ト所長ーこ指示してvせると~`ぅのヵ3この時期です〝 〇質括譬者 その後、 伊]ぇ巌ま、 木店の方ヵゝら・、 リークヵ饗どぅ~`ぅふぅGこプ;って〟丶るヵゝ、 ~`っ ごろぐ〝ら~丶蜃こ危プょし丶ですょみた~`汁ょのヵ3`〟打ち返しみたレ丶な、 何ヵゝこ.ぅ〟 。回答者 これ〟ま記憶ーこなレ丶でず。 ' 〇質問者 その前響こ爆発してしまっナこヵゝら。 。回答者 まナ奮ェ 日ぁりまずね。 これじ‡ェ3 日ナごヵゝら、 まだー 日ぁるんで、 この問Gこ〟丶ろ ~〝ろゃりと りをゃって~"るんで、 そこーまま〝だ余裕ヵ3ぁる。 ・ 〇質闔者 余裕ヵ$覆)るんでずね〝 〇回答者 でずヵゝら、 開馨ナる話も、硬~`ょね'とし丶ぅ話で、検討}せ~丶と~`ぅ指示をした後で、 フォローアップ簾‡まだできてモ丶なし丶状況でず。 この夜辺りーこ、 ぁぁだこ ぅだ、 ぁれゃる、 これゃると~`量諭をしたところです〝 〇質闔者 それヵゝら縄ま、 し3まらく、-さんと一さんとヵゝ、 指示を受轟ナた人聞ヵ3連絡を 本店とゃりプょヵ費らして~丶るとレ丶ぅことナょんでずね〝 〇回答者 繍まレ丶。 〇質問者 次縄ま、 20 でずヵゝね。 (圃部分) ” 「 (・ ・ ・) 丿レートでそぅ して~`まずJ 「昼間大変'齔`配した_エ F一2への海水の供給なんでずヵ3、 これ繍まどのぐらし丶贄こ始められる ' ょぅプょ予定ーこなってv丶ますヵゝ〟 見込み」 「30 分ヵゝ 40 分で洋入ずる ょ ぅ &こ しまずJ' 「~丶ぇ、 ちまっと待って〝 2号機ーこっ~丶て轟ま早目繍こゃりた〟丶んでず~ナれども、今のところ、 データーま安定して〟丶るとし丶ぅ・ことヵ輩ェ点、 それ〝ヵゝら、 3号機、 ー号機へり供給を元縄こ戻す と~丶ぅことを一義的轟こゃりまずので、 そこ轟ましっヵゝりゃると。 条件をしっヵゝりゃっナこ上で 弔ー断した~丶と,思って、 まナこ時間じこっ〟丶て鬱‡改めて御説朋しま一す」 '“ 「と〟`ぅこと轟ま、咋日の段階で2号のデータを見て,仁`配しナこんナ己じ丈れども、と りぁぇず今、 出て~`るデータ をイ言じられる状況Gこぁると~`ぅふぅ嚢こ樂]断される と」 ~「午貢註中蜃ま炉水計しヵ〝ゾょヵゝったんでずじナれども、 今、 炉圧、 ドラィゥェノレ圧'力等々、 もぅ ちょっと細ヵゝ〟丶デーク、 そのトレンドを見て~`る限り、 2っの水イ立計で一応、 同じょぅな 値を、 午前中轟‡ェっブごっナこんですGナれども、 そぅし`ラ ところを考ぇて、 若千余裕ヵ$ぁると ,思ってレ丶・}るんです」 「縄ま〟`〝 わヵゝりましナこ」 2ー
  22. 22. 「その辺を総合的ーこ、 〝看菫, して璃]断させてし丶たナごきた~丶と思野丶まずJ “ 「3号、 4号を優先的}こ統&するとv`ぅことですね」 「鬱ま~丶j 『了解」 「その件で、 本店ヵ=ら (' ・ ・) でず轟ナれども、 2号の水ヵ實プょ~`とレ丶ぅことーま認しっっ ・ も、 海水カゝら~丶きブょりゃるょうーこ闔こぇてきて~`てJ '「海水ヵゝらゃりまずょ。 そこ}ま考ぇ方ヵ輩混舌Lして~〝`るみた~`ナょんだ轟ナれども、 要ずる〝Gこ、 ~もともと ー号機ーまお水ヵ輩どこ}こもブょ~`んで海水でゃりました。 3号機篆まヵゝブょり真水ヵ奮ぁっ たんで、 真水ヵゝら始めましたカ3、 結局、 水の垂ヵ奮足りなくて梅水}こ切り巷ぇナこと~丶ぅのヵ奮 3号機〝 2号機も本当繍‡真水でゃりたくて手配をしナこんですヵ賛、 今日の昼の段階で、 合 繍こょっゼ鬱ま急遽始める必`畏ヵ3ぁるとし丶ぅことを考ぇて、 海水での供給で考ぇた'。 そのとき 贄こ、 3号機大丈夫ヵゝとヵゝ、 3号機ヵ3危ナょくなってきナこんで、 2号ょりも3号…こゥェィ トを置し丶て見てきて~`る峰とし丶ぅのヵ3今の状況で、 その問篭こ、 2号機用の其水の用意}まして ~`ま~せん・でしたヵゝら、 その後は海水でゃると~`ぅことで進めて~`る、 こぅ~`ぅことでず」 「ゎヵゝりました} こちら側の手ゾょ考ぇナごと、 ~丶きブょり海水・と敲丶うのは、 そのまま{材料も 腐ってしまっナこり してもった〟丶'プょ~`ので、 ブょるぺく粘って真水を待っとし丶ぅ,選択肢ーまぁる と~`うふぅGこ理解して~丶v丶でしょ ぅヵゝ」 「理解してし丶麟ナなく て、 もぅぁそニのラインナップをして、 供給源を梅の供給源柱こしてし まし`ま したヵゝら、 今カ〝ら真水と~`ぅの饗まプょ聯丶でず。 時聞たってし丶まず、 まナこ」 「昼聞そぅ~丶ぅ方向で決めたんナごiナれども、 繍ヵ3今、 改めて質問して~丶る趣旨を説~朋 して・もらった方ヵ饗~丶し丶と思うんだ轟ナれども」 ・ 〝 〝「霊ヵ誓言し丶ナこ〝丶の巖ま、 莫水でゃってぉし丶た方ヵ3、 藝ずる賽こ、 塩轟こゃられプょ~`ヵゝら後で 使ぇると~`ぅことでしょう」 「そぅ~`ぅことでずJ 「私もずっとそれを考ぇたんナ奮轟ナれど〝も、 今みた)`Gこ供給蟲ヵ奮圧樓】的ーこ大量}こ必婁ブょとき Eこ、 ゃ縄‡り棄水盗こニナ董ゎって~`ると大変ブょんでずょ。 ブどヵゝら、 この状況で行~ナぱ、 海水耆こ 行ヵゝざるを得*ょy`と考ぇてし`るんです。 こぅ〝丶ぅこ.とでず」 「現撮の (・ ・ ・) 理解をしました」 「それで巌ま、 供給の脂ー‡ょくて、 次ヘ行ってレ`~`のヵゝなJ 。質問者 ここまで、 とりぁぇず' 今のところ巌ま昆 3児 ー3 日の20時20分とヵゝ、 そのぐ ら貶丶以降、 夜の.話ブょんですね。 このころ巌ま` 3号機Gこっ〟`てゃるのと、 ぁと、 2号機_じこ関 して、 時系夜"表の 20ぺージーこ、 ー2時05分轟こ海水を使用する翼聾併疆を進める‡う発電所長 指示とぁるんでずね〟 これじま3万 ー3 日の ー2時05 分です。 ~ 〇回答者 ' 20べージ。 ~ ' 〇質問者 ニれでずね。 i3 日〝 22
  23. 23. 〇回答者 2号機でずね、 これ暮ま〟 〇質F=弓者 2号機でず。 そのときの3号機の状況なんですカ言、 3号機じま〟 〇回答者 海水羅こゾよる手前く〝らし丶でずね。 〇質怯弓者 そうですね。 3月 ー3 曰の ー2 H寺 20分老こ淡水注入ヵ青終ゎってし丶る と。 それカゝら 海水のライン膠こ切り替えますょと~丶う丶 その前のころプよんでずね。 このころナごと、 さっき のヒ〝デォでもありましナニ咎ナれども、 ここで所長ヵ琴まとめられてし丶て、 工号機&ま最初鬱士、 先 饗まどの言舌ーこもぁりましナこヵ奮丶 どこ姜こも真水ヵ芸ブょくブょっアニら海水でゃりましょ ぅ と。 3号機 iま、 ー応、 真水ヵ賽ぁっナことし丶う、 このぁっナことし`うの多ま` し丶ろし丶ろヵ婁き集めてきナこり、 よ そヵゝら来るとし丶ぅことも期寺寺して、 真水ヵゝらゃっナこんナ己&ナれども、 宋吉局、 ヵ妻足りプょくブょ って海水控こ切り替えナこ。 ー2時20 分姿こ水ヵ曹ブょくプょって、 i3=寺 ー2分ヵゝら海オくを入れ女台めて し丶るとし丶う、^ そのころのお君舌ーこゾょって丶 「2ー号機も本当3ま真水でゃり ナこく て、 手配も して~し丶 ナこんナピ鬱ナれども、昼の段階で丶揚合姿こょって縄ま急遽或台める必要ヵ主ぁるとし`うことも考ぇて、 海水での供系合を考えてレ丶ナこ。 「汀圧水を使用する準備を進めるよう発電所長指示丶 ー2=寺 05 分J とし丶うの縄ま、 多分、 この辺りを言っておられるんナごと,思`うんですね。 その後、 3号機とし丶ぅのヵ奮非常姜こ状況と してもょろしく プょく プょってきて丶 結局、 2号機 用姿ことレ丶う、 最叡J發こあっナこ妻肖防車ヵゝら水を運んでく ると”し丶う、 喜誓蜥{こあっナこもの、 あるし丶轟ま 「2号機用}こJ と言ってレ丶ま しナこ縄ナれども、 恐らくそうし丶うのも全部3号機でとレ丶う優先 ー頂{立の話Gこブょって〝丶るノuでしょ う縄ナれども丶そぅ~丶うのもぁって、用意警ましてし丶プょし丶ヵゝら、 2号機縄まそのまま海水ヵゝらし丶きますよ~とし丶ぅようプよ言舌ヵ賛ぁって、 こめころ摯ま、 ここ騒こ路ま出 てきてし丶プょし丶んです`殴ナれども、 これGこっレ丶て簾ま、 官邸プょり とし丶うの巌まプょし丶でずヵゝ。 〇回答者 ブょヵゝ'っナこですね』 記憶Gこ汁ょし丶ですね。 〇質=覇者 ぁと、ーさノuとし丶ぅお方縄ま、 どぅレ丶う立場の方でずヵゝ。 ず 〇回答者 囗蔽ま、 木店の復ー曰班の瑕玉長ゾょノuですよ" でずヵゝら、 本「苫も非*常'芙j~策体御]ブょん で、 子土長ヵ賛オ…笥~長でずもナォェど~篭ゝ、 ぞの下}こ瑕王ヵ〝できてし丶て、 その中の復ー日瑕玉の班・長とし丶ぅ 役害'ーで、すとし丶ぅポジションァょんです〝 そニヵゞ 復ー日班長をゃって”丶るとし`うことです一〟 〇質柘弓者 ーさん轟ま、 海水とし丶ぅの3‡、 その_まま木オ料ヵ奮腐食する、 腐ってしまっナこ・り し てもっナこし丶オょし丶とし丶うことで丶 ブょるべく粘って真水を待つとし丶う選択ー伎もぁるとし丶う璽ゝう }こ理角摯してよし丶でしょ うヵゝと。 これ姿ま丶 当夕番凌丿るんナ三っナこらそれでとし丶う考えーまぁるんで しよ う鬱ナれども、 そうブよレ丶ものねナどりできブょし丶ヵゝらとし丶う ところの=寺期プょんですね、 もう こ・のころ鬱ま〟 〇回答者 そぅです。 〇質Fu『者 このころ;‡、 その指示をしてし丶ますヵゝら、 一応、 ラインを整ぇて、 RCーC ヵ主終 ゎっナこらすく〝入れられるょ う嗜ことし丶う準備をぁらヵゝじめしてお'ナとし丶ぅ段階誓こブょるわ鬱ナで ずね。 23
  24. 24. 。質闔者 で}ま、 この挽〝 (休憩) “ . 。池田さんヵゝら轟ま'直。 _ 〇回答者 そこもまナこ記憶な~丶んです薄ナれども、 べ`堵トナる、 しな〟丶で` 現拐でぱナこぱた して~丶るときじこ丶 菅総理ヵ毒来ると~丶ぅ縄話ヵ3・ぁって、 しょぅヵ責な~丶プょと思って` 準備してく れみた~)ゾょ髄贄まして~`ナこんでずね〝 そのときーこ、 べントとの絡みで、 そんな話ヵ膏ぁったの Gま、 ど.ぅ も記憶ヵ〟ら欠落して~`ま_ず〟〝 どつち}こしても、 現鵠で努カ しても、 なヵ〝ブょヵゝでき て〟丶プょ~丶んで、 菅首相ヵ責来るヵゝら、 それで遅らせてくれと言ったって、 現揖ヵ責もと邉と全 然ノ〟丿レプヵ3.ヵゝプょ〝`と~`う状態でずヵゝら` チャレンジしてしゝる状腹ですヵゝら、 まだ'し饗まら くし)丶と思って~丶ナこんで、 余り記憶ーこ残って~丶ブょ殲丶んでず。 ' 〇實問者 碗丿ぇ轟ま、 武藤さんヵゝら、 池田暮ー大臣ヵ奮こんなことを言って~丶るんナ董砧ナれども、 ・べン'トの時閲を~`っ'ごろGこするんナ奮とヵゝ、 そぅ'~丶ぅ〟g 。回答者 ぁったヵゝもしれませんg 〇質問者 ナ奮~ナれども、 記憶轟こ}まブょ〝丶〟 〇回答者 }まとんど残ってし丶な~丶。 。質問者 そぅずると、 所長ヵ季おっしゃるょぅ轟こ、 自分の時期賽こっ~`での判断}こさしたる 影ヵ奮ゾょし丶ヵゝら記憶ヵ=ら欠轄して~`るんだと。 ・ ' ' 〇回答者 巌まし丶〝 とてもで縄まブょ~"ナれども、 菅さんヵ肇来ると~`ぅ時閲ーこできるとーま思って ~`ブょヵ〝った・ ' _ 。質問者 経産大臣ヵ3、 海江田大臣ヵ蓼、 実施命令を6時台ーこ出Lて~丶るんで、 ー可こぅヵゝら すると、 もぅすぐ賽こでもするんで饗まゾょ~`ヵゝ'と・ 現場の状況を知ら汁ょ〟丶でずヵゝらね。 そうな ると` ちょ ぅ ど菅さんヵ饗来られるのとヵゝぷってく'る可能性ヵ責ぁるんで、 そぅずると、 圓』大 臣と して}‡、 その辺の整をしなーナれ轟ま~`じナな~丶ので}まな~`ヵゝと~`ぅので、 べントの時期 'を若干遅らせるなり何なり と~`ぅ発官轟こなるゎ繍ナでずね。 ' 。回答者 縄ま〟`。 ' . 。質闔者 ナこだ、 そのころ、 とてもそぅし丶ぅ状況ーこなし丶ので、 特ーこ影轟まなし丶と' 。回答者 記憶輩こも残ってレ丶な~" 。寶問者 ゎヵゝりました。 - そう しナニ・ら、 】さんヵ3終ゎって、 决ヵ輩26でずね。 これ}‡、 日ヵ$変ゎって3月 ー4 曰の 末朋ごろですね〝 ェ時台く・ら~丶でずね〝〟 このころと~`ぅ~と、 伊jぇ)ま丶_ 2時20分ぐ_〝らし丶G之 正F『イ寸近で繚量ヵ輩上ヵ3ってし完て、 ェ5条通報されて~丶る時蜘のちょっと前ぐら磁丶ですね〝 で iま、 お願~縄丶しまず。 (録画部分) 「ェ・Fさん、〟 聞こぇまずヵゝJ 「}‡レ丶、 聞こぇます」 24
  25. 25. 「至急の話ブょんでずGナれども、 今までヵゝらずっと言われて酵丶ることゾょんですヵ…、 保安院ヵゝ らまナこ督促ヵ葦来て、 .ー Fー2の譬肖火系ヘの切り替ぇ時期のことです〝 それで、 保安院の立 場縄‡、 確ヵゝ}こ今、 E。ーC繍ま動し丶て聯丶るものの、 3号のょうGこ~竄霊0ーもずっと動~`てし丶て、 急轟こ止まってしまって、 その後、 桔局、 相当燃料揖傷を起_こず羽目}こブょって しまっナこと~` うことヵゝら考えると-、 今、 RGーCじまと りぁぇず置し丶て、 しっヵゝり水位ヵ肇保されてし丶るぅ ち轟こ、 消防ポンプヘの切り巷ぇをやらブょ~丶理由カ賛全くゎヵゝらブょ~`とし丶ぅ、 そぅ~`ぅことで す〝 要&‡、 早く意思決定をしてゃるべきでfまブょし丶ヵゝ~と、 こぅ言われて~`ます。 それ轟こっし丶 て、 ここ'で早く決めた~`と思って〝丶まず〝 これGこっし丶て、サィ トの見解iまどうでしょ うヵ〝。 今、 本店と轟‡、 SR弁の全性と、 それヵゝら、 葦P の方のラィ ンナップ、 それヵ竺ら、 例え轟ま、 (・ ・ ・) 繍ナれども、 実ーこ動く と巖丶ぅことを瞬できるのでぁれ簾ま、 保安院ヵ輩言ってし丶 る方ヵ耆メ D ッ トヵ3多~`と思ってし丶るので、 その前提条件を含めてこ サィ トの見解をぉ闔き して、 ここで意思決〝定、 (・ ・ ') 思って~丶ます。 趣旨iま脊、 言っナこょぅな話でずJ 「'昨夜轟こも脱朋 したとぉ_り で、2号ヘの寶肖火系の切り巷え}こっ~丶てーま準備ヵ輩ってレ丶まず。 たプ奮し、 今、 海水のピッ トヵ實空Gこなってしまって〟丶まして、 そぅv丶ぅことで` ー と3への 消火系の注~入'も干且停止して、 現塩の対応をゃってし丶ます。 現場の対応と~`ぅのーま、 海水 のピッ トをまナこ満ナこず、 そろそろ今、 ゃっ七~`るところで、 海水系の注入ヵ3ー も3も止ま ってレ丶る状態です。 ただし、 海水ピッ トヵ3また満た.されれぱ、 ェも3も同じょう轟こ継続、 復活して、 ヵ〝っ2号も準備ヵ輩う と~`うこと&こなりまず。 ただし、 2号Gこっし丶て}ま、 これ も咋夜言っナこ_ょ_ぅ賽こ丶 モCVのべントラインヘの=ンプレッザーの迫ブ爪、 要ずる響こ、 聾萬轣饗ブょ ェンジンっきのコンプレッサーを事前Gこ追加してぉく と~丶うのヵ誓まだできてャ丶ブょ形丶」 ” 「済みません、 これ巖ま、 今、 2Fの方ヵゝら到着しま して、' これを受~轟ナ入れて、 これヵ〝ら現 塀ヘ持ち込んで、 っブょぎ込みナこ〝丶と思って~丶まず」 「そぅすると、 消火系ヘの切り替ぇーこ関迪して、 今、 主要ブょ丿ヾラメークのぅちの原子炉圧 力ヵ薔見ぇて~丶なし丶んでずょ・ これも今、 見ぇるょぅ響こ、 丿〝ッテリーをっブょぎ込んで貶`まず ので、 このノ〟ラメータヵ奮見ぇるょ ぅ&こブょれ}ま、 そこの条イ牛ヵ3 ぅので、 海水系への投入ヵ$ できるよぅ婁こなると、 そぅ~`ぅ状態&こナょって~丶ます」 ' 〟 「基本的じこ}ま;“保安院め首うょぅ【こ、 その方向を目指します縄ナれども、 その条件ヵ季まだ っ〟て〟丶プょ〟〟丶ので、その条{牛ヵ3う努カを一生懸命続轟ナて〝`て、それヵ膏整し丶次第ゃりますと、 そぅ)丶うことで~`~`ね」 「そう~丶うことでずJ ~ 「でー‡、 そう~丶ぅふぅGこ回答ずると~`ぅことでょろしし丶でずヵ〝.〟ノJ`森さん丶 ~`〟`でずヵゝねJ 「でーま、 =ンプレッサーJ ' 〇質問者' でーま、 ごこまでで、 と りぁぇず〟“ ここじま、 まず保安院の方ヵゝらの話ヵ奮ぁって、 2号機の RCーC ヵ責動”丶て~`る間奮こ、 早v`ぅ ちiこ才肖防ポンプを使って海ヵゝら水を入れた方~ヵ3 ~`~`んで轟‡汁ょ〝丶ヵゝと~`ぅことで、 本店も、 条イ牛 ぅんナ己っナこら、 それでし丶v丶んでGまブょャ丶ヵゝ 25
  26. 26. 'と〟`う ことで、 そのとき、 サィ ト側の見解繍まどぅですヵぅと~ゝぅ ことで、 吉田所長と薔~ゞて ~丶まず轟ナれども、 これ巌ま-さんで、 もう.一人言って畦`たの}まだれナごったんでずヵゝ。 。回答者 ぁれー[です一〝 ーFで脱明したの巌畳ず〝 。質問者 で3‡、 その辺りでおっ しゃってぉられるところで、 特“轟こーさんヵ翼おっ しゃっ て~丶ることです&ナれども、 当時、 3刀 ー4 日のエ時ェ0分~3時20分襲での閲、 これ}ま3 号機の方Gこ審~`てあると思うんです'ナれども、 時系夜"表で言ぅ と 3ーべージ、 3前の 逆沈弁ピッ ト内の水ヵ3孕ブょくゾょって、 水ヵ$取れブょ~丶、 そこーこ補給ヵ警必`要だみた~丶なこと}こ プょって、 その後、 3時20分轟こ消防車での海水注入を再闘と薔~`て、 ニの聞、 水ヵ輩入って レ`なく て、 ちょ う どそのと'きの話Gこなってし丶るんでずね。 3時20分、 これ繍ま束でィラス トでずっと、 消防車任こょる注水の概略図案・と、 これ}ま 関係者ヵゝらレ丶ろし丶ろ聞〝丶て~`ったとごろを大公約数的轟こまとめたもので、 一部間違~丶ヵ零 申ー朋して販丶るんです轟ナれども、 この辺 り“ーま正し~丶ので、 ーーぺージ辺りを見ると、 逆洗弁ヒ〝 ッ〟ト枯渇と~`てぁって、 ェ時ー0分ヵ〝らと〝 このときの状況と~`ぅのじ‡、 ー号憂こも2 号機ーこも、 それヵゝら、 3号機Gこも` それぞれ消防車を ェ台なし`し縄‡根数台使って` それぞ れターピン建屋の送水ロヵゝら、 この逆澁弁ピッ ト内&こたまって~`る梅水を入れると~`う こ との邁備をしたり、 ぁる〟`轟ま実際賽こー号と 3号嚢ま入れて、 2号じまその退避と~`ぅ状況で、 この'2号ヵゝらも入れた方ヵ賽〝丶~丶んで轟まな~`ヵゝと~`ぅ話ヵ膏ー時ユ0分以降ーこぁって、 ブこだ、 ー号と 3号とし`ぅ ところ自体も` ここ轟ま水取れなくなって、 止まって~丶る状況でずと〟 こ こ&こ水を入れましょ う と〟`ぅ ところで、 実際Gこ、 その後、 3時20分ヵ〝〟ら、 まず3号機轟こ っ〟丶て注水を再閾しナこんでずヵ肇、これー‡水を入れると~`ぅ ょりも、対症療法的と聯丶ぅのヵゝ、 水'ヵ$枯渇と~`てぁりまナ蕁ナれども、 完全賽こなく なったゎじナでiまな〝~ですね。 〇回答者 'なくなった・ゎけで)‡な~`ですね” _ ' 〇質冊者 水ヵ$たまって〝丶る部分ヵ3ぁって、 位世を動ヵゝしナ=B取ることヵ3可能轟こゾょったん で、 と りぁぇず3捗機}こ轟まこれで水を入れましナこと沙丶う莫とで、 実際Gこ饗‡、 その後、 作業 内容と して轟ま、 未朋ヵゝら朋&ナ方&こヵゝじナて、 どんどん消防車ヵ讐届~`てきて、 消防車をっな~` で、 物拐拐ヵゝら逆澁弁ヒ・ッ ト警こ水を入れると~)`ぅことを~ゃった上でとし丶ぅこと〟Gこなって~` て、 この3且 ー4 日の未朋ころゾょんです~〝ナれども、 このころと〝丶ぅの縄まゝ 優先ー頂位と して 鬱ま、 3号ヵ薯一番毒ず〝丶'と 〝`う状態ーこブょって~丶るんでずヵゝね〝 状況ヵゝら考ぇると、 2号機 ~ 3まー応、 RCー0 ヵ實起剛J中と~`ぅ状況で、 エ号機轟ま轣贋水を入れて~丶ナこんでずヵ3'~ ュ号機もこ の時点で轟ま逆洗弁ピシ トヵゝら水を取れなくなる~と、 水簾ま入らな~`状況なんでずGナれども、 そぅすると、 工号機も水ヵ賽な~`と~`ぅ状鵬ですヵゞ、 ー号と 3号で、 3号の方ヵ3と~丶ぅのーま どぅし丶ぅ; 。回答者 ー号の方}ま、 その前ヵゝら注水して~丶まずヵゝら、 Dーク'、 どれぐら蹄丶して〝丶る ヵゝとし丶う話ヵ葦ぁりますじナれども、〟水ヵ零ブこまって〝丶るとすると`洋入量}まェ号機ヵ饗圧儚j的Gこ` 3号機&こ批七ぺて、 それまでの注入=寺=巳ヵ翼考えて長販丶ゎ'ナでずヵゝら、 ぁる程度水ヵ責たまって ~`るだろう と〟 ナ董ヵゝら、 その水轟こょる除熟ヵ$効くだろう と〟 3号機は注入してヵゝらそんプょ 26

×