Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

吉田調書「2011/7/29:事故時の状況とその対応について」

91.358 Aufrufe

Veröffentlicht am

吉田調書「2011/7/29:事故時の状況とその対応について」

  • If you are looking for trusted essay writing service I highly recommend ⇒⇒⇒WRITE-MY-PAPER.net ⇐⇐⇐ The service I received was great. I got an A on my final paper which really helped my grade. Knowing that I can count on them in the future has really helped relieve the stress, anxiety and workload. I recommend everyone to give them a try. You'll be glad you did.
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • Sex in your area is here: ♥♥♥ http://bit.ly/2u6xbL5 ♥♥♥
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • Follow the link, new dating source: ❤❤❤ http://bit.ly/2u6xbL5 ❤❤❤
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier

吉田調書「2011/7/29:事故時の状況とその対応について」

  1. 1. 【取扱レ丶厳重注意】 ク タ ー 平成23年8月 ー 6日 聴 取 結 果 書 東京力福島隔子力発嗣ーこおーナる事故査 ' 検証委員会事務局 局 員 力= 藤 経 将 平成2 3年7月 2 9“日、 束京電力福島原子力発所蜃こぉ{ナる事故調査 ・検証のナこめ、 関 係者ヵゝら聴取しナこ結果をま、 下記のとおりでぁる。 記 第ー 被聴取者、 聴取日時、 聴取所、 聴取者等 ー 被聴取者 東京電カ福島第一原子カ発所長 吉田 昌良B 』 2 聴取日時 平成~23年7月 29日午前ー 0H寺。0分ヵゝら同日午前ー ー時5 7分まで (休憩なし。 ) 平成23年7月29日午後0時3 ー分ヵゝら同日午後2時50分まで (休憩ブょし。 ) 3 聴取所 福島県双葉郡楢葉町大宇山田岡字美シ森8番 J 一V ー LLAGE J FAアヵデミー福島女子寮2階ミーティ ングノレームA 4 聴取者 〝 畑村洋太良疇、 棲=田実B男、 淵上正朗、 ヵロ藤経ヰ寺、 及丿ーー敦嗣、 永田未ーj生 5 ー Cレコーダー襲こよる録音の有無等 ー ぁ り 囗 ブょ し 第2 聴取内容 ^ 事故贋寺の状況とその対応&こっ〟丶て 易ーj糸氏のとおり 第3 特記事項 本ヒアリ ングGこおレ丶て轟ま、 被聴取者の記憶喚起及び説明用の便宜のナこめ、 平成2 3 年5月 ー 6 日束京電力公表の 「東オヒ地方太平洋沖地震発生当團寺の福島第一原子力発 所プラン トデータ縄こっ〝丶て」 、 同6月 ー 8 日東京電力公表の 「束オヒ地方太平洋沖地震 ー
  2. 2. 【取扱〟`厳重注意】 . 発生当初の‡冨島第一原子力発電所轟こお&ナる対応状況」 及び 「事故調査・検証委員会 現 場視察用丿レー ト図」 を用し丶ナこ。 なお` 「事故調査・検証委員会 現揚視察用丿レート図」 を呂ーj紙末尾騒こ添イ寸することと しナこ。 以〝上
  3. 3. 〇質問者 で縄ま、 早速、 未ム、 事務局カ=藤の方ヵゝら、 まず、 伺わせてし`ナニナごきます. 前回縄ま、 最後の方丶 駆縄ナ足ナ三っナニんですヵ奮、 ェ号機の水素爆発、 つまり、 3月 ー2 日 ー5時36分ころ 亭皇 iこっv丶てまで伺し`ま して、 まず、 ー2_日の ー6時36 分蜃こエ号機で爆発ヵ責起こっナこと~丶ぅことーこっ し`て、 このとき、 所長蔽ま、 免重要棟の緊対室の方蕁こおられたと〟丶うことでょろしし丶でずヵゝ。 〇回答者 そぅでず〟 。質閻者 この爆発繍こっv丶て縄‡` どのょぅ縄こして把握をされま しプこヵゝ〟 〇回答者 これ縄‡、 まず、 状況ヵゝら言ぅ と、 爆発&こっし丶て繍ま全然想定して~`ブょヵゝっナこと~`ぅ状況で、 現 鰯的轟こ言〝`ますと、 ちょぅ どー号機のsLC、 ホウ酸水臥系の起動ヰ喘ヵ3できたと。 ぁと}‡、 スィ ッチ を押ずと~`ぅヵゝ、 中操 (中央操イ催室) の作をずれ繍ま、 原子炉ヘの注水ヵ葦完了できまずょとし丶ぅょぅブょ 状況ーニなって~丶た〟 そうレ丶う状況で、 で鬱ま、 注水するヵゝと~丶ぅ ときGこFま、 まず、 その時点でーま、 免腰重要棟ヵゝらエ号機ヵ責 全然見ぇな〟丶んでずね。 線量カ芦髙~丶ですカゝら、 タト警こ出られブょ~丶ょ ぅプょ状鵬で、 だれも夕ト欝こ行って見てし丶 プょ~`。 そのとき&こ、 下ヵ〝ら突き上Gずるょぅプょ、 非常Gこ短時問のどんと診丶ぅ振助ヵゞぁりましたものですヵゝ ら、 まナこ、 地震だとし丶う認臓でおりました。 そぅ して〝丶るうち輩ご、 ~丶ろし丶ろヵ費入って、 現鵠ヵゝら帰ってきナこ人聞ヵゝら†膂報ヵ賽入ってきて、 ー号 機の原子炉建屋の一番上ヵゞ何ヵ荘だ縄ナGこなって~`ると~丶う情報ヵ琴入ってきまして丶 何だそれ饗‡と~`ぅこ とで、 その後、 &ナヵ奮 した人聞も帰ってきて、 状況を現撮ーこし`た人間ヵゝら聞く と、 エ号機の原子炉建屋の 上ヵ$発したみたし丶だと~`ぅ情報を聞きました。 'でずヵゝら、 直接未ムも爆発 しナことニろ'ま見て~丶ません し、 そこの状況を話で聞~`た状況でず・ それで、 ずく・縄こ偵察と~`~`まずヵゝ、 線垂ヵ奮まだ髙ヵゝったんでず轟ナれども、 状況ヵ寶見られますので、 見 てく'ると~`ぅ ことで、 視察Gこ行ヵゝしま したら、 今のょぅブょ状況で] 上ヵ賽柱だ縄ナで壁ヵ責プょくブょって~丶ると ・v`ぅ状楓 それで、 ずく〝さま確冊した後で木店の方轟こも報告を して、 と〝ぅ も爆髄しナこんじゃ汁ょ~`ヵゝと、 原因巌まゎ ヵゝらプょ~`と、 ~`ろノ〟ブょ脱ヵ餐ぁって、 原子力発剛所の中轟こ}ま、 主発伽と~`う、 ~`ろ~`ろ鯉気を起こ して レ丶る発馴ーこ、 水素を侠給して、 発馴ヵ賽冷封ーをするナこめGこ、 水紫ヵ琴入ってし`るんですね〟 そぅ麟丶ぅ水 索ーこ弓ー火したとヵ丶、 最‡刀轟ま原囚ヵ舜ゎヵゝらブょヵゝったと~丶~丶まずヵゝ、 今ナごヵゝらこそ、 格納容器ヵゝら漏ぇ~`し た水素ヵ$上鬱こたまって爆発しナニんナごろうと、 そぅし丶ぅの轟ま後Gこなれ縄まォっヵゝるんですヵ$、 その時点で縄ま、 原因ヵ輩ゎヵゝらな~`とし丶ぅ状況でゃってし丶ま した〝 。質閲者 今、 最後ーこぉっ しゃっナこ格納容器の方ヵゝら水素ヵ$洞れて建屋の上部の方Gこ充満して、 このょ うブょ燦発ヵ〝起こったんで響まゾょし丶ヵゝと。 そ丿vブょ話と~`ぅのiま、 し丶っごろヵゝら出女台めナこんですヵゝ〝 〇回答者 これ巖ま、 その日のぅちでー‡ぁるんでずじナオもども、 し縄まらく経ってヵゝら、 レ`ろんな意見ヵ奮ぁり ましだ。 現撮縄こし丶ナこ人問ヵ声、 ど う もターピン建屋ヵゝら火花ヵ輩し丶ってレ丶るみた鬱丶ナょ轣舌ヵ$最初の段ー階で入っ てきましたね、 現撮の近く轟こし丶ナこ人問ヵ薯、 ターヒ〝ンと~丶ぅこと饗ま、 発醒機のフk勢奮ヵゝイ可ヵ〝、 そっち丑…を疑 ゎれたんでずーナれども、 ナごっプこらターヒ・ン屋ヵ翠踉れてし丶ブょし`の縄まおヵゝし~丶プよと、 何でとし`ぅことで、 本店とも話を して〟`る中で、 格納容器ヵゝら湘れナこ水索で巌まプょ~`ヵ=と、 2時閲 く・らし丶経って、 その可轍君性 ヵ奮髙し丶と~`うょぅなこと警こなっナこヵゝと思~`まず。 その時問感覚縄まぁれです蕨ナれども、 少ゾょく ともその日 のぅち餐こGま、 ー審可能性ヵ誓髙し丶の縄‡、 格納容器ヵゝら出た水索ーこょる爆発ナごろう と~`ぅのヵ膏大体見ぇてき 3
  4. 4. 【取扱~`厳重注意】 ナこ。 。質問者 当時、 エ号機ヵ裏、 特ーこ3月 ー2 日の爆発ずる前、 午後ーこ入ってぐら~`、 そのころのー号機の 原子炉の中の状態、 炉,齔`の状態がどのょうゾょものだと~丶ぅことを考ぇてし丶ま したヵゝ。 〇回答者 格紬容器の圧カヵ責上ヵ=って畦`たゎじナですヵ〝ら` べントしょぅとし`ぅことで、 べン ト操作をし ナこゎ旺ナでず檎 この構甜も申しま したょう轟こ、 本当Gこべントヵ膏行ゎれて~丶るヵゝどうヵゝ、 〟`まだーこ未ムもゎヵゝ りません。 確信を持てゾょレ丶。 とv`ぅのは、 それを示ずモニタリンダ、 そぅ〝`うのヵ奮全部なし丶ゎ篆ナですヵゝ ら、 それヵゝら後簾ま、 ラプチャディスクとレ`し`ま して、 ノ{ノレブを疇團轟ナても、 圧力丿〝ランスで、 これをゃ ぷれな~`、 べントしゾょ~丶ゎ轟ナでずね〟 そうずると、 ラプチャディスクと~`ぅのfま、 ゃぶれナこヵゝ` ゃぶれ てレ丶汁ょ~`ヵゝ、 そこの支肘るもの饗ま何もな~`ですヵゝら、 圧力ヵ3高じナれGまゃぶれると~`うだGナの機械的な 装置でナヵゝら、 最終的ーこーま、 本当iまスタックモニターヵ$生きて聯丶ブょし`疇良り、 本当Gこ放出 したの}ま、 して ~`な~`のヵゝゎヵゝらなレ丶と・ 我々縄ま、 ーっ繍まべント、 もぅーっは注水、 この 2本}こ絞って陳を傾注して ~`た} それと SL を含めて SLC も、 これをー生懸命ゃって~`たんです。 〇質問者 それで、 7銚ゃべントなんヵゝを して~`るときの、 炉縄仁`とヵゝ、 ぁと轟ま原子炉の水位、 こ ぅ~丶っ ブこところヵ寶、 要する尊こ炉'D丶ヵ輩醸出して、 相当程度損傷してレ`るんで鬱まプょし`ヵゝと〝 。回答者 その關繍ま持ってぉりました。 ' 〇慣問者 その蜴合轟こー‡、 圧カ軸内で、 炉,塾ヵ3そぅ)丶ぅ出して~丶るょうゾょ状況繍こなってくると、 水 索ヵ膏大量ーこ発生すると~`ぅょぅブょ〟 。回答者 勿瞼、 そぅ殲`ぅ瞬繍‡持ってレ丶ます〝 〟 〇質問者 それ繍ま、 理胎的ーこ考ぇるとそう・だと~`うことなのヵゝ、 ぁる~`じまそ_の当時、 そう~`ぅ水素ヵ翼大 垂じこ発生して~`るノvじゃな~`ヵゝと〟丶うょぅなこ と、 現実Gこ、 そぅし`う關瞰を持っておられたんでずヵゝ。 。回答者 持って~`ま した〝 たナごし、 それヵ警、 今ヵゝらぁれでず轟ナれども、 格納容器の中賽こ、 要ずるーこと どまって~`る、 ぁる部分縄まDークずるんでしょぅ巌ナれども、一墓本的GこGま格納容器の中でそれヵ3とどまっ` て〟`るので、 まず繍‡、 木当縄ま幡納棚の中の圧カを下縄ずな~`とし丶ーナな~`〟 と〝`ぅこと縄ま、 ここの中の水 棄を外ーニ' 水索を含めてでず縄ナれども、 ヵ=圧して~丶る原因ヵ賽水素でぁり、 中で発生する水蒸気でぁり、 そぅ~丶う ものヵ饗圧カを上&テて~`るゎ麟ナでずヵゝら、 これをべントで逃ヵ奮してゃらな~`と~`繍ナな~`。 要ずる ーこ格納容器の圧ヵを下縄ずると、ぺン ト操イ債と~`ぅの轟ま、そぅ~`ぅことなので、それをまずゃるとレ`ぅヵゝ、 この日の朝と~`うカ〝、 未朋ヵゝらずっとそれじこチャ レンジしてし丶たゎじナでず。 ・ それで、 ゃっと実際警こ弁を蹟轟く操イ催をして、 ー4 峙だっナこヵゝ、 圧カヵ3藩ちブこんでず。 それと、 その直後 轟こ、 この前も言~`ま したGナれども` NHーく のテレヒ'ヵメラを見て~丶ま したら、 主お鮮気塔ヵゝら白し丶煙ヵ輩奮ま っと出たんですよ〟 それで、 うっと~`う繍蹊じで、 何だこれ縄ま甦、 これーまべン トヵ賽できたんで繍まブょ~`ヵゝと 〝`ぅことで、 べン トヵ3成夢Jしたんで繍まなし丶ヵゝと~丶ぅ感じを持った〟 ナこナ三、 それ轟ま、”そぅし丶う状況証拠でしヵゝブょ~`ので、 格納容器の圧カヵ3下ヵ嘉っナこと~`ぅことと、 何ヵゝ増 ぇてし丶るょと、 木当&こ確認しな~`とし丶轟ナな~`の}‡、 モニタリング、 落ちてきてし`れーま、 モニタリンクの 値ヵ輩一番べントしナこヵゝ、 して)`な〝`ヵゝの讐狂拠ーこブょるんです巖ナォェども、 それヵ輩プょヵ〝っブこですヵ〝ら、 状況証 拠ヵ=らべン トヵ賽成功したと~`ぅふぅーこ考ぇられると〟丶ぅことを幸糧告しブこ。 〇質問者 そぅずると、 後ヵゝら燥発ヵ3起こって、 イ可ヵ3丿京因羨ょのヵゝとし丶う ことプょんヵゝを嗜丶ろ~`ろと輪し てし丶る中で}ま、 後ヵゝら振り返ってみる と、 炉〟仁`ヵ賽オ君当程度蹄出 して、 そこ婁こ圧丿〕容器の中で、 まず、 水 饗
  5. 5. 【取扱~`厳重注意】 素ヵ婁大量饗こ発生して、 それヵ寶格納容器内ーこ出てきて、 そぅ~丶ぅところヵゝらリーク しナこものヵ寶上部Gこナニま ったんじゃブょし丶ヵゝと、 後ヵゝら考える と、 それヵ嘉結びイ寸じ丶てきたとし`ぅこと慶こプょりまずヵゝ檎 ' 〇回答者 Gま~`・ ・ 〇質問者 それで、 現実ーこ振り返ってみると` 前日 ーー 日の夜ころリアクタービノレの内部ぁる~`轟まその 閻辺で轟ま放射腺量ヵ肇相当上昇して~`て` これ饗ま格納容器の中ヵゝらどんどんリーク して~`たとレ丶ぅ可能性 ヵ弯高し丶ゎ}ナです檎 〇回答者 高b`ですね〟 〇質問者 そのょう汁ょ状況証拠プょんヵゝも綱てずっと考えてみると、・ゃ繍まり建屋の中}こ水素ヵ葦充糊して、 それヵ輩発しナこんで轟ま~丶な~丶ヵゝとレ丶う可能性ヵゞー番高し丶んじゃゾょし丶ヵゝ、 そぅし`う臓論ーこブょっておったと し丶う理解でょろしし丶ですヵゝ〝 。回答者 そぅ鈔丶ぅニとでず。 。質閲者 それで、 今、 晴ヵ誓前後し`ナニします}ナれども、・ 当時、 燻発の前ヵゝら、 今、 sLC と~丶ぅことで、' これ轟まホゥ酸水の臥系のラィンを、 これ繍‡主Gこ 2C と~`ぅノ〟ヮーセンターの辺りーこ鯉源車をっプょレ`で、 それでケープノレを遍して、 ェ号機、 それヵ〝ら2号機もそうだと思ぅんでずヵ3、 SLC の注入系と~丶うこと をーっきちんとライ ンをぇて、 それで注入しょぅ と臓みておられたと~`うことプょんでず檎 ' 。回答者 }‡~`。 ・ 。質關者 も ぅッっ、 当時ですと、 これ巖‡時系夙jプょんヵ〝を見てみますと、 ー号磯の3児 ー2 日の、 これ ーま時系魏]の8べージーこゾょ~り ま・ずヵ$、 ー4時53 分Gこ字肖防車轟こょる原子炉ヘの淡水臥 80 トンと、 臥完 了とぁりまして、 ェ4時54分轟こ原子炉への悔水注入を実施†るょぅ、 発醒所長指示とぁりまして、 こ'の 海水注入と影丶ぅの轟‡、 その水源と~`うんでずヵゝ、 それ轟ま、 瑕初の海水注入の指示癬こプょりますね' 〇回答者 と~`ぅヵゝ、 薔し`てぁるものと して鬱ま最ネ刀騒こ汁ょります縄ナれども、 この日の午誓菱ヵゝら~`ずれも淡 水ヵ奮どょく プょるヵゝら海木注入をする準菰情をしておき汁ょさし`と~`う ことー‡言ってぉりましたので、 ですヵゝら` ラィンナップも、 この前ぉ看舌ししたょぅ}こ、 水をどこヵゝら取るヵ〝とし丶ぅこと繍ま夢欝常&こ雌しし丶、 悔ヵゝら直 接取れプょ~`、 どこの海もポンプヵ輩プょし丶ものです~ヵゝら、 この前も坂後響こ申 し上ーずたノvで'縄一ヵ葦、 3号機の逆 洗弁ヒ〝ッ ト荘こ津波のときの海水ヵ毒残ってし`る と、 ヵゝなり量ヵ讐ぁるとし丶うのを關~`て、 そこヵゝらですと、 そんな響こ要りませんので、 そこヵ`ら取る しヵゝプょ~丶プょとレ`ぅょぅプょところを、 既轟こ海水注入を実施ずるょ う‡旨示した前ーこ検肘して、 これでやろぅと〝丶ぅこと餐‡決どJておって、 で}ま、 それで注水しょうと最終決 定しナこのヵ寶、 ー4"萎54分で、 もともとの検肘讐ま、 その轟【ー餐こゃって~丶る〟 〇質問者 要する篭こ、 これ轟‡、 その指示と〝`ぅの縄‡、 直近で淡水の水源ヵ餐ブょくナょってきナこので二 そこヵゝ ら海水の方ーこシフ トせょと~`うょうブょことのゎーナです檎 そォ$轟ま、 海フkと~`ぅことをお考ぇGこゾょったの 縄‡、 その白のお昼ごろーこ巌‡、 そう~`ぅ考え}こプょって〝 〇回答者 もぅなってし`ま しブこ。 〇質問者 これ縄ま、 それまで、 炉の中ーこ海水を入れると~`うょぅプょこと篭ま、 所長の経険で縄ま、 それまで 聞~`たこと縄まぁりましナこヵゝ。 〇回答者 まずブょ~`です〝世界中でそんなことをしたこと饗まェ回もぁりませんヵゝら、 プょ~`んナご'ナれども、 冷ゃすのGこ贅!囁疇良大響こ歌ュるの鬱ま派ォくしヵゝゾょレ`ですヵゝら、 淡水轟ま、 この前もお話ししたょう轟こ有ー~良で、 どこ ヵ=で尽きるの轟ま決まってし`まずヵゝら、 もぅ海水を入れる しヵゝプょ~`、 もう有無プょ しの話でずね〝 ですヵゝら 5
  6. 6. 【取扱し丶厳重注意】 冷ゃす~と、 でずヵ〝ら、 ‡広カ3このとき考ぇたの繍‡、 格納容器の圧力を何とヵゝして下iずナこ~`〝 それヵゝら、 原 子炉轟こ水を入れ続じナブょし丶と~`じナプょし`。 この2点だーナプょんですょ” メィンで考ぇたの縄ま、・それ以外の紬ヵゝ し`ことfま、 枝葉末節で、 この2点をどぅずるんだとし丶うこと しヵゝ考ぇてレ丶ませんヵゝら、 でも海水ナょんヵゝ ^当たり前だと、 ここの暴れて~`るものをどぅ轟こヵゝする&こ&‡海水 しヵゝなし丶〟 〇質問者 所長ヵ奮そのょぅ轟こぉ考えーごなって、 その際ーこ、 もう淡水ヵ3な・く ブょったら海水を入れょう とお 考ぇ轟こなるまでの間馨こ、 どブょナこヵ=、 どなたヵゝと~`うの繍‡、 本店ブょり円卓のメ ンノ〝ーブょり、 そぅ)丶った人 聞とそう~丶ぅことで坂丶~`なと~`ぅ話ブょんヵゝfまされてし丶るんでずヵゝ; 。回答者 ここ縄こ記載繍まプょ~`でず尊ナれども、 淡水ヵゞジょくブょっナこら、 梅木&こ行く ょぅ饗こ検討をゃって~丶る とレ丶うょぅブょ話}ま、 午後警こはして~`アこと思し丶ます。 。質問者 それ}‡、 テレピ会なんヵゝで〝 〇回答者 それ巖ま.、 *呈呈でしナこヵゝ、 ちょっと記憶Gこな~`んです繍ナれども、 少なく とも未ムーまそう決めてし` ると、 海水を臥するとし丶ぅことーこ决めてし丶るよと~`ぅ話ーました記憶はぁるん懺〝 。質問者 それー‡、 最初の ー号機の悔水注入でず檎 。回答者 勿諭、 一番ク リテ`ィヵノレでしたヵゝらね〟 〇爛關者 その際轟こ、 イ可ヵゝ反脆兄とヵゝ、 そぅ〝丶ぅものと~`ぅのーま。 。回答者 ジょヵゝったでずょ〝 。質問者 当初プょヵゝっブこでずヵゝ〝 。回答者 ですヵゝら、 要するーこ冷ゃすのーこ水ヵ輩なし丶んだヵゝら海水を入れる しヵゝな~`でずヵ〝ら、 海水を入 れるょぅ}こしまずょとし`ぅょぅブょことでぉ醤舌をした“ 〇質問者 どんどん入れプょ~`と~`Gナプょ~`と~`ぅ繝]断繍ま、 圧力容器の水位計を見て、 '昂 。回答者 水位でず・ 〇質問者 水位ヵ3足りて~`ゾょ~丶とし`ぅことで、 どんどんMると。 〝 。回答者 そぅです。 要ずる縄こ、 その後でぁれでしたーナれども、 どれだ&ナ格納容器、 圧力糊ヵ奮揖し て~丶るヵゝゎヵゝりませんので、 ク然琢斗繍ま楓{彷して~`るのでぁれ縄ざ、 水入れて どぷ潰Gナ轟こして、 冷ゃす しヵゝな し`と、 これヵ責ー番シンプ丿レな考ぇプょんです。 〇質問者 すると、 水位計縄‡も うヵゝナょりイ旨頼できそぅジょ感じナ董っナこんですヵゝ。 〇回答者 ~`や、 そのときもじまとんどイ宮頼できなし丶だろうと、.でずヵゝら、 一回スティック、 ゎヵゝらなし丶 でず繍ナれども、 ぁる レべ丿レを示 したのヵ寶、 だっと下ヵ3って~`ったわじナですね〟 で轟ま、 これヵ誓本当響こ水を 入れたヵゝら{言用できるヵゝと~`うの轟まゎヵゝらな~`。 もう入れる しヵ=プょし丶と。 〇質闔者 入え$過ぎてまず~`と~`ぅことブょ~`と。 。回答者 ゾょし丶でず" 〇質問者 もう一つ、 ょ}ナ~`プょ蝦ー由なんですGナれども、 海水を入れると、 ぁと、 こぅ~`ぅ ;離・壬二 ぇなくブょってしまぅヵゝら、 ずごくお金ヵ饗ヵゝヵゝると~`うヵゝ、 もぅ泣;と使ぇプょくブょってしまうとし丶ぅことを ゃると` まナ奮何とヵ=真水でゃぇ毛るところまでゃり哲Jらプょし`と~`縄ナ汁ょし丶ん じゃジょ~`ヵゝとヵゝ、 そんブ上、 少し どちらヵゝと〟丶ぅ と、 ずfナベっナこらし~`とb`ぅヵゝ〟 } 〇回答者 全くプょヵ〝ったでず。 もぅ燃料ぬ3揖{蓼要してし丶る段階で、' この炉ーまもぅだめナごと、 だヵゝら、 ぁと 縄まヌょナごめると~`ぅことヵ膏最棚先映題で、 再使用ブょんてー切考ぇてし丶ブょし丶ですね。 退管 でずヵ〝丶 水他 6
  7. 7. `-彡~注意】 〇質F遍者 そうすると、 このときの原子炉と~丶ぅのFま、暴れまく る生き物のょうゾょ感じヵ葦ずる〝ん・ですヵゝ。 。回答者 そぅでず' 。質問者 ゎヵゝりましブこ} 〇質問者 それで、 海水臥のための~ をされて、 この時点でGま、 この=奪点とし丶ぅの鬱ま、 その爆発の 時点でずね、 これヵ=ら海水を入れょうヵゝと、 そぅ~丶う段階だったと~`ぅことでナヵ=。 〇回答者 そぅでず。 それで、 ラィ ンナップもできナこと~`う話を聞し丶て、 海水もライ ンナップできたら 入れょぅ と、 それヵゝらホゥ酸水もラィ ンナップヵ奮できっっぁると、 ゃっとオくヵ彗入る手段ヵ暑できて、 これ ヵゝら冷ゃせるなと` ちょっと明るし丶箋齔しを持りてし丶ナこところでーまんと来てしまっナこと、 そうし`う感じで す〝 。質問者 まず、 爆発ヵ責発生して、 &ナヵ離人プょんヵゝも出ナニと~丶ぅ ことで、 そのょうプょ安否確認なんヵゝもあ ると思ぅんですヵ肇、 その後、 ー号機の現壌周辺、 婁ずるGヒその当時イ催業してし丶ブこ、 'これ轟‡ SLC の源 なんヵゝを確保して、 ケープノレを敷設 してと~`ぅイ偕業と、 そォ$ヵゝら海水臥のラィ ンゾょんヵゝーヒっ~`て、 こ れヵ誓どのょぅな被害Gこなって~`るのカ〝、 慣傷状況}まどぅプょのヵゝとヵゝ、 そぅし丶ぅ確聰プょんヵゝをされて~`る ゎーナです檎 。回答者 しま した。 まず、 現場で、 その陳を して~丶ナこ人聞ヵ茸上ヵ3ってきたゎ~ナでずヵゝら、 その連中 ヵゝら状況を闔し丶て、 ど ぅなんだと~`ぅ と、 要繍ま爆発 して、 それで上の方ヵ輩吹っ飛んで、 ~`ろんヌょものヵ奮 破片とレ`~`まずヵ=、 瓦礫と~`~`まずヵゝ` それヵ誓飛ぴ散ぅてきて~丶まずと。 それヵ〝ら、 源車の方、 表現 がどうだったヵゝらもぅ覚ぇてし丶ませんヵ寶、 要ずる欝こ使ぇプょくナょったと〝`ぅ話縄ま、 决々ーこ現撮ヵ〝ら圭ヵ3っ てきた人聞ヵゝら入ってきて、 もうー回碗してくれと〟丶ぅことで、 ・~ 〟 〝g葦喜〝-` しナニオ菱、 もぅー場の贔 終確認をしてくれと~`ぅこと}‡してゝ それで現場を兒回り}こ寺テってもらったと,思し丶まず・ その結呆ヵ蓄丶 今みたし丶な状況で、 注水そのものも、 消防車そのものも航ヵ$ー時的轟こできプょし丶ょうプょ状熊ーニなって~丶 ると。 でずヵゝら、 今まで SLC も入る、 海水注入も何とヵゝできそぅだとし`ぅのヵ寶、 一気じこ希望疫肇し轟まん でしまったと~`うヵゝ、 瞬聞的篭こど うーこヵゝしな~`と~丶ヵゝぬとb丶うことゾょんでず縄ナれども。 〇質問者 それで、 これ繍ま、 最初原因ヵ誓、 なぜニぅ~`ぅ爆発ヵg起こっナこのヵゝと~`うのー‡` す・ぐGこ繍まゎヵゝ らなヵゝったゎ縄ナでず檎 〇回答者 縄ま~`。 〇質關者 そぅすると、 原因不朋で燦発ヵ3起こっても、 ターピン述屋の方の閲係ジょのヵゝプょと、 どぅブょの ' ヵゝブょみた~`ナょことGこプょって~丶るとき轟こ丶 吏贄こ現鵠ーこネテって{喋ーこぎ遣事させる、 こ ぅ~`う復ー日の作業をさ せるとし丶ぅこととの関係と~`ぅヵゝ、 一旦、 ちょっど退避をヵ〝Gナてし丶るとレ丶ぅ状饗醸プょんでずヵゝ. 。回答者 そぅでず〝 ー回逸避をヵ=繍ナてレ`ます。 エ回跚をヵゝ繍ナて、 ナごヵゝら峙ー粗的な髄で~~うと、 それ ヵ3何分だっナこヵゝと~`ぅの'ま、 忠~`出せまぜんヵ膏、 まず繍ま跚ブょんでず・ 安否材竄關てす〝 安否確して~` る間` 一番近く~蜃こ〟丶ナこうちのイ呆全担当ヵ3腕を折って帰ってきたんでずね それーまー番近くじこ〟丶アこ人關で 風で腕の管'を折って餐輌ってきた〝 そ~丶っ婁こど ぅゾょってし丶るんだとし丶ぅ話を聞~"ナこら、 もぅ大変ですょ と~`ぅ話ヵ琴入ってきて、 でずヵゝら、 そこでそぅ敲`ぅ話を闔し`てし丶る聞と~`ぅの縄ま、 現蜴【こ出してし丶プょし丶 ゎ縄ナです。 次のステップと して一番†布し丶の繍ま格鬆鞠容器ヵ寶爆発するんじゃプょ~`ヵゝとし丶ぅこと馨こブょりますGナれども、 データを見てし丶まずと` 格納容器圧力繍‡爆発前後で大きく変わってし丶プょ~`ゎーナでず量 格納容器ヵ貫爆発す 7
  8. 8. 【取扱~`厳注意】 ォ嬲蒼ま、 要ずるGこ格納容器圧ヵー‡ゼロ轟こブょるヵゝ、 要する}こ瞬關的ーこ変わるゎ縄ナですろナれども、 そォ嬲ヵ誓魚ー麩持 してv丶ますヵ〝ら`格納容器轟ま佳全ナごっナこと~`ぅことプょので、少汁ょく とも、何ヵゝヵ琴燥発しナことし`ぅこと篆ま、 一気&こニ…ニ したので、 藝ずる縄こ可非Gまもぅなくなって~丶る可能性ヵ蓄髙~`と〝`うふぅ}こ申]断して、 これ も甲]断と~`ぅょりも、 何せ水を入れ縄こ行ヵ=ゾょ~丶と、 どぅ しょうもな~`ので、 この邦馴断も、 决の2号も3 号もずっと続きます・" 人をどぅするヵ〝と~`ぅ邦瑯]断、 これ彼ま未ムもこのー迎の操{債の中でー番悩ま しヵゝった んで†&ナれども、 剛ヵ〝&ナさせるのと、 ナこナ三、 何ヵゝイ隣をしプょ〝丶と决のステップーこ行ヵ〝ブょ〟丶と〟丶うこと の折り合〝丶の中で弔ー断して~丶っナこと、 こぅ~丶ぅ_状況ナ董ヵゝら、 注水をもぅ~`っぺんラィ ンナップしてきて くれとヵゝ、 そぅ~`ぅことを指示をしてし`く〝 ・ 〇質問者 'その後、 ー号機の関係で轟ま、 ーっ鬱ま、 吏轟こも ぅ一度梅水臥のブこめ縄こ、 梢防車ホースを逆流 弁ビッ トヵゝら水を取り込んで、 それをー号機のターピン屋の貯水ロヵゝらどんどん注水をするためのラ イ ンをっくると~`うことと、 SLC の閲係の魁源車プょんヵゝと、 2C の丿〝ヮーセンターをっゾょ~`で、 を ~逓して、 それでSLC ヵ〟ら水を送る と、 そちらの方の作業も弓ー'き統き。 〇回答者 それ轟ま、 電源車そのものヵ寒使ぇな~`状『損だと、 要するGこ竄源車と しての体を成 してし丶ブょ~`と ~`うヵゝ、 電源寧と しての機能を失っナこと〟`ぅこ…を聞~丶てぁきらめま しナこ” 〇熨問者 それ繍ま` 新たプょ源車をょそヵ=らまた注文して・ 。回答者 電源車響こっ~`て繍ま、 そこだ在ナの鱧源車で}まなく て、 これヵ〝ら先、 山轟まど粟るでしょ ぅヵゝら、 魅源車欟ま{可でも~丶し`ヵ〝ら山繍まど送ってこ~`と~`ろオ・ーダーーまずっと して~`ま しナニヵゝら、 これヵ$壌れたヵゝ らこォもでまた新し~`のと〟`うので轟まブょく て、 全体と して源、 丿〝ッテりー、 竈肖防車とヵ=、 そう形丶うもの 繍ま手当たり次第送ってこ~`と〝丶うオーダナGま、 この前ヵゝらゃって~`ま しナこヵゝら、 これヵ3れナこヵ=ら 車のイ篭ゎりを寄越せと~`ぅ話でーまなヵ〝ったん叶ーナれども、 ただ、 源車と〟丶っても時間ヵ責ヵゝヵゝりまず ので、 まず、 それヵ翼来れぱずることも考ぇま しナこ巌ナれども、 まず〝‡、 最初轟こ海水注入の方ヵ琴優先的 だと〝 。質問者 当時の燥発後の対応と して縄ま、 ェ号機への注水と、 それも海水の注水とレ丶ぅことを考ぇて、 そのブニめのイ精業をさせて~`たと。 ” 。回答者 轟ま〝`。 〇質問者 それで、 時系夙]表を見ると丶 結局、 ェ9時04分Gこ消火系ライ ン及び消防車を用〟丶た原子炉へ の海水注入を開始と~`ぅのヵヌ、 ー3 ぺージの最後贄こ記載ヵ實ぁるんでずヵ膏、 大イ木これでずと` タ方ヵゝら夜iこ ヵゝ繍ナてのころ馨こ、 ライ ンヵ責蜷って` それで注水を閉始したと~`うことーこブょるゎじナでずね・ 〇回答者 轟ま~丶〝 〇質關者 伊]ぇ}ま3月 ー2 日の20峙08灸}の ーFー 水ィ畑カGこ關す・るノ寿ラメーターの中で、 この mのエ 号機の 26 分の4ぺージ饗こなりますーナれども、 そこを見ますと、 各種操イ催実慈迂、 これーま、 束ヵ輩ホーム ぺージ矢ょどでも公表されて~`る資料なんでずヵ弯、 これで見ますと、 ちょっと時聞のところで丶 3万 ー2 日のェ9"寺04分ころと~`ぅのヵ輩汁ょし丶んでずヵ奮、そのーーー翡ー酎く〝らし丶後の20ーー寺08分のところで、0-370肥a丶 原子炉圧力、 その後も大体0・36 とヵゝ0・35 とヵゝ、 そぅ~`ぅ数イ直をずっと示~しておりまずヵ輩、 このの 原子炉圧力とし丶ぅ ことでぁれ繍筐、 これ縄‡水ヵ奮入ると~`ぅ状況プょんですね。 。回答者 }まし`。・ ' 〇質閻者 盗料ヵ輩ぁれもこれもで申 し駅なし`んですヵ$、 今度&ま ー5 条血報の方ーこま〝丶りまず轟ナれども、 8
  9. 9. 【取扱~`厳重注意】 ー5 条通報の中}こ、 26報と~丶ぅものプょんてず〝 一番右側Gこ、 これ簾ま手きで右上のところGこ 27 と書~`て ぁるものなんです轟ナれども、 これヵ肇第 ェ5条26報と~`うもので、 発{言時爽]ーま 20時38分とぁりまして、 こちらを見ますと、 この中の発生 した特定事情の概要と~`ぅ棚の手害きの部分轟こ、 20時20 分轟こぎ肖火系 ラィンを使用 して、 海水ーこょる原子炉ヘの注入を閲始一しナことし`ぅことで、 このときの梅水&こょる原子炉 ヘの臥開女台ヵ賽20時20分と~`ぅふぅGこ記載ヵ贅ぁって、 ナこナ占、 束電ヵ輩公表して~`る時系夙]轟こよれーポ、 ーg 時 04 分饗こfまも う海水臥を開女台して~"ブことし丶ぅことGこブょってし丶るんですヵ享` ブょぜこぅし丶ぅずれヵ輩生じ て服丶るんですヵゝ。 〇回答者 ヒれ簾ま、 もう既Gこ弓エ貢&こなって~`まず轟ナれども、 未ムどもと して繍ま、 この前ーこも海水注入する ことGこっ~`ても了角事ヵ$取れて~`る と。 本店Gこも報告してゃってくれてし丶まずので、 ー9時4分ーこ海水注入 を開始しま したと貶丶ぅ話縄ましております。 した段階で`~丶ろし丶ろと取り ざたされてレ丶まずヵ零、正直縄こ言し丶まずーナれども、注水した直後でずヵゝね、 官邸賽こ〝丶る武黒ヵゝら未ムのところ}こ電賠ヵ誓ぁりまして、 4真葦牽・ 要ずるーこ官邸でーま海水注入ーま` 5且 二十イ可日Gこプレス した内容とちょっと違うヵゝもゎヵ=りません~ナぇもども` 未ムヵ輩魎髄で聞~`た内容ナごーナを繍ま っき り言し丶ますと、 官邸で&ま、 まナ董海水注入巖ま了解してし丶プょし丶と〝 だヵゝら海水注入轟ま停止しろと~`う指 示でした。 武黒ヵゝらでずね、 雰囲気とヵゝ、 そんな話iまイ可轟こもな~`でず。 中止しろと~`ぅ話しヵゝ来ブょヵ〝っ たです〟 それで、 それを本店の方【こ、 今、 官邸~こ〟丶る武黒ヵ〝らこぅ~`う話ヵ葦来たじナれども、 本店ーま聞~`てし丶る のヵゝと~`ぅ話を して、 そのとき}こ、 木店で、 ノー丶森ーま多分~`ゾょく て、 プレスヵゝら{可ヵゝで~丶ナょく て、 髙棚と し丶ぅのヵ3~`て、 高橋と轟舌を して、 ゃむを得ナょし`と~`ぅょぅな孵ー断をして、 でじま止めるヵゝと、 たナ三し、 入 れたこと襲こっ~`てどぅ~丶うイ立づじナをずるヵゝとレ丶ぅことを、 試鹸注入と、 要ずる轟こラィンヵ奮生きて〟丶る ヵゝ、 生きて~丶な蹄丶カゝを確蹄しナニと~`うこと轟こしょう じゃなv丶ヵゝと~`うことを相麟の上、 どちらヵゝと~`う と、 試験臥とし丶う言葉を木店ヵ肇挙&ずてきナこと思うんでずじナれども、 うち轟まそんプょこと轟ま全く思って~` なく て、 試険注入をしょう とし`ぅことで、 ェ9時04分'ま、 ぁる意味で轟ま臓瞼注入の疇疇始とし丶うイ立置づ~ナ です。 ~ で巖‡、 試険湖ヵゞ完了しナニので停止をずると~`うことーこしましょ ぅ と、 と~`うヵゝ、 停止とし丶ぅことで 決定したんでず縄 ただ、 手ム轟‡、 もぅこの時点で水をブよくすブょんてレ丶ぅこと、 注水を停止ずるプょ丿ぃて毛頭 考ぇてし丶ませんでしたヵゝら、 ブょおカゝつ中止だっアこら、 どれく ら~丶の期關を『=止ずるのヵゝとレ丶ぅ指示もな v`中止プょんて聞じナませんヵゝら、 80分中止とし丶ぅのナょらまだぁォもでず饗ナれども、 中止と、 ~`っ再襲Hできる んだと揖保のゾょ~`ょうブょ指示Gこ轟ま従え*ょ~`ので、 キ広の判ー断でゃると。 です一ヵゝら、 円ユ葺ーニ~`た迪中ーこ篆‡中 止ずると言~丶ま したヵ季、 それの担当をしてし丶る防災坦五長` ーと~`~`ますGナれども、 彼Gこ賽‡、 ここで中 止をずると言ぅ縄ナれども、 ちょっと寄ってし丶って、 中止命令GまずるGナれども、 絶対Gこ中止して轟まだめだ と~丶ぅ指示を して、 それで本店姿こ縄ま中止したと~丶う報告Lたと~`ぅことでず。 ~ その後で、 先}まどの 27 報の臓論饗こブょりまずヵ3、 その後で官邸の方ヵゝら注水してし`~`ょとし丶ぅ話ヵ3来 たのヵ賛、 それヵ奮イ可ーー寺ごろヵゝ忘れま しナこ繍ナれども、 で轟‡` 多分、 27報の直前だと,恩うんでず縄ナれども、 で ー‡、 ゎヵゝったで'ま中止、 本格的Gこ注水を 20時20分&こずると~`うことで報告〝しましょ う と~`ぅのヵゞ、 こ の27幸糧の位づGナです〝 〇質問者 そぅする と、 まず、 最初Gこ ェg轟寺 04 分の後、 それーまど聞ヵ麦汁ょ~丶とき轟こ、 武黒さんの方ヵゝら、 9
  10. 10. 【取扱~`厳注意】 官邸の方の意向と~`ぅものを電彗舌で聞~`て、 その意向とb`ぅのfま、 海水轟まちょっとオ寺てと、 まだ了驚棄ヵ琴 出て財丶プょ〝丶と~`ぅことだっナこので、 その後、 木店ーこおられる髙さんのところヘ遭絡を取られたと~`ぅ こと贄こゾょるんです檎 ・ 〇回答者 連絡もテ~レピ会識ヵ離っブょヵ嘉って嬲丶まずヵゝら檎 。質問者 それ繍ま、 テレビ会磯を通じてのお話。 〇回答者 武黒ヵゝらのゃっGま官邸なので、 官邸}‡テレピ会ってし丶ませんので、 電話で私のところ}こ 来たので、 できませんょ、 そんプょことと` 注水をゃっと閲糞台した轟まヵゝり じゃプょし丶ですヵゝと、 もっと縄まっ き り言鈔`ますと、 四の五の冒ゎず轟ニ止めろと言われま しブこ。 何ナビこれーまと思って、 と りあぇず切って、 本店嚢ここう~丶ぅことを言ってくるーナれども、 どぅブょんナ奮と、 そっち伽ー轟こ指示ヵ$行ってし丶るのヵゝとし`ぅ話 を聞~丶て、 指示カ$また言ってし`ナこょぅプょ、 言ってレ丶な~丶ょう寶ょぁ~`ま〝丶なことを言ってし`ま した縄ナれど もね` 髙橋轟まね` 彼繍ま闔〟丶て~`て握りっぷそぅ としたのヵゝなと~`ぅ気も しますiナれども丶 そこ繍‡髙さ んGこ聞し丶てくナごさ~`〟 〇質閾者 で轟ま、 そこの髙橋さんとのゃりとりと~`ぅの縄ま、 テレピ会藏を通じてのゃりとり}こプょるゎ'ナ ですね〝 〇回答者 巌‡~`〝 . 〇質問者 結局、 これ鬱まゃむをオ尋プょし`と~丶ぅことで、 本店佃憂の方と しても、 こぅゃって止める しヵゝプょレ丶 と~丶うことナごったので、 ー応テレピ会の表向き~でー‡、 所長と しても止めるとし丶ぅ汀彡を取っナこ上で、 そ れで円卓のメ ンノ〟ー}こもその旨言った上で、膏んの方}こ繍ま止めるなょとし丶ぅことを、 その円卓ヵゝら 槽穫れナこところで言って、 そのまま継続をさせナこ'と〝丶う ことプょんです檎 。回答者 &ま〟丶。 〇質問者 その後で、 今度ーま官邸の方ヵゝら了解ヵ奮出たと~`ぅことGこなった段階で、 この円卓のメ ンノ〟ー たち饗こーま〝 〟 。回答者 それ轟ま、 官邸ヵゝらとし丶うょり、 テレピ会ヵゝら木店ヵゝらの指示ヵ肇来ナこ、 0ーく、 了解のぉ話}ま ね“ 。質問者 それで、 そこヵゝらG‡もぅ開糞台とレ`ぅことで、 その円卓のメ ンソ〟ー縄こも惰報共有を図って~丶る と~`ぅこと~こなるゎ〝ナですヵゝ〟 。回答者 縄まし`。 _ } 〇質問者 そぅずると、 円卓の皆さん}ま、 ー賽寺止めてし丶ナこと畦`ぅ鱚瞰の方もおられるゎじナでずね〝 〇回答者 じまとんどヵ毒止めて~`たと~`う聰を持っておるんじゃな~`で.しょ うヵゝ。 〇質問者 〝寺聞ヵ葦前後ずるんでずヵ肇、 これとの比ー鮫と~`う ところで〟丶く と` 要ずる旺ここれ欝ま何鯵$プょんで も水をとーこヵゝく入れな~ナれみまし丶Gナブょ~`と~!うょラプょお考ぇヵ責エ号機Gこ閲してぁったゎじナでず檎 。回答者 盗‡ル丶〟 〇質晶『者 ちょっと飛んで、 3月 ー3 日、 3号〝機のところゾょので、 ーー寺系夜"のところでし丶きますと、 注水 でずヵゝら、 3月 ~ー3 日じこ、 峙系夜=のところの 30 ぺージ、 3ーぺージの辺りプょんでずGナれども、 3号機繍こ 関Lてーま、 最初賽こ〝 〇回答者 30 ぺージの後カ寶 33 べージ蜃こ、 3ー、 32 ぺージヵ寶抜縄ナてレ丶ます〟 済みません、 ぁりましナこ〟 申し訳ブょレ`〟 ー。
  11. 11. 〇質問者 3号機轟こ関してブょんですヵ畜、 3号機でも3且 ー3 日&こ、 これ憂ま9時25 分寝こ淡水注入を開始し て~`るみた~`ブょんです。 それヵゝら、 3ーページ轟こ行きまずと丶 ー0峙30 分Gこ海水注入を視野Gこ入れて動く との糞電所長指示とぁりまして、 そして、 ー2 "寺20 分&こ淡水注入ヵ翠終了 し、 ー3時ー2 分贄こ轟ま海水臥を 開女台しナこと~丶ぅょうプょ流れGこなっておりまして、 これ轟‡、 結局、 3号機Gこっv丶て轟ま、 まず、 海水を入れ る前ーこ淡水を入れて~`・ると~`うことブょんでずヵ琴、 これ轟ま、 どぅし丶っナこ で” 。回答者 これーま、 零ムのぁれでずと、.〝 ェ号機轟ま、 今言っナこ逆洗弁ピッ トヵゝら海水を取って入れてし丶まし ナこ〝 それヵゝら、 3号機の脇}こ、 この前も申 しま したじナれども、 防火水槽ヵ奮ぁりま して、 ここの防火水の 水ヵ肇使ぇるとし丶ぅことヵ誓、 要する縄こ、未ム巖まそのとき海木でぁろうヵ3、水でぁろうヵ3、入れられるもの欟‡、 近蜴のもの撃ま全部使ぇとし丶ぅよぅな形のぁれプょので、 余り ここで淡水ヵゝ海オく縄ここだわってし丶プょし丶んです ょ。 まずこ ー番近観で測られるもの、 淡水ヵ言ぁれ轟ま` そこーこ入れろとし`ぅ才昔示を しナこ〟 それヵゝら、 も うーつ、 ニれも記憶ヵ輩ぁれブょんですGナれども、 要じまェ号機もそうプょんです縄ナれども、 ホ ウ酸水を最初馨こ入れナこ方ヵ嘉レ丶〟丶と、 これ餐ま原子炉の安定と~`〟`まずヵゝ、 再臨界を防ぐためGこホゥ酸を突 っ込んナ占方ヵ奮~`~`と~`ぅ判]断ヵヌぁって、 そのとき欝こェ号機繍‡逆況弁ヒ'ッ トでホゥ酸を溶ヵゝしナこんです暖ナ れども、 ホウ酸を溶ヵゝすのi‡、 防火水の方ガ責、 常ーこきちんと しナこタ ンク とし丶ぅヵ〝` 水槽ですヵゝら、 こ の方ヵ3溶ヵゝしゃずし`とし丶ぅ ことで、 それも含めて淡水臥をまずゃって、 それヵゝら悔水肇こ切り換ぇたと し`ぅ肥億でござ~`ます〝 〇質問者 ここの3号機の淡水臥のところプょんです&ナれども、 このときの3号機の状況プょんでずヵ誓、 3号機縄‡ 抽Cェヵ責止まったのヵ3、 その日の午前2時42分とし`うことーこブょってぉりまして、 その後、 9 時25 分睾での間、 6疇寺聞 40 分踉關ヵ毒空~`て~`て` その間、 ~`ろし丶ろと原子炉の圧力ヵ弯髙~`とヵゝ、 そ う~`うょうプょ状況もぁって、 なヵゝなヵゝ水ヵ婁入らブょ~丶と~`ぅことでぁったょぅなんですヵ$` この辺の注水 ラィ ンブょんヵゝをっく って~`た方ヵゝらのお話~こょると、 当初、 この3号機驚こっ~`て轟ま、 逆洗弁ピッ トヵゝら 消防車をっゾょ~丶で、 それで3 号・機の方Gこ入れるラィンをっくってし丶ナニところ、 ちょっと防火水柵の方じこ ライ ンをイ篭ぇてくれと~`う鯖ヵ奮ぁって、 それでまた、 この防火水柑の方ヵゝらのラィ ンGこ弓ーき直したとし丶 うょうゾょぉ話をされてぉられまして、 それヵ丶ら複致名の方ヵ肇、 そぅ~`うぉ話をされてぉられるんでず。 そのラ互りの経紳と~`ヲの轟‡、 なぜそのよぅナょ判ー断ーこプょっナこめヵゝと~`うの繍ま、 おゎヵゝりですヵゝ' 〇回答者 これ}ま、 繕柵争点巖こプょるど思って、 未ムも思し`出そぅ と して~丶る丿uです~Gナれども、 基木郡J轟こ思 レ丶出せな~丶んですょ〟 強く海水ヵ3だめだとし丶ぅょぅな指示ヵ青木店ヵゝらぁっナこ記憶もな'し丶んですね、 手ム自 身讐ま檎 ' それで、 現揚の人問鬱ま、 どぅも海オく注入ヵ誓次誓こして、 淡水とレ丶う指示を、 そう~ゞう どこヵゝヵ=らの指示 でそぅV丶ぅふうGこ切り換ぇたと〟`ぅふうGこ言っ'て~`るょぅです篆ナれども、 これじま後で疇轟~丶た話ですヵゝら、 ぁれで寸f轟ナれども、 澪去巖まその肥憶ヵ奮余りゾょく_て、 要する}こ手近Gこぁる水で入オtれじま~丶~丶ナごろぅ と、 粟す る}こ淡水でぁろぅヵ輩、悔水でぁろぅヵ警、ゃりゃすし丶方でゃれ縄ま~丶”丶と~丶ぅ半ーー断でゃったっもりナょんです。 呂ーー&ここれ饗ま、 ナ董れもヵゝfまうっもり も何もブょくて、 このときを,思し`出せ繍ま、 私の誓制断fまただ水を入れる、 それ鬱ま淡水でぁろぅヵ声、 讐毎水でぁろうヵ$、 手近プょ水を入れると~ゝぅこと しヵゝブょヵ〝ったゎ'ナでず〝 。慣問者 ちょっとまた、 横薔=りヵゝら入り込んで、 今、 言ってし丶るょぅゾょ指示ヵ髑ぁっナこり、 邦ー奪寺ヵ3ぁ'っ ナこり、 し`ろんジょものヵ葦ぁるんナ三ろう縄ナれども、 この海水の臥を糞台めると~丶ぅことも、 それヵゝらそし丶っ ーー
  12. 12. 【取扱~丶厳重注意】 を止めると~`ぅことも、 伊]ぇ繍ま轣樺統をするとし丶ぅことも、 これ繍‡ぁらヵゝじめ所長ーこ与ぇられて~`る梅”良 ナ奮と考ぇるのヵゝ、 考ぇブょレ`のヵゝ、 それヵゝら、 そぅ~`ぅことと~`ぅのfま、 頭の意の中ーこ、 ニぅ~`ぅこと をゃるとき賽こぁったのヵゝ` な~`のヵゝ、 藝するーこ、 ナ三れヵ奮~丶ても、 そこでゃらなじナれ巌ま~`轟ナな~`ことだヵゝ らゃると~`うのヵ〝、 それと も、 所長轟まこぅ~`う實任ヵ警ぁるんだヵゝら、 自分ヵ輩ゃらプょ~ナれぱし丶ーすな~`と考 ぇるのヵゝ、 さもなじナれ&筐` こぅ~`_ぅ権"良ヵ$ぁって、 婁まヵ=ヵ3ょ&ナ~`ゾょことを言ぅとし丶ぅの縄ま、 それ縄ま旨う ヵゝも しれな~`iナれども、 そんゾ垣ょーナ〝`プょことを~`ち~`ち闔く必`要じまな~`と〝`ぅょぅゾょことを者ぇるのヵゝ、 その辺ヵ肇外ヵゝら見る と、 とてもゎヵゝりづら~`と~丶ラヵゝ、 知りナこレ丶ところなんです轟ナれども。 〇回答者 まず` ご < 普通の弐菜イ循でぁれ縄ま、 要ずるーこマニュアノレナごとヵゝ、 それ&こ従って実施しなさし丶と 〟`ぅことーこなります~}ナれども、 海水を臥ずるなんて~`ぅの}ま、 本邦初公疇團でござレ`ますので、 ィンタ ーナショナ丿レ初公疇團みたし丶ゾょ" 〇質問者 そぅでずね、 世界中で初めてですね。 〝 〇回答者 初めてですヵゝら` もぅこのゾーン耆こなっ縄てくると、 マニュアノレもぁりませんヵゝら、 極端なこ ど、 未ムの勘と~`っナニらおヵゝし~丶んです'ナれども、 判断でゃる話だと~`ぅふぅーこ考ぇておりました。 〇喪聞者 そうす~ると、 そこで~`ろんな思感ヵ3ぁっナニり、 それヵ=ら期]断ヵ3ぁったり して、 止めろブごの、 ゃめろだの、 待って~`ろナ奮の、 イ可ヵゝそんプょこと・を言う と、 それ轟囃音ナ奮と考ぇる。 。回答者 考ぇまず〝 } 〇質罰見者 そこヵ薯聞きたヵゝったんでず。 〇回答者 ずべてヵ費そうでず。 矛広'ま、 水を入れる、 要ずるGこシンプノレなんですJニ” ゃること繍ま、 水を入 れるのと、 格納棚の圧力を下Gテる、 この2点、 どの号機もその2点だ縄ナをゃるんだと、 これだGナを言 って~丶ま したヵ'ら〝 。質問者 それ以夕トGま、 もう雑音ブょんだ。 〇回答者 雑音でず“ それを止めろだとヵ=、 何だヵゝんだ~`ぅの嗜ま、 全部雑音でず。 未ム任こ〟とって縄までず檎 〇質問者 テレピ会ナょんヵゝで、 こちらヵ3どぅ しましょうヵゝと~`うょぅブょ、 お何〟丶のょぅな形轟ま。 〇回答者 &まとんど言っそレ丶ませんね〟 ~ 。質問者 本店ヵ琴勝手轟こ聞~丶てどんどん言ってく ると~`ぅ形でずヵゝ。 。回答者 でずヵゝら、 闔~丶合ゎせヵ寶多し丶んです〝 今、 どんな状況ナさと、 ナミヵゝらサポー トで繍まな~`んです ょ・ 報告のため縄こ何ヵゝ闔くんで、・途中で頭賽こきて、 ぅるさ〟`、 黙って~`ろと、 何回も言っナこ覚ぇヵ奮ぁり まず轟ナれども“ 。質問者 木店の方}‡、 逆棗こ官邸轟こ聞ヵ$れるヵゝらじゃブょし`ヵゝと。 。回答者 そぅ~`ぅ辻とです' 〇質闔者 先轟まどの官邸ヵゝらの指示と~`ぅ賠で` 根拠じこっ~`てーま脱朋プょヵゝったんでずヵゝ。 〇回答者 たヵ責ら、 先讐まどの砥暮舌で` 鯉轟舌を再現しまナと、 まず、 官'邸ヵ誓まナ三海水注入を了解して〝丶プょ ~`と〟丶ぅ詰ヵ肇ぁったので、 矛ゴ`}ま入れて~`る し、 もぅ入ったんナビヵゝら、 こ”Jまま注水を継統しますょと言 ったら、 四の五の言ゎずじこ止めろと、 そのときの守E話だ'ナ縄ま~`まナ己&こ党ぇてレ丶まずじナれども、 それでゃ って〟丶られプょし`なと丶 手ムヵ〝らする と、 そうなっブニゎ繍ナでづ・。 ナごヵゝら、 肺理根拠も何もなし丶でずヵ〝ら。 〇質問者 一番大きな雑音だったゎGナナ三。 〇回答者 そぅです。 ナごGナ慧$ども、~ もう雑音だとーま,思ってし丶ませんでした'ナれどもね、 そのとき3こ縄ま、 ー2
  13. 13. 【取扱し丶厳重注意】 うるさ~`なと〝 手ム繍まそう決めてし丶ま しナこヵゝら、 外ヵ〝ら見ると、 国会で何ヵゝ騒~`だりずるものナ三ヵゝら、 大 事件みナこし〟丶蒼こ思ってレ丶らっしゃる人ヵ享多し丶んです轟ナれども、 そんブょF贔題じゃナょく て、 単純iこ今` 止めナこ らえらし丶こと}こなるヵゝら、 ずっと続縄ナるぞと,思ってゃってし丶ナこゎ'ナでず〟 〇^質闔者 当時、 遇刊]誌で、 所長さんの話で、 ゃってし"られブょレ丶と言っブこと~`ぅ話ヵ$出てし丶ナこんでずじナ れども、 それ簾ま、 そぅし`ぅ言葉ナどっナこんでずヵゝ。 〇回鰐 そのとき}ま、 ゃってし丶られなし丶なんて言ゎブょヵゝっナこんです。 やって~`られなし丶よ軸轟‡、 も っと後のタィ ミングだっナニと,思~`まずーナれども、 気持ちの中で}‡ずっとそぅ,思って~`ま しナこiナれども檎 。質問者 ぁれ繍ま、 どこヵゝら漏れナこのヵゝ、 櫛]と早し`段階で山てし`ま しナこ檎 _ 。回答者 ぁれーま、 どちらカゝと聯丶ぅ と、 テレビ会礒ヵ奮レ`ろんプょところ警こっブょヵ貪って~`る じゃな~丶ですヵゝ、 オフサィ トセンターとヵゝ、 結構~`ろんな人ヵ賽聞縄ナるんですね。 マスコ ミ轟‡ヵッ トして~`まず乃ナれども、 そこで言ってし丶る発言ヵ3メモして流す人ヵ誓多分~`るんナ三と思ぅんです〝 でずヵゝら、 毎日ゃってし`るテレ ピ会と~`うの轟ま、 半分夕ト轟こ漏れてし丶る と、 これG‡本店と第二と柏崎とォフサィ トセンクーとジェーヒ* レッジと、 それヵ〝ら‡岳痛の支援室です札 これ縄ま最初ヵゝらっなヵ奮って、 情報を朝晩ゃって~丶まずヵ會ら` そこで私ヵ3ゃって〝丶らぇヵゾょ~`と~丶うょうブょことを言っナこ話ー‡、 多分、 どこヵゝで流して〝丶るんでしょ ぅ。 好き縄こしてくれと,思聯丶ますじナれども〝 〇質問者 で}ま、 まナ:、 戻して〝 。質問者 結局、 まナこ、 彗舌を戻しま して、 3月 ー2 日の夜轟こ孝毎水を実際&こ饗‡ ー9時04 分ヵゝら字肖防車でェ 号機の原子炉内轟こ継統白g繍こ海水の注入を慢H始してし丶尤;と~`うことで、 その誓菱、 時系夜=` 9ページーこ戻っ てみまずと、 20時45 分、 海水注入を初めてヵゝら ー=寺聞 4ー 分のところで、 ホゥ酸を海ォくと混ぜて原子 炉内注入闕女台と~`ぅことで丶 この時点でォてゥ酸を混ぜるとし丶ぅ話}こブょっナこの縄ま、 イ可ヵゝぁるんでずヵゝ〟 〇回答者 海水とホゥ酸を鼓初ヵゝらー緒Gこ混ぜた~`と,思って用意しろと~`って~丶たんでず。 ナこブ占、 ここ の揖所の線量ヵ裏非常轟こ髙~`のと、 ホゥ酸ーまぁる程度溶ヵゝして入れプょ~丶とし丶'ナ_ブょ~`んでず。 要ずる轟こ、 袋 で入ってく るの3ま、 ホゥ酸の固まり と~`ぅヵゝ、 結晶と~`ぅヵゝ` 白~丶ぁれですヵゝら、 ぁォもを轟まっと入れて も、 溶ヵゝしてぅまく大疆tる手竄債も考ぇてお&ナと~`ぅこと饗ま、 もっと團菰縄こ言って~丶ナニんでず〝 ナこナ三、 ゃiまり現蜴の線量ヵ3髙し丶、 それヵゝら準備ヵ輩ブょヵゝなヵゝ盤ゎブょ~`、 まず轟ま水を入れると~`ぅ ことを 最優先で、 ホゥ〝酸ー‡、 しょぅヵ輩プょし`ヵゝら、 棚でき次第入れろとレ`ぅことで、 実質的嚢こできナこのヵ奮 20 時45分と~`うことでぁって、 これ轟ま指示で 20峙45 分iこなっナこんで繍‡なく”て、 これ繍ま、 「as s。。n 曲 p。ssibーe」 で入れろと~`ぅことヵゞ、 現揚で実ー捺ーこーまこの時轟轟ーこなっナことし`ぅことでず。 〇質語『者 それヵゝら、 この燻発賽こ関して}ま、 し丶ろんな原因}こっし丶て議諭をされて、 ど ぅ も格納容器ヵゝら 水索ヵ責漏れて、 建屋上部の方Gこ充湖して、 そ彙$で爆発Gこ至っプこんでじまナょし丶ヵゝとし`ぅのヵ奮、 数時=疆以内ーこ 縄ま、 そぅ〝丶うのヵ婁有カプょ脱と してとなぇられナことして丶 でーま、 'そうし丶っブこ原因の可轟管性ヵ貪髙~`とブょっナこ 齢}こ、 各号機、 ー号` 2号、 3号、 4ブょし丶し6号とぁります'ナれども、 それら轟こ対して、 今後、 そう し`っアこことヵ$起こることを防ぐナこめ縄こ、 何ヵゝずる手立て縄まな~`ヵゝと~`ぅょぅブょ、 そうし丶う検討とレ丶ぅの 繍まされ†こんでずヵ=。 。回答者 同時簾こしまず〝 〇質閾者 伊丿ぇば、 どぅ~丶ぅ譲輪ヵ3そのとき}こ篆ま。 〇回答者 まず、 本当ーこ原子炉建屋のブローアゥ ト丿〟ネ丿レと~ゝうのヵ3ぁり ま して、 原子炉建屋の圧力ヵ$ ー3
  14. 14. 【取扱し`厳重注意】 ぁる程度上ヵ輩る齔、 このプローアウ ト丿{ネノレヵ~タト佃】馨こ破れて、圧カを逃ヵ3すょぅな櫛造轟こプょって~`ます。 ところヵ輩、 これヵ寶平成 ー9 年の柏崎の地のときGこ` 地震カで圧力ヵ3上ヵ$ってレ`ゾょ~`の縄こ、 ブローア ゥ ト丿〝ネ丿レヵ3完全轟こ閲~`ブこ事{祝]ヵ3何伊ーヵ=ぁりまして、 そのブロ~ァゥ ト丿ヾネ丿レ縄ま、 ちょっと開き~づらく するょぅな改良とし丶~丶ますヵ=、 今ヵゝら思う と改悪プょんですーナれども、 ずるよう縄こブょって~`ま して、 碑 機のブローアゥ トノ〟ネノレヵ翼疇疇きづらル・丶と〟丶ぅことヵ3ぁりました〟 それで` 2号、 3号も当然のことブょヵ耆らこの事象ヵ3起こるとし`ぅこと繍‡、未ムも頭の中iこぁりましたし、 本店も同じ意で共有して、 まず、 どぅ しょぅヵゝと` それで、 プローアゥ Fノ〟ネ丿レを開~ナる&こしても、 今、 原子炉建屋の中&こも入れ*ょ~`ょぅな状旗で、 外ヵゝらも團團Gナ られな~`と〝 それで、 ~`ろんなことを考ぇて、 も う~っ饗ま、 作業ーこイ半って、 もぅ既轟こどれく ら~`水素ヵ讐浮~`てし'丶る ヵ〝ゎヵ〝らなし`、 作藁賽こ行くのも危な~`ゎじナです檎 作業賽こょって、 例ぇ}ま火花で発火ずると~`ぅことも ぁりオ尋るので` ~`ろレ丶ろ横討しナこんでず繍ナれども、 碗Jぇ}ま夕ト側ヵゝら何ヵ=ゥォータージェッ トみた~`ブょも ので閲縄ナれ繍ま、 要するGこ水で且團じナるので火花ヵ3出な~`ヵゝらウォークージェッ トはできナ羹し丶ヵゝとヵゝ、 そん ナょ単時間で穴を開賽ナるょうゾょエ其もな~`でずし、 ~丶ろんゾょ検討を しま しナこ〝 人閲ヵ責入ってできな~`ヵゝと ヵゝ、 ~`ろんプょこと轟ま考ぇた丿vで髑】~ヵ輩、 少プょく ともずく〝轟こできるょうプょ状況で縄まゾょ~`とし丶ぅことで、 並千テ して考ぇて繍まし丶ブニんでずGナれども、 そんブょ状魍ヵ膏統し`てし丶た。 でずヵゝら、 検討をず っ と継統してし丶た・ それで、 たまたま 2_号機凌讐、 現塀轟こ行った人問ヵ費プローアウ ト丿ヾネ丿レヵ輩開じ丶て~`るぞ と、 何でだとし`, うことで、 多分ぁォt縄まェ母機の燦発の圧プ〕ヵゝ何ヵゝGこょるんだと思ぅんです〝 それ&こ しても解せオょし`の繍ま、 測ーーー}こブローアゥ ー`ノ縄ネ丿レヵ奮ぁって、 エ号孝畿縄まこっちヵゝら燥発 して貶`るので、 ょく このブローアウ トノ〝 ネ丿レヵ3開レ丶ナこプょと思ってし丶るんです轟ナれども、 ~`ずれGこしても、 2号機縄まブローアゥ ト丿〟ネ丿レヵ肇開し丶て ~丶るヵゝら、 何とヵゝ逃Gずそうだとし`ぅことで}まっとしたので、 3号をどぅするヵゝ、 こぅし丶ぅ話で、 3号機 を重点的轟こゃって、 そのブローアゥ トノ〝ネ丿レ、 もしく轟まプローアゥ トノ〟ネ丿レ以外でもし丶ぁ丶んでず憂ナれど も、 疇團}ナられゾょし丶ヵゝと、 衝端ナょことを冒う と、 自衛隊のジェッ ト機ヵゝ何ヵゝ来て、 機閲銃カゝ何ヵゝで穴を疇H 縄ナてくれプょ~`ヵゝく らし丶のことも考ぇたゎ}ナなんでナみナれども。 〇質閻者 建屋の蓼戸常用の饗鮮気の系統で、 SGTS、 ぁれとし`ぅのーま、 このとき'ま使ぇる状況ではな~丶ん ですヵゝ〝 ・ 。回答者 な影丶でず。 非常用系の醒源ヵ賽プょ~`でずヵゝら、 SGTS ヵ肇もし生きて〟`れば、 水蟲'.亘ヱ 欟まなヵゝ.っ たでずよ〝 紬雀こな~`でず. そこヵゝら非常用換気してし`るゎーナでずヵゝら、 そこヵゝら原子炉建屋の中の気 体ヵ賽全部フィ丿レタキをヵゝま してタト轟こ出て~丶〈ゎ'ナでずヵゝら` これ轟ま建屋の中の非常用の換気ヵ肇生きてし丶 れぱ、 水棄爆発繍ま起こって~`ません。 ナ占ヵゝら、 我々ヵ$ちょっと惹朧で抜繍ナて~`ナこの轟ま、 イ可ヵゝ換気して、 sGTS&ま止まって~`る、 通常換気系 も止まって~`るんでず'ナれども、 換気してくれて〟丶るょうブょ勘逓し丶してし丶る轟確分カ$ぁって、 そこで水素 ヵ3たまって爆発ずると〟`う発想轟こなヵゝなヵゝ切り〟替ぇられてレ丶汁ょヵゝっナこ” 〝 〇質閲者 それ繍ま丶 ェ号機の卿前とし丶うことでずヵゝ” 〇回答者 前です。 その後繍‡、 おっ しゃるょ ぅGこ` 3号磯繍ま何疼ヵゝの手当でラィ ンを生ヵ~して、 換気で きプょし丶ヵゝとヵゝ、 そうレ丶うことも含めてでず。 それヵゝら、 今言っナこブローアゥ トノ〝ネ丿レとどう開饗ナるヵゝと ヵ=、 プローアゥ トノヾネ丿レ以タトでも、 建屋のー番の角じこ繍可ヵ=疇團ロ部をイ債れ縄董、 とヵゝです檎 。質問者 何ヵゝ大きゾょ鉄の玉のょ ぅなものをヘリ コプターでぷら下&ずて、 どんとぷっ'ナたし丶と、 まず` ー4
  15. 15. 【取扱~`厳重注意】 そぅ~`ぅことヵ貪ぁりまずね” 〇回答者 そんなことを、 手ムらヵ奮本店Gこそんブょことを言って'し丶たんです、 何ヵゝ考ぇてくれと、 でも 手立てヵ3な~丶ので、 タトヵゝら原子炉建屋の上をプレークするょうプょ方法を考ぇてくれとし〉うの3‡、 ずっと このときヵ〝ら言ってレ丶ましたね。 。質問者 今のー運の話じま、 これ巌ま` ー号機と同様響こ、 建屋内Gこ水素なんヵゝヵ誓充満した齢婁こ` どぅす るヵゝと~`ぅょうなことで、 轟ーー途吏ーこ力=ぇて、 2号機ゃ3号機の圧カ容脾格納容器、 そちらの方賽こ対し ても弓ーき`続き十分繭を講じゾょ縄ナれぱプょらブょ~`とレ`ぅ状況ヵ責ぁるゎ'ナです檎 それで、 時索夙jを睨み進めて〟`く と、 2号機の方、 それヵゝら 3号機の方も同様ブょんですヵ誓、 これ繍‡、 ー9ぺージを見て~`く と、 この3月 ー2 日の ー7時30 分、 ですヵゝら、 これじ‡爆発ヵゝら2時問弱く・ら)丶のと ころで` べン ト操イ催の ぜ『を疇團女台ずるょぅ、 発所長指示と、 これ鬱ま同様の記述ヵ翠3号機の方Gこもぁり まして、 そうすると、 ー7時30分のーー象点で、 2号機と 3号~機、 し丶ずれもべン ト操作の準備を開朧ょと、 そうレ丶ぅことをナょさってぉられると~`ぅことGこブょるんですヵゝね〝 。回答者 繍ま~`〝 . _ 〇債問者 この段階で、 2号機、 3号機轟こっし丶て、 そのべン トの操作の準備をせよと~`ぅ半]断をされナこ の}ま、 どぅ してなんでずヵ琴。 ' 〇回答者 これも当然のことプょヵ讐ら、 エ号機でべントでぇらし丶手=團を取りましたし、 どっちみち3号、 2号も同じょうプょ状賑轟こブょるゎ盗ナですヵゝら、 最後のラプチャディスクプごじナーまんと破れ}まぺントできるょ うーこしておヵ〝な~`と、 格納容器の圧力ヵ奮夕丿疇命上ヵ=ってと'〟丶ぅことーこ矢ょるので丶 その準俯をしろと~`ぅ こ とを早め縄こ言った。 。質問者 状況をちょっと朋らヵゝGこずるナニめゾょんでずヵ輩、 そぅ~丶ぅ ことで、 どのみち、 工号機の方でヵゝ プょり蕎卸苦労されて~`るので` 早め、 早め轟ことし丶ぅことでぁった齢ーこ、 伽ーぇばそぅv丶ぅ苦労をされて~` るのヵ警、 3月 ー2 日の未朋とヵゝ、 そのころーこずっと線量ヵ輩上昇して~丶っブこりニ 余震ヵ警統し丶たり` そぅ~` う状況ヵ賽ぁるところで、 これーま一筋で繍‡し丶ヵゝぬブょと、 当初思って磁丶ナこべントのょぅなもの縄まもっと手 間ヵ奮ヵゝヵゝるものだと、 ブょった段階で、 伊jぇ縄ま3月 ー2 日の牙ミ朋とヵゝ、 朋ーナ方く らし`【こーま、 もぅ ー号機で これだじナブょるだヵゝら、 2号機、 3号機の方も今_ヵゝらでも準例蹟を進めておじナと~`ぅふぅーこならゾょヵゝっナこ何 ヵゝ原因ヵ3おるんでずヵゝ” ・ 〇回答者・ まナ三、 ー号機ヵ責べン トヵ琴完全縄こ、 ェ号機iこ人ヵ翼全部ヵゝヵゝってゎるゎ縄ナでず檎 要する轟こ、 ~丶 ずれじこしても余裕ヵ警ゾょ~`ノuでずょ。 。質閻者 それ搬ま、 人員幽J。 〇回答者 人員的余裕もナょ~`でずね〟 それで、 今、 言ったょう縄こ、 ー2 日の午後ーこ慧ま、 爆発 してし`るゎGナ でずヵ〝ら、 その段階で` 現揖【こ行って、 べン トの操イ偕の準備を しろと言って も、 人貝的も、 線遺も上ヵ膏 ってきて~`まずしね、 プょヵゝブょヵゝ行ヵゝせられプょ~丶と~`う状況なんナ占縄ナれども、 だiナれども早く しろと~丶う ことなんでず“ ですヵゝら、 ゃっとの後で、 ~丶っぺん退避させて、 ー号機のラィ ンナップをさせナニ` そぅ~`ぅょぅ プょタィ ミングで同時}こ` 考ぇてーまし`ナニんでず蔽ナれども` まず轟まー号機を{可とヵゝ落ち着}ナるとし丶ぅことヵ奮 ー番重要だとし~うふうプょ繝ー断を したとし丶ぅことです” 。質問者 2号機縄こっ~`て言ぅ と、 ー2 日の ー7 時 30 分の時点で巌ま、 注水の閲係でずと、 RCーC ヵ3起動 ー5
  16. 16. してレ`たと~`ぅことGこなってし丶るんでず轟ナれども、 それで、 この時丿慕で'ま、 まだRCーC ヵ奮動~丶て~`ると レ丶う認をされてし`ま したヵゝ〟 〇回答者 轟ま〝丶。 〇質F迅者 当初、 この2号機縄こ関してし`う と〟 現褐の方のエ夫とレ丶ぅことで、 丿〝ッテりーな〝んヵゝで藝ら ブょ〟`負荷なんヵゝーま全部落と して、, ECーC の方縄こを集中させると、 使うところをそぅし丶ぅ形で省カィヒ したと~丶ぅょぅゾょぉ旨舌で、 実際ーこ、 そぅ~丶う形で取っナこと しても、 それヵ寶どの程度もっヵゝと〝丶_うのーま、 ゎヵゝらな~`状況なんでず檎 で巖ま、 この RGー。 ヵ奮まだ動し丶てv`るんだとし`ぅこと&こっ~`て縄‡、 {可ヵ軸閲の方法、 これーまど ぅし丶った 形で確認を。 〇回答者 未ムも要するGこ、 互言 の緊帥策童'こ〟`ると、 現場ヵ3ゎヵゝりません〟 ですヵゝら、 R瓜C }ま動 〟`てレ丶るのヵゝとレ丶ぅ問~丶ヵゝ&ナ}ま何回も しま した・ だfナれども、 現揚で、・藝するGこ軒器ヵ輩見ぇな~`とし丶ぅ 話ヵ婁入ってきて、 それでも碓してくれとし`ぅことを言って、 ゃっと後で閾く とぇら~`大変な思~`をし て、 RCーC の迎転を確認ずる、 原子炉建屋の中轟こ入って~丶って、 大変ブょ思し`を してとし丶ぅの轟‡、 手ムも ぅ ヵゝっなことで、 そんブょ縄こ、 大変ブょのGまゎヵゝって~`ま したじナれども、 物す~ごく大変だと~`う認職ヵ琴、 その 時点で鬱‡ゾょヵ~っブこので、 RCーC を確認してくれと` それで大変な思~`を して、 2=寺 55 分の時点で報告 ヵ賽ぁって縄まっと しナこと~`ぅ思し丶ヵ膏ぁるんです轟ナれども、 記憶ヵ責ぁります〝 。質闔者 それ轟ま` ー2 日の2時55分董での聞ーこそぅ~`う報告ヵ輩ぁって、 その後、 RCーC縄ま結局ずっと 迎転起勁中ブごと~`ぅこ'と繍こブょって~`るんですヵ肇`例ぇGま3月 ー2 日の夜ごろとヵ'、要ずるーこ、これじ‡丑CーC ヵ奮止まったら、 决の手立てをずぐiこでも考ぇな&ナれ轟まし丶ーナプょ~`ですね そうする と、 RCーC ヵ耆動~`てし丶 るヵゝ、 動~`て~丶ジょ聯丶ヵゝと~`うこと轟こっし`てーま、 す〝っと発斑プょりGこ確髑欝ま取って~`てこノvでずヵゝ・ 。回答者 勿でづ一ょ〝 でずヵゝら` 澪ム轟ま、 RCーc ヵ警動~`て~丶ることヵ責、 2号機の决のステップ轟こ、 抽備 縄まずる}こしてもでずょ` 决のステップの紫ー断Gこなりますヵゝら、 '〝葦牽をしろと~`ぅ指示ーましており ・ま しブこ” 。質問者 RCーc の水源とレ`ぅのーま何でしたヵゝ〝 。回答者 RCーC の水源と~`ぅの優ま、 自分です。 自分でずと〟丶ぅの繍ま、 蒸気で、 自分の恭気を復水機で 戻して” 〇質F遇者 それで}ま、 水源の方を見てもゎヵゝらな~`でずね。 〇質問者 この RCーC ヵ奮まナ奮証鮒~`て~丶ると~`うことの3万 ー2 日の例ぇ縄ま夜の段階プょんヵゝで、 このころ 繍ま、 所長の頭と して、 要するGここれ轟ま、 後ヵゝら振り返ってみれーま、 結局、 3月 ー4 日の ー3時25 分Gこ停 止とし丶ぅのを、 これ巌ま水位のイ氏下をもって羽j断さォ$て~`るょぅプょんでずヵ饗、 当初ヵゝら ー4 曰の ー3 =寺 25 分まで助く と縄ま,思ゎプょ~`ゎ'ナでずね。 し丶っ止まるヵゝゎヵゝらプょし丶と~`う状況で、 ずっと日々時問ヵ$経って レ丶くゎじナです檎 〇回答者 ですヵゝら、 基木的唾こ&‡ェ号薯幾ヵ3大変*ょ状況Gこプょって、 决}こ3号・】幾でずね、 ー 、 3` 2でずヵゝ ら、 要する繍こ、 少プょく ともシリーズで来てくォmブこのヵ肇ラッキーだと思って~`るく〝ら~丶で、 どのタィ ミン グで来てもぉヵゝしくなし丶ゎ繍ナですょ。 人ヵ奮足りプょレゝと〟丶う状ゴ鵬で、 頭の中ヵ誓ノ縄ニくって〝`るんでずょ〟 未ムも縄まっき りし丶って、 だじナれども、 さっき言っナこよう轟こ` ゃること}ま水を注水、 どの号機も水を注水す ることとべン トだと、 これしヵゝなし`。 その中で、 し丶ろ~`ろ状況ヵ讐、 ー号機ヵ肇燦発しただとヵ=、 その収集 ー6
  17. 17. 【取扱し丶厳重注意】 もしな繍ナれ巖まし`轟ナな~`、 その間Gこ2号機、 3号機の状況ヵ$変ゎってきっっぁるのを確認しナょヵ暮ら対応 し て~`ると~`ぅ指示を して~`たと、 本当のぎ昆乱期でずヵゝら、 そんプょロジヵノレーこ、 どのタィ ミングで何ヵ零と ヵゝし丶ぅこと饗ま鱗ょ襲丶んですね〝 そのとき轟こ気ヵ賽っ〟丶ナこことヵゝら、 どんどん指示をしてゃって~`く と~`ぅょ ぅな状態でずヵ〝ら' 。質問者 でiま、 碗jぇ}ま、 この爆発の後とヵゝ、 2号機なんヵゝ}ま、 RCーC ヵ$まだ勤レ丶てし`ると、 これ}土止 まっナこらどうしょうとヵゝ〟 〇回答者 勿、 考ぇて~丶ま した' 〇質問者 考ぇて~`羞したヵゝ、 ど~ぅし`うふぅ賽こしとぅと。 。回答者 ~丶ずれ&こ しても胱する しヵゝブょし丶ので、 海水湖、 ナこアご し、 その"寺点でもまだ十分賽こェ号機 憂ご消防車、 手当 しま したiナれども、 寶肖防車ヵ3まブご十分嚢こプょ~`状態でずヵゝら、 それヵ3ー頂次来るんですじナれ ども、 その順次来ナニのヵ饗、 どの段階で何台来たヵゝ轟‡、 も ぅ未ムの記憶繍こゾょ~`ですヵ輩、 2号機の注水ずる段 階}こブょると、 縞榊` 消防車ヵ輩来て~`ま して、 それでポンプアップずるため欝こ2台もって~丶って、 それヵゝ らまナこ、 要ずるGこ物揚揚ヵゝら水を取って、 そこでポンプアップして、 要する轟こゼロメーターヵゝら ー0 メ ーターまでポンプアップを2台の消防車でゃって、 そこヵゝら注入の寧肖防車轟こ持って~`く と、 そのラィ ン ナップヵ32号機の帥のとき轟こ初めてと~`うヵ`、 そのラィ ンナップ繍こブょるまで、 最初ーまー台でェ号機を 女台めて~`たゎじナでずヵゝら、 徐々【こ寶肖防車ヵ裏増えてく るんだーナれども、 それでライ ンナップを决々轟こ変ぇ て~`って~丶るょぅプょ状況なゎ縄ナでず檎 そうすると、 このころ、 RCーC ヵ輩止まったら、 梢防車を使った形、 要ずる&こー号機でゃって~丶るょぅ な形とし丶ぅ頭だっナこんでずヵ`檎 。回答者 そぅでず。'それしヵゝプょし丶〝 〇質問者 そぅずると、 その=寺点で縄‡、 3号機ゾょんヵ,ゝ繍ま、 ェ号機の爆発当時、 HPCー ヵ輩起励 して~丶るん でずヵ$、 2号'まもう起助しゾょ~`ものナ三と思って~`ナこんでずヵ=〟 。回答者 それ~ま、 何とヵゝ起勁させろとレ丶ぅこと繍まずっと言って〟丶ま しすこヵ3、 ど}う も現場ヘ行く と、 抽0ー縄‡ノ〟ッデリーだったヵゝ、 ノ〟ンナ占っナこヵゝゎヵ`ら訳ょし丶でずじナォ$ども、 そこヵ琴だめナ奮と、 何とヵ蘊ー日し ・ ろと~丶ぅ指示ーまして~`ま したヵ琴、 復ー日斑の方で箋霊鶏理だと、 多分、 同じところで、 同じタィ ミングGこ所長 縄こブょられたら多分ゎヵゝると思ぅんでず縄ナれども、 こォもだGナ、 3っ暴れて~`る'ものヵ警ぁって、 ~`ろノuな俯 報ヵ輩来て` 判ー断しプょし丶と〟丶〝ナブょし`とき響こ丶 もぅゎヵ〝らなくなってしまぅんでナ檎 ナごヵ〝ら、 指示をした の'‡ゝ 手』の指示'ま、 単純Gこ注水しろ、 何とヵゝエ夫して注水しろ、 悔水でもイ可でも~`~`ヵゝら、 それと格納 棚の圧カを下じずろ。 それで、 今、 おっ しゃっナこょぅ轟こ、 RCーC、 軸0ー 轟ま、 それGこ行くまでの團寺閲ヵゝせぎですヵゝら、 これ ー‡{可とヵゝ生ヵ=せるだじナ生ヵゝせと、 こ〝ォ$ナご縄ナブょんでず〟 。質檸ワ者 何らヵゝの原因で、 もう HPCー饗ま使ぇな酵丶んだと~`う頭じ土、 も ぅ このころiまぁっナこんですね。 〇回答考 菱,ったんだじナれども、 何筆ヵ募しろと~`ぅこと轟ま言って~`まづ一” 〇質問者 ぁと巌ま、 髙圧注水ヵ彗可能プょ SLC なんヵゝ}こっし丶ても、 これGま爆発前じま2景機も含めてライ ン をっくってと~丶ぅ ょぅなこと忍まぁっナこ轟ナれども、 それヵ寶オく索燦発後縄ま、 源車汁ょんヵゝヵ蓄止まってしまっ て ` そっちの方}‡もぅぁき らめて、 ぁと繍ま RCーC の後&ま獅水だと。 〇回答者 まず減圧を して、 悔水でず〟 海水とし`ぅヵゝ、 淡水でもどっちでも~丶レ丶んでナ~ナれども、 注水 ー7
  18. 18. 【取扱し丶厳重注意】 と。 〇質問者 で}ま、爆発後の3号機プょんです'ナれども、 3号機も同様G=ベン トのを時閲ヵ奮ヵ〝ヵゝるヵゝら、 ぁらヵゝじめ前優jしでゃってし丶ーナと~`ぅことヵ責ぁるとともーこ、 一番要な水を入れると~`ぅところーこっし` ては、 この時点で}ま、 畩0ー ヵ實 R0ーG停止後&こ起動して~`ナこと~丶ぅ状況ナ三ったゎ巖ナです檎 〝 〇回答者 繍‡~`〟 〝 。質闔者 その時点でもどう しょぅと~丶ぅ頭}ま〟 。回答者 ぁ り ま した・ 。質問者 3号機轟こっし丶ても同様ですヵ=` 同様と〝丶ぅのーま、 消防車を使って、 FP ラィ ンヵ〝ら水を入れ ると~`ぅ頭でぉられナことし丶ぅことですヵゝ。 。回鰐 繍ま~`。 〇問者 ちなみーこ、 この3号機ーこっ聯`ても、 sLCとヵ〝C皿 とヵ=、 そぅ~`ったところヵ`ら〟 。回答者 勿論、 全部検肘して~丶ま した〟 まず、 一番考ぇるのーま、 大きく言ぅ と、 航ゾょんでず・ 注水 と〝丶ぅの巌ま、 今、 圧プ]ヵ琴髙レ丶状鵬で注水できるシステムヵ輩ぁれ轟ま、 髙~`圧カの中で肋 してゃれぱ、 ち ょっとでも水ヵ琴入る'わ縄ナでずヵゝら、 本当縄‡余り離を しナニくブょし丶んですょ。 雌しアニ分ヵ毒水ヵ3蒸気賽こプょ って、サプレッションチェンノ{饗こ落ちて~`きますヵゝら、水縄立ヵ$滅るんでず檎祇しな~`で注水ずれ轟ま、 水位巌ま=ントローノレしたまま胱できますヵゝら、 普通繍‡まだ髙~萃圧カ、 ですヵゝら非常用炉'齔`冷却系の、 まず、 髙圧炉'L`湖系、 これカ寶先ーこ勁く よぅーこなって〟丶るわ縄ナでず檎 同じょう轟こ丶 髙〟`圧カで入るの ー‡、 sLC でずとヵゝ、 纈j御棒駆伽榊、 嗣j御樺駆動系でずね、 この水源ーま高~`圧力で入りまずヵゝら、 こ ぅ “し`ぅポンプナ三とヵゝ電源カ3生きてし丶るヵ〝どぅヵさ巌ま、 3プラントともノヾラーこ査させてし丶た〟 だGナれども、 動くのヵ輩ーまとんどな~`と、 どぅもポンプヵ警動~`ても、 ポンプ本体じ‡何とヵゝ叩Jきそぅだ轟ナれども、 潤滑油 系ヵ肇もうナごめナごヵゝら、 珈ユヵゝしてもずぐGこ止まってしまぅだろぅ とヵゝ、 それヵ〝ら` メヵニヵ丿レシーノレ轟こ水 を供給ずるライ ンヵ3全然呂ー]のラィ ンで、 そのラィ ンヵ3もぅ止まって~丶ますヵゝら、 メヵニヵ丿レシー丿レヵ3効 ~`て麟丶矢ょ~`、 そこでもうスティ ック してしまうだろう とヵゝ、 どの号機ヵ輩どぅナごったヵゝゎヵゝらブょ~丶んでず 'ナれども、 できません状帳ヵ3次々Gこ来るゎじナです〝 その中で〝維一 SLC ブご縄ナヵ$建屋の中で~丶ぅ と` 上の 方Gこぁるゎiナです檎 ナごヵゝ縄ら、 水Gこ浸ヵゝって~`な~`ところでずヵゝら、 源さぇ生ヵゝしてやれ}ま、 ポンプ だとヵゝ、 そのもの饗‡生きて影丶るだろう と~`うことで s加 のチョィス轟こプょるんでず繍ナれども、 それ で電源を生ヵゝす。 ナ乞じナれども、 SLC ももともと夕ンクそのもの容量ヵ葦ノj丶さ~丶でずヵゝら丶 テス トタンクの 水を从ても、 ー00 トンもな~`のヵゝプょ、 その く'ら~`しヵゝ注水できませんヵゝら、 結局、 的ブょのーま無理 なんです檎 でずヵゝら、 ちょっとでも時問ヵ〝せぎ'のためじこセも、 そぅレ`ぅシステムを生ヵ峯すナご}ナ生ヵゝし ましょうと、 こぅレ`ぅ感じでず〝 。質問者 技術的ナょ理で御質括譬汁ょんでず多ナれども丶 SLC と RCーC ヵ責ブごめなとき&ま、 FP系しヵゝ汁ょし`と ~丶うことでず檎 〝 〇回答者 と~丶ぅヵゝ、 さっきも言〝丶ま しナこょぅ轟こ、 全部チェック して` =静ー御オ鰐駆叩J系プょんヵゝ、 70キロ以 上、 設計上簾ま 90 ぎロく・ら~`まで圧力を上じずられますヵ〝ら、 注水しょぅ と思ぇ轟まー番~`~`んですね、 繝] 御棒ヵ3下ヵゝら水ヵ奮入り` その検肘ヵ奮ポンプヵ輩だめとヵゝ、 号機Gこょって逝~`ますじナれども、 電源ヵ琴ナごめと ヵゝ` それヵゝら SLC とし`ぅの轟ま、 そんプょーこ冷却源と してそんプょ讐こ期オ寺できるものの遷繍まな~`〝 でずヵゝら、 本当餐ま葡ー御棒駆系ヵゞーましヵゝっナこんでず'ナれども〟 ー8
  19. 19. 〇質闔者 SLC なんヵゝじま丿斉ッテリーで動~`ナことし`うことですヵゝ。 〇回答者 これも交流源で、 でずヵ=ら丶 ・昌呈 車で持ってきて〟 〇質問者 今、 どんどん回してレ丶る水とし丶うの轟ま、 今でも FP系ヵゝら入れて~`るんですヵゝ〟 〇回答者 FP 系ヵゝら給水系Gこ変ぇま した。 イ可でヵゝとし丶~`まずと、 後の時閲ーこプょるんでず}ナれども、 ー 号機ヵ奮FP 系ヵ婁どうも詰まって、 献ヵ寶できブょくナょっナこクィ ミングヵ翼ぁります〝 3月の何欟だっナニヵゝ忘 れま したiナれども、 2週閲ぐら〝丶後ヵゝな、 炉の~ …曇 ヵ声どんどん上ヵ奮って~`く と~`ぅ事象ヵ黄ぁって、 と婁こ ヵゝく 曲系と~`ぅの巖‡、 御存じのょうGこ消火系配管ですヵゝら、 中で~丶ろ避丶ろ分岐してし丶るんでず〟 もと もと梢火、 火を譬肖すための配管でずヵ〝ら、 中で~`ろんブょところじこ分岐してし`まずヵゝら、 元を全部閉める と言ってし丶るんですGナれども` どう してもノ〝ィノ〟スフローヵヌ出てく る可能性ヵ實ぁって、 そぅすると、 入 ってし`る水ヵ誓全部炉ーこ入って~`るヵゝど うヵゝわヵゝりません' それヵゝら海水を入れて~`ます~ヵ=ら、 ~`ろんグょところで、 塩水ですヵゝら、 ど ぅ~丶う状態Gこプょるヵゝ、 鯖ま りナごとヵゝ、 そぅ~`うのヵ警発生して、 ちゃんと入って~`ってし`プょし丶ヵ〝もしれ汁ょ~`。 今饗‡、 途中で系統を切り巷ぇと~`ぅヵゝ、 臥ロを襲ーーのところへもって~丶って、 ー号機ヵ寶給水系のべン ト配管ヵゝら注入するとヵゝ、 システムを生ヵ〝して` まアこ、 改造してもう少し大垂ーこ入るラィ ン欟‡後で迫殿 ' して、 そこも=頂次改善してし丶って〟丶るんでず。 〇興閲者 その後で使ぇるょ ぅ繍こなったと気づv丶て~`るゎ'ナでずね〟 -〇回答者 &まし`〝 〇質閻賃昔 それヵ毒使ぇたと~`ぅの'‡、 ぁる意味で轟ま不幸中の幸~丶〟 〇回答者 幸)丶です。 でずヵゝらアクシデントマネジメントでFP カ=ら原子炉Gこ注水すると~丶ぅライン樺 成ヵ責できて〝丶ブょヵゝったら、 もぅ どぅ しょうもブょヵゝっナニですね。 未ムの感党ヵゝら、 本当Gこ鍵の毛一筋の幸運 みた~丶ブょところで今Gこ至って〝丶る部分ヵ琴ぁります“ 〇質閾者 今の技術の話の少 しまた脇}こそれるんでずヵ肇` 結局、 圧力容器の中と~`ぅの轟ま` ~`っも髙~` 圧力、 もともと巌ま髙)丶圧力で使って~丶るGナれども、 これを素人考ぇでゃっナこら、 大気圧く'らし丶まで葦ま下 ろして しまって、 そぅ したら、 水をそんなポンプヵ$プょくたって、 上ヵゝら水を入れれ繍ま入るナごろう ぐら~` を、 ヵ賽さっ轟こ考えると、 そう~丶ぅ考ぇヵ饗浮ヵゝぶんでナヵ賽、 本当じこそれをゃろぅとして、 圧力'を下縄ずょぅ と した ら、 全部盟轟鵬して中&こ入って~ゝる水鬱まみんブょ零肖ぇてブょく なってしまぅんだヵゝら、 それで物ずごく 高し丶温度ブょって、 ぁと、 水を入れるも、 入ォ$ブょし丶もそんなことできプょ~丶んナ三ょと~`うことで、 拮局縄‡、 圧カ容器の中の圧力を下縄ずてィ可ヵ〝しょぅ と~`ぅこと繍ま、 実ー際臥Jじこ饗‡不可窮若だと考ぇる丿vでしょ ぅヵ〝・ そ こらG‡曹うでしょうヵゝ〝 〇回答者 ラィンさぇ生きて~丶れ巖ま、 ごく普通ーこ圧ヵ容器の中の圧カヵヌ上ヵ嘉れ轟ま、そこの該潅気を今の sR 弁、 逃ヵ3 し弁で逃ヵゞして、 それヵ$逃ヵ肇 し弁ヵゝら~サプレッションチェ ンノ寄で冷ゃせまずヵゝら、 そこで水を^ 注入ずると~`うシステム股羅モ・馨‡全然罰轟違って~`プょ~`。 〇質問者 そぅすると、 無理ゃりそうゃって開縄ナて しまって、 圧カ容器の中を大気圧まで下縄ずてしま う とし丶う、 そんプょこととレ`うの篭ま、 やれ鬱まできると,思~`ますヵ=〟 〇回答者 できます。 要ずるGこ B腑 の殴言fヵゝらし丶う と、 それ警まもうできる、 ECCs ヵ警生きて~`れGま、 股備ヵ3生きてし丶れ繍ま、 たゃずくできることで、 今までもそれを何回もゃってし`るゎ轟ナでずね。 実運嘱上 でず檎 ーg
  20. 20. 【取扱し丶注意】 〇質問者 そうずると、 それヵ$できな~`ヵゝら、 今のょぅなことヵゞ' 〇回答者 そうです〟 〇質問者 ゎヵゝりました。 どうもぁりヵ輩と ぅござし丶ま した。 また、 戻ってどうぞ〝 。質問者 それで、 先簾まどちょっとお話ヵ責ぁっナニんでずヵ奮、 これ鬱‡水案燥発後、 〟`ろ〟丶ろェ号機も2号 機も3号機も~丶ずれも対応しなくてfまプょらな~`と思ぅんです繍ナ嚢$ども、 このときの疇良られた人手、 物資 と~`ったもの、 どこ{こ優先的&こ投下するヵゝと~`ぅ点で言ぅ と、 爆発後繍ま、 ェ番篆ま3号機プょんでずヵ〝。 〇回答者 3号機です。 〇贋問者 それ繍ま、 ブょぜ3号機ゾょんでずヵゝ。 。回答者 ぁのときの状況ヵゝら~`う と、 R。ーC ヵ責多分先Gこ行っナこのヵ責3号機。 〇質問著 そ ぅ でず檎 〇回答者 ナごヵゝら、 RCーC ヵ声だめナ三と、 それを 畩Cー任こ切り巷ゎりましナこiナれども、 ヱを'}・ゴ…ー"~ も、 そんブょ羅こな~`んじゃな~`ヵゝと~`ぅことで、 それで、 何で2号ヵ事後回しヵゝと禮ゝぅ と、 2号、 3号とb丶 うの縄ま、 多分同じタィ ミングで考ぇナこんでずょ、 )`ろんゾょことを" ナこナご、 先ーこ3号機ヵ翼 抽Cー ヵ肇止まっ たので、 で}‡3号機繍こ誓テ'ナと~丶うことでぁって、 2号、 3号と~`ぅの簾ま、 結呆として3号ヵ$先&こきたの で、 3号機Gこ~`ったとし丶ぅことでず。 〝 。質問者 で簾ま、 この爆発直後の、 それヵゝらその日の、 ー2 日の夜なんヵゝーま、 2号機繍ま RCーC ヵ讐起叩Jし てし丶て、 3号機繍ま 肝Cー ヵ輩起邸Jして~`ると〝 ただ、 2号機だってし丶っ RCーC ヵ責止まるヵゝゎヵゝらなし丶状況 で、 HPCー も同様だとし丶ぅことで、 そのころ繍‡、 同じょぅ縄こして考えてレ丶'C丶 畩Cー ヵ3止まったところ で、 3号機の方Gこまずとレゝぅ考ぇ讐こなって~`ナこと~`う ことプょんでずヵゝ熾 〇回答者 轟‡~`。 〇蝦問者 それで、束醒の方の=寺系夙]の中の公表 して~丶るゃっで、3a ぺージのところプょんでナGナれども、 既股冷却股備の復ー日と〝丶ぅ ところヵ3ぁって、 これ繍‡柵0ー ヵゞ停止 した後の話繍こなると患うんでずヵ肇、 デ ィーゼノレ駆勤消火ポンプーこょる注水を賦みるも、 原子炉圧力ヵ責約4岬a まで上昇してぉり、 注入でき ずとし`う肥戦ヵ輩ぁりまして、 ニれ}ま、 このころ、 要ずる餐こ 柵。ー ヵ3止まっナニ後Gこ、 まず、 ディーゼノレ驛 動譬肖火ポンプで注水を試みナこと~`ぅょぅな御記憶繍まぁりまずヵゝ。 〇回答者 プょレ丶です。 〇質問者 これもなし丶ですヵゝ。 。回答者 とレ`ぅヵゝ、 こんなものもともとだれヵゝヵ奮うまくまとめて~`るので、 そのときの現蜴の状熊プょ んヵゝヵ賓ゎヵゝらな~`ゃっヵ實まとめて~丶るんナ三と思し丶まずヵ讐、 当然、 こんプょもの4岬a ぁれ縄ま入らプょ~`の ーま当たり前プょんでずね〝 イ可をーまヵゝブょことを言って~`るんだと~`うことく〝らし丶しヵゝプょし`んです繍ナれども。 〇蜃問者 ここでなんです縄ナれども、 {也方で、 束鯉Gこ公表されてレ丶る丿ヾラメーター、 ーF3 の水イ立嬲 圧カ 警こ関する丿〝ラメーターの 2ー 分の2ぺージのところなんでずヵ茸、 そォもぞれ番号ヵ誓振ってぁって。 。質冊者 何時何分と言って くれォも警まォっヵゝりま寸}一ヵ〝ら' 。質問者 そぅですヵゝ、 時ー謂ロを特定しますので。 。質關者・ 2ー 分の何べージで しナニヵゝ。 。質關者 2ー 分の2べージでず。 ここの20ーー年3児 ー3 日 3”寺 44分のところヵ享` 原子炉圧カヵ肇、 A系 統で計沸jしナこ値ヵ誓 4・ー00唯a と~`ぅこと簾こプょってし`て、 確ヵ=}ここのころーこ、 実際&こ DD 消火ポンプじこょ 20
  21. 21. 【取扱し丶 注意】 る注水を試みて~`るょぅなんです縄ナれども丶 ここで疑問とレ丶うヵゝ,思ったのーま、 蝕Cー ヵ3止まったのヵ嘉2 時42分で、その直後の丿ヾラメーターの値を見まずと、これ警ま3月 ー3 日の2時埜分のノ臂ラで見ますと` 。・680跚翼 と〝 ” 〇回答者 これ縄‡、 未ム縄ま後で見るんですじナれども、 途中で3号機の原子炉圧カヵ3下ヵ3っ'てし丶たとし丶ぅ記 憶カ声、 今、 なレ丶んです。 〇質關者 HPCー ヵ輩起動中ーこ、 それヵ3ょく効し丶て、 圧力ヵ3下ヵヌる。 〇回答者 それiまジょ~`でず” ぁり得プょ~丶でず・ 柵Cー ヵ$ぅまく働~`ナこヵゝらとし丶って、 炉の中の崩熱を 全部吸収して圧カを下縄ずるょぅプょ、 そんゾょもの繍まブょ~`でずヵゝら、 圧カプょんヵゝ絶対讐ここんゾょGこ下ヵ‡りませ ん。 でずヵゝら、 今` これを見て〝丶ても不,思でず〟 〇質問者 これを見る と、 このノ〟ラメーターと 取Cー の閲係をみ比べて~`く と、 瑚Cー欟‡3月 ー2 曰 の ー2時35 分}こ自動起團jして~`るょうじこゾょってし丶るんでずヵ輩` これ'ま、 ちょ ぅ ど丿〟ラメーターを見まず と、 3月 ー2 日の ー2時ー0 分轟こ 7,530跚aぁったものヵ賽、 35分Gこ起動したとされて、 その直後、 ー2"寺 45 分~こ縄‡、 6.600 とプょって、 その後、 どんどん下ヵ賽ってし`って、 こんジょ感じーこ轟まなら汁ょし丶んでずヵ=、 普 通ー‡' 〇回答者 ブょらプょ~`と思レ丶まず。 と~`うヵゝ、 まず、 圧カヵ輩汁ょくブょると 耳PCー縄ま止まるゎGナですォ=、 蒸気 ヵ芦、 圧カヵ奮丶 駆励蒸気圧ヵ3ブょくプょりまずヵゝら、 ここで下ヵ3ってまナこ上ヵ翠ってし丶まず檎 これ轟まゎヵゝらプょ ~`でづ~” 済みません、 手丿、轟‡ここ紀懺ヵ3ゾょし`“ {可せ ー2 日の靭ヵ〝ら夜でしょ ぅ、 ちょ ぅどエ号機をゃって、 ェ号機ヵ奉爆発したり とヵゝ、 ー号機の跡だとヵゝ、 さっきの話じゃなレ丶轟ナれど'も、 邪臓されプょヵ3ら注水嬲し て〟丶る段ー偕で、 ここのS号機の2ヾラメーターの変ィ齔じこっし丶て、 }まとんど記憧ヵ蓄プょし丶んでず・ 私縄ま、 このとき巌士 HPCー ヵ$回ってし丶て、 3号機繍ままだ大丈夫ナ奮と、 RCーc ヵ輩` 忘れま しナニじ矛れと~も、 まだ决のステップだと思って~丶る段ー偕で遭ず。 。質問者 粟す一るーここの丿ヾラメークーブょんヵ云轟ま、 原子炉の圧力の値ナょんヵゝを発駕班なり当直の人關ヵ蓄、 肝Cー ヵ3〟 〇回答者 これ縄ま、 本当棗こぁそこ憂こ奢〝丶てぁっナこデータを持ってきてし丶ますヵゝ、 中央操イ催室縄こ婁~丶てぁ ったデータ を。 〇耀閲者 ここ縄こ取っナニ根拠ヵ$何ヵゝと~`ぅの縄ま、〝 これGま東の方で把握されてし丶るデータ. 〇回答者 ですね、 でずヵゝら、 キ広鬱まここGま、 こんブょ在宜ヵ寶` 要ずるGこ計柳]不可` 要する轟こ空白縄こプょって~丶 まずね、 貫f攪疆不可だっナこと思ぅんでずーナれども、 ここヵ$計棋=オく可ナ占っナニものをどこヵ=のイ直を後で持って きた可能性ヵ誓ブょ~`ヵゝだじナ確認してお~丶てし`ブニナごきナこ~丶んでずじナれども、 ですヵゝら、 円卓で見て~`るデー タ と、 しょっちゅぅ計柳]不可Gこブょって~`るゎ轟ナでずょ〟 それで、 計祇'ー屋ヵ$一生縣命丿{ッテリーをっプょし丶 で見るんです饗ナ轟$ども、 丿〝ッテ蓑ーヵ膏なく なる と、 もう見られなくなってしま~`ますヵ〝ら、 そぅ~`ぅ監 器ヵ誓、 そのとき何ヵ$生きてし丶ナこヵゝとし丶ぅのヵ$、 一番重要で、 ぁとヵ〝ら~`ろんなメモリーされナこヂー タを』寺ってきて、 こぅプょって~`ま しナ=と言わォ$ても、 知りませんとし丶ぅのヵ葦、 未ムのぁれでしヵゝブょ~`んで ず縄ナォヵども〝 〇質問者 当初Gま、 この EPCー ヵ饗起叫J中の所長の靄緩職'まど ぅプょって~`ナこんですヵゝね・ 圧ヵヵ3エ鵬a未 滴まで十分賽こ下ヵ3り切って~丶るみナこし丶な、 そんな關職で縄まプょヵゝっナこんですヵゝ“ 。回答者 でナカゝら、 抽Cー ヵ責証坊~丶てレ`るとし丶ぅの縄ま、 それヵ賓高~`圧力のまま、 蒸気ヵ賽出て~`て、 その 2ー
  22. 22. 【取扱し丶厳重臨】 蒸気をぅまく逃ヵ葦しなヵ誓ら` その蒸気を水iこ戻して注水して~`るとし丶ぅシステムでづ一ヵゝら、 そォ$ヵ翼生き て〝丶ると~`ぅことは、 逆Gこ言う と、 7メガ近辺の炉ヵ3安定して運転されてレ丶ると~`ぅ關職しヵゝな~丶でず・ 〇質問者 そぅ しナこら、 他方で、 DDFPのことヵ琴、 今、 ここ姿こ書し丶てぁりましナこので、 DD蛇、 3号機 篭こっし丶て}ま、 これ轟‡、 どぅし丶ぅ認だったんでずヵ琴、 これ轟‡使ぉぅ と思ぇぱ、 使ぇると~`ぅ。 〇回答者 でずヵゝら、 DD 轟ま、 この前もー号のとき繍こ申 しま したょぅ轟こ、 璽ずる縄こ逆止弁ガ肇ぁって、 圧 カ丿〟ランスで、 ‡團手側の圧カヵ翼髙〟丶とき縄ま跡できません&ナれども、 相手側の圧ブJヵ賃自分のときのポン プの圧ヵょり も下ヵ$れーま跡できるとレ丶ぅのヵ貪基木的ゾょ形でずヵゝら、 そのDD 〟)注水をしなさし丶と~`う 指示を した覚ぇー‡、 未ム轟‡なレ丶んでナ〝 でずヵゝら、 発電の方で〝丶ろんブょエ夫を して~丶ナこんだと,思ぅ丿vです ーナれども〝 . ' 〇質問者 例ぇぱェ号機Gこ関して言し丶まずと、 3万 ー2 日の未明、 ー時鱧分ごろなんですヵ薯、 DD のポ ンプヵ肇不其合で勁カゝなくなっナこと〝丶ぅょぅなことヵ輩どうもぁったみナニ~`で、 そう~丶ぅょうなポンプの故 障とヵゝ、 3号機の DD蝕 で、 そぅ乃`ぅ要す一るーこ何ヵ=不具合ヵ〝何ヵゝヵ琴発生して、 DD硬 ヵ3うまく機能し なし丶と、そのDDの部分ヵ3でずね、と~`ぅょぅなことブょんヵ〝ー‡報告を受Gナたりなんヵゝーましてレ丶ま しナこヵゝ。 。回答者 ェ号機ヵ3DDヵ奮だダ丿Gこなったとし丶う貢舌fま聞し丶て~`ます。 'それで丶 3号機ヵ$どぅだと〝丶ぅこと ーこっし丶て縄ま、 3号機ーままナビ大丈夫だとし`ぅ話鬱ま聞し丶てレ`ナこ〝 だーナれども、 それで肋しナょさ~`ナ三とヵゝ、 ~そう〝`ぅ指示縄ましてぉりません・ 逆轟こ言う と` 原子炉の圧力ヵ3落ち切るまでDD をヵゝしたって入らプょ~`餐こ決まって~`る じゃブょし丶と~丶 うだGナの貧舌です〟 〇質問者 ぁと、 DD 轟こ関して言う と、 水源カ膏ろ過水タンクと~`ぅニとGこなって~丶ると思ぅんでずヵ3、 そこヵゝらずっと配管をっな~`でと~`うところで、 そぅ〝~`ぅと・ころで、 3月 ーー 日のタ方ごろ縄こ、 ろ過水 クンクのところGこ破断ヵ誓、 水漏れヵ肇配管のところのどこヵ〝Gこ生じたと~`ぅことで、 元弁を閉めるとし$ぅ 操イ債を自衛消防隊の方でされて~`ると思ぅんでずヵ肇、 この辺りーま、 その後、 どうなったんでずヵゝ。 。回答者 それで、 結局、 水源の朧論のときーこ、 '襄する&こ、 今ナ三ヵゝらこそ悔水臥しナこと~`ぅのヵ毒琲実 と して縄廿てきて~`まづ一'ナれども、 ~丶ろん汁ょ検肘を して~`るぇっ&ナですょ、 水源と して、 当タ撚、 ろ過水タン クの水源も考ぇてし丶るんです〝 寶肖火栓ヵ膏ライ ンヵ饗生きて~`れ饗ま、 ~`ろんプょところiこ学肖火栓ヵ責立って〝丶ま ずヵゝら、 譬肖火栓ヵゝら防火水雄藝ーこ水を洲た して、 その水を消防車で送ってやれ轟ま、 淡水臥だってできる ゎーナでず。 でずヵゝら、 そんな検肘轟まゃってし`るんです轟ナれども、 齋吉局、 字ー薯火栓ヵ3漏れて~丶て出ません、 これヵ〝らろ過水タンクの漏れヵ輩ぁると~`ぅことだったら、 水源ヵ葦湘れて~`るとま'ず~`でずヵゝら、 まず饗ま _閉めると、 それ饗ま~`~`んじゃなし丶ヵゝと~丶うことで、 ここ縄ま 。ー{ しブこ記憶ヵ$ぁりまず3ナれども、 し丶ずれーこ しても` どこヵ胴れて〟`るとニろを処實彗 してし丶って、 使ぇるライ ンをっく る しヵゝなし丶、 そこーま丿〟ラで指 示ーま して~`たんでずじナれども、 何せ夜迎し`ナごとヵゝ、 鯉気もプょ~`、 絲蛍もだんブ占ん上ヵ饗ってきてし丶る…~丶 う中で、 プょヵゝなヵゝこニもしヵゝっナニ、 奥薫握と して〟 。質問者 それで、 栂造と して、 御jぇじま鐵;そこ轟‡ろ過水タンクヵ32っ按ュっナこと思ぅんでずヵ嘉、 それで元 弁を閉めた甥合、 素人考ぇでし丶く と、 元を閉めて しまぇ縄ま、 結局、 水ヵ肇DDFP の水源と してG‡、 要する iこ、〝 その先の方轟こ、 聾己管~こ洩って〟丶る水ぐらし丶しヵゝ使う ものヵ誓プょくゾょって~`る。 . 〇回答者 そこ巌ま、 勿輪そぅです一ょ〝 ナビ&ナれども、 緒丿帛堀れてレ`れ巌ま、 そっちの方&こ水ヵ3行ヵゝブょくなっ てしま~`ますヵゝら、 元弁を闕めると~`ぅことFま、 たナごー射めるナ三縄ナの話だじナで轟まナょく て、 閉めて、 漏れて 22

×