Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

OpenStack(RDO/Grizzly) ダッシュボード利用演習

6.051 Aufrufe

Veröffentlicht am

Veröffentlicht in: Sport
  • Als Erste(r) kommentieren

OpenStack(RDO/Grizzly) ダッシュボード利用演習

  1. 1. 1 オープンクラウド・キャンパス Linux女子部 systemd徹底入門! OpenStack(RDO/Grizzly) ダッシュボード利用演習 ver1.0 中井悦司 Twitter @enakai00
  2. 2. この資料の使い方 ■ この資料では、下記の手順で構築したOpenStack (RDO/Grizzly) の環境を利用して、 Horizonダッシュボードを利用した、OpenStackの基本的な使い方を学習することがで きます。 - 最短手順でRDO(Grizzly)のデモ環境を構築 ● ■ http://d.hatena.ne.jp/enakai00/20131022/1382443408 IPアドレスなどは環境によって異なるため、利用環境に応じて読み替えてください。 - この資料では、以下のネットワーク構成を使用しています。 ホストネーム IPアドレス /ネットマスク デフォルトゲートウェイ (およびネームサーバ) アドレスプール rdodemo01 172.16.1.10 /255.255.0.0 172.16.0.1 172.16.1.50 〜172.16.1.99 2 Open Cloud Campus
  3. 3. 目次 ■ 仮想マシンインスタンスの起動 ■ ブロックボリュームの接続 ■ インスタンスタイプの追加 ■ Webサーバの構築 3 Open Cloud Campus
  4. 4. 仮想マシンインスタンスの起動 4 Open Cloud Campus
  5. 5. 演習内容 ■ この演習では、次の作業を行います。 - Webブラウザから、ダッシュボードにアクセスして、仮想マシンインスタンスを起動します。 - 起動した仮想マシンインスタンスにフローティングIPを割り当てて、RDOサーバーから、SSHで ログインします。 RDOサーバー(rdodemo01) SSHログイン mykey 仮想マシン インスタンス 接続 172.16.1.10 em1 em2 Horizonダッシュボード利用 外部ネットワーク 172.16.0.0/16 5 Open Cloud Campus
  6. 6. Horizonダッシュボードへのアクセス ■ Horizonダッシュボードにアクセスして、プロジェクト環境を確認します。 - クライアント端末でFirefoxを起動して、「http://172.16.1.10」にアクセスします。 - Horizonダッシュボードのログイン画面が表示されるので、ユーザ「demo_user」(パスワード 「passw0rd」)でログインします。ログインするとプロジェクトの概要が表示されます。 6 Open Cloud Campus
  7. 7. 仮想ネットワークの確認 ■ プロジェクト「demo」の仮想ネットワーク構成を確認します。 - 画面左のメニューの「ネットワークトポロジー」を選択します。 ● 仮想ルータ「demo_router」と仮想スイッチ「private01」が用意されていることを確認します。 仮想スイッチ パブリック ネットワーク 仮想ルータ 7 Open Cloud Campus
  8. 8. セキュリティグループの確認 ■ セキュリティグループの構成を確認します。 - 画面左のメニューの「アクセスとセキュリティ」を選択して、「セキュリティグループ」を開き ます。 ● グループ「default」が定義されてい ることを確認します。 - グループ「default」の「ルールの編集」をクリックします。 ● 任意の接続元から、SSH接続とpingが 許可されていることを確認します。 SSH接続 ping 8 Open Cloud Campus
  9. 9. 仮想マシンインスタンスの起動 (1) ■ テンプレートイメージ「Fedora19」から仮想マシンインスタンスを起動します。 - 画面左のメニューの「イメージとスナップショット」を選択します。 - 「Fedora19」のイメージの状態が「Active」であることを確認して、「起動」をクリックしま す。 ● 状態が「Saving」の場合は、イメージをインターネットからダウンロードしている途中ですので、「Active」 になるまでしばらく待ちます。 9 Open Cloud Campus
  10. 10. 仮想マシンインスタンスの起動 (2) - 「仮想マシンの起動」のポップアップが表示されます。はじめに、「詳細」タブで任意のインス タンス名(この例では「vm01」)を入力します。インスタンスタイプは「m1.tiny」を使用しま す。 - 「アクセスとセキュリティ」タブでは、キーペアが「mykey」で、セキュリティグループが 「default」になっていることを確認します。 - 「ネットワーク」タブでは、「private01」を選択します。 10 Open Cloud Campus
  11. 11. 仮想マシンインスタンスの起動 (3) - 「作成後」タブで、「カスタマイズ・スクリプト」に次のテキスト(シェルスクリプト)を入力 して、「起動」をクリックします。 ● カスタマイズスクリプトは、仮想マシンインスタンスが起動した際に、ここに入力したスクリプトを自動で実 行する機能です。 - 仮想マシンインスタンスの一覧に 「vm01」が表示されて、「状態」 が変化していきます。最終的に 「Active」になったら、ゲストOS の起動が開始します。 11 Open Cloud Campus
  12. 12. 仮想マシンインスタンスの起動 (4) - 「インスタンス名」の「vm01」をクリックして、「コンソール」タブを開くと、仮想マシンイ ンスタンスのコンソール画面が表示されて、ゲストOSが起動する様子が確認できます。 ● しばらくすると、図のように「Cloud-init」の実行が始まります。この時、「カスタマイズスクリプト」の実 行が行われます。 12 Open Cloud Campus
  13. 13. フローティングIPの割り当て (1) ■ 仮想マシンインスタンスにフローティングIPを割り当てて、SSHでログインします。 - 画面左のメニューの「アクセスとセキュリティ」を選択して、「Floating IP」タブを開くと、プ ロジェクトで利用可能なフローティングIPの一覧が表示されます。 - 仮想マシンインスタンスに割り当てたいフローティングIP(この例では「172.16.1.51」を使 用)の「Floating IPの割り当て」をクリックします。 13 Open Cloud Campus
  14. 14. フローティングIPの割り当て (2) - 「Floating IPの割り当て管理」のポップアップが表示されるので、「IPを割り当てるポート」に 先ほど起動した仮想マシンインスタンス「vm01」を選択して、「割り当て」をクリックします。 ● フローティングIPの一覧画面から、「vm01」に割り当てられたことが確認できます。 14 Open Cloud Campus
  15. 15. 仮想マシンインスタンスへのログイン ■ RDOサーバから、先ほど起動した仮想マシンインスタンスにSSHでログインします。 - SSH認証用の鍵ファイルが「~/mykey.pem」として用意されているので、これを指定して、ユー ザ「fedora」でログインします(*)。接続先のIPアドレスは、先ほど割り当てたフローティングIPを 指定します。 ● カスタマイズスクリプトでログインメッセージ「Hello, World!」が設定されていることが分かります。fedora ユーザでログインした後は、「sudo -i」でrootユーザに切り替えることができます。 # ssh -i ~/mykey.pem fedora@172.16.1.51 The authenticity of host '172.16.1.51 (172.16.1.51)' can't be established. RSA key fingerprint is 67:b6:89:ad:6f:2e:c5:d9:e1:6a:ac:e8:75:74:ec:e6. Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes Warning: Permanently added '172.16.1.51' (RSA) to the list of known hosts. Hello, World! [fedora@vm01 ~]$ sudo -i [root@vm01 ~]# - 仮想マシンインスタンスに接続されている仮想ディスクを確認します。 ● ルートファイルシステム用の仮想ディスク「/dev/vda」のみが接続されていることが分かります。 [root@vm01 ~]# lsblk NAME MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT vda 252:0 0 2G 0 disk └─vda1 252:1 0 2G 0 part / (*) 鍵ファイル「mykey.pem」をコピーして利用すれば、RDOサーバ以外の外部サーバから仮想マシンインスタンスに   ログインすることも可能です。 15 Open Cloud Campus
  16. 16. ブロックボリュームの接続 16 Open Cloud Campus
  17. 17. 演習内容 ■ この演習では、次の作業を行います。 - 新しいブロックボリュームを作成して、起動中の仮想マシンインスタンスに接続します。 - 仮想マシンインスタンス上で、ブロックボリュームをフォーマットして、ファイルを保存しま す。 OS領域 index.html データ領域 ブロックボリュームを作成して接続 17 Open Cloud Campus
  18. 18. ブロックボリュームの作成 ■ 新規のブロックボリュームを作成します。 - 画面左のメニューの「ボリューム」を選択して、「ボリュームの作成」をクリックします。 - 「ボリュームの作成」のポップアップが表示されるので、任意のボリューム名(この例では 「volume01」)と容量(ここでは、2GBを指定します)を入力して、「ボリュームの作成」を クリックします。 18 Open Cloud Campus
  19. 19. ブロックボリュームの接続 (1) ■ 作成したブロックボリュームを起動中の仮想マシンインスタンスに接続します。 - 作成したボリューム(この例では「volume01」)の「接続の編集」をクリックします。 - 「ボリュームの接続の管理」のポッ プアップが表示されるので、「イン スタンスへの接続」に接続する仮想 マシンインスタンス(この例では 「vm01」)を選択して、「デバイス 名」に「/dev/vdb」を入力して、 「ボリュームの接続」をクリックし ます。 ● デバイス名は、接続先の仮想マシンイン スタンスにおいて、未使用のデバイス名 を指定します。 19 Open Cloud Campus
  20. 20. ブロックボリュームの接続 (2) - 接続したボリューム(この例では「volume01」)の「状態」が「In-Use」に変わります。 - 仮想マシンインスタンスで確認すると、2GBの仮想ディスクが「/dev/vdb」として接続されてい ることが分かります。 [root@vm01 ~]# NAME MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT vda 252:0 0 2G 0 disk └─vda1 252:1 0 2G 0 part / vdb 252:16 0 2G 0 disk - 接続されたボリュームをファイルシステムとしてフォーマットして、「index.html」ファイルを 保存しておきます。(このファイルは後の演習で使用します。) [root@vm01 [root@vm01 [root@vm01 [root@vm01 <h1>Hello, [root@vm01 ~]# mkfs.ext4 /dev/vdb ~]# mount /dev/vdb /mnt ~]# echo '<h1>Hello, World!</h1>' > /mnt/index.html ~]# cat /mnt/index.html World</h1> ~]# umount /mnt 20 Open Cloud Campus
  21. 21. 仮想マシンインスタンスの削除 ■ ここで、一旦、起動中の仮想マシンインスタンスを削除しておきます。 - ログイン中の仮想マシンインスタンスからは、ログアウトしておきます。 - 画面左のメニューの「インスタンス」を選択します。削除する仮想マシンインスタンスにチェッ クを入れて、「Terminate Instances」をクリックします。 - 確認のポップアップが表示されるので、「Terminate Instances」をクリックします。 21 Open Cloud Campus
  22. 22. インスタンスタイプの追加 22 Open Cloud Campus
  23. 23. 演習内容 ■ この演習では、次の作業を行います。 - OS領域の他に、一時データ領域とスワップ領域を持ったインスタンスタイプを定義して、仮想 マシンインスタンスを作成します。 インスタンスタイプ my-type OS領域 一時データ領域 スワップ領域 23 Open Cloud Campus
  24. 24. 管理ユーザでのログイン ■ 管理ユーザでHorizonダッシュボードにログインします。 - 現在は「demo_user」でログインしていますので、画面右上の「ログアウト」をクリックして、 ログアウトした後、再度、ユーザ「demo_admin」(パスワードは「passw0rd」)でログイン します。 ● 画面左のメニューが「プロジェクト」と「管理」に分かれており、プロジェクト全体でのリソース使用状況が 表示されています。 24 Open Cloud Campus
  25. 25. インスタンスタイプの追加 (1) ■ 新しインスタンスタイプを追加します。 - 画面左の「管理」メニューから、「インスタンスタイプ」を選択します。 ● 定義済みのインスタンスタイプが表示されます。 25 Open Cloud Campus
  26. 26. インスタンスタイプの追加 (2) - 「インスタンスタイプの作成」をクリックすると、ポップアップが表示されるので、任意の名前 (この例では「my-type」)を入力して、その他の項目は、図の値を入力します。 - 最後に「インスタンスタイプタイプの作成」をクリックします。 26 Open Cloud Campus
  27. 27. 仮想マシンインスタンスの起動 ■ 新しく追加したインスタンスタイプで、仮想マシンインスタンスを起動します。 - Horizonダッシュボードからログアウトして、再度、ユーザ「demo_user」でログインします。 - 先ほどと同じ手順で仮想マシンインスタンスを起動します。この際、インスタンスタイプには、 先ほど作成したインスタンスタイプ(今の例では「my-type」)を指定します。 - フローティングIPを割り当てて、RDOサーバからログインします。 ● 先ほどと同じフローティングIPを使用する場合は、SSHクライアント側に保存したホスト鍵を一旦、削除する 必要があります。 # rm ~/.ssh/known_hosts rm: 通常ファイル `/root/.ssh/known_hosts' を削除しますか? y # ssh -i ~/mykey.pem fedora@172.16.1.51 The authenticity of host '172.16.1.51 (172.16.1.51)' can't be established. RSA key fingerprint is 9a:63:d1:db:85:a1:f7:fe:4d:3e:a4:fc:f2:cc:89:8b. Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes Warning: Permanently added '172.16.1.51' (RSA) to the list of known hosts. [fedora@vm01 ~]$ - 仮想マシンインスタンスに接続された仮想ディスクを確認します。 ● ルートファイルシステム用の「/dev/vda」に加えて、一時データ領域「/dev/vdb」とスワップ領域 「/dev/vdc」が接続されていることが分かります。 [fedora@vm01 ~]$ lsblk NAME MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT vda 252:0 0 8G 0 disk └─vda1 252:1 0 8G 0 part / vdb 252:16 0 2G 0 disk /mnt vdc 252:32 0 2G 0 disk [SWAP] 27 Open Cloud Campus
  28. 28. Webサーバの構築 28 Open Cloud Campus
  29. 29. 演習内容 ■ この演習では、次の作業を行います。 - 先ほど起動した仮想マシンインスタンスをWebサーバとして構成します。この際、セキュリティ グループの設定を変更して、80番ポートへのアクセスを許可します。 - 先の手順で作成したブロックボリュームを接続して、中に保存された「index.html」ファイルを 公開します。 OS領域 一時データ領域 スワップ領域 index.html データ領域 29 Open Cloud Campus
  30. 30. Webサーバの構成 (1) ■ 先ほどログインした仮想マシンインスタンスをWebサーバとして構成します。 - 先ほどログインした仮想マシンインスタンスのいて、rootユーザから、httpdパッケージを追加 して、httpdサービスを起動します。また、簡単のため、iptablesを無効化しておきます。 (パッケージの追加処理には少し時間がかかります。) [fedora@vm01 ~]$ sudo -i [root@vm01 ~]# yum -y install httpd [root@vm01 ~]# systemctl start httpd.service [root@vm01 ~]# systemctl stop iptables.service - 先の演習で作成したブロックボリューム 「volume01」をこの仮想マシンインス タンスに接続します。接続手順は先と同 じですが、デバイス名は「/dev/vdd」を 指定する必要があります。 30 Open Cloud Campus
  31. 31. Webサーバの構成 (2) - 接続したブロックボリュームを「/var/www/html」にマウントして、先に作成したファイル 「index.html」が保存されていることを確認します。 ● restoreconコマンドは、SELinuxのセキュリティラベルを設定するために必要となります。 [root@vm01 ~]# lsblk NAME MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT vda 252:0 0 8G 0 disk └─vda1 252:1 0 8G 0 part / vdb 252:16 0 2G 0 disk /mnt vdc 252:32 0 2G 0 disk [SWAP] vdd 252:48 0 2G 0 disk [root@vm01 ~]# mount /dev/vdd /var/www/html [root@vm01 ~]# restorecon -R /var/www/html [root@vm01 ~]# ls /var/www/html/ index.html lost+found 31 Open Cloud Campus
  32. 32. セキュリティグループの設定変更 (1) ■ セキュリティグループの設定を変更して、80番ポートへのアクセスを許可します。 - 画面左のメニューの「アクセスとセキュリティ」を選択して、「セキュリティグループ」を開き ます。 - グループ「default」の「ルールの編集」をクリックして、さらに、「ルール」の追加をクリッ クします。 32 Open Cloud Campus
  33. 33. セキュリティグループの設定変更 (2) - 「ルールの追加」のポップアップが開くので、図のように入力して「追加」をクリックします。 33 Open Cloud Campus
  34. 34. Webサーバへのアクセス ■ 構築したWebサーバに接続します。 - クライアント端末でFirefoxを起動して、「http://<フローティングIP>」にアクセスして、メッ セージが表示されることを確認します。 ■ 以上で演習は終了です。 - 起動中の仮想マシンインスタンスは、先ほどと同じ手順で削除しておいてください。 34 Open Cloud Campus
  35. 35. 35 オープンクラウド・キャンパス Linux女子部 systemd徹底入門! RDOでOpenStackの基礎を 学びましょう! 中井悦司 Twitter @enakai00

×