Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
Nächste SlideShare
What to Upload to SlideShare
Weiter
Herunterladen, um offline zu lesen und im Vollbildmodus anzuzeigen.

0

Teilen

Herunterladen, um offline zu lesen

de:code 2017 稟議書

Herunterladen, um offline zu lesen

de:code 2017 ご参加いただく際にご活用いただける社内申請用稟議書です。

Ähnliche Bücher

Kostenlos mit einer 30-tägigen Testversion von Scribd

Alle anzeigen

Ähnliche Hörbücher

Kostenlos mit einer 30-tägigen Testversion von Scribd

Alle anzeigen
  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

de:code 2017 稟議書

  1. 1. 平成 29 年●●月●●日 ●●●事業部●●部 マイクロ 太郎 日本マイクロソフト株式会社が主催する 開発者/インフラ技術者/アーキテクト担当者向け技術コンファレンス 『de:code』の参加について 来る 5 月 23 日 (火) ~ 24 日 (水) にザ・プリンス パークタワー東京で開催される日本マイ クロソフト株式会社主催のイベント「de:code 2017」に参加したく、申請いたします。 記 日 時:2017 年 5 月 23 日(火)~24 日(水)の 2 日間 場 所:ザ・プリンス パークタワー東京 〒105-8563 東京都港区芝公園 4-8-1 参加費:68,000 円 (税抜価格) ※4 月 28 日までの早期割引価格 理 由:以下の 4 点の理由から 1 .最新技術情報の入手 5 月初旬に米国シアトルで開催される「Build 2017」や直近のマイクロソフト イベントで発表さ れた最新情報の詳細が入手可能である。 2 .包括的な技術習得/セッション資料の活用  100 を超えるブレイクアウトセッションを通じ、マイクロソフトのテクノロジの方向性と共 に、開発者、インフラ技術者、アーキテクト担当者の課題解決に有用な内容が提供される。  「Artificial Intelligence」、「Data & IoT」、「Security」、「Windows Client & Mixed Reality」、「Mobile & Web」、「Development Tools」、「DevOps」、「Business Application Platform」などのテクノロジを包括的に学ぶことが可能である。  また、後日提供されるセッションスライドにより、セッションの受講/非受講を問わず入手 が可能(一部を除く)であり、加えて社内勉強会などでの幅広い活用が可能である。 3 .将来の IT 投 資判断に寄与する情報を入手 今後の IT 投資の方向性を検討するにあたり、マイクロソフト テクノロジにおいて参考にすべ き情報を集中的に理解し、ビジネス面と技術面のインパクトを意思決定者に確実かつ正確に伝え ることが可能となる。 4. ネットワーキング 多くの IT 技術者、パートナー企業担当者やマイクロソフト社員との交流を通じ、技術面でのス キルアップと共に、他では得られない情報や人脈を得ることが可能となる。 以上 社長 部長 課長 申請者

de:code 2017 ご参加いただく際にご活用いただける社内申請用稟議書です。

Aufrufe

Aufrufe insgesamt

525

Auf Slideshare

0

Aus Einbettungen

0

Anzahl der Einbettungen

1

Befehle

Downloads

6

Geteilt

0

Kommentare

0

Likes

0

×