Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

ZappaでDBもパッケージしたサーバーレスAPIを構築してみた

629 Aufrufe

Veröffentlicht am

PyCon mini Sapporo 2019 発表資料

Veröffentlicht in: Technologie
  • Als Erste(r) kommentieren

ZappaでDBもパッケージしたサーバーレスAPIを構築してみた

  1. 1. ZappaでDBもパッケージした サーバーレスAPIを構築してみた Yasunori Kirimoto 2019.05.11 PyCon mini Sapporo 2019
  2. 2. GIS engineer, Web engineer dayjournal : Self-employed Yasunori Kirimoto MIERUNE Inc. : Co-founder
  3. 3. 技術書典6で本だしました
  4. 4. Contents はじめに 環境構築 API開発 デプロイ 実装例
  5. 5. Introduction はじめに
  6. 6. Zappaを知っている方いますか
  7. 7. Zappaとは、AWSのLambdaやAPI Gateway等の サービスを利用し、Webアプリケーションを手軽に 構築できるPythonのサーバーレスフレームワーク
  8. 8. 住所検索API
  9. 9. CHAPTER01 環境構築
  10. 10. : Pythonの仮想環境構築ツール pyenv virtualenv AWS CLI 事前準備 インストール & 設定 : Pythonのバージョン切り替えツール : AWSのコマンドラインツール
  11. 11. 仮想環境構築
  12. 12. パッケージインストール
  13. 13. パッケージインストール
  14. 14. パッケージインストール
  15. 15. CHAPTER02 API開発
  16. 16. : API用のPythonファイル db.sqlite app.py API配信用ファイル一覧 : 住所検索用のSQLiteファイル
  17. 17. db.sqlite ・DBもパッケージしたAPIを構築するためSQLiteを利用 ・国土地理院の「住居表示住所」データを利用 ※ 電子国土基本図(地名情報)「住居表示住所」データを利用するためには、 国土地理院へ利用申請が必要です。
  18. 18. app.py
  19. 19. app.py
  20. 20. ローカル環境確認
  21. 21. ローカル環境確認
  22. 22. CHAPTER03 デプロイ
  23. 23. デプロイ環境構築
  24. 24. zappa_settings.json
  25. 25. デプロイ
  26. 26. デプロイ
  27. 27. デプロイ
  28. 28. デプロイ Lambda
  29. 29. デプロイ API Gateway
  30. 30. 削除 & 更新 & ログ
  31. 31. その他設定
  32. 32. CHAPTER04 実装例
  33. 33. を利用した位置情報の可視化 フロントエンドとの連携 Angular を利用したリスト表示
  34. 34. Angularを利用したリスト表示
  35. 35. Angular CLI & 環境設定 ・Angular v7.2.0 ・Angular Material v7.3.7 ・TypeScript v3.2.2 事前準備 インストール & 設定
  36. 36. 変更ファイル一覧
  37. 37. /src/app/app.module.ts
  38. 38. /src/environments/environment.ts /src/environments/environment.prod.ts
  39. 39. /src/app/service/config.service.ts
  40. 40. /src/app/app.component.ts
  41. 41. /src/app/app.component.html
  42. 42. build dev
  43. 43. を利用した位置情報の可視化
  44. 44. Maptiles by MIERUNE, under CC BY. Data by OpenStreetMap contributors, under ODbL.
  45. 45. 事前準備 インストール & 設定 mapboxgljs-starter https://github.com/dayjournal/mapboxgljs-starter Install package
  46. 46. 変更ファイル一覧
  47. 47. /_resouce/js/script.js
  48. 48. /_resouce/js/script.js
  49. 49. /_resouce/js/script.js
  50. 50. build dev
  51. 51. Conclusion まとめ
  52. 52. ・Zappaで手軽にサーバーレスが可能 ・オプション以上の設定は別の方法を検討 ・DBのパッケージも可能(容量制限250MB) ・地図の可視化にも利用可能
  53. 53. @dayjournal_nori ありがとうございました!

×