Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

自分らしいサービスを作ろう

2018年5月20日 岡山で開催された「Startup Kingdom #2 ~ ソロ起業のススメ 小さく産んで大きく育てた起業家たちのストーリー」で発表した内容です。

自分らしいサービスを作ろう

  1. 1. ⾃分らしいサービスを 作ろう タイムチケット創業者 ⼭本 ⼤策 2018年5⽉20⽇
  2. 2. ⼭本 ⼤策 株式会社グローバルウェイ Globalway Lab 室⻑ “ユニークで多くの⼈を楽しませてくれるプロダクト 開発者” JapanTimes, 2015 1978年広島⽣まれ 法政⼤学社会学部卒業 株式会社富⼠総合研究所 フィードパス株式会社 株式会社リクルートメディアコミュニケー ションズ 株式会社レレレ 株式会社グローバルウェイ
  3. 3. 経歴 銀⾏系SE (2001 - 2006) ベンチャー (2006 - 2009) リクルート (2009 - 2012) レレレ (2012 - ) ⾃分の作ったサービスが 広まる⾯⽩さを知る ⾃分の⼿で 何かを作り出したい ⼈が動くコンテンツ の⾯⽩さを知る ⼈がつながる サービスの⾯⽩さを知る 転職・起業のきっかけは ⾃分で作ったサービス
  4. 4. 個⼈の時間を気軽に売買
  5. 5. プロフィール写真撮影 30分 ¥10,000 購⼊者のレビュー プロフィール写真をプロの⽅に撮ってもらうのは初めてだったのですが、 やって⼤正解でした! 写真写りの悪い⾃分とは思えないくらい、いろいろな引き出しから提案 して下さって⼤満⾜です。短い時間の中で限りなくいい写真を撮ろうと いうプロの姿勢に感激しました! TimeTicket 利⽤シーン(1)
  6. 6. TimeTicket 利⽤シーン(2) 恋愛相談 1時間 ¥7,000 購⼊者のレビュー カウンセラーの資格をお持ちになっているだけあって、私の今の悩みを 論理的に、でも分かりやすく解決へ導き出して下さり、また、とても親 ⾝にお話し聞いて下さいました☆ そのお⼈柄と親しみやすさで初対⾯にも関わらずとっても楽しい時間を 過ごすことができました。
  7. 7. TimeTicket 利⽤シーン(3) ネーミング相談 30分 ¥5,000 購⼊者のレビュー 「1つでもいいネーミングが出てきたらいいな」 と軽く考えて、スカイ プでお話ししたのですが・・・ ガチでプロの⽅でした。 わずか20分で、「それだ!」感のあるネーミングが4つも出てきました。 ネーミングの考え⽅まで説明してくれたので、コンサルティングを受け た感覚にもなりました。ネーミングを考える上で必要な情報のヒアリン グを受けることを通じて、⾃分の中にある情報も整理されました。
  8. 8. TimeTicket そのほかの利⽤シーン お⾦/副業 占い ⼼の悩み キャリア 就職/転職 プログラミング 起業 フリートーク/雑談 etc. 30分から気軽に相談・お願い
  9. 9. 販売者にとってのTimeTicket ⾃分の好きなことで 気軽に⾃⼰実現できる場所 ● ⾃分の好きなこと・得意なことを販売できる ● ⾃分のスキル・経験が、誰かの役に⽴ち、お⾦も稼げる ● ユニークなスキルを持つ個⼈として評価される
  10. 10. 購⼊者にとってのTimeTicket 家族や友達にはできない 相談やお願いを気軽にできる場所 ● ⾝近では解決できなかったことを相談・お願いできる ● 時間・代⾦が決まっているので、率直に相談・お願いできる ● 普段会えない⼈に会えるので、⾃分の世界・知⾒が広がる
  11. 11. TimeTicket ユーザーの声
  12. 12. ビジネスモデル 購⼊者 販売者 相談・依頼 サービス提供 チケット代⾦ ⼿数料/寄付⾦ 報酬 取引⼿数料(チケット代⾦の30%)が売上 100,000人 会員数 f 25,000件 販売チケット数 J
  13. 13. 事業を通じて実現したいこと ビジョン 個⼈のはたらく可能性が多様に広がる社会 ミッション 次のはたらくを作る
  14. 14. 仮想通貨タイムコイン ICO スイス⼦会社にて実施を計画
  15. 15. 仮想通貨タイムコイン ICO ⾃分のコインを発⾏ 個⼈が資⾦調達
  16. 16. 経歴 銀⾏系SE (2001 - 2006) ベンチャー (2006 - 2009) リクルート (2009 - 2012) レレレ (2012 - ) ⾃分の作ったサービスが 広まる⾯⽩さを知る ⾃分の⼿で 何かを作り出したい ⼈が動くコンテンツ の⾯⽩さを知る ⼈がつながる サービスの⾯⽩さを知る 学⽣時代 ⽂化祭 イベント ⾃分が好きなこと・得意なことを ずっとやり続ける
  17. 17. ⾃分らしく企画 ⾃分らしく開発 ⼤事なこと
  18. 18. 新しい働き⽅が求められる時代(1) 引⽤元: ニューエリート グーグル流・新しい価値を⽣み出し世界を変える⼈たち https://amzn.to/2IC2Vy3
  19. 19. 新しい働き⽅が求められる時代(2) ・⾃⼒通貨 ⾃分の能⼒や信⽤を取引するための⽣活 者通貨 ・協賛通貨 ⾃分にはできないことを他者に託して実現し てもらう⽣活者通貨 ・連帯通貨 持つこと・使うことで帰属意識を⾼められる ⽣活者通貨 引⽤元:みらい博2018 進貨論 http://seikatsusoken.jp/miraihaku2018/
  20. 20. 充実感の得られる仕事を ⻑く続けることが重要 新しい働き⽅が求められる時代(3) 引⽤元: LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 100年時代の⼈⽣戦略 https://amzn.to/2KKTTvd
  21. 21. ⾦銭的報酬 これからの時代の働き⽅に 必要なバランス 精神的充⾜感
  22. 22. ・新しいことにチャレンジしていること ・⾃分に意思決定できる裁量があること ・⾃分の仕事が他の⼈のためになっていると実 感できること 精神的充⾜感のある働き⽅
  23. 23. ⾃分らしくサービスを 作ること これからの時代の働き⽅の 選択肢のひとつ
  24. 24. 企画 本⽇お話しすること 開発 リリース グロース
  25. 25. ⾃分らしいサービスを作るために必要なもの 影響⼒ 知識・経験 アイデア・技術・情熱 ⾃分らしい強みを活かせる分野を ⾒つける ・無し ・サービス開発・運営 ・イベント・コミュニティ運営 ・プレゼンテーション ・お茶×ソーシャルマッチング ・Ruby On Rails ・⼀⼈でもやろう! 参考: 2012年に起業した当時のわたし
  26. 26. 企画 ⾃分らしいサービスの作り⽅
  27. 27. 誰のためのサービスを作るのか まず考える 現在の課題・悩み 将来やりたいこと
  28. 28. 誰のどんな問題を解決するサービスですか? 〇〇(サービス名)は 〇〇(ユーザー)の 〇〇という問題を 〇〇というやり⽅で解決するサービスです。
  29. 29. (1) 〇〇(ユーザー)の〇〇という問題 (2) 〇〇というやり⽅で解決 (3) 〇〇(サービス名) 企画のステップ
  30. 30. 世の中の問題を感じている⼈を探す 問題の⾒つけ⽅ 世の中の多くの⼈が 感じているであろう問題に サービス開発者である⾃分⾃⾝が気づく
  31. 31. 2012 ⼈より____に詳しい⼈は たくさんいるのに そんな知識や経験を 簡単に売れる場所が無い わたしがタイムチケットを作り始めたきっかけ
  32. 32. ⾃分が不満に感 じていることを ⽇々メモする 問題の⾒つけ⽅(1) 友達のSNS投稿から 不満の種を探す
  33. 33. 寝かせたアイデアが 頭から離れなくなったら始める タイムチケットのアイデアメモ
  34. 34. ⾃分が夢中に なれるテーマ サービスを 誰に届けたいか 問題の⾒つけ⽅(2) マーケット キーワードプランナー Twitter検索 Alexa SimilarWeb
  35. 35. (1) 〇〇(ユーザー)の〇〇という問題 (2) 〇〇というやり⽅で解決 (3) 〇〇(サービス名) 企画のステップ
  36. 36. ⾒つけた問題の 新しい解決⽅法を考えるのは 難しい
  37. 37. いろんな要素を 掛け合わせてみる サービスのアイデアの 作り⽅
  38. 38. ユニークな機能 × ユニークなフック 機能+〇〇
  39. 39. 機能+フックの事例 ヨーグリーナ (天然⽔+ヨーグルト味なのに透明?) おにぎらず (作るのが簡単+握らないのにおにぎり?) 折れないシャープペンシル (機能性+シャーペンなのに折れない?) デスソース (⾟いソース+デス?)
  40. 40. 意外性 フックになるもの 物語性 ⾃分ごと 根源的魅⼒
  41. 41. 問題を感じている⼈が どんな⾏動をしたいと思っているのか? 解決⽅法を考えるときに ⼤事な視点
  42. 42. ⾏動する⼈のタイプ 広い層に⾏動を喚起する 可能性を持つサービスの企画を作る
  43. 43. ⾏動を起こしやすくするデザインが 重要 Google 採⽤サイト ユニセフ みんなの募⾦箱 CASH ZOZOSUIT
  44. 44. 時間を 売る (+寄付) タイムチケットの場合
  45. 45. ユーザーの⾏動⼼理を分析 ♯HOOKED 消費者⼼理学者が解 き明かす「つい、買ってしまっ た。」の裏にあるマーケティング の技術 買う5秒前
  46. 46. (1) 〇〇(ユーザー)の〇〇という問題 (2) 〇〇というやり⽅で解決 (3) 〇〇(サービス名) 企画のステップ
  47. 47. サービス名とは 「毎⽇の料理を楽しみに」Cookpad 「 Built for developers」GitHub 機能 < 世界観・体験
  48. 48. ネーミングの注意点 他のサービスで使われていないか ドメインは取得できるか Twitter、FacebookなどのSNSアカウント が取得できるか
  49. 49. Namechk https://namechk.com ネーミング ⼀括チェックツール
  50. 50. ドラえもんのひみつ道具に ありそうな感じ タイムチケットのネーミング コンセプト
  51. 51. ネーミングに悩んだら・・・
  52. 52. 誰のどんな問題を解決するサービスですか? 〇〇(サービス名)は 〇〇(ユーザー)の 〇〇という問題を 〇〇というやり⽅で解決するサービスです。
  53. 53. サービス企画時から 検討しておくことが⼤事 ビジネスモデルを考える
  54. 54. ビジネスを図解する 引⽤元: ピクト図解とは?ビジネスモデルを“⾒える化”する思考ツール http://diamond.jp/articles/-/8235?page=2
  55. 55. 購⼊者 販売者 相談・依頼 サービス提供 チケット代⾦ ⼿数料/寄付⾦ 報酬 取引⼿数料(チケット代⾦の30%)が売上 タイムチケットの ビジネスモデルの図解 ピッチ資料、事業計画書などで 必ず使うので作っておいた⽅がいい
  56. 56. ビジネスモデル 決算資料から数値分析 MBAより簡単で英語より⼤切な決算を読む習慣 https://amzn.to/2rZSwC9
  57. 57. 最後に⾃分に問いかけて検証 そのアイデアの開発を⾃分が⻑期間続けられるか そのアイデアを⾃分がやる意味はあるか そのアイデアに⾃分が熱狂しているか
  58. 58. ⾃分らしい解決⽅法が⼤事 世の中の⼈が 求めていること ほかの⼈が できること ⾃分が 好き・得意 なこと ここ! ❌
  59. 59. アイデアを元に事前登録サイトを公開してみる コンセプトがユーザーに正しく伝わっているか ターゲットユーザー(アーリーアダプター)との接点
  60. 60. 事前登録サイト Launchrock https://www.launchrock.com ペライチ https://peraichi.com Strikingly https://www.strikingly.com/?locale=ja WIX https://ja.wix.com Jimdo https://jp.jimdo.com
  61. 61. 企画・実⾏・検証 Running Lean 実践リーンスタートアップ https://amzn.to/2IEql5S
  62. 62. 開発 ⾃分らしいサービスの作り⽅
  63. 63. Webアプリ HTML/CSS Webフレームワーク データベース インフラ 開発に必要な知識 ネイティブアプリ Swift(iOS) Java(Android)
  64. 64. デザインテンプレート Envato Market https://envato.com
  65. 65. ロゴ作成 99designs https://99designs.jp
  66. 66. 技術調査 StackShare https://stackshare.io/
  67. 67. 海外有名サービスのクローン Code4Startup https://code4startup.com/ 「〇〇 clone」 でググる
  68. 68. 仲間を探す ⾝近な⼈を誘ってみる ハッカソン・アイデアソンに参加してみる 開発コンテストに参加してみる SNS/ブログでアイデアを発信してみる
  69. 69. オススメの開発イベント MashupAwards http://mashupaward.jp/ StartupWeekend Okayama https://swokayama.doorkeepe r.jp/events/73363 学習より実⾏
  70. 70. チームの強みを活かして運営 ストレングスファインダー
  71. 71. エンジニアの強みを活かして運営 Team Geek Googleのギークたち はいかにしてチームを 作るのか How Google Works (ハウ・グーグル・ ワークス) ―私たちの 働き⽅とマネジメント
  72. 72. チームを成⻑させるために⼤事なこと 1on1ミーティング
  73. 73. リリース ⾃分らしいサービスの作り⽅
  74. 74. 第⼀印象(例: LP、登録完了メール) ⼼を掴まれる瞬間はどこか(例: 初めて売れた!) リリース時にチェックすること
  75. 75. 忘れがちだけど、リリース時には必要 FAQ 利⽤規約 使い⽅ 運営者情報 お問い合わせ なぜ私たちはこれを作ったのか おすすめしてくれる⼈からのコメント
  76. 76. リリース時にやった⽅がいいこと プレスリリース(例: PR TIMES) ブログでリリース報告 Facebookでの熱いポエム投稿
  77. 77. リリース後、⼝コミが発⽣することは重要
  78. 78. タイムチケット リリース直後 Facebookでのシェア チケットを発⾏したことをシェア
  79. 79. タイムチケット リリース直後 Twitterでのシェア チケットが購⼊されたことをシェア
  80. 80. なぜSNSでシェアするのか?を考える 引⽤元: SNSポリスのSNS⼊⾨ https://amzn.to/2KMRYqa
  81. 81. シェアする⼼理 ⼩ネタが欲しい いいことしてると思われたい 作り⼿になりたい 〇〇が好きな⾃分を⾒せたい
  82. 82. リリースしたら ⾃分で⾃分のサービスを使う 約500⼈と1:1で会う (プロダクト開発+ユーザーヒアリング=フィードバックループ)
  83. 83. リアルイベント開催 京都・名古屋・福岡・仙台・札幌・⼤阪・東京 1,200名 動員
  84. 84. エバンジェリスト(サービスを広めてくれるユーザー) 東京13名、⼤阪3名、名古屋2名、福岡1名、仙台2名、札幌3名 ユーザーと⼀緒にサービスを広める
  85. 85. ユーザーとのつながりを⼤事にする ザ・サンキュー・ マーケティング 究極の顧客サービス 「ザッポス体験」 サブスクリプション・ マーケティング モノが売れない時代の 顧客との関わり⽅
  86. 86. グロース ⾃分らしいサービスの作り⽅
  87. 87. AAARRフレームワーク どこのフェーズが上⼿くいっていないのか分析 引⽤元: データドリブン経営のメトリクス分析 AARRR!モデルの紹介 https://www.slideshare.net/plucky_staff/aarrr-15781340
  88. 88. AAARRフレームワーク ⽬的・期待するアクション・KPI・施策 をまとめる
  89. 89. KPIツリー 各KPIの関係性をまとめる 引⽤元: 【決定版】アプリ事業のKPIツリー! https://growthhackjournal.com/kpi-tree-for-app/
  90. 90. チームで数値を共有 Google Analytics Facebook Analytics Redash Googleスプレッドシート SQL (⽇・週・⽉で分析)
  91. 91. 実験レポートをチームで共有 ・背景 ・反証可能な仮説 ・根拠 ・実験の詳細 ・結果 ・検証による学習 ・次のアクション
  92. 92. ユーザーに⾏動してもらい続ける ことが重要 発⾒期 学習期 安定期 離脱期 満⾜度・テンション × × 体験 → 習慣
  93. 93. サービスの成⻑を仕組み化 いちばんやさしい グロースハックの教本 ⼈気講師が教える急成⻑ マーケティング戦略 図解 リーン・スタートアップ 成⻑戦略
  94. 94. サービスを成⻑させるために⼤事なこと 数値 + 直感 + 諦めない⼼
  95. 95. まとめ
  96. 96. ⾃分 → サービス → ⾃分 ⾃分で作ったサービスによって ⾃分らしさを感じる
  97. 97. ⾃分らしいサービスを 作りましょう!

×