Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

UXプロトタイピング論 ー プロトタイプとデザイン思考

912 Aufrufe

Veröffentlicht am

2019年4月8日 UXブッククラブ東東京@ヴァル研究所
本がもらえるトークショー「樽本徹也の『UXプロトタイピング論』ー プロトタイプとデザイン思考」

Veröffentlicht in: Design
  • Als Erste(r) kommentieren

UXプロトタイピング論 ー プロトタイプとデザイン思考

  1. 1. 年 月 日(月) @ヴァル研究所 UXプロトタイピング論 プロトタイプとデザイン思考 UXブッククラブ東東京
  2. 2. https://www.amazon.co.jp/dp/4274214834/ 祝! 重版 ( 刷)
  3. 3. 調査 分析 設計 評価 改善反復 本日のスコープ
  4. 4. #1 プロトタイプ
  5. 5. 試作品? プロトタイプ ≠ 試作品
  6. 6. 「骨組み」はプロトタイプではない
  7. 7. 建築家は顧客のために「ミニチュア模型」を作る
  8. 8. 風洞実験用の翼の模型 小型カメラのモック 自動車のクレイモデル ATMのペーパープロトタイプ 目的に応じた様々な模型
  9. 9. 試用品 プロトタイプ = 試用品
  10. 10. ● ローファイとハイファイ ● Tプロトタイプ ● オズの魔法使い プロトタイプの3大基本概念
  11. 11. アラームを追加キャンセル 保存 繰り返し サウンド スヌーズ ラベル しない > 黒電話 > アラーム > オン ローファイとハイファイ
  12. 12. ● Photoshop等で作った(本物そっくりの)モックアップの場 合――「この"T"のフォントは変えられる?ベベルの線の太さ がちょっと…」 ● Visio等で作った(白黒の)ワイヤーフレームの場合―― 「ツールボックスのレイアウトが2列になっているのが気に入 らない。一番上に持って行くことはできないか?」 ● 手書きのラフスケッチの場合――「ツールはコンテキストに 依存した方がいいかもしれない。ツールバーをなくして、その 時点で意味のあるツールだけ出てくるようにしたら?」 ● ストーリーボードの場合――「ここにドローイング機能を入れ るべきじゃない。それは機能過多であって、多くのユーザに はほとんど利点がない」 ※出典:Kathy Sierra / 青木靖 訳「デモではものができあがっているように見せない」 http://www.aoky.net/articles/kathy_sierra/dont_make_the_d.htm
  13. 13. Tプロトタイプ:ある程度の幅と深さを持ったプロトタイプ
  14. 14. オズの魔法使い:「カーテンの陰」で人が操作する
  15. 15. 最先端の音声認識システム!――実は隣の部屋で・・・
  16. 16. Fake it before Make it
  17. 17. 作る前にフェイクする:外科手術器具 出典:トム・ケリー(著)『イノベーションの達人!』
  18. 18. 作る前にフェイクする:子供向けiPhoneアプリ 出典: https://youtu.be/-SOeMA3DUEs
  19. 19. 作る前にフェイクする:ゲーム機(ワニワニパニック) 出典:『ワニワニパニック』開発者からグループ会長にまで上り詰め た男が語る、ナムコ激動の 年。 https://news.denfaminicogamer.jp/projectbook/180914
  20. 20. 様々なプロトタイピングツール
  21. 21. 知恵 情熱 ユーモア プロトタイプの本質は「ツール」ではない
  22. 22. 追補 https://www.slideshare.net/barrelbook/2-56327677
  23. 23. #2 デザイン思考
  24. 24. デザイン思考のプロセス
  25. 25. 「デザイン」という言葉から連想する一般的なイメージ
  26. 26. 芸術家は必ずしもデザイン思考家ではない
  27. 27. ● デザインとは「(風変わりな)オブジェ」を作るこ と(だけ)ではない ● 完成済みのアイデアをより魅力的にするの (だけ)がデザインではない ● 「デザイナである」ことと「デザイナのごとく思 考する」ことは違う(=デザイナでなくてもデザ イン思考できる) 出典: ティム・ブラウン『デザイン思考が世界を変える』
  28. 28. 真のデザイン思考家
  29. 29. 「本当の顧客満足とは、顧客 の欲するものを顧客の予期 せぬ形で提供することだ」 ━━ 伊丹十三
  30. 30. GE Adventure Series™ デザイン思考の好例:GEヘルスケアのアドベンチャーシリーズ(MRI)
  31. 31. IDEO創業者の一人デビッド・ケリー
  32. 32. ESTABLISHED 2005 SAP共同創業者ハッソ・プラットナーが dスクール設立のために多額の寄付をした
  33. 33. B|d dスクールはビジネススクールに対するアンチテーゼ
  34. 34. B school d.school 論理的思考 デザイン思考 課題解決 課題発見・解決 表計算ソフト ホワイトボード 表・グラフ スケッチ ディベート ブレスト
  35. 35. •批判厳禁 •自由奔放 •質より量 •便乗歓迎アレックス・オズボーン: ブレストの生みの親 ブレスト4原則
  36. 36. •視覚化 •脱線禁止 • 度に 人 流ブレスト7原則 ブレスト4原則+3
  37. 37. 普通(?)のブレスト
  38. 38. 本当の(正しい)ブレスト
  39. 39. • 人数少なめ(7±2名)。 • 参加者は半円型または直線に並んでいる。 • 原則、全員立っている(椅子はあっても構わない)。 • 全員がペン(マーカー)を持っている。 • みんなで“落書き”している(ように見える)。 • 良く言えば活気がある。悪く言えば雑然としている。 • 誰が“偉い人”なのか、さっぱり分からない。 • どれが誰のアイデアだったのか、さっぱり分からない。 • 会議をやっているようには見えない(そもそも“会議”ではな い)。 これがブレストだ!
  40. 40. ブレスト話法:「Yes And」は魔法の言葉
  41. 41. 発散 収束 発想の基本原理:「発散」と「収束」
  42. 42. 収束手法:ポジショニングとドット投票
  43. 43. 発散と収束を繰り返すーー徐々に振れ幅を狭めながら
  44. 44. 課題の定義 個別に発想 発表 二人一組で発想 発表 グループでアイデア取りま とめ デザインスタジオ ※6人一組の場合の進行例 36 ideas 3 ideas 1 idea
  45. 45. グーグルのデザインスプリント
  46. 46. https://uxbc-east-tokyo.peatix.com
  47. 47. おわり

×