Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

UXリサーチ概論 - UXブッククラブ東東京 at freee

2.995 Aufrufe

Veröffentlicht am

2018年12月4日(火)開催
本がもらえるトークショー「樽本徹也の『UXリサーチ概論』 - リサーチとデザインのいい関係」の講演スライドです。

Veröffentlicht in: Design
  • Als Erste(r) kommentieren

UXリサーチ概論 - UXブッククラブ東東京 at freee

  1. 1. 年 月 日 UXブッククラブ東東京 at freee 樽本 徹也の 「UXリサーチ概論」 ~ リサーチとデザインのいい関係 ~
  2. 2. 目次 ------------------------------------- 第1章 ユーザ調査概論 第2章 ユーザインタビュー 第3章 データ分析 第4章 ペルソナ 第5章 シナリオ 第6章 ジャーニーマップ 第7章 ジョブ理論 第8章 キャンバス あとがき 祝! 重版 https://www.amazon.co.jp/dp/4274222187/
  3. 3. リサーチとデザイン <第1話>
  4. 4. GVの「デザインスプリント」を描いた本
  5. 5. 著者ジェイク・ナップ、 肩書は「デザイン・パートナー」
  6. 6. デザインスプリントの主体はチーム。 デザイナの役割はファシリテートすること
  7. 7. スプリントの最初と最後に登場する「ある人物」
  8. 8. マイケル・マーゴリス、肩書は「リサーチパートナー」
  9. 9. フィール ド調査 スクリーナの作成と リクルートの実施 テスト設計 と実施 <リサーチャ> <デザイナ&チーム> チーム 編成 調査報 告 デザインスプリントは2本の活動が平行して行われている
  10. 10. リサーチの神話 <第2話>
  11. 11. ● VOC(顧客の声) ● アンケート ● グルイン 三大神話
  12. 12. 顧客の声 顧客の体験 「顧客の声に応える」という間違い
  13. 13. アンケートは検証向き。アイデア生成には向いていない
  14. 14. グルインは意見が中心のうえ、他の参加者の影響を受ける
  15. 15. 量的 質的 生成的 UXリサーチ 検証的 「質的&生成的」な手法が必要
  16. 16. エスノグラフィ <第3話>
  17. 17. • フィールドワークの 報告書(民族誌) • フィールドワークの プロセス/方法論 「エスノグラフィ」には2つの意味がある
  18. 18. 原作者の「家田荘子」氏は暴力団幹部の家に居候までして、 一年間で28人の妻たちに「密着取材」したという
  19. 19. 作家、ジャーナリスト、監督、写真家・・・ 彼らは「密着取材」して記事や作品を作る
  20. 20. 参与観察 (participant observation) 「密着取材」をアカデミックに言えば「参与観察」
  21. 21. https://ja.wikipedia.org/wiki/ブロニスワフ・マリノフスキ 参与観察のパイオニアーー人類学者マリノフスキ
  22. 22. ウィリアム・ホワイトは参与観察を社会学に応用した
  23. 23. 日本の社会学系エスノグラフィの金字塔
  24. 24. ハイテク人類学者 <第4話> ※「High-Tech Anthropology®」「High-Tech Anthropologists®」は米Menlo Innovations 社による登録商標 です。
  25. 25. 「人類学者の役割はIDEOに おける最も根本的なイノベー ションの源泉だ。私たちの会 社には問題を解決するのに長 じた人材は多い。しかし、解決 すべき課題が何かを知ってお かなければ始まらない。人類 学者は問題を新しい枠組みで とらえることに非常に長けてい るので、飛躍的な前進を生み 出せるのだ。」 出典:トム ・ケリー (著)「イノベーションの達人 !」
  26. 26. ● Lucy Suchman ● Karen Holtzblatt ● Genevieve Bell ハイテクと人類学を結び付けた先駆者たち
  27. 27. ルーシー・サッチマン: 1979年にゼロックス・パロアルト研究所に入った
  28. 28. サッチマンの研究例: 博士号を持った2人の研究員がコピーを取る様子を観察する
  29. 29. カレン・ホルツブラット: ソフトウェア製品開発にエスノグラフィを取り入れた先駆者
  30. 30. ホルツブラットは「参与観察」を簡略化してソフトウェア設計に取り入 れ、それを「Contextual Inquiry」と名付けた
  31. 31. ジェネビーブ・ベル: 企業内人類学者の先駆けで「インテルの秘密兵器」と呼ばれた
  32. 32. People and Practices Research Team ベルのチームは「リアルピープル、リアルライフ」を掲げて 世界中のエンドユーザを対象としたフィールド調査を行った
  33. 33. メンロー・イノベーション社では 「ハイテク人類学者(HTA)」が活躍している
  34. 34. ハイテク人類学者は街角や職場を探検する
  35. 35. ● 素晴らしい観察のスキル ● 必要なら座っていられる能力 ● 「すばやくたくさん間違える」という 態度 ● ユーザインターフェイスのデザイン スキル ● クレヨンとマーカーで絵を描く能力 ● 付箋を使う能力 ● フォトショップ ● 共感力 ● 曖昧で抽象的なことを扱う能力 ● 特異性と正確性を備えたものを作 る能力 求む!HTA候補生 ハイテク人類学者のスキルセット例 (出典:リチャード・シェリダン (著)「ジョイインク」)
  36. 36. エコシステム <第5話>
  37. 37. イノベーションの エコシステム
  38. 38. AS ISTO BE
  39. 39. AS ISはリサーチする TO BEはデザインする リサーチとデザインは車の両輪
  40. 40. http://uxbc-east-tokyo.peatix.com/PR PR
  41. 41. おわり

×