Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
『描きながら考える会議』挑戦の目的
• 目的
– 「誰かの意見を起点に、新たな意見が広がり、
複数の人の頭の中が楽しくつながっていく」
というグラフィックレコーディングの
特徴を記録しようと試みた。
• 基本ルール
– メンバー(今回は5名)で...
挑戦1回目のルール
• ペンは1人1色。
グラデーションで美し
い色になる配色を選ぶ。
• 自分が話したことを自
由に描く。
• 最後に重要な分類や考
察を別の色で強調する。
• 時間軸に沿って、紙の
左側から右側にむかっ
てかいていく。
挑戦1回目の作品
• なんだか雑然としてて絵に見えない・・・
• 要素同士、何がどう繋がってるのかわからない。
• 他の人が見てもわかりづらい!!自分たちも人に説
明しづらい!
挑戦1回目の考察(1)
どうしたら
グラフィック=絵の持つ
美しさ、わかりやすさを
活かせたものが描けるのか?
挑戦1回目の考察(2)
• どうしたらグラフィック=絵の持つ
美しさ、わかりやすさを
活かせたものが描けるのか?
• 美しく、わかりやすいものには
目的を意識した、明確な構造がある。
– 今回の会議テーマの目的=アイディア発散
– では、アイデ...
グラフィックレコーディングの構造分類
list radialcluster
Grid&table diagram
グラフィックレコーディングの構造分類
list radialcluster
Grid&table diagram
今回はこれ!
描きながら、次の挑戦を考える
• Radialに近い
グラフィック、
どんなのがいい?
• 必ず描きながら
考える。空中戦はダメ。
• そうだ、島の絵に
してみたら?等
アイディアがでてくる。
挑戦2回目用 イメージスケッチ
挑戦2回目のルール
• 使う色は人ごとではなく、
絵が成立するように考える
– 基本は黒、島は緑、後から強調で他の色
• 絵にする粒度と順番を
事前にメンバーで決める
– 島=問いに対する答え
– 吹き出し=答えから派生したトピック
– 人間=...
ルールを皆で徹底するために
• イメージスケッチ、ルー
ルは張り出す。
– 常に描いてる人が
ルールを意識
できるように。
– 描いていると
大抵楽しくなって
ポジショニングは
忘れがちなので…
• ルールで使うと
決めたペンは近くに配置。
す...
挑戦2回目
挑戦2回目の作品
• 絵になってきたーーー!!!
挑戦2回目の考察(1)構造について
• 構造を決めたことで、
グラフィックに一貫性
がでた。
– 美しさ、わかりやすさ
のレベルを上げること
ができた。
– 描く人:何をどう描く
べきかわかり描きやす
かった。
– 見る人:問いに対する
答えと...
挑戦2回目の考察(2)表現について
• 答え同士の関係性が
見えやすくなった。
• 俯瞰してみることで
さらに発展した意見が
出しやすくなった。
答え
つながり系
種類によって分ける
意外と
希薄な関係
俯瞰してみた時の考察
ネガティブ考察・ポ...
挑戦2回目の考察(3)課題点
• 会議制限時間内におさめる工夫が必要。
– 今回は紙がある限り会議を続けた結果集中が切れてきた。
– 実際の会議は限られた時間内に行うので、グラフィックを行う(=議題進行する)
ペース配分を意識する必要がある。
...
GRN グラフィック・レコーダー・ネットワーク
樽本 真希
西村 奏美 福士 夏季
角田 和美
和田 あずみ
2015.5.9(土)
Thanks you!!
描きながら考える会議で、グループでのグラフィックレコーディングのコツを考えた
描きながら考える会議で、グループでのグラフィックレコーディングのコツを考えた
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

描きながら考える会議で、グループでのグラフィックレコーディングのコツを考えた

2.476 Aufrufe

Veröffentlicht am

2015/5/9(土)「グラレコムービーを作ろう」の会で実施した、グループでのグラフィックレコーディングのコツについての考察です。
グループでのグラフィックレコーディング、とはありますが。
一人で描く時も、二人や複数で描く時も「どうしたらグラフィック=絵の持つ美しさ、わかりやすさを活かせたものが描けるのか?」という問いは常にあるもの。
その問いに挑んだメンバー5名での進行の工夫、手法の工夫、考察、今後グラフィックレコーディングをやりたい!という方に活かせればと思います。

※本編動画も撮影しており、後日アップ予定です。

Veröffentlicht in: Design
  • Als Erste(r) kommentieren

描きながら考える会議で、グループでのグラフィックレコーディングのコツを考えた

  1. 1. 『描きながら考える会議』挑戦の目的 • 目的 – 「誰かの意見を起点に、新たな意見が広がり、 複数の人の頭の中が楽しくつながっていく」 というグラフィックレコーディングの 特徴を記録しようと試みた。 • 基本ルール – メンバー(今回は5名)で、会議をしていく。 – 会議の中でメンバーの意見は グラフィカルに可視化していく。
  2. 2. 挑戦1回目のルール • ペンは1人1色。 グラデーションで美し い色になる配色を選ぶ。 • 自分が話したことを自 由に描く。 • 最後に重要な分類や考 察を別の色で強調する。 • 時間軸に沿って、紙の 左側から右側にむかっ てかいていく。
  3. 3. 挑戦1回目の作品 • なんだか雑然としてて絵に見えない・・・ • 要素同士、何がどう繋がってるのかわからない。 • 他の人が見てもわかりづらい!!自分たちも人に説 明しづらい!
  4. 4. 挑戦1回目の考察(1) どうしたら グラフィック=絵の持つ 美しさ、わかりやすさを 活かせたものが描けるのか?
  5. 5. 挑戦1回目の考察(2) • どうしたらグラフィック=絵の持つ 美しさ、わかりやすさを 活かせたものが描けるのか? • 美しく、わかりやすいものには 目的を意識した、明確な構造がある。 – 今回の会議テーマの目的=アイディア発散 – では、アイディア発散に適した構造とは?
  6. 6. グラフィックレコーディングの構造分類 list radialcluster Grid&table diagram
  7. 7. グラフィックレコーディングの構造分類 list radialcluster Grid&table diagram 今回はこれ!
  8. 8. 描きながら、次の挑戦を考える • Radialに近い グラフィック、 どんなのがいい? • 必ず描きながら 考える。空中戦はダメ。 • そうだ、島の絵に してみたら?等 アイディアがでてくる。
  9. 9. 挑戦2回目用 イメージスケッチ
  10. 10. 挑戦2回目のルール • 使う色は人ごとではなく、 絵が成立するように考える – 基本は黒、島は緑、後から強調で他の色 • 絵にする粒度と順番を 事前にメンバーで決める – 島=問いに対する答え – 吹き出し=答えから派生したトピック – 人間=誰が言ったか大事なことは、人間 の絵に名前やその人の特徴を入れて「誰 がいっているのか」を明示する – つながりや対立などの関係性=島をかき きってからどう追加していくか考えるこ とにした。 • 録画したとき絵が見えやすいようにポ ジショニングする
  11. 11. ルールを皆で徹底するために • イメージスケッチ、ルー ルは張り出す。 – 常に描いてる人が ルールを意識 できるように。 – 描いていると 大抵楽しくなって ポジショニングは 忘れがちなので… • ルールで使うと 決めたペンは近くに配置。 すぐ利用できるように。
  12. 12. 挑戦2回目
  13. 13. 挑戦2回目の作品 • 絵になってきたーーー!!!
  14. 14. 挑戦2回目の考察(1)構造について • 構造を決めたことで、 グラフィックに一貫性 がでた。 – 美しさ、わかりやすさ のレベルを上げること ができた。 – 描く人:何をどう描く べきかわかり描きやす かった。 – 見る人:問いに対する 答えと派生トピックと いう一貫性が見えるの で理解しやすい。 主題 (問い) 答え 答え 答え 答え 答え答え答え 答え 答え 答え 答え 答え 答え 派生 トピック 派生 トピック 派生 トピック派生トピック
  15. 15. 挑戦2回目の考察(2)表現について • 答え同士の関係性が 見えやすくなった。 • 俯瞰してみることで さらに発展した意見が 出しやすくなった。 答え つながり系 種類によって分ける 意外と 希薄な関係 俯瞰してみた時の考察 ネガティブ考察・ポジティブ考察に よって分ける
  16. 16. 挑戦2回目の考察(3)課題点 • 会議制限時間内におさめる工夫が必要。 – 今回は紙がある限り会議を続けた結果集中が切れてきた。 – 実際の会議は限られた時間内に行うので、グラフィックを行う(=議題進行する) ペース配分を意識する必要がある。 • 記録者・発言者の固定化が起きた。 – 実際の会議では、皆がかけるわけではないが、 記録・発言してない人の参加意欲を促すためのファシリテーションは必要。 – ファシリテーター1名、レコーダー2名など、役割分担をまわしてみるなどしたら おもしろそう。(ファシリテーター、レコーダーも意見をだすメンバーとする) • 最後のほうは記録場所の確保が難しいことも。 – 紙は有限なので会議進行をふまえたうえでペース配分する。 • 発見や共感要素をどう可視化していくか? – 新たな囲み等の追加ルールをどう加えていくか? – 黒中心に描いていくと、グレーや黄色などの薄い色では 主題の視線をそこまでじゃましない囲いができる。 強い関係性を示す場合は赤など、 目を引く色で塗りつぶすことできる。 などなど、もっと見やすい方法は色々あるのでは! また新たな会議で 活かしてみたいね!
  17. 17. GRN グラフィック・レコーダー・ネットワーク 樽本 真希 西村 奏美 福士 夏季 角田 和美 和田 あずみ 2015.5.9(土) Thanks you!!

×