Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

プロフェッショナル要件定義の教科書』の内容が 要件定義を考える上で大切だったのでまとめてみた

1.671 Aufrufe

Veröffentlicht am

システムを作る共通の目的は何かを理解させた上で要件定義とは何か、要件定義で大切なことはなにか、要件定義で生み出すべきものは何かへと話が進む。

Veröffentlicht in: Business
  • Loggen Sie sich ein, um Kommentare anzuzeigen.

プロフェッショナル要件定義の教科書』の内容が 要件定義を考える上で大切だったのでまとめてみた

  1. 1. 『プロフェッショナル要件定義の教科書』の内容が 要件定義を考える上で大切だったのでまとめてみた
  2. 2. このパワーポイントについて  『プロフェッショナル要件定義の教科書』(桐谷恵介)  システムを作る共通の目的は何かを理解させた上で要件定義とは何か、要件定義で大 切なことはなにか、要件定義で生み出すべきものは何かへと話が進む。  「情報システムは企業の活動を支援していくための経営のツール」(P3)  要件定義とは 「構築する情報システムに対する要求を整理・体系化する」ためのもの(P3)  ポイント  「現行と同じ」仕様はありえない(P31~36)  ヒアリングのセオリー(P158)
  3. 3. 「現行と同じ」仕様はありえない(P31~36)  新しい情報システムには、「現行と同じ」という要件定義の方針はありえない  「現行と同じ」は仕様ではない なぜなら…  20年間変わらない業務を新しいシステムの前提としていいのか? (細かいところは変わっているはず!)  業務は日々改善され、業務プロセスは変わっているはず!  「今と同じ」はプロジェクトメンバーの危機感とモチベーションを消す効果がある  曖昧な部分や漏れが生まれる
  4. 4. ヒアリングのセオリー(P158) 質問者 回答者 ①問いかけ ③言い換え(定義) ②回答
  5. 5. The World Has Many More Virtues and People Are Forgiving <世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい> 小檜山 歩(こひやま あゆむ) Kohiyama Ayumu メール:c121238i@gmail.com Facebook/LinkedIn:Kohiyama Ayumu Twitter:@ayumu_kohiyama ブログ:http://kohiyama-ayumu.com/blog/

×