Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
日常生活の
データサイエンス:
社会心理学の魅力
三浦麻子(関西学院大学) TWITTER: @ASARIN
3/26/2016
第八回ニコニコ学会βデータ研究会
1
自己紹介
 社会心理学者
 コミュニケーションやインタラク
ションが新しい「何か」を生み出す
メカニズムを解明することに関心
 アウトプット:意思決定や創造性
 プロセス:感情表出や対人ネット
ワーク構造
 計量テキスト分析,社会調査...
社会心理学者の仕事
 観察,実験,調査などの方法を通じてデータを入手し,
ほとんどの場合,それを統計的検定ないしは統計モデ
リングによって検証し,認知モデルや社会現象などに
ついて,ある抽象的知識ないしは法則性を見つけ出す
 相手にするのは...
確率的な事象を繰り返し測定する
 サイコロを1200回振るとどの目が何回出たか?
3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会
4
190
205 203
193
200
209
0
20
40
60
80
100
120
140
16...
日常のふとした疑問を種に
人間心理の規則性を発見する
 日常のふとした疑問の多くは,それが確率的事象であるからこそ
生じるものである
 つまり,データを取って統計的に解析することで解決できる可能
性がある
 「心理学研究」とは,
まさしく...
社会心理学の基本的視座
 人間とは社会的動物である
 つまり,人間とは社会と相互作用する存在である
 人間心理(とその表象としての行動)は,個人属性
(性別など)や個人特性(性格など)だけで決まるの
ではなく,あるいはそれよりもむしろ,社...
社会心理学の基本的視座
 人間とは社会的動物である
 つまり,人間とは社会と相互作用する存在である
3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会
7
B = f ( P, E )
Behavior Person Environment...
古典的事例:権威への服従
 人間心理を変える「状況の力」
 人は,閉鎖的な環境下においては,
権威者の指示に容易に従い,時に想
像できないほど残虐な行為をするこ
とがある
 例えば,ホロコースト
 人間の本質は善?悪?
 どちらでもな...
社会的要因と社会的行動
 規範(norm)
 集団には,それぞれの集団ごとに「こうあるべきだ」という
行動様式や考え方がある(cf: 規則)
 多元的無知(「自分は「こうあるべきだ」とは思わないけど,たぶ
んみんな「こうあるべきだ」と思っ...
アッシュの実験(1956)
3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会
10
A B C
左の図に描かれた線分と同じ長さの線分を
右の図から一つ選びなさい
アッシュの実験(1956)
3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会
11
B
B B B B … Asch(1956)では同一人物に
12回試行を繰り返させた
が,同調率は37%にも達した
間違いようのないような単
純で簡単な課題で...
ミルグラムの実験(1963)
 「記憶に関する実験」と銘打って一般から参加者
を募集する
 教師役と生徒役のペアで実験をすると言われた参
加者はくじびきをし,必ず教師役が当たる
 生徒役に壁越しに記憶課題を出題し,誤答なら電
気ショックを...
ミルグラムの実験(1963)
 実験の内容を説明して「最大ボルト数までやめ
ない人はどの程度いると思うか」と聞くと,皆
「きっとごくわずかだろう」と予測した
 しかし実際は,参加者の65.0%(26/40)が最後まで
電気ショックを与え続け...
日常生活の
データサイエンス
人間行動に関するふとした
疑問に端を発して,特に状
況要因に着目してそのメカ
ニズムを想定し,データを
収集してそれを検証する
3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会
14
私の事例:
Twitterの計量テキスト分析
(Miura, Komori, Hiraishi, & Matsumura, in preparation)
 東日本大震災という危機的出来事とそれに引き続いて晒され続け
ている原子力災害リスクに...
私の事例:
Twitterの計量テキスト分析
(Miura, Komori, Hiraishi, & Matsumura, in preparation)
 2011年3月11日~2012年4月16日(通算403日間)に投稿された日
本語によ...
私の事例:
Twitterの計量テキスト分析
(Miura, Komori, Hiraishi, & Matsumura, in preparation)
3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会
17
怒りの社会的共有は時間経過の自...
社会心理学の魅力
 人間は自分の周囲を取り巻く状況
に影響を受けやすい社会的動物で
あり,そうであるがゆえに人間心
理はほとんど気紛れにさえ見える
確率的な事象である
 しかしそこに「社会的であるこ
と」のメカニズムを見いださんと
して,デ...
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

日常生活のデータサイエンス(20160326第八回ニコニコ学会βデータ研究会)

1.156 Aufrufe

Veröffentlicht am

社会心理学は優れてデータサイエンスであるという発表をしたつもり

Veröffentlicht in: Präsentationen & Vorträge
  • Als Erste(r) kommentieren

日常生活のデータサイエンス(20160326第八回ニコニコ学会βデータ研究会)

  1. 1. 日常生活の データサイエンス: 社会心理学の魅力 三浦麻子(関西学院大学) TWITTER: @ASARIN 3/26/2016 第八回ニコニコ学会βデータ研究会 1
  2. 2. 自己紹介  社会心理学者  コミュニケーションやインタラク ションが新しい「何か」を生み出す メカニズムを解明することに関心  アウトプット:意思決定や創造性  プロセス:感情表出や対人ネット ワーク構造  計量テキスト分析,社会調査,実験 室実験,参与観察 3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会 2
  3. 3. 社会心理学者の仕事  観察,実験,調査などの方法を通じてデータを入手し, ほとんどの場合,それを統計的検定ないしは統計モデ リングによって検証し,認知モデルや社会現象などに ついて,ある抽象的知識ないしは法則性を見つけ出す  相手にするのは世の中に溢れる「確率的な事象」  versus 決定論的な事象  繰り返し測定・観測することで,現象の規則性を探る 3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会 3
  4. 4. 確率的な事象を繰り返し測定する  サイコロを1200回振るとどの目が何回出たか? 3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会 4 190 205 203 193 200 209 0 20 40 60 80 100 120 140 160 180 200 220 1 2 3 4 5 6 回 数 サイコロの出目 どの目が出る確率も 「大体200回くらい」 という規則性が あるようだ
  5. 5. 日常のふとした疑問を種に 人間心理の規則性を発見する  日常のふとした疑問の多くは,それが確率的事象であるからこそ 生じるものである  つまり,データを取って統計的に解析することで解決できる可能 性がある  「心理学研究」とは, まさしくこうした行為  すなわち「データサイエンス!」 3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会 5 マイクロソフト開発のAI 「Tay」はツイッターに登場後 わずか1日でヒトラー礼賛を… なんやって? ありえへん… なんでそんなことになるんや…
  6. 6. 社会心理学の基本的視座  人間とは社会的動物である  つまり,人間とは社会と相互作用する存在である  人間心理(とその表象としての行動)は,個人属性 (性別など)や個人特性(性格など)だけで決まるの ではなく,あるいはそれよりもむしろ,社会(他者や 周囲の事物,文化などの環境)からの影響によって決 まる部分も大きい 3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会 6
  7. 7. 社会心理学の基本的視座  人間とは社会的動物である  つまり,人間とは社会と相互作用する存在である 3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会 7 B = f ( P, E ) Behavior Person Environment by Kurt Levin(1936)
  8. 8. 古典的事例:権威への服従  人間心理を変える「状況の力」  人は,閉鎖的な環境下においては, 権威者の指示に容易に従い,時に想 像できないほど残虐な行為をするこ とがある  例えば,ホロコースト  人間の本質は善?悪?  どちらでもない.状況による 3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会 8 なんやって? ありえへん… なんでそんなことするんや…
  9. 9. 社会的要因と社会的行動  規範(norm)  集団には,それぞれの集団ごとに「こうあるべきだ」という 行動様式や考え方がある(cf: 規則)  多元的無知(「自分は「こうあるべきだ」とは思わないけど,たぶ んみんな「こうあるべきだ」と思っているんだろうな,と多くの人が 思っている状況)で維持されている場合もある  同調(conformity)  集団規範がある(と思う)と,人はそれに沿って行動しよう としがち 3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会 9
  10. 10. アッシュの実験(1956) 3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会 10 A B C 左の図に描かれた線分と同じ長さの線分を 右の図から一つ選びなさい
  11. 11. アッシュの実験(1956) 3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会 11 B B B B B … Asch(1956)では同一人物に 12回試行を繰り返させた が,同調率は37%にも達した 間違いようのないような単 純で簡単な課題でも,周囲 が誤答するとそれが「規 範」となり,正答であった としてもそれに反する答は 口に出しにくくなる傾向が ある より複雑な意思決定なら…
  12. 12. ミルグラムの実験(1963)  「記憶に関する実験」と銘打って一般から参加者 を募集する  教師役と生徒役のペアで実験をすると言われた参 加者はくじびきをし,必ず教師役が当たる  生徒役に壁越しに記憶課題を出題し,誤答なら電 気ショックを与える+数に応じて強さを上げるよ う指示される  生徒役はたびたび間違えるため,どんどん強い ショックを与えなければならなくなる(15ボルト ずつ30段階)  やめようとすると実験実施者に「やってくれ」と 言われる 3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会 12 実験実施者 教師役 生徒役
  13. 13. ミルグラムの実験(1963)  実験の内容を説明して「最大ボルト数までやめ ない人はどの程度いると思うか」と聞くと,皆 「きっとごくわずかだろう」と予測した  しかし実際は,参加者の65.0%(26/40)が最後まで 電気ショックを与え続けた  多くの人は,権威をもった立場(と思われる) の人から命令されると,行為の内容に関係な く,思いのほかそれに服従してしまう  道徳性がある程度は発達していて,いくら規範 があってもそれなりには抵抗できるはずでもこ うなんだから,まっさらなAIはひとたまりも… 3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会 13
  14. 14. 日常生活の データサイエンス 人間行動に関するふとした 疑問に端を発して,特に状 況要因に着目してそのメカ ニズムを想定し,データを 収集してそれを検証する 3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会 14
  15. 15. 私の事例: Twitterの計量テキスト分析 (Miura, Komori, Hiraishi, & Matsumura, in preparation)  東日本大震災という危機的出来事とそれに引き続いて晒され続け ている原子力災害リスクに関する日本居住者の情動状態を長期的 かつ探索的に検討する  原発事故災害に関連するツイートを対象に,情動の社会的共有 (Social Sharing of Emotion)の長期的変化と原発事故との近接性 による差異を検討する 3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会 15 なんやって? ありえへん… なんでこんなことになったんや… こんなとき,人間はどうなるんや…
  16. 16. 私の事例: Twitterの計量テキスト分析 (Miura, Komori, Hiraishi, & Matsumura, in preparation)  2011年3月11日~2012年4月16日(通算403日間)に投稿された日 本語による全ツイートから,原子力災害関連語を含むものを抽出  公式/非公式リツイート,リプライ,居住地域を都道府県レベル で特定できないものを除外(全10,471,634件)  怒り/不安語の出現比率を時系列×原発事故との距離で比較 3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会 16
  17. 17. 私の事例: Twitterの計量テキスト分析 (Miura, Komori, Hiraishi, & Matsumura, in preparation) 3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会 17 怒りの社会的共有は時間経過の自然減衰の 影響を受けにくく,この傾向は福島第一原 発からより遠い地域において顕著 怒りは「欲求/接近」動機と関連する情動 →リスクに対峙しようとする意図は減衰し ていない 不安の社会的共有は,原発の立地する地域 でより多く行われていたが,時間経過とと もに減少傾向が観察され,福島第一原発に より近い地域においてその傾向が顕著 不安は「嫌悪/回避」動機と関連する情動 →極限的な状況からの緩やかな回復が果た されつつある
  18. 18. 社会心理学の魅力  人間は自分の周囲を取り巻く状況 に影響を受けやすい社会的動物で あり,そうであるがゆえに人間心 理はほとんど気紛れにさえ見える 確率的な事象である  しかしそこに「社会的であるこ と」のメカニズムを見いださんと して,データを携えてそれを追究 するのが,社会心理学という学問 の面白さであり,醍醐味である 3/26/2016第八回ニコニコ学会βデータ研究会 18 Thank you for your attention.

×