Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

AWSにみる日本のクラウドのトレンド予測 20150321 jaws-tohoku

2.680 Aufrufe

Veröffentlicht am

日本のクラウドトレンドの予測よりはAWSをみたほうがいいよね

Veröffentlicht in: Technologie
  • Als Erste(r) kommentieren

AWSにみる日本のクラウドのトレンド予測 20150321 jaws-tohoku

  1. 1. ⽇日本のクラウドのトレンド 2015年年以降降の業界の展望 アマゾンデータサービスジャパン 荒⽊木靖宏(twitter:ar1)
  2. 2. ⾃自⼰己紹介 •  名前 –  荒⽊木  靖宏(twitter:  ar1) •  これまで –  JAWS-‐‑‒UG→AWSへ –  プリンシパルソリューションアーキテクト •  現在 –  Sr.  Mgr,  Tiger,  Solution  Architecture •  好きなAWSサービス –  Amazon  Virtual  Private  Cloud –  AWS  Direct  Connect
  3. 3. クラウド   =  IT利利⽤用の新しいカタチ
  4. 4. AWS   =(たぶん) ⽇日本のクラウドの未来
  5. 5. 数字が⽰示す「クラウド利利⽤用」への流流れ IT投資全体は横ばい 〜~減少傾向 ※2014年年  国内IT市場規模は、14兆1,584億円、   前年年⽐比成⻑⾧長率率率0% クラウド利利⽤用は右肩 上がり ※2012年年〜~2017年年の年年間平均成⻑⾧長率率率は27.8%、 2017年年の市場規模は2012年年⽐比3.4倍の3,178億円 出展:IDC  Japan:  http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20130401A 出展:IDC  Japan:  http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20140130Apr.html  
  6. 6. Copyright  ©  2014  Amazon  Web  Services SUNCORP   オーストラリアの⾦金金融グループ §  SUNCORP  BANK:  オーストラリア第五位の銀⾏行行 §  SUNCORP  Insurance:  オーストラリア最⼤大の保険契約数 §  その他14の⾦金金融ブランド   900万⼈人の顧客、1万5千⼈人の従業員   ミッションクリティカルなものも合わせて、2000のアプリ ケーションを保有 6
  7. 7. Copyright  ©  2014  Amazon  Web  Services ビジョンと実⾏行行計画  1ヶ⽉月⽬目 §  新技術調査 §  ビジネス継続性の検討 §  広範囲の認可   2ヶ⽉月⽬目 §  リスク、セキュリティ、リーガル⾯面の確認 §  ガバナンスの作成 §  規制各局とのブリーフィング   3ヶ⽉月⽬目 §  オンラインアプリケーション、BIなどから マイグレーション開始   18ヶ⽉月⽬目 §  ミッションクリティカルなものも含め、 2000ある全てのアプリケーションをAWS に移⾏行行
  8. 8. AWSクラウドの起源は、 アマゾン社内の ビジネス課題を解決するために ⽣生まれた API
  9. 9. 現在のAWSクラウド
  10. 10. 世界中に広がるAWSの拠点 11  のリージョン 1.  US  EAST  (Virginia) 2.  US  WEST    (N.  California) 3.  US  WEST  2  (Oregon) 4.  EU  WEST  (Ireland) 5.  JAPAN  (Tokyo) 6.  South  America  (Sao  Paulo) 7.  ASP  1  (Singapore) 8.  ASP  2  (Sydney) 9.  GovCloud   10. BJS  1  (Beijing  China)  limited  preview 11. EU  (Frankfurt)  <NEW> 28  のアベイラビリティ・ゾーン 52  のエッジロケーション
  11. 11. AWSクラウドの規模 アマゾンが年年商  70  億ドルのビジネス規模 だった時に必要なコンピューターリソース を、AWSでは毎⽇日追加しています
  12. 12. Gartner  Magic  Quadrant  for  Cloud  Infrastructure  as  a   Service Gartner  “Magic  Quadrant  for  Cloud  Infrastructure  as  a  Service,”  Lydia  Leong,  Douglas  Toombs,  Bob  Gill,  Gregor  Petri,  Tiny  Haynes,  May  28,  2014.  This  Magic  Quadrant  graphic  was  published  by  Gartner,  Inc.  as  part  of  a  larger  research   note  and  should  be  evaluated  in  the  context  of  the  entire  report.  The  Gartner  report  is  available    at  http://aws.amazon.com/resources/analyst-‐‑‒reports/.  Gartner  does  not  endorse  any  vendor,  product  or  service  depicted  in  its  research   publications,  and  does  not  advise  technology  users  to  select  only  those  vendors  with  the  highest  ratings  or  other  designation.  Gartner  research  publications  consist  of  the  opinions  of  Gartner's  research  organization  and  should  not  be   construed  as  statements  of  fact.  Gartner  disclaims  all  warranties,  expressed  or  implied,  with  respect  to  this  research,  including  any  warranties  of  merchantability  or  fitness  for  a  particular  purpose.
  13. 13. 世界中の著名な企業やサービスがAWSを利利⽤用中 <Enterprise  Business> <Internet  Business>
  14. 14. ⽇日本で20,000以上のお客様
  15. 15. ⽇日本全国に広がるAWSクラウド利利⽤用の波
  16. 16. ユーザーコミュニティも全国に JAWS-‐‑‒UG  =  Japan  AWS  User  Group
  17. 17. 宮崎 札幌 仙台 名古屋⼤大阪 ⾦金金沢 京都 ⼭山⼝口 佐賀 福岡 ⿅鹿鹿児島沖縄 熊本 浜松 静岡 ⻑⾧長崎 神⼾戸 ⼤大分 湘南 岩⼿手 福井 徳島 広島 つくば 横浜 さいたま ⻑⾧長岡 函館 ⻘青森 ⼭山形 秋⽥田 中央線 島根 岡⼭山 北北九州 会津 千葉葉 東京 ⾼高知 愛媛 うどん県 今⽇日現在で、⽇日本全国に 約50カ所に活動拠点あり 和歌⼭山
  18. 18. E-‐‑‒JAWS:  Enterprise  Japan  AWS  User  Group
  19. 19. JAWS-‐‑‒UG  CLI 「運⽤用エンジニアのためのAWS」
  20. 20. AWSクラウドを軸に新たなエコシステムが創造 クラウドサービス提供 アプライアンス、ネットワーク ベンダーのクラウド対応 BYOL(ライセンス持込) システムインテグレーション
  21. 21. AWSが提供しているサービス
  22. 22. 2006年年3⽉月14⽇日、Amazon  S3発表
  23. 23. Infrastructure Foundation Services Regions Availability  Zones Storage (Object,  Block  and  Archive) Networking Security  &   Access   Control Platform Services Databases Relational NoSQL Caching Analytics Hadoop Real-time Data warehouse App  Services Queuing Orchestration App streaming Transcoding Email Search Deployment  &   Management Containers Dev/ops Tools Resource Templates Mobile  Services Identity Sync Mobile Analytics Notifications Enterprise Applications Virtual  Desktops Data Workflows Usage Tracking Monitoring and Logs Compute (VMs,  Auto-‐‑‒scaling  and  Load  Balancing) CDN  and  Points  of  Presence サーバー、ストレージ、DBから、アプリケーションまで 40を超えるクラウドサービスを提供
  24. 24. AWS  Innovations  をふりかえる 2009 Amazon  RDS Amazon  VPC Auto  Scaling Elastic  Load   Balancing +48 2010 Amazon  SNS AWS  Identity   &  Access   Management Amazon  Route  53 +61 2011 Amazon   ElastiCache Amazon  SES AWS   CloudFormation AWS  Direct   Connect AWS  Elastic   Beanstalk GovCloud +82 Amazon   CloudTrail Amazon   CloudHSM Amazon   WorkSpaces Amazon  Kinesis Amazon  Elastic Transcoder Amazon   AppStream AWS  OpsWorks +280 2013 Amazon  SWF Amazon  Redshift Amazon  Glacier Amazon   Dynamo  DB Amazon   CloudSearch AWS  Storage Gateway AWS  Data   Pipeline +159 2012 AWS  has  been  providing •  40+  major   •  1173+  new  services  and  features •  47  times  price  reduction 2008 +24 Amazon  EBS Amazon CloudFront +516 2014 Amazon  Cognito Amazon  Zocalo Amazon  Mobile Analytics AWS  Directory Service Amazon  RDS   for  Aurora AWS  CodeDeploy AWS  Lambda AWS  Config AWS  Key   Management  Service Amazon  EC2   Container   Service *as    of  Dec  31,    20142
  25. 25. これまで、数多くのAWS成功例例がうまれていっ た。。 そして、それらは時に「秘伝のたれ」「さわって はいけないもの」とされてきた。。
  26. 26. 反撃=デザインを塗り替えるAWS
  27. 27. 昨年年の「ぬりかえ」をふりかえります 5⼤大
  28. 28. VPC  Peering
  29. 29. VPC  Peering •  登場 –  3⽉月24⽇日(AWS  Summit  San  Francisco) •  引導を渡したもの –  ヘアピンDXパターン
  30. 30. ヘアピンDXパターン VPC間のネットワーク接続をDX経由で データセンタ Virtual Private Cloud Virtual Private Cloud 2014.3.15 JAWS Enterprise CDPのセッションで 発表
  31. 31. AWS  Elastic  BeanstalkのDocker対応
  32. 32. AWS  Elastic  BeanstalkのDocker対応 •  登場 –  4⽉月23⽇日 •  引導を渡したもの –  Docker動作環境の運⽤用 –  ロードバランサ下のDockerアプリ環境
  33. 33. CloudFrontのCloudWatch対応
  34. 34. CloudFrontのCloudWatch対応 •  登場 –  10⽉月9⽇日 •  引導を渡したもの –  ビーコン埋め込み –  能動的アクセスによるステータスチェック –  サンプリングによる「不不正確」な状況把握
  35. 35. AWS  Lambda
  36. 36. AWS  Lambda •  登場 –  11⽉月13⽇日(AWS  re:Invent  2014) •  引導を渡したもの –  1時間に⼀一度度のバッチ処理理 –  Kinesisで集めたデータの後処理理
  37. 37. 引導
  38. 38. Amazon  EC2  Container  Service
  39. 39. Amazon  EC2  Container  Service •  登場 –  11⽉月13⽇日(AWS  re:Invent  2014) •  引導を渡したもの –  AWS  Elastic  BeanstalkのDocker対応 –  オレオレDockerレポジトリ –  EC2上でのCoreOS
  40. 40. Next Target?

×