Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Die SlideShare-Präsentation wird heruntergeladen. ×

190801 discussion for consumer law problem

Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Anzeige
Wird geladen in …3
×

Hier ansehen

1 von 63 Anzeige

Weitere Verwandte Inhalte

Ähnlich wie 190801 discussion for consumer law problem (17)

Weitere von Akemi Yokota (16)

Anzeige

Aktuellste (20)

190801 discussion for consumer law problem

  1. 1. 法を使って暮らしを守るあなたに 〜カフェパウゼで法学を社会活動編 2019/08/02 国民生活センター 科学的に消費者問題を考えるため科学と法学を学ぶ会 千葉大学 准教授 横田明美 https://www.slideshare.net/akemiyokota83
  2. 2. はじめに 自己紹介 横田明美 博士(法学) 行政法→環境法・情報法・消費者法 2006卒 2008卒 2013年学位取得 法学部→法科大学院→ 博士課程 (*2005年~2008年1月にブログを書いていた ことがきっかけで、研究者の道へ) p.2
  3. 3. 最近の研究課題 2016年度~18年度 若手研究(B) 題目: 集合的利益・拡散的利益を巡る法制度設計―消費 者・環境・情報法制の架橋 ・・・AI・ロボットが普及した社会と行政法 「AI・ロボット社会の進展に伴うリスクに対する環境法政策の応用 可能性」環境法研究7号71-88頁 「AI・ロボットと行政規制」弥永真生・宍戸常寿(編)『AI・ロボッ トと法』(有斐閣、2018年) 「行政によるAIの利活用と行政法学の課題」自治実務セミナー 2019年1月号9-13頁 p.3
  4. 4. 横田明美 これまでの著作 行政法 (市民から行政に対する訴訟) →環境法・情報法・消費者法 →『ロボット・AIと法』へ p.4
  5. 5. 石動竜仁ほか『シン・ゴジラ政府・自衛隊事態対処研究』 (ホビージャパン、2017年) p.5 前掲・『逐次解説 ゴジラ災害 対処マニュアル』をベースに、 各界の研究者(編集者の人脈 とTwitter経由で招集)を集めた 豪華解説
  6. 6. 【参考:別スライド】 巨大不明生物対策からみる日本の行政制度 • 1-1 自衛隊の出動根拠論 – 法律による行政の原理 • 1-2 初の「災害緊急事態」布告 • 2 巨災対の人々 • 3 科学技術と政策 • おわりに 虚構から着想を得る研究 p.6
  7. 7. 『カフェパウゼで法学を』(弘文堂、2018年7月) p.7 2013年12月~2017年3月 「アシタノレシピ」・対話形式 SNS・知的生産(レポート→卒論) 2015年4月~2016年3月 「弘文堂スクエア」・叙述形式 法学学習&進路
  8. 8. メソッドの『カフェパウゼで法学を』 サブタイトルは「対話で見つける〈学び方〉」 • 法学学習への素朴な疑問 「学び方を教えてもらう機会がほぼない」 暗黙知としての「知の技法」・知的生産 得意なことも置かれた環境も人それぞれ →それぞれの〈学び方〉を 見つけるための伴走者 いわば 「大学生活入門」! p.8
  9. 9. 『法学学習Q&A』(有斐閣、2019年3月) 法学教室2018年4月号別冊付録を大幅に増補し書籍化 • 小谷昌子先生・堀田周吾先生と横田が3人で1 つの質問に答えるQ&A、と豊富な「ブックガイド」、 「ノートの取り方」に特化した特別ゼミ 「答えは一つではない」こと、 自分の学び方を見つけることを意識 p.9
  10. 10. はじめにお願い:今日からやってみよう! 自分の〈内なる声〉も合わせてメモ・ノートをとろう ©YOKOTA Akemi 2015 10
  11. 11. 本日のロードマップ • 35分ほど:講演パート – 〈内なる声〉もメモしておこう • ちょっとした疑問や感想、?や☆だけでもOK! • 10分:質問シートを書いてみよう – 見出し(主張)+根拠(理由・証拠)を書こう • 5分:~報告者による順序入れ替え~ • 残り:質疑応答 – 〈良い質問〉を心がけて、周りのみんなと疑問や議論 を共有しましょう! p.11
  12. 12. 質問シートの使い方 (本書・174頁Work6) • <質問シートを使った質問のコツ> • 1 .〈内なる声〉をメモしながら報告を聞く • 2 .質問の内容について、質問シートにキーワー ド(主張)と趣旨(理由・証拠)を書く • 3 .手控えのために写真を撮り、報告者に提出す る。報告者は質問順を並び替える • 4 .(質問者に当てる場合): – 報告者(司会)に当てられたら、 質問者は質問の骨子→その理由→聞きたい内容、とな るように質問する p.12
  13. 13. 参考:「良い質問」とは? 〈内なる声〉をちゃんとメモして、 「良い質問」がお互いにできるようになろう ①理解を確認するための質問 あなたがわからないことは、きっと皆もわからない ②議論を広げ、深めるための質問 なぜ?と理由を聞く、別の事例を紹介する 等 p.13
  14. 14. 参考:質問シートの例 p.14
  15. 15. 参考:〈内なる声〉のメモで講義・ゼミ・自学のトライアングルを繋 ぐ p.15
  16. 16. 〈内なる声〉のメモで講義・ゼミ・自学のトライアングルを繋ぐ p.16
  17. 17. 今日の目標 • 法学以外の実務家・専門家とのコラボ – 昨年:天羽先生と「法学入門」談義 • 「法学の学生向け」とは逆向き? • 「法学研究者とそれ以外の専門性」? • 体系的思考と問題解決思考の往復! – 法学専門家の強み • 体系をものさしにして考えることができる – 科学研究者の強み • 科学的知見に基づくエビデンスの吟味 p.17
  18. 18. 今日の目標: 法学以外の実務家・専門家とのコラボを考える ロードマップ – Ⅰ 学生に法学を活かすために伝えていること • 学問と現実をつなぐ • 体系的思考の活かし方 – Ⅱ 行政法研究者からみた消費者法 • 有識者委員経験も踏まえて – 厚労省薬事食品衛生審議会食品衛生分科会、総務省モバイ ル研究会消費者保護WG等 – Ⅲ 社会を変えるためにできることは? p.18
  19. 19. 法学を学ぶとはどういうことか? 大学ってどんなところ? • 「答えは一つじゃないんですか?」という質問 – 研究者が、実務家がしていることは? p.19 The illustrated guide to a Ph.D. Matt Might http://matt.might.net/articles/p hd-school-in-pictures/ 日本語の解説記事: 博士号(Ph.D.)をとるまでの道の りをイラストで示すと。。。~ライ フサイエンスプロジェクト http://life-science- project.com/908/
  20. 20. 法学的思考とは? 「基準を作る力」 「自分とは異なる立場・考えの利益も考える」 – 異なる立場にも目を向けるために • 1)判例学説の背景の「なぜ」まで考える • 2)他のケースや場面での応用まで想像する • 3)日常的に「演じて」みる〈ディベートモード〉 – ゼミ(自主ゼミ含む)の効用 p.20
  21. 21. 【参考・別スライド】オープンキャンパスでの説明 Ⅰ 法学ってなんだろう 1 法的思考と法解釈 (1)法的思考とは 法源→法命題→あてはめ ©YOKOTA Akemi 2015 p.21
  22. 22. 【参考・別スライド】オープンキャンパスでの説明 Ⅰ 法学ってなんだろう 法源→法命題→あてはめ 法源:法律の条文など 抽象的な書き方・専門用語 固有名詞を含まない 法命題: 「Aをした人(Aのとき)ならば、Bだ」という形 Aのとき=要件 B(すべき)だ=効果 ©YOKOTA Akemi 2015 p.22
  23. 23. 【参考・別スライド】オープンキャンパスでの説明 Ⅰ 法学ってなんだろう 法源→法命題→あてはめ • あてはめ:法命題を具体的な事実に当て はめる 「横田はAなので、Bすべきだ」 という形 ©YOKOTA Akemi 2015 p.23
  24. 24. 【参考・別スライド】オープンキャンパスでの説明 Ⅰ 法学ってなんだろう (2)法解釈とは 法解釈:法源から法規範を導く作業 =別の言葉への置き換えをする作業 – 「一見して明らか」ならば法解釈はいらない – 一般の意味とは異なる言葉 「故意」「悪意」「公権力の 行使」 人によって意見が分かれうるから 法解釈が必要→最後は裁判所が決める ©YOKOTA Akemi 2015 p.24
  25. 25. a) 民事訴訟 対立する当事者が述べたこ とに対し、中立な裁判所が判断して紛争を 解決する手続 b) 刑事訴訟 罪を犯したと疑われている被 疑者(被告人)に対し、公正な手続で刑 罰を科すための手続 →どちらも、裁判所は「真実の解明」をするわ けではないことに注意! ©YOKOTA Akemi 2015 p.25 【参考・別スライド】オープンキャンパスでの説明 裁判所は何をするところ?~「真実の解明」が目的ではない
  26. 26. 【参考・別スライド】オープンキャンパスでの説明 Ⅰ 法学ってなんだろう 学生でも 「法的思考・法解釈」を自然としている! とんでもない大雨予報… もし、千葉大学の学生だったらどうする? 当時の学生は、学内掲示板を見ました 見た後に、何を調べて明日登校するか決めるの か、考えてみてください ©YOKOTA Akemi 2015 p.26
  27. 27. 【参考・別スライド】オープンキャンパスでの説明 Ⅰ 法学ってなんだろう 掲示板の内容(要約) 1 各キャンパスの最寄駅を運行する全線の列車が運行停止と なった場合、○時までに運行しない場合は、第○時限の授業を 臨時休講とする 2 気象庁から各キャンパスの所在地域に「暴風警報(以下 「警報」という)が発令された場合、○時までに警報が解除され ない場合は、第○時限の授業を臨時休講とする 3 各キャンパスの最寄駅を運行する全線の列車が運行停止と はなっていないが、台風の接近等により運行停止が見込まれる場 合、又はその他の事由により通学及び帰宅が困難と判断される 場合は、教育担当理事が各キャンパスごとに決定する ※最寄駅...西千葉キャンパス:西千葉駅及びみどり台駅(以 下略) ©YOKOTA Akemi 2015 p.27
  28. 28. 【参考・別スライド】オープンキャンパスでの説明 Ⅰ 法学ってなんだろう 3)法学的な考え方を用いることのメリット ①そのときどきの「裸の価値判断」ではなく、抽象的 な基準から冷静に判断することができる ②どんな人にも公平で納得できる判断を導こうとす る知恵となる 「声の大きな人」や「そのときの多数の人」の意見 に流されず、大体同じようなことには同じ解決策 を導く基準を作って、長期間にわたって多数の人 を公平に取り扱うことができるようになる ©YOKOTA Akemi 2015 p.28
  29. 29. 【参考・別スライド】オープンキャンパスでの説明 【一般的に言われている法学部科目の見取り図】 実定法:いまこの日本で適用されている法 • 公法系科目:憲法、行政法、(国際 法) • 民事法系科目:民法、商法、民事訴訟 法、(国際私法) • 刑事法系科目:刑法、刑事訴訟法 • 応用科目:労働法、経済法、環境法、 財政法、社会保障法・・・ ©YOKOTA Akemi 2015 p.29
  30. 30. 【参考・別スライド】オープンキャンパスでの説明 そのほかにも法学部科目はいろいろ 基礎法:海外の法や、法の歴史、根源にある考 え方を探求する科目 • 外国法科目:英米法、フランス法、ドイツ法、 EU法… • 法制史:西洋法制史、東洋法制史、ローマ法 … • そのほか:法哲学、国際法… ©YOKOTA Akemi 2015 p.30
  31. 31. 答案は即興レポート p.31
  32. 32. アウトプットの段階を示す: 〈発想・整想・成果物〉を意識する • 〈発想・整想・成果物〉を意識する – 発想:頭の中から素材を出すこと – 整想:伝わりやすさを意識して並び替え • 重要度・順序・取捨選択の過程 – 成果物:対外的に提出する完成品 これらを一度にやろうとするとこんがらがる 「企画」と「編集」を分けよう →答案構成メモをつくるクセをつけよう p.32
  33. 33. 33
  34. 34. 応用:〈書き手目線〉と〈読み手目線〉: ボトムアップとトップダウン(216頁) p.34
  35. 35. 〈鳥の目〉と〈虫の目〉 教科書を読むときに必要なこと p.35
  36. 36. インプットのコツ:自学の「予習」は二種類ある! • 本を読むときのコツ:〈鳥の目〉から – 目次・はしがき・あとがきを読む – 各章の構成やキーワードを読む • 授業は〈虫の目〉:細かく学ぶ – 自分のペースで前もってキーワードの意味だけでも把 握しておくとよい • なぜか? 「専門用語は外国語」 p.36
  37. 37. 法学の授業と現実世界の関係を考えてみよう • 法学の授業:体系を学ぶ – 体系とは:「ものさし」 • 現実は:よくわからないものだらけ – 「これは行政指導なの?行政処分なの?」 • 体系を覚えるときには – 定義・典型例・異常例(判例)をあわせて覚えよう p.37
  38. 38. 〈基礎知識の縦糸〉に〈動的視点の横糸〉を絡めていく p.38
  39. 39. 手続を流れで覚える重要性 異常事態に気づくためには 異常事態を起こさないためには – 「おかしいな」と気がつくためには、「平常時はこういう 理由でこういう取扱いをしている」と知っていなければ ならない – (法学学習者向け)民訴法と民訴規則の関係 p.39
  40. 40. 「クリア後ダンジョン」の楽しみ 科目間のリンクを意識する(252p以下) p.40
  41. 41. 「クリア後ダンジョン」? • 「何周も」したり、「先読み」をした方がよい! – 別の科目や段階までいくと「つながっている」ことが見 える場合が多いから – 例1)契約、裁判、担保の執行 – 例2)罪数、逮捕、訴因変更 p.41
  42. 42. 科目間のリンクを意識する • 宇賀克也=大橋洋一=高橋滋(編)『対話 で学ぶ行政法―行政法と隣接法分野との対 話』(有斐閣・2003年) – 行政法と憲法・民法・民訴・刑法・刑訴・商法・労 働法・・・などの専門家の対話。 – 初学者(「専門外なので・・・」)から最先端へ(各 章末尾の参考文献の数がおかしい) p.42
  43. 43. 卒業してからわかった 法学科目同士の関係(256pの図及び脚註3) p.43
  44. 44. 続き 他の社会科学分野との関係(260pの「ゼミイメージ」の図) • 法学と経済学と政策学の関係は? • 横田ゼミの「卒論」の多様さを示す図を、一つ前の図と比 べてみよう p.44
  45. 45. 法学の授業と現実世界の関係(再掲) • 法学部の授業:体系を学ぶ – 体系とは:「ものさし」 • 現実は:よくわからないものだらけ – 「これは行政指導なの?行政処分なの?」 • 体系を覚えるときには – 定義・典型例・異常例(判例)をあわせて覚えよう p.45
  46. 46. 法解釈学から法政策学へ • 「法制度設計論」としての行政法 • (大橋洋一『行政法Ⅰ第三版』(有斐閣、2016年) 1頁) • 「法学は過去の人たちが決めたことに縛られてい るからつまらない」? – バックキャストとフォアキャスト – 「いけいけどんどんな起業家」とコラボする法律家に必 要な視点は何か? p.46
  47. 47. 今日の目標: 法学以外の実務家・専門家とのコラボを考える ロードマップ – Ⅰ 学生に法学を活かすために伝えていること • 学問と現実をつなぐ • 体系的思考の活かし方 – Ⅱ 行政法研究者からみた消費者法 • 有識者委員経験も踏まえて – 厚労省薬事食品衛生審議会食品衛生分科会、総務省モバイ ル研究会消費者保護WG等 – Ⅲ 社会を変えるためにできることは? p.47
  48. 48. 消費者法の体系 • 消費者民事法 – 消費者契約法・特商法・景表法等における契約規 制 – 公の取引秩序・競争秩序に関しては、行政による是正や履行確 保の仕組みも重要(この部分は「消費者行政法」でもある) – 製造物責任法による損害賠償 – 紛争解決 (ADR、団体訴訟など) • 消費者行政法 – 各種の業法による規制 – 消費者安全に関する法制度 p.48
  49. 49. 消費者行政法 • 各種の業法 – 例)タクシー:道路運送法+特別法が多数 – 例)介護施設:介護保険法、老人福祉法+条例 • 消費者安全に関する法制度 – 消費者安全法 • 事故情報の集約 • 措置要求、勧告、措置命令 • 消費者安全調査委員会 – 消費生活用製品安全法 • 事故情報の報告・公表制度 – 食品安全のしくみ • 各種の規制法:食品衛生法、農薬取締法、薬事法、健康増進法など • 食品安全基本法:食品安全委員会 リスク評価→規制法に反映 p.49
  50. 50. 報告者の関心事 • 新しい保護利益の登場 • AI・ロボットの登場によるリスクの特質 – ネットワークで生じていた問題がリアルにも – ロボットの普及に伴い新たに生じる問題 • 法制度設計に向けた議論 – 既存の法制度とどう接合させるのか • 従来のシステムと新しいシステムの混在への対応 – 行政の情報収集不全・情報開示不全 p.50
  51. 51. 再掲:法学科目同士の関係(256pの図及び脚註3) p.51
  52. 52. 行政法における手法論 • 行政法における国家の責任 – 国家による保護義務 – 規制発動の不全→不作為の国家賠償責任 – 「保障国家」:民間委託しても、最終的責任をとる • 執行の欠缺→ポリシーミックスへ – 執行の欠缺 • 行政活動の限界(人的・物的リソース不足) – ポリシーミックス • 規制以外の様々な手法を組み合わせて法目的を実現 p.52
  53. 53. 規制の一般的手法 • 指針・計画・行政基準・ガイドラインの策定 • 許可制・届出制 – 認可要件として資格や安全基準への適合要求 – 報告義務・立入調査 – 違反時・緊急時の強制権限(是正命令・回収命令) • 私人間契約への介入 – 認可制(契約条項のコントロール) – 表示規制(基準適合や検査合格の表示、添付文書 への記載義務など) • 行政指導・情報提供(上記全てに関連) p.53
  54. 54. ポリシーミックス – 情報的手法 • 事業者情報を公衆に開示→市民による監視 • 違反者の「公表」(ときに制裁的に機能) – 誘導的手法 • 補助金や制裁金の組み合わせ • 事業者間の情報流通義務付け – 「市民による法の実現」 • 消費者団体訴訟:個別的利益ではなく集合的利益 • 環境改変許可に対する公衆参加 p.54
  55. 55. リスクへの対応 • リスク・ガバナンス論 – リスク評価とリスク管理の区別 – リスク・コミュニケーション – レギュラトリー・サイエンス(規制のための科学) • 委員会制度の活用 例)食品安全委員会、原子力規制委員会 – 専門知の動員と官庁との距離確保 • 情報共有の促進 – 営業秘密に配慮した制度設計(後述) p.55
  56. 56. 報告者の関心事(再掲) • 新しい保護利益の登場 • AI・ロボットの登場によるリスクの特質 – ネットワークで生じていた問題がリアルにも – ロボットの普及に伴い新たに生じる問題 • 法制度設計に向けた議論 – 既存の法制度とどう接合させるのか • 従来のシステムと新しいシステムの混在への対応 – 行政の情報収集不全・情報開示不全 p.56
  57. 57. 消費者の保護利益 • 人身被害(生命・身体) • 財産 →健全な取引秩序 • プライバシー・個人情報 + • 意思決定への侵食防止(ex.ナッジ) • プロファイリング(収集から予測へ) • 安全なシステムを利用する利益 – 今まで以上に個別的法益になりにくく、集団的・集合的 規律や公法的規制の必要性が高い – 個別の法制度での対応は難しい p.57
  58. 58. 法制度設計に向けた論点:情報 • 事故情報をどのように収集・共有するべきか? – 現在:相談窓口の連携とPIO-NETによる情報共 有 • ただし、相談現場では「結果」しか見えないことも – 例)「茶のしずく」事件: » 小麦を加水分解した美容石鹸によるアレルギー被害。パン や麺類など小麦を含有する食品を食べた後に運動した際に 全身性のアレルギー(運動誘発性のアレルギー)を発症し た事例が報告された – 結果としてみえるのは:原因不明のかゆみ、呼吸困難など » 「まさか小麦アレルギーだとは」~石鹸と小麦の距離 » 回収までに多大な時間を要した p.58
  59. 59. 現時点でのまとめ • ロボットによる「消費者被害」 – 未然に防ぐための制度設計は不可欠 • しかし、交通整理や実験法制が必要になる – それでもなお残る「被害」にどう対応するか • 現在の問題の延長線上で「結果」から浮き彫りになる • 横断的な対応が可能となるアクターを生み出す必要 • マルチステークホルダーによる重層的対応 – 民事だけでも、行政だけでも対応不可能 – 公的規制/自主規制/契約規律 • 使えるものは何でも使う必要がある p.59
  60. 60. 今日の目標: 法学以外の実務家・専門家とのコラボを考える ロードマップ – Ⅰ 学生に法学を活かすために伝えていること • 学問と現実をつなぐ • 体系的思考の活かし方 – Ⅱ 行政法研究者からみた消費者法 • 有識者委員経験も踏まえて – 厚労省薬事食品衛生審議会食品衛生分科会、総務省モバイ ル研究会消費者保護WG等 – Ⅲ 社会を変えるためにできることは? p.60
  61. 61. 「このパーティでは何担当?」 スペシャリストとジェネラリストの関係 p.61
  62. 62. 謝辞 ご静聴ありがとうございました。 横田明美 http://akmykt.net akemi@chiba-u.jp Twitter: @kfpause @akmykt p.62
  63. 63. もういちど:質問シートの使い方 (本書・174頁Work6) • <質問シートを使った質問のコツ> • 1 .〈内なる声〉をメモしながら報告を聞く • 2 .質問の内容について、質問シートにキーワー ド(主張)と趣旨(理由・証拠)を書く • 3 .手控えのために写真を撮り、報告者に提出す る。報告者は質問順を並び替える • 4 .(質問者に当てる場合): – 報告者(司会)に当てられたら、 質問者は質問の骨子→その理由→聞きたい内容、とな るように質問する p.63

×