SlideShare ist ein Scribd-Unternehmen logo
1 von 28
Downloaden Sie, um offline zu lesen
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
【ITフォーラム2023 AITCセッション】
ウェルビーイングを実現する
『空気を読む家』
2023年2月3日
先端IT活用推進コミュニティ
空気を読む家 スタジオ
2
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
本日のアジェンダ
①『空気を読む家』のこれまでの取り組み 13時00分~13時30分 松山 憲和
② AIを活用したウェルビーイングを測定 13時30分~14時10分 道村 唯夫
(休憩)
③『空気を読む家』とメタバース駆動開発構想 14時20分~15時20分 中川 雅三
③ 井出 将弘
井出 将弘
④ 技術視点でウェルビーイングを考える 15時20分~15時50分 飯沢 篤志
(休憩)
⑤『空気を読む家』×ウェルビーイング/メタバース・Web3 16時00分~ 飯沢 篤志
道村 唯夫
中川 雅三
井出 将弘
松山 憲和
3
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
先端IT活用推進コミュニティ
ご紹介
4
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
先端IT活用推進コミュニティ(AITC)の系譜
Windows
コンソーシアム
日本経営協会
XMLフェスタ
Java
コンソーシアム
XML部会
Javaコンソーシアム 1998年05月27日設立~2001年05月24日終了
⇨XMLコンソーシアム 2000年07月03日設立~2010年03月26日終了
⇨先端IT活用推進コンソーシアム 2010年09月08日設立~2021年10月22日終了
⇨ 先端IT活用推進コミュニティ 2021年10月22日設立~
先端ITの普及啓発、利用推進に注力
~IoT、AI、ブロックチェーン、量子コンピューティング等~
DXの啓発活動に注力
2018年6月1日 「気象庁長官表彰」を受賞
・「XML利用実態俯瞰図」経済産業省「CIO戦略フォーラム
IT経営ロードマップ」の参考・付属資料として掲載
・気象庁と連携し気象庁防災情報のXML 仕様策定開始
・国土交通省「情報化月間推進会議議長表彰」受賞
・TravelXML,VoiceXML等の標準化勧告と実証実験を実施
5
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
コンソーシアム時代の活動概要図
DEIM
(データ工学 と情報
マネジメントに関する
フォーラム )
クラウド・テクノロジー活用部会
• 「量子アリーニング」輪読
• OpenCV画像検出器作成
• Web会議システム検証
• AI
• ロジカル
シンキング
ナチュラルユーザインター
フェース活用部会
コンテキスト・コンピューティ
ング研究部会
・人間と機械の協働による
社会知の構築と活用
ビジネスAR研究部
会
• 空間OSの開発
• IoT機器
• クラウド
サービス
• マンガ駆動開発
プロセス
• 各種デバイス
• 最新AR動向追跡
• 遠隔コミュニケー
ション研究&実践
ユーザーエクスペリエ
ンス技術部会
WXBC
テクノロジー研修
『AIチャレンジ!』
ヒューマンイン
タフェース学会
人工知能学会
オープンラボ&勉強会
『量子コンピューティング』
「身近になったAI開発」
シリーズ
IT女子会・
シニア勉強会
• AI
• IoT
協働プロジェクト
「空気を読む家」
WXBC
(気象ビジネス推進
コンソーシアム)
連携
(気象データ活用)
開催
論文「マンガ駆動開発によるUXデザインの実践」
内容見直し&ブラッシュアップ作業
情報処理学会
ITフォーラム
オープン活動
6
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
コンソーシアムの蓄積を活かして次のフェーズへ
活動の主体は、企業から個人へ
会員の一人一人が責任をもって、
自由にのびのびとやりたいことに取り組み、
未来に繋がり、未来を拓くコミュティに
https://aitc.jp
問い合わせは、staff@aitc.jp (コミュニティ事務局)へ
11年間に亘るコンソーシアム活動の終了に伴い、
成果物を管理し、人の繋がりを保持する後継団体として、
2021年10月22日、AITCはコミュニティに生まれ変わりました
7
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
先端IT活用推進コミュニティの活動分野
人
データ メタ
モノ コト
ナチュラルユーザーインターフェース
ユーザーエクスペリエンスデザイン
コンテキスト
コンテキスト コンピューティング
セキュリティ
クラウド コンピューティング
ビッグデータ AI
AR・MR・VR・XR
ブロックチェーン
IoT ロボット
量子コンピューティング
DX
メタバース
Web3
ウェルビーイング
黒字:コンソーシアム時代の活動分野
朱字:コミュニティで取り組み開始した分野
8
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
活動状況
XR(ビジネスAR改名)
「空気を読む家」スタジオ
グループ活動
(コンソーシアムからの継続活動)
コンテキスト・
コンピューティング
クラウド・テクノロジー
新しいグループ活動
勉強会
AITC
AITC
オープン
ラボ
(随時)
ITフォーラム
学会
AITC主催
活動発表会
勉強会
UX/NUI
【活動中】
月例:
オンライン会議
日々:専用
会員SNSで
情報交換や議論
会員からの提案・希望
随時受付
【随時開催】
【実施中】
【随時開催】
会員の活動
9
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
坂村 健 INIAD(東洋大学 情報連携学部)学部長、東京大学名誉教授
下川 和男 イースト株式会社 取締役会長
鶴保 征城 学校法人・専門学校HAL東京 校長
萩野 達也 慶應義塾大学 環境情報学部 教授
橋田 浩一 東京大学 大学院情報理工学系研究科 ソーシャルICT研究センター 教授
林 浩一 武蔵野大学 教養教育リサーチセンター 教授
平野 洋一郎 アステリア株式会社 代表取締役社長/CEO
丸山 不二夫 一般社団法人MaruLabo代表理事
三淵 啓自 デジタルハリウッド大学大学院 専任教授
山本 修一郎 名古屋大学 名誉教授、名古屋国際工科専門職大学情報工学科 教授
鷲崎 弘宜 早稲田大学 グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所 所長・教授
スマートエスイー Smart SE 代表
先端IT活用推進コミュニティ 顧問 2023年2月1日現在
(敬称略、50音順)
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
【ITフォーラム2022 AITCセッション】
『空気を読む家』
これまで取り組み
2023年2月3日
株式会社PFU 松山 憲和
11
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
スタジオ(1)
スタジオ
コンテキストコンピューティング
ビックデータ
メタバース
マンガ駆動開発
ナチュラルユーザーインターフェース
XR
空間OS
クラウドコンピューティング
IoT
AI
ロボット
Web3
ウェルビーイング
量子コンピューティング
ブロックチェーン
AITCで取り組んでいる様々な先端ITの具体的活用を検討・実践
12
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
スタジオ(2)
日常生活に
役立つもの
人と機械の
協働
暗黙知の
形式知化
社会問題の
解決にトライ
ハードウェア
&
ソフトウェア
テーマ
コンセプト
グループ活動 活動意義
先端ITに
チャレンジ
13
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
空
気
を
読
む
家
テーマ
14
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
コンセプト
居心地の良さを考えて、実現する家
空気を読む家は、私たちに必要なことを考え、それを実現する家。
赤ちゃんが泣いていたら、お父さんお母さんは何故泣いているの
かを考え、ケガをしていないか確認して、オムツを替えたり、ミ
ルクをあげたり、あやしたりします。お父さんお母さんは、赤
ちゃんに対して常に目を配り、微妙な変化を読みとります。赤
ちゃんにとって、お父さんお母さんは、安心できる、居心地のい
いところです。
家は私たちを守る、居心地のいいところです。空気を読む家は、
私たちが泣いている時に私たちが笑えるように手助けをします。
お父さんお母さんが赤ちゃんに何故泣いているのか説明を求めな
いように、空気を読む家も私たちに説明を求めません。私たちの
行動を見て、世の中の知恵を取り入れて、空気を読む家は私たち
といっしょに成長し、変化します。
15
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
技術コンセプト
•CC
機械学習
•DeepLearning
• : •時系列DB
•RDF
•SPARQL
• :
•家電
•住宅設備
•ロボット
• :
•センサー
•カメラ
•マイク
• :
• 感情や状況の取得
• 家の中だけではな
く、家の外の出来
事も含めたコンテ
キストセンシング
• 行動を分析し、
居心地の良さを
定義する
• 何をすると居心
地が良くなるか
• 居心地が良くなる
空間
OS
•標準的データ形式
•データ永続性
•セキュリティ
•分散台帳型
16
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
これまでの取り組み俯瞰
2015 2016 2017 2018 2019
1st
玄関
2nd
寝室
3rd
寝室
(シナリオ)
3rd
寝室
(実証実験)
4th
リビング
(シナリオ)
4th
リビング
(実証実験)
5th
キッチン
(シナリオ)
5th
キッチン
(実証実験)
快適な
目覚め
密度の濃い
睡眠
来客通知
不在時清掃 失くし物/忘れ物 賞味期限切れ
課
題
集合知 適正解/ 妥協点
協調フィルタリング 人と機械の協働
空間OS
ロボット掃除機
パラメトリックスピーカー
メーターOCR
圧力センサー
温度センサー
気圧センサー
‘(活動量計)
スマートスピーカー
トゥールミン・モデル
BLEタグ(電波強度)
RaspberyPi3
安心安全
2020
6th
家全体
(実証実験)
7th
家全体
(実証実験)
2021
17
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
『空気を読む家』の建て方:全体
ひと部屋ずつ作っていきます
部屋毎に:課題(as is)→ありたい姿(to be)→実装
大黒柱は空間OS
利用シーンや機能は『マンガ駆動開発』
18
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
『空気を読む家』の建て方:個々の部屋
①
課題とゴールの設定
②
マンガ駆動開発による
設計
③
実装と評価
19
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
①課題とゴールの設定
•家の中の課題を体験を交えて具体的にヒヤリング
•理想とする解決イメージ(ゴール)を議論
20
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
②マンガ駆動開発による設計
快適な目覚め
2nd
寝室
4th
リビング
失くし物/忘れ物
5th
キッチン
(シナリオ)
賞味期限切れ
21
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
③実装と評価
1st
玄関
2nd
寝室
3rd
寝室
4th
リビング
5th
キッチン 6th
家全体
7th
家全体
22
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
取り組んだ技術
幅広い分野の先端ITに取り組んだ:チャレンジ、失敗、アイディア
AITC独自:空間OS、コンテキストコンピューティグ、マンガ駆動開発
2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
技術トレンド(Google Trend in 日本)
協働プロジェクト『空気を読む家』 活動開始 1st 玄関 2nd 寝室 3rd 寝室 4th リビング 5th キッチン 6th 安心・安全 7th 安心・安全
クラウド・テクノロジー活用部会 ー
人認証
カメラ
OpenCV
Caffe
睡眠度認識
カメラ
OpenCV
Caffe
データ可視化
オブジェクト認識
メーターOCR
Raspberry Pi 2 B+
motion
OpenCV
asound
BLEタグ
Raspberry Pi3
電波強度
NVIDIA Jetson Xavier
NVIDIA Jetson Nano
Raspberry Pi 4
Lepton 3.5(サーモグ
ラフィ)
OpenPos(姿勢検出)
YOLO(物体検出)
BLE電波強度
ビジネスAR研究部会 ー
空間OS
ロボット(Root)
空間OS 空間OS 空間OS 空間OS
空間OS
LookingGlass
LeapMotion
Unity
空間OS
ナチュラルユーザーインタフェース活用部会 ー
Philips Hue(スマート照
明)
パラメトリックスピー
カー
Philips Hue
Arduino UNO
温度センサー
湿度センサー
気圧センサー
照度センサー
音量センサー
オムロン HSL-101(電波
式睡眠計)
Jawbone UP3(活動量
計)
オムロン HSL-101
(電波式睡眠計)
ー
圧力センサー
Google AGoogle AIY
Voice Kit
(スマートスピー
カー)
TP-Link Kasa KL130
(スマート照明)
ー
コンテキストコンピューティング研究部会 ー ー 集合知と機械学習 トゥールミン・モデル トゥールミン・モデル トゥールミン・モデル
トゥールミン・モデル
知識基盤(ダイアグラム)
ドメイン
タスク
コンテキスト
ユーザエクスペリエンス技術部会 マンガ駆動開発
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
【ITフォーラム2022 AITCセッション】
『空気を読む家』 振り返り
24
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
これまでの取り組み俯瞰
2015 2016 2017 2018 2019
1st
玄関
2nd
寝室
3rd
寝室
(シナリオ)
3rd
寝室
(実証実験)
4th
リビング
(シナリオ)
4th
リビング
(実証実験)
5th
キッチン
(シナリオ)
5th
キッチン
(実証実験)
快適な
目覚め
密度の濃い
睡眠
来客通知
不在時清掃 失くし物/忘れ物 賞味期限切れ
課
題
集合知 適正解/ 妥協点
協調フィルタリング 人と機械の協働
空間OS
ロボット掃除機
パラメトリックスピーカー
メーターOCR
圧力センサー
温度センサー
気圧センサー
‘(活動量計)
スマートスピーカー
トゥールミン・モデル
BLEタグ(電波強度)
RaspberyPi3
安心安全
2020
6th
家全体
(実証実験)
7th
家全体
(実証実験)
2021
25
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
良かったこと
① コンソーシアム(コミュニティ)による活動→様々な知識や技術を集積
② 先端ITへのチャレンジ→苦労や失敗も含め、大きな知見を獲得
③ 家の中というプライベートな空間→多様な課題、価値観、考え方を認識
④ マンガという分かりやすい表現方法→ゴールイメージを共有
⑤ 空間OSを媒介した疎結合→分散した環境での共同開発で威力を発揮
26
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
課題
①
課題とゴールの設定
②
マンガ駆動開発による
設計
③
実装と評価
特定のペルソナや特定の条件で課題設定
→より多くの問題意識や価値観に対応
→多くの人が参加できる組織
現実の『家』でのスクラッチ&ビルドが困難
→一部のプトロタイプで終わってしまった
→ウォーターフォール開発をアジャイル開発に
『空気を読む家』の評価が困難
→刹那的な課題解決だけでなく
継続的なウェルビーイングの実現を評価
27
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.
この後のセッション
活動の振り返りで出てきた課題に対する取り組み
ハルミン
AITC非公式イメージキャラクター
最新情報はこちらをご参照ください
http://aitc.jp
https://www.facebook.com/aitc.jp
Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved.

Weitere ähnliche Inhalte

Ähnlich wie 1)空気を読む家』のこれまでの取り組み

ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(1)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(1)ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(1)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(1)aitc_jp
 
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf知礼 八子
 
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf知礼 八子
 
ISID IIoT Forum_180628
ISID  IIoT Forum_180628ISID  IIoT Forum_180628
ISID IIoT Forum_180628知礼 八子
 
どこでも安全に使えるIoTを目指して ~さくらインターネットのIoTへの取り組み~
どこでも安全に使えるIoTを目指して ~さくらインターネットのIoTへの取り組み~どこでも安全に使えるIoTを目指して ~さくらインターネットのIoTへの取り組み~
どこでも安全に使えるIoTを目指して ~さくらインターネットのIoTへの取り組み~法林浩之
 
センサーネットワークコンソーシアム(山口さん作成)
センサーネットワークコンソーシアム(山口さん作成)センサーネットワークコンソーシアム(山口さん作成)
センサーネットワークコンソーシアム(山口さん作成)CRI Japan, Inc.
 
第8回八子クラウドin関西(討議メモ付き)
第8回八子クラウドin関西(討議メモ付き)第8回八子クラウドin関西(討議メモ付き)
第8回八子クラウドin関西(討議メモ付き)知礼 八子
 
八子クラウド座談会230408事前配布
八子クラウド座談会230408事前配布八子クラウド座談会230408事前配布
八子クラウド座談会230408事前配布知礼 八子
 
Hiroshima Camps Seminar 180303
Hiroshima Camps Seminar 180303Hiroshima Camps Seminar 180303
Hiroshima Camps Seminar 180303知礼 八子
 
IoT概論: AITCオープンラボ IoT勉強会
IoT概論: AITCオープンラボ IoT勉強会IoT概論: AITCオープンラボ IoT勉強会
IoT概論: AITCオープンラボ IoT勉強会dsuke Takaoka
 
座談会資料(当日メモ付き)_20230909.pdf
座談会資料(当日メモ付き)_20230909.pdf座談会資料(当日メモ付き)_20230909.pdf
座談会資料(当日メモ付き)_20230909.pdf知礼 八子
 
CMC_Meetup八子プレゼン 20170412
CMC_Meetup八子プレゼン 20170412CMC_Meetup八子プレゼン 20170412
CMC_Meetup八子プレゼン 20170412知礼 八子
 
AITCクラウド部会 2014年度 これまでの振り返りとこれから
AITCクラウド部会 2014年度 これまでの振り返りとこれからAITCクラウド部会 2014年度 これまでの振り返りとこれから
AITCクラウド部会 2014年度 これまでの振り返りとこれからYasuyuki Sugai
 
座談会資料(事前配布)_20231209.pdf
座談会資料(事前配布)_20231209.pdf座談会資料(事前配布)_20231209.pdf
座談会資料(事前配布)_20231209.pdf知礼 八子
 
AITCオープンラボ IoTx総まとめ これまでのふりかえり
AITCオープンラボ IoTx総まとめ これまでのふりかえりAITCオープンラボ IoTx総まとめ これまでのふりかえり
AITCオープンラボ IoTx総まとめ これまでのふりかえりdsuke Takaoka
 
デジタルトランスフォーメーション時代を生き抜くためのビジネス力 ~ AI、Advanced Analytics の使いどころ ~
デジタルトランスフォーメーション時代を生き抜くためのビジネス力 ~ AI、Advanced Analytics の使いどころ ~デジタルトランスフォーメーション時代を生き抜くためのビジネス力 ~ AI、Advanced Analytics の使いどころ ~
デジタルトランスフォーメーション時代を生き抜くためのビジネス力 ~ AI、Advanced Analytics の使いどころ ~Daiyu Hatakeyama
 
八子クラウド座談会事前配付資料_20230909.pdf
八子クラウド座談会事前配付資料_20230909.pdf八子クラウド座談会事前配付資料_20230909.pdf
八子クラウド座談会事前配付資料_20230909.pdf知礼 八子
 
It業界の優良企業の見つけ方 20140502 黒田
It業界の優良企業の見つけ方 20140502 黒田It業界の優良企業の見つけ方 20140502 黒田
It業界の優良企業の見つけ方 20140502 黒田Yusuke Kuroda
 
Saga Smart Center: デジタル変革が及ぼす企業が考慮すべき未来の姿
Saga Smart Center: デジタル変革が及ぼす企業が考慮すべき未来の姿Saga Smart Center: デジタル変革が及ぼす企業が考慮すべき未来の姿
Saga Smart Center: デジタル変革が及ぼす企業が考慮すべき未来の姿Daiyu Hatakeyama
 
デバイスをセキュアにつないで可視化する – Azure Sphere、Digital Twin紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会
デバイスをセキュアにつないで可視化する – Azure Sphere、Digital Twin紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会 デバイスをセキュアにつないで可視化する – Azure Sphere、Digital Twin紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会
デバイスをセキュアにつないで可視化する – Azure Sphere、Digital Twin紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会 IoTビジネス共創ラボ
 

Ähnlich wie 1)空気を読む家』のこれまでの取り組み (20)

ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(1)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(1)ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(1)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(1)
 
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
 
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
座談会資料(当日メモ)_20230408.pdf
 
ISID IIoT Forum_180628
ISID  IIoT Forum_180628ISID  IIoT Forum_180628
ISID IIoT Forum_180628
 
どこでも安全に使えるIoTを目指して ~さくらインターネットのIoTへの取り組み~
どこでも安全に使えるIoTを目指して ~さくらインターネットのIoTへの取り組み~どこでも安全に使えるIoTを目指して ~さくらインターネットのIoTへの取り組み~
どこでも安全に使えるIoTを目指して ~さくらインターネットのIoTへの取り組み~
 
センサーネットワークコンソーシアム(山口さん作成)
センサーネットワークコンソーシアム(山口さん作成)センサーネットワークコンソーシアム(山口さん作成)
センサーネットワークコンソーシアム(山口さん作成)
 
第8回八子クラウドin関西(討議メモ付き)
第8回八子クラウドin関西(討議メモ付き)第8回八子クラウドin関西(討議メモ付き)
第8回八子クラウドin関西(討議メモ付き)
 
八子クラウド座談会230408事前配布
八子クラウド座談会230408事前配布八子クラウド座談会230408事前配布
八子クラウド座談会230408事前配布
 
Hiroshima Camps Seminar 180303
Hiroshima Camps Seminar 180303Hiroshima Camps Seminar 180303
Hiroshima Camps Seminar 180303
 
IoT概論: AITCオープンラボ IoT勉強会
IoT概論: AITCオープンラボ IoT勉強会IoT概論: AITCオープンラボ IoT勉強会
IoT概論: AITCオープンラボ IoT勉強会
 
座談会資料(当日メモ付き)_20230909.pdf
座談会資料(当日メモ付き)_20230909.pdf座談会資料(当日メモ付き)_20230909.pdf
座談会資料(当日メモ付き)_20230909.pdf
 
CMC_Meetup八子プレゼン 20170412
CMC_Meetup八子プレゼン 20170412CMC_Meetup八子プレゼン 20170412
CMC_Meetup八子プレゼン 20170412
 
AITCクラウド部会 2014年度 これまでの振り返りとこれから
AITCクラウド部会 2014年度 これまでの振り返りとこれからAITCクラウド部会 2014年度 これまでの振り返りとこれから
AITCクラウド部会 2014年度 これまでの振り返りとこれから
 
座談会資料(事前配布)_20231209.pdf
座談会資料(事前配布)_20231209.pdf座談会資料(事前配布)_20231209.pdf
座談会資料(事前配布)_20231209.pdf
 
AITCオープンラボ IoTx総まとめ これまでのふりかえり
AITCオープンラボ IoTx総まとめ これまでのふりかえりAITCオープンラボ IoTx総まとめ これまでのふりかえり
AITCオープンラボ IoTx総まとめ これまでのふりかえり
 
デジタルトランスフォーメーション時代を生き抜くためのビジネス力 ~ AI、Advanced Analytics の使いどころ ~
デジタルトランスフォーメーション時代を生き抜くためのビジネス力 ~ AI、Advanced Analytics の使いどころ ~デジタルトランスフォーメーション時代を生き抜くためのビジネス力 ~ AI、Advanced Analytics の使いどころ ~
デジタルトランスフォーメーション時代を生き抜くためのビジネス力 ~ AI、Advanced Analytics の使いどころ ~
 
八子クラウド座談会事前配付資料_20230909.pdf
八子クラウド座談会事前配付資料_20230909.pdf八子クラウド座談会事前配付資料_20230909.pdf
八子クラウド座談会事前配付資料_20230909.pdf
 
It業界の優良企業の見つけ方 20140502 黒田
It業界の優良企業の見つけ方 20140502 黒田It業界の優良企業の見つけ方 20140502 黒田
It業界の優良企業の見つけ方 20140502 黒田
 
Saga Smart Center: デジタル変革が及ぼす企業が考慮すべき未来の姿
Saga Smart Center: デジタル変革が及ぼす企業が考慮すべき未来の姿Saga Smart Center: デジタル変革が及ぼす企業が考慮すべき未来の姿
Saga Smart Center: デジタル変革が及ぼす企業が考慮すべき未来の姿
 
デバイスをセキュアにつないで可視化する – Azure Sphere、Digital Twin紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会
デバイスをセキュアにつないで可視化する – Azure Sphere、Digital Twin紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会 デバイスをセキュアにつないで可視化する – Azure Sphere、Digital Twin紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会
デバイスをセキュアにつないで可視化する – Azure Sphere、Digital Twin紹介_IoTビジネス共創ラボ 第10回 勉強会
 

Mehr von aitc_jp

ITフォーラム2024 AITCセッション(5)
ITフォーラム2024 AITCセッション(5)ITフォーラム2024 AITCセッション(5)
ITフォーラム2024 AITCセッション(5)aitc_jp
 
ITフォーラム2024 AITCセッション(4)
ITフォーラム2024 AITCセッション(4)ITフォーラム2024 AITCセッション(4)
ITフォーラム2024 AITCセッション(4)aitc_jp
 
ITフォーラム2024 AITCセッション(3)
ITフォーラム2024 AITCセッション(3)ITフォーラム2024 AITCセッション(3)
ITフォーラム2024 AITCセッション(3)aitc_jp
 
ITフォーラム2024 AITCセッション(2)
ITフォーラム2024 AITCセッション(2)ITフォーラム2024 AITCセッション(2)
ITフォーラム2024 AITCセッション(2)aitc_jp
 
2)AIを活用したウェルビーイングを測定
2)AIを活用したウェルビーイングを測定2)AIを活用したウェルビーイングを測定
2)AIを活用したウェルビーイングを測定aitc_jp
 
TForum2023_AITC_2.pdf
TForum2023_AITC_2.pdfTForum2023_AITC_2.pdf
TForum2023_AITC_2.pdfaitc_jp
 
2)AIを活用したウェルビーイングを測定
2)AIを活用したウェルビーイングを測定2)AIを活用したウェルビーイングを測定
2)AIを活用したウェルビーイングを測定aitc_jp
 
5)パネルディスカッション:『空気を読む家』×ウェルビーイング/メタバース・Web3
5)パネルディスカッション:『空気を読む家』×ウェルビーイング/メタバース・Web35)パネルディスカッション:『空気を読む家』×ウェルビーイング/メタバース・Web3
5)パネルディスカッション:『空気を読む家』×ウェルビーイング/メタバース・Web3aitc_jp
 
4)技術視点でウェルビーイングを考える
4)技術視点でウェルビーイングを考える4)技術視点でウェルビーイングを考える
4)技術視点でウェルビーイングを考えるaitc_jp
 
3-2)『空気を読む家』とメタバース駆動開発構想
3-2)『空気を読む家』とメタバース駆動開発構想3-2)『空気を読む家』とメタバース駆動開発構想
3-2)『空気を読む家』とメタバース駆動開発構想aitc_jp
 
3-1)『空気を読む家』とメタバース駆動開発構想 空間OS モノと社会をつなげる
3-1)『空気を読む家』とメタバース駆動開発構想   空間OS モノと社会をつなげる3-1)『空気を読む家』とメタバース駆動開発構想   空間OS モノと社会をつなげる
3-1)『空気を読む家』とメタバース駆動開発構想 空間OS モノと社会をつなげるaitc_jp
 
2022/07/22 AITC 第4回オープンラボ「メタバース応用編~空間OSのこれまでとこれから~」セッション2 「空間OSと空気を読む家の実証」
2022/07/22 AITC 第4回オープンラボ「メタバース応用編~空間OSのこれまでとこれから~」セッション2 「空間OSと空気を読む家の実証」2022/07/22 AITC 第4回オープンラボ「メタバース応用編~空間OSのこれまでとこれから~」セッション2 「空間OSと空気を読む家の実証」
2022/07/22 AITC 第4回オープンラボ「メタバース応用編~空間OSのこれまでとこれから~」セッション2 「空間OSと空気を読む家の実証」aitc_jp
 
2022/07/22 AITC 第4回オープンラボ「メタバース応用編~空間OSのこれまでとこれから~」セッション1 「空間OSとメタバース」
2022/07/22 AITC 第4回オープンラボ「メタバース応用編~空間OSのこれまでとこれから~」セッション1 「空間OSとメタバース」2022/07/22 AITC 第4回オープンラボ「メタバース応用編~空間OSのこれまでとこれから~」セッション1 「空間OSとメタバース」
2022/07/22 AITC 第4回オープンラボ「メタバース応用編~空間OSのこれまでとこれから~」セッション1 「空間OSとメタバース」aitc_jp
 
2022/04/20 AITCオープンラボ第2回「田園都市国家構想とデジタル政策について」
2022/04/20 AITCオープンラボ第2回「田園都市国家構想とデジタル政策について」2022/04/20 AITCオープンラボ第2回「田園都市国家構想とデジタル政策について」
2022/04/20 AITCオープンラボ第2回「田園都市国家構想とデジタル政策について」aitc_jp
 
2022/03/23 AITCオープンラボ第1回「メタ―バース入門」
2022/03/23 AITCオープンラボ第1回「メタ―バース入門」2022/03/23 AITCオープンラボ第1回「メタ―バース入門」
2022/03/23 AITCオープンラボ第1回「メタ―バース入門」aitc_jp
 
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(3-1)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(3-1)ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(3-1)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(3-1)aitc_jp
 
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(5-2)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(5-2)ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(5-2)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(5-2)aitc_jp
 
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(5-1)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(5-1)ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(5-1)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(5-1)aitc_jp
 
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(4-2)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(4-2)ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(4-2)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(4-2)aitc_jp
 
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(4-1)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(4-1)ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(4-1)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(4-1)aitc_jp
 

Mehr von aitc_jp (20)

ITフォーラム2024 AITCセッション(5)
ITフォーラム2024 AITCセッション(5)ITフォーラム2024 AITCセッション(5)
ITフォーラム2024 AITCセッション(5)
 
ITフォーラム2024 AITCセッション(4)
ITフォーラム2024 AITCセッション(4)ITフォーラム2024 AITCセッション(4)
ITフォーラム2024 AITCセッション(4)
 
ITフォーラム2024 AITCセッション(3)
ITフォーラム2024 AITCセッション(3)ITフォーラム2024 AITCセッション(3)
ITフォーラム2024 AITCセッション(3)
 
ITフォーラム2024 AITCセッション(2)
ITフォーラム2024 AITCセッション(2)ITフォーラム2024 AITCセッション(2)
ITフォーラム2024 AITCセッション(2)
 
2)AIを活用したウェルビーイングを測定
2)AIを活用したウェルビーイングを測定2)AIを活用したウェルビーイングを測定
2)AIを活用したウェルビーイングを測定
 
TForum2023_AITC_2.pdf
TForum2023_AITC_2.pdfTForum2023_AITC_2.pdf
TForum2023_AITC_2.pdf
 
2)AIを活用したウェルビーイングを測定
2)AIを活用したウェルビーイングを測定2)AIを活用したウェルビーイングを測定
2)AIを活用したウェルビーイングを測定
 
5)パネルディスカッション:『空気を読む家』×ウェルビーイング/メタバース・Web3
5)パネルディスカッション:『空気を読む家』×ウェルビーイング/メタバース・Web35)パネルディスカッション:『空気を読む家』×ウェルビーイング/メタバース・Web3
5)パネルディスカッション:『空気を読む家』×ウェルビーイング/メタバース・Web3
 
4)技術視点でウェルビーイングを考える
4)技術視点でウェルビーイングを考える4)技術視点でウェルビーイングを考える
4)技術視点でウェルビーイングを考える
 
3-2)『空気を読む家』とメタバース駆動開発構想
3-2)『空気を読む家』とメタバース駆動開発構想3-2)『空気を読む家』とメタバース駆動開発構想
3-2)『空気を読む家』とメタバース駆動開発構想
 
3-1)『空気を読む家』とメタバース駆動開発構想 空間OS モノと社会をつなげる
3-1)『空気を読む家』とメタバース駆動開発構想   空間OS モノと社会をつなげる3-1)『空気を読む家』とメタバース駆動開発構想   空間OS モノと社会をつなげる
3-1)『空気を読む家』とメタバース駆動開発構想 空間OS モノと社会をつなげる
 
2022/07/22 AITC 第4回オープンラボ「メタバース応用編~空間OSのこれまでとこれから~」セッション2 「空間OSと空気を読む家の実証」
2022/07/22 AITC 第4回オープンラボ「メタバース応用編~空間OSのこれまでとこれから~」セッション2 「空間OSと空気を読む家の実証」2022/07/22 AITC 第4回オープンラボ「メタバース応用編~空間OSのこれまでとこれから~」セッション2 「空間OSと空気を読む家の実証」
2022/07/22 AITC 第4回オープンラボ「メタバース応用編~空間OSのこれまでとこれから~」セッション2 「空間OSと空気を読む家の実証」
 
2022/07/22 AITC 第4回オープンラボ「メタバース応用編~空間OSのこれまでとこれから~」セッション1 「空間OSとメタバース」
2022/07/22 AITC 第4回オープンラボ「メタバース応用編~空間OSのこれまでとこれから~」セッション1 「空間OSとメタバース」2022/07/22 AITC 第4回オープンラボ「メタバース応用編~空間OSのこれまでとこれから~」セッション1 「空間OSとメタバース」
2022/07/22 AITC 第4回オープンラボ「メタバース応用編~空間OSのこれまでとこれから~」セッション1 「空間OSとメタバース」
 
2022/04/20 AITCオープンラボ第2回「田園都市国家構想とデジタル政策について」
2022/04/20 AITCオープンラボ第2回「田園都市国家構想とデジタル政策について」2022/04/20 AITCオープンラボ第2回「田園都市国家構想とデジタル政策について」
2022/04/20 AITCオープンラボ第2回「田園都市国家構想とデジタル政策について」
 
2022/03/23 AITCオープンラボ第1回「メタ―バース入門」
2022/03/23 AITCオープンラボ第1回「メタ―バース入門」2022/03/23 AITCオープンラボ第1回「メタ―バース入門」
2022/03/23 AITCオープンラボ第1回「メタ―バース入門」
 
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(3-1)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(3-1)ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(3-1)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(3-1)
 
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(5-2)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(5-2)ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(5-2)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(5-2)
 
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(5-1)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(5-1)ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(5-1)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(5-1)
 
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(4-2)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(4-2)ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(4-2)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(4-2)
 
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(4-1)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(4-1)ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(4-1)
ITフォーラム2022 先端IT活用推進コミュニティ(4-1)
 

Kürzlich hochgeladen

Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directoryosamut
 
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000Shota Ito
 
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By DanielPostman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Danieldanielhu54
 
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptxIoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptxAtomu Hidaka
 
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システムスマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システムsugiuralab
 
UPWARD_share_company_information_20240415.pdf
UPWARD_share_company_information_20240415.pdfUPWARD_share_company_information_20240415.pdf
UPWARD_share_company_information_20240415.pdffurutsuka
 
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略Ryo Sasaki
 
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 

Kürzlich hochgeladen (9)

Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
 
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
 
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
 
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By DanielPostman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
 
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptxIoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
 
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システムスマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
 
UPWARD_share_company_information_20240415.pdf
UPWARD_share_company_information_20240415.pdfUPWARD_share_company_information_20240415.pdf
UPWARD_share_company_information_20240415.pdf
 
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
 
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
 

1)空気を読む家』のこれまでの取り組み

  • 1. Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 【ITフォーラム2023 AITCセッション】 ウェルビーイングを実現する 『空気を読む家』 2023年2月3日 先端IT活用推進コミュニティ 空気を読む家 スタジオ
  • 2. 2 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 本日のアジェンダ ①『空気を読む家』のこれまでの取り組み 13時00分~13時30分 松山 憲和 ② AIを活用したウェルビーイングを測定 13時30分~14時10分 道村 唯夫 (休憩) ③『空気を読む家』とメタバース駆動開発構想 14時20分~15時20分 中川 雅三 ③ 井出 将弘 井出 将弘 ④ 技術視点でウェルビーイングを考える 15時20分~15時50分 飯沢 篤志 (休憩) ⑤『空気を読む家』×ウェルビーイング/メタバース・Web3 16時00分~ 飯沢 篤志 道村 唯夫 中川 雅三 井出 将弘 松山 憲和
  • 3. 3 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 先端IT活用推進コミュニティ ご紹介
  • 4. 4 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 先端IT活用推進コミュニティ(AITC)の系譜 Windows コンソーシアム 日本経営協会 XMLフェスタ Java コンソーシアム XML部会 Javaコンソーシアム 1998年05月27日設立~2001年05月24日終了 ⇨XMLコンソーシアム 2000年07月03日設立~2010年03月26日終了 ⇨先端IT活用推進コンソーシアム 2010年09月08日設立~2021年10月22日終了 ⇨ 先端IT活用推進コミュニティ 2021年10月22日設立~ 先端ITの普及啓発、利用推進に注力 ~IoT、AI、ブロックチェーン、量子コンピューティング等~ DXの啓発活動に注力 2018年6月1日 「気象庁長官表彰」を受賞 ・「XML利用実態俯瞰図」経済産業省「CIO戦略フォーラム IT経営ロードマップ」の参考・付属資料として掲載 ・気象庁と連携し気象庁防災情報のXML 仕様策定開始 ・国土交通省「情報化月間推進会議議長表彰」受賞 ・TravelXML,VoiceXML等の標準化勧告と実証実験を実施
  • 5. 5 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. コンソーシアム時代の活動概要図 DEIM (データ工学 と情報 マネジメントに関する フォーラム ) クラウド・テクノロジー活用部会 • 「量子アリーニング」輪読 • OpenCV画像検出器作成 • Web会議システム検証 • AI • ロジカル シンキング ナチュラルユーザインター フェース活用部会 コンテキスト・コンピューティ ング研究部会 ・人間と機械の協働による 社会知の構築と活用 ビジネスAR研究部 会 • 空間OSの開発 • IoT機器 • クラウド サービス • マンガ駆動開発 プロセス • 各種デバイス • 最新AR動向追跡 • 遠隔コミュニケー ション研究&実践 ユーザーエクスペリエ ンス技術部会 WXBC テクノロジー研修 『AIチャレンジ!』 ヒューマンイン タフェース学会 人工知能学会 オープンラボ&勉強会 『量子コンピューティング』 「身近になったAI開発」 シリーズ IT女子会・ シニア勉強会 • AI • IoT 協働プロジェクト 「空気を読む家」 WXBC (気象ビジネス推進 コンソーシアム) 連携 (気象データ活用) 開催 論文「マンガ駆動開発によるUXデザインの実践」 内容見直し&ブラッシュアップ作業 情報処理学会 ITフォーラム オープン活動
  • 6. 6 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. コンソーシアムの蓄積を活かして次のフェーズへ 活動の主体は、企業から個人へ 会員の一人一人が責任をもって、 自由にのびのびとやりたいことに取り組み、 未来に繋がり、未来を拓くコミュティに https://aitc.jp 問い合わせは、staff@aitc.jp (コミュニティ事務局)へ 11年間に亘るコンソーシアム活動の終了に伴い、 成果物を管理し、人の繋がりを保持する後継団体として、 2021年10月22日、AITCはコミュニティに生まれ変わりました
  • 7. 7 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 先端IT活用推進コミュニティの活動分野 人 データ メタ モノ コト ナチュラルユーザーインターフェース ユーザーエクスペリエンスデザイン コンテキスト コンテキスト コンピューティング セキュリティ クラウド コンピューティング ビッグデータ AI AR・MR・VR・XR ブロックチェーン IoT ロボット 量子コンピューティング DX メタバース Web3 ウェルビーイング 黒字:コンソーシアム時代の活動分野 朱字:コミュニティで取り組み開始した分野
  • 8. 8 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 活動状況 XR(ビジネスAR改名) 「空気を読む家」スタジオ グループ活動 (コンソーシアムからの継続活動) コンテキスト・ コンピューティング クラウド・テクノロジー 新しいグループ活動 勉強会 AITC AITC オープン ラボ (随時) ITフォーラム 学会 AITC主催 活動発表会 勉強会 UX/NUI 【活動中】 月例: オンライン会議 日々:専用 会員SNSで 情報交換や議論 会員からの提案・希望 随時受付 【随時開催】 【実施中】 【随時開催】 会員の活動
  • 9. 9 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 坂村 健 INIAD(東洋大学 情報連携学部)学部長、東京大学名誉教授 下川 和男 イースト株式会社 取締役会長 鶴保 征城 学校法人・専門学校HAL東京 校長 萩野 達也 慶應義塾大学 環境情報学部 教授 橋田 浩一 東京大学 大学院情報理工学系研究科 ソーシャルICT研究センター 教授 林 浩一 武蔵野大学 教養教育リサーチセンター 教授 平野 洋一郎 アステリア株式会社 代表取締役社長/CEO 丸山 不二夫 一般社団法人MaruLabo代表理事 三淵 啓自 デジタルハリウッド大学大学院 専任教授 山本 修一郎 名古屋大学 名誉教授、名古屋国際工科専門職大学情報工学科 教授 鷲崎 弘宜 早稲田大学 グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所 所長・教授 スマートエスイー Smart SE 代表 先端IT活用推進コミュニティ 顧問 2023年2月1日現在 (敬称略、50音順)
  • 10. Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 【ITフォーラム2022 AITCセッション】 『空気を読む家』 これまで取り組み 2023年2月3日 株式会社PFU 松山 憲和
  • 11. 11 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. スタジオ(1) スタジオ コンテキストコンピューティング ビックデータ メタバース マンガ駆動開発 ナチュラルユーザーインターフェース XR 空間OS クラウドコンピューティング IoT AI ロボット Web3 ウェルビーイング 量子コンピューティング ブロックチェーン AITCで取り組んでいる様々な先端ITの具体的活用を検討・実践
  • 12. 12 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. スタジオ(2) 日常生活に 役立つもの 人と機械の 協働 暗黙知の 形式知化 社会問題の 解決にトライ ハードウェア & ソフトウェア テーマ コンセプト グループ活動 活動意義 先端ITに チャレンジ
  • 13. 13 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 空 気 を 読 む 家 テーマ
  • 14. 14 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. コンセプト 居心地の良さを考えて、実現する家 空気を読む家は、私たちに必要なことを考え、それを実現する家。 赤ちゃんが泣いていたら、お父さんお母さんは何故泣いているの かを考え、ケガをしていないか確認して、オムツを替えたり、ミ ルクをあげたり、あやしたりします。お父さんお母さんは、赤 ちゃんに対して常に目を配り、微妙な変化を読みとります。赤 ちゃんにとって、お父さんお母さんは、安心できる、居心地のい いところです。 家は私たちを守る、居心地のいいところです。空気を読む家は、 私たちが泣いている時に私たちが笑えるように手助けをします。 お父さんお母さんが赤ちゃんに何故泣いているのか説明を求めな いように、空気を読む家も私たちに説明を求めません。私たちの 行動を見て、世の中の知恵を取り入れて、空気を読む家は私たち といっしょに成長し、変化します。
  • 15. 15 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 技術コンセプト •CC 機械学習 •DeepLearning • : •時系列DB •RDF •SPARQL • : •家電 •住宅設備 •ロボット • : •センサー •カメラ •マイク • : • 感情や状況の取得 • 家の中だけではな く、家の外の出来 事も含めたコンテ キストセンシング • 行動を分析し、 居心地の良さを 定義する • 何をすると居心 地が良くなるか • 居心地が良くなる 空間 OS •標準的データ形式 •データ永続性 •セキュリティ •分散台帳型
  • 16. 16 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. これまでの取り組み俯瞰 2015 2016 2017 2018 2019 1st 玄関 2nd 寝室 3rd 寝室 (シナリオ) 3rd 寝室 (実証実験) 4th リビング (シナリオ) 4th リビング (実証実験) 5th キッチン (シナリオ) 5th キッチン (実証実験) 快適な 目覚め 密度の濃い 睡眠 来客通知 不在時清掃 失くし物/忘れ物 賞味期限切れ 課 題 集合知 適正解/ 妥協点 協調フィルタリング 人と機械の協働 空間OS ロボット掃除機 パラメトリックスピーカー メーターOCR 圧力センサー 温度センサー 気圧センサー ‘(活動量計) スマートスピーカー トゥールミン・モデル BLEタグ(電波強度) RaspberyPi3 安心安全 2020 6th 家全体 (実証実験) 7th 家全体 (実証実験) 2021
  • 17. 17 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 『空気を読む家』の建て方:全体 ひと部屋ずつ作っていきます 部屋毎に:課題(as is)→ありたい姿(to be)→実装 大黒柱は空間OS 利用シーンや機能は『マンガ駆動開発』
  • 18. 18 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 『空気を読む家』の建て方:個々の部屋 ① 課題とゴールの設定 ② マンガ駆動開発による 設計 ③ 実装と評価
  • 19. 19 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. ①課題とゴールの設定 •家の中の課題を体験を交えて具体的にヒヤリング •理想とする解決イメージ(ゴール)を議論
  • 20. 20 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. ②マンガ駆動開発による設計 快適な目覚め 2nd 寝室 4th リビング 失くし物/忘れ物 5th キッチン (シナリオ) 賞味期限切れ
  • 21. 21 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. ③実装と評価 1st 玄関 2nd 寝室 3rd 寝室 4th リビング 5th キッチン 6th 家全体 7th 家全体
  • 22. 22 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 取り組んだ技術 幅広い分野の先端ITに取り組んだ:チャレンジ、失敗、アイディア AITC独自:空間OS、コンテキストコンピューティグ、マンガ駆動開発 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年 技術トレンド(Google Trend in 日本) 協働プロジェクト『空気を読む家』 活動開始 1st 玄関 2nd 寝室 3rd 寝室 4th リビング 5th キッチン 6th 安心・安全 7th 安心・安全 クラウド・テクノロジー活用部会 ー 人認証 カメラ OpenCV Caffe 睡眠度認識 カメラ OpenCV Caffe データ可視化 オブジェクト認識 メーターOCR Raspberry Pi 2 B+ motion OpenCV asound BLEタグ Raspberry Pi3 電波強度 NVIDIA Jetson Xavier NVIDIA Jetson Nano Raspberry Pi 4 Lepton 3.5(サーモグ ラフィ) OpenPos(姿勢検出) YOLO(物体検出) BLE電波強度 ビジネスAR研究部会 ー 空間OS ロボット(Root) 空間OS 空間OS 空間OS 空間OS 空間OS LookingGlass LeapMotion Unity 空間OS ナチュラルユーザーインタフェース活用部会 ー Philips Hue(スマート照 明) パラメトリックスピー カー Philips Hue Arduino UNO 温度センサー 湿度センサー 気圧センサー 照度センサー 音量センサー オムロン HSL-101(電波 式睡眠計) Jawbone UP3(活動量 計) オムロン HSL-101 (電波式睡眠計) ー 圧力センサー Google AGoogle AIY Voice Kit (スマートスピー カー) TP-Link Kasa KL130 (スマート照明) ー コンテキストコンピューティング研究部会 ー ー 集合知と機械学習 トゥールミン・モデル トゥールミン・モデル トゥールミン・モデル トゥールミン・モデル 知識基盤(ダイアグラム) ドメイン タスク コンテキスト ユーザエクスペリエンス技術部会 マンガ駆動開発
  • 23. Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 【ITフォーラム2022 AITCセッション】 『空気を読む家』 振り返り
  • 24. 24 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. これまでの取り組み俯瞰 2015 2016 2017 2018 2019 1st 玄関 2nd 寝室 3rd 寝室 (シナリオ) 3rd 寝室 (実証実験) 4th リビング (シナリオ) 4th リビング (実証実験) 5th キッチン (シナリオ) 5th キッチン (実証実験) 快適な 目覚め 密度の濃い 睡眠 来客通知 不在時清掃 失くし物/忘れ物 賞味期限切れ 課 題 集合知 適正解/ 妥協点 協調フィルタリング 人と機械の協働 空間OS ロボット掃除機 パラメトリックスピーカー メーターOCR 圧力センサー 温度センサー 気圧センサー ‘(活動量計) スマートスピーカー トゥールミン・モデル BLEタグ(電波強度) RaspberyPi3 安心安全 2020 6th 家全体 (実証実験) 7th 家全体 (実証実験) 2021
  • 25. 25 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 良かったこと ① コンソーシアム(コミュニティ)による活動→様々な知識や技術を集積 ② 先端ITへのチャレンジ→苦労や失敗も含め、大きな知見を獲得 ③ 家の中というプライベートな空間→多様な課題、価値観、考え方を認識 ④ マンガという分かりやすい表現方法→ゴールイメージを共有 ⑤ 空間OSを媒介した疎結合→分散した環境での共同開発で威力を発揮
  • 26. 26 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 課題 ① 課題とゴールの設定 ② マンガ駆動開発による 設計 ③ 実装と評価 特定のペルソナや特定の条件で課題設定 →より多くの問題意識や価値観に対応 →多くの人が参加できる組織 現実の『家』でのスクラッチ&ビルドが困難 →一部のプトロタイプで終わってしまった →ウォーターフォール開発をアジャイル開発に 『空気を読む家』の評価が困難 →刹那的な課題解決だけでなく 継続的なウェルビーイングの実現を評価
  • 27. 27 Copyright © 2023 Advanced IT Community to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. この後のセッション 活動の振り返りで出てきた課題に対する取り組み