Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

空気を読む家のキッチン(3-3)

153 Aufrufe

Veröffentlicht am

ソフトウェアジャパン2019 ITフォーラム AITCセッション

空間OS

Veröffentlicht in: Technologie
  • Loggen Sie sich ein, um Kommentare anzuzeigen.

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

空気を読む家のキッチン(3-3)

  1. 1. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 空間OS 2019年2月5日 先端IT活用推進コンソーシアム ビジネスAR研究部会 日本総合システム株式会社 中川雅三
  2. 2. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 空間OSとは • その場所にある様々なエージェント(ロ ボット)を連携させる「メタOS」。寿命数 十年以上目標。 2 空間OS 最初は「家」で実装開始
  3. 3. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 実体 • 物理世界をモデル化する拡張RDFストア – 名前空間:共通語彙、ローカルな語彙 – グラフデータベース – 値・構造変化のリアルタイム反映と変化のプッシュ配信 – 内部エージェント(ストアドプロシージャ) – アクセス権限制御 3 センサー、 エージェント アクチュエータ、 エージェント RDFストア 物理世界 拡張
  4. 4. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 内部構成 4 Cyber-Physical RDF 権限フィルタ 物理ノード(現在値・履歴) 一般情報 SPARQL 内部 エージェント HTTP + WebSocket 空間OS LODとの対比 ツール群 “The layer cake” T.J. Berners-Lee W3C 2007.3
  5. 5. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. デモの構成 5 空間OS ドアセンサー瓶貼付BLE 入出判定 VoiceKIT 瓶数え上げ 警告判定 今日はAWS上で実行
  6. 6. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. デモ 6 RDFストア 物理ノード 履歴
  7. 7. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 実装状況 • 実証のための試作 – 値・構造変化のリアルタイム反映と変化のプッシュ 配信 • Apache Jena(Fuseki)を改造 • スループット:AWS Small Instanceで毎秒数万イベント程度 – 内部エージェント • 今日のデモでは外部エージェントとして実装 • 一般言語からのコンパイラを構想中 – RDFプロパティによる権限制御 • SPARQLクエリのアクセス権限制御を含む形への変形フィルタ 作成実験 → 実装できそう 7
  8. 8. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. エージェント アプリケーションの構成 • アプリケーション: サブサンプションアーキテクチャで連携する多様なエージェント群 8 空間OS = マルチレイヤー黒板 (レイヤー境界は曖昧) 事実 解釈・決定 解釈・決定 解釈・決定 … エージェント エージェント エージェント 抽象 レベル 低 (具象) 高 センサー アクチュエーター 空調、防犯、etc.. 執事、空気を読む家、 etc.. 人間API IoT
  9. 9. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 環境履歴 デモの動作 • 冷蔵庫 9 空間OS = マルチレイヤーブラックボード ビール瓶の電波強度 冷蔵庫内・外 ビール:在庫減少 「注文したら」 … 出庫判定 BLEモジュール エージェント 抽象 レベル 低 (具象) 高 今回デモ、エージェント化はしていない
  10. 10. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 内部エージェント • アルゴリズムの実行 – イベントで起動 • RDFストアの変化 • タイマー – コンテキスト(RDFストア情報)を読み取って – 処理結果をコンテキストへ書き込む • RDF記述にしてRDFストア内で実行 – 構想中:今回のデモでは外部プログラム • 実行時にプログラミング言語へ変換 – I/OがRDFストアだけ。ランタイムライブラリ範囲限定可能。 • 実行する時代の環境で実行できる • 人間にも読める • メタデータもつける 10
  11. 11. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 内部エージェントRDF記述 11 • 主目的:100年後も実行可能 // aがThrldを超えたらswをオン on-change(a){ if(a > Thlrd){ sw = True } else { sw = False } }
  12. 12. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. (外部)エージェント • 例 – センサ・アクチュエータ – ルンバ、洗濯機、… – スマホ、ロボット、… – クラウドサービス… – 人:人間APIでつながる • そこにいる人 • システム管理者 • 出入り業者 12
  13. 13. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 解決しようとする課題 1 • 総連携 – 異なる分野・メーカーの連携 – 人・社会と機械の連携 – 現在と未来の連携 – 例 • 築20年のスマートホームの設定を、引越し先の新 築スマートホームへひきつぐ。 • 気持ちの良い天気を察知して、空気を読む家が窓 を開けることを人に頼む。 13
  14. 14. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 解決しようとする課題 2 • いわゆる「AI」と「IoT」との連携活用 – 記号接地機能のモジュール化 • IoT観測値 → 記号化 – フレーム問題の回避 – 行為の検証 – オントロジーとの連携 14 AI 今後期待される領域 曖昧・矛盾するデータ の表現も可能
  15. 15. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. エージェント 記号接地のモジュール化 • エージェントが状況を記号化する 15 事実 解釈・判定 解釈・判定 解釈・計画 … エージェント エージェント エージェント 抽象 レベル 低 (具象) 高 環境 → 電波強度 電波強度 → 出入庫 出入庫 → 在庫 在庫 → 注文したら? 記号の世界 記号接地モジュール
  16. 16. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. フレーム問題の回避 • 空間OS内を通して世界と相互作用 – 対象世界を限定する • 開発戦術:小さくスタートして出来ることをだんだん 増やす • フェイルセーフはルールとして作りこむ – 「人間に相談する」を実装できるようにする 例: • これやっていいですか? • 故障っぽいですが? • これお願いします。 16
  17. 17. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. 行為の検証 • エージェント間の相互作用をすべて記録 – 何が起こったかを検証 – シミュレーション → 個々のエージェントの判断の問題に帰着 17 予測や内省にも使えそう
  18. 18. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. LODとの連携 • グローバルな知識でローカルを制御 – インターネット上のオントロジーを使える • AIが「猫」を認識 → 「動物」に関するルール を適用 – 内部エージェントをLODに置いて配備 • コンフィグレーションの自動化 • 多様性への対応: その場所に適したエージェン ト 18
  19. 19. Copyright © 2015 Advanced IT Consortium to Evaluate, Apply and Drive All Rights Reserved. http://aitc.jp https://www.facebook.com/aitc.jp 最新情報は こちらをご参照ください ハルミン AITC非公式イメージキャラクター AITC BizAR(ビジネスAR)部会 入会のご案内 http://aitc.jp/consortium/join.html

×