Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

【特別公開!】AI時代の新しい思考法(山口揚平)

2.904 Aufrufe

Veröffentlicht am

立教大学にて行われ500名が参加した
講演会「AI時代の新しい思考法」。

冒頭の講演資料を限定公開いたします!

○講演名:
AI時代の新しい思考法(本当に幸せな働き方、新しい価値の作り方)
○主催:立教大学経済学部
○登壇:
山口揚平 ブルーマリーンパートナーズ代表
早稲田大学政治経済学部(小野梓奨学生)・東京大学大学院修士(社会情報学修士)。1999年より大手外資系コンサルティング会社で M&A に従事し、カネボウやダイエーなどの企業再生に携わったあと、独立・起業。企業の実態を可視化するサイト「シェアーズ」を運営し、証券会社や個人投資家に情報を提供する。2010年に同事業を売却したが、のちに再興。クリスピー・クリーム・ドーナツの日本参入、ECプラットフォームの立ち上げ(のちに DeNA 社が買収)、宇宙開発事業、電気自動車(EV)事業の創業、投資および資金調達にかかわる。その他、劇団経営、海外ビジネス研修プログラム事業、複数の事業、会社を運営するかたわら、執筆、講演活動を行っている。専門は貨幣論、情報化社会論。

山口周
独立研究者・著作家・パブリックスピーカー/前コーンフェリー・シニアクライアントパートナー

1970年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科卒業、同大学院文学研究科美学美術史学専攻修士課程修了。電通、ボストン・コンサルティング・グループ等を経て、組織開発・人材育成を専門とするコーン・フェリー・ヘイグループに参画。現在、同社のシニア・クライアント・パートナー。専門はイノベーション、組織開発、人材/リーダーシップ育成。

Veröffentlicht in: Business
  • Als Erste(r) kommentieren

【特別公開!】AI時代の新しい思考法(山口揚平)

  1. 1. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 「時間の時代」 ~令和を生き抜くための意識と情報の利用術~ 2019年6月7日 ブルー・マーリン・パートナーズ 代表取締役 山口揚平
  2. 2. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 今日の資料は、スライドシェアにアップロードします ▪ 資料は字も小さくて、デザインも見にくい ▪ 早口で、滑舌がよくないため聞き取りにくい ▪ 復習ニーズあり? 2 Facebookにポストします
  3. 3. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます プロフィール 山口揚平 ▪ ブルー・マーリン・パートナーズ株式会社 代表取締役 ▪ 早稲田大学政治経済学部(小野梓奨学生)。東京大学大学院修士。1999 年より大手コンサルティング会社でM&Aに従事し、カネボウやダイエーな どの企業再生に携わった後、独立・起業。 ▪ 企業の実態を可視化するサイト「シェアーズ」を運営し、証券会社や個人 投資家に情報を提供する。2010年に同事業を売却。 ▪ 現在は、コンサルティング会社をはじめ、複数の事業・会社を運営する傍 ら、執筆・講演活動を行っている。専門は貨幣論・情報化社会論。 ▪ 三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・みずほコーポレート銀行のM&A研修、電 通・TOTO・株式会社セガ他事業会社における論理的思考研修講師 ▪ NHK「ニッポンのジレンマ~僕らの新・資本主義~」日経CNBC放送、テレ ビ東京「オープニングベル」論客出演 ▪ 慶應義塾高校講師・福井県立大学非常勤講師(ビジネススキル講義) ▪ 新しい働き方を提唱する著書や講演活動を多数行っている。 3
  4. 4. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 20代で企業再生、30代で起業・売却を経験、事業創造に従事 ▪ 「自らの体験を通して学び、血肉化した知を、社会に還元する」という生き方を志向。アカデミ ズムでの研究から・思想家(著者)・事業家の枠を超えたキャリアを構築してきた。 4 ▲ 「企業分析力 養成講座」 ▲ 英国 留学 2000 2005 2010 2015 2025 ▲ クリスピー・クリーム・ドーナツ 日本参入 ▲ 「新しい 株の本」 ▲ 「そろそろ会社 辞めようかな」 ▲ 「なぜゴッホは貧乏で ピカソは金持ちだったのか」 ▲ GM・いすず ▲ ダイエー・カネボウ ▲ シーガイア ▲ シェアーズ (企業分析システム) 創業 ▲ シェアーズ 売却 ▲ シェアーズ 再興 ▲Hakuto(宇宙開発) ▲Cool japan in Hoian ((株)旅武者) ▲ エーゼット (のちDeNAへ) ▲キビテク(IOT・ロボット) △e-Gle (EV) ▲メデテ(漢方) ▲ 早稲田 政経 (学士) ▲ 東大院 (修士) △「事業創造力養成講座」 △「21世紀のお金」 ビ ジ ネ ス 学術 ・ 出版 NPO ・ 政策 その他 5~10社を創 業・出資・支 援予定 20代 30代 ▲ NPO法人 RCF理事 企業再生 起業 ▲Firms(プロフェッショナル派遣) ▲Gift(贈与経済システム) ▲ 「世界を 変える会 社の 創り方」 ▲ホチキス(劇団) ▲メディアイノベメーション (先端医療メディア) ▲ NPO法人コフレ プロジェクト ▲ 「10年後世界が壊れても君が 生き残るために、今身に付ける べきこと」出版 事業創造 事業・思想・政策 40代 ▲ 社団法人 日本ビリヤード協会
  5. 5. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 当社のビジョンは、新産業(2040年)の“橋頭堡”を創ること 事業ポートフォリオ(2019年現在) 5 世界遺産都市ホイアンで学ぶビジネス研修事業。大学生向けに、目標・仮説立案から実践による価値創造まで、一連 のビジネスサイクルを経験できるプログラムを運営。世界で活躍するビジネスリーダーを育成。 ロボット技術を基盤とした、人が感じる「機微」も理解するテクノロジーと独自サービスを開発する、二人の東大博士によ るプロジェクト。IoTデバイスプロダクトの製造からソフト・ハード技術まで、幅広い領域を研究。 「わが子に食べさせたいかどうか?」を基準に厳選されたオーガニックココナッツオイルを展開。大切な自然を守りなが ら豊かな食の未来を作ることをポリシーに、子どもに安心して与えられ、美味しくて食卓を楽しくする食材を提供。 クリエイティブとビジネスの両サイドから、パートナー事業者やクリエイターなどと新たな価値を創造し、最適なコンテン ツデザインを実現。代表の山本は、フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」を長年率いた人物。 全世界75,000社の事業カルテで直感的に把握できる「ValuationMatrix」、時間販売システム「タイムシェア」、モノと信 用を循環させる贈与経済システム「Gift」など、知の流通を目指す創造性の高い事業を展開。 「宇宙を人類の生活圏にする」をビジョンに掲げ、月面資源開発の事業化に取り組んでいる次世代の民間宇宙企業。 SpaceX社のFalcon9ロケットで2020年、2021年に月へ打ち上げを予定。 浜松の北、天竜川のほとりに約30万坪を所有し、21世紀地球循環型ヴィレッジを創生。プリミティブなライフスタイルと エネルギーやIOTロボティクスなど先端技術を掛け合わせた新しいコミュニティを手がける。 脚本家・米山のコメディに富んだ巧みなストーリー演出を軸に、『デートに使える演劇』というコンセプトを仕掛け、「デー トの定番といえば映画」のポジションを狙う。演劇ファン以外の獲得によるマネタイズを確立。 JR東海道線唯一の無人駅「根府川駅」に立つホテルを改装し、先進的医療とホリスティックな施術を提供するリトリート 施設。隣には巨匠杉本博司氏のプロデュースする写真美術館「江の浦測候所」があり、静謐で美しい空間に構える。 フランス人数学者theo、パキスタン人数学者ジャワドを中心としたブロックチェーンの個別ネットワークの構築。エネル ギー業界、金融業界への適用が可能 ロボティクス 宇宙開発 地球環境保全 未病・先端医療 新教育システム ライブ パフォーマンス フード コンテンツ 機械学習・ ビッグデータ ブロックチェーン bisowa 凜門
  6. 6. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 令和日本の生き方 6
  7. 7. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます オリンピック後に旧体制が破綻、2025年に新旧交代の予兆 ▪ 一言でいえば、2020年オリンピックまでは旧体制でなんとか続くものの、2022~2023年くらい には破たん。10年後の2025年には新しい社会システムの整備と新産業の創生が進展 20201990 20402025 (西暦)2018 (現在) 旧体制の 破たん 2022~2023 旧産業の衰退 • 自動車・部品輸出産業 • 建設・資材 • 旧メディア(TV・新聞) 新産業の台頭 • ロボティクス • 宇宙開発 • 地球環境保全 • 未病・先端医療 • 新教育システム • コミュニティ ・ ・ ・ • 日経平均 最高値を記録 新旧システム・産業 の逆転 • シンギュラリティ 7
  8. 8. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 令和時代の成功の鍵は“5次元”的意識を持つこと ▪ 昭和の2次元から始まり、平成、令和と基準の次元が1次元ずつ上昇してきた ▪ どの時代も常に成功者は「1次元上」を意識していた ▪ 令和時代に成功するためには“5次元”を扱うこと 8 64年間 30年間 15~30年間 大正 昭和 令和 平成 テーマ 成功者 標準 産業 コンストラクション オペレーション シンクロニシティ(世界同時多発) 2次元:作る技術 3次元:空間を超える技術 4次元:時間を超える技術 建設業 インターネット BGC:Born Global Company (ispace, Netflix) ブロックチェーン 3次元:空間を超えた人 4次元:未来を洞察した人 5次元:全一性を生きる人 マクドナルド・ソニー (日本⇆アメリカ) ソフトバンク (タイムマシン経営) すべてが繋がっていることを 前提に生きる人 (因果応報と塞翁が馬)
  9. 9. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 令和のリテラシー • 可能であれば5次元的に生きること。少なくとも4次元的には生きること(時間 を超えて生きる。過去と未来を記録、洞察して現在に畳み込む) 1. 未来洞察はやっておくこと、そのための歴史の勉強をしておくこと 2. できれば全一性(ワンネス)の意識を持つこと。端的に言えば因果応報、人 生万事塞翁が馬 3. 同時多発的展開を心がけること。世界同時販売など 4. 空間の物理的な移動はストレスなくいつでもできるようになること。(世界中、 どこでもスマートトリップできること) 5. 健康を心がけること。仕事のフレームワークは健康から始まっている 6. 日本の強みの本質(精神性)を理解し武器として学んでおくこと 7. 余裕があれば次の時代(6次元:無)について学んでおくこと
  10. 10. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます • 歴史を立体的に(時空間でおこったことの因果関係の整理)に知っておく必要がある 10 未来を洞察するには、過去(歴史)を教養として知っておく必要がある (時間) (空間) 現在 (レイヤー) 価値観 技術 社会 システム 経済・ 産業 生活 文化 過去 未来 ここのボックスは知識として 埋めておく ここのボックスは洞察する
  11. 11. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 世界史対照年表(『ニューステージ 世界史詳覧』浜島書店1998年より) • 空間軸上に国が、時間軸上に時間が並べられている。 空 間 (S) 時 間 (T)
  12. 12. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます • 過去・未来・他人の(への)言動・身内の(への)言動が、すべて自分に瞬時に返ってくる。すべ て(過去・未来・自分・他人)が「今」に“畳み込まれて”いることへの理解を持つ。 • 他人のせいにするのでなく、過去・未来・身内・他人への言動(想念を含む)をよく見渡し、思い 当たる節を探す(因果応報)。なにがあってもどうせ返ってくるものと達観して放置すること(人 生万事塞翁が馬) 12 全一性(ワンネス)の意識を持っておくこと 自分 他人 身内 過去 未来
  13. 13. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます • 世界同時多発テロ、事故、事件、発見、産業創生、価値観変化、革命が起こる時代 • 未来を洞察して備える必要がある(どこに自分が物理的にいるかの選択、あるいはロケーショ ンフリーで生きてゆくこと) • 事業などは世界同時展開をすること 13 同時多発的展開を行うこと 全一性 (ワンネス) 無 (禅) 現象世界 (物理)
  14. 14. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 仕事のフレームワーク:5つの要素のバランスを取ること • 仕事とは、「お金、信用、価値」という3層構造からなる広義のマネーと、「時間、健康(エネルギ ー」という下支えする原資で成り立っている。 健康(エネルギー) 時間 価値 信用 貨幣(お金) ブランド(権威)=価値創造の信用への転換効率 スキル=時間の価値への転換効率 寄 付 消 費 ・ 貢 献 ア ウ ト ソ ー ス 未 病 / 健 康 対 策 ROR (Return on Reputation) ROI (Return on investment) ROT (Return on Time) ROH (Return on Health) 価値=(専門性+確実性+親和性)/利己心 信用=Σ価値 お金=外部化された(譲渡可能な)信用 こ の プ ロ セ ス の す べ て が 仕 事 で あ る 可動できる意識の量 =意識の総量-情報に吸着している意識量 徳=信用の貨幣への転換効率 若さ(意識の純粋性)=エネルギーの時間への転換効率
  15. 15. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます • 物理的に健康を獲得するための4方向からのアプローチ 15 健康のための具体的な方法 ビタミン ミネラル 吹き飛ばす 吐き出す • 太陽の光を浴びる (ビタミンDの吸収) • できるだけ高速移動する (新幹線、飛行機、バイク 、車、ジェットスキー等) • 風を受ける(海辺・草原) • 人のいないところ(森林) • 海に入る(塩分ミネラ ルの吸収) • 温泉 • 泥(泥遊び、田植え等) • 大声を出す(ジェットコー スター、カラオケ、バンド 演奏、舞台役者等) • 吐く • 呼吸(深呼吸)
  16. 16. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます ティップス ▪ リラックスのための出費は、完全な「経費」である ▪ きちんと休む ▪ 医者(西洋(薬)/東洋(セラピスト)) ▪ 瞑想(お風呂でアロマ・ローソク) ▪ 運動・ワークアウト ▪ 優しい内容の本を読む ▪ 泣ける映画を観る(泣けなくても心が動けば良い) ▪ ランチとディナーをいれる ▪ 日頃から、身近な人に善行を尽くしてくおく ▪ 病院とセミナーに行く。 16
  17. 17. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます • 知覚とは、意識が情報をキャッチして認知する行為である。 • 意識の可動領域拡張および意識のコントロール(科学から悟りまで、意識のとどく範囲とその 解像度を広げる)訓練を日頃から行うこと 17 知覚力の向上 無 (いわゆる) 自分 (存在の) 本質 (いわゆる) 物理的な現象世界 抽象(概念) 具体(言語・数字) 人 (社会科学) 自然 (自然科学) 悟り科学 理想的な知覚の範囲
  18. 18. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます ジコ(自己)とは何か?をあらためて問わなければならない時代 • 99.9%の人は、自分とは、自分が考えた思考の結果や感情のことだと思っている。これは根本 的な間違いである。それらの思考や感情は「結果」であって、本当の自分とは、それらを生み 出している存在のことである。本当の自分に気づくためには、背後に意識を向けて、思考や感 情を生み出している存在をみつけなければならない。これには時間がかかる。 • 本当の自分を捉えることができると様々なメリットがある。例えば、自分が感じてる感情や自分 の考えを客観的に捉え、感情や思考をコントロールすることができるようになる。その結果、調 和的な人間になれる。あるいは、本当の自分は、存在の本質に近いため、そこから受け取っ たメッセージを形にしやすくなり、人生の回り道が減る。創造性が増すなどである • 目に見えているもの、自分の周りに起こる出来事、心に刻まれるその意味、記憶、限界と可能 性、価値観、その他世界に起こるすべての出来事が実は自分が生み出しているものだと知る ことができる。その確信を持つようになるとより自由で調和のとれた人生を送ることができる。 どっちが自分なの?
  19. 19. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます • 人間とは、情報(「知識」「体験」「肉体」)に吸着した“意識”の集合体のことである。そのパター ンでいわゆる「個性」が決まる 19 人間とは何か? 時間軸 体験(過去) 知識(未来) 肉体(現在) 意識が吸着している部分 認知可能な部分 個性
  20. 20. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます アート デザイン 宇宙開発 AI 土地 オーガニクス 発酵 感情労働 メディテーション ・リトリート 健康科学 • 人とは「情報(知識・経験・肉体)に吸着している意識の集合体」であり、意識の焦点を外側4つ (天命・地・無我・愛情)に当てることで成熟してゆく存在 • 自分は、人間以前の存在、すなわち純粋な意識体である、という認識を持って生きてゆくこと 21世紀のリテラシーは国語・算数・理科・哲学(社会) 国語 算数 理科 哲学 21世紀のリテラシーの全体像 • 仕事論 • コミュニケーション論 • コミュニティ論 • 創造の法 • 有機化・再統合 • 論理的思考 • 構造化 20
  21. 21. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 意識の焦点をどこに合わせるかが人生の最大の問題となる • 人間は意識の焦点を外側4つ(天命・地・無我・愛情)に当てることで成熟してゆく存在
  22. 22. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます ▪ パナソニック「Let’s Note」 ▪ ソニー「ウォークマン」 ▪ ホンダのエンジン 日本の強みは「禅」と「アニミズム」 ▪ 無印良品 ▪ iPhone ▪ 片付け・掃除 禅(zen) アニミズム
  23. 23. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 無について:十牛図 • 禅の入門書と言われる「十牛図」は、悟りにいたる道筋を牛を主題とした十枚の絵で表したも の。 自分の心の内を「知性」を持って探り、自らの本質に気付き、そこから解を得る手法。 • これまでの問題解決技法は、すべて外の世界をどう観察するか、をその前提としていたが、こ の十牛図では、内側(意識)の世界をどうコントロールするかに焦点を当てている。 尋牛 見跡 見牛 得牛 牧牛 騎牛帰家 忘牛存人 人牛倶忘 返本還元 入廛垂手 十牛図 失った牛を探 す場面。本来 の自己が内 にあることを まだ知らずに、 探しに出ると ころである 牛の足跡つま り手がかりを 見つけるが、 足跡を見ても それは知識と して牛の存在 を知ったこと にしかならな い 牛の声を聞い て後姿を見る。 しかし、まだ牛 のすべてを見 たわけではな い ついに牛を みつけて手 綱をつけるが、 嫌がる牛を 引きつけよう とする状態 荒れる牛を馴ら して連れて帰る ところ。手綱に 張りつめた様子 はない。ここで はじめて、牛の 顔が描かれる 牛に乗り笛を 吹きながら家 に帰る。牛の 表情は明るく 足どりも軽い。 牛と童子は一 体である 家に帰って牛 の事を忘れ牛 もどこかへ行っ てしまう。牛を 忘れ去る、つま り悟ったという 気持ち自体を 忘れた境地で ある 牛も人も忘れ去 られている。迷 いも悟りも超越 した時、そこに は絶対的な空が ある ここには童子 も牛も描かれ ていない。悟る 前とおなじく水 は流れ花は美 しく咲き誇る 童子が対面して いるのは、悟り を得た老人であ る。悟りを得た ものは、広くそ れを伝えなけれ ばならないこと をあらわしてい る。
  24. 24. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 24
  25. 25. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます これから10年、日本に起こること 産業 仕事 お金 財政 コミュニティ 結婚・家族 東京 地方 価値観 教育 2015(末) 2020 2025 2040 オリンピック 旧システムの破たん • 女性の8%が経済的自立 • 家庭管理費用の劇的低下 • 共依存関係から主体的 パートナーシップへ移行 • SNSから、CNS(Credit Network Society)へ • 地方創生ブーム • 健康科学/地球環境学/娯楽(ドラッグ・カジノ) /監視システムとセキュリティ・保険サービス/ ロボティクス/宇宙開発 • 小さなコミュニティの 乱立時代へ • 公教育改革の流れ • 遠隔/場/旅の3つの手法へ • 承認欲求バブルの崩壊 • 創造欲求がニーズの中心へ• 成長欲求が人々のニーズ の中心へ • アジアの“お墨付き”市場へ• 開発バブル • 開発バブルのツケの支払い • メトロポリタン化の問題への対応 2022~2023 • 中央銀行の金融政策の 失敗で経済混乱 • 女性のプロフェッショナ ル志向の増加 • IC(独立事業者)が1/4を占める(米40%) • 仮想通貨ブーム (Bitcoin等) • 家族の平均構成人数が2人へ • ブロック型の都市国家(5~13国)へ • ネット通貨/時間通貨(個 人の信用通貨)等の出現 • アジア/世界の統一通貨 • グローバルな贈与経済 • 徳政令か強制徴収か戦争 • 12歳までに人生のキャリアが決まるしくみへ• 教育格差の顕在化 • 政府が本気で新産業創生へ• ベンチャーブーム終焉 • 労働時間の圧倒的削減 • 収入格差の更なる拡大 • 長期停滞かデフォルト • コンソーシアムへ併合 • 強固な地域共同体とグローバルな価値 観共同体の併存 • 行政代行ビジネス(納税・ 警察・社保)や金融 (兆し) (前夜) (新時代) 25
  26. 26. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 単一日本社会は溶けてゆき、コミュニティが乱立する ▪ 日本という単一社会は溶け去る。社会的同調圧力を気にしない、人は複数のコミュニティを 渡り歩き生きていく。人は社会については及第点(80点)を満たすように行動する ▪ セーフティネット、インセンティブに関するもの、価値観や志を共有するもの、という目的が異 なる最低3つのコミュニティに属する モノ・ソサエティ マルチ・コミュニティ 社会的同調圧力 からの回避と コミュニティの創 造と参画 26
  27. 27. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます ピア(臨済)経済に着目する ▪ 経済の中心はモノからピアへと変化する。人はもはや、「関係」にしかお金を払わない。 ▪ 目指すべきは「一緒に居て気持ちがいい人」 27 • 21世紀の産業の中心は関係(ピアエフェクト) • 共に過ごす人の選択と継続に人はコストの大半をか けるようになる(臨在経済) • 学校:スイスのボーディングスクール「ル・ロゼ」の学 費約1,440万円/年 • シェアオフィス:WEWORKの時価総額は200億ド ル • 家族・パートナー:日本では2030年に家族の構 成人数は2.1人へ • 孤独は4.7兆円の損失、健康に最も不衛生と実証済。 イギリスでは孤独省が設立。 物(コンビニエンス) 関係(ピアエフェクト) • 20世紀の産業の中心は物(便利さ) • ビジネスとは、標準化によってプロセスを単純化し 、画一化によって商品を匿名化し、習慣化によって 顧客の生命を無機化する行為であった Netflix amazon
  28. 28. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 2100年までにお金(間接メディア)はなくなる可能性が高い ▪ 短期的には仮想通貨が発展する。2020年から2030年くらいまでがピークかもしれない。 ▪ その後は、時間通貨の時代がやってきます。そして時を同じくして記帳主義時代というものが 来ます。おそらく21世紀の半ばから後半にかけてはこの時間通貨・記帳主義が中心となる。 ▪ そしてやがて信用主義時代という形で中間媒介としてのお金を介さない経済ができてくる。 お金の始まり BC16C BC8C 1023年 1999年 2010年 2050年 2100年 交換 贈与 貝・ 希少資源 金等 国家の 法定通貨 仮想 通貨 時間 主義 経済 記帳主義 経済 信用主義経済 28
  29. 29. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 4次元時代の経済:時間主義と記帳主義経済の流れ ▪ 人の時間を使うことが経済における財の主流になる(時間主義) ▪ お金だけでなく、人の行動(give & take)を直接、分散台帳(ブロックチェーン)に刻むようにな る(記帳主義経済) ▪ 上記から、個人の信用を評価して各々の享受できることが可変する経済につながる(信用主 義経済) 29 生存 (モノ) 承認 (コト) 間接 (お金) 直接 (信用) 財 ツール 資本主義経済 Money Economy 時間主義経済 Time Economy 記帳主義経済 Recording Economy 信用主義経済 Indivicual Credit rating Economy
  30. 30. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 日本の4つの方向性 ▪ 端的に言えば、日本が注力すべきは、下記の4つである 30 医療システム の改革 コミュニティ インフラの 確立 ロボティクス の創生 外国人受入 システムの 確立 内政 外交 経済面 生活面
  31. 31. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 4つの領域 31 • 日本の強みは長いバケツリレーのサプライ チェーンを可能にする「すり合わせ」 • 日本の歴史50年は自動車で食べているコ モディティ化している • 複雑で多数の工程を踏む事業に関わる ロボティクス 創生 • 日本は世界で老人が一番多い国 • 医療システムそのものの改革に絡む 医療システム 改革 • 日本は政治システムが過渡期 • 県という概念がなくなりいかに優秀なリーダ ーがいるかが重要になる • 社会インフラを作る仕事が儲かる コミュニティ インフラの確立 • 日本は世界で老人が一番多い国 • 医療システムそのものの改革に絡む インバウンド (外国人受入) 適合
  32. 32. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 医療分野の事業創造領域 • 医療分野のイノヴェーションは、主に①病気以前、②病気における制度改革、③介護分野 にわかれる。 健康 寿命 死 領域②:制度の改革 • 受益者負担でない – 国民皆保険制度 – 介護年金問題 • 「病気」のラベルで医者に報酬 • 新しい健康保健組合の創設 領域①:未病分野 • 医学から統計学へ – 因果論→現象論 – BigData解析 – ライフログデバイス – DNA鑑定 • 再生医療 • 代替医療 領域③:ロボティクス • 寝たきりを作らない – パワードスーツ • Cyberdine等 – 援体化技術 • 介護人材の移民ビザ 約10年の開き 病気
  33. 33. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 医療・ヘルスケアは我が国の最大の関心事 33 国家における 要対応課題 + 止まらない 高齢化
  34. 34. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます イノベーションを加速させる要因群 ▪ 最大関心事=医療・ヘルスケア=未解決の課題と問題が山積=イノベーションの加速=テッ ク視点メディアの必要性 34 Political(政治的環境要因) Economic(経済的環境要因) Social(社会的環境要因) Technological(技術的環境要因) 国民健康保険 医師法 薬事法 ビックデータ分析 AI スマホ治療 ヘルスケア アプリ 人口減少社会 コスト0時代 電子カルテ ゲノム 個人に最適化した 薬の情報の セレクト 臨床データの モバイル化 シェアリング エコノミー 少子高齢化 DNA鑑定 病院行政 ビックデータ レセプトデータ 薬の販売/広告 混合治療 海外からの 患者の流入 アルゴリズム シンギュラリティ ロボット
  35. 35. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 加速する四大イノベーション 35 オープン データ テクノロジー ライフスタイル 医療の市民革命 非専門 治療法のシェア 先生・病院探し ライフログデバイ ス スマホ検査 スマホ治療ヘルスケア アプリ 再生医療 自働化 ロボット 遠隔治療 代替医療 制度改革 電子カルテ ゲノム 個人に最適化した 薬の情報のセレク ト 臨床データの モバイル化 リサーチキッ ト パワードスーツ DNA鑑定
  36. 36. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます AI・ロボテクスの進化過程 2000年 前後 現在 2020年 人 工 知 能 ・ ロ ボ テ ク ス 社 会 環 境 ▲ アイボ ▲ ルンバ ▲ コミュニケーション能力と 機能性を兼ね備えたロボット 2040年 ▲ シンギュラリティを超 えたロボット? ▲ コミュニケーション能力 のあるロボット/AI ▲ 機能性のある ロボット ▲ 介護コスト増加 ▲ 家族構成人数 の低下▲ 共働き増加 ▲ 介護離職 ▲ 待機児童 問題 ▲ 家族構成人数が2 人以下に 家族の保守・見守り ニーズ ✕ ▲ 家族機能の 社会化? サ ー ビ ス ▲ 見守りほっと ▲ デジタルフォトフ レーム ▲ 自動見回り サービス?
  37. 37. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 首都圏3600万人 (アジアの“お墨付き”市場足りえるか?) AKB→JKT 日本食→アジア アニメ→アジア・欧米 京都は古都 観光立国 九州 東北は、「北欧」へ 温泉⇔サウナ 宮沢賢治⇔ムーミン もののけ姫・白神山地⇔森 ?⇔ファッション四国はイタリアへ うどん⇔パスタ 瀬戸内海⇔地中海 朝貢貿易 韓国・中国 との貿易 四国 TOKYO 東北 福島はツーリズム 北陸 精密業 魚介 伝統工芸 2020年の日本(アジア)は都市国家型に変わる • 日本全体のブランディングは不可能であり、自然に都市国家へと向かう。地方創生の基本は 、「人口」「産業」「ロジスティクス」にあり、成功指標はただ一つ、「地価」とするべき。 • 地方空港とLCCの連携によるアジア各都市との直接的なパイプラインの創設、移民の受け入 れ、“藩札”の復活(独自の通貨政策)、地方独自の教育・行政システム(LGBT・シングルマザ ーの許容) LGBT(エル・ジー・ビー・ティー)または GLBT(ジー・エル・ビー・ティー)とは 、女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)、男性同性愛者(ゲイ、Gay)、両性 愛者(バイセクシュアル、Bisexuality)、そして性転換者(トランスジェンダー、 Transgender)
  38. 38. Copyright 2008 Blue Marlin Partners, Inc. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@dsigr.comまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 38 拠点をつなぐべきアジアの都市 アジア主要都市の日本人比率ランキング ヤンゴン 4,107,000 516 0.0126% ミャンマー  リヤド 4,700,000 553 0.0118% サウジアラビア イスタンブル 11,372,613 1189 0.0105% トルコ ジッダ 3,400,000 299 0.0088% サウジアラビア テヘラン 11,050,000 755 0.0068% イラン バンガロール 8,425,970 572 0.0068% インド ムンバイ 12,478,447 598 0.0048% インド コルカタ 4,486,679 166 0.0037% インド 重慶 28,846,000 931 0.0032% 中華人民共和国 カラチ 12,461,423 326 0.0026% パキスタン 日本人比率(%) (*1)アジアの主要都市として、人口100万人以上の196都市を選出 (*2)日本人長期滞在者数の情報が入手可能なものに限る 日本人長期滞在者 (*2) 人口 ア ジ ア 主 要 都 市 (* 1 )に お け る 日 本 人 長 期 滞 在 者 比 率 マニラ 1,660,714 14469 0.8713% フィリピン 台北市 2,650,968 18280 0.6896% 台湾 バンコク 8,249,110 43925 0.5325% タイ シンガポール 4,737,000 24548 0.5182% シンガポール 香港 7,026,400 25111 0.3574% 香港特別行政区 ソウル特別市 9,794,304 23456 0.2395% 大韓民国 上海 14,123,200 23527 0.1666% 中華人民共和国 釜山広域市(プサン) 3,414,950 5268 0.1543% 大韓民国 ジャカルタ 9,580,000 11701 0.1221% インドネシア 高雄市 2,773,592 3279 0.1182% 台湾 上 位 10 都 市 下 位 10 都 市 ・・・ ・・・ ・・・
  39. 39. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 地方創生:コミュニティインフラの確立:村民権 39 お試し村民 アマチュア村民 プロ村民 トークン購入金額(年) 〜1百万円 1百万〜5百万 円 5百万円〜 カーシェア ✔ ✔ ✔ シェアハウス ✔ ✔ ✔ リトリートセンター ✔ ✔ ✔ トレーニング施設 ✔ ✔ ✔ 農園 ✔ ✔ ✔ 保育施設 ✔ ✔ 村内Wi - Fi ✔ ✔ リベラルアーツ教育 ✔ ✔ 人間ドック ✔ ✔ ✔ ✔ ✔ 地域開拓構想権 ✔
  40. 40. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 地方創生:コミュニティインフラの確立:地方銀行預金の使われ方を予め設定する 40 預金者 地方銀行・ 地域ファンド 地域の企業・ プロジェクト 預金者のメリット • 金銭的リターン (ICOトークンの価値向上) • コミュニティリターン • 貢献欲求の充足 希望する預金の使用方法をチェック 高低 中 ITインフラ 教育 飲食 預金 融資・ 投資 返済 事業性評価だけでなく、 地域市民(預金者)の地域 ニーズに基づいて 条件(融資枠・金利等) を決定 都市開発 福祉
  41. 41. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 会社は価値観とブランドを共有する存在、それよりコミュニティが強くなる ヒエラルキー 事業を土台とした共同体 価値観を共有する経済体 価値観に基づく ブランディング 事業 A 事業 B 事業 C これまでの会社 これからの会社 事業A 事業B 事業 C 事業の入れかえ(M&A)は どんどん起こる 事業は複雑に入り組んでおり、 中に文化が編み込まれている
  42. 42. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 日本について(まとめ) • 幸福の変数には、経済体としての強さ(一人あたりGDP)と共同体としての成熟さ(社会関係資 本:ソーシャル・キャピタル)があるが、日本はそのどちらも極めて低水準。硬直した現体制に おいては国民の幸福度向上は遠いのが現状。 • 現システムのはたんは、オリンピック後の2022~2023年、新システムの構築は2024~2 025年くらいに起こりうる。 • 「立身出世」ではなく、「一身独立して一国独立す」を旨とし、住み慣れた環境、古いシステム から離れ、創造へと資源と意識を振り向けること。 • 日本全体を包括的に変えることはできない。地域をブロック化し、都市国家として互いに競い 合い、高め合うこと。海外へ出ること、(事業)創造の論理を学び、実践することが必要。
  43. 43. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 43
  44. 44. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 短期記憶力 (メモリー的) 情報・知識 (ハードディスク的) 思考力・想像力 (CPU的) • 芸人 • アーティスト • 哲学者 • 要領の良さ • ウルトラクイズ • マメ知識 • 「問いを問う」力 • メタ思考力 • イメージング • ストーリーテリング • 「うろ覚え力」 • IT(Wiki、google) • 社会の変化スピード • グローバリゼーション(局所では通用しない) • 「愛嬌力」 具体的には 20世紀 21世紀 21世紀の頭の良さ • 求められる能力は、メモリーやハードディスクの容量から、思考力・想像力へとシフトする。 • 鍛えるべきは、「愛嬌力」や、「うろ覚え力」の方である。
  45. 45. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 情報と思考のパラドクス • 情報が増えるほと人は考えなくなる。 • 情報流入は制限し、常に思考量>情報量を意識することが大切。 情報量 思考量 情報量が増えれば増えるほど、 人は思考しなくなる 情報と思考のパラドクス
  46. 46. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 失敗の原因は「モグラ叩き」にある • 圧倒的な成果を出す上でもっとも重要なのは、モグラたたきをしないこと。 • 目に見える現象に対処するのではなく、目には見えない問題の本質にメスを入れる。 一見目に見えないスイッチを切らない限り モグラは、永久に顔を出す・・・ スイッチ (レバレッジ・ポイント) “モグラ叩き”が失敗の原因・・・ 普通の人にはモグラしか見えない
  47. 47. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 本質を見抜くと成果を上げやすい • ・思考の本質は、レバレッジを働かせることにある。 ・問題解決のために、“多くをする”必要はない。たった一つの決定的に大事なことを実行する 。 成果 力 業 戦略的思考 本質的問題 表出的問題 (良く見える。わかりやすい) (見えない。洞察が必要) 普遍 不変 単純
  48. 48. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 問題解決の「これまで」と「これから」 • 問題解決とは、「あるべき姿と実際とのギャップを埋めること」ではなく、「隠された本質的な矛 盾を見抜き、一次元上での“調和”を達成すること」である。  要素還元と再構成  矛盾の発見や無言の前提の発掘と転換 これまで これから 経 済 ・ 社 会 環 境 問 題 解 決 手 法  GDPは継続的に成長  問題は「マス的」  数値化できる経済は成長しない  問題は「個別」のものである 問 題 As is To be 差=問題  問題=“To be(あるべき姿)”-“As is(現状)”  問題解決=「差(ギャップ)」の解消  問題=対立(人が矛盾を望んでいる状態)  問題解決=一次元上での調和 A B C 対立 止揚 ? 要素還元 再構成 矛盾の発見 ? 無言の前提 の発掘 ? ? 無言の前提 の転換 48
  49. 49. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます メタ思考 • 物事をイメージで捉え(メタ思考)、その後表現力を使って、各論レベルにデザインする。 • 直観思考とは、メタ思考と表現(デザイン)のかけ算である。 対象 メタ思考 (イメージング) 表現(デザイン)力 ストーリーテリング 本質 解
  50. 50. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 日々の心がけ 「考える」「書く」「話す」のサイクル • 思考力を鍛えるためには、「考える」「書く」「話す」の良いサイクルを確立する必要がある。 • 日々の業務の中でも、集中して考え抜く時間を持ちたい。 本質の追求 考える 書く 話す - 思考を形にする - 口グセを変える - 考えることにコミットする
  51. 51. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 「書く」習慣:思考を形にする • 思考を紙に落とすことは圧倒的に重要 • 紙に落ちていなければ「考える」ことにはならない 固定資産 現金 製品 売掛金 考える 書く 話す
  52. 52. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 読書入門書と専門書の使い分け • 20〜30代は最低年間100冊は読む。 • 良書は「入門書」と「専門書」の2種類である • わかりやすい • 薄い • 全体像が掴める • わかりやすい • 厚い • 深い洞察がある 問題 意識 本質 良い 入門書 良い 専門書 新たな 問題 意識 本質 良い 専門書 良い 入門書
  53. 53. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます • 初期投資額 • 所得 住み心地 満足度 現在の家賃 想定 売却価格 売却までの 想定年数 購入価格 他の 投資機会 借り入れ 金利 売却価値 不動産 コスト 不動産 価値 不動産 投資判断 機会費用 物件費用 自分 にとって 家族 にとって • 株 • 他 ロジックツリーとコーザリティマップ • 投資判断に必要な論点を、まずは“要素還元”してみる。(ロジックツリー)
  54. 54. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます ロジックツリーとコーザリティマップ • それぞれの関係をコーザリティマップに落とす 現在の家賃 想定 売却価格 売却までの 想定年数 購入価格 他の投資機会 (株、他) 借り入れ 金利 売却価値 不動産 コスト 不動産 価値 不動産 投資判断 機会費用 物件価格 所得 資産 将来所得 金利動向 初期投資 可能額 与信力 労働市場 環境 マクロ経済 (為替、企業収益、 原油・・・) 不動産 市場環境 ライフプラン 自身の状況 マクロ経済要因
  55. 55. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 問題解決と過去の考察 現在 時間 進化 過去 未来 「らせん」で動く前提に立ち未来を推察することが 思考化の仕事 考察 洞察 55 歴史から学ぶ • 今を語るだけでなく、歴史を振り返り、現在の位置づけを明らかにし、そこから洞察される未来 を語る。
  56. 56. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 「個体」ではなく、「関係」が主役になる ▪ 生命の本質は、「個体」にはない。「関係」にある。生命とは「思いの連鎖」のことである ▪ 「関係」が主役になると通貨(メディア)も変わる 個体 個体 (生物) 個体 個体 個体 通貨(メディア)は、「金(マネー)」 (文脈のいらないメディア) 関係 (生命) モノ 通貨(メディア)は? - いいね? - 信用創造 - オープンマインド 自己愛 ここが存在の本質 (生命)
  57. 57. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 57 お金のピラミッド お金 マネー) 価値 (バリュー) 信用 (クレジット) 覚悟 (コミットメント) 信念 (プリンシプル) 使命 (ミッション) お金 (マネー) クレジットtoマネー (キャピタライズ) バリューtoマネー (マネタイズ) マネーtoマネー
  58. 58. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 個人のバランスシート • アセット(資産)は必ずしもキャッシュではない。様々なものがキャッシュの代替足りうる。 • 信頼残高を貯めること キャッシュ クレジット スキル ミッション・ プリンシパル つながり 健康・生命力 不安・欲望 借り 負債 純資産 (信頼残高) 資産 仕事・ マネタイズ キャピタ ライズ
  59. 59. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます ハイブリット人材の価値が上がっている • これからは、経営課題を分野横断的に考え、施策を立案できることが必要。 • ファンクショナル・エッジは調達さえできればいい。 会計 財務 税務 人事 業務 IT 新市場開拓 M&A リストラクチャリング ファンクショナル・エッジ 経営課題 ・ ・ ・ ・・・
  60. 60. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 永続するメンター/マスターの系譜 • マスター・メンターの系譜は永続する • マスター/メンター/後輩/弟子の4方向を必ず持つこと 後輩 弟子 マスター(師匠) 自分 メンタ―(先輩) メンタリング メンタリング (Professional軸) (Private軸) ティーチング コーチング ティーチング コーチング
  61. 61. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます キャリアの守破離 • キャリアには守破離がある。 • 20代は修行の時期、30~40代でリーダーを経験、50~60代で独立した組織を率いる。 10代 20代 30代 40代 50代 60代 守 破 離 • 丁稚奉公期 • 海外経験 • ビジネスを学ぶ(座学/実践) • 孤軍奮闘期 • 起業経験 • リーダーシップ・マネジメントを学ぶ • 一国一城期 • 小会社や事業を率いて独立・MBO • 自分の城を築き、人を守る 61
  62. 62. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます これからのキャリア • キャリアは常に積み上がっていくものではない。 • 学生時代から起業や、卒業後にフリーランスとなってスキルを磨いていく方法もある。 20代前半 就職 30歳 40歳 体調を崩す (激務やストレス) 想定と現実の ギャップ 現状 これからのキャリア 20代 中盤 30代20代 就職 バイト 自分でスキル・ 実績を身につける 40代 現実 想定 受託 起業 事業売却
  63. 63. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 生涯キャリア制度 • 個人の自由な生き方を提唱しつつも、明確なロールモデルを提示し、その 中から各人に選択 を委ねる方が、現実的には多様で幸福なキャリアを実現しやすい。 63 幼稚園・保育園・インターナショナルスクール 中等教育(中学校・高等学校) 0 12 15 18 22 40 60 80 基礎教育 専門 学校 大学 大学院(修士・博士) 帰国子 女 (年齢) 生涯教育(後述) 技能学校 ① ジーニアス クラス ② マネジメント クラス ③ クリエイティブ クラス ④ マイスター (職人) ⑦ ホワイトカラー ミドル ⑤ エモーション ワーカー ⑥ コミュニティ オプティマイザ ⑧オペレーション人材 第三次 産業 第二次 産業 第一次 産業 キャリア選択の機会 MBA 就業中 専門 大学 校 大学・大学院 高等 技能 (マイ スタ ー) 学校 28 エリート教育 (寄宿舎学校等) 大学 ・ 大学 院 (飛 び級 ) キャリア教育 キャリア教育 キャリア教育 専門 大学 校 専門 大学 校
  64. 64. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 人物 イメージ たとえば、8つの“具体的”なロールモデルを提示して各人に選択してもらう ▪ 個人の自由な生き方を提唱しつつも、明確なロールモデル(例えば以下の8つ)を提示し、そ の中から各人に選択を委ねる方が、現実的には多様で幸福なキャリアを実現しやすいと思 料 64 ① ジーニアス クラス ② マネジメント クラス ③ クリエイティブ クラス ④ マイスター (職人) ⑦ ホワイトカラー ミドル ⑤ エモーション ワーカー (感情労働) ⑥ コミュニティ オプティマイザ ⑧オペレーション人材 第三次 産業 第二次 産業 第一次 産業 ・理論物 理学者 ・世界的 アスリート ・カルロス =ゴーン ・ガース ナー ・村上隆 ・佐藤可 士和等の プロデュ ーサー ・杜氏 ・和紙/ 鍛冶職人 ・看護師 ・臨床心 理士 ・セラピス ト ・地方創 生リーダ ー ・神職 ・市長 ・大企業 の部課長 ・農業/ 漁業従事 者 人口 割合 ・工場・機 会従事者 ・オフィス ワーカー 海外の 事例や 制度 ・共産圏 における オリンピッ ク選手養 成校 ・飛び級 制 ・フランス における グランゼ コール ・寄宿舎 学校等 ・ロンドン における ロイヤル カレッジ オブアー ト ・ドイツに おけるマ イスター 制 ・アメリカ における コミュニテ ィーリー ダー検定 各国の神 職制度 ・欧米に おける MBA制度 ロール モデル (分類) 年収 学生35万人 (フランス) 学生78万人 (ドイツ) 1000万 ~数億 数千万 ~数億 500万~ 2000万 500万~ 数億 500万~ 2000万 500万~ 1500万 500万~ 1500万 200万~ 700万 200万~ 700万 200万~ 700万 学生2.5万人 (ロンドン) 学生17万人 (アメリカ)
  65. 65. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 人権の範囲は20世紀は「生存」、21世紀は「(社会的)承認」へと拡張する 生存 承認 自己 実現 自己の概念 の拡張 財 言語 ~20世紀 2020年 まで 2020年 以降 モノ コト 自己 所属の人権化 労働 基本的人権 新しい紐帯 限界費用の極減 による無償化 精神的階層化 会社・家族 限りない 承認欲求 安全 衣食住 所屬 社会的尊敬 自己実現 自己超越 限られた人々 の世界 パラレル キャリア 「個人」の 概念の崩壊 (マズローの欲求段階説)
  66. 66. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 未来の不安を乗り越える方法 • 一言でいえば、5C(コミュニティ、クレジット、クリエイティビティ、キャリア、ケ ア&キュア)を大事にして生きる、ということ 1. 時間と空間の自由度を高めてゆく(タイムリッチ、ロケーションフリー) 2. プロフェッショナルとして生きることを決める 3. あらゆる分野で(ひっそりと)「微成長」する 4. 異性について頭と経験で学び、主体的なパートナーシップを築く 5. 同窓会に出席し、地元と世界の友人に年賀状(手紙)・メールを送る 6. 信用のコンソーシアムを作り、コミュニティを強固にしてゆく 7. 数字と論理から距離を取り、創造性と感受性を喚起するセンサーを磨く 8. 人生のバランスシート(信頼残高)を記録する 9. 健康(=エネルギー)について継続的に学び、実践する 10.意識の焦点を4つの方向(天地愛悟)に向ける習慣を身につける
  67. 67. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 創造の方法論
  68. 68. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 破壊・維持・創造、その三つを身につける(トライセクターキャリア) ① 波に乗る者(サーファー) ② 柔軟に守る者 (ソーシャルアクター) ③ 創造する者(ファーストペン ギン・フロンティアランナー) シヴァ神(破壊) ヴィシュヌ神(維持) NPO 行政 立法 Google Amazon Uber Airbnb ベンチャー ブラフマン(創造) • 破壊・維持・創造のモチーフは古今東西のあらゆる神話に出てくる。破壊係数である数字(資 本やAI)を否定せず、これに対して柔軟に向き合う維持の力を学び、創造へと舵を切る。 神話 セクター
  69. 69. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 事業創造へのスタンス • 時流や業種や事業性(儲かるか?)は、自分のコミットメントに一切関係ない。コミットする事業 (人)は、以下の3つの条件だけ。 〈1.一貫性があること〉 – 「あぁ、この人、これをずっとやり続けるんだろうなぁ」と心から思える人 〈2.ポップにする気がある人〉 – たとえ自身が職人肌でも、自分のやっていることをより多くの人に知ってもらいたい、提供し たいと思っている人 〈3.学ぶ人〉 – ファイナンスもマーケティングも、人事も財務諸表の読み方もなんにも知らなくていいけど、 ただ素直で、学ぶ姿勢がある人 • なぜこのスタンスか? – そもそも事業をやる上でもっとも大事なことは、「辞めないこと」である。松下幸之助の言う ように「成功の秘訣は成功するまでやり続けること」である。これは詭弁に聞こえて、ある意 味真実。事業の成功の80%は運や波。運を引き寄せ、波を掴むまで、やり続けることが大事で あると思っている – だから、「やり続ける人(一貫性のある人)」が、大きくする志向(ポップ化志向)を持ち、 学び続ける姿勢を持つ限り、それをサポートし続ければ必ず成功する。 • ただし、自分が、事業構想を立てて実行するときには、ビジョンや志中心でなく、大局観・時代 性、つまり事業性を元に行うこともある。
  70. 70. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 事業創造のブルーオーシャンは、0~1の間にある • 世の中の頭の良い人のほとんどは、計算可能な世界、つまり1以上の整数の世界に住んでい る。ソロバンが弾けるところ(エクセルの世界)で計算能力を競っている • だが本当の価値は、まだ客観化(数値化)できない領域、つまり0から1の間の無理数にある。 そこは直観(Intuition)の世界。この仕事は、0.2のものを1.2に持ってゆくことにある 0 1- 虚数 無理数 整数 4次元 2次元 3次元 アート プロダクト(商品) 主観 客観 5次元 言語化できる (論理/数字) 非言語 (直観/概念) (3.1415…)(マイナス✕マイナス=マイナス) 神域 量子
  71. 71. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 虚数領域 • 事業の創造、つまり0から1以上へもってゆくために、虚数(i)の領域のエネルギーを使う。文 系的には、「運」と呼ばれている世界の力である。 • 創造とは、いうなれば「3次元での顕在化」のことである。そのために、2次元世界で顕在化さ せる(イメージを強く持つこと)。そしてさらに虚数世界(4次元世界)の創造の力を借りる – エゴ・デトックス(減欲)=エントロピーを減らす – 想いは、時間をかけて実現する。それを早めることも可能 – 具体的には、そ・わ・か(掃除・笑い・感謝)、瞑想(ヨガ) • このように、事業創造を「量子論的」法則に則って行うのが僕の手法である 電子 物質・現実 時間 時間を早める方法 エゴを捨てる そ ・ わ ・ か の法則 調和のある共振運動が 時間を短縮してくれる
  72. 72. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 事業創造のフレームワーク • 再現性のある方程式を持つことはとても大事。僕は、事業創造を以下のフレームワークで捉 え、それぞれの要素を調和させることを仕事としている。 事業構想 プロダクト 組織 利益方程式 ファイナンス 顧客創造 •教養と経験、オプティミズムが構想の基本 •抽象思考 •アナロジーで考える •ビジネスの本質は「顧 客の創造」ドラッカー •日本では、利益方程式がない事業に 投資するプレーヤーは少ない •ファイナンスを知るも のは、構想に制限をも たない •ファイナンスは言語 (最終言語)
  73. 73. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 事業の作り方 • 事業を創るとは、お金(失業保険・貯金)がなくなる前に、スポット・ストック・エクイティの順にプ ロフィットモデルを進化させる過程である 失業保険 ご祝儀案件 スポット ストック エクイティ 貯金
  74. 74. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます プロフィットモデルのパターンを知っておく • 同じものを提供していても儲け方(プロフィットモデル)で結果は変わってくる。 収益 イメージ フロー型 ストック型 エクイティ型 乗数型 時間 収益 時間 収益 時間 収益 時間 収益 商品・サービスを提供し た段階のみ収益となる サービスを一度提供する と、継続的な利用が見込 め、定期的な収益となる 従量制のサービスや、投 資銀行の手数料、成果 報酬が収益となる 汎用性のあるサービスを 大勢の人に提供し、利用 者数が増加することで収 益となる 概要 企画提案力/ 製品・サービスの 付加価値 市場占有率 (初期営業力) インフラ構築力 パートナーシップ 構築力(柔軟性) 先行性・資本力 ネットワーク構築力 成功要因 コンサルティング 小売・卸売業 電力、ISP、携帯キャリア などのインフラ産業 ペイパービュー モバイルコミュニティ オンラインショップ 業種例 プロフィットモデルのパターン (BMP作成) 商品力やノウハウがあ れば参入が容易 シェア獲得後の 収益の安定性 各バリューチェーン における多様な収益源 事業成長後の 高収益性 メリット 商品/サービスの一般化 に伴う過当競争 クリティカル・マスの確保 までに長期間を要する 外部リソース活用に伴う 調達リスク 初期段階における資金 調達が困難 デメリット 類型
  75. 75. 本資料の全部または一部に係わらず複製ならびに複写および引用を禁じます。ご利用の際は、info@bluemarl.inまでご連絡ください。ライセンス形式にてご提供させていただきます 2つのエネルギー • 「パッション」「マネー」の2つのエネルギーを効果的に組み合わせて、事業創造のガソリンとす る つなげる(巻き込む) はじめる 意識的エネルギー) きりはなす(お別れする) 継続する 物質的エネルギー) パッション マネー

×