Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

201903 のの会@関数Talk 10th

38 Aufrufe

Veröffentlicht am

Notes/Dominoの@関数を取り上げながら、調べたこと、経験したことを雑談してゆきます。
第10回は @Middle、@MiddleBack、そして@StatusBar について。

Veröffentlicht in: Software
  • Als Erste(r) kommentieren

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

201903 のの会@関数Talk 10th

  1. 1. -notes knows community- 2019/03/07 ネオアクシス株式会社 阿部覚 (tw:) @abesat @関数Talk 第10回 公開版
  2. 2. 前回扱った4つの続きで、 こちらもやらなければね、 と思います が、実はあたくし こちらの2つについては ほとんど実務で 使ったことがありません😀
  3. 3. @Middle @MiddleBackの 雑談
  4. 4. 前回扱った @Right、@RightBack、@Left、@LeftBack と同様に 文字列から一部を取り出す関数です abcdefghijklmnop 上記4つの関数は、文字列の 右側、左側しか取り出せないのに対し 指定した途中部分を取り出せます
  5. 5. ろくろく使ったことがないものですから 他人の開発したDBアプリ内で 見かけたことはあっても 「右端とか左端ではなく 途中ってことでMiddleね?」 その程度の認識でおりました とりあえず実際に使ってみよう… @Right~@LeftBackなどの 前回の4つの関数よりも 引数が1つ増えるんだったよな 前回やったことに倣って…
  6. 6. こんなフォームを用意しました 1つ目の引数 2つ目の引数 左の見出しの式を持つ計算結果フィールド 3つ目の引数
  7. 7. やってみると、予想していたのと なんだか勝手が違います
  8. 8. ここでヘルプの該当箇所を抜き出してみます IBMさんのヘルプ こちらは@Middle。offsetとな…
  9. 9. ここでオフセットの概念について確認 ABCDEFG 1 2 3 4 5 6 7 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 0 1 2 3 4 5 6 7 こちらが一般的な ○文字目といった数え方 オフセットは目盛りのように 基点からの位置で見た概念だったと思います
  10. 10. 先ほどの例を見直すと オフセットの1なので 1文字目の後から3文字取得 オフセットの2なので 2文字目の後から2文字取得
  11. 11. なるほど、 それで@Middleの方はわかった(かな) しかし@MiddleBackのほうはまだ…
  12. 12. 今度は@MiddleBackのヘルプから抜き出し IBMさんのヘルプ 不可視文字?
  13. 13. そうすると、不可視文字くんを加えて ABCDEFG_ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 8 7 6 5 4 3 2 1 0 こんなオフセットで、右から数えるわけだ!
  14. 14. 先の例も、 最後に不可視文字くんがいるよ、の前提で 1の指定では、不可視文字くんしか取れず… 2の指定だと不可視文字くんともう1文字
  15. 15. これでどうやら お分かりいただけたでしょうか どうして、奴のことを 気にしてあげなきゃならない仕様なの? という疑問はさておき…
  16. 16. さて、いったん話を閉じますが、 お気づきかもしれません IBMさんのヘルプ 今回扱ったのはここだけ つまり2番目3番目の引数には 文字列も使えますが、またの機会に @Middle、@MiddleBackの構文パターンは 本当は↓これだけあります
  17. 17. 今度は このTalkをはじめてから いくつかこういうのに ぶつかってますが、 存在すら知らなかった関数のひとつ 😀 かつ、知ってたら使っていたのに と思った関数です
  18. 18. @StatusBarの 雑談
  19. 19. LotusScriptでは同じ機能(Print)を 多用していたのですが 式言語にあったとは… みんなもまだ知らないよね、 使ってる人とかネット上にも…
  20. 20. 一応、いらっしゃったようです ともかく気を取り直して、
  21. 21. 使い方はシンプルです IBMさんのヘルプ 例えばこんなボタンを作って
  22. 22. ボタンを押すと ステータスバーにメッセージが出ます
  23. 23. ステータスバーなら 押すとかは不要 実際の業務アプリでは 何らかのお知らせに使うことができます。 お知らせといえば @Promptという関数が あるのですが、 必ずOKを押さねばならない
  24. 24. ただ、目立たないので 気づいてほしいメッセージに 気づいてもらえない弱点も
  25. 25. ユーザーさんの使い方により ステータスバー部分が見えてないケースも ありうるわけで
  26. 26. 確実に気づいてもらえなくてもいいけど 気づいてもらえれば目安になる そんなレベルのメッセージにご利用ください

×