Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

201811 のの会@関数Talk 7th

314 Aufrufe

Veröffentlicht am

Notes/Dominoの@関数を取り上げながら、調べたこと、経験したことを雑談してゆきます。
第7回は SELECTキーワードと@Select について。

Veröffentlicht in: Software
  • Login to see the comments

  • Gehören Sie zu den Ersten, denen das gefällt!

201811 のの会@関数Talk 7th

  1. 1. -notes knows community- 2018/11/14 ネオアクシス株式会社 阿部覚 (tw:) @abesat @関数Talk 第7回 公開版
  2. 2. 前回のTalk (9月)において • @All • @True • @Yes • @Success 「この4つの@関数は、 どうやら同じものだ!」 というお話をさせていただきました
  3. 3. このとき 会場からでた声もふまえ、 今回は こんなお話をしたいと思います
  4. 4. SELECTの 雑談
  5. 5. IBMさんのヘルプ 「『SELECT』? @関数ではなく?」 といわれそうですが、実は、 ヘルプ上でSELECTは、 @関数の一覧に含まれています😎
  6. 6. ヘルプではこんな説明になっています。 IBMさんのヘルプ 使いみちは3とおり。 いちばんよく目にするのは ビューの選択式としての利用でしょう。
  7. 7. ビューでは、どんな文書を表示するかに使うわけで SELECT Form = "Main" SELECT Form = "Main" & Category = "English" SELECT StatusCode = "20" SELECT @All 表示対象を限定する場合はその条件を記述し 限定しない、全文書集合!の場合は @Allを指定します (アクセス権限のない文書以外は、基本表示されます)
  8. 8. 前回触れたように @Allは、代わりに @True、@Yes、@Successを 使っても機能しました。
  9. 9. それは要するに @All、@True、@Yes、@Success いずれも「数値の1を返す」からで、 ということは、 (前回会場で声があがったように、)
  10. 10. 「数値の1」でも行けちゃいます
  11. 11. じつは、「1」に限らず、 2でもOK
  12. 12. 試してみると、 他の数値、100でもー1でも、こんな値でも ほとんどの数値がOK、Trueとみなされるようです
  13. 13. ただし、 数値は0に限って 何も表示されません 前回触れた、 (@Trueに対する)@Falseや、(@Yesに対する)@Noが、 数値の0を返すことと符合します
  14. 14. 0の他に、何も表示しないものをあたってみました ""だけでなく、"ABC","こんにちは" など数値にならない文字は、Falseあつかい たとえば、こんなの
  15. 15. あるいは… 意味のない変数など、 要は論理的に意味をなさないもの?は 何も表示しない、Falseとみなされるようです
  16. 16. さて、いろいろ試行する中で、 そもそもSELECTの選択式って?と、 ある疑問が。 IBMさんのヘルプ 前掲のヘルプにはSELECTが 文書の選択を行う旨が 記されてますが 何も表示しないビューを作れるということは そもそも「文書を選択するかどうか」も 指定できてしまうということでは
  17. 17. 要はこんなことができちゃうってことです (本当はビューでは推奨されない、日時の関数を使った式ですが) 現在の時間(秒)が50未満ならTrue
  18. 18. 画面更新(F9,F5を押すないし をクリック)を 繰り返す必要はありますが 現在秒が50未満なら 画面更新後も 表示し 現在秒が50を越すと 画面更新で 表示が消えます!
  19. 19. ほかに、ユーザーが誰かによって 文書を出すかどうか決めちゃったりとか
  20. 20. こうした遊び 「文書を選ぶかどうか自体を条件指定すること」は 実際の業務でも応用が利くのかな? ビューでは、画面更新(ないしビューの更新)を しないと効果が反映されないので あまり現実的でなさそうですが SELECTを使った選択式は、 ビューのほかに エージェントの式と、 複製式で利用できます IBMさんのヘルプを再々掲
  21. 21. たとえば、複製式で 他のサーバーやユーザーに 複製の際に相手やタイミングによって 文書を渡さない、とか? アイディア次第で何かできる、かも… 現時点で私からは何も保証しませんけど😎
  22. 22. ところで、名前が よく似た@関数があるので お話ししようと思ったのだけれども
  23. 23. @Selectの 余談
  24. 24. IBMさんのヘルプ 何が引っかかってるかというと、 引数が「;」(セミコロン)であること。
  25. 25. もし、これはという使いみちがあったら 教えてください IBMさんのヘルプ
  26. 26. と、会場で話したら、 というご指摘の声がちらほらあがり そこでようやく気づいたのは、 通常は最初の引数に、変数や式をあてて使うということ (ヘルプにはそういう例がないけど) いやいやこの関数は けっこう使ってるよ♥ 「のの会」後の追記
  27. 27. いちばんわかりやすい使用例は 「曜日」や「月名」を日付から取り出すことのようです @Select(@WeekDay(@Today); "日"; "月"; "火"; "水"; "木"; "金"; "土") @Select(@Month(@Today); "Jan"; "Feb"; "Mar"; "Apr"; "May"; "Jun"; "Jul"; "Aug"; "Sep"; "Oct"; "Nov"; "Dec") 参考にしたページ: http://tooljp.com/notes_qa/7C12076406EEFC7F492572D6004C09FF.html https://www.breakingpar.com/bkp/home.nsf/0/87256B280015193F87256C1A005D5E96 以上、もうちょっと調べてから話せば…と反省もしつつ 追加のご報告でした😅 「のの会」後の追記
  28. 28. 今回もありがとうございました!

×