Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

EC2とLinuxディストロ事情

26.112 Aufrufe

Veröffentlicht am

EC2で仕える各種ディストロ解説と、EC2のインスタンスを丸ごとDockerで持ってくる方法について説明しています。

Veröffentlicht in: Ingenieurwesen
  • Als Erste(r) kommentieren

EC2とLinuxディストロ事情

  1. 1. EC2とLinuxディストロ事情 Haruka Iwao (@Yuryu)
  2. 2. わたしはだれ?  岩尾 はるか (@Yuryu)  Red Hat で働いています – GlusterFS / Ceph が専門です – この発表は個人の見解です(お約束)  大阪生まれ→つくば→横浜→東京  FF14プレイヤーです(Carbuncle鯖)  コミケ&Kindleで本書いてます  好きなAWSサービス: S3
  3. 3. Linux のディストリビューション  Linuxと一口に言ってもいろいろある  結構個性豊か  無償 or 有償  EC2で使えるものを一部紹介
  4. 4. AWS EC2で使えるLinux
  5. 5. Amazon Linux  半年に1回のペースでリリース  AWS関係のツールがプリインストール済  サポート期間は不定  パッケージ管理は yum  Amazon がメンテナンス&サポート
  6. 6. Red Hat Enterprise Linux  広く使われている商用Linux  Red Hat がメンテナンス&サポート  サポート期間10年(+拡張サポート3年)  2~3年に1回のメジャーリリース(アップデートが年に1,2回)  パッケージ管理はyum
  7. 7. SUSE Enterprise Linux Server  ヨーロッパで強い商用Linux  SUSEがメンテナンス&サポート  3年~4年に1回のメジャーリリース(spが年に1回ぐらい)  サポート期間10年(+拡張サポート3年)  パッケージ管理はZypper(rpmベース)
  8. 8. Ubuntu Server  Debianベース  Canonicalがメンテナンス&サポート  最も広く使われているディストリビューションうちの1つ  2年に1回リリース(LTS, ポイントリリースが年2回)  5年サポート(LTS)  パッケージ管理はapt
  9. 9. Quick Startで出てくる4種類の比較 Amazon Linux RHEL SELS Ubuntu パッケージ RPM RPM RPM DEB パッケージ管理 yum yum zypper apt サポート期間 不定 10年+3年 10年+3年 5年 AWS外での利用 No Yes Yes Yes 有償 No Yes Yes No 姉妹ディストロ Fedora CentOS openSUSE Debian
  10. 10. それ以外のディストロも使えます  AWS Marketplace と Community AMI を使います
  11. 11. Quickstart に無い AMI の選び方  Marketplace にあるもの – CentOS → Sold by CentOS.org とあるもの – Debian → Sold by Debian とあるもの  Community AMIs にあるもの – Fedora → Official Fedora AMI とあるもの – Gentoo → オフィシャルは無いので適当に  HVM と paravirt があるので、好きな方を – インスタンスによって使えるものがことなる – 両方使えるならparavirtの方が早いことが多い
  12. 12. 最近RHEL7が出ましたね
  13. 13. RHEL 7がEC2で使えます、試せます  Quick Start にあります  CentOS 7のベースになります  HVMのみ(microインスタンスは使えない)
  14. 14. RHEL 7だと何がうれしいのか  systemd による堅牢なサービス管理  新しくなったのでDockerがフル機能で動きます  xfs がデフォルトなので100TBまでディスクが使えます  ファイアウォール機能が強化されてます(firewalld)  10年使えます  くわしくは http://www.slideshare.net/moriwaka/red-hat- enterprise-linux-7
  15. 15. サポートについて  AWSのプレミアムサポートを買うと、サポートがついてきます – ただしビジネス以上。開発者はだめ。  利用料金の3%~10%、最低月1万円~ – 月1万円だとサポートも1万円 – 月100万円だとサポートは10万円  サポート対象の例: Ubuntu, RHEL, SLES, openSUSE, CentOS
  16. 16. Amazon Linux 使ってますか?  Amazon Linux 使ってますか?  EC2 でしか使えない=手元で実験ができない  ぐぐっても資料が見つからないことが多い – みんな Ubuntu とか CentOS 対象に書かれている  実験でちょっと立ち上げて試す、みたいなときには使ってます
  17. 17. Amazon Linux 使ってますか?  EC2 でしか使えない=手元で実験ができない
  18. 18. Amazon Linux 使ってますか?  EC2 でしか使えない=手元で実験ができない → Docker 使うと簡単に持ち出せます
  19. 19. Docker を使ってEC2を持ち出す方法  EC2を止めます  別のEC2でmountします  tar --numeric-owner -cJpf image.tar.xz .  持ち出します(scpとか)  importします(cat image.tar.xz | docker import - amazon)  docker run
  20. 20. デモ
  21. 21. まとめ  EC2 上では様々なディストロが使える  商用ディストロも時間料金で使える  お金を払うとサポートが付く  Dockerを使うとrootボリュームを持ち出せる  RHEL7出ました。CentOS7はそのうち…
  22. 22. Thank you!

×