Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

UnityによるAR/VR/MR 開発体験講座

本研修はUnityを用いてAR/VR/MRアプリケーションの作成について紹介します。

  • Loggen Sie sich ein, um Kommentare anzuzeigen.

UnityによるAR/VR/MR 開発体験講座

  1. 1. UnityによるAR/VR/MR 開発体験講座 石井勇一 2018/1
  2. 2. メモ Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 2
  3. 3. 0. はじめに Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 3
  4. 4. 研修の概要 • 本研修はUnityを用いてAR/VR/MRアプリケーショ ンの作成について紹介します。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 4
  5. 5. 使用しているソフトウェアについて ソフトウェア名 バージョン Unity 2017.2.1f1 2017.3.0f3(ARCore) Visual Studio 2017(15.5.2) PC Windows 10 Fall Creators Update(2017/10) Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 5 本資料は2017/12/23時点の情報を元に作成されています(一部2018/1/11の 情報も含まれています)。 実際に使用するときはツールのバージョンなどが変わっている恐れがあります。
  6. 6. 目次 1. UnityによるxRアプリケーション開発の流れ 2. xRアプリケーション開発における注意点 3. xRアプリケーションのネットワーク対応 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 6
  7. 7. 1. UnityによるxRアプリケー ション開発の流れ 多くのxR(VR/MR/ARの総称)アプリケーションはUnityと呼ば れるゲーム用統合開発環境を用いて作成されています。この 章ではUnityの概要とxRアプリケーションの開発の全体的な 流れについて紹介します。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 7
  8. 8. この章で扱う内容 1. VR/AR/MR概要 2. Unity概要とxR対応状況 3. プラットフォーム別VR/AR/MRアプリ開発の流れ 4. xRアプリケーション開発演習 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 8
  9. 9. 1. VR/AR/MR概要 • VRとは • ARとは • MRとは Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 9
  10. 10. VR(Virtual Reality)とは • 日本語で「実質現実」 • 良くある間違い「仮想現実」 • 「五感を刺激し、さも実際にその空間にいるかのような体験がで きる」ことの総称 • HMD(Head Mount Display)=VRではない • 現在市販されているVR機器の多くがHMD(視覚)、ヘッドフォン (聴覚)のみで、一部のハイエンド機器がハンドコントローラー(触 覚)もサポートしている • 嗅覚、味覚は業務用に一部のメーカーがリリースしている • メジャーなHMDはOculus社の「Rift」(通称CV1)、HTC社の 「Vive」など Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 10
  11. 11. AR(Augmented Reality)とは • 「拡張現実」、と訳されることが多い • 人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコン ピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉。 • VRとの一番の違いは「現実環境をコンピュータにより拡張」する点。 • VR:環境も含めて基本的にすべてCGや音響、触覚デバイスなどで実現する • AR:現実にある物を認識して、そこにコンピューターで処理した結果を付加する • 現在はスマートフォン(Phab 2 Pro、ZenFone AR、iPhone6s以降の iOS11(ARKit))が主流 • 操作はタッチパネルによるものが多い Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 11
  12. 12. ARの紹介 • What's New on Tango (Google I/O '17) • https://www.youtube.com/watch?v=BOrg2oc3-rQ • 見どころ:16:44~、20:20~付近 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 12
  13. 13. ARの紹介 • Google ARCore発表。 • http://japanese.engadget.com/2017/08/29/google-arcore- sdk/ • Tango終了 • Google retires the Tango brand as its smartphone AR ambitions move wider • http://tcrn.ch/2wGkV3L • Google、「Project Tango」の終了を正式発表 「ARCore」開 発者プレビュー2公開 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/18/news052.ht ml Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 13
  14. 14. MR(Mixed Reality)とは • AR/VRなどを包含した用語(書籍「バーチャルリアリティ学」よ り) • Microsoft社が発売しているHoloLensは複合現実(MR)と紹介 している。 • HoloLens • 独立型専用PCでWindows10を搭載 • 複数のカメラとソフトウェアによる高度な空間認識 • ヘッドフォンを搭載し空間音響によるリアルな音響効果 • ハンドジェスチャーによる操作 • 高価(開発版が338,000円、法人向け558,000円) Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 14
  15. 15. 2. Unity概要とxR対応状況 • Unityとは • UnityのxR対応状況 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 15
  16. 16. Unityとは Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 16
  17. 17. Unityとは Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 17 エディタ ゲーム エンジン Unity
  18. 18. Unityとは • マルチプラットフォーム対応 • Windows/Mac/Linuxなどのデスクトップ • iOS/Androidなどのスマートフォン • WebGLによるマルチプラットフォーム向け出力 • PS4, WiiU, XBOX One,Switchなどのコンシューマー機 • SteanVR, Oculus Rift, Gear VR, PlayStation VR, HololensなどのVR/ARプラット フォーム • 強力なエディタ内蔵 • 物理ベースシェーディングによるリアルな映像 • 高度なメモリープロファイリング • 直観的なUIツール • 強力なアニメーション技術 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 18
  19. 19. Unityとは • アニメーション • リターゲット可能なアニメーション • ランタイムでアニメーションのウェイトを完全制御 • アニメーションのプレイバックからのイベントコール • 洗練されたステートマシンの階層と遷移 • 顔のアニメーションのためのブレンドシェイプ • グラフィックス • Enlightenによるリアルタイムグローバルイルミネーション(GI) • 物理ベースシェーディング • 反射プローブ • カーブとグラディエント駆動型モジュラーパーティクルシステム • 直観的なUIツール Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 19
  20. 20. Unityとは • 最適化 • 高度なメモリープロファイリング • Umbraによるオクルージョンカリング • アセットバンドル • Level Of Detail(LOD)対応 • ビルドサイズ削減 • マルチスレッド化したジョブシステム • オーディオ • リアルタイムのミキシングとマスタリング • 階層化されたミキサー、スナップショットとプリセットの音響効果 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 20
  21. 21. Unityとは • 2Dと3Dの物理挙動 • Box2Dでエフェクター、関節、コライダーを包括的に扱う • NVIDIA® PhysX® 3.3 • スクリプティング • C#、JavaScript • 高度に自動化された経路探索とナビゲーションメッシュを備えた AI機能 • バージョン管理 • Perforce と Plastic SCMに完全対応 • gitやSVNなどへも対応可能 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 21
  22. 22. UnityのxR対応状況 Unity5.6 Unity2017.1 Unity2017.2 SteamVR 〇 〇 〇 Oculus 〇 〇 〇 WinMR × × 〇 Gear VR 〇 〇 〇 Cardboard 〇 〇 〇 Daydream 〇 〇 〇 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 22
  23. 23. UnityのxR対応状況 Unity5.6 Unity2017.1 Unity2017.2 ARKit × × 〇 Tango 〇 × × ARCore × × 〇 HoloLens 〇 〇 〇 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 23
  24. 24. 3.プラットフォーム別VR/AR/MRア プリ開発の流れ • 新規プロジェクトを作成 • プラットフォームの切り替え • Project SettingsのPlayer Settings • Unity5.6 : Virtual Reality Supportedを設定 • Unity2017.x : XR Settingsを設定 • PlayまたはBuild & Run(Main Cameraがそのまま HMDやスマフォのカメラになる) Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 24
  25. 25. 4. xRアプリケーション開発演習 • VR • SteamVR(Vive)アプリケーション(Windows: PC) • Riftアプリケーション(Windows: PC) • WinMRアプリケーション(UWP: PC) • Gear VRアプリケーション(Android: Galaxy S8+) • Daydreamアプリケーション(Android: ZenFone AR) • AR • ARCoreアプリケーション(Android: Galaxy S8) • MR • HoloLensアプリケーション(UWP: HoloLens) Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 25
  26. 26. VRアプリ開発のための準備 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 26
  27. 27. SteamVR(Vive)アプリケーション (Windows: PC) • Viveソフトウェア • https://www.vive.com/jp/setup/ • SteamVR Plugin(1.2.2) • https://assetstore.unity.com/packages/tools/steamvr- plugin-32647 • https://github.com/ValveSoftware/steamvr_unity_plugin/ tree/master • Unity5.4.0f1以上に対応 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 27
  28. 28. Riftアプリケーション (Windows: PC) • Oculusソフトウェア • https://www.oculus.com/setup/ • Unity • 対応バージョン一覧 • https://developer.oculus.com/documentation/unity/latest/concepts/un ity-sdk-version-compatibility/ • Oculus Utilities for Unity(基本パッケージ) • Oculus Avatar SDK(Touch用) • Oculus Platform SDK(Touchおよびアバター用) • https://developer.oculus.com/downloads/unity/ Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 28
  29. 29. WinMRアプリケーション (UWP: PC) • Visual Studio 2017(15.5.2) • 追加で以下の機能を選択 • Universal Windows Platform • Game Development with Unity • Windows 10 SDK 10.0.16299 SDK(ARM、Intelなど全てインストール推 奨) • Unity2017.2.1f1 • Mixed RealityToolkit-Unity • https://github.com/Microsoft/MixedRealityToolkit-Unity • Windows 10 Fall Creators Update必須 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 29
  30. 30. Gear VRアプリケーション(Android: Galaxy S8+) • Unity5.6以上。2017.2も対応 • Oculus Utilities for Unity(基本パッケージ) • https://developer.oculus.com/downloads/unity/ • Android Studio • https://developer.android.com/studio/index.html • Android SDK Version 5.0 (API Level 21)以上 • Android Build Tools, 25.0.1以上 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 30
  31. 31. Daydreamアプリケーション (Android: ZenFone AR) • Google VR SDK for Unity (GVR SDK for Unity v1.120.0) • https://github.com/googlevr/gvr-unity-sdk/releases • Unity 5.6以上。 • Android Studio 2.3.3以上 • https://developer.android.com/studio/index.html • Android SDK Version 7.1(API Level 25)以上 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 31
  32. 32. ARアプリ開発のための準備 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 32
  33. 33. ARCoreアプリケーション(Android: Galaxy S8) • Unity 2017.2.x以上 • ARCore Service app • ARCore Unity SDK • https://developers.google.com/ar/develop/downloads • Android Studio • https://developer.android.com/studio/index.html • Android SDK Version 7.0(API Level 24)以上 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 33
  34. 34. MRアプリ開発のための準備 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 34
  35. 35. HoloLensアプリケーション(UWP: HoloLens) • Visual Studio 2017(15.5.2) • 追加で以下の機能を選択 • Universal Windows Platform • Game Development with Unity • Windows 10 SDK 10.0.16299 SDK(ARM、Intelなど全てインストール推奨) • Unity2017.2.1f1 • Mixed RealityToolkit-Unity • https://github.com/Microsoft/MixedRealityToolkit-Unity • Windows 10 Fall Creators Update必須 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 35
  36. 36. プラットフォーム別 初めの一歩 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 36
  37. 37. この資料における前提条件 • SteamVRとRiftおよびWinMRの接続、アカウント作 成、初期設定は完了済み • AndroidプラットフォームはAndroid Studioおよび Android SDKのセットアップ、USBドライバのセット アップは完了済み Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 37
  38. 38. 参考 Androidの開発者モードの設定 • 「開発者モード」の有効化 • Androidの「設定」を起動 • 「端末情報」を開き、「ビルド番号」を7回タップ • USBデバッグの有効化 • 「設定」 –「開発者向けオプション」を開く • 最上部の「ON」を選択 • 「USBデバッグ」をオンに設定 • AndroidをUSBケーブルでPCに接続 • 初回接続時はUSBドライバの読み込みに時間が掛かります。 • 次に端末の認証が必要です。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 38
  39. 39. 参考 Androidの開発者モードの設定 • AndroidをUSBケーブルでPCに接続 • 接続後、コマンドプロンプトにて以下のコマンドを実行 • もし以下の様に「unauthorized」と表示されたら、S6の USBケーブルを一度付け直します。すると、S6の画面に 「このPCを信頼しますか?」と表示されるので、「信頼」ボ タンを押してください。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 39 adb devices List of devices attached 1ab234c56d78de9f unauthorized このままでは開発で きません。
  40. 40. 参考 ADBドライバ • Windows 8.1以降であれば自動認識される • もし認識されない場合はAndroid SDKに含まれる 汎用USBドライバを指定する • 例: C:¥android-sdk¥extras¥google¥usb_driver Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 40
  41. 41. 参考 Androidのビルドができない • Unable to list target platforms. When I try to build to Andriod on Mac • https://answers.unity.com/questions/1320634/unable-to-list- target-platforms-when-i-try-to-buil.html • not finding android sdk (Unity) • https://stackoverflow.com/questions/42538433/not-finding- android-sdk-unity • UnityのAndroidビルドができなくなった時の対処法 • https://qiita.com/niusounds/items/bcbeee622b2114b4016e Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 41
  42. 42. 参考 Unityの設定 • 設定をするため新規プロジェクトを作成または既 存のプロジェクトを開いてください(設定は一度だ けです)。 • [Edit]-[Preferences...]を実行 • External ToolsのAndroidのSDK、JDK、NDKをそ れぞれ設定します。設定例を以下に示します。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 42
  43. 43. 参考 Unityの設定 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 43
  44. 44. SteamVR(Vive) Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 44
  45. 45. SteamVR(Vive) • Unity2017.2.1f1を起動 • 新規プロジェクトの作成 • Asset Storeから「SteamVR Plugin」を検索してインポート • APIのアップデート要求があるので、「I Made a Backup., Go Ahead!」ボタンを押す • SteamVR Settingsダイアログが出るので「Accept All」ボタ ンを押す • 「You made the right choice!(正しい選択をしましたね)」と でるので「OK」ボタンを押す Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 45
  46. 46. SteamVR(Vive) • Assets/SteamVR/Scenes/exampleシーンを開く • Playボタンを押す • その他のシーンファイル • Assets/SteamVR/Extras/SteamVR_TestThrow • Assets/SteamVR/InteractionSystem/samples/Scenes/Inte ractions_Example Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 46
  47. 47. SteamVR(Vive) • 新規シーンから作成するための方法 • Main Cameraを削除 • Assets/SteamVR/Prefabs/[CameraRig]をHierarchyにドラッグ • HMD(Camera)、Viveコントローラなどを含む主要プレハブ • Assets/SteamVR/Prefabs/[SteamVR]をHierarchyにドラッグ • 座位や立位の切り替え機能などを提供 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 47
  48. 48. Oculus Rift Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 48
  49. 49. Oculus Rift • Unity2017.2.1f1を起動 • 新規プロジェクトの作成 • OculusUtilities.unitypackageをインポート • APIのアップデート要求があるので、「I Made a Backup., Go Ahead!」ボタンを押す • Update Oculus Utilites Pluginダイアログが出る(Unity内蔵の プラグインのバージョンは1.14.1なので古い)ので「Yes」ボタン を押す • Restart Unityダイアログが出るので「Restart」ボタンを押して Unityを再起動する Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 49
  50. 50. Oculus Rift • <続き> • OvrAvatar.unitypackageをインポート • APIのアップデート要求があるので、「I Made a Backup., Go Ahead!」ボタンを押す • <シェーダーコンパイルにとても時間が掛かる> • OculusPlatform.unitypackageをインポート • Unityに「Tools」「Oculus Avatars」「Oculus Platform」メ ニューが増えます。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 50
  51. 51. Oculus Rift • <続き> • App IDの入力 • Oculus Avatars > Edit Configurationを実行 • Oculus Rift App IDにApp IDを入力 • Oculus Platform > Edit Settingsを実行 • Oculus Rift App IDにApp IDを入力 • App IDはOculus VR社のサイトで開発者としてアカウントを登 録し、アプリケーションを仮登録すると得られるIDになります。 • このIDを登録することでTouchコントローラーやアバターが表 示されます。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 51
  52. 52. Oculus Rift Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 52 https://dashboard.oculus.com/
  53. 53. Oculus Rift • Assets/OvrAvatar/Samplesの下にいくつかサンプ ルシーンがあるのでそれを実行 • Controllers: 手とTouch Controllerを表示 • GripPoses: 手が表示されるだけ • LocalAvatar: 目の前に自分のアバターが表示される • RemoteLoopback: 相互接続テスト用(事前準備が必要) Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 53
  54. 54. Oculus Rift • Tools > Oculus > Audit Project for VR Performance Issuesを実行すると性能上問題になりそうなところ を検査できます。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 54
  55. 55. Oculus Rift • OVR Lintウィンドウの[Run Lint]を実行するとVRの 性能問題になりそうなポイントを検査し、修正案を 提示します。 • [Fix]ボタンを押すと修正案に従って修正します。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 55
  56. 56. Oculus Rift • その他のサンプルは別のUnityパッケージとして配 布されています。 • 新規にプロジェクトを作り直して以下のパッケージ をインポートし直してください。 • OculusSampleFramework_1.21.0.unitypackage • https://developer.oculus.com/documentation/unity/latest /concepts/unity-sampleframework-release-1-21/ Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 56
  57. 57. Windows Mixed Reality Immersive headsets Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 57
  58. 58. Windows Mixed Reality • Unity 2017.2.1f1をUnity2017.2.1p1起動 • 新規プロジェクトを作成 • File > Build Settingsを実行 • Universal Windows Platformを選択し、次のページ のように設定し、「Switch Platform]ボタンを押す Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 58
  59. 59. Windows Mixed Reality Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 59
  60. 60. Windows Mixed Reality Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 60 SDKは10.0.16299.0(2017/12/23現在)
  61. 61. Windows Mixed Reality • [Player Settings]ボタンを押す • Other SettingsのScripting Backend .NETに変更 • 基本パッケージをインポート • HoloToolkit-Unity-2017.2.1.0.unitypackage • サンプルパッケージをインポート • HoloToolkit-Unity-Examples-2017.2.1.0.unitypackage Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 61
  62. 62. Windows Mixed Reality • Assets/HoloToolkit-Examples/Input/Scenes/の MotionControllerTestシーンを開く • Build Settingsを閉じていたら再び開く(File > Build Settings) • [Add Open Scenes]ボタンをしてビルド対象のシー ンを追加 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 62
  63. 63. Windows Mixed Reality • [Build]ボタンを押す • 注意:[Build&Run]ボタンは使用しない • 適当な保存先フォルダを新規作成する(例:Appと する) • Appフォルダを選択して[フォルダの選択]ボタンを 押す Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 63
  64. 64. Windows Mixed Reality • Appフォルダの中にある xxx.sln(Visual Studioソリュー ションファイル)を開き、Visual Studioを起動 • Visual Studio上部のビルドの設定を以下のように変更 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 64
  65. 65. Windows Mixed Reality • [デバッグ]-[デバッグなしで実行]またはCtrl+F5で 実行 • しばらくするとHomeアプリと共にHMDに映像とコ ントローラーが表示される Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 65
  66. 66. Gear VR Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 66
  67. 67. Gear VR • Unity2017.2.1f1を起動 • 新規プロジェクトの作成 • OculusUtilities.unitypackageをインポート • APIのアップデート要求があるので、「I Made a Backup., Go Ahead!」ボタンを押す • Update Oculus Utilites Pluginダイアログが出る(Unity内蔵の プラグインのバージョンは1.14.1なので古い)ので「Yes」ボタン を押す • Restart Unityダイアログが出るので「Restart」ボタンを押して Unityを再起動する Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 67
  68. 68. Gear VR • <続き> • File > Build Settingsを実行 • プラットフォームからAndroidを選択 • Texture CompressionをASTCに変更 • [Switch Platform]を実行 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 68
  69. 69. Gear VR • [Player Settings]ボタンを押す • XR Settingsの「Virtual Reality Supported」をチェック する • 右下の「+」ボタン押して「Oculus」を選択 • Stereo Rendering Methodを「Multi Pass」に変更 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 69
  70. 70. Gear VR Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 70
  71. 71. Gear VR • Gear VRは API Level 21 (Android 5.0) 以上 に設定 • Player SettingsのOther Settingsで変更 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 71
  72. 72. Gear VR • osigファイルの作成 • osigファイルとはOculus Signature Fileのことで、本来はサ ムスンがデジタル署名したアプリのみ実行可能なGear VRアプリを開発者が自分の端末上で評価させるための 一時的なファイルのことです。 • osigファイルはOculus VR社のページで作成できます(要 Oculus Account) • https://dashboard.oculus.com/tools/osig-generator/ Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 72
  73. 73. Gear VR • osigファイルはAndroid端末ごとに作成します。 • osigファイルを作成したら、Unityのプロジェクトの所 定の場所にコピーしてからapkファイル(Android パッケージファイル)を作成することでアプリケー ションが動作します。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 73
  74. 74. Gear VR • osigファイルの作成 • S6/S6 EdgeをUSBケーブルでPCに接続 • 接続後、コマンドプロンプトにて以下のコマンドを実行 • 以下のような表示が出ます。 • この例では「ce0551e7」がDevice IDです(実際は異なります) 。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 74 adb devices List of devices attached ce0551e7 device
  75. 75. Gear VR • ブラウザで https://dashboard.oculus.com/tools/osig-generator/ を開く • log inする(要Oculus Account) • 先ほど入手したDevice IDを入力し、「ファイルをダウンロード」ボ タンを押す • ファイル名は「oculussig_{device id}」となります。 • ファイルを Assets/Plugins/Android/assets/ にコピーします。 • 最後のファイルコピーを忘れると、Gear VRで実行時にセ キュリティ例外でアプリケーションが終了します。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 75
  76. 76. Gear VR • その他、性能上問題になりそうなところはTools > Oculus > Audit Project for VR Performance Issues を実行すると検査できます。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 76
  77. 77. Gear VR • OVR Lintウィンドウの[Run Lint]を実行するとVRの 性能問題になりそうなポイントを検査し、修正案を 提示します。 • [Fix]ボタンを押すと修正案に従って修正します。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 77
  78. 78. Gear VR • 参考 • https://developer.oculus.com/documentation/unity/latest /concepts/unity-mobileprep/ • https://developer.oculus.com/documentation/unity/latest /concepts/unity-build-android/#unity-build-android Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 78
  79. 79. Gear VR • <続き> • OvrAvatar.unitypackageをインポート • APIのアップデート要求があるので、「I Made a Backup., Go Ahead!」ボタンを押す • <シェーダーコンパイルにとても時間が掛かる> • OculusPlatform.unitypackageをインポート • Unityに「Tools」「Oculus Avatars」「Oculus Platform」メ ニューが増えます。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 79
  80. 80. Gear VR • <続き> • App IDの入力 • Oculus Avatars > Edit Configurationを実行 • Oculus Gear VR App IDにApp IDを入力 • Oculus Platform > Edit Settingsを実行 • Oculus Gear VR App IDにApp IDを入力 • App IDはOculus社のサイトで開発者としてアカウントを登録 し、アプリケーションを仮登録すると得られるIDになります。 • このIDを登録することでコントローラーやアバターが表示さ れます。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 80
  81. 81. Daydream Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 81
  82. 82. Daydream • Unity2017.2.1f1を起動 • 新規プロジェクトの作成 • GoogleVRForUnity_ v1.110.0.unitypackageをイン ポート • APIのアップデート要求があるので、「I Made a Backup., Go Ahead!」ボタンを押す • Assets/GoogleVR/Demos/Scenes/GVRDemoシー ンを開く Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 82
  83. 83. Daydream • File > Build Settingsを開く • [Add Open Scenes]ボタンを押してGVRDemoをビ ルド対象にする • Androidを選択し、[Switch Platform]ボタンを押す • [Player Settings]ボタンを押す • 次ページを参照し設定をする Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 83
  84. 84. Daydream • Other Settings • Package Name: Androidのパッケージ名ルールに適合する 文字列 • Minimum API Level: Android 7.0以上 • Target API Level: Android 7.0 または 7.1 • XR Settings • Virtual Reality Supportedをチェック • Virtual Reality SDKsの右下の「+」ボタンをして「Daydream」 を追加 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 84
  85. 85. Daydream • Build Settingsダイアログに戻って「Build & Run」で ビルドと実行をする。apkファイル名は適当につけ てください。 • しばらくするとAndroid端末側にアプリがインストー ルされてDaydream Viewerに入れるように促される 画面が出るはずです。 • 操作はコントローラとの組み合わせで行います。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 85
  86. 86. Daydream • Unityのプレイモードでもある程度操作ができます。 • Assets/GoogleVR/Prefabs/GvrEditorEmulatorプレハブ • 頭の操作 • Alt+マウス移動: 頭の回転 • Ctrl+マウス移動: 頭の傾き • コントロールの操作 • Shift+マウス移動: コントローラの傾き • Shift+マウス左: コントローラのタッチパッドのクリック • Shift+マウス右: コントローラのHomeボタン(Recenter) • Shift+Control+マウス移動: コントローラのタッチパッド上でのスワイプ 操作 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 86
  87. 87. Daydream • Instant Preview • 頭の向きやコントローラの値をAndroidから直接Unityに転送し、プレイ モードで使えるようにする • https://developers.google.com/vr/tools/instant-preview • GVRパッケージに含まれている InstantPreview プレハブをHierarchyに ドロップ • パラメーターを調整(上記サイト参照) • このシーンをビルド対象にしてapkを作成しインストール • USB経由でもWi-Fi経由でも利用できますが、Wi-Fiはストリーミング映 像の配信のため通信帯域不足により映像が乱れることがあります。 • GVRDemoシーンにはこのプレハブが含まれているので、インス トールがうまくいっているならそのまま利用できるはずです。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 87
  88. 88. ARCore Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 88
  89. 89. ARCore • ARCore特有の事前準備としてARCoreサービスの インストールが必要です(一度だけその端末にイン ストールするだけで良い) • ARCoreサービスを下記のページからダウンロード • https://developers.google.com/ar/develop/downloads Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 89
  90. 90. ARCore • ダウンロードした arcore-preview2.apkがあるディレク トリで以下のコマンドを実行 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 90 adb install -r -d arcore-preview2.apk
  91. 91. ARCore • Unity2017.3.0f3を起動 • 新プロジェクトを作成 • arcore-unity-sdk-preview2.unitypackageをインポート • Assets/GoogleARCore/HelloARExample/Scenes/ HelloARシーンを開く • File > Build Settingsを実行 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 91
  92. 92. ARCore • Androidを選択し、[Switch Platform]を実行 • [Add Open Scenes]ボタンを押してビルドシーンを 追加 • [Player Settings]ボタンをして次のページの内容に 従って変更 • 変更後、[Build&Run]で実行。Gear VRやDaydream のようなプレイモードによる実行などは無いため毎 回Build&Runが必要。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 92
  93. 93. ARCoreのPlayer Settings • Other Settings • Multithreaded Rendering: Off • Package Name: com.example.helloAR のようなAndroid パッケージ名のルールに則った文字列を指定 • Minimum API Level: Android 7.0以上 • Target API Level: Android 7.0 または 7.1 • XR Settings • ARCore Supported: On Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 93
  94. 94. HoloLens Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 94
  95. 95. HoloLens • Unity 2017.2.1p1を起動 • 新規プロジェクトを作成 • File > Build Settingsを実行 • Universal Windows Platformを選択し、次のページ のように設定し、「Switch Platform]ボタンを押す Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 95
  96. 96. HoloLens Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 96
  97. 97. HoloLens • [Player Settings]ボタンを押す • Other SettingsのScripting Backend .NETに変更 • 基本パッケージをインポート • HoloToolkit-Unity-2017.2.1.0.unitypackage • サンプルパッケージをインポート • HoloToolkit-Unity-Examples-2017.2.1.0.unitypackage Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 97
  98. 98. HoloLens • Assets/HoloToolkit-Examples/Input/Scenes/の SelectedObjectKeywordsシーンを開く • Build Settingsを閉じていたら再び開く(File > Build Settings) • [Add Open Scenes]ボタンをしてビルド対象のシー ンを追加 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 98
  99. 99. HoloLens • [Build]ボタンを押す • 注意:[Build&Run]ボタンは使用しない • 適当な保存先フォルダを新規作成する(例:Appと する) • Appフォルダを選択して[フォルダの選択]ボタンを 押す Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 99
  100. 100. HoloLens • HoloLensをPCに繋げる • Appフォルダの中にある xxx.sln(Visual Stdioソリュー ションファイル)を開き、Visual Stdioを起動 • Visual Studio上部のビルドの設定を以下のように変更 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 100
  101. 101. HoloLens • [デバッグ]-[デバッグなしで実行]またはCtrl+F5で 実行 • しばらくするとHoloLens側にアプリが表示される • 失敗する場合はHoloLensがスープしていることが 多いので、ブルームでメニューを表示したままにす るとよい Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 101
  102. 102. VRTK Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 102
  103. 103. VRTK • UnityによるVRアプリ開発を加速させるライブラリ • Version 3.2.1(2017/12/23現在) • Github • https://github.com/thestonefox/VRTK/releases • Asset Store • https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/64131 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 103
  104. 104. VRTK • 元々はVive専用だったがメジャーアップデート時 にOculusにも対応。さらに他のVRへの対応できる ような拡張性を有している Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 104 Supported SDK Download Link VR Simulator Included SteamVR SteamVR Plugin Oculus Oculus Utilities *Ximmerse Ximmerse Unity SDK *Daydream Google VR SDK for Unity *experimental 引用: https://github.com/thestonefox/VRTK
  105. 105. VRTKの基本的な使い方 • 参照元: http://chocolattips.hatenablog.com/entry/2017/03/01/000000 • SteamVR(Vive)用にセットアップする場合 • SteamVR Plugin • Oculus Rift用にセットアップする場合 • Oculus Utilities for Unity 5 • Oculus Avatar SDK • Oculus Platform SDK • 上記のパッケージをインポート • VRTKパッケージをインポート Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 105
  106. 106. VRTKの基本的な使い方 • Main Cameraを削除 • 空のゲームオブジェクトを4つ作成。Position(0,0,0) • 以下のように配置 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 106
  107. 107. VRTKの基本的な使い方 • HierarchyのVRTK_SDK_ManagerにVRTK_SDK Managerコンポーネントを追加 • 以下の二つのプレハブをVRTK_SDK_Managerの 子として追加 • Assets/VRTK/Examples/ExampleResources/Prefabs/ SDKSetups • Assets/VRTK/Prefabs/SDKSetupSwitcher Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 107
  108. 108. VRTKの基本的な使い方 • VRTK_SDK_ManagerのVRTK_SDK Managerコン ポーネントのLeft ControllerおよびRight Controller を空のゲームオブジェクトで作成したLeftおよび Rightゲームオブジェクトを割り当てる Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 108
  109. 109. VRTKの基本的な使い方 • Oculusの例 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 109
  110. 110. VRTKの基本的な使い方 • [Edit]-[Project Settings]-[Player Settings]を開く • XR SettingsのVirtual Reality Supportedをチェック • OculusまたはOpenVR(Vive)が無ければ追加 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 110
  111. 111. VRTKの基本的な使い方 • VRTK_SDK Managerの[Auto Populate]ボタンを押す Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 111
  112. 112. VRTKの基本的な使い方 • プレイモードでOculusまたはViveが動作します。 • プレイモードの右上に[Switch SDK Setup]ボタンが 表示され、それを押すとSimulatorに切り替えること もできます。 • シーンに適当なモデルを配置してください。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 112
  113. 113. VRTKの基本的な使い方 • ポインタ • Viveの場合はタップボタン、Touchの場合はジョイスティックを押したと きポインタを出す • HierarchyのVRTK_Controller > Leftに以下のコンポーネントを 追加 • VRTK_ControllerEvents • VRTK_Pointer • VRTK_Straight Pointer Renderer • VRTK_PointerのPointer RendererにVRTK_Straight Pointer Rendererを設定 • HierarchyのVRTK_Controller > Rightも同様に設定 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 113
  114. 114. VRTKの基本的な使い方 • テレポート移動 • VRTK_Controllerの子に空のゲームオブジェクトを追加し てPlayAreaに変更 • PlayAreaゲームオブジェクトにVRTK_Basic Teleportコン ポーネントを追加 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 114
  115. 115. VRTKの基本的な使い方 • 掴む • Left / Rightに以下のコンポーネントを追加 • VRTK_InteractGrab • VRTK_InteractTouch • Cubeを2つ作成して、一つはScale(0.1, 0.1, 0.1)にして上に 乗せる(次ページ参照) • セットアップするのは上の乗せたCubeです Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 115
  116. 116. VRTKの基本的な使い方 • 掴む Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 116
  117. 117. VRTKの基本的な使い方 • 掴む • Cubeに以下のコンポーネントを追加 • RigidBody • VRTK_InteractableObject • VRTK_Fiexed Join Grab Attach • VRTK_InteractableObjectの設定 • Is Grabbableをチェック • Grab Attach Mechanic ScriptにVRTK_Fiexed Join Grab Attachを設定 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 117
  118. 118. VRTKの基本的な使い方 • 別の手で掴む • Cubeに以下のコンポーネントを追加 • VRTK_Swap Controller Grab Action • VRTK_InteractableObjectの設定 • Secondary Grab Action ScriptにVRTK_Swap Controller Grab Actionを設定 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 118
  119. 119. 参考 • Android API Levelとは • https://developer.android.com/guide/topics/manifest/use s-sdk-element.html#ApiLevels • ARInterface(ARCoreとARKitの抽象化) https://blogs.unity3d.com/jp/2017/11/01/experim enting-with-multiplayer-arcore-and-arkit-jump-in- with-sample-code/ Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 119
  120. 120. 2. xRアプリケーション開発に おける注意点 xRアプリケーションはそれぞれ特徴があります。 VR/AR/MRそれぞれの特徴と注意事項について紹介 します。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 120
  121. 121. この章で扱う内容 1. PC系VRアプリケーションにおける注意点 2. スマフォVRアプリケーションにおける注意点 3. ARアプリケーションにおける注意点 4. MRアプリケーションにおける注意点 5. 共通注意事項 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 121
  122. 122. 1. PC系VRアプリケーションにおけ る注意点 • Oculus Riftベストプラクティスの熟読 • 移動方法の工夫 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 122
  123. 123. Oculus Riftベストプラクティス の熟読 • ベストプラクティスガイド 日本語版 • http://static.oculus.com/documentation/pdfs/ja-jp/intro- vr/latest/bp.pdf • ベストプラクティスガイド 英語版 • https://developer.oculus.com/design/latest/concepts/boo k-bp/ • https://forums.oculus.com/developer/discussion/49451/ best-practices-for-vr-development Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 123
  124. 124. 移動方法の工夫 • Oculus、VRでの移動方法を8つ紹介 by MoguraVR • http://www.moguravr.com/oculus-rift-vr-2/ • 筐体との連動 • その他の感覚と連動 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 124
  125. 125. 2. スマフォVRアプリケーションにお ける注意点 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 125
  126. 126. 設計上の考慮事項 • 開始シーンの設計 • ヘッドトラッキングは常に維持する • 起動画面は最短の時間で表示する • 進行状況が分かるようなアニメーションを用意する • シーンの切り替えはフェードを使用して移行する Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 126 引用:https://developer.oculus.com/documentation/game-engines/latest/concepts/unity-mobile-performance-intro/
  127. 127. ベストプラクティス(1) • バッチフレンドリに:マテリアルは共有化し、可能な限りテクス チャはアトラス化して使用する • ライトマップ、静的ジオメトリを優先する • キャラクタや移動物体のために動的ライティングの代わりにラ イトプローブを優先する • テクスチャには多くの情報をベイクします。例えば、鏡面反 射(refections)、アンビエントオクルージョン(ambient occlusion) • レンダリングパス数は最小限度にとどめる。動的ライトは使わ ない、Post Effectは使わない、バッファを使用しない(Shader)、 GrabPassを使用しない(Shader)、などなど Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 127
  128. 128. ベストプラクティス(2) • アルファテスト/ピクセル透過は避ける。アルファテ ストは高負荷のオーバーヘッドが発生します。可 能ならばアルファブレンドで代替してください。 • 最小限度のアルファブレンド透過処理を維持する。 • テクスチャ圧縮を使用してください。ASTCがお勧 めです。 • [Player Settings]のResolution and Presentationパネ ルの"Disable Depth and Stencil"をチェックする Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 128
  129. 129. 一般的なCPUの最適化(1) • VRアプリケーションやゲームにおいて常に60fpsを キープすることが重要。 • 特定の位置や向きなどでラグが発生するようなこと が無いように常に意識する必要があります。 • 以下に一般的な注意ポイントを記述します。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 129
  130. 130. 一般的なCPUの最適化(2) • シーンで使用するゲームオブジェクトやコンポーネント の合計数に気を付ける(数が多くなればなるほどCPUを 消費する) • ゲームデータやオブジェクトの効率化。 • 実際にUpdate()またはFixedUpdate()で計算する GameObjectの数を最小限に抑える。 • 必要が無い限り物理シミュレータは減らすか削除する • 頻繁に再利用するGameObjectは新しくオブジェクトを 生成する代わりにオブジェクトプールを使うべき Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 130
  131. 131. 一般的なCPUの最適化(3) • プールされたAudioSoucesに対するPlayOneShotで音を出すとき、 GameObjectを割り当てサウンドが鳴り終わったあとにdestroyする • 可能な限り高負荷な数学的操作を避けてください。 • 頻繁に利用するコンポーネントはキャッシュし、フレーム毎に検 索しないようにする • Unityのプロファイラを使用する • 高負荷なコードを認識し、必要なら最適化する • フレーム毎に発生しているガベージコレクションの割り当てを認識し排 除する • 通常プレイ中における性能のスパイク(定期的/不定期的に瞬間的に 高負荷になる現象)を認識し排除する Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 131
  132. 132. 一般的なCPUの最適化(4) • UnityのOnGUI()は使用しない • ジャイロや加速度センサーを有効にしない。現在 のUnityにおいて、これらの機能は高負荷なディス プレイ呼び出しを行う引き金になります。 • そのほか、モバイルアプリのためのベストプラクティ スは有効なテクニックです。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 132
  133. 133. レンダリングの最適化の一般事項 • ドローコールは低い状態を維持する(Unity5からは SetPassに指標が変わっています) • テクスチャの使用量と帯域幅に注意する • ジオメトリの複雑さを最小限度に維持する • fill rate(テクセル描画速度(1 秒あたりにテクス チャー割り当て・陰影付けのできる立体表面要素 の数)に注意する。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 133
  134. 134. 3. ARアプリケーションにおける 注意点 • Human Interface Guidelines by Apple • https://developer.apple.com/ios/human-interface- guidelines/technologies/augmented-reality/ • 抜粋は次のスライド Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 134
  135. 135. 3. ARアプリケーションにおける 注意点 • エクスペリエンスの設計(一部抜粋) • ディスプレイ全体を使用すること • 現実的なオブジェクトを配置するときは説得力を持たせる • ARに最適ではない環境で利用されることも考慮 • ユーザの快適さに注意(同じ姿勢を強要してはいけない) • アプリがユーザに動くことを推奨するときは、徐々に行うこと • ユーザーの安全に注意する • 音響によるフィードバックは効果的 • 可能な限り、ヒントを分かりやすく提示(文字ではなく3次元に回転する インジケーターとか) • 文字を表示する時は、親しみやすい用語を使用しましょう Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 135
  136. 136. 4. MRアプリケーションにおける注 意点 • デザインガイドライン(英語) • https://developer.microsoft.com/ja-jp/windows/mixed- reality/design • UWP アプリ設計の概要(日本語) • https://docs.microsoft.com/ja- jp/windows/uwp/layout/design-and-ui-intro Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 136
  137. 137. HoloLensのためのカメラ設定 • 快適なカメラの設定(英語) • https://developer.microsoft.com/en-us/windows/mixed- reality/comfort より引用 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 137
  138. 138. Tokyo HoloLens Meetup vol.1 より • HoloLensの特性を的確にとらえた秀逸な資料 • 広告目線から見たHoloLens - 坪倉輝明 • https://www.slideshare.net/teruakitsubokura/hololens- 71685824 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 138
  139. 139. 5. 共通注意事項 • とにかく体験の数を増やす • 論文を調べる(VR/AR系の論文はかなりある) • 先行者からの意見をきちんと聞く • 試す前に諦めてはいけない • 試して駄目ならベストプラクティスの観点から見直 して改善を検討 • 開発ツールのインストールは成功事例に従う Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 139
  140. 140. 3. xRアプリケーションのネット ワーク対応 xR単独でも様々な表現ができますが、VR機器同士、 MR機器同士、AR機器同士など相互にネットワークに接 続するとアプリケーションの幅が大きく広がります。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 140
  141. 141. この章で扱う内容 1. Unityによるネットワーク連携の基礎 2. ネットワーク連携演習 3. 公開されているネットワーク連携 4. 事例集 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 141
  142. 142. 1. Unityによるネットワーク 連携の基礎 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 142
  143. 143. Unityにおけるネットワーク連携 • マルチプレイヤーゲームのネットワーク状態を管理 • 標準のNetworkManager • https://docs.unity3d.com/ja/current/Manual/UNetUsingH LAPI.html • Photon Cloud • https://www.photonengine.com/ja-JP/Photon • モノビット Engine • http://www.monobitengine.com/ Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 143
  144. 144. 2. ネットワーク連携演習 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 144
  145. 145. 演習 • 0からマルチプレイヤープロジェクトをセットアップ する • https://docs.unity3d.com/ja/current/Manual/UNetSetup. html Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 145
  146. 146. 3. 公開されている ネットワーク連携 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 146
  147. 147. サードパーティ製 ネットワークミドルウェア • モノビット Engine: VR VOICE CHAT 2.0 • http://www.monobitengine.com/vrvc/ • Photon Cloud: True Sync • https://doc.photonengine.com/ja- jp/truesync/current/tutorial/tstutorial-part1-download- install Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 147
  148. 148. アセットストア • VR Shooting Range - Photon • https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/85121 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 148
  149. 149. HoloLens • Sharing • HoloLens x HoloLens • https://developer.microsoft.com/en-us/windows/mixed- reality/holograms_240 • HoloLens x Immersive headsets • https://developer.microsoft.com/en-us/windows/mixed- reality/mixed_reality_250 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 149
  150. 150. ViveとHoloLens • Microsoft HoloLens + HTC Viveをリアルタイムに 同期させ共同作業を可能にした 「HoloViveObserver」がGitHubに登場 • http://shiropen.com/2017/02/01/22913 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 150
  151. 151. 4. 事例集 • 株式会社ハシラス • https://hashilus.com/ • VR ZONE SHINJUKU • https://vrzone-pic.com/ Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 151
  152. 152. 4. 事例集 • Microsoft HoloLensを装着したPepperが自動走行。 ANAが宮崎空港で自走を含めた案内業務の実地検 証開始 • http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1044482.html • ドワンゴ、N高入学式にHoloLensを使用 1対多人数 シェア機能「DAHLES(ダレス)」開発 • http://panora.tokyo/24080/ • 吉永 崇さん (Takashi Yoshinaga) • https://twitter.com/Tks_Yoshinaga/status/928711064992096 256 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 152
  153. 153. お問い合わせ • 株式会社シーディングソフテック 石井 勇一 • E-mail: yuichi.ishii@seedingsoftech.jp • Home Page: http://seedingsoftech.jp/ • 個人的なお問い合わせ • Twitter: @z_zabaglione • Home Page: http://zabaglione.info/ • 本資料をシーディングソフテックの書面による事前許可なく本資料を複製、再製、 改変、発表、アップロード、掲示、転送、配布することを禁じます。 • プログラムコードは個人・商用利用ともに一切の制限もなくロイヤリティフリーでご 利用可能です。 • 画像、音声、3Dモデルデータなどのリソース類は原著者の利用許諾に従ってご 利用ください。 Copyright(C) 2018 . All Rights Reserved石井 勇一 153

×