Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

【CEDEC2018】開発計画に役に立つUnityロードマップ

16.372 Aufrufe

Veröffentlicht am

2018/8/22に開催されたCEDEC2018の講演資料です。
講師:大前 広樹(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)

Veröffentlicht in: Technologie
  • Als Erste(r) kommentieren

【CEDEC2018】開発計画に役に立つUnityロードマップ

  1. 1. 開発計画に役に立つ Unityロードマップ
  2. 2. アジェンダ • Unityのリリースとバージョンについて • Unityの新しいネットワークゲーム向け機能について • 2018.1 までのおさらい • 2018.2 以降の新機能
  3. 3. Unityのリリースサイクルと 使用するバージョンの選択
  4. 4. Unityのリリースを構成する4つの要素 • Tech Release & Beta • Long Term Supported (LTS) • Packages
  5. 5. 〜Unity 5.x までの方式 5.5 5.4 5.6 2017 20182016 5.3 各正式版リリースから1年間のサポート
  6. 6. Unity 5.x 方式の問題点 • バージョンのサポート期間と開発期間 のミスマッチ 
 (リリースするころに使用バージョンの サポートが切れてしまう) • サポート対象バージョン数の 増加で、どうしてもサポートリ ソースが分散してしまう デベロッパー的には… Unity的には… 最新版がいち早く使える!という点は良かったが…
  7. 7. Unityのバージョンに対するニーズ • 機能強化や機能追加はコンスタ ントに行われて欲しい • 本製作に入ったらバージョンを固 定するので、特定のバージョンで 長期間の開発を可能にしてほしい • 長期間利用するバージョンは安 定性を第一に考えて欲しい • 最新の機能をいち早く利用
 出来るようにしたい • できるだけ安定して長期間
 使えるバージョンを提供したい • そのためにも、サポート用の
 リソースを集中投資出来るよう にしたい デベロッパー的には… Unity的には…
  8. 8. Tech Release Long Term Support (LTS)
  9. 9. 2018.1 2018.2 2018.3 春 夏 秋 パッチ提供 パッチ提供 パッチ提供 Tech Release • Tech Releaseは年3回リリース • 最新機能を提供するテクノロジードライバー • パッチは最新のTech Releaseのみに提供 • 次のTech Releaseのベータ版も可能な限り速やかにリリース 2018.2 beta 2018.3 beta
  10. 10. Long Term Support (LTS) 2017.1 2017.2 2017.3 2017.4 LTS 2018.1 2018.2 2018.3 2018.4 LTS 2019.1 2019.2 2019.3 2019.4 LTS • LTS は24ヶ月のサポート • LTSリリースには12ヶ月のオーバーラップ • 重要なプラットフォーム更新とバグフィクスのみ • 新機能追加なし 2017 2018 2019 2020 2020.1 2020.2 20
  11. 11. Packages
  12. 12. Packageとは • Package Managerによって提供される Unityの機能 • 2018.1から利用可能
  13. 13. Packageがもたらすもの • Unityのバージョンと独立した 機能の提供の更新 • プロジェクトで利用する機能 の取捨選択
  14. 14. 代表的なPackage • Postprocessing Stack 
 (ポストエフェクト) • Cinemachine
 (カメラコントロール) • TextMesh Pro
 (高クオリティテキスト描画) • ProBuilder
 (プロトタイプ用モデリング) • AssetBundle Browser
 (アセットバンドルブラウザ)
  15. 15. Packageのバージョン • 各パッケージは、Unityとは独立した独自のバージョン番号がある • パッケージには、各バージョンのUnityに対して、「Preview」と 「Verified」という状態を持っている
  16. 16. Packageには状態がある Preview Verified そのバージョンのUnityでは まだ検証・テストが済んでいないもの。 利用者からのフィードバックを得ることが目的。 本製作の利用には適さない。 そのバージョンのUnityで、他のパッケージと合わせて 検証・テストが済んでいるもの。 本製作の利用に適する。
  17. 17. Verifiedかどうかを確認する
  18. 18. Packageのバージョンを選択する
  19. 19. Preview
 (2018.3) Feature 1.0
 (初期リリース) Month 1 Packageのリリースサイクル 初期リリースはおおむね Previewからスタート
  20. 20. Preview
 (2018.3) Verified
 (2018.3) Feature 1.0
 (初期リリース) Month 1 Month 2 Month 3 Feature 1.6 Packageのリリースサイクル バージョン更新によって 2018.3でVerifiedされた バージョンがリリース
  21. 21. Preview
 (2019.1) Verified
 (2019.1) Month 4 Feature 1.6 1.6は2018.3 に対してはVerifiedだが 2019.1 に対しては再びPreviewとなる Packageのリリースサイクル
  22. 22. Month 4 Feature 1.8.2Feature 1.6 Month 5 Month 6 Preview
 (2019.1) Verified
 (2019.1) Packageのリリースサイクル さらなるバージョン更新によって 2019.1でVerifiedされた バージョンがリリース
  23. 23. Connected Games Unityの新しいネットワークゲームサポート方針
  24. 24. ネットワーク さらにネットワークゲームを提供するために今日必要なこと ツール サービスサーバー
  25. 25. ゲームタイプによって
 異なるアーキテクチャが必要 FPS リアルタイムストラテジー 格闘ゲーム ✓ ✓ ✓ Client-Server Deterministic Simulation GGPO ゲームタイプに合ったテンプレートを提供
  26. 26. 第一弾:FPSテンプレート 2018年10月頃提供予定 デモ会場で触れます! Connected Games: テンプレート
  27. 27. Game Server Hosting Platform •20年の実績を持つゲームサーバーホスティングの
 ベテラン企業がUnityに参加 • Titanfall 2, Killing Floor 2, DayZ, PUBG など のタイトルのホスティングを担当 •ゲームサーバーのスケーリング ••24x7x365 のテクニカルオペレーションチーム •専用ゲームサーバーサポート •グローバルなデータセンターの網羅 •複数クラウドにまたがるサービスの実現 Connected Games: サーバー & サービス
  28. 28. 世界中のデータセンターを網羅 
 地球上の大部分で70ms以下の latencyを実現
 (殆どの地域では50ms以下) Connected Games: サーバー & サービス
  29. 29. 今日利用出来るもの Multiplay チームによるエンター プライズ向けゲームサーバーホ スティング&スケーリングサービ ス Coming Soon セルフサービスゲームサーバー ホスティング 最適化されたサーバー用 Linux 用 Headless モード Connected Games: サーバー & サービス
  30. 30. 2018年夏 Google Cloud Platform と共 同開発するOSSのマッチメー カー Coming Soon (2019) Unityのダッシュボードと上記 マッチメーキングサービスの統 合 Connected Games: マッチメーキング
  31. 31. 2018.1 までのおさらい
  32. 32. Point 1: グラフィックス表現の改善 新しい描画エンジン ”HD Render Pipeline” によって、最高の
 グラフィックス性能を実現
 (動画例はPS4 Proで30fps動作) Scripted Render Pipeline により、 描画のステージを開発者が自由にス クリプトで変更可能に。自社エンジン と同じ絵作りの自由度を実現
  33. 33. Point 2: マルチスレッド・超効率計算の実現 新しい ”C#ジョブシステム” 
 および ”エンティティコンポーネ ントシステム”、そして専用の Burstコンパイラの導入によって、 大量のオブジェクトの作成・破壊、 計算等がハイパフォーマンスで可 能に
  34. 34. Point 3:アーティストやゲームデザイナーツールの拡充 タイムラインツールやグラフによる シェーダーツール、ProBuilderな どアーティストやゲームデザイナー が効率的にコンテンツが作れるよ うなツールが多く追加
  35. 35. 2018.2 以降の新機能と
 ロードマップ
  36. 36. 2018.2: Unified Settings すべてのプロジェクト設定が一 つのウインドウに集合 フィルター機能で指定の機能 を見つけやすく
  37. 37. IL2CPP バックエンドで 
 C# のデバッグが可能に iOS Android PS4 Xbox One Nintendo Switch 2018.2: IL2CPP Managed デバッガー
  38. 38. AR向け開発機能(Project MARS) 2019.x 
 (2018Q4クローズドアルファ) エディター環境でAR向けの
 アプリケーションを開発しやすくす るための新ツール&ワークフロー
  39. 39. シーンビュー AR用仮想環境
  40. 40. Unity for Small Things 2018年Q4 正式版リリース予定 最高峰のビルドサイズ&ロード時間 最適化されたエディターワークフロー 様々なモバイルデバイスで安定して動く パフォーマンス ECSをベースにした高いモジュール設計 HTML5, 2D 向けビルド
  41. 41. 2018.2 リアクティブなシステム向けのサンプ ルコード提供 安全で高パフォーマンスな配列と文 字列の提供
 2018.3 PhysXのサポート強化/様々なコライ ダーをC# Jobで扱えるように Entity Component System (ECS) プログラマー
  42. 42. 2018.2 5つのプラットフォームで
 AOT プレイヤーに対応: • Desktop • PS4 • XBox One • iOS • Android 
 2018.3 Burst Compiler 1.0 正式リリース Burstコンパイラ プログラマー
  43. 43. 2018.1 Unity.Mathematics HLSLに近いスタイルのSIMD 用算術計算ライブラリ Entities パッケージをインス トールするとPackage Manager越しにインストール Burst でコンパイルしたとき
 のみ大幅に高速化 ソースコード:
 on.unity.com/UnityMath 新しい算術ライブラリ プログラマー
  44. 44. 新しいMemory Profiler (2018.3) プログラマー
  45. 45. 新しいMemory Profiler (2018.3) プログラマー
  46. 46. Editor拡張:UI Elements 2019.1
 Reviewed API IMGUIと同等のUI Controls UI Rendererの刷新 Inspectorのサポート SerializedObjectsなどの
 Data Bindingサポート UI Debugger プログラマー
  47. 47. Editor拡張:UI Elements Debugger プログラマー
  48. 48. Githubからダウンロード可能:
 on.unity.com/UnityCache
 
 v6.0 の更新 • 大規模プロジェクト向けの機能向上 • 詳細なアクティビティログ • インポート済みプロジェクトからの CacheServerセットアップツール • サイトミラーリング • RAM Cache
 AssetBundle ビルドのキャッシュ(with SBP) プログラマーEditor拡張:Cache Server v6.0
  49. 49. • ゲームのフレームレートに因らない 新しい入力システム • メモリに対するダイレクトマップ • 実行時に設定を変更可能 2018.3 テンプレートによる管理 アクションマップ & セット アクションバインディング コンビネーション プロセッサー 新しい Input System プログラマー
  50. 50. • ゲームのフレームレートに因らない 新しい入力システム • メモリに対するダイレクトマップ • 実行時に設定を変更可能 2018.3 テンプレートによる管理 アクションマップ & セット アクションバインディング コンビネーション プロセッサー 新しい Input System プログラマー
  51. 51. 1. Programmers 2. Artists 3. Animators 4. Designers C# Job System: アニメーション 2018.2 Playable グラフが利用する低レベルの アニメーションデータアクセスを提供 AnimationStream とのインタラクショ ンが可能に 要するに:C# Jobを使って以下の様な ことが実装可能になりました • アニメーションのミキシングでそれぞ れ違うウェイトを使う • カスタム IK Solver (2-bones) • KneePoppingFixer • Physicsとの統合 • FullBody IK • BHVRデータの適用(not Job) • Humanoidの軸の描画 • MotionStreams プログラマー
  52. 52. Scriptable Render Pipelines: Lightweight 2018.2 タイル描画の最適化 Distortion Pass サポート LW シェーダーストリッピング 2018.3 ポイントライトシャドウ AO サポート Shader Tiers ライトプローブ完全サポート Light Mode完全サポート レンダリング
  53. 53. 2018.2 Glossy planar reflection Forward 向けNormalバッファ シェーダーグラフのサポート Specular AA SS Reflection & Refraction Volumetrics 2018.3 Mesh デカール Reflection system Stack Lit Shader MSAA Support (forward only) レンダリング Scriptable Render Pipelines: HD
  54. 54. 2018.2 HD レンダラーサポート 頂点編集 Editable Property Names Sample gradient ノード Texture 3D ノード 2018.3 Correct Meta Pass / 
 Alpha Test & Transmissive ノードグルーピング 新しいサーチ機能 アーティストScriptable Render Pipelines: シェーダーグラフ
  55. 55. 2018.2 ライト減衰設定 (Progressive) 2018.3 ライト減衰設定 (Enlighten) CPU 最適化(Progressive) Spatially coherent packing 
 (Progressive) アーティスト ライトマップ
  56. 56. レンダリングワークフロー: Recorder 2018.2 アニメーションクリップや連番 画像、動画が録画可能 ツール体験の改善 設定のプリセット保存が可能に スクリプトからの録画が可能に 複数のレコーディングが同時可 能に アーティストアニメーター
  57. 57. キャラクターアニメーション: Facial AR Remote 2018.2 Facial AR Remote Githubから入手可能 アニメーター
  58. 58. アセットパイプライン:DCCラウンドトリップ 2018.2 FBX によるラウンドトリップ アニメーションのコンストレイ ン フィジカルカメラ ブレンドシェイプのフルサポー ト アーティスト
  59. 59. 2018.2 FBX によるラウンドトリップ アニメーションのコンストレイン フィジカルカメラ ブレンドシェイプのフルサポー ト アーティストアセットパイプライン:DCCラウンドトリップ
  60. 60. 2018.2 FBX によるラウンドトリップ アニメーションのコンストレイン フィジカルカメラ ブレンドシェイプのフルサポー ト アーティストアセットパイプライン:DCCラウンドトリップ
  61. 61. 2018.2 Githubから入手
 (オープンソース) Maya, 3DSMax, Blender, Metasequoiaをサポート アーティストアセットパイプライン:DCC LiveLink機能
  62. 62. 2018.2 Githubから入手可能
 (オープンソース) アーティストNormal Painter
  63. 63. UI Text: Text Mesh Pro 2018.2 ツールUXの正規化 2019.1 Hybrid Dynamic Font System TMPがデフォルトのテキストコン ポーネントに OpenTypeフォント機能(リガ チャ, ポジショナルフォームなど) アーティスト
  64. 64. 2D ベクターサポート 2018.2 テッセレーションオプション ランタイムテッセレーション CSSスタイリング パターン クリッピング アーティスト
  65. 65. パーティクルとビジュアルエフェクト:VFX Editor 2018.3 (Preview) 次世代のVFXツール プログラム可能、Stack/Node のハイブリッドなビヘイビア設 計が可能 テンプレートアセット/イベント・ パラメータI/F 次世代プラットフォーム向け (GPU/Compute) アーティスト 本日15:50からミニセッションでデモ予定!
  66. 66. キャラクターアニメーション: 2D 2018.2 ボーンモジュール ジオメトリ&ウェイト スプライトスキン 2D IK 2018.3 マルチスプライトサポート スプライトリギング
 ワークフローの改善 アニメーター
  67. 67. 2019.1 ブレンドツリーやグラフを
 使わないアニメーションシステム データベースと機械学習を活用し て、ゲームプレイで望まれるアニ メーションを構築・再生 アニメーター キャラクターアニメーション: モーションマッチング
  68. 68. Timeline 2018.3 イベントシグナル オーディオスクラビング ルートオフセットサポート アニメーター
  69. 69. シーン編集:新Prefabワークフロー 2018.3 Prefabモード Nested Prefabs Prefab Variants Previewビルド有! unity3d.com/prefabs ゲームデザイナー
  70. 70. Scene Management Improved Prefab Workflows Roadmap by Role >Designers 2018.3 Prefab Mode Nested Prefabs Prefab Variants Preview build out now! unity.com/prefabs
  71. 71. 2018.3 Prefab モード Nested Prefabs Prefab Variants Previewビルド有! unity3d.com/prefabs ゲームデザイナーシーン編集:新Prefabワークフロー
  72. 72. Scene Management Improved Prefab Workflows Roadmap by Role > 2018.3 Prefab Mode Nested Prefabs Prefab Variants Preview build out now! unity.com/prefabs Designers
  73. 73. 2018.3 Prefab モード
 Nested Prefabs Prefab Variants Previewビルド有! unity3d.com/prefabs ゲームデザイナーシーン編集:新Prefabワークフロー
  74. 74. Scene Management Improved Prefab Workflows Roadmap by Role >Designers 2018.3 Nested Prefabs Prefab Mode Prefab Variants Preview build out now! unity.com/prefabs
  75. 75. ワールドビルディング: Terrain 2018.3 編集体験の改善 大きくて高速なブラシ GPUで高速化されたツール 回転可能に より良いプレビュー カスタムブラシシェイプ テラインタイルを跨いだ
 シームレスなペイント 自動的なタイルの接続 既存テラインへのタイル追加 スタンプツール GPUカスタムブラシツール WILL TO GET VIDEO FROM CHRIS TCHOU CURENTLY IN G SLIDES ゲームデザイナー
  76. 76. ゲームデザイナー ワールドビルディング: Terrain 2018.3 レンダリングの改善
 HDRP & LWRPサポート LOD independent な
 Per-pixel mesh normals
  77. 77. 2018.3 パフォーマンスの改善 CPUランタイム高速化 ドローコール大幅削減(1/100以下) パッチ用クラスターカリング CPUパフォーマンスが2倍に GCアロケーションが1/30以下に GPU Nativeな ハイトマップ &
 splatmap テクスチャ GPUインスタンス
 レンダリング heightmap quadtree render painting splatmap blend / upload textures meshes CPU GPU Legacy ゲームデザイナー ワールドビルディング: Terrain
  78. 78. CPU GPU heightmap quadtree render painting splatmap blend textures static meshesinstances Update ゲームデザイナー ワールドビルディング: Terrain 2018.3 パフォーマンスの改善 CPUランタイム高速化 ドローコール大幅削減(1/100以下) パッチ用クラスターカリング CPUパフォーマンスが2倍に GCアロケーションが1/30以下に GPU Nativeな ハイトマップ &
 splatmap テクスチャ GPUインスタンス
 レンダリング
  79. 79. 2018.2 ピクセルパーフェクトカメラ
 2D スプライトシェイプ 2D タイルマップ - ヘキサタイル 2018.3 2D タイルマップ - アイソメトリック Art courtesy of Toge Productions ゲームデザイナー ワールドビルディング: 2D
  80. 80. Art courtesy of Zoink Games ゲームデザイナー ワールドビルディング: 2D 2018.2 ピクセルパーフェクトカメラ
 2D スプライトシェイプ 2D タイルマップ - ヘキサタイル 2018.3 2D タイルマップ - アイソメトリック
  81. 81. Art courtesy of David Baumgart ゲームデザイナー ワールドビルディング: 2D 2018.2 ピクセルパーフェクトカメラ
 2D スプライトシェイプ 2D タイルマップ - ヘキサタイル 2018.3 2D タイルマップ - アイソメトリック
  82. 82. Art courtesy of Cryptogene ゲームデザイナー ワールドビルディング: 2D 2018.2 ピクセルパーフェクトカメラ
 2D スプライトシェイプ 2D タイルマップ - ヘキサタイル 2018.3 2D タイルマップ - アイソメトリック
  83. 83. 2018.2 インパルスモジュール フィジカルレンズ ターゲットグループ機能の
 更新 ゲームデザイナー Cinemachine v.2.2 アーティスト
  84. 84. ミニセッション スケジュール@Unity Booth 時間 内容 12:20~ パーティクルアップデート(池和田有輔) 15:50~ VFX Editor 先行チラ見せ! (大前 広樹) 時間 内容 12:20~ TimelineとCinemachine(山村達彦) 15:50~ アセットストアのアセットを使って
 10分でVTuberになろう!(常名隆) 時間 内容 12:20~ UI新機能レポート(安藤圭吾) 13:00~ 2D機能特集(中村剛) 15:50~ Live Tuneでよりよいユーザー体験を
 (森嶋大樹) 8月22日(水) 8月23日(木) 8月24日(金)
  85. 85. お休み処 雲丹亭 • 4階にあります! • おかし + 畳 + 試遊台 で安らぎの ひとときを… • 電源完備のワークスペース有
  86. 86. We’re Hiring! • Unityの教育事業をリードしてくれる方 • 映像やアニメ、産業分野のソリューションを一緒に
 開発してくれる方 • 日本のコミュニティを牽引してくれるエバンジェリストの方 • さまざまなカスタマープロジェクトを一緒に成功に導いてくれる 方 Unityで仕事しませんか?
  87. 87. Q&A

×