Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

20181106_Comparison_Between_JAWS-UG_and_SSMJP_Community_Management

1.572 Aufrufe

Veröffentlicht am

20181106_Comparison_Between_JAWS-UG_and_SSMJP_Community_Management
#ssmjp for outputter

Veröffentlicht in: Business
  • Als Erste(r) kommentieren

20181106_Comparison_Between_JAWS-UG_and_SSMJP_Community_Management

  1. 1. ssmjp 2018/11/06 @Typhon666_death
  2. 2. 自己紹介 • @Typhon666_death • 仕事:某セキュリティ専門会社にて、 セキュリティエンジニア/コンサルタント/アナリスト/営業 してました • 業務:以前は多種企業向けMSS、今は自社サービスの運用保守 • 活動コミュニティ: • OWASP Japan Promotion Teamメンバー • AISECjp 運営メンバー • Security-JAWS 運営メンバー • X-Tech JAWS 運営メンバー • FinJAWS 運営メンバー • 全脳アーキテクチャ若手の会 運営メンバー https://www.slideshare.net/Typhon666_death
  3. 3. 2015/08/25:人工知能の概論の概論とセキュリティへの応用的な〜 (人生初LT) 2016/05/30:俺、Hardeningで何やったっけ?いや、沖縄で何やったっけ?(Hardening振り返り回) 2016/12/20:オンラインデーティングアプリ Know-how Do-how (おすすめする出会い系アプリの話) 2017/07/31:アルキカタ 〜IT Exhibition walking project〜 (キャンギャルの話) 2017/12/14:もしそこらへんの運用担当者が波田野 裕一の『「運用改善」を考える ~「自動化」を 考える前に』を読んだら (もしハタ) 2018/01/12:OWASP (Open Well Architected Shichimi Project) (おすすめする七味の話) 2018/11/06:JAWS-UGコミュニティ運用とssmjpとの比較あれこれ←NEW!! ssmjpでの登壇は今日で7回目
  4. 4. 私からも質問を用意しましたので、その質問に対するアウトプットも していただけると助かります。 ぜひ皆さんも快便目指してください。 Outputする人だけが参加出来る#ssmjp
  5. 5. ざっくり Outputする人だけが参加出来る#ssmjp
  6. 6. JAWS-UGの紹介 Security-JAWSの紹介 X-Tech JAWSの紹介 第三者によるssmjpの紹介 運営比較 コミュニティに関わって変化したこと 総括 おしながき
  7. 7. JAWS-UG: AWS (Amazon Web Services) が提供するクラウドコンピューティン グを利用する人々の集まり(コミュニティ) オフィシャルHP: https://jaws-ug.jp/ JAWS-UG
  8. 8. Security-JAWSは、AWS+Securityをコンセプトに立ち上げられた勉強会 地方支部や沿線支部が立ち上がっていく中で、技術専門支部が少ない状態 の中、セキュリティやっていき!のメンバー同士で声かけあったのが、 JAWS DAYS 2016。4月頃初MTGし、5月初開催でキャパ40のところ、キ ャンセル待ち150名まで発生。 オフィシャルページ: https://s-jaws.doorkeeper.jp/ Security-JAWS
  9. 9. FinTech(金融)だけに限らず、InsureTech(保険)、HealthTech(ヘルスケア)、 MediTech(医療)、AdTech(広告)、EdTech(教育)、LegalTech(法律)など、あらゆ る業界において技術革新が求められるなかで、クラウドの利用ひいては、AWS の利用の加速と業界間・異業種企業間のハブになれるようなそんな支部(コミ ュニティ)としての役割を果たせられたらと思い、X-Tech JAWSは誕生しまし た。 自分なりにファウンドして、一番、個人的に大変と考えているコミュニティ オフィシャルページ: https://xtechjaws.doorkeeper.jp/ X-Tech JAWS http://ascii.jp/elem/000/001/164/1164664/
  10. 10. X-Techとは • X-Tech(エックステック、エクステック)とは • 引用:(株式会社NTTデータ経営研究所のサイトより) https://www.keieiken.co.jp/monthly/2015/1203/
  11. 11. X-Techとは • 最近、AWSJ亀田さんはクロステックと呼びます。 日経さんの記事はxTECH(クロステック)です。 • 引用:「日経 xTECH」、2月13日創刊 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/mag/14/122200008/122800006/
  12. 12. X-Tech vs xTech Retail Legal Finance Media Others Food Vice Civil Retail Legal Finance Media Others Food Vice Civil X-Tech エクステック xTech クロステック
  13. 13. 主にインフラ・運用などがメインテーマですが、最近はセキュリティ に関しての発表なども活発に行っている、毎月都内のどこかで開催さ れる街角勉強会。話したい内容はある程度自由。 個人的主観としては、テーマにしばりはあっても、ゆるふわ故に皆に 愛される勉強会といったイメージ。 オフィシャルページ: https://ssm.pkan.org/ #ssmjp http://ascii.jp/elem/000/001/164/1164664/
  14. 14. 運営比較 ssmjp Security-JAWS X-Tech JAWS コミュニティ参加者 2018/11/04現在 1886人(connpass) 1313人(doorkeeper) 634人(doorkeeper) リーダー @yakumo3 南原 正樹 吉江 瞬 開催頻度 月1(たまに派生) 3ヶ月1回(たまに派生) 3ヶ月に1回 1回の登壇者数 3〜7 5〜6 5 ジャンル ITインフラ運用 じゃ ないですよね? セキュリティxAWS 異業種xAWS 配信 なし なし あり(Chime)
  15. 15. 運営比較 ssmjp Security-JAWS X-Tech JAWS 前説担当 @tigerszk 誰かがやる 吉江 瞬 前説内容 クソコラ 勉強会紹介&名刺交換 勉強会紹介 運営メンバー数 5人 10人 6人 メディア なし 主にアスキーの方に オファー 主にアスキーの方に オファー 創設の歴史 2009/06 2016/05 2017/10 slack あり なし なし
  16. 16. 運営比較 ssmjp Security-JAWS X-Tech JAWS twitter @_ssmjp @security_jaws @xtechjaws コラボ回数 ? 3 0 コラボ回の決まり方 ? (比較的)オファられる まだなし 登壇者オファー方法 ? 仕事関係、展示会や 別勉強会で知る 仕事関係、展示会や 別勉強会で知る オファー時の観点 ? ? ? 過去最高収容人数 ? 120 120
  17. 17. 運営比較 ssmjp Security-JAWS X-Tech JAWS ドタキャン率 ? 30%前後 40%前後 運営で定常的に発生 する困ったこと ? 個人的にはなし 登壇者オファー先を みつけること 金銭問題 ? まだなし 有償/無償で揉めた マニフェスト ? JAWS-UGで有り JAWS-UGで有り 大規模参加者勉強会 なし JAWS DAYS JAWS DAYS
  18. 18. JAWS-UG マニフェスト https://github.com/jaws-ug/manifesto/blob/master/for-contributors.md
  19. 19. コミュニティに参加のみの頃 意外と勉強会告知から入ってくる情報が情報源でしかなかったり ある時、登壇してみたいと思い、登壇したことで、便秘が解消 コミュニティに関わって変化したこと
  20. 20. コミュニティ運営しだすと、 登壇者調整を考えたりしてるうちに、先の情勢を知ろうとする頭が働きだ した。 グループマネジメント力の向上→部内、社内のマネジメントにも一助 コミュニティ運営同士の会話から始まる知識向上とGive&Takeの連鎖 Giveする力は、Outputへの連鎖にも繋がる 知名度もアップ?知らない社内の人が何故か自分を知ってるが、俺はお前 を知らない。 コミュニティに関わって変化したこと
  21. 21. この資料いいよ コミュニティリーダーズサミットでKDDI大橋さんが登壇された資料 DevRelやっていきたい https://www.slideshare.net/ohashimamoru/devrel-119371496
  22. 22. DevRelやっていきたい 自社にも似たような活動の部隊はいるが、 アウトプットの仕方には個人的に改善余地ありと思っている。 https://www.slideshare.net/ohashimamoru/devrel-119371496
  23. 23. 総括
  24. 24. 告知 JAWS DAYS 2019 〜満漢全席〜 2019/02/23(土) TOC五反田メッセ 統括します! Save The Date!!!

×