Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
タイの保健・医療・福祉の概要
と
CTOPプロジェクト
CTOPプロジェクト
竹林経治
奥井利幸(PEA02245@nifty.com)
地方自治体・病院などの数
注:本資料は全体的なイメージの為に作成したものであり、左右の対応は必ずしも正確ではない
2007,2011年度内務省資料およびThaiHealth2007より作成
統治種別 数
地域病院
コミュニティ病院
ヘルスセンタ...
県自治体
基礎自治体
(テサバン・TAO)
保健省内務省
県知事
郡長
地域病院
総合病院
コミュニティ
病院
タンボン健康増進病院
・ヘルスセンター
自治体 中央政府ライン
保健省
県事務所
保健省
郡事務所
ガムナン
村長
タンボンレベ...
副村長・村の役員
保健医療福祉関係主要機関
(コミュニティに注目)
基礎自治体
(テサバン・TAO)
郡長 コミュニティ
病院
タンボン健康増進病院
・ヘルスセンター
保健省
郡事務所
ガムナン
村長
タンボンレベル
郡レベル
村レベル...
副村長・村の役員
保健医療福祉関係主要機関
(コミュニティでの3つの重要グループ)
基礎自治体
(テサバン・TAO)
郡長 コミュニティ
病院
タンボン健康増進病院
・ヘルスセンター
保健省
郡事務所
ガムナン
村長
タンボンレベル
郡レヘ...
タイの高齢化は日本の高齢化の30-40年遅れで進行
(国連 World Population Prospects : The 2008 Revision)
[赤数字は、日タイ各国による統計]
60歳以上の高齢者人口比率 (%) 1975 201...
7
3制度間で、財政方式も、受け
られる医療の内容も異なる
タイの医療保障(1) 公的医療制度は3制度で構成
医療資源の国際比較 (2007)
[タイ、マレーシアは保健省に照会。 その他は、OECD Health Data 2009]
国\指標
平均入院
期間
(全年齢)
急性期病床
平均入院
期間
(全年齢)
人口一人当
たり
外来診察
回数
人口千...
タイの医療保障制度(2)
制度の一元化?
受けられる医療内容の一元化?
• 医療内容の相違は、救急現場等で深刻な問題
• 「医療は平等に」という共通認識がない?
財政方式の一元化?
• 医療ニーズに応えていくなら保険方式
• 税による総枠予...
タイの医療保障(3)
予防重視=保健ボランティア
タイ全土に約100万の保健ボランティア
予防や健康増進の分野で活躍
フォーマルな医療資源の不足を補完
この国の医療制度の、大きなポテンシャル
タイの高齢者介護(1)
地域でのサービス資源
○ 介護を担うのは、医療を除けば、家族、近隣者、ボランティア。
特にボランティアの活動は活発で、「保健ボランティア」は100万人いると
言われており、これに加えて、現在「高齢者ケアボランティア」の仕...
タイの高齢者介護(2)
極めて乏しい介護施設
社会開発・人間の安全保障省が直営で高齢者を保護。
全国12施設。自立型、要介護高齢者合計で約1,400名利用 (2010年)。
政府から移管を受けた自治体運営の老人ホーム 13施設。
約1,10...
タイの高齢者福祉(3)
プロの在宅福祉サービスが必要か?
インフォーマルがプロの福祉を代替?
(ピュアな「タイ型介護モデル」の追求?)
まずは、インフォーマル資源を「医療」に、より
積極的に組み込み、その延長線上で高齢者
介護にも対応?
•...
タイの高齢者介護(4)
プロの福祉サービスを導入するなら
インフォーマル資源に重点+プロの福祉職
=「日タイ折衷型モデル」
医療と福祉のバランスが重要
• 医療と福祉の財政の一元化
• 当面は医療職主導の統合的サービス提供
⇒ 医療職に視野...
Project on the Development of a Community Based
Integrated Health Care and Social Welfare Services
Model for Thai Older Pe...
4か所のプロジェクト・サイト
チェンライ(北部):
目玉事業は、「高血圧」「糖尿病」のハイリスクグループに対
して行動変容を促す、住民参加型の事業
コンケン(東北部):
目玉事業は、地域の多くの高齢者が不自由を感じている白
内障等の「眼疾患」に...
CTOP実施の背景
1.急速な人口の高齢化(日本よりも急激)
65歳以上人口が7%から14%に移行するのに要する期間の比較で、フランス114年、
スウェーデン82年、日本24年、タイは22年(推計)
2.社会保障制度が発展途上、乏しい公的資源...
1.「統合型」の意味
(1)分野横断的な対応:「医療も、介護も、生活支援も」
 中央レベルでは、保健省+社会開発人間安全保障省の2省7局の連携
 コミュニティレベルでは、両省の出先機関+基礎自治体による協働
(2)官民パートナーシップ:...
要援護
高齢者
寝たきりの
高齢者
自立高齢者
4つのサイトにおける典型的な活動体制
19
郡レベルの
病院
基礎自治体
社会開発人間安全
保障省の県事務所
保健省の
県事務所
保健所
関係当局間の
緊密な協力関係
老人クラブ
会員
コミュニ...
20
スラタニ: モバイル・ワンストップ・サービス(MOS)
ボランティア
ボランティア
ボランティア
MOS の巡回実施 (毎月)
郡病院 & 保健所
基礎自治体
人間安全保障省 県事務所
ボランティア
医師
看護師
ソーシャルワーカー
CT...
ノンタブリ: 自治体立のリハビリテーションセンター
21
バンシートン基礎自治体
リハビリ・障害者の国立施設
センターでのリハビリ提供
健康増進活動、他地域への研修旅行、
様々な社会活動等の実施
PT
看護師
地域における自立高齢者
地域におけ...
CTOP 「普遍的な教訓」の基本構造
第3層:
Suggestions
第2層:
Principles
第1層:
Mission
CTOPの
Mission
ローカル
オーナーシップ
ニーズに基づく
統合的アプローチ
4つのプロジェクト
サイト...
参考リンク 1/2
CTOPプロジェクト
http://www.ctop-file.com/
保健省(Ministry of Public Health)
http://www.moph.go.th
社会開発人間安全保障省(Ministry o...
参考リンク 2/2
社会保険庁(SSO; Social Security Office)
http://www.sso.go.th
コミュニティ組織開発機構(CODI; Community Organizations Development I...
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

タイの保健・医療・福祉の概要とCTOPプロジェクト

タイの保健・医療・福祉の概要とCTOPプロジェクト

  • Als Erste(r) kommentieren

タイの保健・医療・福祉の概要とCTOPプロジェクト

  1. 1. タイの保健・医療・福祉の概要 と CTOPプロジェクト CTOPプロジェクト 竹林経治 奥井利幸(PEA02245@nifty.com)
  2. 2. 地方自治体・病院などの数 注:本資料は全体的なイメージの為に作成したものであり、左右の対応は必ずしも正確ではない 2007,2011年度内務省資料およびThaiHealth2007より作成 統治種別 数 地域病院 コミュニティ病院 ヘルスセンター 自治体種別 数 (括弧内は 2007年度) 県 76 94 (地域・総合病院) 県自治体 76(75) 郡 877 730 (コミュニティ病院) 該当なし - タンボン 7255 9762 (ヘルスセンター タンボン健康増 進病院) 基 礎 自 治 体 テーサ バン テーサバン・ ナコン 27(22) テーサバン・ ムアン 143(120) テーサバン・ タンボン 1840(1020) タンボン自治体(TAO) (規模により3種類) 5765(6616) 村 74944 - 該当なし -
  3. 3. 県自治体 基礎自治体 (テサバン・TAO) 保健省内務省 県知事 郡長 地域病院 総合病院 コミュニティ 病院 タンボン健康増進病院 ・ヘルスセンター 自治体 中央政府ライン 保健省 県事務所 保健省 郡事務所 ガムナン 村長 タンボンレベル 省レベル 県レベル 郡レベル 村レベル 保健医療福祉関係主要機関 N N S N N S S NS S;ソーシャルワーカー ・コミュニティワーカーなど N;医師・看護士・保健師など
  4. 4. 副村長・村の役員 保健医療福祉関係主要機関 (コミュニティに注目) 基礎自治体 (テサバン・TAO) 郡長 コミュニティ 病院 タンボン健康増進病院 ・ヘルスセンター 保健省 郡事務所 ガムナン 村長 タンボンレベル 郡レベル 村レベル保健ボランティア 自治体議員 高齢者ケアボランティア 障害者ケアボランティア 母子保健ボランティアなど 高齢者クラブ/地域有力者/地域住民
  5. 5. 副村長・村の役員 保健医療福祉関係主要機関 (コミュニティでの3つの重要グループ) 基礎自治体 (テサバン・TAO) 郡長 コミュニティ 病院 タンボン健康増進病院 ・ヘルスセンター 保健省 郡事務所 ガムナン 村長 タンボンレベル 郡レベル 村レベル保健ボランティア 自治体議員 高齢者ケアボランティア 障害者ケアボランティア 母子保健ボランティアなど ①病院つながりグループ ②村のつながり グループ ③自治体つながり グループ 高齢者クラブ/地域有力者/地域住民
  6. 6. タイの高齢化は日本の高齢化の30-40年遅れで進行 (国連 World Population Prospects : The 2008 Revision) [赤数字は、日タイ各国による統計] 60歳以上の高齢者人口比率 (%) 1975 2010 2050 タイ 5.6 11.5 26.4 日本 11.7 30.5 44.2 15-59歳の勤労世代比率 (%) 1975 2010 2050 タイ 50.2 67.0 56.4 日本 64.0 56.3 44.6 合計特殊出生率 1975-1980 2005-2010 2045-2050 タイ 3.92 1.81(見通し) 1.65(実態, NESDB) 1.85 日本 1.83 (1.66(1988)) 1.27 1.37(2009) 1.60 平均寿命 1960-1965 2005-2010 2045-2050 タイ 55.6 68.8 77.2 日本 68.9 82.7 87.2 高齢者(60 歳の割合) の割合は、 日本の35 年前とタイ の現代がほ ぼ一緒 急速な子供 の減少。実態 は、日本の 20年遅れ 平均寿 命は45 年の差 6
  7. 7. 7 3制度間で、財政方式も、受け られる医療の内容も異なる タイの医療保障(1) 公的医療制度は3制度で構成
  8. 8. 医療資源の国際比較 (2007) [タイ、マレーシアは保健省に照会。 その他は、OECD Health Data 2009] 国\指標 平均入院 期間 (全年齢) 急性期病床 平均入院 期間 (全年齢) 人口一人当 たり 外来診察 回数 人口千人 当たりの ベッド数 100ベッド 当たりの 医師数 人口千人 当たりの 医師数 100ベッド 当たり看 護師数 人口千人 当たりの 看護師数 日本 34.1 19.0 13.6 13.9 14.9 (2006) 2.1 (2006) 66.8 (2006) 9.4 タイ (2004) 4.2 (2005) - 2.2 (2005) 2.1 14.2 0.37 71.9 1.5 マレー シア (2008) 4.44 (public hospitals only) (2006) - ー 1.9 47.3 0.90 102.1 1.95 ドイツ 10.1 7.8 7.5 8.2 42.5 3.5 120.7 9.9 フランス 13.2 5.3 6.3 7.1 47.2 3.4 108.2 7.7 英国 8.1 7.2 5.0 3.4 72.7 2.5 294.2 10.0 米国 6.3 5.5 3.8 (2006) 3.1 77.5 2.4 337.2 10.6 1975年当時は1.1 8
  9. 9. タイの医療保障制度(2) 制度の一元化? 受けられる医療内容の一元化? • 医療内容の相違は、救急現場等で深刻な問題 • 「医療は平等に」という共通認識がない? 財政方式の一元化? • 医療ニーズに応えていくなら保険方式 • 税による総枠予算方式なら、身の丈に合った医療費 水準に
  10. 10. タイの医療保障(3) 予防重視=保健ボランティア タイ全土に約100万の保健ボランティア 予防や健康増進の分野で活躍 フォーマルな医療資源の不足を補完 この国の医療制度の、大きなポテンシャル
  11. 11. タイの高齢者介護(1) 地域でのサービス資源 ○ 介護を担うのは、医療を除けば、家族、近隣者、ボランティア。 特にボランティアの活動は活発で、「保健ボランティア」は100万人いると 言われており、これに加えて、現在「高齢者ケアボランティア」の仕組みを 普及させようとしている。 すなわち、近隣者同士の「顔の見える関係」での支え合いが機能 ※ 高齢者ケアボランティア > 2002年、社会開発・人間の安全保障省が開始 > 2007年閣議、2013年までに全国への拡張を決定 > 2008年、6,800名(自治体運営) + 1,328名(省運営) ≒ 8千名 > 問題を抱える高齢者の自宅を訪問し、支援する ○ 他方、プロの在宅福祉サービスはほとんど存在しない プロの福祉サービスの費用を、まかなう公的な仕組みがない 11
  12. 12. タイの高齢者介護(2) 極めて乏しい介護施設 社会開発・人間の安全保障省が直営で高齢者を保護。 全国12施設。自立型、要介護高齢者合計で約1,400名利用 (2010年)。 政府から移管を受けた自治体運営の老人ホーム 13施設。 約1,100名利用(2008年) その他、赤十字、カトリック、民間等を併せると、研究者の調査 によれば、全体で138施設あるとのこと。(上記の、国営、自治体 運営を含む。) (参考:日本の状況) [厚生労働省:平成19年度 介護サービス施設・事業所調査] 特養:5,892施設、定員:412,807名 老健:3,435施設、定員:313,894名 療養:2,608施設、定員:110,730名(介護保険適用。医療保険適用も含めると343,400名(床)) 養護老人ホーム(”救貧”等) : 958施設、定員: 66,375名[厚生労働省:平成19年度社会福祉施設等調査報告] 12
  13. 13. タイの高齢者福祉(3) プロの在宅福祉サービスが必要か? インフォーマルがプロの福祉を代替? (ピュアな「タイ型介護モデル」の追求?) まずは、インフォーマル資源を「医療」に、より 積極的に組み込み、その延長線上で高齢者 介護にも対応? • モチベーションを保ちやすい? • 成功体験が得やすい? リソース(余裕のある人)の確保、サービスの 質、効率性の問題
  14. 14. タイの高齢者介護(4) プロの福祉サービスを導入するなら インフォーマル資源に重点+プロの福祉職 =「日タイ折衷型モデル」 医療と福祉のバランスが重要 • 医療と福祉の財政の一元化 • 当面は医療職主導の統合的サービス提供 ⇒ 医療職に視野の広さが要求される 受益者の選定ルールの工夫 インフォーマルな資源を駆逐しない工夫
  15. 15. Project on the Development of a Community Based Integrated Health Care and Social Welfare Services Model for Thai Older Persons コミュニティにおける高齢者向け 保健医療・福祉サービスの 統合型モデル形成プロジェクト (CTOPプロジェクト) について、
  16. 16. 4か所のプロジェクト・サイト チェンライ(北部): 目玉事業は、「高血圧」「糖尿病」のハイリスクグループに対 して行動変容を促す、住民参加型の事業 コンケン(東北部): 目玉事業は、地域の多くの高齢者が不自由を感じている白 内障等の「眼疾患」について、ボランティアが検診→入院治療 →自宅復帰・生活支援の一連の流れをフォローすることにより、 医療等へのアクセスを改善する試験的事業 ノンタブリ(中央部): 目玉事業は、基礎自治体が保有し、老人クラブが主体的に 運営する、「リハビリテーションセンター」事業(その実態は、 「多目的センター」) スラタニ(南部): 目玉事業は、交通が不便な地域において、関係機関が合同 で行う、検診・給付相談等の出張サービス(「モバイル・ワンス トップ・サービス」) いずれのサイトにおいても、関係者間の緊密な 連携の下、地域のニーズに基づく複数の事業を 設計・実施してきており、事業設計や運用に係る 情報を文書化している。 ・ コンケン (低所得:バンコク への出稼ぎが多い) ・ ノンタブリ (バンコクの北、 車で30~40分) ・ チェンライ (ラオスに近く、 山岳 民族が多い地域) ・ スラタニ (ゴムの産地で裕福) 16
  17. 17. CTOP実施の背景 1.急速な人口の高齢化(日本よりも急激) 65歳以上人口が7%から14%に移行するのに要する期間の比較で、フランス114年、 スウェーデン82年、日本24年、タイは22年(推計) 2.社会保障制度が発展途上、乏しい公的資源 社会保障への歳出は限定的で、高齢者介護への公的給付はないに等しい状況、公的年金 のカバレッジも限定的。医療のマンパワーや、介護施設などが不足。 3.分野ごとのタテワリ的対応 医療は保健省、福祉は社会開発人間安全保障省、年金は労働省。 関係省庁間、関係部局間の連携が、中央レベルでも、地域レベルにおいても不十分。 4.まだ残るコミュニティの力 保健ボランティアが全国に約100万人。特に農村部においては地域の濃厚な人間関係が 残る。ただし、核家族化、独居老人が増加との傾向は出ている。 限られた資源を、可能な限り有効に活用する必要 「コミュニティにおける高齢者向け保健医療・福祉サービスの 統合型モデル形成プロジェクト(CTOP)」 (2007年11月から4年間のプロジェクト) 17
  18. 18. 1.「統合型」の意味 (1)分野横断的な対応:「医療も、介護も、生活支援も」  中央レベルでは、保健省+社会開発人間安全保障省の2省7局の連携  コミュニティレベルでは、両省の出先機関+基礎自治体による協働 (2)官民パートナーシップ:「行政と住民が互いに役割を」  コミュニティレベルでの官民の対等な対話の重視(委員会の設置) (3)多様な高齢者への対応:「元気老人も、要援護老人も」  要援護老人には支援を、元気老人には「予防」と「役割(参加)」を  高齢者は、支援の対象でもあり、主体でもある。 2.「モデル」の意味=他地域で役立つ、モデル事業の経験からの情報 (1)4つのプロジェクトサイトでのモデル事業の設計・運用に関する情報  「モデル事業」は、多様なニーズに対応する「複数のサービス等の複合体」 (2)普遍的な教訓の抽出  モデル事業から抽出される、コミュニティ事業において共有すべき理念や手順等の文書化 3.人材育成(モデル形成と並ぶ、CTOPの2本柱の一つ) (1)毎週の会議や、日本研修による、日本の制度等の理解促進 (2)日本の専門家による、日本の知識・経験の伝達・研修 など  認知症スクリーニング、ケアマネジメント等 「コミュニティにおける高齢者向け保健医療・福祉サービス の統合型モデル形成プロジェクト(CTOP)」とは どちらかと言えば 日本の優位性は この部分で発揮 モデル形成の作業は 日本とタイの学び合い の色彩が強い 18
  19. 19. 要援護 高齢者 寝たきりの 高齢者 自立高齢者 4つのサイトにおける典型的な活動体制 19 郡レベルの 病院 基礎自治体 社会開発人間安全 保障省の県事務所 保健省の 県事務所 保健所 関係当局間の 緊密な協力関係 老人クラブ 会員 コミュニティ リーダー 一般住民 地域の一般住民の 積極的・主体的な参加 =乏しい公的資源を 補う重要な役割 異なるニーズを抱える高齢者に 対する様々なサービス/活動 CTOP チーム 健康増進 活動 リハビリ テーション 各種検診 在宅ケア社会活動 高齢者 手当 緊密な対話 関係当局と地域住民の間の パートナーシップ 介護技術 研修 ボランティア
  20. 20. 20 スラタニ: モバイル・ワンストップ・サービス(MOS) ボランティア ボランティア ボランティア MOS の巡回実施 (毎月) 郡病院 & 保健所 基礎自治体 人間安全保障省 県事務所 ボランティア 医師 看護師 ソーシャルワーカー CTOP 委員会 (毎月) 老人クラブ会員 • 各種検診 • 健康相談 • 手当等の給付相談 • レクリエーション etc. MOS は、同じ日時に、同じ場所で、各種検診、健康相談、手当の給付相談等の様々なサービスを提供 するものである。MOS チームは、関係機関の医療・福祉職及びボランティアで構成され、毎月、あらかじ め指定された村に派遣される。 MOS チームは、MOSにアクセスできない高齢者に対して、問題発見の ための自宅訪問をも実施する。MOS は、循環型マネジメントによって運営されており、準備会合を毎月 開催し、反省会議を毎回のMOS実施の直後に開催ししている。 反省会議 が MOS 実施の直後、その場で行われる 基礎自治体が 必要に応じて 移送支援 循環型 マネジメント MOSにアクセスでき ない高齢者に対する 自宅訪問
  21. 21. ノンタブリ: 自治体立のリハビリテーションセンター 21 バンシートン基礎自治体 リハビリ・障害者の国立施設 センターでのリハビリ提供 健康増進活動、他地域への研修旅行、 様々な社会活動等の実施 PT 看護師 地域における自立高齢者 地域における 要援護高齢者 リハビリテーションセンター 技術的 支援 センター職員 =ボランティア 技術的 支援 自宅に訪問しての リハビリ 地域のボランティア: 在宅 高齢者の生活支援 情報共有 州・郡レベルの 病院 リハビリテーションセンターは一種の「多目的センター」であり、 ニーズや状況が様々な高齢者に対して、 様々なサービス等を提供している。センターの職員はボランティアであるが、関係施設・病院の専門職 のネットワークから技術的な支援を受けている。センターの運営委員会では老人クラブの会員が重要 な役割を果たしているなど、その運営は真の「ローカルオーナーシップ」の下で行われている。 医師/ 看護師/PT 技術的 支援 センターの運営委員会は、 老人クラブメンバーや、他の地元 関係者によって構成されている。 強固な ローカル オーナーシップ 予算
  22. 22. CTOP 「普遍的な教訓」の基本構造 第3層: Suggestions 第2層: Principles 第1層: Mission CTOPの Mission ローカル オーナーシップ ニーズに基づく 統合的アプローチ 4つのプロジェクト サイトにおける 経験からの実践的 な情報 サイクリカル マネジメント : CTOP型活動(高齢者支援のための統合的な地域活動)の目指すべきもの : CTOP型活動が満たすべき「原則」(CTOPの4つのプロジェクトサイトの実際の経験から 抽出). : 他地域においてCTOP型活動を開始する際に、役立つ実践的な情報。4年間のCTOPの 各サイトにおける取組事例とリンクした提言集。この提言の項目だけをリスト化したものが、 “Checklists for Self-evaluation”となる。 22 「おらが プロジェクト」 という意識
  23. 23. 参考リンク 1/2 CTOPプロジェクト http://www.ctop-file.com/ 保健省(Ministry of Public Health) http://www.moph.go.th 社会開発人間安全保障省(Ministry of Social Development and Human Security) http://www.m-society.go.th/ 内務省自治体振興局(Department of Local Administration) http://www.thailocaladmin.go.th 国民医療保障庁(NHSO;National Health Security Office) http://www.nhso.go.th タイ健康財団(Thai Health; สสส) http://www.thaihealth.or.th
  24. 24. 参考リンク 2/2 社会保険庁(SSO; Social Security Office) http://www.sso.go.th コミュニティ組織開発機構(CODI; Community Organizations Development Institute) http://www.codi.or.th ヘルスシステム研究所(HSRI; Health System Research Institute) http://www.hsri.or.th/ 同ナレッジバンク http://dspace.hsri.or.th/dspace/ 国家統計局(NSO; National statistic Office) http://www.nso.go.th タイ国ヘルスプロファイル(Thailand Health2005-2007) http://www.moph.go.th/ops/thp/index.php?option=com_content&task=view&id=6&Itemid=2&l ang=en タイ国高齢者状況(Situation of the Thai Elderly 2007) http://tgri.thainhf.org/document/edoc/edoc_771.pdf タイ国高齢者状況(Situation of the Thai Elderly 2008) http://www.thaitgri.org/images/stories/report/51/eng/aw.pdf

    Als Erste(r) kommentieren

    Loggen Sie sich ein, um Kommentare anzuzeigen.

  • AtsushiKuroda

    Nov. 1, 2017

タイの保健・医療・福祉の概要とCTOPプロジェクト

Aufrufe

Aufrufe insgesamt

827

Auf Slideshare

0

Aus Einbettungen

0

Anzahl der Einbettungen

7

Befehle

Downloads

9

Geteilt

0

Kommentare

0

Likes

1

×