Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.
インターネット上の
情報発信手段の変遷
情報発信の簡易化
中山ところてん
お前誰よ
• @tokoroten
• ポエマー、インターネットコンテンツ
• 半導体計測機屋->電話屋->ソーシャルゲーム屋->AI屋->?
• 企画屋50%、分析屋20%、プログラマ30%
• 色々とやってきました
• 情報セキュリティ、画...
この発表に関して
• 歳食ったオッサンが昔を邂逅するポ
エム
• 「BattleField3に見る自己表現としての
ゲームプレイ」というスライドの増補改
訂版
• SlideShareに上がっています
• https://www.slidesh...
情報発信手段の変遷
• Web1.0
• Blog
• SNS
• Twitter
• Tumblr、RT
• Instagram
• SnapChat
• SNOW
• ゲーム配信
Web1.0
• 90年代末~2000年くらい
• ハードル
• 正しい文章を書けること
• HTMLを手打ちできること
• FTPでサーバにアップロードできる
こと
• 情報発信者割合
• 感覚値で5%未満
いまだにWeb1.0な人の例
ht...
Blog
• 2002年ごろから普及
• ハードルの解消
• フォーマットの統一により、読み手の
コストが軽減
• 他者のコンテンツを引用して言及す
ることで、オリジナルなコンテンツを
作らなくてもよくなった
• 残っているハードル
• 引用言...
SNS
• 2004年ごろからSNSが勃興
• Myspace 2003
• mixi,facebook 2004
• ハードルの解消
• 引用言及しなくとも、日々の日記や、
ライフイベントでよい
• 全世界に向けた文章ではなく、身内
に向けた...
Twitter
• 2006年サービス開始
• 解消されたハードル
• 140文字に制約されることで、くだら
ないことを書いても許される空気
• 正しい文章が書けないので、正しい
文章を要求されない
• 残っているハードル
• 自分の身の回りの...
Tumblr, ReTweet
• Tumblrは2007年開始
• TwitterがRTを導入したのは
2009年末
• 非公式RT、QTはその前から普及
• 解消されたハードル
• 情報発信を行うのに、自らコンテ
ンツを発信する必要はなく引...
Instagram
• 2010年に登場
• 当時はスマホのカメラが貧弱
• 高品質なフィルターを提供している
instagramが重宝された
• 誰でもそれっぽい写真が撮影できた
• 解消されたハードル
• 文章を書かなくても、写真を撮るだけ...
Snapchat
• 見た写真が消えるSNS
• 2012年に登場
• 同時期にはVineなども
• 解消されたハードル
• 必ずしも万人が面白いと思う写真でなく
ともよい
• 公開ではなく、送信なので、相手が面白
いと思うコンテンツを送れれば...
SNOW
• 2016年に流行
• 自撮り+加工+送信
• SNOW上でのやり取りは少なく、加工
して他のSNSに流すのが中心?
• 解消されたハードル
• 外部に面白いコンテンツを持ってい
なくても、利用することができる
• 自分自身をコンテ...
ゲーム配信
• Twitch 2011年設立
• ゲーム専門のストリーミング配信
• PS4のSHAREボタン(2013)
• PS4は過去10分程度のプレイ動画
を常にメモリ上に保存
• SHAREボタンを押すとSNSに投稿
可能
• Swi...
ゲーム配信
• ゲーム動画はもともと多かった
• 2011年ごろから本格化
• Twitchの勃興
• 2012年、OriginがTwichサポート
• PS4、XBOX OneがOSレベルで動画配
信をサポート
• Twitch、ニコ生、Yo...
時代の変化
• 2000年:Web1.0
• 正しい文章・HTML・FTP
• 2002年:Blog
• 正しい文章
• 2004年:SNS
• 日記
• 2008年:Twitter
• 短文
• 2008年:Tumblr
• 引用
• 201...
インターネット上で何が起こっていたのか
• 各種情報発信ハードルの緩和により、情報発信者の増大
• 技術ハードルの緩和
• HTML、FTP、ファイルアップロード、タグ、リンク、ect
• PC 、スマホ、ゲーム機
• 言語能力的ハードルの緩和...
この次には何が起こるのか?
• 情報発信の更なる簡易化
• 言語ハードルの緩和
• 消費と発信の一体化
• VRによる空間同期
• その場所に一緒にいるという体験
• 一緒にいることが価値である
• 例えば、同じ映画を一緒に見る
• VR傷物語...
Nächste SlideShare
Wird geladen in …5
×

インターネット上の情報発信手段の変遷 情報発信の簡易化

12.061 Aufrufe

Veröffentlicht am

未踏のイベントで話した資料から、公開用に色々と削った。

ウェブに書いてあるやつとほぼ同一
https://medium.com/@tokoroten/ae3deec09c9

Veröffentlicht in: Internet
  • Als Erste(r) kommentieren

インターネット上の情報発信手段の変遷 情報発信の簡易化

  1. 1. インターネット上の 情報発信手段の変遷 情報発信の簡易化 中山ところてん
  2. 2. お前誰よ • @tokoroten • ポエマー、インターネットコンテンツ • 半導体計測機屋->電話屋->ソーシャルゲーム屋->AI屋->? • 企画屋50%、分析屋20%、プログラマ30% • 色々とやってきました • 情報セキュリティ、画像処理、自然言語処理、VM • ゲームデザイナー、ゲームディレクター、バランス調整 • 半導体製造、光学設計、回路設計、生産工学 • 機械学習周り、主にビジネス設計
  3. 3. この発表に関して • 歳食ったオッサンが昔を邂逅するポ エム • 「BattleField3に見る自己表現としての ゲームプレイ」というスライドの増補改 訂版 • SlideShareに上がっています • https://www.slideshare.net/TokorotenNa kayama/battlefield3-21355848 • ブログで公開した内容とほぼ同一 • https://medium.com/@tokoroten/ae3de ec09c9
  4. 4. 情報発信手段の変遷 • Web1.0 • Blog • SNS • Twitter • Tumblr、RT • Instagram • SnapChat • SNOW • ゲーム配信
  5. 5. Web1.0 • 90年代末~2000年くらい • ハードル • 正しい文章を書けること • HTMLを手打ちできること • FTPでサーバにアップロードできる こと • 情報発信者割合 • 感覚値で5%未満 いまだにWeb1.0な人の例 http://www.shudo.net/diary/
  6. 6. Blog • 2002年ごろから普及 • ハードルの解消 • フォーマットの統一により、読み手の コストが軽減 • 他者のコンテンツを引用して言及す ることで、オリジナルなコンテンツを 作らなくてもよくなった • 残っているハードル • 引用言及したうえで正しい文章を書く 能力 • 情報発信者割合(利用者) • 2004年時点で2.5% • 2006年時点で25% http://d.hatena.ne.jp/naoya/20170725/1500942772
  7. 7. SNS • 2004年ごろからSNSが勃興 • Myspace 2003 • mixi,facebook 2004 • ハードルの解消 • 引用言及しなくとも、日々の日記や、 ライフイベントでよい • 全世界に向けた文章ではなく、身内 に向けた文章でよくなった • 残っているハードル • 身内向けの日記レベルの文章を書く 能力 • 情報発信者割合(利用者) • 2006年11%、2012年45% https://web.archive.org/web/20040904051049/http://mixi.jp:80/
  8. 8. Twitter • 2006年サービス開始 • 解消されたハードル • 140文字に制約されることで、くだら ないことを書いても許される空気 • 正しい文章が書けないので、正しい 文章を要求されない • 残っているハードル • 自分の身の回りのことや、自分の感 情等の短文を書く能力 • 情報発信者割合(利用者) • 2010年9.7%、2012年26.3% 2008年ごろのTwitter
  9. 9. Tumblr, ReTweet • Tumblrは2007年開始 • TwitterがRTを導入したのは 2009年末 • 非公式RT、QTはその前から普及 • 解消されたハードル • 情報発信を行うのに、自らコンテ ンツを発信する必要はなく引用で よくなった • 残されたハードル • 他人のコンテンツを読んで、良し あしを判断する能力 http://dontrblgme404.tumblr.com/post/150635764951/
  10. 10. Instagram • 2010年に登場 • 当時はスマホのカメラが貧弱 • 高品質なフィルターを提供している instagramが重宝された • 誰でもそれっぽい写真が撮影できた • 解消されたハードル • 文章を書かなくても、写真を撮るだけ で投稿できる • 言語障壁が無くなったため、世界中 からLikeされる • 残っているハードル • 写真映えするコンテンツを探し出せ ること https://www.instagram.com/p/BX7rXyqn8jg
  11. 11. Snapchat • 見た写真が消えるSNS • 2012年に登場 • 同時期にはVineなども • 解消されたハードル • 必ずしも万人が面白いと思う写真でなく ともよい • 公開ではなく、送信なので、相手が面白 いと思うコンテンツを送れればよい • 送った情報はしばらくしたら消えるので、 炎上するリスクが低い • 利用するにあたり、精神コストが安い • 残っているハードル • 身内受けするコンテンツを作れること
  12. 12. SNOW • 2016年に流行 • 自撮り+加工+送信 • SNOW上でのやり取りは少なく、加工 して他のSNSに流すのが中心? • 解消されたハードル • 外部に面白いコンテンツを持ってい なくても、利用することができる • 自分自身をコンテンツ化することで、 知り合いにとって面白いものを即興 で作り出すことができる • 残っているハードル • 顔の加工しかできないので、コンテン ツのバリエーションが少ない https://www.google.co.jp/search?q=snow%E5%A5%B3%E5%AD%90&num=100&safe=off&source=lnms&tbm=isch
  13. 13. ゲーム配信 • Twitch 2011年設立 • ゲーム専門のストリーミング配信 • PS4のSHAREボタン(2013) • PS4は過去10分程度のプレイ動画 を常にメモリ上に保存 • SHAREボタンを押すとSNSに投稿 可能 • SwitchのCaptureボタン(2016) • スクリーンショット撮影が可能
  14. 14. ゲーム配信 • ゲーム動画はもともと多かった • 2011年ごろから本格化 • Twitchの勃興 • 2012年、OriginがTwichサポート • PS4、XBOX OneがOSレベルで動画配 信をサポート • Twitch、ニコ生、Youtube Live • Mixier(Beam)、マイクロソフトの動画配信 サービス • 動画配信を前提にしたゲームの登場 • PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS • 解消されたハードル • ゲームプレイにより、多様なコンテ ンツを生成することができる • ゲームプレイは言語障壁を超える • 残っているハードル • トークの面白さ • ゲームの腕前 • 動画化する場合、動画編集技術
  15. 15. 時代の変化 • 2000年:Web1.0 • 正しい文章・HTML・FTP • 2002年:Blog • 正しい文章 • 2004年:SNS • 日記 • 2008年:Twitter • 短文 • 2008年:Tumblr • 引用 • 2010年:Instagram • カッコいい写真 • 2011年:Twitch • ゲームプレイ • 2012年:SnapCaht • 身内向け写真 • 2016年:SNOW • 自画撮り 技術ハードルの解消 技術 文章 日記 短文 引用 写真 身内向け写真 自画撮り・ゲームプレイ 言語ハードルの解消 言語ハードルの緩和 コンテンツハードルの緩和
  16. 16. インターネット上で何が起こっていたのか • 各種情報発信ハードルの緩和により、情報発信者の増大 • 技術ハードルの緩和 • HTML、FTP、ファイルアップロード、タグ、リンク、ect • PC 、スマホ、ゲーム機 • 言語能力的ハードルの緩和 • 正しい文章、引用言及、日記、短文、写真、ゲーム? • コンテンツ的ハードルの緩和 • 自分の意見、引用言及、日記、周囲のこと、身内向け、ゲーム? • コンテンツがプラットフォームに乗ることで、フォーマット化され、 消費者の閲覧コストが大幅に改善 • 通信帯域の増大により、文字から絵、動画にシフト。 • 誰でも楽しめる感情よりのコンテンツが増えてくる
  17. 17. この次には何が起こるのか? • 情報発信の更なる簡易化 • 言語ハードルの緩和 • 消費と発信の一体化 • VRによる空間同期 • その場所に一緒にいるという体験 • 一緒にいることが価値である • 例えば、同じ映画を一緒に見る • VR傷物語(一人用だけど) • VRChat, AltspaceVR • ライフログの自動コンテンツ化 • スマホデバイス上のアクティビティを加工 してコンテンツ化する • 従来のライフログはコンテンツ化の視点 が欠落していたので失敗 • プライバシーに対する考え方の緩和 http://www.nicovideo.jp/watch/sm31532887

×