Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

PowerApps 初心者の館?

2019/08/10 PowerApps + Flow アプリ作成研究所 in 名古屋 #3

  • Loggen Sie sich ein, um Kommentare anzuzeigen.

PowerApps 初心者の館?

  1. 1. PowerApps 初心者の館? 2019/08/10 PowerApps + Flow アプリ作成研究所 in 名古屋 #3 山田 晃央(Yamada Teruchika) 株式会社アイシーソフト[www.icsoft.jp] シニアテクニカルマネージャー @yamad365 https://qiita.com/yamad365
  2. 2. ひんぱんに 質問される のです
  3. 3. PowerApps どうやって 勉強するの?
  4. 4. いいネタに なるんじゃね? コレさ、
  5. 5. 本日お伝えしたいこと  PowerApps “はじめの一歩” 踏み出し方  PowerApps アプリ作成で、 ちょっと便利になる幾つかのTip’s  PowerApps で挑戦する価値を理解して、 オンプレミスの重力から解き放たれましょう!
  6. 6. 自己紹介 “Yamad365” で 検索いただくと出てくるハズ・・・
  7. 7. 自己紹介 山田 晃央 (やまだ てるちか) • 愛知出身。元開発者。名古屋弁、三河弁は仕様ですw • Office 365 、Azure のMSクラウドチームのマネージャー • MSクラウドの提案・コンサルティング • Power Platform スキー(とくに PowerApp ダイスキー) 株式会社アイシーソフト シニアテクニカルマネジャー http://www.icsoft.jp/
  8. 8. 通称「RESCUE SQUAD/火消魂 のヒト」です 勉強会でこんな服装を見かけたら、おおむね当方ですw
  9. 9. やまだ の 情報発信 /teruchika.yamada yamad365 https://qiita.com/yamad365
  10. 10. 2019年 9月 7日(土) 12:00 ~ TDGi グローバルハッカソン 日本代表チームに参加します! 当日、配信もありますので、 応援よろしくお願いします!!
  11. 11. 中部地区の皆さん、一緒にPower BIの勉強しましょう! Power BI 勉強会 中部地区でもやってます。 こちらもヨロシクです! 支部長の姐さんをお手伝いしてます。
  12. 12. CM こんなコトやってる企業です (弊社ソリューションのCMにお付き合い願いますm(_ _)m)
  13. 13. 自社ソリューションのCMです ちなみに「タスカル」単味で検索すると食材通販が出てきます。 「タスカル Office 365」のキーワードで検索ください。 「タスカル Office 365」 で検索してください。
  14. 14. 顔認証 出退勤システム Taskal Time-Card 手動でタイムカードを打刻・・・ ICカードでピッ・・・ そんなレガシーから脱却しましょう。 顔認証を利用した タイムカード は いかがですか? https://ttc.cloud
  15. 15. ダ鳥獣ギ画 さん、いつもお世話になってます! http://www.chojugiga.com
  16. 16. “はじめの一歩” の前に・・・ まずはココから
  17. 17. おことわり  キャンバスアプリに特化して話します ※モデル駆動型アプリも同様の学習でいけるハズ  既知の熟練工な方々はうなづいててください  個人的な見解を多分に含みます  本資料は 2019年7月末 時点の情報となります
  18. 18. 「吉田の備忘録」に入門情報がまとまっている! https://memo.tyoshida.me/powerapps/useful-websites-to-start-powerapps/ まず、ここの情報を確認することを推奨します。
  19. 19. PowerApps の環境が無い方は・・・ https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/ PowerApps Community Plan 環境を取得しましょう。
  20. 20. PowerApps はじめの一歩 さぁ、はじめましょう。
  21. 21. 結論:これに尽きる 1. 基礎を学んで、作ってみる 2. 作ったら、動かす・改造する 3. 把握できたら、応用してみる
  22. 22. 「守・破・離」 じゃね? コレさ、
  23. 23. 「守・破・離」とは もとは千利休の訓をまとめた『利休道歌』にある、 「規矩作法(きく さほう) 守り尽くして 破るとも 離るるとても 本を忘るな」 を引用したものとされている。 【出展】ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/守破離
  24. 24. 「守・破・離」を当てはめてみる 「守(しゅ)」 • 師や流派の教えを守り確実に身につける段階。=基礎 「破(は)」 • 他流派の教えについても考え、 良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。=改造 「離(り)」 • 一つの流派から離れ、 独自のものを生み出し確立させる段階。=発展・応用
  25. 25. 立川 談志 師匠曰く・・・ よく芸は盗むものだと云うがあれは嘘だ。 盗むほうにもキャリアが必要なんだ。 最初は俺が教えた通り覚えればいい。 盗めるようになりゃ一人前だ。 時間がかかるんだ。 教える方に論理がないから そういういいかげんなことを云うんだ。 【出展】赤めだか /著:立川 談春 https://amzn.to/2MpQwOt
  26. 26. 基礎を学ぶ 「守」=基礎を会得する段階
  27. 27. 1. 基礎を学んで、作ってみる=[守] 2. 作ったら、動かす・改造する=[破] 3. 把握できたら、応用してみる=[離]
  28. 28. 学習用コンテンツ  はじめてのPowerApps (YouTube)  https://www.youtube.com/playlist?list=PLNyto1oCyhGIWveUc3F9bkopLJiLd24SQ  Microsoft Learn  https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/ 当方が PowerApps へアプローチし始めた当時は・・・ こんな優秀で無償の学習コンテンツはありませんでした・・・(/_;) まずはコレ。コンテンツを確認しながら作ってみましょう。
  29. 29. ひたすら、 学習コンテンツを参考に、 PowerAppsアプリを 作ってみましょ。
  30. 30. わからない!が発生した場合・・・  英語 で ググる Bingる コントロール名、プロパティ、メソッドで検索  YouTube 等の動画を確認する(英語多め)  コミュニティサイトで質問する (※後で紹介します)  コミュニティ勉強会で質問する または、登壇して「ここ教えて!」する
  31. 31. 推奨設定:数式バーの結果ビューを有効にする アプリ編集画面で、 [ファイル] → [アプリの設定] → [詳細設定]
  32. 32. 変数やプロパティの“なかみ”と“型”が表示される! ※注意※ プレビュー機能なので、 全ては対応してません!
  33. 33. 変数を利用した場合でも発動する! ※注意※ プレビュー機能なので、 全ては対応してません!
  34. 34. 作ったら、動かす・改造する 「破」=改造してみる
  35. 35. 1. 基礎を学んで、作ってみる=[守] 2. 作ったら、動かす・改造する=[破] 3. 把握できたら、応用してみる=[離]
  36. 36. SPO リストから自動生成されるアプリを解析しよう! 1. SharePoint Online(SPO)でカスタムリスト作成 2. [PowerApps] → [アプリの作成] 3. 必要事項を入力してアプリ作成
  37. 37. SPO リストから自動生成されるアプリを解析しよう! BrowseScreen1(一覧画面) DetailScreen1(詳細画面) EditScreen1(登録・編集画面) 遷移、データ追加・更新・削除、リロード、etc… 勉強になります!
  38. 38. 『向き』 のハナシを しておきますね そうだ!
  39. 39. この発想をするのは PowerApps では間違いです ●一般的な開発言語経験者にみらえる発想の傾向 ①虫眼鏡アイコン 押下で検索か? ②入力された文字列で データ検索して、 ギャラリーに表示か?
  40. 40. 「BrowseGallery」→ [Items] プロパティ 要確認!
  41. 41. PowerApps は 『リアクティブ』 ●PowerApps における発想のキホン ①「効果を あたえたい側」 は何もしない ②「効果を得たい側」 が 「効果をあたえる側」 を参照している
  42. 42. 自動作成されるアプリは知識の宝庫です。 例えば、検索ボックス。 デフォルトはキー入力した瞬間に検索です。 これを、虫眼鏡アイコン押下で検索に改造してください。 どうやったら良いか?すぐにわかりますか? ※答えの1つはコチラにありますw https://qiita.com/yamad365/items/feed918f9934ee6a2f07
  43. 43. その他 画面のテンプレートを解析してみよう! アプリ編集画面の「新しい画面」 • 電子メール • 人々 • 会議 • カレンダー Office 365 との連携が色々わかる!
  44. 44. デフォルトのテンプレートを解析してみよう! 「make.powerapps.com」へアクセス → 画面右端にある [すべてのテンプレート→] → テンプレートからアプリを生成
  45. 45. ある程度、慣れてきたらガイドラインの確認を! 「吉田の備忘録」から辿れるガイドラインは必読です。 https://powerappsflowjp.blob.core.windows.net/public/PowerAppsキャンバスアプリのコーディング 規約とガイドライン_ホワイトペーパー.pdf ※「PowerApps コーディング規約 ガイドライン」で検索 初学者には後半がチト難しいかも? なので、多少アプリ作った後で読むほうが良さそう
  46. 46. 把握できたら、応用してみる 「離」=発展・応用させる段階
  47. 47. 1. 基礎を学んで、作ってみる=[守] 2. 作ったら、動かす・改造する=[破] 3. 把握できたら、応用してみる=[離]
  48. 48. 個人的におススメな学習法 「SharePoint Online から自動生成されるアプリ」 と同じようなアプリをゼロから作ってみましょう。 ※細かいトコ(位置調整してる等)は放置でいいです。 「一覧」「詳細」「登録・編集」の3画面を、 ゼロベースから構築できれば、まずはOKかと!
  49. 49. No Code / Low Code って言うけども・・・ 「知っておくとより良い」幾つかのコトがあります。 1. データソースの種類と特性 2. 変数と型、スコープ 3. ロジック(アルゴリズム)のパターン 4. Office 365/Dynamics との関連性 5. Etc・・・ これだけで1日は語れるので、今回は割愛!
  50. 50. Web上の良質な情報で新たな学びを!
  51. 51. 基礎ができて、改造できたなら・・・ 「make.powerapps.com」 の世界へようこそ。 さぁ、自由に作りましょう!!
  52. 52. 知ってると 便利なTip‘s 紹介します ここからは
  53. 53. アプリ作成画面で出くるアイツ 毎回、アピールしてくる、あの画面はいったい何なの?
  54. 54. 毎回出てくる、これのコト! アプリ 編集画面 起動直後 アプリのテスト実行後
  55. 55. 「今後このメッセージを表示しない」でOK アプリ 編集画面 起動直後
  56. 56. 「今後このメッセージを表示しない」でOK アプリのテスト実行後
  57. 57. アプリ作成/実行時 の警告について 前述通り 「今後このメッセージを表示しない」 を選択して表示しないようにすればOKです。 アプリを閉じて、開きなおすと、 また同じように警告表示してきます。 なので、安心して非表示にしてOKです。
  58. 58. 【Tip’s】 PowerApp ショートカットキー 覚えておくと便利なショートカットキーたち
  59. 59. 主要なショートカットキー ショートカットキー アクション Ctrl + S 上書き保存 (未保存の場合“名前を付けて~“) Ctrl + O or Alt + F 「ファイルを開く」画面を表示 Ctrl + Shift + S or Alt + P 「名前を付けて保存」画面を表示 ※“別の名前を付けて保存“的な感じ F12 アプリファイル(.msapp)ダウンロード Ctrl + C コントロールをコピー Ctrl + V コントロールを張り付け Ctrl + X コントロールを切り取り Ctrl + Z 1つ前の状態に戻す(※発動しない場合アリ) Ctrl + A スクリーンの全コントロールを選択
  60. 60. Ctrl + O or Alt + F(ファイルを開く画面)
  61. 61. Ctrl + Shift + S or Alt + P(名前を付けて保存)
  62. 62. F12(アプリファイルのダウンロード)
  63. 63. コピペ(Ctrl+C → Ctrl+V) 非公式な活用法 同一セッション、別アプリ へ コントロールのコピペができますよ~
  64. 64. 実は、別画面へコントロールをコピペできる コピーした側は、データソース接続などを確認必須! 公式にはサポートされていないハズ。なので、自己責任で!! ①コピー (Ctrl+C) ②貼り付け (Ctrl+V) アプリ画面 A アプリ画面 B(別モノ)
  65. 65. バージョン履歴 万が一、の場合でも、履歴からアプリを復元することが可能です。
  66. 66. [・・・] 選択 → [詳細]
  67. 67. バージョン履歴が確認可能です。
  68. 68. コミュニティで助け合う 独学の限界を感じたり、ハマって抜け出せない場合は助け合える仲間を増やしましょう。
  69. 69. PowerApps関連コミュニティ Microsoft PowerApps Community(コミュニティ) https://powerusers.microsoft.com/t5/PowerApps-Community/ct-p/PowerApps1 Japan PowerApps ユーザーグループ(Facebook) https://www.facebook.com/groups/powerappsjp/ Japan PowerApps ユーザーグループ(Connpass) https://powerapps.connpass.com Japan Power Platform User Group(コミュニティ ※日本) https://power.users.community
  70. 70. Japan Power Platform User Group ご参加ください。 https://power.users.community
  71. 71. 質問をする際のお願い 質問するヤツは偉い。 しかし「良い質問の仕方」があると思うのです・・・。
  72. 72. 質問をする際のお願い 1. How よりも Why を明記してください  悪い:「Galleryコントロールがわかりません」  良い:「〇〇をしたいので、データを一覧表示したい」 2. 具体的に伝えてほしいです(可能な限り)  差し支えない範囲で、スクリーンショットや、 サンプルデータなど情報を提供してくれると助かります
  73. 73. 質問をする際のお願い 3. 「伝える」というマインドが重要です  「伝”わ”る」→ ×  「伝”え”る」→ ◎ 4. ネガティブな表現や態度は避けてほしいです  常にポジティブであれ、とは申しません。 回答する側も人間なのですよね。 お互い気持ちよくコミュニケーションしたいですね!
  74. 74. 質問をする際のお願い:Appendix  Qiita の記事が役に立ったり、良かったら 「いいね」を押しましょう! 作者のモチベーションがUpします  Twitter や FB で良い情報を見つけたら、 「いいね」だけでなく 「リツイート」しましょう! 良い情報は共有されてこそ価値がでます
  75. 75. やまだ流 PowerApps アプローチ ※超☆個人的な PowerApps アプリ作成時のながれ
  76. 76. 基本はこんな感じ(※状況による)
  77. 77. 個人的な見解ですが ――― PowerApps でアプリを作成する場合、 データ設計をしっかりやる と、その先が“楽”になると思います。※状況による PowerApps のデータソースちゃんと考えましょう。
  78. 78. まとめ 「PowerApps は1日にしてならず」じゃよ。
  79. 79. 結論:これに尽きる 1. 基礎を学んで、作ってみる 2. 作ったら、動かす・改造する 3. 把握できたら、応用してみる
  80. 80. ひたすら、 PowerAppsアプリを 作ってみましょ!!
  81. 81. 努力した者が全て報われるとは限らん しかし! 成功した者は 皆すべからく 努力しておる!! はじめの一歩 鴨川 源二(かもがわ げんじ)
  82. 82. 素晴らしい Power Platform Life を!
  83. 83. See you next EASYAPP758 !!

×