Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

Management 3.0 学習とコンピテンシー

751 Aufrufe

Veröffentlicht am

コンピテンシーの開発:
メンバーやチーム全体の 能力が十分でないと、 チームは目標を 達成できません。そのために、マネージャーは コンピテンシーの開発に 貢献しなければなりません。

Veröffentlicht in: Leadership & Management
  • accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes.........ACCESS WEBSITE Over for All Ebooks ..... (Unlimited) ......................................................................................................................... Download FULL PDF EBOOK here { https://urlzs.com/UABbn } .........................................................................................................................
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier
  • accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes.........ACCESS WEBSITE Over for All Ebooks ..... (Unlimited) ......................................................................................................................... Download FULL PDF EBOOK here { https://urlzs.com/UABbn } .........................................................................................................................
       Antworten 
    Sind Sie sicher, dass Sie …  Ja  Nein
    Ihre Nachricht erscheint hier

Management 3.0 学習とコンピテンシー

  1. 1. © Happy Melly ♦ version 1.01 ♦ JP-version 0.8 ♦ management30.com 学習とコンピテンシー
  2. 2. コンピテンシーの開発 
 メンバーやチーム全体の
 能力が十分でないと、
 チームは目標を
 達成できません。そのために、 マネージャーは
 コンピテンシーの開発に
 貢献しなければなりません。 4
  3. 3. ストーリー
  4. 4. 4 学習とコンピテンシー メンバーやチーム全体の
 コンピテンシーが
 十分でないと、チームは目標を 達成できません。
 さらにマネージャーは
 継続的に学習できる
 環境を作り、メンバーの
 コンピテンシーを
 高めなければなりません。
  5. 5. コンピテンシーとは何か? 「コンピテンシーとは、組織の置かれた環境と職務上の
 要請を埋め合わせる行動に結びつく個人特性としての キャパシティ、あるいは、強く要請された結果を
 もたらすものである」。 また、「コンピテンシーとは、職務や 役割における効果的ないしは優れた行動に結果的に
 結びつく個人特性である」とするEvarts(1987)の
 定義もある。」
 コンピテンシー - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/コンピテンシー
  6. 6. 現在チェンジ・マネジメントが直面している問題を 解決するために、同僚と取り組んでみませんか?
 Management 3.0ワークショップで従業員の エンゲージメントを高める方法を学びましょう! www.management30.com/events/
  7. 7. 何がチームを
 コンピテンシーな 状態にするのか? チームの
 コミュニケーション チームの能力構造 クリエイティブ
 テンション チームメンバー
 それぞれの
 コンピテンシー お互いを
 助けあう
  8. 8. どんなコンピテンシーがチームには必要? 主な問題 ツールとテクノロジー プロセスとプラクティス ソフトスキル
  9. 9. どんなレベルの能力が 求められるか? 見習い 職人 達人
  10. 10. T字型スキルを持つ人々 (Generalizing Specialist) 職人 職人 達人
  11. 11. チーム内のコンピテンシーを見える化しよう
  12. 12. チーム内のコンピテンシーを見える化しよう コンピテンシー チームメンバー
  13. 13. チーム内のコンピテンシーを見える化しよう コンピテンシー チームメンバー 1 4 2 1 0 5 5 0 1 1 求められる
 コンピテンシー
 のレベル
  14. 14. チーム内のコンピテンシーを見える化しよう コンピテンシー チームメンバー 1 4 2 1 0 5 5 0 1 1 求められる
 コンピテンシー
 のレベル
  15. 15. 例:インターネットカフェ 3 1 3 1 1 1 0 3 1 1 ITシステム 経理業務 バリスタ 機材(店舗用品) 調理 Hugo Emma Carl Mary Judy
  16. 16. 1.  それぞれのチームでシナリオを1つ選ぶ §  小さなバーを経営する(30席・ドリンクと軽食を提提供する) §  ヘルスケアのソフトウェアを作るIT企業(従業員150名、
 アジャイルに関する多少の
 ノウハウがあるアジャイルトランスフォーメーションチーム 2.  チームに求められる主な能力を定義する 3.  必要な能力のレベルを決める 4.  コンピテンシーマトリックスを埋める 5.  ギャップを認識する 練習:チーム内のコンピテンシーを見える化しよう
  17. 17. チーム内のコンピテンシーを見える化しよう コンピテンシー チームメンバー 1 4 2 1 0 5 5 0 1 1 求められる
 コンピテンシー
 のレベル
  18. 18. 感想や気づき、考察をシェアしましょう
  19. 19. 何がチームを
 コンピテンシーな 状態にするのか? チームの
 コミュニケーション チームの能力構造 クリエイティブ
 テンション チームメンバー
 それぞれの
 コンピテンシー お互いを
 助けあう
  20. 20. 1.  例から学ぶ 2.  自分で学ぶことを奨励する 3.  教育研修と資格 4.  コーチング 5.  失敗から学ぶ /実験 個々人のコンピテンシーを高める
  21. 21. 1. 例から学ぶ § 自己マスタリー 
 ※メンバ 一人ひとりが自己を高める意志を持つ § 学習の文化の種まき § 学習する組織を作るための補助
  22. 22. 2. 自分で学ぶことを奨励する 時間を与える リソースを与える 部屋を与える
  23. 23. §  80-90%の稼働率を狙う §  残りの10-20%はゆとり時間として使う §  ゆとり時間は学習と実験 
 (時には緊急対応にも...) に使う ゆとり時間
  24. 24. 資格そのものは意味を
 なさないが、
 他のすべての能力向上を
 促進させる 3. 教育研修と資格
  25. 25. 4. コーチング § 外部のコーチを雇う § 内部にコンピテンシーの高いリーダーを育てる
  26. 26. 5. 失敗から学ぶ/実験 学びを得ることを 歓迎しよう。
 ただし安全な
 環境で。 MISTAKES EXPERIMENTS PRACTICES LEARNING SUCCESS FAILURE
  27. 27. 1.  例から学ぶ 2.  自分で学ぶことを奨励する 3.  教育研修と資格 4.  コーチング 5.  失敗から学ぶ /実験 個々人のコンピテンシーを高める
  28. 28. チームの
 コミュニケーション チームの能力構造 クリエイティブ
 テンション チームメンバー
 それぞれの
 コンピテンシー お互いを
 助けあう 何がチームを
 コンピテンシーな 状態にするのか?
  29. 29. コミュニケーション もっと話す より良く話す
  30. 30. 儀式を確立 する 距離感を縮める 関連した結果の 文書
  31. 31. ? ? ? 活発な質問 聞く/注意を払う 上下関係がなく、
 非暴力的で
 平和的な
 コミュニケーション
  32. 32. 実践:コミュニケーションを改善する (25 分) 1.  グループごとに以下のコミュニケーションスキルを1つ選ぶ 
 ・聞く、そして注意を払う 
 ・力強い質問(活発な質問) 
 ・上下関係のないコミュニケーション 2.  テーマを理解するために資料(または webでの情報)を使い、 テーマについてフリップチャートのテンプレートを埋める 3.  他のグループに対し、テーマを教える
  33. 33. 感想や気づき、考察をシェアしましょう
  34. 34. チームの
 コミュニケーション チームの能力構造 クリエイティブ
 テンション チームメンバー
 それぞれの
 コンピテンシー お互いを
 助けあう 何がチームを
 コンピテンシーな 状態にするのか?
  35. 35. ビジョン / 目標を
 共有する みんなで
 責任感を持つ
  36. 36. 36 学びを通して、お互いを助ける § 内部のメンタリングプログラムを作る § ペアを作る、エクササイズをやってみる、
 ゲームをする、コンテストを開催する
  37. 37. 知識の時間 § 定期的な講義とワークショップ § チームで自己組織化する § 順番に発表する機会を持つ
  38. 38. 探求する日々 § 一日学びの時間に費やす § 24時間以内に、
 何かを作るようにする § 同僚に結果をデモする
  39. 39. 39 例を挙げて導く §  困った時は聞く事…頻繁に!
 それは、弱さではなく、
 強さである。
  40. 40. チームの
 コミュニケーション チームの能力構造 クリエイティブ
 テンション チームメンバー
 それぞれの
 コンピテンシー お互いを
 助けあう 何がチームを
 コンピテンシーな 状態にするのか?
  41. 41. クリエイティブなテンションを
 作るために、まず、チームの目標や
 ビジョンを明確にしなければならない。
 そして、現状と比較する。
  42. 42. チームの多様性 §  不安定性によって新しいモデル(アイデア)が
 現れる事があります。 §  多様性の重要な観点としてどんなものが
 あると思いますか?(ヒント:性別だけじゃないよ)
  43. 43. チームの多様性には、
 対立が内在しているチームを
 支援する、気配りの
 良いマネージャーが必要 43 §  共通のチームの目標 §  価値を共有する §  多様性の中で調和を
 作り出すための
 チームのアイデンティティ
  44. 44. クリエイティブなチームにするにはどんな役割があるか? – Dr. Peter Kruse, Professor for Organizational Psychology, University of Bremen, Germany ブローカー (connector/facilitator) クリエイター (idea person) オーナー (Expert)
  45. 45. 問いかける技術――確かな人間関係と優れた組織をつくる – エドガー・H・シャイン http://amzn.asia/hFACvmK The Art of Powerful Ques:ons – E. Vogt, J. Brown, D. Isaacs h=p://bit.ly/2cVp2i3 最強組織の法則―新時代のチームワークとは何か - ピーター・M. センゲ http://amzn.asia/73neTT6 Time to Think – Nancy Kline h=p://bit.ly/2cQ2j9u Training from the Back of the Room! – Sharon L. Bowman h=p://bit.ly/2cVoTuX Reading List
  46. 46. 現在チェンジ・マネジメントが直面している問題を 解決するために、同僚と取り組んでみませんか?
 Management 3.0ワークショップで従業員の エンゲージメントを高める方法を学びましょう! www.management30.com/events/
  47. 47. info@management30.com Text: Christof Braun ♦ Illustra:ons: Chad Geran ♦ Design: Muuks Transla:on/Localiza:on: Stefan Nüsperling, Kumiko Sugiyama, Ken Takayanagi, Toshiharu Akimoto, Minoru Yokomichi, Kenji Naito, Misa Takeba, Tetsuro Oniki

×