Diese Präsentation wurde erfolgreich gemeldet.
Wir verwenden Ihre LinkedIn Profilangaben und Informationen zu Ihren Aktivitäten, um Anzeigen zu personalisieren und Ihnen relevantere Inhalte anzuzeigen. Sie können Ihre Anzeigeneinstellungen jederzeit ändern.

ドメイン駆動設計的な 何かを実際に試行してみて 気づいた勘所について

684 Aufrufe

Veröffentlicht am

ドメイン駆動開発を現場でやってみた勘所

Veröffentlicht in: Ingenieurwesen
  • Als Erste(r) kommentieren

ドメイン駆動設計的な 何かを実際に試行してみて 気づいた勘所について

  1. 1. ドメイン駆動設計的な 何かを試行してみて 気づいた勘所について
  2. 2. 自己紹介 - VOYAGE GROUP - ECナビ - 大橋 勇希 : はむ - @secret_hamuhamu
  3. 3. DDD
  4. 4. Domain ドメイン Driven 駆動 Design 設計
  5. 5. エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計
  6. 6. Why? DDD?
  7. 7. 運用改善 私のお仕事
  8. 8. ・負債となった既存の システムを改善 ・複雑な業務をシステム化
  9. 9. どうすれば 解決できる?
  10. 10. どうやって複雑さに 立ち向かうのか?
  11. 11. 言葉の定義 リファクタリング 不足 優れた モデリング とは
  12. 12. リファクタリング 言葉 モデリング DDD
  13. 13. 実際に試行してみて気づいた 勘所 2つのポイント
  14. 14. つめ
  15. 15. 複雑な物事に対する関心ごとを 要約すること 1つめ
  16. 16. 「活動」 「知識」 関心ごと モデル 要約 1つめ
  17. 17. モデル 頭の中で共有される財産 1つめ
  18. 18. モデルをいかに 磨いていくか? 1つめ
  19. 19. どのようにモデルを表現 する? ドキュメント? コード? 1つめ
  20. 20. コミュニケーション 1つめ
  21. 21. つめ
  22. 22. 複雑な業務ルールに名前をつける 2つめ
  23. 23. 共通言語を定義することで コミュニケーションが 容易になる 2つめ
  24. 24. 日常でかわされる コミュニケーション自体が、 設計であり実装である 2つめ
  25. 25. 日常でかわされる言葉をコードで体現する 2つめ
  26. 26. コミュニケーションで モデルを育て リファクタリングしていく ドキュメントは、いつでも捨てれる状態 2つめ
  27. 27. さいごに
  28. 28. モデルの価値って?
  29. 29. コスト削減 ● コミュニケーションコスト ● 分析コスト( 理解する )
  30. 30. システム化とは、 データのコミュニケーションを 考えるということ
  31. 31. データのコミュニケーション どのようなデータ形式で? どのようなタイミングで? どのような特性がある?
  32. 32. 日常のコミュニケーションを シンプルにして データのコミュニケーションも シンプルに
  33. 33. ご清聴ありがとうございました

×